カテゴリー「・02 青森県」の15件の記事

2013年8月 4日 (日曜日)

古川市場通りと第三新興街 青森

「青森の中心市街地から旧線路通りへ」から続く……)

130804-120928
 八甲通りから青森駅前まで,新町通りの南側に平行して延びるのがニコニコ通り商店街。
 西沢衣料店の「ヒマン体」……って,俺のことか。

130804-120955
 ニコニコ通り商店街。大きいサイズの専門店「小町」。

130804-121039
 青森公益魚菜市場,青森生鮮食品センターが並ぶ〝いろは通り商店街(通称:市場通り)〟。
 青森公益魚菜市場は閉鎖されていて,「公益市場の全商店は,隣の市場,青食センターに移りました」との貼り紙があった。

130804-121102
 いろは通り商店街からニコニコ通り商店街を振り返る。空には飛行船……

130804-121152
 いろは通り商店街の阿保商店と三浦商店。

130804-121208
 青森生鮮食品センター(青食センター)。

130804-121222
 青森生鮮食品センター(青食センター)。

130804-121237
 いろは通り商店街の阿保商店と三浦商店。

130804-121322
 青森生鮮食品センター(青食センター)。

130804-121333
 青森生鮮食品センター内からいろは通り商店街を見る。

130804-121428
 いろは通り商店街(古川市場通り)。

130804-121459
 いろは通り内の十字路。

130804-121508
 いろは通り商店街。キャッチボールしてる。

130804-121608
 成萬と石郷岡商店。

130804-121632
 いろは通り商店街の十字路の大谷製麺工場。

130804-121648
 西側を見る。

130804-121751
 石郷岡商店の前からいろは通り商店街の十字路を見る。

130804-122347
 いろは通り商店街から奥州街道(国道7号線:陸羽街道)の交差点を見る。

130804-122411
 北側のニコニコ通り商店街方向を見る。

130804-122522
 国道7号線の手前,アカヒラストアー。

130804-122554
 いろは通り商店街の安田呉服店,青森センターホテルの市場通口。

130804-122643
 アカヒラストアーと服部青果店。右側が陸羽街道(国道7号線)。

130804-123448
 いろは通り商店街の十字路を西側から見る。

 このあたりで,古川市場通り内の店から流れているテレビ・ラジオ,そして携帯電話の緊急地震速報が鳴り響いた。青森市は震度1ぐらいで(立っていたら)揺れを感じなかったが,宮城県沖を震源とするM6.0の地震が発生し,宮城県中部(石巻市)で震度5強,宮城県北部で震度5弱を記録したらしい。

130804-123535
 古川市場通りの南側の入口にある味処「天裕」。

130804-124109
 工藤幸商店(サクラダ資材)と青森センターホテルの駅方面口。

130804-124202
 古川市場通り。青森魚菜センター本店,青森生鮮食品センター,青森公益魚菜市場(閉鎖)が並ぶ。

130804-124229
 古川市場通り。市場の前には露店のような店が並ぶ。

130804-124323
 青森生鮮食品センター。

130804-124329
 青森生鮮食品センターの前。酒と食の皐月(さつき)と桜庭商店。

130804-124353
 青森生鮮食品センター。

130804-124516
 青森魚菜センター。

130804-124535
 青森魚菜センター。写真の奥のほう,中央古川通り側は人がいっぱいだ。

130804-124709
 青森魚菜センターでは,どんぶりご飯を購入して,市場で好きな具材を好きな量だけ買って,のっけて食べるという〝のっけ丼〟が人気らしい。

130804-124716
 青森魚菜センター。

130804-124825
 右が青森魚菜センター,左は閉鎖された青森公益魚菜市場。

130804-125001
 ニコニコ通り商店街の古川一丁目交差点付近。衣料品店や靴屋が並ぶ。

130804-125042
 ニコニコ通り商店街の古川一丁目交差点付近。奥にチラッと見えるのはアウガの駐車場。

130804-125316
 ニコニコ通り商店街の岡本履物店,靴のミカミ。

130804-125802
 中央古川通りの古川一丁目交差点。山上商店の向こうに青森魚菜センター本店が見える。あまり広くない中央古川通りの青森魚菜センターの前に,車でやってくる人が多くて,ちょっと痛い感じだ。

130804-125822
 古川一丁目交差点から西側のニコニコ通り商店街を見る。

130804-125836
 アウガの東側,中央古川通りの商店街。

130804-125935
 中央古川通り。

130804-130051
 アウガの東側の中央古川通り。
 左側のアウガ(正式にはFestival City AUGA)は,第三セクターの青森駅前再開発ビルが運営する複合施設。津軽弁で「会おうよ」という意味の「会うが」に由来し,地下にある新鮮市場(再開発ビルができる前にあった駅前市場〔市場団地〕が移設)や商業施設の他に青森市民図書館などの公共施設が入っている。

130804-130117
 アウガの東側の中央古川通りの商店街。

130804-130146
 細い路地の奥に飲み屋がある。

130804-133336

130804-135211
 アウガの中から新町通りを見る。

 アウガの6階から9階に入っている青森市民図書館を軽く見て回るつもりが,2時間以上も長居してしまった。図書館の魅力はハンパない。

130804-162407
 ニコニコ通り商店街,青森りんご産地直送のたてやま商店。

 青森駅の南側の古川一丁目に広がる飲み屋街を廻って,青森駅に向かうことにする。

130804-162600
 さけ処由起とサロンPeachがある路地。

130804-162636
 さけ処由起の前の路地は中央古川通りに続いている。

130804-162705
 あおもり駅前居酒屋ありがとう……

130804-162818
 青森駅前の旧線路通り。正面に国道7号線古川跨線橋が見える。そして,左側に第三新興街,飲み処「さくら」。

130804-162842
 第三新興街横の空き地。

130804-162900
 第三新興街。その名前からして,かなりディープだ。

130804-162917
 二本の路地からなる第三新興街の北側の路地。

130804-162933
 二本の路地からなる第三新興街の北側の路地。

130804-162956
 二本の路地からなる第三新興街の南側の路地。ムーディーサロン「クラブ」とサロン「ロマン」……

130804-163059
 旧線路通り側から見た第三新興街の南側の路地。

130804-163125
 第三新興街の北側の路地。

130804-163219
 寿宝,おかあさん,富美子……

130804-163256
 胡蝶。

 第三新興街には,スナックともバーとも居酒屋とも書いていない店が多い。常連さん相手の店だろうから,そのへんはどうでもいいのだろう。

130804-163322
 スナック「ひろみ」。

130804-163423

130804-163442
 第三新興街の東側のゲート。その東側にも飲み屋街が続いている。

130804-163506
 第三新興街の東側の飲み屋街。正面のビルは中央古川駐車場。

130804-163740

130804-163801
 どさんこ「ゆかり」,さざなみ,スナック「夜間飛行」,サロン「ニューパンサー」……

130804-163923
 クラブGROUNDスマイルと,角にある酒房「かど」。

130804-164020

130804-164341
 喫茶・カラオケ「ラブチャイム」,カラオケスナック「子猫」,居酒屋「暖流」。軽食「ササニシキ」って……

130804-164421
 地図に丸い建物があって,何だろうと思ったら東栄パーキング。上を見るとPARLORリムジンとなっていて,元はパチンコ屋だったらしい。左側に見えるのも駐車場のライジング青森駅前。

130804-164640
 国道7号線の古川跨線橋をくぐる。左側は旧線路通り。

130804-164752
 旧線路通りのナカノ美容室。奥に見える古川交差点(国道7号線と中央古川通り・浪館通り)をたくさんの大型観光バスが通る。道行く人はねぶた祭りの格好をしている。

130804-165019
 第三新興街の前の旧線路通り。正面が青森駅前。その先には青森ベイブリッジの斜張橋が見える。横浜ベイブリッジの二番煎じっぽい名前だが,実は全長が1219mあって,横浜ベイブリッジの860mよりもかなり長い。
 左に青森市民ホールとバス会社の大きな駐車場があり,旧線路通りには大型観光バスが並んでいる。数時間後に始まる青森ねぶた祭りを前に,どんどんと観光客が集結している。

130804-165337
 そのまま青森駅に向かおうとしたら,東側に青森DX(デラックス)劇場の文字が見えた。

130804-165429
 青森駅の東口と駅西口を結ぶ跨線橋「あすなろ橋」。

130804-165438
 ニコニコ通り商店街の西端(青森駅側)。

130804-165518
 ニコニコ通り商店街のみよし食堂。

130804-165631
 青森DX劇場の入口側に廻ってみた。青森DX劇場はストリップ劇場だったらしいが,ずいぶん前に閉館してしまったようだ。

130804-165729
 ニコニコ通り商店街から「あすなろ橋」を見る。

130804-165904
 青森駅前公園の広場では露店が並んでいる。青森ねぶた祭りに集まった人で賑わっていた。

130804-165936
 青森駅ビル「ラビナ」。

130804-170047
 土産物屋とホテルが建ち並ぶ青森駅前。ねぶた祭りに参加する青森の自衛隊。残念ながら,昨晩は自衛隊のねぶたは見逃してしまった(青森自衛隊ねぶた協賛会は大型ねぶたを運行している)。

130804-170528
 青森駅構内の跨線橋から見た青森駅前。

130804-170707
 青森駅構内の跨線橋から見た青森ベイブリッジ。左の電車は青い森鉄道の車両。この写真を撮っているとき,跨線橋は弘前からの電車を降りた乗客で大混雑だった(昨日,弘前から乗った電車と同じ)。

