カテゴリー「・12 千葉県」の17件の記事

2012年12月23日 (日曜日)

市街地かわいい街 千葉県市川

121223150515edit

市街地かわいい街 千葉県市川


 江戸川を挟んで東京に隣接する人口約47万人の千葉県市川市。その中心部であるJR市川駅周辺を歩いてみる。ただ,合併して市川市となった市川町,八幡町,中山町,国分村の中では市川町が大きくて,この地域の中心市街地だったが,現在の市の行政施設は本八幡駅周辺にあり,商業的にも都営新宿線が乗り入れている本八幡駅周辺に押されている感がある。

121223-134045
 JR市川駅のホームに入ってくる総武線緩行線の電車。背後の高層ビルは,工事中に強度不足が発覚して話題になったI-linkタウンいちかわのザ・タワーズ・ウエスト。

121223-134352
 JR市川駅の北口を出る。

121223-134457
 市川駅北口のロータリー。

121223-134512
 市川駅北口のバス乗り場とタクシープール。山崎市川ビルサンプラザ35には,コンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」の本社が入っている。市川駅の東側には山崎製パン厚生年金基金会館(サンシティ)もある。

121223-134743
 駅の高架下のShapo(シャポー)市川。同じ総武線の本八幡駅や船橋駅にもシャポーが入っている。Shapoの語源は何だろうと考えてみたが,シャッポを脱いだ。

121223-134824

121223-135113
 JR市川駅北口。

121223-135155

121223-135251
 市川西通り商店街(WEST STREET)。

121223-135318
 市川西通り商店街。居酒屋が多く並ぶが,飲食店街というほど密集はしていない。

121223-135359
 市川駅北口のロータリーを振り返る。

121223-135421
 市川西通り商店街を西へ。

121223-135520
 市川西通り商店街。

121223-135536

121223-135814
 ホテル「シャトー」。

121223-140226
 千葉街道(国道14号線)に出る。

121223-140346
 千葉街道(国道14号線)の市川広小路バス停付近。さらに西側の市川広小路交差点は,千葉街道から松戸街道が分岐していて,古くから市街化していたと思われる地区だが,あまり商店街っぽくないので,すぐに引き返す。

121223-140510
 カレーのKOHMI(コーミ)。

121223-140623
 市川西通り商店街(WEST STREET)。

121223-140756
 総武本線のガードをくぐって,駅の南側へ。

121223-140805
 高架下にShapoの西側の入口がある。

121223-140848
 高架下から南に延びる通り。背後にライオンズプラザ市川やパークホームズ市川ステーションフロントが並ぶ。

121223-140911
 昔ながらの共同店舗が並ぶ。

121223-141406
 総武本線の高架線側を振り返る。
 もちろん総武線の電車が通るところを撮りたかったが,意外にここを通る車が多く断念。右側の木々の横にはI-linkタウンいちかわのザ・タワーズ・ウエストがあり,出入りする車が多いようだ。

121223-141512

121223-142145
 市川パークハウスB棟横の通り。

121223-142326
 パークホームズ市川ステーションフロントの南側の共同店舗群。その向こう側に,I-linkタウンいちかわのザ・タワーズ・ウエスト,ザ・タワーズ・イーストが並ぶ。

121223-142420
 パークホームズ市川ステーションフロントの南側の共同店舗群。

121223-142509
 パークホームズ市川ステーションフロントの南側の共同店舗群と,I-linkタウンいちかわのザ・タワーズ・ウエスト,ザ・タワーズ・イースト。

121223-142621
 パークホームズ市川ステーションフロントを取り囲むように建つ共同店舗群。

121223-142802
 ザ・タワーズ・ウエストの前から西側を見る。

121223-142856
 ザ・タワーズ・ウエストの南側。

121223-143014
 長谷川青果店や台湾料理の新台北が並ぶ。

121223-143146
 JR市川駅南口の前。

121223-143302
 市川駅南口商店街。

121223-143341
 市川駅南口商店街の肉の辰野。

121223-143402
 市川駅南口商店街。JR市川駅南口から真っ直ぐ南に延びている。

121223-143429
 JR市川駅南口のロータリー。

121223-143609
 I-linkタウンいちかわのザ・タワーズ・イースト。

121223-143625
 JR市川駅南口の交差点。

121223-143802
 JR市川駅南口の交差点からザ・タワーズ・ウエストを見る。

121223-144105
 市川駅南口商店街を南へ。

121223-144137
 市川駅南口商店街から市川駅方向を振り返る。後ろに見えるのはザ・タワーズ・イースト。

121223-144258
 こちらはザ・タワーズ・ウエストが後ろに見える。

121223-144444
 住宅地の中の割烹川松。路地の奥にはザ・タワーズ・イーストが聳える。

 この市川駅の南側など,総武線の南側の住宅地は,路地に囲まれた細長い矩形の区割りが特徴的である。古くから商業の街として栄えたところには,間口が狭く奥行きの長い特徴ある矩形の地割が多く見られるが,ここはそのような商業地ではない。このあたりは,かつての田んぼのあぜ道の形が残っているんじゃないかと推測してみた。

121223-144658
 細い路地を東に抜けると,ゆうゆうロード商店街に出る。

121223-144856
 ゆうゆうロード商店街のゲート。ゆうゆうロード商店街は,JR市川駅の東側から南に真っ直ぐ延びる通りに沿った商店街である。

121223-144956
 ゆうゆうロード商店街。

121223-145110
 ゆうゆうロード商店街。

121223-145247
 右が市川サンハイツとザ・タワーズ・イースト。右側の歩道が高い柵で仕切られていて異様だ。よほどこの場所での道路横断を阻止したいのだろう。

