« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の10件の記事

2017年12月31日 (日曜日)

大晦日の横浜橋通商店街 横浜市南区

171231135705edit

171231142916edit

大晦日の横浜橋通商店街 横浜市南区


 とうとう年末年始の正月休み。持病に加えて直りにくい病気を発症し,帰省することも旅行に行くことも断念。自宅に引きこもるための食料を買い込みに横浜橋通商店街へ。ついでにカメラを持っていって,久しぶりに商店街を撮影する。

171231-124525
 横浜市営地下鉄阪東橋駅で下車し,大通り公園の出口から出る。

 大通り公園は市営地下鉄を通すために吉田川・新吉田川を埋め立てた細長い公園で,阪東橋はちょうど駅の上を通る藤棚浦舟通りに架かっていた橋の名前である。
 阪東橋駅の西側の医大通り(道場橋に続く市道日本橋通7051号線)には,阪東橋よりもずっと歴史のある日本橋という橋が架かっていたので,阪東橋駅ではなく日本橋駅になってもおかしくはなかったはず。

171231-124928
 横浜橋通商店街へ。

171231-125137
 横浜橋通商店街の前の新吉田川には横浜橋が架かっていた。せっかく公園として整備するなら,橋があったことがわかるモニュメントのようなものを残しても良さそうなものだが,横浜港周辺の修景には熱心だが内陸部には無頓着な横浜市なのであった。

171231-125113
 グランドオープンするパチンコ屋の花輪かと思ったら,天ぷら豊野の隣にラーメン屋「麺や134」がオープン。大晦日のオープンとは珍しい。

171231-125338
 大晦日の買い物客でごった返す横浜橋通商店街。大晦日は,賑わいのある商店街と寂れつつある商店街の差が一年で一番大きくなる日かもしれない。

171231-125451
 うなぎ八舟。

171231-125553
 大通り公園のよこはまばし交差点・弥生町方向を振り返る。

171231-125638
「迎春」。商店街では新年を迎える準備が整っている。

171231-125829

171231-125940
 横浜橋通商店街には本格的なキムチを売る店が多く,しかも美味い。スーパーで売っているのは白菜のキムチばかりだが,生牡蠣やトマトのキムチなど種類も豊富だ。福美高麗人参産業は人気の店なので買い物客でごった返している。

171231-130016
 福美高麗人参産業横の路地。

171231-130119
 台湾牛肉麺「錢爺(ゼニヤ)」。カウンターだけの小さな店で,台湾の屋台風(私は台湾に行ったことがないから推測)。

171231-130202
 路地を抜けて四つ辻に出て大通り公園方向を見る。

 横浜橋通商店街のメインのアーケード内は食料品・物販の店が多いが,周囲には飲食店が多い。沖縄軽食処「ちょうでえぐぅわ」,韓国家庭料理「釜山食堂」,タイ料理「ソムタム」,そして居酒屋「あけみ」「きまぐれ」「たぬき」……と国際色豊かである。

171231-130213
 南側を見る。

171231-130223
 横浜橋通商店街のアーケード街側を振り返る。

171231-130242

171231-130300
 狸(たぬき)横の四ツ辻。

171231-130357
 真金町二丁目。よく知られているように,このあたりは真金町遊廓・永楽町遊廓(あわせて永真遊廓街)と呼ばれる遊廓だったところで,中央分離帯のある東西2本,南北1本の広い通りがその「廓」のわずかな名残であり,現在は北東側の一部がラブホテル街になっている以外は普通の住宅地になっている。

171231-130522
 地図を見れば,この南北の通りは遊廓の西端だったことがわかる。

171231-130605

171231-131333
 金刀比羅大鷲神社の前の中央分離帯のある道路。戸袋にレリーフのある建物が残っている。

171231-131350
 金刀比羅大鷲神社。小さな神社だが,酉の市には街に熊手を売る出店や屋台がびっしり並ぶ。

171231-131547

171231-131629
 金刀比羅大鷲神社の前,中央分離帯のある道路の東端に大門があったらしい。

171231-132235

171231-132342
 金刀比羅大鷲神社でも新年を迎える準備が整っている。

171231-132418
 金刀比羅大鷲神社の横の路地を通って横浜橋通商店街に戻る。

171231-132515

171231-132538
 横浜橋通商店街。

171231-132611
 玉喜園の前から商店街の南側(三吉橋側)を見る。

171231-132621

171231-132725
 マルかつ食堂。ここにも開店祝いの花輪が飾られている。数日前からプレオープン中で,1月1日の11時11分にグランドオープンするらしい。

171231-132808
 お茶や海苔の玉喜園の前から北側(曙町・伊勢佐木町方向)を振り返る。

171231-132903
 美味キムチ。

171231-132929
 中華料理「華騰」。

171231-133016
 白妙町一丁目側から商店街の全蓋式アーケードを見る。

171231-133207
 中華料理「華騰」の前の丁字路。

171231-133220
 丁字路から南側を見る。

171231-133317
 NARUKIYAの文字がかっこいい成木屋。

171231-133410
 YOKOHAMA「Hanami」。

171231-133528
 横浜ハナミの横の細い路地を通って東側の通りへ。

 なんと,ここでα7R IIIのバッテリーが終了。バッテリーが残りわずかなことに気をつけながら撮り続けていたが,しかたがない。うっかり充電せずに持ってきた自分がマヌケだった。

 カバンのポケットからコンパクトカメラのRX100M3を出して撮り続ける。カバンの中にしまったα7R IIIにキムチの臭いが移らないか,少し気になる……

171231-134236
 すぐに横浜橋通商店街に戻り,焼鳥「鳥秀」・キムチ「木浦家」の前へ。

171231-134304
 成木屋を正面から撮影。

171231-134316
 中華料理「和記食房」。ここも新しい店じゃないかな。なんと北京ダックの持ち帰り可。「承ります」と書かれているので予約が必要なんだろうけど……