130804-171108
 弘前駅に向かって折り返す電車で新青森駅に向かう。

130804-180951
 新青森駅の東北新幹線ホーム。午後6時30分発の東京行き「はやて48号」に乗る。

130804-181429
 東北新幹線のE5系のダブルカスプ型先頭車両。空力的には優れているんだろうけど,アヒルの口みたいなのは好きになれない。

130804-182100
 東京行き「はやて38号」に乗り込む。乗るのはグランクラス(身の程知らずの贅沢)。このアテンダントさん達が車内サービスをしてくれる。

130804-182235
 グランクラスの車内。

130804-184439
 グランクラスの車内食。和食と洋食から選ぶことができる。グランクラスに軽食が付いていることを知らずに,駅弁を買い込んでしまった……(もちろん両方とも食ったけど)

 今日の昼過ぎに発生した地震(12時28分)の影響で,東北本線に運休や遅れがでているということだったが,幸いなことに新幹線に影響はなく,日付が変わる前に無事に自宅に到着した。面白い旅だった。

 午後11時の横浜の気温は26.8℃で,アブラゼミとニイニイゼミが盛大に夜鳴きしている。青森市の最高気温が26.4℃だっただけに,その暑さにめまいがした……

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5 or Canon PowerShot S100

| | コメント (5) | トラックバック (0)

青森の中心市街地から旧線路通りへ

 ねぶた祭りを見た翌朝。まだ頭の中でねぶた囃子が鳴っている……

130804-095136
 本町二丁目の本町通りの本町五丁目方向を見る。本町通りは,青森駅から東に延びる新町通り(青森市のメインストリート)の安方二丁目交差点から,連続して東に延びる通り。
 歩道に昨晩のねぶた祭りの名残り。青森ねぶた祭りはあと四日間も続く。もの凄いパワーだと思う。

130804-095229
 昨日撮影した動画のバックに映っているのが,本町一丁目のこのあたりと常光寺。

130804-095526
 新町通り・本町通りと柳町通りが交わる安方二丁目交差点。柳町通りは歩道部分が広く,ねぶたが運行されないため露店が並んでいる。

130804-095628
 安方二丁目交差点から新町通りの新町(しんまち)商店街を見る。背の高いアーケードが青森駅前まで続く。

130804-095729
 安方二丁目交差点を北へ。
 歩道がとても広い。人でいっぱいになった青森ねぶた祭りを見なければ,たぶん無駄なほど広いと感じたと思う。

130804-095828
 柳町通り,本町二丁目の本町館。本町二丁目は飲食店街になっている。

130804-100010
 本町二丁目。

130804-100109
 柳町通りの安方二丁目側。この先に青森警察署がある。

130804-100139
 安方二丁目。

130804-100345
 安方二丁目を西へ。

130804-100436
 安方二丁目の変形四叉路。

130804-100456
 安方二丁目変形四叉路の飲み屋ビルSOCIAL3
 商店街である新町通り・本町通りの北側全体(と南側の一部)に飲食店街がある。

130804-100545
 三八五(みやご)観光タクシー。八戸の三八五流通系のタクシー会社だ。バス好きには三八五バスが有名かも。

130804-100729
 善知鳥神社の北側の路地。

130804-100912
 安方二丁目の善知鳥(うとう)神社。神社の前に奥州街道終点記念の碑と青森市道路元標がある。主要な道路の起点・終点の基準となる標識で,青森町役場が境内にあったことなどに由来するという。

 Wikipediaで「ウトウ」を検索したら,リンク先に「善知鳥安方忠義伝」があり,〝善知鳥安方の名は、ウトウという鳥は親鳥が「うとう」と鳴くと、子が「やすかた」と鳴いて応えるという伝承から親子の結びつきの強さを象徴する〟と書かれている。善知鳥神社の所在地が安方なのは,なかなか粋な命名だと思った。

130804-101214
 新町二丁目の新町商店街(新町通り)。ねぶた見物の特等席。

130804-101354
 新町商店街,衣料品・雑貨・食料品の紅屋。青森県内や秋田県にスーパーマーケット「ベニーマート」「カブ」,ドラッグストアを展開する。

130804-101452
 新町通り。県庁通りとの交差点方向を見る。

130804-102112
 市内の各店で,ねぶた祭りのハネトの正装が販売・レンタルされている。

130804-102329
 新町通りと八甲通り・アスパム通りの交差点。新町二丁目と新町一丁目の境界になっている。

130804-102436
 新町通りと八甲通りの交差点から,新町商店街の青森駅前方向を見る。

130804-102503
 新町一丁目側から新町二丁目の新町通りを見る。

130804-102724
 アスパム通りの正面に青森県観光物産館アスパムが聳える。

130804-102750
 アスパム通りの一念寺。

130804-102819
 新町一丁目。左側がアスパム通り。

130804-102837
 アスパム通りから八甲通り方向を振り返る。

130804-102959
 安方一丁目のアスパム通り。アスパムに近づいたが,レンズの焦点距離が広角側なので遠ざかったように見える。

130804-103124
 安方一丁目。

130804-104115
 安方一丁目と新町一丁目の境界となる路地にある飲み屋街。

130804-104207
 安方一丁目のプラザうとう。「ウトウ」と鳴けば,子は「ヤスカタ」と答える。

130804-104447
 新町一丁目の裏路地の飲み屋。

130804-104706
 東映プラザがある新町通りと昭和通りの交差点。奥の昭和通りには中三デパート青森本店がある。大型観光バスが立て続けに通る。青森に観光バスが集結している感じだ。青森ねぶた祭りの集客力,恐るべし。

130804-104736
 新町通りの青森駅前方向を見る。

130804-104837
 昭和通りとの交差点から新町通りの東側を見る。右にさくら野百貨店がある。

 さくら野百貨店は,昔は郡山市にもあった丸光デパート(本店は仙台)や,福島の山田百貨店などの東北地方の百貨店連合の流れを汲む百貨店なので,東北地方の人には縁の深い百貨店だ。1980年代にダックシティとなったり,1990年にはマイカルグループの傘下となってVIVRE(ビブレ)になったりしたが,マイカルグループの経営破綻の影響を受けて,グループから独立し〝さくら野百貨店〟となった。その後もあれこれ激流を漂い,多数の店舗が閉店して現在に至る。

130804-104951
 新町一丁目バス停付近の新町商店街。

130804-105154
 新町通りの新町一丁目バス停付近から南に延びる夜店通り商店街。通りの名前は,大正時代に夜店が設けられたことに由来するらしい。

130804-105612
 夜店と言っても,飲食店が多いというわけではない。歩道の上のアーケードの間に提灯がぶら下がり,夜になると商店街を印象づける。

130804-105720
 夜店通り商店街のパンとケーキの栄作堂本店。

130804-110122
 夜店通り商店街を南へ。歩道の上にはアーケードが設けられている。

130804-110333
 夜店通り商店街。

130804-110359
 夜店通り商店街は新町一丁目から古川一丁目へと続いている。

130804-110706
 夜店通り商店街の古川一丁目の交差点。渡部毛糸店。

130804-110818
 夜店通りから青森県庁方向を見る。

130804-111016
 渡部毛糸店のアーケードの上には〝さくらや〟の文字が残っている。

130804-111625
 奥州街道(陸羽街道)の国道夜店通交差点。この道路は国道4号線と国道7号線になっているが,どちらも青森県庁前が終点なので,ここは正確には国道7号線になるようだ。

130804-111747
 夜店通り商店街の国道夜店通交差点側のアーチ。横には映画館のシネマディクトがある。

130804-112047
 国道7号線を渡り,古川二丁目をそのまま南へ歩く。夜店通りと平行して新町通りから南に延びる昭和通りは,国道7号線を挟んで旭町通りと名を変えるが,夜店通りから続く通りに名前は付いていないようだ。

130804-112132
 旭町通りに続く通り。

130804-112200
 Nanda BARとレンカ堂帽子店。

130804-112216
 レンカ堂帽子店と谷川ダンス教室のある交差点。

130804-112327
 曲面がカッコいいレンカ堂帽子店。帽子好きの私としては,近所にこんな店があったら最高に幸せだと思う品揃えだ。

130804-112539
 古川二丁目をさらに南へ。交差点が見えてきた。

130804-112639
 この交差点を横切るのが〝旧線路通り〟。明治時代に東北本線が青森駅まで開通したときの,初代東北本線跡だ。

130804-112731
 旧線路通りの先の古川三丁目に八甲町の提灯がぶら下がる。

130804-112744
 旧線路通りの東側を見る。ここを東北本線の列車が走っていた頃はまだ単線だったはずなので,これほど幅の広い通りだとは思わなかった。

# 検索してみると,浦町駅から青森駅までは,単線の東北本線旅客線と単線貨物線の複線になっていた可能性があるようだ。この幅員をみると,納得がいく。

130804-112923

130804-113025
 旧線路通りの西側(青森駅方向)を見る。

130804-113201
 地図を見ていて,旧線路通りと八甲通りの交差点の横に気になる一郭を見つけた。

130804-113317
 旧線路通りの気になる一郭。地図を見たときには,ひょっとしたら東北本線の浦町駅(東北本線のルート変更に伴って廃止になった駅)がこの近くにあり,このあたりは駅前の飲食店街だったのではないか……などと考えてしまったのだが,見当外れだった。浦町駅はここからかなり東に離れた平和公園通りの先にあったという。

130804-113534
 八甲通り。左側が気になった一郭。

130804-113554
 八甲通りの中央分離帯は駐車場になっている。
 この日,空では飛行船が飛び回っていた。

130804-113933

130804-115350
 奥州街道(国道4号線)の消防本部前交差点。正面に見えるのは青森県庁。県庁横の交差点なのに県庁前交差点でないのは,たぶん八甲通りの一本東側の通りが県庁通りで,そちら側の交差点が県庁前だからだと思う(見ていないので推測)。

130804-115445
 青森県庁横の八甲通りのねぶた観覧席。ねぶたは奥州街道(国道4号線)を西へ移動したねぶたは,消防本部前交差点を曲がって八甲通りを北上し,新町通りに入る。

130804-115529
 県庁の横から青森古川一丁目郵便局に続く通り。狙って撮ったわけではないが,上空の飛行船がやたら目立つので,それなりに絵になる位置に来るまで待って撮影。というか,それを狙って撮るというのだと言われれば,そうかもしれない。

130804-115805
 鮨浜蝶や三九鮨のように寿司屋が目立つ県庁横の路地。かつては接待に使われたのかも?