121223-145654
 野菜・果物の専門店「銀治郎」の先に総武本線の高架線が見えてきた。

121223-145951
 総武本線の高架下をくぐると,象の像がお出迎え。

121223-150117
 市川駅方向を見る。左は総武本線に沿った駐輪場。

121223-150318
 ゆうゆうロード商店街から千葉街道に抜ける通り,

121223-150407
 総武本線と平行に東に延びる路地(アイアイロード市川)。

121223-150515
 市川駅北口に延びるアイアイロード市川。

121223-150701
 アイアイロードから総武線の高架線を見る。

121223-150855
 アイアイロード市川の東側を見る。

121223-150934
 アイアイロードの市川駅北口側。

121223-151031
 後ろに見えるのは山崎製パン企業年金基金会館&市川グランドホテル。

121223-151152
 街路灯の表示を見ると「iiロード市川」となっている。

121223-151218
 山崎製パン企業年金基金会館横の交差点。最近珍しいくわえタバコの暴走チャリ。

121223-151406
 立派な山崎製パン企業年金基金会館。

121223-151646

121223-151756
 iiロード市川。市川駅界隈で最も賑やかなところ。

121223-151920
 ダイエーの北側のiiロード市川。

121223-152208
 市川駅北口からiiロード市川の東側を振り返る。デイリーヤマザキの本拠地だけあって,駅前の一等地にデイリーヤマザキがある。

121223-152502
 まだ午後三時半。市川の後は西船橋,船橋を見てみようと思っていたが,右足首が痛くて断念。念のためコルヒチンを飲んで,帰宅することにする。

 ── Nikon D800E [with MBD-12 new!] + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日曜日)

新坂川の桜並木と流鉄流山線

110410155854aedit

新坂川の桜並木と流鉄流山線


 総武流山電鉄・総武流山線の正式名称が,2008年8月から流鉄・流山線に変わったことを知った。つくばエクスプレス開業後は乗客が減少して,厳しい経営状況にあるらしい。首都圏に残るローカル私鉄で,沿線の桜が綺麗なんだよなぁ……ということを考えていたら,久しぶりに見てみたくなった。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 というわけで,千代田線(常磐線)我孫子行きの電車に乗り,馬橋駅で下車する。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 向かい側の小さなホームに,流鉄流山線の電車が停車してる。2両編成だ。
 駅の向こう側に,見慣れないビルが建ってる。空き地だったところに駅ビルが建ったようだ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 流鉄流山線馬橋駅に続く階段。電車に乗りたい気もしたが,今日は馬橋〜幸谷(新松戸)間を歩いて,途中の桜並木を楽しむことにする。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 真新しい駅ビルの南側には,馬橋駅でいつも気になる鉄道用品株式会社の工場が見える。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 真新しくなった跨線橋(屋根がついた)から西口の広場を見る。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 同じく西口前の広場。ヨメイヨシノが満開だ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新坂川に沿って北へ歩く。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 踏切が鳴り出したので,跨線橋を少し上ったところから中途半端に撮影。西武鉄道から新しくやってきたばかりの5000系「流星」号だった。流鉄では,編成ごとに「若葉」とか「なの花」「流馬」のような愛称をつけていて,ちょっと面白い。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新坂川沿いを北へ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 馬橋駅で折り返してきた「流星」。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 このあたりから桜並木が続く。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 満開だ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 桜と電車が綺麗に写る場所を探しているうちに,馬橋行きの「青空」がやってきてしまった。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 馬橋駅に向かって走り去る「青空」号。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋から南側を見る。右に聳えるのはオーベルグランディオ新松戸。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋付近から北側を見る。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋横の踏切から。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 今日は「青空」と「流星」が馬橋と流山を往復しているようだ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 花見客で混雑するほどでもなく,のんびりした良い感じだ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 流鉄の上をオーバークロスするのは,武蔵野貨物線の馬橋支線。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 桜並木の北端がこのあたり。横に貨物コンテナがたくさん並んでいる。以前は,ちょっと雰囲気の良い原っぱだったような気がするのだが……。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 常磐線の下をくぐる細い道路。交通量が意外に多い。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 常磐線の電車も色気が無くなった。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 常磐線・武蔵野線の新松戸駅が見えてきた。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸駅前の雑居ビル「Baron Town」。高いところにあるのが新松戸駅の武蔵野線ホーム。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸七丁目行きのバス。
 こうやって車体を傾けることを,ニーリング(片膝をつく)というのかリーニング(leaning:傾き)というのか,いまだに悩む……。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 左側が新松戸駅。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸交番横の横断歩道。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸駅前の踏切を「青空」号がゆく。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED SDM

【参考】
2004年4月11日 (日曜日):桜が散った後の総武流山電鉄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日曜日)