171231-134353
 新鮮野菜「八百耕」。

171231-134447

171231-134500
 とんこつ専門店「らーめん家せんだい」。店内は狭いが,横には立ち食い用カウンターもある。

171231-134515
 安喜惣菜店・よろずやの前から商店街の北側を見る。

171231-134553
 らーめん家せんだい横の路地。タイ料理「カレーの店 ピー」がある。

171231-134757

171231-134908
 横浜橋市場の東側の入口。

171231-135249
 総合食料品横浜橋市場。

171231-135429
 横浜橋市場へ入ると「貝よし商店」「ますや」がある。

171231-135532
 横浜橋市場の「貝よし商店」と飲処「ますや」「白井肉店」……

171231-135611
 横浜橋市場。

171231-135705
 横浜橋市場の南山家キムチ。

171231-135712
 南山家キムチ。

171231-135828
 南山家キムチ。

171231-135824
 横浜橋市場を抜けて横浜橋通商店街のアーケードへ。「えどや」の前の丁字路。

171231-135931
 甘味処というか喫茶店「えどや」。間口は狭いが奥行きのある店だ。

171231-140033
 宝水産。まな板の上のまぐろの切り身がデカくて美味そう。

171231-140207
 横浜橋通商店街。

171231-140241
 甘味処「えどや」の前の丁字路。

171231-140310
 角守青果店「とまと館」。

171231-140339

171231-140501
 マルサン商店も刺身や干物を売っている。

171231-140544
 そば処「いろは」の前から南側を見る。全蓋式アーケードの南端が見えてきた。

171231-140641
 写真右側の一郭はずっと空き地のままになっている。これだけ賑わいのある商店街なのにもったいない気がする。

171231-140756
 店頭に自転車が下がっているカフェ「FUKUYA」。

171231-140857

171231-141058
 新鮮な野菜とフルーツ「丸高商店」。横浜橋通商店街の全蓋式アーケードの南端は,よこはまばし入口交差点で市道山下高砂線と交差する。

171231-141150
 横浜橋通商店街の北側を振り返る。

171231-141336
 よこはまばし入口交差点の先は三吉橋通り商店街となる。

171231-141618
“日本一かわいい商店街”三吉橋通り商店街から横浜橋通商店街を見る。

171231-141634
 よこはまばし入口交差点から中村川に架かる三吉橋まで,全長約30mの短い商店街であることから“日本一かわいい商店街”を名乗っている。三吉橋側には三吉演芸場もある立派な商店街だ。

171231-141652

171231-141755
 バス通り市道山下高砂線。かつてはここを横浜市電花園橋線の電車が走っていた。

171231-142333
 横浜橋通商店街を阪東橋駅方向に引き返す。

171231-142447

171231-142642
 手づくり惣菜・煮豆の店「大野屋」。

171231-142916
 橋詰フルーツ。この店頭を見たら買いたくなるでしょ。商店街に野菜・果物・花屋があると,断然商店街が映える,と思う。

171231-143044
 つけものの灘屋。漬物屋だけど小さな店内は飲み屋兼食堂になっている。酒屋に角打ちがあるなら,漬物屋で呑めてもいいだろうという感じ。

171231-143234
 タカナシ菓子店。ママ〜これ買って〜

171231-144632
 横浜橋通商店街を抜けて,大通り公園側へ。

171231-144719

171231-144807
 おじばスナック「良」。“おじば”は会員制だかこその命名かな。

171231-144938
 午後3時少し前になり,まだ昼飯を食べていないため,どこかで食べようと再び商店街に足を進めていたが……

171231-145417
 春の桜の季節に入ってみようとして入らなかった曙町の中華料理の「一番本店」で食べてみたくなり,曙町方向に戻る。

171231-145903
 国道16号線の曙町三丁目南交差点。

171231-145938
 曙町三丁目南交差点のすぐ横の中華料理「一番本店」。“味でもなんでも浜一番”の店にはシャッターが降り,貼り紙がしてある。
 残念。12月3日で閉店。そして真金町に移転して12月10日頃にオープンと書かれている。真金町まで戻る気力もなく,隣のタンタンメン本舗でニュータンタンっぽいタンタンメンを食べることにする。

171231-152416
 バスに乗って上大岡まで行くことも考えたが,非常にニンニク臭い身体になっているので,バスより車内が広い地下鉄を使う。

171231-153802
 大通り公園の「歌丸桜」。前にも書いたが,私の故郷の自慢の三春滝桜の子孫樹である。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

横浜橋通商店街

【関連記事】
2011年6月 7日 (火曜日):いきな下町横浜橋通商店街を歩く
2008年1月 7日 (月曜日):横浜橋・三吉橋・中村町
2007年4月15日 (日曜日):阪東橋〜横浜橋商店街〜黄金町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金曜日)

藤沢駅南口 鵠沼石上一丁目あたりを歩く

171229183701hdr2edit

藤沢駅南口 鵠沼石上一丁目あたりを歩く


 年末だというのに体調が悪く,病院で点滴を打ってもらう。薬局で薬を受け取ったら,外はすっかり暗くなっていた。とはいえ,せっかくカメラを持ってきたので藤沢駅南口の商店街を撮って歩くことにする。

171229-172606
 藤沢駅南口を出ると,正面に小田急百貨店藤沢店(江ノ電第一ビル)がある。もともとここは江ノ電百貨店で,2階部分が江ノ電の藤沢駅になっている。

 神奈川県藤沢市は現在も人口増加傾向にある成長都市であり,人口は約43万人。横須賀市を抜いて神奈川県で4番目の都市となっている。その表玄関でもある藤沢駅の周辺にはたくさんの商業施設が集中している。

171229-172759
 橋上駅のJR藤沢駅を振り返る。小田急の藤沢駅は一階にある。

171229-172828
 藤沢駅南口のペデストリアンデッキから西側を見る。写真左が藤沢OPA。元の十字屋藤沢店である。写真右端に小田急藤沢駅のホームがちょっとだけ写っている。