130804-115935
 一本西側にも飲食店の多い路地がある。

130804-120304
 ニコニコ通り商店街と夜店通りとの交差点。その先の新町一丁目・昭和通り交差点には,中三デパート青森本店がある。

130804-120337
 夜店通りの交差点。

130804-120407
 新町一丁目・昭和通り交差点のニコニコ通り商店街(古川一丁目)。

130804-120443
 新町一丁目・昭和通り交差点のフクシスポーツビルとBLACK BOXビル(元青森松竹会館)。

130804-120529
 中三デパート青森本店。

130804-120547
 中三デパートを中核とした昭和通り商店街・ニコニコ通り商店街のナンデモヤ。

130804-120714
 新町一丁目・昭和通り交差点から見た昭和通り商店街(南側)。

(後半の「古川市場通りと第三新興街 青森」に続く……)

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土曜日)

ラッセラーラッセラー 青森ねぶた祭り

130803-193649

ラッセラーラッセラー 青森ねぶた祭り



 青森ねぶた祭りを見るのは,実は2度目。25年前,青函トンネルが開通した年の夏に,北海道ワイド周遊券で10日間(切符の有効期間は20日間だったと思う)ぐらい北海道を貧乏旅行(ほとんど宿に泊まらず,夜行列車の中で寝る旅)して回ったことがあって,北海道からの帰りに青森駅で下車した日が,たまたま青森ねぶた祭りの日だった。ねぶたよりも,たくさんのハネトに驚いた記憶が残っている。

 さて,今年は8月2日から7日まで運行される青森ねぶた。今日8月3日は午後7時10分からの運行開始だ。

130803-190953
 午後7時5分頃ホテルを出て,約30秒で運行コースへ。コース上にたくさんのねぶたが並んでいて,それが一斉に周回コースを回るらしい。
 どのへんで見るか,運行コースを歩いて決めようと思っていたが,既に歩道は人がいっぱいで,歩き回るのは難しい。

130803-191001
 午後7時10分,段雷(音花火)が鳴って,青森ねぶた祭りが始まった。ねぶた囃子が始まる瞬間が最高に感動的。笛・太鼓・手振り鉦によるねぶた囃子,ラッセラー・ラッセラー・ラッセラッセラッセラーのかけ声を聴いたら,感動して涙が出てきてしまった(恥ずかしいので汗を拭うふりをしたけど)。ハネトが腰に付けているガガシコの音も混じっているのかもしれない。弘前ねぷたまつりもそうだったけど,やっぱり「音」がすばらしい。

 確保した場所は,大型ねぶたがある〝パナソニックねぶた会〟と〝サンロード青森〟の中間あたり。この日運行される大型ねぶたは17台。それに16台の子供ねぶた・担ぎねぶたが続く。私が陣取ったのは,ちょうど大型ねぶた17台の中間ぐらいらしい。

 弘前のねぷたまつりを見たときに,一眼レフは人混みで邪魔になったので,この日はコンパクトデジカメPowerShot S100の動画ばかり。


 青森ねぶた祭り【まとめ】2013年8月3日

 撮りっぱなしの動画ばかりではいい加減手抜きすぎるので,一通りまとめて繋いだ動画を1本だけアップ。横480ピクセルの動画は小さすぎて迫力がないので,直接YouTubeの動画をフルスクリーンで見てもらうと,その場の印象が伝わりやすいかもしれない。

 あとは撮りっぱなしの動画とその説明。


 サンロード青森のねぶた。テーマは〝古事記「日本創生」〟
 このねぶたは2013年の知事賞を受賞。


 マルハニチロ侫武多会の〝京市原野 鬼同丸と綱〟


 青森市役所ねぶた実行委員会の〝三井寺合戦〟


 ヤマト運輸ねぶた実行委員会の〝剣豪 足利義輝〟
 このねぶたは2013年の青森観光コンベンション協会会長賞を受賞。
 ただ,「クロネコヤマトの宅急便!」というかけ声は如何なものか,と思った。


 iPhoneのInstagramの動画で,ねぶた愛好会の〝夏祭浪花鑑〟


 県庁ねぶた実行委員会の〝背水の陣 韓信〟

 祭りが始まって閉鎖された道路に,たくさんの人が座ってねぶた祭りを見ている。私はその後ろに立って見ているので,ありがたいことによく見える。が,途中から「じょっぱり隊」という旗を持った男がみんなの前をうろうろして,ちょっと邪魔くさかった。


 私たちのねぶた自主製作実行委員会の〝戦場ヶ原の神戦〟


 あおもり市民ねぶた実行委員会の〝川中島〟


 青森ねぶた祭りのハネト。
 前日の夜,青森ねぶた祭りが始まったというニュースの中で,最近はハネトの数が減っているという話をしていた。ハネトの正装をしていれば,誰でも自由に参加できるのだが,衣装代が(レンタルの場合も含めて)高いのと,様々な厳しいルールを好まない人が増えているのかもしれないとのこと。祭りを荒らすカラス族を排除するためには仕方がないという面もあり,難しい問題だと思った。


 青森菱友会の〝津軽野萩ノ台合戦 奮戦 安東堯季〟
 このねぶたは2013年の青森商工会議所会頭賞を受賞。

 ここからは16台の子供ねぶた・担ぎねぶたが続く。大型ねぶたに比べると,小さい分だけ動きが激しい(こともある)。


 篠田町会。

 子供ねぶたになったら,見ていた人が動き出した。腹がへってきたことと,違うところでも見てみたいという気持ちで,人の流れに従って移動して,屋台のある場所へ。屋台の串焼きやらから揚げで腹を満たす。
 このときに,最後尾の大型ねぶたを追って移動した人々と同じ方向に移動したのが,後々残念な結果を生む。


 油川幼稚園ねぶた愛好会。


 青森県立青森工業高等学校,青森担ぎねぶた実行委員会。


 石江江渡下町会。


 久栗坂子ども会。


 港町々会ねぶた。

130803-204648
 観客もラッセラー!


 栄町町会ねぶた。

 ねぶたが周回コースをまわり,先頭の大型ねぶたが戻ってきた。


 青森市PTA連合会の〝林冲・王倫を討つ〟
 動画にすると,小型ねぶたと大型ねぶたの大きさの違いが目立たないが,実際に見ているときには大型ねぶたの大きさに圧倒されている。

 途中でねぶた祭り終了時刻の午後9時になり,音花火(段雷)が鳴った。
 しばらくは,流れでそのまま運行が続く。


 青森山田学園の〝水滸伝 燕青と李逵〟

 ひょっとしたら,大型ねぶた一周ぐるりと回って,全部の大型ねぶたが見られるかも……と期待したが,ここで終了。残念ながら,に組・東芝,青森自衛隊ねぶた協賛会,消防第二分団ねぶた会・アサヒビール,パナソニックねぶた会の大型ねぶたは見ることができなかった。

 ちょっと考えてみれば,ねぶたが回る方向と同じ方向に自分が動いたら,全部が見られないのは当たり前だった。もし最初の場所で見続けていれば,もし,人の流れに逆らって逆方向に回っていれば……と,いまさらながら多少後悔&反省。

 また,2013年のねぶた大賞を受賞した日立連合ねぶた委員会のねぶたと,市長賞を受賞したJRねぶた実行プロジェクトのねぶたは,この日の運行はなかった。


 祭りの終わりは,いつももの悲しい。
 国道4号線などの幹線を通行止めにしてねぶたを運行しているので,せかされるように通行禁止が解除される。

130803-210954
 あっという間に人がいなくなる。

 青森ねぶた祭り,面白かった。最高にエキサイティングな祭りだった。

 ── Canon PowerShot S100 or iPhone 5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

つゆ焼きそばと〝こみせ〟の黒石

130803-141340_1_2_3_4

つゆ焼きそばと〝こみせ〟の黒石



 7年前に弘南鉄道の中央弘前駅から大鰐までの大鰐線には乗ったが,弘前から黒石までの弘南線にはまだ乗ったことがなかったので,この機会に乗車する。ついでに,最近になってB級グルメブームで,黒石が街中で売り出そうとしている「つゆ焼きそば」と,雁木の一種である〝こみせ〟の街並みを経験してみたい。

130803-112807
 弘南鉄道弘南線の弘前駅ホームに下りると,既に黒石行きの電車が走り出しそうな雰囲気だった。元東急7000系の中間車両に運転台をつける改造をした車両で,カマボコの断面のような不思議な顔をしている。時刻表と時計を確認したところ,発車時刻まで約2分で,これを逃すと次は1時間後。あちこち写真を撮っている時間もなく,電車に乗り込んだ。


 エアコンのない車両(元東急)は窓が全開。少ししか開いていないようだけど,これが全開。
 エアコンで快適な温度に維持されている車両よりも,夏は前回の窓から入ってくる風の方がはるかに気持ちが良い。

130803-120241
 黒石駅に到着。電車の正面が,かまぼこ形ではなく東急7000系そのままの車両になっているのは,この車両が弘前から乗ってきた車両ではないということ。ホームには,朝の通学時間帯に4両編成に増結するための2両が停車したままで,弘前からの電車はその2両にくっつく寸前まで近づいて停車するため,下車したあとで正面の写真が撮れなかったのだった。

130803-120413
 弘南鉄道弘南線黒石駅の黒石駅前広場側。かつては,国鉄黒石線の黒石駅も北側にあった。奥羽本線の川部駅とを結ぶ国鉄の黒石線は,JR東日本になる前の1984年に弘南鉄道になり,この駅に乗り入れていたが,1998年に全線廃止となってしまった。
 黒石駅と弘南生協コープ黒石店とは一体化している。

130803-121306
 黒石駅のホームの横に出てみると,ホームかさ上げ工事?をやっているようだ。

130803-121636
 黒石駅から適当に町を歩く。寺小路や油横丁,株梗木横丁など,とりあえず見てみたい路地はあるが,それをどう結んで〝こみせ〟のある中町に行くかが思案どころ。
 まずは,弘南生協コープ黒石店の道路の反対側。長屋形式の飲み屋街に不動産屋が入っている。右側の入口は「サハリン」。どんな店だろう?

