« うめちゃんと笑おう 梅屋敷東通り商店街 | トップページ | 二の辻 京町商店街 川崎市川崎区京町 »

2018年2月12日 (月曜日)

八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」川崎

180212143143_tonemapped

八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」川崎


 いつものように,どこで下車するかを決めずに京急上大岡から普通品川行きの電車に乗った。のんびり走る電車の中で揺られながら,途中のどこで下車するかを決める。
 うとうととしつつ,静寂の中でふと目を覚ますと,まだ神奈川新町あたりで優等列車の通過待ちをしている。京急線の普通電車の鈍足ぶりは見事だ。まったりとした車内で駅一覧を眺め,最近八丁畷で降りてないなぁ…と思い立って八丁畷駅で下車する。

180212-134702
 八丁畷駅の西口を出る。以前は上りホームの北端(京急川崎駅寄り)あった西口が,南武線浜川崎支線の高架下に移動している。

 八丁畷駅では京急線とJR南武線浜川崎支線が交差しており,京急線の駅は地上に,JR南武支線の駅は高架上にある。南武線浜川崎支線は単線だが,複線の東海道貨物線(東海道本線支線)が平行しているため,頑丈で幅の広い高架線になっている。

180212-134959
 八丁畷駅北側の踏切。

180212-135109
 川崎鶴見臨港バスの川崎駅前行のバスが八丁畷駅前の踏切横の交差点を曲がって行く。この交差点は見通しが悪く,バス専用の誘導員が配置されている。
 しかし,駅前の交差点の横に並んでいた建物が取り壊されて更地になっている。どのような工事が行われるのか不明だが,ひょっとしたら急角度の交差点が解消し,バス誘導員が不要になるかもしれない。

180212-135133
 八丁畷駅中央口。下りホームの北端にある。

180212-135154
 八丁畷駅前で行われている工事の案内板を見たところ,やはり道路の改良工事だった。バスが急角度で曲がらなければならない変形五叉路を改修するらしい。

180212-135327

180212-135353
 川崎駅方面から八丁畷駅前の交差点を曲がってきた川崎鶴見臨港バスの川28系京町循環バス。

180212-135413
 八丁畷商店街。高架部分にJR南武線浜川崎支線八丁畷駅のホームがある。「八丁畷商栄会 SHIPPING STREET」の商店街アーチが撤去されている。

180212-135434
 八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」。

180212-135500
 八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」に入る。

180212-135525
 八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」。

180212-135548
 中華「門前」。いまどきの“町の中華屋”に外れはない(はず)。

180212-135605
 以前は「八丁畷駅前飲食街」とだけ書かれていたが,今は「なわて横丁」という愛称がついている。

180212-135636
 八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」の西側を振り返る。狭い八丁畷駅前飲食街でも,中華「門前」のあたりが特に狭くなっているのがわかる。

180212-135818
 八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」。

180212-135855
 なわて横丁の東端に設置されている商店街アーチ。

180212-135950
 なわて横丁。車が停まっていたため,横丁の正面からの引きの写真は撮れず。

180212-140041
 バス通りに出る。駐輪場になっているスペースは,南武線浜川崎支線と川崎駅を結んでいた貨物線の跡地である。

 現在は南武線浜川崎支線となっているこの貨物線(東海道本線の支線)は,東海道本線の川崎駅と浅野セメント川崎工場や日本鋼管の工場を結ぶもので,南武線本体の元になった南武鉄道よりも先に開通している。
 南武鉄道(南武線)はその後,多摩川の砂利を運ぶことを目的として作られた鉄道である。川崎駅で砂利貨物の取り扱いができなかったため,しかたなく矢向駅から多摩川河畔まで貨物線を分岐して川崎河岸駅を設け,貨車から船に砂利を積み替えて多摩川を使った舟運で砂利を運搬していた。