171229-172842
 小田急百貨店藤沢店と藤沢オーパ。

171229-172915
 藤沢駅南口のペデストリアンデッキの東側を見る。写真左が藤沢駅とフジサワ名店ビル,ダイヤモンドビル。

 写真右側は藤沢西武(志澤百貨店)跡地に建てられたクリオ藤沢駅前。個人的に藤沢で一番利用する機会の多かった西武百貨店の閉店はショックだった。2006年には東急ハンズ藤沢店も閉店。温暖な気候や利便性の高さから人気の藤沢市だが,中心市街地の大型商業施設が衰退傾向にあるのは他都市と同様だ。

171229-173036
 小田急百貨店の前から藤沢駅方向を見る。イルミネーションが光る。

171229-173206
 小田急百貨店藤沢店の2階にある江ノ電のりば。

171229-173918
 江ノ電藤沢駅のホームに電車が入ってきた。いつも混んでる江ノ電。ホームは待ち客でいっぱい。

 明るい藤沢駅ホームに入ってくる江ノ電をしっかり止めて撮りたかったので,あわててシャッター速度優先に設定したのだが(普段はプログラムオート),PENTAXのハイパープログラムのようにシャッター速度ダイヤルを回せばシャッター速度優先になるのではなく,α7R IIIではいちいちモードダイヤル(しかもロック機構がついている)でシャッター速度優先オートに変更する必要があり,モードを変えたときに設定されていた1/1000secのまま撮影したのだった。

 この写真はそれでよかったのだが,この後でモードダイヤルをプログラムオートに戻すのを忘れ,のんべんだらりと露出を確認することもなく撮影を続けたため,しばらく失敗写真が続く……

171229-173957
 江ノ電藤沢駅の改札口。

171229-174445
 藤沢駅南口のペデストリアンデッキを降りる。

171229-174619
 地上から小田急百貨店藤沢店を見上げる。ペデストリアンデッキには「大相撲藤沢場所」の横断幕が掲げられている。

 シャッター速度優先で1/1000sec設定だからISO16000にもなってしまい,ノイズまみれだ。ISOオートにしているので,EVFでのポストビューを見る限りではそれらしく写っているように見えちゃうため異常な設定にも気づかない。無音シャッターにしているので,シャッター音で気づくこともない。

171229-174644
 藤沢オーパの裏側へ。このあたりは藤沢南口らんぶる商店街である。「らんぶる」とはフランス語で「ぶらぶらする」という意味だとか。

171229-174753
 藤沢南口らんぶる商店街の南口やきとん。

171229-174813
 六光会館,相鉄フレッサイン藤沢駅南口の前。

171229-174837
 南口やきとん。とても惹かれるが,禁酒中禁酒中……

171229-174931
 藤沢オーパの裏側を南へ。

171229-175131

171229-175236

171229-175342
 鵠沼橘一丁目の藤沢たちばな通り商店街。飲食店が多い商店街だが,びっしり飲食店が並ぶというよりは,しゃれた感じの店がポツポツと点在している感じだ。

171229-175359
 午後6時少し前,G.G.というイタリアンの店は開店時刻になったらしく,店の前の人たちが店内に消えていった。コックさんの人形にOPENと書かれた看板を掛けているのは人形にそっくりなシェフかな……

171229-175515
 藤沢たちばな通り商店街。

171229-175535
 藤沢たちばな通り商店街。

171229-175754
 藤沢たちばな通り商店街の藤沢オーパ側を振り返る。

171229-175805
 湘南火鍋房。

171229-175836
 藤沢たちばな通り商店街を南へ。

171229-180026
 SAWAS食堂の前の四ツ辻。丁字路のように見えるが,写真右側に細い路地がある(たぶん私道なのだろう)。

171229-180148
 SAWAS食堂。

 この時点でもシャッター速度が1/1000secになっていることに気づかず。ISO16000なのでノイズだらけ。ホント情けない。

171229-180223
 SAWAS食堂の隣のダイニングバーSAFRA(サフラ)の前から東側を見る。江ノ島電鉄線の高架が見える。

171229-180314
 SAFRA,SAWAS食堂を振り返る。

171229-180412
 江ノ島電鉄線を走るえのでん。

 走ってくる江ノ電を撮るためにモードダイヤルをシャッター速度優先に変えようとして,既にシャッター速度優先になっていることに気づいた。
 ようやくそれに気づくとともに,今までに撮った写真が失敗写真だったことも判明。α7SだったらぎりぎりOKだったかもしれないが,高画素機のα7R IIIでは厳しい。写真を撮った直後に,多少なりともポストビューでピント確認しておけばノイズの多さに気づいたはずだが,ズボラすぎる自分が情けなくなる。

171229-180812
 江ノ電の高架橋をくぐり,鵠沼橘一丁目から鵠沼石上一丁目へ。写真左の階段を上ると藤沢カトリック教会がある。あまりに暗くて,シャッター速度1/50secでもISO16000となった。

171229-181101
 ファミリー通り交差点。
 ここは旧藤沢宿から江の島に続く江の島道(旧街道)で,南口ファミリー通り商店街となっている。

171229-181144

171229-181202
 南口ファミリー通り商店街の藤沢駅方向を見ると,藤沢駅北口のビックカメラが見える。旧江の島道は東海道本線で南北に分断されたが,現在は藤沢駅ホームの下をくぐる地下道によって遊行通りへと続いていることがわかる。

171229-181238
 南口ファミリー通り商店街を北へ。藤沢駅南口のペデストリアンデッキが見える。

171229-181255
 南口ファミリー通り商店街のやきとり一徳。

171229-181317
 やきとり一徳。

171229-181354
 ファミリー通り交差点に戻る。

171229-181534
 ファミリー通りから鍵曲がりの路地へ。関水スポーツがある。鉄道模型の積水金属はセキスイだが,関水スポーツはセキミズ。

171229-181558

171229-181613
 ゆるやかな下り坂に飲食店が並ぶ。

171229-181709
 坂の上を振り返る。

171229-181933
 片側にだけ飲食店が並んでいる。

171229-181954
 鍵曲がりの路地を出る。

171229-182046
 藤沢市でも有数の飲食店街になっている。

171229-182125
 もつ焼き「肉の佐藤」の前からゆるやかな坂道の上の方を見る。このあたりは境川の河岸段丘の傾斜部分に市街地が形成されており,西の方向が高くなっている。