130803-122310
 一番町の黒石郵便局の前。

130803-122521
 まずは油横丁を南へ。

130803-122558
 油横丁。横丁というにはかなり広い通り。油横丁というのは,この通りの両側の地名になっている。

130803-122655
 青い森信用金庫黒石支店のまえあたり。「青い森」は第三セクターの鉄道会社だけでなく,他にも使われているらしい。

130803-122911

130803-122946
 乙徳兵衛町と甲徳兵衛町の境の交差点。

130803-123115
 甲徳兵衛町を見る。飲み屋街がありそうな雰囲気がする。

130803-123239
 雪田畳店の横に並ぶ甲徳兵衛町のスナック街。

130803-123251
 うら寂しい感じのスナック街だ。

130803-123313
 二階部分は通路のようにも見えるが,荒れ果てている。

130803-123340
 さらに甲徳兵衛町の路地の奥を見る。

130803-123409
 気になって,二階部分をよく見ようとしたが,暗くてよく見えなかった。店は営業しているのだろうか。

130803-123501
 路地の奥から入口を振り返る。

130803-123555
 路地のそのまた横丁(行き止まり?)には,さらに寂れた感じのスナック街がある。たぶん営業はしていない。

130803-123607
 飲み屋横丁の真ん中に鍵曲がりがある。

130803-123626
 既に寂れてしまった感じの横丁に入っていく。

130803-123724
 モダンな風車の飾りもあった飲み屋街。すっかり廃屋になっているように見える。

130803-123751
 そのよこの駐車場横の建物は,飲み屋街のものではないが,雪の重みが原因だろうか,屋根の重みに耐えられなかった感じで歪んでいる。

130803-123935
 風車の飾りがあった長屋がの飲み屋街。

130803-124110
 元の路地へ。

130803-124120
 路地の鍵曲がり。周辺には歯抜けになってしまった土地も多い。

130803-124133
 密集というほどではないが,複数の鍵曲がりがある路地には飲み屋が多い。鍵曲がりから南側は,甲徳兵衛町から横町になる。

130803-124228
 鍵曲がりになっていると,遠目には行き止まりに見えるので面白い。

130803-124329
 甲徳兵衛町からの路地が横町に出る。

130803-124407
 横町へ。

130803-124426
 横町の毛糸のマーベル。

130803-124505
 甲徳兵衛町からの路地を振り返る。

130803-124518
 横町の商店街は一般的な商店街だが,賑わいはあまりない。

130803-124528
 伝統工芸津軽塗の店,牛たんの「ごっつぉ家」……

130803-124842
 三上呉服店のある横町と上町の交差点(一番街)。

130803-125215
 交差点の南側は市ノ町で,黒石市役所がある。通りを挟んでみちのく銀行,市民文化会館,黒石市勤労青少年ホーム,東北労働金庫黒石支店などもある。
 右側の大きな建物は,大きなスーパーが撤退した後だろうか。パチンコ屋(サカエ会館)になっている。右側は生活支援プラザJ。こちらも,元は商業施設のように見える。

130803-125228
 小田桐スポーツ。その先は三上呉服店がある交差点。

130803-125405

130803-125523
 横町を通って〝こみせ〟のある中町を目指す。

130803-125557
 横町の沢井金物店,中林酒店,工藤時計店……

130803-125720
 お茶の竹乃園の横に,「かぐじ広場」の文字が見える。

130803-125849
 普通の東北弁なら「かぐし広場(〝ぐ〟鼻濁音にならない)は」,標準語なら「かくし広場」だろうか?
 よくわからないが,広場は町家の裏側にあり,気持ちの良い風の吹き渡る休憩所になっている。

130803-133539
 横町と前町,中町が交差する交差点になる。

130803-133610
 横町の〝こみせ〟を振り返る。かつては,〝こみせ通り〟と呼ばれる中町以外にも〝こみせ〟があったものと思われるが,観光地化された中町以外ではどんどん少なくなっているように思われる。

130803-133753
 漢方調剤のマルチ薬局。

130803-133914
 前町側にも小見世が続いている。〝こみせ〟と書くのが面倒になったので,以下は小見世に変更。
 小見世というよりも,新潟県の人には雁木といった方が通じると思うが,港町では港や川の船着き場に作った階段状の桟橋を雁木というので,ちょっと紛らわしい。

130803-134129
 優雅なカーブが目立つ金清堂時計店のファサード。

130803-134149
 駐車場越しに見える鳴海醸造店の路地側の姿。

130803-134503
 鳴海醸造店とその前の小見世。

130803-134627
 鳴海醸造店の前の小見世。弘前よりも一足先に行われている黒石ねぷた祭りにあわせて,小学生たちが願いごとを書いた行灯(箱提灯)が並んでいる。黒石ねぷた祭りは,ねぷたの運行台数が多いのが特徴で,今年は64台のねぷたが運行されたそうだ。

130803-134728

130803-134811

130803-134850
 中町と前町の交差点方向を振り返る。

130803-134938

130803-135029
 同じような写真ばかりになる……

130803-135058
 鳴海醸造店。

130803-135108
 これも小見世。

130803-135131
 津軽黒石こみせ駅。土産物屋。B級グルメとして知られつつある「つゆ焼きそば」なども食べられる。

130803-135318

130803-135351
 国重要文化財になっている高橋家住宅。1763年(宝暦13年)に建築されたものらしい。

130803-135747
 中町のこみせ通りは一軒一軒の町家が大きく,横から裏に回れる構造になっているところも多い。さっきの「かぐじ広場」もそれだ。

130803-135916
 こみせ美術館(西谷家)がある交差点方向を見る。

130803-140034
 巨大な杉玉(酒林)がある中村酒造。

130803-140133
 小見世の下から杉玉(酒林)のある中村酒造を見る。

130803-140208
 こみせ美術館(西谷家)の前から中村酒造を見る。

130803-140312
 こみせ美術館(西谷家)の前のこけし。

130803-140325
 こみせ通りの道標。その先にあるのが旧松の湯。黒石のこみせ通りは,妻入りと平入りが混在している。

130803-140334
 中村酒造。

130803-140403
 中村酒造の前から〝こみせ通り〟の寺山餅店を見る。

130803-140419
 旧松の湯。他の中町のこみせと違って,こみせ部分の軒が高く,その前面にガラス窓が入っている。1993年(平成5年)11月まで営業していたそうだ。

 黒石の中町こみせ通りは,軒をそのまま伸ばした「落とし式」と呼ばれる。全体的に小見世の下の通りが,道路に比べると低くなっていて,小さな階段を下りるようになっているところもある。なぜだろうか。コンクリート道路時代には,道路より歩道の方が10cm程度高くなっていたのが,そこに何度もアスファルト舗装を繰り返し,結局は道路のアスファルトが盛り上がって歩道よりも高くなったというところを知っているので,そういう由来があるのかとも思ったが,片側には水路(雪捨て用?)もあり,どうやら最初から小見世の下を低くしているように見える。

130803-140511
 こみせ美術館の横から,甲徳兵衛町方向を見る。

130803-140532

130803-140720
 旧松の湯の前から中町こみせ通りを見る。

130803-140903
 洋風建築の岩谷歯科醫院は1938年(昭和13年)建築で,こみせがない。黒石市中町伝統的建造物群保存地区の説明書きがある。この位置で撮っておけば,あとで拡大して文章が読めるかと思ったが,D800Eに付けていたのが安レンズだったため解像せず……(トホホ)

130803-140950
 上原呉服店の先は浜町となる。黒石のこみせには,柱部分に板戸が入る溝が切ってあって,冬には板戸を入れて雪が入るのを防いでいたらしいが,ここ上原呉服店のこみせ部分にその名残を感じる。

130803-141012
 上原呉服店全景。既に営業はしていないようだ。

130803-141111
 浜町側から見た中町こみせ通り。

130803-141154
 旧松の湯のこみせ部分から伸びた巨大な松の木。この木が,松の湯の名の由来となったのだろうか。

130803-141559
 旧松の湯のこみせから中町こみせ通りを見る。

130803-141655

130803-141729
 こみせ美術館(西谷家)の西側に洋風の火の見櫓が見える。

130803-141857
 旧松の湯の側面。

130803-142007
 洋風の火の見櫓がある建物は,黒石市第三消防部屯所。1924年(大正13年)の建築。カッコ良さにシビれる。

130803-142043
 飲み屋が多い甲徳兵衛町。

130803-142226
 センターカトウと安原センタービル2。弘前と同様に,長屋形式の飲み屋街は「センター」と名付けられている。

130803-142327
 甲徳センター。右が甲徳センター1,左が甲徳センター2。

130803-142407
 甲徳センターからセンターカトウと安原センタービル2を見る。正面に小さな祠がある。

130803-142548
 右が甲徳センター1,左が甲徳センター2。

130803-142647
 甲徳センター。

130803-142746
 有楽丁センター。右が有楽丁センター1,左が有楽丁センター2。

130803-143826
 乙徳兵衛町の十字路。

130803-143845
 乙徳兵衛町の十字路を黒石駅方向へ。

130803-144002
 乙徳兵衛町。ここの北側から寺小路になる。

130803-144444
 黒石駅前の交差点。

130803-144456
 黒石駅前の交差点のすごう食堂。

130803-144921
 津軽百年食堂すごう食堂。どうせ食べるなら,観光客向けではない,こういう地元の店がいい。

130803-150336
 すごう食堂のつゆ焼きそば。もっと焼きソバっぽいものを想像していたが,思った以上にラーメンに近い感じ。でも焼きそば。

130803-150510
 弘南鉄道の黒石駅へ。

130803-151310
 黒石駅のホームへ。今度の電車は,正面が東急7000系そのままの車両だ。黒石駅の駅舎側に,朝の増結用の車両が停車したままになっているのかと思ったら,そうではなくて,今度発車する2両編成の車両だけが停車している。通常の30分ヘッドから日中1時間ヘッドになったときに,減便した分が黒石駅に停車していたらしい。

