« 川崎市中原区宮内から武蔵小杉へ | トップページ | 藤沢駅南口 鵠沼石上一丁目あたりを歩く »

2017年12月24日 (日曜日)

商店街近代化第一号 大倉山エルム通り

171224162226edit

商店街近代化第一号 大倉山エルム通り


 久しぶりに大倉山の商店街を歩く。30年近く前,まだ武蔵中原の富士通勤務だった頃に歩いて以来だ。

 大倉山エルム通りは商店街近代化事業による国内第一号の事業として,歩道設置のために建物を2メートルセットバックし,新しいファサードに町のシンボルでもある大倉山記念館に似せたプレヘレニズム様式の円柱を設けて統一感を持たせているのが特徴である。当時は商店街を視察する団体が多いことがニュースになっていた。

171224-161155
 東横線の武蔵小杉駅から元町・中華街行きの各停に乗って大倉山駅で下車する。

171224-161517
 大倉山駅前。ガード下に改札口があり,改札口の真ん前に横浜市営バスの大倉山駅前バス停がある。バスと鉄道を併用している人は,乗り換えが楽ちんだ。
 道路を挟んだ向かい側には東急ストアがあり,その前には反対方向のバス停がある。

171224-161610
 大倉山駅前に西側から横浜市営バス41系統新横浜駅行きのバスがやってきた。

 この41系統のバスの経路を検索してみると,鶴見駅西口と川向町折返場と新横浜駅を結ぶバスと,中山駅と新横浜駅を結ぶバスがある。

 このバスは中山駅から大倉山駅前を通って新横浜駅に向かうバスだと思われるが,ひょっとしたら鶴見駅西口発の新横浜行きのバスが一旦大倉山駅前を通り,川向町折返場で折り返して再び大倉山駅前を通って新横浜に向かう可能性もある。たぶんその可能性は低く,鶴見駅西口発のバスは大倉山駅前は通らずに真っ直ぐ新横浜に向かうのだと思うのだが……(ホントのところは不明。一度乗ってみたい)

171224-161650
 大倉山エルム通り。プレヘレニズム様式の円柱があるのはわかるが,派手な看板が多くてよく見えない。

171224-161701
 大倉山駅の横から大倉山記念館のある大倉山公園へ登る坂道。写真ではわかりにくいが,折れた円柱と翼をモチーフにした「不滅への飛翔」という像がある。1988年,ギリシアのアテネと大倉山エルム通りの姉妹提携を記念して,大倉山記念館への道標として1992年に造られたものらしい。

 大倉山エルム通りの名は,アテネのショッピングストリート「エルム通り」からとられている。
 同じ頃『エルム街の悪夢』というホラー映画がヒットしていたため,「エルム通り」という愛称はどうなんだろうと感じた記憶がある。

171224-161748
 大倉山エルム通りを西へ。

171224-161823
 大倉山エルム通り。プレヘレニズム様式の円柱がふんだんに使われる。

171224-161917
 大倉山エルム通り。

171224-161930
 大倉山駅方向を振り返る。工事中の大倉山駅ホームが見える。大倉山駅の直下では相鉄・東急直通線(神奈川東部方面線)の工事が行われており,その関係の工事だろうか。ただ,残念ながら大倉山には相鉄・東急直通線の駅は予定されていない。

171224-161957
 大倉山エルム通り。

171224-162015

171224-162112
 大倉山エルム通りから南に延びる路地。

171224-162140
 大倉山駅方向を振り返る。大倉山駅付近で東横線を横切る道路はここだけと言っていい状況だが,その通行のネックになりそうな駅前部分に駐停車できる神経というか,面の皮の厚さが信じられない。

171224-162210
 大倉山エルム通りを西へ。

171224-162327
 大倉山エルム通りの街づくり協定では,建築物等の意匠や色彩(白が基本)について詳細に決められている。プレヘレニズム様式を基調とすることを前提として,軒高(特に2階部分の統一線を強調)を揃えて統一感のある町並みにすることや,ファサードの柱や梁の形状,梁上部への三角形の切妻屋根(ペディメント)の設置等々……

171224-162506

171224-162531
 豊屋寝装店の前の四つ辻。

171224-162540
 四ツ辻の南側を見る。

171224-162649
 四ツ辻を渡り,大倉山駅方向を振り返る。

171224-162802
 四ツ辻の北側を見る。背後の山にここから登ることはできないが,山の上には大倉山記念館や大倉山公園・東横神社がある。山全体が公園と言えるかもしれない。山の名前は「大倉山」だろうか?