黒松が生える千葉県の玄関口 市川市本八幡

090719171134edit

黒松が生える千葉県の玄関口 市川市本八幡


 三連休の初日は外に出掛ける気分にならなかったが,二日目になってムクムクっと出歩きたい気分が湧いてきた。

090719155348
 というわけで,総武線の本八幡駅(千葉県市川市)で下車し,南口側に出る。

 学生時代,本八幡には新婚のいとこが住んでいたため頻繁に足を運び,いつも飯をたらふく食べさせてもらった思い出の街である。

090719155637
 駅前の広場では,夏祭りの準備が進められていた。

090719155654
 電車がカラフルだと街がもっと華やぐのだが……。

090719155813
 路地に入る。

090719155829
 餃子100個食べたらタダの蔦屋は開いてなかった。

090719160210
 総武線のガード横の路地。

090719160331
 都営新宿線の上の道路から,総武線ガードの西側を見る。

090719160652
 本八幡駅北口側の駅前広場へ。

090719160821
 市川市の市の木がクロマツだそうで,駅前にもクロマツが植えられている。

090719160850
 本八幡駅北口。駅前広場との間にはちょっとした段差がある。

090719161338
 ときわ書房の裏側の路地へ。

090719161502
 質マルトミ,質丸高……と,質屋が多い。昔は周辺にお金を使う場所があったものと思われる。

090719161533
 キャバレー ハワイ。この付近には,駅の構造物から中途半端な梁が外に飛び出ていて,古い時代に何らかの計画があったことを予感させる。

090719161733
 駅付属の商業施設「シャポー本八幡」を横切る道路。上に見えるのは総武線のガード。

090719161802
 このへんでピンぼけ写真を何枚も作ってしまった。

090719161947
 西友本八幡店や長崎屋本八幡店に続く通り。

090719162031
 たいやきの市川とらや。

090719162254

090719162356
 左側が総武線のガード。

090719162458
 本八幡駅の南側に拡がる南八幡商店街。

090719162514

090719162836
 総武線のガードをくぐり,北側へ。

090719162954

090719163352
 八幡一番街商店街。

090719163407
 八幡一番街商店街は,北口の駅前通りから総武線に平行に東側に延びている。

090719164000
 日本料理「うえだ」のうなぎがめちゃくちゃ美味そうだった。

090719164028
 八幡一番街商店街を西へ歩く。

090719164405
 サイゼリヤ1号店の前から八幡一番街商店街の東側を見る。

090719164447
 右側の店がサイゼリヤ1号店。現在は教育記念館として保存されているようだ。

090719164613
 本八幡駅に続く路地。かすかに読める看板は「もつやき ひょうたん」……か?

090719164839

090719164951
 サイゼリヤ1号店横の路地。

090719165130

090719165234
 ラーメンの提灯がたくさん下がるラーメン中華料理若松。

090719165323
 大衆酒蔵 日本海にもたくさんの提灯が下がっている。

090719165439
 東側を振り返る。

090719165549
 食い物屋の多い路地。

090719165649

090719165758

090719165945
 本八幡駅北口側の駅前通りから八幡一番街商店街を振り返る。

090719170110
 駅前通りを挟んで西側には新道商店街がある。やけに長い行列ができてるなぁ……と思ったら,うなぎの「やましょう」の行列だった。

 もう,街のあちこちにうなぎ蒲焼きの匂いが漂っている。ボケットからiPhoneを出して地図を確認する際にTwitterのTLを見ると,これまた「うな充」の文字が溢れている。

 へそ曲がりなので,今まで土用丑の日にうなぎを食ったことはなかったが,今日はどうしても食いたくなった。

090719170251
 国道14号線(千葉街道)の本八幡駅前通り交差点。

090719170314
 国道14号線(千葉街道)の本八幡駅前通り交差点付近からJR本八幡駅側を見る。

090719170702

090719171019
 京成百貨店裏の路地に入る。

090719171057
 八幡横丁商店街。

090719171134
 八幡横丁商店街には,残念ながらシャッターが閉じたままの商店が多い。

090719171418

090719171918
 八幡横丁商店街の人通りは意外に多い。

090719171952

090719172011

090719172333

090719172354
 右側が京成百貨店に入っているリブレ京成ストア。八幡の市川京成百貨店は京成ストアの経営となり,今では1F部分のリブレ京成ストアが細々と営業をしている状況らしい。京成八幡駅の駅ビルでもあるので,建て替えの計画があるのだろう。

090719172536
 八幡横丁商店街。

090719172946
 京成八幡駅の西隣,京成本線の踏切。ホームと踏切は隣接している。

090719173051
 踏切の北側に延びるのが京成八幡商美会商店街。

090719173316
 京成八幡商美会商店街から踏切を振り返る。踏切とホームが隣接しているため,京成八幡駅に停車する列車は,停まるような速度で踏切を横断する。

090719173818
 京成八幡駅を発車した上野行きの特急。

090719174045
 京成八幡駅の北側に隣接した路地を歩く。

090719174707
 京成八幡駅の東側に隣接した踏切。本八幡駅前交差点から続くバス通りで,交通量が非常に多い。

090719175122
 京成八幡駅の東側の道路もホームと隣接している。

090719175224
 京成本線京成八幡駅のホームと市川京成百貨店。

090719175403
 踏切をスカイライナーが通過する。

090719175442
 この市川京成百貨店は昭和30年代の建築で,だいぶ老朽化している。

090719175535

090719175639
 八幡横丁商店街。

090719175903
 そばの長栄庵。今日は営業していなかった。

090719175954
 市川京成百貨店を近くから見上げる。

090719180103
 1Fのリブレ京成ストア部分。

090719180151
 さて帰ろうかと思ったところ,変わった塗装の電車が京成八幡駅を発車して行った。最近各社で流行している,復刻塗装の電車だろうか。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8 ED SDM

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日曜日)

成田山の門前町を歩く 千葉県成田市

061105121252edit

061105121406edit

成田山の門前町を歩く 千葉県成田市


 今日は成田山の門前町を歩くことにする。成田山新勝寺は観光地としてあまりに有名なこともあって,今まで一度も訪問したことがなかった。初めての街並みに出会う期待感と,人混みに巻き込まれる不安が入り交じった,ワクワクするような気分だった。