130803-155034
 弘前駅に到着。

130803-165710
 弘前から乗った青森行きの電車は,たいへんな混雑状態で青森駅に到着。ホームや階段が大変なことになった。青森ねぶた祭りの集客力恐るべし。

130803-170248
 リニューアルした青森駅。でも,大きな広告看板が少なくなっただけで,あまり変わっていない気もする。

 2時間ぐらいホテルで休んだら,青森ねぶた祭りだ……

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

弘前の土手町・鍛治町を彷徨う

130803-070722
 弘前ねぷたまつりに興奮した翌日,弘前の朝。とても良い天気になった。
 まず,弘前の繁華街・歓楽街,土手町・鍛治町を歩くことにする。

130803-095650
 昨晩,弘前ねぷたまつりを見た土手町通りへ。土手町は上土手町・中土手町・下土手町に分けられ,ルネスアベニューがあるこのあたりは中土手町。

130803-095740
 中土手町から下土手町の中三デパート弘前店方向を見る。

130803-095917
 中土手町商店街。

130803-100024
 中土手町と下土手町を繋ぐ蓬莱橋。土淵川に架かる。下流側の土淵川の上には蓬莱広場がある。

130803-100217
 蓬莱橋から土淵川の上流側を見る。銅屋町の最勝院五重塔が見える。

130803-100231
 中土手町商店街。

130803-100248
 蓬莱橋の上から下土手町の中三デパート弘前店を見る。

130803-100428
 中三弘前店の前から新鍛冶町・北川端町に続く路地。

130803-100644
 下土手町商店街。

130803-100744
 下土手町の中三デパート弘前店。

130803-100828
 下土手町商店街。

130803-100913
 下土手町から新鍛冶町に延びる角み小路。飲食店が並ぶ。

130803-101011
 下土手町商店街。弘前市の中心街であるここ土手町や官庁街の追手門通り,弘前城趾のある弘前公園がJR弘前駅から離れていることもあって,タクシーがとても多い。

130803-101218
 下土手町の交差点。一番町〜弘前公園に向かって登り坂になっている。
 交差点の角にあった旧ハイ・ローザ(元は宮川デパート「かくは宮川」)跡地の屋台村ドテヒロのところにビル建築工事中。商業施設か,それとも集合住宅か。

130803-101507
 百石町にある市立百石町展示館。1883年(明治16年)に角三呉服店の店舗として建てられ,1917年(大正6年)に津軽銀行(後に青森銀行に合併)として使われていたという。

130803-101537
 百石町展示館の前から百石町を見る。

130803-101721
 百石町から下土手町商店街の交差点を見る。角に大きな菊池薬局がある。

130803-101825
 ハイローザ前バス停付近から下土手町商店街を見る。ハイローザは1998年6月に閉鎖されているが,バス停名として残っている。

130803-102115
 アサヒボウル。

130803-102439
 アサヒボウルの前から親方町,鍛治町方向を見る。親方町側が高く,鍛治町側に低くなっている。

130803-102507

130803-102525
 正面が鍛治町の歓楽街。

130803-102617
 下土手町のアサヒボウルを振り返る。

130803-102704
 鍛治町の歓楽街。正面に最勝院五重塔が見える。

130803-102735
 新鍛冶町に続く通り。

130803-102829
 鍛治町情報館の前。

130803-102951
 鍛治町のプラザ宇野。

130803-103025
 鍛治町の歓楽街。

130803-103045
 プラザ宇野とアサヒボウル。

130803-103223
 三洋センター。弘前では長屋形式の飲み屋街を「センター」と呼ぶらしい。

130803-103247
 プラザ宇野がある交差点を振り返る。

130803-103345
 新鍛冶町のたわんだ建物。

130803-103427
 角み小路の新鍛冶町側の入口。

130803-103435
 たわみが気になる……

130803-103500
 角み小路。

130803-103748
 酒と食料品のかどや酒店,銀水食堂。

130803-103912
 かどや酒店の前から角み小路を見る。

130803-103937
 新鍛冶町の飲み屋街。

130803-103949
 新鍛冶町から角み小路を振り返る。

130803-104040
 MEIJIYA(明治屋)ダイヤモンドビル,弘前センター。

130803-104152
 大小の弘前センター。もちろん飲み屋街である。大が弘前センター1号館,小が弘前センター2号館。

130803-104229
 鍛乃館と弘前センターと,飲み屋街が並ぶ新鍛冶町。

130803-104239
 カネヨセンターも二つ並んでいる。しかも同サイズ。

130803-104349
 カネヨセンターの左にはクリエイトハウス。

130803-104405
 新鍛冶町の飲食店街を振り返る。

130803-104422
 南北に延びる新鍛冶町(西側に平行する鍛治町も南北に延びている)の真ん中付近。右側の空き地は,地図を見ると「飲食街」となっている。7年前に撮った写真を探してみたが,残念ながらこの「飲食街」は撮っていないようだ。地図上では,新鍛冶町・桶屋町には複数の名も無き「飲食街」がある。

130803-104535
 飛鳥たばこ店の前から新鍛冶町の南側を見る。

130803-104553
 新鍛冶町から鍛治町・桶屋町に続く通り。

130803-104724
 恋文横丁II。横丁の飲み屋街かと思ったら違った。

130803-104738
 グランドパレス2号館。

130803-104812
 鍛治町と桶屋町の交差点。

130803-104837
 鍛治町と桶屋町の交差点。本町方向に登り坂になっている。

130803-104914
 明治屋会館の前から見た鍛治町の歓楽街。さくらセンター,新橋レジャービル,明治屋ゴールデン街などの飲食店街が並ぶ。

130803-105052
 鍛治町を北へ進むと,アサヒボウルの前の道路に続いている。

130803-105244
 城東閣というゲートのある路地。

130803-105348
 新鍛冶町の城東閣に続いている。

130803-105533
 鍛治町。

130803-105843
 巨大な明治屋会館。

130803-105904
 喫茶珈甘堂ピンクベア。正面に最勝院五重塔が見える。

130803-105920
 GPグランドパレス2号館。

130803-110024
 桶屋町。宮本食堂,喫茶珈甘堂ピンクベア。

130803-110322
 グランドパレス2号館にはピンク映画のテアトル弘前も入っている。郡山の大勝館はなくなり,東北地方の成人映画館は珍しい存在になっている。

130803-110450
 桶屋町。

130803-110713
 明治屋会館の向かい側から坂の下の桶屋町を見る。ブルーハワイ……

130803-110908
 ニュー明治屋センターと明治屋グランドビルの間の明治屋ゴールデン街裏通り。その名の通り,鍛治町の明治屋ゴールデン街・明治屋会館につながっている。
 それにしても「明治屋」がいっぱいだ。

130803-111128
 本町の小堀旅館。

130803-111151
 小堀旅館の前から美容室ルノアール〜親方町方向を見る。

 ちょうどタクシーが来たので,タクシーで弘前駅に向かう。

130803-111702
 再訪しようかどうか迷っていた弘南鉄道の中央弘前駅。タクシーの運転手が気を利かせてくれたわけではないだろうが,駅前を通ったので記念に撮影。

130803-112502
 弘前駅前。
 弘前に別れを告げる。男のほうは手を振ってくれたが,女は背を向けて涙を隠した……

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5 or Canon PowerShot S100

【参考】
2006年8月13日 (日曜日):弘南鉄道で大鰐温泉へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金曜日)

津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつり

130802-193959

津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつり



 午後7時10分から始まる弘前ねぷたまつりを見に行く。わくわく。
(後半にだらだらと大量の動画あり。YouTubeへのリンクからYouTubeで見たほうがよいかも)

130802-190510
 ねぷたが運行される土手町へ歩いて行く。運良く確保した宿は,土手町から300mぐらいの距離にあってラッキーだった。こうやって安直に宿が取れるのは,一人旅のメリットのひとつだと思う(一部の温泉旅館では,いまだに一人旅では予約できないところもあるけど)。

130802-190602
 土手町へ。既に道路には人だかりができてる。ねぷたは背が高いので,人だかりで見えないということはないだろうけど,デジカメで撮影できるかどうかは,ちょっと不安……

130802-191023
 中三百貨店弘前店の近くに,運良く場所を確保。円錐を逆さまにしたようなデザインの中三のビルが印象的だ。中三は青森(本店)と弘前に店舗を持つ百貨店。