171224-162850
 四ツ辻を南へ。大倉山もつ肉店。

171224-162924
 四ツ辻側を振り返る。

171224-162931
 お好み焼・鉄板焼「ばあびい」の前の変形四叉路。

171224-163014
 ちょっとした飲食店街になっている。

171224-163051
 変形四叉路の東側。

171224-163506
 変形四叉路とは書いたが,四叉路というよりは二つの丁字路が向かい合っているというほうが正確かな。

171224-163544
「ばあびい」の西側の路地を入る。

171224-163601
 店頭に“新そば”の小旗が下がる蕎麦バーかつのや。

171224-163630
 お魚料理「釣刺」。呑み屋が並ぶ。

171224-163717
 若鳥焼「鳥長」の前から東側を振り返る。

171224-163800
 喰いもんや「かぐら」の前。空には三日月が出ている。

171224-163921

171224-164015
 大網中前バス停付近。大倉山エルム通りはこのバス停あたりまでで,そこから西側はオリーブ通り商店街となる。

171224-164051
 大倉山エルム通りを大倉山駅方向に引き返す。

171224-164139

171224-164401
 大倉山駅が見えてきた。

171224-164505
 大倉山駅前から大倉山記念館への坂道を見る。

171224-164533
 東急ストア側の大倉山駅前バス停。

171224-164549
 東急東横線の高架下。

171224-164646
 大倉山エルム通り商店街は東急大倉山駅までで,そこから東側はレモンロード商店街となる。

171224-164756
 レモンロード商店街。

 同じ道路に沿った商店街なのに,オリーブ通りやエルム通り,レモンロードと短い区間で分かれているのかが不思議に感じられもするが,エルム通り近代化事業の徹底ぶりを見ると,統一感の形成に賛同できたかどうかで判断が大きく分かれたのだと推測できる。

 そういう視点で商店街を見れば,セットバックが徹底していないレモンロード商店街側は歩道が狭く,建物も他の町の商店街と変わらないことに気づく。

171224-164825
 レモンロード商店街を東へ。

171224-164841
 レモンロード商店街。

171224-164851
 レモンロード商店街から東急大倉山駅を振り返る。

171224-164902
 東横線の東側に沿った路地を南へ。「鳥庄」というテイクアウトの焼鳥店は客が絶えない。

171224-165021
 中華料理「新栄福楼」の前から南側を見る。

171224-165044
 大倉山駅方向を振り返る。

171224-165055

 のんびり歩いていたが,急に腹痛と便意。すぐ南側にあるマルエツでトイレを借りよう……

171224-170712
 マルエツの前の果物屋と東急東横線の電車。

171224-170924
 トイレをお借りしたスーパー「マルエツ」。

171224-171132
 マルエツの東側の通り。ファミーユ第2前川ビルの前,マルエツの東隣では何か工事が行われていた。

171224-171243
 レモンロード商店街のバス通りに出る。

171224-171308
 レモンロード商店街に出て,大倉山駅方向を見る。

171224-171419
 レモンロード商店街。写真右奥に見えるのは東海道新幹線の高架橋。レモンロード商店街は綱島街道の大倉山交差点まで続いている。

171224-171443
 東海道新幹線の高架橋をくぐって新横浜駅行きのバスがやってきた。このまま大倉山駅前バス停(東急ストア前)に向かう。このように,大倉山駅前バス停には,改札正面側と東急ストア前のどちらにも新横浜駅行きのバスがやってくる。

171224-171507
 横浜大倉山郵便局の前から大倉山駅方向を見る。

171224-171550
 歩き煙草の爺さん。

171224-171857
 レモンロード商店街を大倉山駅方向に引き返す。

171224-171911
 レモンロード商店街。

171224-172221
 東急東横線大倉山駅。

171224-172536

171224-172620
 この奥にらーめん「シゲトミ」があるので行ってみようと思ったが,ちょうど41系統鶴見駅西口行きのバスがやってきたので思わずバスに乗り込んでしまった……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

大倉山

|

« 川崎市中原区宮内から武蔵小杉へ | トップページ | 藤沢駅南口 鵠沼石上一丁目あたりを歩く »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商店街近代化第一号 大倉山エルム通り:

« 川崎市中原区宮内から武蔵小杉へ | トップページ | 藤沢駅南口 鵠沼石上一丁目あたりを歩く »