061105111813
 JR成田駅前。昨晩初めて下車した駅だが,明るくなってから改めてじっくり眺めてみても,何だか期待はずれ感が漂う。

061105111845
 駅前通り。

061105112148
 駅前からJR成田駅を見る。

061105112409
 JR成田駅と京成成田駅の中間付近から伸びる成田山の表参道を歩く。綺麗に整備された道路である。一方通行だが,時々自動車が通るのが玉に瑕。
 成田山へ向かう通りには,表参道,電車道(でんしゃみち),新参道,東参道がある。電車道というのは,戦前に京成成田駅付近と成田山を結んでいた鉄道の路線跡とのことである。千葉県で最初に営業した電車だったことがよほど印象的だったため,現在でも名前が残っているのだろう。

061105112705
 表参道は古くから成田山新勝寺の参拝客で賑わった通りなので,その周辺にも古い建築物が多い。

061105113442

061105113641
 この上町付近の表参道上町商店街は「美しいまちなみ優秀賞」を受賞しているらしい。ただ,私は他にどこの街並みがこの賞を受賞しているのかを知らない。

061105113754

061105113947
 理由はともあれ,商店街に賑わいがあるのは良いことである。

061105115211
 この交差点からの下り坂が,新勝寺の参拝客相手の商店が密集する地域になる。
 山田刃物店前のカーブからこの交差点までは,建物をセットバックした観光客向けの店舗が多く,あまり魅力を感じなかった。

061105115556
 国土地理院の地図を見ていて,成田「山」という名称が示すように,大きな神社仏閣は山の上に存在することが多いという先入観と,道路を横切る等高線があることから,てっきり成田山の参道は新勝寺への上り坂にあるものと勘違いしていた。下り坂の先に成田山新勝寺の伽藍の一部が見える様には,新鮮な驚きを感じた。

061105115914

061105120346

061105120646

061105121127

061105121224

061105121307
 望楼のある立派な旅館風の建物が見えてきた。

061105121406

061105121533

061105122252
 望楼のある建物には大野屋旅館と書かれている。今は鉄砲漬業がメインのようにも見える。交通機関が発達した現在は成田山参拝で宿泊が必要ではなくなったため,業種転換したのかもしれない。

061105122907
 それにしても見事な建築物である。

061105124109
 成田山新勝寺の山門は,ちょうど大規模な工事の最中だった。

061105124249
 仁王門の前。私は特に信心を持っていないので,参拝せずにここで引き返すことにする。

 蛇足になるが,我々下民の煩悩や迷いを鎮めてくださる不動さんの境内に,煩悩あふれる露店の土産物屋が並んでいる状況は,不動さんの「本意」なのだろうか……,などと信心不足の私は考え込んでしまった。

061105124558
 東側の門(裏門?)から外に出る。

061105124841
 廃線の痕跡を探して電車道を歩くことも考えたが,さすがに戦前の鉄道の痕跡が残っているとは思えず,再び表参道を引き返すことにする。

061105130116

061105131741
 帰り道では一眼レフを鞄にしまい込み,身軽なコンパクトデジカメ(IXY DIGITAL 800IS)を手にして寂しい裏通りを歩くことにする。

061105131811

061105131933

061105132356
 左側の細い路地を登り切ると,そこは表参道である。

061105133501
 JR成田駅と京成成田駅を結ぶ通路。平日の朝夕は通勤客が行き来するのだろう。

061105133759
 京成成田駅前。

061105133817
 京成成田駅。駅前ロータリーのタクシーが,通常とは逆に反時計回りに向いているのがとても面白い。成田山新勝寺が駅の右手方向に位置するのである。
 京成成田駅から自宅近くの京浜急行上大岡駅の間には,京成電鉄−都営地下鉄浅草線−京浜急行を直通する電車が走っていて便利なので,京成を使って帰ることにする。

061105134333

【使用したカメラ】
・縦横比2:3の写真…Nikon D2X+AF-S NIKKOR 17-55mm F2.8
・縦横比3:4の写真…Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土曜日)

銚子電鉄と外川港の街並み

061104151129edit

銚子電鉄と外川港の街並み


 今日は総武本線で銚子まで行き,銚子電鉄に乗ることにする。

 銚子電鉄はJR銚子駅と犬吠埼の漁港のある外川までを結ぶローカル私鉄である。経営状況は厳しく,鉄道事業の赤字を濡れ煎餅(柔らかい煎餅)や鯛焼きを売って補填しながら,細々と営業を続けている。

061104095911
 旭市の宿から駅まで歩く。今日も快晴だ。ただ,天気予報では午後から雲が多くなり,ところどころでは雷雨になるらしい。

061104100010

061104100527
 JR旭駅前。駅前の区画整理事業が始まっており,写真のような懐かしい雰囲気もすぐに無くなってしまうことだろう。

061104100551

061104100749
 駅舎内から駅前を見る。

061104102045
 電車の時刻が近づくと乗客がどんどん増えてきた。

061104105752
 途中駅で対向列車とすれ違う。佐倉以東の総武本線は単線なので,列車のすれ違いのために頻繁に長時間停車することになる。

061104110928
 銚子駅に到着。JR総武本線ホームの端に設置された銚子電鉄のホームに向かう。

061104111014
 銚子電鉄銚子駅の奇抜な駅舎。無人駅である。以前は風車が付いていて,ちょっとオランダ風だったが,すでに風車は取り外されていた。

061104111307
 ホームに電車が入ってきた。車内を見ると満員状態である。

061104111521
 ホームにはたくさんの乗客が待っていたが,ほどなく車内におさまった。
 前回銚子電鉄を訪問したのは10年ぐらい前だったろうか。そのときにも意外に電車は混雑していて,運行本数もそこそこ多い印象があったが,なかなかどうして現在もそこそこ賑わっているようだ。