130802-191035
 さあ,弘前ねぷたまつりが始まった。

130802-191338
 先頭は「津軽情っ張り(じょっぱり)大太鼓」……

130802-191533
 最初のねぷたは,東豊福祉会の小型ねぷた。


 仲町こどもねぷた愛好会のねぷた。
 ねぷたにぶつからないように電線を持ち上げるさしまたや,ねぷたのロウソクが燃え始まったときに消火するためのささら・竹箒を持っているが,現在は電線が地中化され,ねぶたの照明もロウソクから発電機に変わっているので,実際に使われることはなさそうだ。

130802-192358
 堅田ネプタ愛好会のねぷた。最初のほうが小型のねぷたで,それに続いて大型ねぷたが運行される。

130802-192503
 弘前ねぷたまつりは扇ねぷたがメイン。表の鏡絵は武者絵で,裏の見送り絵は美人画というパターンになっている。

130802-192617
 幻満舎のねぷた。

130802-192653

130802-193621
 弘前市役所ねぷた実行委員会のねぷた。

130802-193633
 どうやら弘前ねぷたの運行には順番があって,先頭が町内会や団体の名前を書いた小さなねぷたがあり,次に子供達が曳く小型のねぷたがあり,それに大型のねぷたが続き,最後を太鼓・笛・鐘の囃子方が締めるといった感じ。

 弘前ねぷたの運行が始まって,最初に感動したのはねぷたの絵柄でも美人でもなく,圧倒的な「音」である。これはすごい。ちなみにかけ声は「や〜やどぉ〜」だ。

130802-193935
 槌子ねぷた愛好会のねぷた(小型というより中型ぐらい)。

130802-193936
 槌子ねぷた愛好会のねぷた(小型というより中型ぐらい)。

130802-193958
 槌子ねぷた愛好会のねぷた(大型)。

 沿道で見ていると,大きさの違いは圧倒的なのだが,写真に撮ると,どれが小型でどれが大型なのかがわかりにくくなる。
 どのねぷたの写真も,同じように引き寄せて,同じように撮るから,大きさがわからなくなってしまうのだ。弘前ねぷたまつりが始まったばかりだというのに,引いて迫力のない写真を撮るか,寄って迫力はあるけど,スケール感のない,記録写真としては使えない写真を撮るのか,悩んでしまった。とはいえ,次から次にねぷたはやってくる……

130802-193959
 槌子ねぷた愛好会のねぷた(大型)のアップ。レンズの望遠側で撮るというより,カメラを構えているほうにねぷたが寄ってきてくれるので,レンズの焦点距離は常時50mm程度に固定したまま,ズームリングはいじらないほうが良さそうだ。

130802-194059
 槌子ねぷた愛好会の大太鼓。

130802-194341
 青柳ねぷた愛好会の扇ねぷたの見送り絵。

130802-194404
 小沢ねぷた保存会の先頭で,団体名を主張する小型の組ねぷた・箱ねぷた。

130802-194616
 小沢ねぷた保存会の扇ねぷた(違ってるかもしれない)。

130802-195024
 向外瀬ねぷた愛好会の組ねぷた。


 茂森新町ねぷた同好会のねぷた。


 JR・駅前ねぷた愛好会のねぷた。


 中野ねぷた愛好会の扇ねぷた。


 下新町ねぷた愛好会のねぷた。


 東日流ねぷた雅会の扇ねぷた。


 樹木ねぷた愛好会のねぷた。


 津軽扇美会のねぷた。


 青葉会ねぷた愛好会のねぷた。

130802-201338
 青葉会ねぷた愛好会の扇ねぷた(見送り絵)。


 相馬ねぷた愛好会のねぷた。


 NTTねぷた愛好会のねぷた。


 新寺町ねぷた愛好会の組ねぷた,扇ねぷた。

 そろそろ場所を変えて,違った場所から違う角度で見てみたいとも思ったが,人混みの中で場所を変えても良い場所が見つかるとも限らないと判断。移動している間のねぷたを見逃すことにもなる。というわけで,定点観測のように,同じ場所で見続けることにする。


 富田清水町会青年部の扇ねぷた,組ねぷた。組ねぷたでも,裏側の見送り絵には美人画があって弘前らしい。


 桔梗野ねぷた友の会・青藍会のねぷた。


 亀甲町町会のねぷた。


 大沢ねぷた愛好会のねぷた。


 西地区ねぷた親交会の組ねぷた。やっぱり弘前ねぷたらしく,見送り絵は美人画になっている。


 茂森津軽ネプタ愛好会のねぷた。見送り絵の美人画の胸が……


 必殺ねぷた人の扇ねぷたと組ねぷた。


 今日のトリは,海遊会のねぷた。

130802-210011
 午後9時,ねぷたの運行が終わった。最後のねぷたをぞろぞろと追いかける人,三々五々散らばって行く人……

130802-210247
 からだの中では,まだ太鼓や笛・鐘の音が鳴り続ける。そして「やぁ〜やどぉ〜」のかけ声。海水浴に行った後,帰宅したあとでも波にゆられる感覚が残り続けるのと同じかも。

 初めて見た弘前ねぷたまつり。とてもエキサイティングで面白かった。
 明日は青森ねぶたまつりを見に行く。

 ── Canon PowerShot S100 or Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5

# デジカメで撮った慣れない動画。何の編集もしていないぶつ切りの動画を,いつものように大量にアップしてしまった。2013年8月2日の運行順に並べている。写真あるいは動画のない地区・団体は,私の技量不足やバッテリ交換でうまく撮れなかったもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火曜日)

米軍基地に寄り添う街 三沢

090505120015
 三沢駅から離れたところにある三沢市の中心市街地にある宿の窓から,太平洋側を見る。チラホラ連鎖街風の建物が見える。左側に少しだけ見える緑が米軍三沢基地。

 ゆっくりしたかったので,昼頃までゴロゴロしてからチェックアウト。ゴールデンウィークのUターンラッシュのため,とれた八戸−東京の切符は午後4時過ぎの列車なので,のんびり三沢の街を歩いて三沢駅に向かうことにする。

090505125612
 中央町から幸町の方を見る。

090505125814
 宿の窓からも見えた土筆名店街。

090505130028
 土筆名店街の西側の入口。

090505130218
 土筆名店街を出た路地の先に天神街が見える。

090505130330
 天神街。

090505130750
 天神街を西側に出ると,三沢市の中心街を南北に貫くメインストリート(の中央町商店街)に出る。ここから三沢駅に向かって,大通り商店街,銀座商店街,大町商店街と続く。
 商店を大きくセットバックし,車道も歩道も広げる工事の真っ最中だ。まぁ,いろいろ考え方があるだろうけど,こういう街づくりをして成功した都市を見たことがない。

090505130816
 三沢市武道館のある通り。

090505131319
 なかよし公園の前の路地の先。第2ぎおん街や中央街・狸小路が並ぶ。

090505131507
 第1ぎおん街。はまなす館に続く。

090505131603
 第1ぎおん街の入口方向を振り返る。

090505131734
 飲食店連鎖街,中央街・狸小路。

090505131851
 中央街。三沢の中央町には,中央街,狸小路,ぎおん街の他にも,飲食店連鎖街が集まっている。

090505131932
 中央町の中央街の真ん中。行き止まりになっているように見える。

090505131943
 北側の出入り口方向を振り返る。

090505132005
 行き止まりになっているように見えるところを左に曲がると,狸小路の飲食店街に続いている。

090505132150
 狸小路の主がこっちを振り返る。

090505132209
 狸小路イと狸小路ハ。

090505132233
 狸小路ニと狸小路ハの間の路地。

090505132353
 狸小路ロと狸小路ニ。

090505132437
 左側がユタカ街。

090505132604
 狸小路の入口のアーチ。

090505132623
 狸小路の入口前から三沢駅方向を見る。

090505132646
 狸小路の東側の入口は2カ所ある。

090505132748
 三沢駅に続く坂道に道頓堀街がある。

090505132806
 道頓堀街1。

090505132916
 道頓堀街1の向かい側にある飲食店街。

090505133016
 道頓堀街1の2Fに続く階段。

090505133035
 道路の向かい側にある遊楽街。

090505133750
 坂の上から道頓堀街2,道頓堀街1を見る。

090505133908
 市立三沢病院の裏側。

090505134035
 市立三沢病院の裏側。

090505134310
 道頓堀街2の2Fに続く階段。

090505134729
 旅館二葉荘のある通り。

090505134849
 第一食堂の前から旅館二葉荘の方向を見る。

090505135101
 三沢のメインストリート(撮った写真のどこを見ても名称が見つからなかった)を三沢駅方向に歩く。道路の両側にアーケードにアーケード(約1km)が付いている。
 道路の拡幅工事の具合を見ると,ひょっとしたらこの中心商店街(中央町商店街,大通り商店街,銀座商店街,大町商店街)も,商店のセットバック,道路拡幅が計画されているのだろうか。

090505135147
 大通り商店街。シャッター通りになっている。

090505135359
 中心商店街の西側に沿って,JR三沢駅と米軍三沢基地とを結ぶ貨物線が通っている。線路が使われている気配はない。奥に見えるのは米軍三沢基地の建物。