171229-182139
 飲食店街のゆるやかな坂道を上る。

171229-182222
 大きな赤ちょうちんのある焼鳥「むさしや」の前から坂道の下側を振り返る。

171229-182323
 飲食店街のゆるやかな坂道を上り,再び下のほうを振り返る。

171229-182357

171229-182435
 ゆるやかな坂を上りきったところに旧江の島道(南口ファミリー通り商店街)が通っている。

171229-182446
 旧江の島道から坂道の飲食店街を振り返る。

171229-182530
 南口ファミリー通り商店街(旧江の島道)。神奈中タクシーの黄色いワンボックスタイプ。

171229-182634
 南口ファミリー通り商店街(旧江の島道)。

171229-182723
 南口ファミリー通り商店街の南側を見る。

171229-182756
 ロココテラス湘南の南側。今度は河岸段丘を下る。

171229-182849
 ゆるやかな下り坂……

171229-183008

171229-183102
 丁字路に出ると,そこには奥田センター飲食街がある。

171229-183149
 奥田センター飲食街の前から北側を見る。

171229-183226
 いらっしゃいませ,奥田センター飲食街。

171229-183319
 つるや食堂。“The 町の中華屋”といった感じ。ここはサンマーメンが美味い。チャーハンを食べている人が多い印象なので,今度行ったらチャーハンを注文してみようと思う。

171229-183341
 奥田センター飲食街。この佇まいがいいね。

171229-183411

171229-183523-HDR
 奥田センター飲食街の田火田。露出ブラケット撮影した写真をPhotomatixでHDR合成してみた。

171229-183538-HDR
 溶岩焼「地から」。HDR。
 ここは少し前まで人気のとんかつ屋「とんこ」だったところだ。

171229-183638-HDR
 奥田センター飲食街の奥にある豚基地「かつも」。肉29と書かれた行灯看板がある。HDR。

171229-183701-HDR-2
 奥田センター飲食街「いとこ」。HDR。

171229-183830
 奥田センター飲食街を出て北へ。

171229-183935
 ファミリー通りに続く飲食店街のゆるやかな坂を見る。

171229-184047
 奥田センター飲食街を振り返る。ライトを点けたまま停まっていた赤い車がいなくなっていたら,奥田センター飲食街の正面の写真を撮り直そうかと思っていたのだが,残念ながら車はずっと停まったままだった。

171229-184649
 南口本通り商店街。藤沢駅南口から国道467号線の南藤沢交差点を通って川名,手広に続く道路で,ここも藤沢駅南口から南藤沢交差点に向かってゆるやかな下り坂になっている。
 ドン・キホーテ藤沢駅南口店が入っているビルは元の田原屋(後のパシオス)。

171229-184948
 南口本通り商店街。ドン・キホーテ藤沢駅南口店の前の四ツ角。

171229-185436
 南銀座一番街へ。正面が藤沢駅南口。

171229-185522
 南銀座一番街。

171229-185636
 南銀座一番街から東海道本線の線路沿いへ。

171229-185746
 東海道本線の線路沿いの藤沢質店。写真左奥のビルは藤沢市役所。

171229-185800
 以前はここに二十番街という飲み屋街があったのだが,今はビルが建っている。炭火やきとり「ひさごや」,スナック「伊麻里」に二十番街の名残を見る。

 ここからは少し前の二十番街の写真を数枚紹介する。


000904-155339
 2000年9月4日撮影の二十番街。

000904-155412
 同じく2000年9月4日撮影。写真左にスナック「伊麻里」が見える。

050704-183256
 2005年7月4日撮影の二十番街。

050704-183229
 2005年7月4日撮影の二十番街散歩道。横丁のそのまた横丁が散歩道。

050704-183206
 2005年7月4日撮影の二十番街散歩道。

050704-183137
 2005年7月4日撮影の二十番街。藤沢プライム東側の路地で,突き当たりが東海道本線。


 ここからは現在の写真に戻る。

171229-190010
 藤沢プライム(ザ・プライム)東側の路地。藤沢プライムは元緑屋藤沢店である。

171229-190227
 フジサワ名店ビルの北側。

171229-190430
 フジサワ名店ビル。

171229-190510
 フジサワ名店ビルの前で東海道本線の下をくぐる地下道。江の島道の名残でもある。

171229-190658
 フジサワ名店ビルの前で東海道本線の下をくぐる地下道。

171229-190736
 ダイヤモンドビルの前。

171229-190819
 絶滅危惧種のようなハンドルの自転車。いまどきこんなふうなハンドルにして乗ってたら恥ずかしくないのかな……

171229-191726
 藤沢駅から東海道線の上り電車に乗って帰る。湘南ライナー用ホームに停車しているのは185系電車。これもまた絶滅危惧種か。

 急行用の車両に毛が生えた程度の車両として誕生し,東北・上越新幹線の大宮暫定開業時の新幹線リレー号として使われ,その後は急行料金を水増しするためのように設定された「新特急」に使われ,現在は東海道線の特急「踊り子」と湘南ライナーに使われている。

 まあ,(シートこそ転換クロスからリクライニングシートに交換されているが)とにかく不評しか聞かないこの電車が,国鉄時代から40年近く走り続けているのは興味深い。設計思想が丈夫で長持ちだったから,かな。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or iPhone 7

藤沢駅南口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日曜日)

商店街近代化第一号 大倉山エルム通り

171224162226edit

商店街近代化第一号 大倉山エルム通り


 久しぶりに大倉山の商店街を歩く。30年近く前,まだ武蔵中原の富士通勤務だった頃に歩いて以来だ。

 大倉山エルム通りは商店街近代化事業による国内第一号の事業として,歩道設置のために建物を2メートルセットバックし,新しいファサードに町のシンボルでもある大倉山記念館に似せたプレヘレニズム様式の円柱を設けて統一感を持たせているのが特徴である。当時は商店街を視察する団体が多いことがニュースになっていた。