061104111734
 銚子電鉄名物(?)の手描き広告。見ていて楽しくなる。印刷しても部数をたくさん刷るわけじゃないから,実際のところはとても合理的なのである。

061104124054
 銚子電鉄銚子駅は無人なので,車掌から一日乗車券「弧廻手形」を購入。620円なので終点の外川まで往復すれば元が取れてしまう。銚子電鉄名物濡れ煎餅一枚の無料券も付いている。以前は鯛焼き一個の無料券も付いていたが,さすがにそれはなくなったようだ。
 ちなみに「弧」は銚子電鉄の路線が弓のような弧を描いていることに「小回り」を掛けている。

061104112421
 本銚子(もとちょうし)駅で下車する。

061104112442
 本銚子駅は市街地の中に位置するが,駅の両側には木々が立ち並んでいるため,森の中を走っているかのような雰囲気になる。

061104113015
 駅の上を通る跨線橋から見る。

061104113037

061104113301
 本銚子駅を正面から見るとこんな感じである。

061104114819
 再び電車に乗り込む。

061104115045
 隣の笠上黒生(かさがみくろはえ)駅で対向列車とすれ違う。

061104115127
 笠上黒生駅の駅舎。10年前に訪問したときから雰囲気が変わっていない。

061104115301
 扇風機の羽根の部分が取り外されている。

061104115916
 君ヶ浜駅の手前で「車窓の左側に犬吠埼の灯台が見えます」とアナウンスがあった。車窓から犬吠埼の灯台が見えるということは,電車と灯台を絡めて撮影できるに違いない……,と考えて君ヶ浜駅で下車する。銚子電鉄を紹介している雑誌か何かで,電車と犬吠埼の灯台が一緒に写った写真を見た記憶があり,おそらくそれがこの君ヶ浜駅近くから撮ったものだろうと勝手に思い込むことにする。

061104122030
 犬に吠えられたり,遠回りしながら撮影位置を決める。

061104122034
 電車が走り去るのを撮影。実はこの2枚の写真の前に電車と灯台を一緒に写したシーンがあるのだが,近景の電車が逆光で灯台が順光という条件のため肝心の灯台が白飛びしてしまった。

061104124513
 ちょっと撮影場所を変えて撮影してみる。これも実は失敗写真だったりする……。露出がうまく決まりそうもなかったので,D2Xでオートブラケット撮影を試みたのだが,D2Xのオートブラケットが単写モードではちゃんと動作しないことをうっかり忘れていたのだった(D2Xのオートブラケット動作はNikonの仕様だと言われればそれまでなのだが,PENTAXのカメラと併用していると,PENTAXの仕様のほうが正しく感じてしまうのだ)。

061104125505
 灯台と一緒に写すのは,少し時間が経って光線状態が変わってからにし,今度は線路に近づいて撮影。

061104125513
 君ヶ浜駅方面に電車が走り去る。

061104131236
 やっと(完全ではないが)順光になった。

061104132400
 君ヶ浜駅から再び電車に乗り込む。

061104133006
 終点の外川駅に到着。

061104133126
 外川駅の駅舎。

061104133229
 駅舎内も昔懐かしい感じ。外川駅は有人駅である。

061104133257

061104133406
 電車が到着してしばらくは写真撮影をする人で賑わうが,5分もするとのんびりした雰囲気が戻る。

061104135015
 外川駅から坂を下ると,そこが外川漁港である。坂の途中には古くから栄えた街並みが広がっている。

061104135101

061104135422
 話し好きのおばさんの長話も楽しいひとときである。

061104135633

061104135803
 坂道を登り下りするのは大変だが,夢中になって歩き回った。

061104135850

061104135956

061104140111
 干物。

061104140550

061104141207
 外川四丁目のバス停。バスの本数は……一日約5往復と少ない。

061104141823
 外川漁港。船が漁から戻る時間には賑わうことだろう。

061104142300
 港から外川の街並みを見る。

061104142600
 銚子といえば港町。銚子商業が甲子園に出場した際に立ち並ぶ大漁旗を思い出す(高校生らしくないという批判もあったようだが)。その銚子商が甲子園に出場しなくなって久しい。ちょっと寂しい気がする。また,旭駅の貼り紙を見て知ったのだが,銚子商と銚子農業高校が一緒になって新しい高校になる予定もあるようだ。

061104143242
 ふと気付くと雲が多くなってきた。

061104145533
 雨が降りそうな気配もあるので,寄り道しながら外川駅に戻ることにする。駅までは上り坂が続く。

061104145605

061104145723

061104145833
 ときどき港を振り返る。

061104150325
 足を引きずった老犬がとぼとぼとついてくる。

061104150359

061104151129
 外川駅に着くと,ちょうど電車が到着したところだった。

061104151510
 正面側から撮ってみる。パンタグラフの摺り板が傾いているのは大丈夫だろうか。個人的に銚子電鉄の名物だと思っているのは,電気の流れるトロリ線だけを吊した架線で,パンタグラフを上下に大きく動かしながら電車が走るさまは他ではあまり見ることができないものだと思っているのだが,傾いた摺り板には何か理由があるのだろうか……?