090505135444
 三沢駅方向を見る。

090505140125
 大通り商店街を三沢駅方向に歩くと,銀座商店街となる。

090505140527
 三沢中央病院の前から中央町三丁目交差点を見る。

090505141035
 大町二丁目と中央町三丁目の間の交差点から大町商店街側を見る。右側奥に三沢大町郵便局がある。

090505141058
 同じ交差点から大町商店街方向を見る。

090505141425
 大町商店街(大町2丁目バス停付近)。商店街を覆うように,三沢名物の飛行機などを描いたイルミネーションが付いている。

090505142257
 三沢駅方向に坂を下る。大町三丁目付近。

090505142313
 古間木川の河岸段丘だろうか,地形に起伏がある。

090505142706
 大町三丁目付近で,三沢の中心市街地方向を振り返る。

090505142925
 三沢駅に近づくにつれて急勾配になる。

090505143115

090505143441
 三沢駅周辺には商店街的な商業集積はないが,古くからの商店が建ち並んでいる。

090505143931
 三沢駅南口近く(本町3丁目)。

090505144044
 古間木川に架かる橋のたもとから,三沢の中心市街地方向を見る。

090505144343
 JR三沢駅。南口前を古間木川が流れる。以前撮った古い写真がないので,正確なところはわからないが,確か記憶では三沢駅と古間木川の間には古い建物がたくさん建っていたような……記憶がある。勘違いかな?

090505144719
 JR三沢駅の南口。

090505145232
 JR三沢駅構内。ヘロヘロの線路が健在だ。その右側のへろへろの線路の横に建物が並んでいた記憶がある。

090505151302
 三沢駅のホームに八戸行きの各駅停車が入ってきた。

090505161548
 八戸駅の新幹線コンコース。東北本線の特急列車が到着するたびに,コンコースは東北新幹線に乗り換える客で溢れかえる。

090505202249
 たまたま切符が取れた「はやて」は仙台−大宮がノンストップだったのと,座席がグリーン車(一人旅だと,盆暮れ正月のような混雑するときでも席が確保できるので重宝する)で,通路側の席には東京まで誰も来なかったこともあって,気分的にはあっという間に東京駅に到着。雨模様の東京駅を,東海道線の車内から撮影。
 ゴールデンウィークも,終わってみるとアっという間だったなぁ……

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月曜日)

十和田観光電鉄にのったり撮ったり

 今日の宿を三沢市内に確保したので,午後は半日,十和田観光電鉄に乗ったり,沿線でのったり写真を撮ったりしようと思う。

090504120437
 十和田市駅の西側。以前は,この車止めの先まで線路が伸びていて,すぐ先に旧駅舎がまだ残っていた。

090504120855
 十和田市駅の駅ビル「とうてつ駅ビル」は,テナントがほとんど撤退し,非常に寂しい状況になっている。十和田東一番町郵便局が駅ビルに入っている。

090504122019
 電車が到着し,乗客が下車し終わってから,改札が開けられる。

090504122106
 改札口とホームを結ぶ跨道橋の上から,十和田市駅の旧駅舎があった方向を見る。跡地には大きなショッピングセンターが出来ている。

090504122312
 十和田市駅のホーム。

090504122509
 ホームの先端から東側を見る。線路の横を流れるのは稲生川。国土地理院の地形図を見ると,川と付いているものの,明らかに人工的な用水路で,十和田市駅から大曲駅の手前までずっと十和田観光電鉄に沿って流れている。

090504122621
 かつて東急電鉄を走っていた電車。「桜」のヘッドマークが付いている。

090504122753
 運転室のドア。

090504122817
 整理券発行機にも花が飾られている。

090504122826

090504122844

090504124656
 七百駅で下車する。ちょうど上下の列車交換があったが,Cyber-shot DSC-W200の画角では両方の電車の正面を写すことが出来なかった。デジカメの露出には非常に厳しい真っ白のホームも含めて,残念な感じ。

090504125301
 七百駅。

090504125404
 七百駅の駅舎。

090504125541
 駅の東側に十和田観光電鉄の変電所がある。七百駅には電車の車庫も配置されている。

090504140835
 七百駅近くの畑から。電車が走ってくる寸前で撮影場所を変えてみたが,ちょっと失敗。

090504141502

090504141620
 上空高く,ひばりが鳴いている。

090504142039
 七百駅に戻る。十和田観光電鉄が貨物を取り扱っていた頃の車両だろうか。

090504142336

090504142618
 すぐにでも走り出しそうな電気機関車。2両の無蓋車トラが繋がっている。

090504142823

090504142922
 資材を運んだりするときに使われているのだろう。

090504145542
 七百駅の西側。左側が稲生川。

090504145556

090504150119

090504154155
 七百駅のホームで電車を待つ。

090504154223
 三沢行きの電車に乗り込む。

090504154919
 三沢駅のひとつ手前の大曲駅で下車する。

090504154952
 大曲駅は小さな無人駅だ。

090504161138
 十和田観光電鉄を越える立派な陸橋。地図を見て,陸橋の上から電車を撮影しようと大曲駅から歩いてきたが,陸橋の部分にたどり着くまで意外に大回りする必要があった。少しショートカットしようとして,土手を登る途中でヒザを痛めてしまった。

090504162127
 陸橋の上から十和田市行きの電車を撮影。

090504162134
 十和田市に向けて電車が走り去る。

090504163142
 ヒザが痛いので,あちこち歩き回って撮影するのをあきらめ,空を写し込んで次の三沢行きの電車を撮影する。

090504164526
 午前中に乗った十和田市駅行きのバスの中で見たのと同じタイプのトラクター。

090504170632
 次の十和田市行きの電車はアップで撮影。

090504171640
 次の三沢行きの電車は,後追いになるので思いっきり広角側で撮影。

090504171645
 三沢方面に走り去る電車を,望遠側にズームして撮影。

090504172634
 大曲駅に戻る途中の歩道。西側を歩くと遠回りに感じたので,東側を歩いてみる。

090504174712
 大曲駅の横。三沢駅からの電車が走ってきた。

090504174721
 大曲駅のホームに停まる十和田市行きの電車。

090504174803
 大曲駅横の踏切。この写真の左側の見えないところには,電車通過待ちの車が停まっていた。運転手が車を停める直前に,カメラを構えた私の姿を見て(目が合った),停止線のかなり手前に停まってくれたのだった。こういうふうに周りが見えている運転手って,凄いなあ。


 大曲駅のホームに電車が入ってきた。こういう踏切の音は,全国的にも貴重なものになっている。

090504180803
 三沢駅に到着。

090504180819
 三沢駅の駅舎内部。

090504180838

090504181001
 三沢駅のバス停が併設されている。

090504181130
 駅のそば屋は高校生でいっぱいだった。

090504181300
 JR三沢駅側の出入り口。

090504181333
 自販機コーナー。

090504181553

090504182138
 発車を待つ電車。

090504184917
 三沢駅を出た電車は,広々とした敷地を持つ古牧温泉古牧グランドホテルの敷地内の急坂を登って行く。

090504185125
 電車が出て行って寂しくなった三沢駅。

090504185353

090504185520
 雰囲気の良い駅だ。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八戸からバスに揺られて十和田市へ

 5月4日(月曜日)晴れ。

090504075841
 宿泊したホテルの窓から,八戸市の中心街を見る。今日も良い天気になった。
 本八戸駅まで歩くのが億劫な気分だったので,iPhoneでWebをあれこれ検索してみると,宿のすぐ近くの十一日町バス停から十和田市行きのバスが出ていることがわかった。元々,三沢まで東北本線で行って,そこから久しぶりに十和田観光電鉄に乗ってみようと思っていたので,一石二鳥と言えなくもない。

090504093612
 宿を出て,近くの十一日町バス停まで歩く。八戸市消防団第三分団一班の建物を見ると,細かな細工が施されていて感動。

090504093736
 南部バスの十一日町バスのりばには,しっかりした待合所がある。以前は券売所もあったようだ。

090504093747
 南部バスの十一日町バス停の東に数十メートル離れたところに,十和田観光バスの十一日町バス停がある。こちらのバス停には,待合所どころかベンチすらない。十和田観光バスの八戸−十和田線のバスのほとんどは,この十一日町バス停が始発になるのだが,驚くほど始発バス停らしくないバス停である。

090504095336
 十和田市駅(十和田観光電鉄の駅)行きのバスがやってきた。発車時刻は9時55分なので,約1分前である。道路幅員が狭いので,バス停に長時間停めておくことができないのだろう。

090504095554
 先頭かぶりつきの席を確保する(他に乗客がいないから当然)。バスは八戸の中心街の六日町交差点を西へ進む。六日町−十六日町−廿六日町が西側への一方通行,廿三日町−十三日町−三日町が東側への一方通行になっている。

090504101422
 約20分で八戸駅に到着。
 バスの走行経路を見ると,東北本線の陸奥市川,下田駅を通って十和田に向かうので,八戸市内から北上するのかと思ったが,まずはかなり西側にある八戸駅を経由する。東北新幹線・青い森鉄道から十和田に向かう利用者(こっちの方がメインかも)の利便を図っているようだ。

090504101823
 八戸駅を出て,一度通った内舟渡交差点(国道104号線・454号線)に向かう途中の運賃表示。ちょっと気になったので撮影してみた。
 内舟渡までの運賃が,整理券番号1番(始発から)は190円,2番が150円,3・4番が130円,さっき八戸駅で乗ったばかりの5番が200円なのだ。整理券番号1番から4番の乗客に対して,内舟渡交差点−八戸駅間の往復分の運賃は計算されていないため,このような運賃になっているのだと思われる。

090504104526
 国道45号線の百石交差点。百石町(下田町と合併しておいらせ町になった)の中心市街地である。この手前,陸上自衛隊八戸駐屯地に隣り合った市川町(桔梗野)にもちょっとした集落があって,下車してみたい気分になったが,バスの本数を考えるとそんな無茶はできない。

090504105423
 ずっと北上してきたところを,南へ大きく戻るかたちで東北本線下田駅(青森県おいらせ町)を目指す途中で,奥入瀬川を渡る。国道45号線を北上するときに一度奥入瀬川を渡っているので,奥入瀬川を合計3回渡ることになる。

090504105455
 下田駅前。

090504105801
 下田駅では乗車客が無く,来た道をそのまま引き返す。下田の町のおいらせ町役場近くで,東北本線の踏切を渡る。せっかくだから電車が来てほしいな……と思っていたら,運良く踏切の警報機が鳴り出し,特急列車が通過していった。