171224-161155
 東横線の武蔵小杉駅から元町・中華街行きの各停に乗って大倉山駅で下車する。

171224-161517
 大倉山駅前。ガード下に改札口があり,改札口の真ん前に横浜市営バスの大倉山駅前バス停がある。バスと鉄道を併用している人は,乗り換えが楽ちんだ。
 道路を挟んだ向かい側には東急ストアがあり,その前には反対方向のバス停がある。

171224-161610
 大倉山駅前に西側から横浜市営バス41系統新横浜駅行きのバスがやってきた。

 この41系統のバスの経路を検索してみると,鶴見駅西口と川向町折返場と新横浜駅を結ぶバスと,中山駅と新横浜駅を結ぶバスがある。

 このバスは中山駅から大倉山駅前を通って新横浜駅に向かうバスだと思われるが,ひょっとしたら鶴見駅西口発の新横浜行きのバスが一旦大倉山駅前を通り,川向町折返場で折り返して再び大倉山駅前を通って新横浜に向かう可能性もある。たぶんその可能性は低く,鶴見駅西口発のバスは大倉山駅前は通らずに真っ直ぐ新横浜に向かうのだと思うのだが……(ホントのところは不明。一度乗ってみたい)

171224-161650
 大倉山エルム通り。プレヘレニズム様式の円柱があるのはわかるが,派手な看板が多くてよく見えない。

171224-161701
 大倉山駅の横から大倉山記念館のある大倉山公園へ登る坂道。写真ではわかりにくいが,折れた円柱と翼をモチーフにした「不滅への飛翔」という像がある。1988年,ギリシアのアテネと大倉山エルム通りの姉妹提携を記念して,大倉山記念館への道標として1992年に造られたものらしい。

 大倉山エルム通りの名は,アテネのショッピングストリート「エルム通り」からとられている。
 同じ頃『エルム街の悪夢』というホラー映画がヒットしていたため,「エルム通り」という愛称はどうなんだろうと感じた記憶がある。

171224-161748
 大倉山エルム通りを西へ。

171224-161823
 大倉山エルム通り。プレヘレニズム様式の円柱がふんだんに使われる。

171224-161917
 大倉山エルム通り。

171224-161930
 大倉山駅方向を振り返る。工事中の大倉山駅ホームが見える。大倉山駅の直下では相鉄・東急直通線(神奈川東部方面線)の工事が行われており,その関係の工事だろうか。ただ,残念ながら大倉山には相鉄・東急直通線の駅は予定されていない。

171224-161957
 大倉山エルム通り。

171224-162015

171224-162112
 大倉山エルム通りから南に延びる路地。

171224-162140
 大倉山駅方向を振り返る。大倉山駅付近で東横線を横切る道路はここだけと言っていい状況だが,その通行のネックになりそうな駅前部分に駐停車できる神経というか,面の皮の厚さが信じられない。

171224-162210
 大倉山エルム通りを西へ。

171224-162327
 大倉山エルム通りの街づくり協定では,建築物等の意匠や色彩(白が基本)について詳細に決められている。プレヘレニズム様式を基調とすることを前提として,軒高(特に2階部分の統一線を強調)を揃えて統一感のある町並みにすることや,ファサードの柱や梁の形状,梁上部への三角形の切妻屋根(ペディメント)の設置等々……

171224-162506

171224-162531
 豊屋寝装店の前の四つ辻。

171224-162540
 四ツ辻の南側を見る。

171224-162649
 四ツ辻を渡り,大倉山駅方向を振り返る。

171224-162802
 四ツ辻の北側を見る。背後の山にここから登ることはできないが,山の上には大倉山記念館や大倉山公園・東横神社がある。山全体が公園と言えるかもしれない。山の名前は「大倉山」だろうか?

171224-162850
 四ツ辻を南へ。大倉山もつ肉店。

171224-162924
 四ツ辻側を振り返る。

171224-162931
 お好み焼・鉄板焼「ばあびい」の前の変形四叉路。

171224-163014
 ちょっとした飲食店街になっている。

171224-163051
 変形四叉路の東側。

171224-163506
 変形四叉路とは書いたが,四叉路というよりは二つの丁字路が向かい合っているというほうが正確かな。

171224-163544
「ばあびい」の西側の路地を入る。

171224-163601
 店頭に“新そば”の小旗が下がる蕎麦バーかつのや。

171224-163630
 お魚料理「釣刺」。呑み屋が並ぶ。

171224-163717
 若鳥焼「鳥長」の前から東側を振り返る。

171224-163800
 喰いもんや「かぐら」の前。空には三日月が出ている。

171224-163921

171224-164015
 大網中前バス停付近。大倉山エルム通りはこのバス停あたりまでで,そこから西側はオリーブ通り商店街となる。

171224-164051
 大倉山エルム通りを大倉山駅方向に引き返す。

171224-164139

171224-164401
 大倉山駅が見えてきた。

171224-164505
 大倉山駅前から大倉山記念館への坂道を見る。

171224-164533
 東急ストア側の大倉山駅前バス停。

171224-164549
 東急東横線の高架下。

171224-164646
 大倉山エルム通り商店街は東急大倉山駅までで,そこから東側はレモンロード商店街となる。

171224-164756
 レモンロード商店街。

 同じ道路に沿った商店街なのに,オリーブ通りやエルム通り,レモンロードと短い区間で分かれているのかが不思議に感じられもするが,エルム通り近代化事業の徹底ぶりを見ると,統一感の形成に賛同できたかどうかで判断が大きく分かれたのだと推測できる。