061104153534
 銚子駅に到着。外川駅では閑散とした車内だったが,隣の犬吠駅からはたくさんの観光客が乗ってきて満員となった。満員になるのは土日休日だけかもしれないが(朝のラッシュ時は除いて),これだけ多くの乗客が乗っていれば,まだまだ銚子電鉄は大丈夫かもしれないという気持ちになった。

061104154303
 JR銚子駅の駅舎。ちょうど改装工事中だった。

061104154748
 広い銚子駅前通り。信号機が無く,自由で好ましい感じがしたのだが,横断歩道で待っている歩行者がいるのに止まらない車が多く(中にはクラクションを鳴らして通り過ぎるヒドい車も),信号機の必要性を感じた。

061104160702
 成田線の電車に乗ろうと駅に戻ったところ,急に土砂降りとなった。雷も何度か鳴り響く。こういう事態になって,やっと朝の天気予報を思い出した。

061104160758
 強い雨の中,成田線経由千葉行きの電車がホームに入ってきた。

061104174255
 成田駅に到着。雨はすっかり上がり──というか,成田駅前には雨が降った形跡は無かった──,空には綺麗な月が出ていた。

【使用したカメラ】
・縦横比2:3の写真…Nikon D2X+AF-S NIKKOR 17-55mm F2.8
・縦横比3:4の写真…Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金曜日)

千葉県八日市場〜旭

061103154009edit

千葉県八日市場〜旭


 特に行き先を決めずに外出。戸塚駅(横浜市戸塚区)の横須賀線ホームに入ってきたのは千葉行きだった。

061103132007
 成り行き上,千葉駅に到着。

 ここからどこに向かうかを考えながらホームをぶらついていたところ,房総方面からの満員の電車が隣のホームに到着した。千葉,船橋,市川あたりの商店街を見て回ることも考えたが,せっかくだから少し足を伸ばし,銚子方面に向かうことにする。

061103132606
 横須賀線では見られなくなった塗色の電車が,千葉ではごく普通に走っている。

061103132838
 ホームに総武本線銚子行きの電車が入ってきた。上空には膨大な赤字に悩む千葉都市モノレールが通っている。

061103145731
 八街(やちまた),成東(なるとう),八日市場,旭……と,名前は知っていても今まで下車したことがない駅が並ぶ総武本線。悩んだ末に八日市場駅(千葉県匝瑳市)で下車した。
 匝瑳(そうさ)市は八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併してできた新しい市である(ということを,私は八日市場駅に下車して初めて知った)。八日市場市が市になる前は匝瑳郡の中心だったことを考えれば妥当な市名ではあるが,安直なひらがな市名やお馬鹿市名が多くの市民や施政者に支持されている昨今,実に思い切った判断だったと思う。個人的には「八日市場市のままで良かったんじゃないか」というのが正直なところである。

061103150601
 八日市場駅前。総武本線と平行に走る国道126号線から駅側には新しい街並みが広がっている。

061103151632
 国道126号線の北側には古い街並みが残る。歴史的に貴重な建物かどうかは別に,心が落ち着く街である。

061103151949
 八重垣神社。

061103152527
 鶴泉堂の見事な店舗。

061103152604

061103152815
 鶴泉堂の横の路地を入る。

061103153102
 下総鬼瓦は下総(千葉県北部〜茨城県南部)の伝統工芸品だが,ここ坂本総本店の鬼瓦も見事である。

061103153121

061103153442
 街の中心部。佐原(香取市)へ向かう街道が分岐する。

061103153546
 この瓦屋根には度肝を抜かれた……。

061103153857

061103154009
 角度を変えて交差点を眺める。

061103154134

061103154210
 ちなみに国土地理院の地形図を見ると,この付近の地名は「八日市場イ」であり,東の銚子方面に「八日市場ロ」,「八日市場ハ」と続いている。千葉県にはこの手の不思議な地名が多く,興味深い。

061103154500

061103155158
 田町バス停。

061103155237

061103155751
 街の西側をぐるりと回って駅に戻ることにする。

061103155944

061103160244
 細い路地に入ると古い家並みが残っている。

061103160310

061103160442

061103160519

061103162936
 八日市場駅。東京方面行きの特急列車の時刻まではまだ30分以上あるが,ホームにはすでに人が集まっていた。
 今晩は銚子に宿泊して,明日は銚子電鉄巡りをしようと思ったが,3連休のためだろうか,銚子のビジネスホテルはどこも満室。Webで検索しても,銚子駅周辺で今晩の宿が確保できなかった。結局,隣の旭市に宿泊することにする。

061103170426
 総武本線旭駅(千葉県旭市)前。

061103170647
 空には月が出ていた。

061103170829
 旭と八日市場とではどちらが規模の大きな街なのか知らなかったが,商店街は旭のほうがかなり大きいと感じた。

061103170910

061103171020

061103171652
 元旅館と思われる建物。

061103171734

061103171848

061103171916
 特に買い物をするわけではないが,歩いている途中にこういう店の明かりがあるとホッとする。

061103173027

【使用したカメラ】
・縦横比2:3の写真…Nikon D2X+AF-S NIKKOR 17-55mm F2.8
・縦横比3:4の写真…Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土曜日)

午前中の便で福岡から羽田へ

 午前中の飛行機だが,福岡から羽田までの便の,しかも窓際の席がとれたので,帰ることにする。帰路につくことが決まると,今年のゴールデンウィークが本当にあっという間だったことを実感する。

060506052947_1
 朝の5時半。宿泊したビジネスホテルの窓から外を見る。昨晩は川沿いの道に屋台が連なって賑わっていたが,朝にはすっかり片付けられている。見事な出店者のマナーに感心。

060506102828_1
 機内に据えられたテレビのニュースでは,Uターンラッシュが本日ピークになることを繰り返し放送していた。

060506103940
 せっかく窓際の席に座れたのだが,あいにくの曇り空。チラッと見えた海岸線は,進行方向の左側に埋立地が続くところを見ると,伊予西条,新居浜,川之江付近だろうか。高松付近や宇多津,坂出付近とは地形が違うような気がする。