090504110257
 阿光坊の集落近くで,国道45号線は工事中の東北新幹線の高架橋の下を潜る。

090504110803
 六戸町の中心部,犬落瀬にある六戸中央バス停。

090504111635
 十和田市に入る。正面に八甲田山が聳える。

090504112151
 トラクターも走る。
 このあたりまでは順調に走っていたが,国道4号線を横切り,国道102号線に入って三本木(十和田市の旧市名)という地名がチラホラ見え始まると激しく渋滞。運転手の横にある主要バス停の通過予定時刻表よりもだいぶ遅れてしまった。

090504113724
 十和田市の中心街。奥州街道(陸羽街道)の両側に商店街が続く。かなり立派なアーケードが付いているが,商店街的にはかなり厳しい状況にありそうだ。

090504114553
 八戸の十一日町バス停を出てから約2時間で,終点十和田市駅バス停に到着。

090504114559
 十和田観光電鉄の十和田市駅のホームが見える。

090504114735
 十和田市駅の駅ビル「とうてつ駅ビル」は,テナントがほとんど撤退し,寂しい状況になっている。20年ぐらい前,南部縦貫鉄道を撮影した帰りにそばを食いに立ち寄って,カウンターの下の棚にカメラ(NikonのF3だった)を忘れたそば屋は健在だった。カメラを忘れたことに気付き,駅のホームから慌てて戻ると,既にカメラが見あたらなくて絶望したが,店員さんが「これですね」とカメラを出してくれたときにはホントに言葉が出なかった。寒かったのに汗だくになっていたことを思い出す。

090504120051
 十和田市駅のホームは,駅ビルと歩道橋で繋がっている。

 ── SONY Cyber-shot DSC-W200(一部 Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日曜日)

連鎖街・横丁の街 八戸

 鮫駅から八戸行きのディーゼルカーに乗り,本八戸駅で下車。
 八戸市の中心市街地は,八戸線の本八戸駅近くにある。八戸は,古くは八戸藩の城下町として栄えたところ。人口は約25万,青森県の東の拠点都市になっている。

090503144325
 本八戸駅は高架駅になっている。高架線のヤレ具合を見ると,八戸線の長苗代駅から陸奥湊駅の区間は,ずいぶん古くから高架化されているようだ。

090503144354
 駅前にある本八戸駅南口交差点。

090503144715
 八戸の中心街は,本八戸駅の南側に約600m〜700m離れたところにある。

090503145142
 本八戸駅南口交差点の先に本八戸駅を見る。

090503145259
 内丸えんぶり組。えんぶりとは八戸で行われる豊年祭だそうだ。

090503145318
 八戸の中心街方向へ登り坂になっている。

090503145400
 内丸地区の路地。内丸には八戸城跡地である三八城公園がある。三八城というのは,三八上北(さんぱちかみきた)の三八(三戸・八戸地方)のことかと思ったら,三八城(みやぎ)と読むらしい。

090503145524
 バスが走ってくると写真を撮りたくなってしまうが,一般のクルマが先に走ってくることが多く,思うような写真にはなかなかならない。

090503145908
 三八城公園へ続く内丸の路地。

090503150020

090503150204
 三八城神社と八戸市公会堂の前。

090503150344

090503151206
 番町交差点。このあたりから八戸市の中心市街地となる。

090503151512
 さくら野百貨店の向かい側。古い大きな建物は,八戸酒類八鶴工場。

090503151738
 三日町交差点。国道340号線と久慈街道が交差する。この三日町から十三日町,六日町付近が中心商店街になっている。八戸市の中心街の地名は,市が立っていた日に由来するものと思われる(四日市や五日市のように)。
 ちなみに,八戸の中心市街地の多くの道路は一方通行になっている。

090503152220
 さくら野百貨店の南側の三日町交差点から十三日町交差点方向を見る。さくら野百貨店の西側では,何やら再開発工事中。

090503152401
 十三日町交差点に向かって歩く。

090503152531
 十三日町交差点。南部バスの,かなり古いタイプのバスが通り掛かった。

090503152537
 思わず走り去るところも撮影する。

090503152728
 十三日町交差点から廿三日町交差点方向を見る。右側が三春屋百貨店。私は福島県三春町で生まれ育ったので,昔から気になっていたデパートだ。室町時代の永禄期に創業した三春屋呉服店が始まりで,創業者が三春町の出身らしい。現在は福島市の中合デパートの傘下になり,中合三春屋となっている。

090503153111
 花小路。

090503153210
 八戸屋台村「みろく横丁」。最近各地に増えているタイプの横丁である。若い経営者が店を出していることも多い。三日町と六日町をまたがる横丁であることから「みろく横丁」と名付けられたそうだ。

090503153253
 みろく横丁と花小路は交差している。

090503153319
 みろく横丁を南へ。

090503153411

090503153452

090503153520
 みろく横丁を抜けると六日町に出る。

090503153534

090503153620
 六日町側のみろく横丁の入口。

090503153948
 六日町からゆりの木通りへ抜ける鷹匠小路。

090503154011
 鷹匠小路。

090503154215
 鷹匠小路の六日町側を見る。

090503154345
 鷹匠小路からロー丁(ろうちょう)れんさ街を見る。元々は右側の駐車場にも店が並んでいたと思われる。れんさ街=連鎖街である。

090503154625
 ロー丁れんさ街を抜けると長横町れんさ街となる。

090503154927
 長横町れんさ街からロー丁れんさ街側を見る。

090503155025
 長横町れんさ街の長横町側の入口。

090503155247
 長横町(久慈街道)の八戸中央通郵便局。飲食店街と一体化したビルになっているのは珍しい。
 ここへ来て,にわか雨が降り出した。午後にわか雨が降るというのは,天気予報通り。前日まで晴れの日が続いていたのだろう,大粒の雨が地面の埃を巻き上げて,独特の懐かしい匂いが漂った。

090503155338
 長横町れんさ街の長横町側のもうひとつの入口。

090503155655
 八戸中央通郵便局の横の駐車場の奥に提灯が見えた。ここがハーモニカ横町である。

090503155721
 路地の片側に飲食店が並んでいることからハーモニカ横町と呼ばれているに違いない。

090503155736
 八戸中央通郵便局の横の駐車場側を見る。

090503155750

090503155838
 ハーモニカ横町の岩泉町側の入口。

090503160000
 岩泉町。

090503160314
 岩泉町を北に歩き,朔日町から六日町交差点を見る。朔日町は“さくじつ”だろうか,“ついたち”だろうか。

090503160714
 六日町交差点から久慈街道(長横町)を南へ歩く。

090503160811
 八戸中央通郵便局を過ぎ,少し歩くと,左側に八戸昭和通りがある。

090503161055
 八戸昭和通りの共同ビルは,新しいんだか古いんだか,ちょっと判別が困難。

090503161142
 八戸昭和通りを長横町側に出ると,向かい側に「ガールハント」と書かれた,気になる入口が見える。

090503161443
 長横町の久慈街道の六日町交差点方向。左側が「ガールハント」。

090503161601
 薄暗い「ガールハント」の入口を入っていくと,少し明るくなってきて安心。ここが長横町五番街である。

090503162014
 五番街と書かれた提灯もぶら下がっている。

090503162107
 長横町五番街をさらに奥へ奥へと入っていくと,たぬき小路へと出る。たぬき小路は八戸の中でも歴史のある横丁だそうだ。

090503162222
 たぬき小路の奥は袋小路になっているように見えるが,実は長横町五番街に繋がっている。

090503162250
 たぬき小路。札幌の有名な飲食店街である狸小路にちなんで名付けられたそうだ。

090503162400
 たぬき小路を抜けると鷹匠小路に出る。

090503162434
 たぬき小路の鷹匠小路側の入口。

090503162756
 鷹匠小路の南側のゆりの木通りのさらに南側にも,何となく惹かれる街並みがありそうだが,疲れてきたのでそろそろ本八戸駅方向に引き返すことにする。
 写真は六日町のバス停。ここから各方面にバスが出ている。

090503163521
 三日町交差点から十三日町交差点方向を見る。

090503165647
 三八城公園から西側を俯瞰する。

090503165912
 本八戸駅方向を見ると,ちょうど八戸線のディーゼルカーが通るところだった。

090503170419
 三八城公園から恐怖を感じるほど急な階段を下ると,売市地区に出る。

090503170449
 地図を見る限りでは,売市は住宅地になっているのだが,不思議な感じで飲食店街も点在している。
 この先まで歩いてみれば良かったと,後で後悔……。

090503170638
 売市地区から本八戸駅へ続く道の横にある八戸マノンヌード劇場。

090503170721
 八戸マノンヌード劇場の前の細い路地を入ると,古い飲食店街(連鎖街)がある。

090503170733
 売市の住宅地の中に,なぜこのように飲食店街が点在しているのか,すごく気になる。前もって下調べしておきたかったところだ。

090503171015
 八戸マノンヌード劇場の横を通って,本八戸駅へ。
 と,この時点で大きな勘違い。昨日泊まったホテルに連泊しようとしたが部屋が空いておらず,しかも八戸駅周辺の宿はどこも満員で,昨晩は苦労して八戸の中心街のホテルを確保したのだった。
 朔日町を歩いていた時点では,今晩泊まるホテルが近いので,一度チェックインしてから街を歩こうかどうか悩んだほどだったのに,ボケッとして街を歩いているうちに三八城公園から売市の飲食店街を見つけて,思わずどんどん本八戸駅近くまで歩いてしまったのが勘違いの始まり……。

090503174912
 ちょうど八戸行きのディーゼルカーがやってきたので,本八戸駅から八戸駅へ……。一度改札口を出てから我に帰った。結局,また八戸線の列車で本八戸駅に戻ることになった。

090503182510
 十一日町の宿から朔日町・岩泉町を俯瞰する。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