 そういう視点で商店街を見れば,セットバックが徹底していないレモンロード商店街側は歩道が狭く,建物も他の町の商店街と変わらないことに気づく。

171224-164825
 レモンロード商店街を東へ。

171224-164841
 レモンロード商店街。

171224-164851
 レモンロード商店街から東急大倉山駅を振り返る。

171224-164902
 東横線の東側に沿った路地を南へ。「鳥庄」というテイクアウトの焼鳥店は客が絶えない。

171224-165021
 中華料理「新栄福楼」の前から南側を見る。

171224-165044
 大倉山駅方向を振り返る。

171224-165055

 のんびり歩いていたが,急に腹痛と便意。すぐ南側にあるマルエツでトイレを借りよう……

171224-170712
 マルエツの前の果物屋と東急東横線の電車。

171224-170924
 トイレをお借りしたスーパー「マルエツ」。

171224-171132
 マルエツの東側の通り。ファミーユ第2前川ビルの前,マルエツの東隣では何か工事が行われていた。

171224-171243
 レモンロード商店街のバス通りに出る。

171224-171308
 レモンロード商店街に出て,大倉山駅方向を見る。

171224-171419
 レモンロード商店街。写真右奥に見えるのは東海道新幹線の高架橋。レモンロード商店街は綱島街道の大倉山交差点まで続いている。

171224-171443
 東海道新幹線の高架橋をくぐって新横浜駅行きのバスがやってきた。このまま大倉山駅前バス停(東急ストア前)に向かう。このように,大倉山駅前バス停には,改札正面側と東急ストア前のどちらにも新横浜駅行きのバスがやってくる。

171224-171507
 横浜大倉山郵便局の前から大倉山駅方向を見る。

171224-171550
 歩き煙草の爺さん。

171224-171857
 レモンロード商店街を大倉山駅方向に引き返す。

171224-171911
 レモンロード商店街。

171224-172221
 東急東横線大倉山駅。

171224-172536

171224-172620
 この奥にらーめん「シゲトミ」があるので行ってみようと思ったが,ちょうど41系統鶴見駅西口行きのバスがやってきたので思わずバスに乗り込んでしまった……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

大倉山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市中原区宮内から武蔵小杉へ

171224151546

川崎市中原区宮内から武蔵小杉へ


171224-124613
 川崎市中原区宮内の公園に咲いていたサザンカ(山茶花)。花に詳しくないので,見た目でツバキ(椿)との違いはわからないが,周囲に花びらが落ちていたのでサザンカだと判断。ツバキは「首が落ちる」のが武士に嫌われたという話があるように,花が丸ごともげるように落ちるからね。

 阿木燿子作詞,宇崎竜童作曲の『寒椿』という山口百恵の曲の歌詞でもツバキは……

 渡る風も冬の色 白い息で
 寒椿の枝を揺さぶります
 そのたびごと震えては
 重い花びら 持て余すのか
 身を投げる人のよう
 枯れる前に落ちて沈んだ花一輪
 冷たい池の水に沈んだ花一輪

と歌われる。

171224-151453
 中原区宮内の交差点。

 奥に見えるビルは富士通川崎工場の本館。私が富士通勤務だった頃に建った20階建てのビルで,当時は技術新棟と呼んでいた記憶がある。その北側には昔「中○○棟」と呼ばれていた古い建物(半導体部門が入っていたはず)を壊した広大な土地が更地のまま残っていて,何度か新しいビルを建てる計画も出ては消えしている。

 早くから本社ビルが超高層ビルの「NECスーパータワー」になったり,中原に近い向河原の玉川事業場にも高層ビルが建った日本電気の経営が厳しい状況なのを考えると,富士通の新棟建築計画が進まないのも理解できる。

171224-151546
 府中街道(国道409号線)の宮内交差点。

171224-151725
 宮内バス停で武蔵小杉駅行きのバスを待つ。

171224-152359
 バスに乗り,先頭かぶりつき席に座る。宮内交差点で溝の口駅方面のバスとすれ違う。溝の口駅行きのバスは混雑しており,すぐ後ろにも次のバスが続いている。宮内から小杉に向かうか,溝の口に向かうか迷ったが,小杉に決めて正解だったかも。

171224-152433
 宮内の次の薬師前バス停付近までくると武蔵小杉の高層ビル群が見えてくる。

 薬師前バス停近くには常楽寺まんが寺がある。「まんが」と言ってもいわゆるコミックではなく,世相などを描いた風刺漫画が多く,昔の住職が漫画好きで,たくさんの漫画家が作品を持参したものらしい。常楽寺自体は川崎市の重要史跡にもなっている。

171224-152708
 小杉御殿町の市営等々力グランド入口バス停付近。タワークレーンのある工事中の高層ビルは,パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデン・タワーズ・ウエスト……かな。

171224-152845
 小杉御殿町二丁目バス停。写真左のマンション「ジオ・イニシア武蔵小杉」のところには,以前は東急バス川崎営業所があり,バス停名も「川崎営業所」だった。溝の口〜東横線小杉〜川崎駅西口のバスは,ここで乗務員が交代したり,時間調整していたと記憶している。

000129163634
 2000年1月29日に撮影した川崎営業所の写真。

171224-155109
 武蔵小杉駅北口に到着。

171224-155247
 武蔵小杉駅北口のバスターミナル。正面の小杉ビルディング本館や写真右側の青っぽい鏡面の武蔵小杉タワープレイスは以前は武蔵小杉でも高いビルだったが,すっかり高さが目立たなくなっている。