060506104645
 香川県の東部,引田付近。

060506104756
 誰が見ても鳴門海峡だとわかる写真。こういうふうに,地図で見た地形がそのまま見えるとめちゃくちゃ嬉しい。

060506105445
 鳴門海峡が見えた後はしばらく雲ばかりが見えていたが,一瞬雲が途切れた瞬間に見えたのは,奈良盆地だった。橿原市にある特徴的な形の耳成山がよくわかる。

060506110125
 知多半島の南端。

060506110301
 渥美半島の付け根,豊橋市付近。広大な埋立地にはトヨタ自動車関連の巨大な工場が立ち並ぶ。

060506110347
 静岡県の遠州灘。風向きの関係だろうか,雲の形が面白い。

060506110735
 御前崎。はるか彼方に富士山が見えてきた。

060506110839
 富士山はやっぱり飛び切り美しい。
 手前には日本平や静岡,清水の街が見える。

060506111659
 大島の飛行場。

060506112057
 千葉県の南端,野島崎の南側をぐるりと回る。
 この後,羽田空港への着陸許可がなかなか出なかったのだろうか,到着時刻を大幅にオーバーし,「ひょっとしたら成田空港に降りるんじゃないだろうか」と不安になるほど千葉県の内陸部をぐるりと回ってから,羽田空港に着陸した。

060506115408

060506115907_1
 羽田空港に到着。

060506142910
 妙に疲れていたので,近所のヨーカドー上永谷店で買い物をして,さっさと帰宅した。豚丼が安かったので買って帰ったのだが,いざ食わんとすると,安かったはずの豚丼が880円もする……。さらに良く見ると(良く見なくたってわかりそうなものだが),ラベルは「エビマヨネーズピザ」になってやがる。どうやら疲れはピークにあるようで,豚丼を食ってソファに横になったら,あっという間に眠ってしまった……。

【使用したカメラ】
・PENTAX Optio WP

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日曜日)

野暮用で千葉県柏へ

 今日は野暮用で千葉県の柏へ。ちょっとだけ駅周辺をぶらつくことにする。

060115-122600

060115-122435
 常磐線柏駅の西口に出る。西口側は東口に比べるとちょっと地味だが,高島屋デパートもあり,人通りは意外に多い。

060115-123152

060115-123257
 高島屋の横から飲食店街へ向かう路地。

060115-124236

060115-124457

060115-124800
 飲食店の多い,この商店街の名は「柏一小(かしわいっしょう)通り商店街」である。その名の通り,通りの外れには柏第一小学校がある。

060115-125214

060115-125456
 遠くに見えるのは,柏駅東口にあるそごう(丸いところは回転レストラン)のビルである。

060115-131643

060115-135252
 東口駅前のビルにビックカメラが入ったという話を聞いたので,柏駅東口前へも行ってみる。

060115-135325
 ここまでの写真は,すべてFA☆24/F2.0を*ist Dに付けて撮影している。さすがにPENTAX自慢のFA☆レンズ,破綻のない安定した絵になっている。無理な比較かもしれないが,ニコンのAF24/F2.8レンズをD2Xに付けて撮影したときよりも綺麗な写真が撮れているような気がする。

060115-140028
 柏駅。レンズのテストを兼ねてFA35/F2.0でも撮影してみる。画面の端から端まで均質な写真になっていて見事である。35mmレンズは今までに,PENTAXのMFレンズ(タクマー35/F2,M35/F2,A35/F2.8),AFレンズ(FA35/F2),ニコンのMFレンズ(Ai35/F1.4),AFレンズ(AF35/F2),オリンパスのMFレンズ(Auto35/F2)と呆れるほどたくさん持っているが,このPENTAXのFA35/2が一番良く写るような気がする(あくまで「気がする」レベルである)。

060115-140625
 しばらく使っていなかったMF時代の名レンズA☆85mm F1.4を久しぶりに使ってみる。ブログの縮小画像ではよくわからないが,ワクワクするような絵を作り出すレンズであることを実感する。ややコントラストが低めな印象だが,ピントの合った部分が艶めかしい。

【使用したカメラ】
・PENTAX *ist D + FA☆24mm F2, FA35mm F2, A☆85mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月16日 (月曜日)

東京湾フェリーで金谷から久里浜へ

 昨日のBlogに木更津のフェリーの話を書いたら,久しぶりにフェリーに乗りたくなった。
 木更津から川崎へのフェリーは無くなってしまったので,対岸の神奈川県久里浜への東京湾フェリーが残る内房線浜金谷駅を目指すことにする。フェリーに乗る前に,とりあえず内房線の電車を撮影するために保田駅で下車。保田駅と隣の浜金谷駅の間には鋸山(のこぎりやま)があって,特徴のある山と電車を絡めて撮影することができる。

040816-111913.jpg
 このあたりの内房線は単線である。ちょうど保田駅で列車交換だったため,跨線橋の上から撮影してみた。

040816112209_2
 保田駅前。

040816121815_2
 各駅停車として走っている特急車両。

040816133746_2
 内房線木更津方面行きの各駅停車。

040816-134349.jpg
 内房線の特急列車ビューさざなみ。斬新なデザインの列車である。
 珍しく,典型的な鉄道写真風構図で撮ってみた。背景の山が鋸山(のこぎりやま)。
 鉄道写真の世界にはいろいろ細かなルールがあるらしく,この写真だと「後追い写真だからボツ」「左端に余分なモノが写り込んでいる」「右端にも……」「架線柱の位置がペケ」とか,その筋の人からはダメ出しされそうである。でも,そんなにルールに縛られて,撮ってて楽しいのかなぁ,と素人なりに感じる。