 南武鉄道が立川まで延びると,セメントの原料となる青梅の石灰岩を浅野セメント川崎工場まで運ぶために,南武鉄道と川崎駅からの貨物線を使いたくなる。そこで南武鉄道の尻手駅から八丁畷駅の上を通って浅野セメント川崎工場への貨物線に繋がる南武鉄道の支線が作られた。

 南武鉄道は戦時買収で国鉄南武線となる。尻手駅と鶴見操車場を繋ぐ短絡線が作られたことにより,川崎駅を通らずに鶴見操車場経由で汐留(貨物駅)までが結ばれたため,八丁畷の北側を通って川崎駅に続く貨物線が不要になり廃線。東海道本線の支線だった貨物線は南武線の支線となったのである。

 ところがこれで話が終わらないのが面白い。
 東海道本線の鶴見駅(東海道線の駅はない)北側の鶴見川付近から東海道本線貨物線を分岐して,八丁畷駅付近の南武線浜川崎支線に合流する短絡線が新たに作られたのだ。現在は,どこからが東海道本線支線でどこからが南武線支線だか,わかりにくい状態になっている。調べてみると,正式には八丁畷駅〜浜川崎駅間は南武線の支線,八丁畷から鶴見側と浜川崎の手前で分岐して塩浜の川崎貨物駅方向が東海道本線の支線になっているらしい。

 鉄道の話になって脱線してしまった……

180212-140216
 なわて横丁。

180212-140228
 南武線浜川崎支線の高架下にある八丁畷ショッピングセンター。

180212-140339
 八丁畷ショッピングセンター。以前にも増してシャッター街となっている。

180212-140404
 八丁畷ショッピングセンターのインドネパールレストラン「ラスミ」。カレーの美味そうな匂いが漂っている。

180212-140414
 インドネパールレストラン「ラスミ」の斜向かいでは家電のプラザ桜川崎が営業中。

180212-140443
 八丁畷ショッピングセンターを出て,八丁畷駅前方向を見る。商店街アーチがなくなって,商店街色が一気に薄れてしまったように感じる。

180212-140459
 八丁畷ショッピングセンターを振り返る。

180212-140609
 八丁畷商店街の南側を見る。小料理「喬子」とおでん小町。この手前にあった中華料理「ハルピン」などの店がなくなっている。

 午後2時。遅い昼飯をどこで食べようかと悩む。

180212-141659
 中華「門前」かインドレストラン「ラスミ」の2択で迷った末,八丁畷ショッピングセンターに戻り「ラスミ」でカレーを喰う。

180212-143036
 満腹になり,八丁畷ショッピングセンターを南に抜ける。

180212-143106
 なわて横丁の前に停まっていた車がいなくなっている。

180212-143143
 これ幸いと,なわて横丁(八丁畷駅前飲食街)の正面からの写真を撮る。

180212-143216
 八丁畷ショッピングセンター。焼肉「太陽」の側から照りつける太陽光がまぶしい。

180212-143240
 八丁畷ショッピングセンターの南側はシャッターが閉じ,ライトも消されているので真っ暗。

180212-143322
 コンビニ・モンマート「クボタ」。

180212-143414
 モンマート「クボタ」の前。

180212-143501
 モンマート「クボタ」の前を川崎鶴見臨港バスの川28系京町循環バスが走る。

180212-143737
 第一京浜の西側に平行に南西方向に延びる通り。

 さらに南下して,京町方面に向かう……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or Apple iPhone 7

八丁畷〜京町〜鶴見市場

【関連記事】
2007年9月 2日 (日曜日):真夏の終焉 八丁畷
2010年4月10日 (土曜日):八丁畷 口八丁手八丁なワテだんねん

|

« うめちゃんと笑おう 梅屋敷東通り商店街 | トップページ | 二の辻 京町商店街 川崎市川崎区京町 »

・14 神奈川県川崎市」カテゴリの記事

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/66865362

この記事へのトラックバック一覧です: 八丁畷駅前飲食街「なわて横丁」川崎:

« うめちゃんと笑おう 梅屋敷東通り商店街 | トップページ | 二の辻 京町商店街 川崎市川崎区京町 »