171224-155338

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溝の口駅西口商店街に寄り道

171224115429edit

溝の口駅西口商店街に寄り道


 溝の口で乗り換える際にちょっと時間があったので,溝の口駅西口商店街に寄り道した。

171224-114950
「お買物は皆様の店 溝の口駅西口商店街」と書かれた商店街アーチ。

171224-115009
 溝の口駅西口商店街の東西2カ所に三叉路があり,ここは東側の三叉路。

171224-115052
 東の三叉路から東側の東急田園都市線溝の口駅を見る。

171224-115136
 溝の口駅西口商店街に残るアーケード部分。すぐ横にJR南武線の線路がある。

171224-115159
 溝の口駅西口商店街の横を走る南武線の電車。

171224-115230
 溝の口駅方向を振り返る。高架になっているのが東急田園都市線溝の口駅。JR南武線の武蔵溝ノ口駅は地上にある(橋上駅)。

171224-115257
 大衆酒場,立呑み屋が並ぶ。

171224-115310

171224-115345
 古本の明誠書店。

171224-115410
 焼鳥かとりや。

171224-115429
 餅菓子の玉川堂。

171224-115448
 溝の口駅西口商店街の西側の三叉路。

171224-115508

171224-115546
 溝の口駅西口商店街の西の三叉路から東側を振り返る。

171224-115603
 西の三叉路。商店街と南武線の線路の間に暗渠化された水路があることがわかる。

171224-115640
 溝の口ドカンドカン酒場。

171224-115705
 三叉路を横切る暗渠。

171224-115741
 バー「時代屋 Old Oak」。

171224-115758

171224-115815
 雪すし。

171224-115848
 三叉路に戻り……

171224-115949
 最近の電車の型式はよくわからないが,電車が走ってくると撮らずにいられない。

171224-120020
 溝の口駅西口商店街の西の三叉路の西側を見る。

171224-120056
 溝の口駅西口商店街のアーケードを抜ける。

171224-120104
 南武線の踏切。

171224-120355
 串焼「いろは」の看板の横を南武線の電車が走る。

171224-120522
 バスの発車時刻が近づいたので,北口バスターミナルに戻る。

171224-120739
 急いでいるのに,電車が走ってくる音が聞こえるとカメラを構えてしまう。

171224-120752

171224-120816

171224-120844

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

【関連記事】
2015年10月10日 (土曜日):立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街
2013年4月13日 (土曜日):立飲み屋街に変貌する溝の口駅西口商店街
2006年7月22日 (土曜日):梅雨明けを待つ溝の口
2004年1月25日 (日曜日):溝の口駅西口商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日曜日)

茅ヶ崎から相模線に乗り海老名経由で帰る

171217151038edit

茅ヶ崎から相模線に乗り海老名経由で帰る


 茅ヶ崎からの帰路。茅ケ崎駅から東海道線の上り電車に乗ればすぐだが,ホームに停まっている相模線の電車を見たら無性に乗りたくなってしまった。

171217-142958
 茅ケ崎駅のホームに停車している相模線橋本行きの電車。

 学生時代に乗った相模線は,外吊り扉のキハ35系ディーゼルカーが走る赤字ローカル線で,まだ西寒川支線も残っていた。それが単線とは言え電化され,運転本数も増加。沿線の人口も増え,今では見違えるような路線となっている。

171217-143821
 のんびりした相模線の車内で幸せな気分になる。

 どうやって帰ろう。
 厚木〜小田急線〜相模大野〜小田急江ノ島線〜湘南台〜上永谷……
 JR海老名〜相鉄海老名〜大和〜小田急江ノ島線〜湘南台〜上永谷……
 橋本〜横浜線〜東神奈川〜……そりゃ遠回りすぎる。
 JR海老名〜相鉄海老名〜二俣川〜湘南台〜上永谷…なら座れそうだし,良さそうだ。

171217-150736
 JR海老名駅に到着。相鉄線に乗り換える。

171217-150814
 JR海老名駅と小田急・相鉄海老名駅を結ぶ新自由通路。

171217-150844
 2017年6月にはまだ工事中だったところが,「ViNA GARDENS TERRACE(ビナ・ガーデンズ・テラス)」としてオープンしている。約1か月前の2017年11月15日に開業したようだ。

171217-150923
 カフェやバル,飲食店を中心にした20数店舗が入る「ViNA GARDENS TERRACE(ビナ・ガーデンズ・テラス)」。

171217-151020

171217-151111
 ViNA GARDENS TERRACEの前の新自由通路を挟んだ向かい側には,まだ広大な空き地が残っている。2019年10月竣工予定の地上31階建て「リーフィアタワー海老名アクロスコート」をはじめとして,合計6棟の高層ビルの建築が計画されている。

171217-151323
 ViNA GARDENS TERRACEを小田急・相鉄海老名駅側から見る。

171217-151422
 小田急線の海老名駅。

171217-151815
 相鉄線の海老名駅ホーム。約10年前にホームが拡幅され,ゆったりとしたホームになった(これでも朝のラッシュ時は混雑するのだろうけど)。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

茅ヶ崎〜海老名〜二俣川〜湘南台

【関連記事】
2005年6月12日 (日曜日):歴史と文化が息づくまち 海老名を訪ねる
2017年6月 4日 (日曜日):悠久の歴史を持つ新しい街 海老名駅界隈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂丘の大地がさ 気になるじゃん 茅ヶ崎