040816143119_2
 保田の海岸を俯瞰する。走ってきた列車は特急さざなみの車両なのだが,この付近では各駅停車として走っている。

040816145627_2
 保田駅に戻る。

040816153543_2
 保田駅の跨線橋から駅前を見る。

040816153745_2
 保田駅から電車に乗り,隣の浜金谷駅へ。

040816154146_2
 浜金谷駅前。

040816154252_2
 東京湾フェリー乗り場に向かう。
 途中で昼飯兼晩飯。海産物はやっぱり美味い。

040816161530_2
 東京湾フェリー乗り場に到着。

040816-170318.jpg
 金谷からフェリーに乗る。背景の山が鋸山。稜線がノコギリのようになっている。

040816170235_2
 東京湾。フェリーの前を横切る貨物線。
 東京湾には往来する船が多く,フェリーは途中で何度も速度を緩めた。川崎,木更津間のフェリーでは,このようにフェリーの直前を貨物船が通過するということはほとんど無かった。川崎,木更津間は東京湾内の横浜港よりも内部に位置するため,通過する貨物船が少なかったのだろう。

040816-170700.jpg
 川崎,木更津間では,フェリーのすぐ上を旅客機が頻繁に通過して楽しめたのだが,そういう楽しみは無くなってしまった。残念。

040816170950_2
 久里浜の火力発電所の煙突が見えてきた。

040816171718_2

040816172230_2
 久里浜の港に到着。

040816174937_2
 京急久里浜駅前の商店街。

040816175025_2
 京急久里浜駅前のバスロータリー。

040816175205
 京急久里浜駅前のアーケード商店街(仲通り商店街)に西日が差し込む。

040816175233

040816175258
 アーケード商店街から京急久里浜駅前方向を見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月15日 (日曜日)

そごう撤退から4年 木更津は立ち直れるか

 木更津の街を歩くのは,まだ川崎と木更津の間をフェリーが結んでいたころ以来である。その川崎−木更津フェリーも,アクアライン開通によって廃止になり,それ以降木更津の街に来ることは無かった。久しぶりの木更津の街である。

040815153929
 木更津駅から駅前を見ると,まず目に入るのが巨大なビル。ここが4年前まで木更津そごうだったビルである。それが突然の倒産,撤退で,つい最近まで空きビルになっていた(はずである)。いわゆる平成不況の象徴のように語られているビルであるが,商業ビルとして復活したようだ。この日,周囲の駐車場は満車状態であり,結構繁盛しているように見えた。今後が楽しみである。

040815154129
 駅前広場。駅前通り(富士見通り)には立派なアーケードがある。

 気になったのは,駅の正面には自家用車が横付けにできるようになっていて,バスはその横を通り抜け,駅前を横切って,駅南のバスターミナルまで行って乗客を降ろしていることである。
 公共交通機関が優先されないこのような状況は,ますます公共交通機関を脆弱にし,どんどん住みにくい街を作るような気がする。しばらく駅前を見ていたが,長時間停車の自家用車も多い。これはちょっとマズいのではないだろうか。

040815154718
 駅前のアーケードには間口の広い,立派な商店が並んでいるが,シャッターを下ろしている商店が多い。
 フェリー乗り場から木更津駅まではいつもこの商店街を歩いていたが,以前はこのようにシャッターを下ろした店ばかりということはなかったような気がする。木更津市は地価下落率が全国でもトップクラスだったと記憶するが,この商店街を取り巻く状況はかなり厳しいようである。

040815155130
 木更津銀座商店街を歩く。

040815155526
 木更津銀座商店街にはシャッターを閉じている店が多く,歯抜けになっているところも多い。

040815160044
 駅前通り(富士見通り)方向を振り返る。

040815160219

040815160252
 木更津銀座商店街の突き当たりに八剱八幡神社がある。

040815160411
 木更津銀座という名前から,昔はこのあたりが木更津の中心地だったものと思われる。現在は,わずかにその面影が残るだけである。歩道すらないにもかかわらず,どうも中途半端に交通量が多いのが問題であるように感じる。
 木更津の中心部には,この写真のように神社仏閣(左側は弁財天厳島神社)が多い。街は門前町として形成されたのだろうか。

040815160502

040815160652
 再び駅前通り(富士見通り)に出る。

040815160815
 ムービーランド。

040815161614

040815161734
 みまち通り商店街へ。

040815161804

040815161846
 みまち通り商店街は,ちょっと不思議な感じのする商店街である。

040815161914
 みまち通り商店街。盆休みの貼り紙が目立った。
 シャッターは下りているが,この商店街は盆明けにはにぎやかになりそうな雰囲気を感じた。実際のところはどうなのだろうか。

040815161939

040815162004

040815162025

040815162032

040815162102

040815162112
 みまち通りを抜けると,八剱八幡神社横から木更津銀座商店街に出る。

040815162134
 木更津駅方向へ,みまち通りを引き返す。

040815162412

040815170907
 木更津駅から電車に乗り五井駅へ。今日は時間が無かったため,小湊鉄道は五井駅で見るだけにする。
 跨線橋の上から車庫を見ていたら,ちょうど列車が五井駅に入ってきた。

040815173231
 こうやって見ると,実にシンプルでバランスの良い塗装であると思う。塗装のバランスが良いから,森を抜け,田んぼの中を走るシーンは絵になる。
 こういう車両を見ていると,対照的に奇妙な塗装の久留里線の車両が残念でならない。

040815173811

| | コメント (0) | トラックバック (0)