171217141452edit_tonemappededit

砂丘の大地がさ 気になるじゃん 茅ヶ崎


 約10年ぶりに茅ケ崎駅の北口側の商店街を歩く(2008年に茅ケ崎駅北口側を歩いたときの記事は『砂混じりの茅ヶ崎北口 じゃりじゃり』)。

171217-121651
 大船駅から東海道線小田原行きに乗り,茅ケ崎駅で下車。駅ビル「茅ヶ崎ラスカ」のある北口を出る。

171217-121749

171217-121845
 JR茅ケ崎駅北口と駅ビル「茅ヶ崎ラスカ」。

171217-121903
 茅ケ崎駅北口のペデストリアンデッキ。

171217-122028
 茅ヶ崎ラスカと茅ケ崎駅北口のバスロータリー。

171217-122046
 イトーヨーカドー茅ヶ崎店。

171217-122100
 茅ケ崎駅北口のペデストリアンデッキ。

171217-122146

171217-122230
 イトーヨーカドー茅ヶ崎店とちがさきパーキングを結ぶ連絡通路。

171217-122258
 茅ヶ崎市市制施行70周年「まだ70年、これからも進化する茅ヶ崎!」という幟が立っている。

171217-122420
 茅ケ崎駅北口の駅前通り。写真左はヤマダ電機テックランド・ダイクマ茅ヶ崎店。

171217-122553

171217-122827
 企業専用バス停に湯快爽快ちがさきの無料送迎バスが停車している。

171217-122933
 茅ヶ崎元町商店街。写真左は「えきちか横丁」。

171217-123006
 えきちか横丁の入口から東側の一里塚通り方向を見る。

171217-123021
 アントニ・ガウディも,日本のパチンコ屋の名前に自分の名が使われるようになるとは思わなかっただろう。

171217-123204
 茅ヶ崎元町商店街のえきちか横丁。

171217-123325
 えきちか横丁の割烹寿し「魚重」。

171217-123346
 茅ヶ崎元町商店街のメインストリートと思われる通り。茅ケ崎駅北バス停付近。

171217-123402
 茅ヶ崎元町商店街。ラーメン松壱家がある。

171217-123501
 茅ヶ崎元町商店街から西側の駅前通り方向を見る。

171217-123704
 一里塚通り。

171217-123801
 一里塚通りの茅ケ崎駅方向を見る。このあたり,ヘアサロンがとても多い。

171217-123910
 茅ヶ崎元町商店街。一里塚通りから駅前通り方向を見る。

171217-123958
 茅ヶ崎元町商店街。

171217-124152
 和菓子の村田屋。

171217-124218

171217-124459
 えきちか横丁を通り,北側のラーメン横丁へ。飲食店がズラッと並ぶほど密集しているわけではないが,日比力食堂をはじめとして中華料理店が多い。

171217-124528
 ラーメン横丁。

171217-124653
 ラーメン横丁の東側を振り返る。

171217-124723
 茅ケ崎駅北口駅前通りに出てイトーヨーカドー茅ヶ崎店を見上げる。

171217-124745
 茅ケ崎駅北口方向を見る。

171217-124822
 駅前通りを北へ。

171217-124852
 ラーメン横丁の一本北側の通りを駅前通りから見る。○○○横丁が複数並んでいる元町の一郭だが,この通りには特に名称が付いていないようだ。

171217-124911
 駅前通りを振り返るとヤマダ電機テックランド・ダイクマ茅ヶ崎店の鏡のようなファサードが見える。

171217-124955
 ラーメン横丁の一本北側の通り。横丁が並ぶこの一帯も茅ヶ崎元町商店街である。

171217-125316
 横丁の並びの東側を南北に貫く通り。

171217-125522
 寄り道横丁を西へ。

171217-125622
 寄り道横丁の東側を振り返る。

171217-125631
 大衆酒場・からあげセンター加納「からセン」。

171217-125754
 直火式自家焙煎珈琲豆「湘南珈琲」茅ヶ崎北口店。

171217-125850
 アジアン横丁のワインとごはん「IWASAKI」。しゃれた感じの飲食店が集まっている。

171217-125951
 アジアン横丁の湘南サンゴ食堂。

171217-130208
 美とグルメ横丁。

171217-130252
 茅ヶ崎元町商店街の「美とグルメ横丁」。濃厚鶏白湯らーめん「チキン野郎」や茅ヶ崎「ひだまり食堂」が並ぶ。

171217-130401
 国道1号線(旧東海道)の茅ヶ崎駅前交差点の地下連絡通路入口と「美とグルメ横丁」の一本北側の通りの入口。BAR「DÃO」。「SELENE」は月周回衛星「かぐや」のことではなさそう。

171217-130442
 国道1号線(旧東海道)。茅ケ崎中央病院が建て替えのために解体されている。

171217-130453
 国道1号線(旧東海道)の茅ケ崎駅前交差点。

171217-130502
 茅ケ崎駅前交差点の地下連絡通路入口。

171217-130537
 茅ケ崎駅前交差点の地下連絡通路。

171217-130823
 イトーヨーカドー茅ヶ崎店とヤマダ電機の間の歩行者用道路。時間指定で車両進入禁止になるのではなく,許可車のみが入れるタイプの歩行者専用道路だ。

171217-130841
 ヤマダ電機テックランド・ダイクマ茅ヶ崎店。

171217-130928
 イトーヨーカドー茅ヶ崎店の前にバス停がある。バス停名を探したが,どうやら「7」というバス停らしい。正式には「茅ケ崎駅北口7番のりば」かな。文教大学行きのバスが午前8時台に平日9本,土曜日に8本発車するだけ。日中と日曜日のバスはない。

171217-131140
 イトーヨーカドー茅ヶ崎店。

171217-131201
 ここは歩行者用道路になっているが,西側にヤマダ電機の駐車場があるため,車が駐車場に出入りする部分は歩行者通行禁止になっている。

171217-131323
 歩行者用道路に「車両進入禁止」の看板と「車両に注意!!」の看板が並ぶ。

171217-131500
 茅ヶ崎銀座商店街のエメロード茅ヶ崎から国道1号線に続く通り。突き当たりは茅ヶ崎ショッピングセンター。

171217-131744
 ダイソー茅ヶ崎店が入るビル。

171217-131854

171217-131945
 らうめん「風見鶏」。三角屋根の上に風見鶏がある。長崎ちゃんぽんリンガーハットっぽいが,関係はなさそうだ。

171217-132007
 茅ヶ崎珈琲倶楽部。ビルに足場が組まれているが通常通り営業中。

171217-132058
 突き当たりは茅ヶ崎ショッピングセンター。

171217-132345
 植岩園店頭の湘南クッキーの自販機。平塚・茅ヶ崎・藤沢あたりでよく見かけるクッキーの自販機だ。

171217-132520
 茅ヶ崎ショッピングセンターとエメロード。

171217-132612
 エメロード茅ヶ崎(茅ヶ崎銀座商店街)の茅ケ崎駅方向を見る。写真右が茅ヶ崎ショッピングセンター。

171217-132641
 茅ヶ崎ショッピングセンターの中央にはビル裏手の厳島神社の前に続く通路がある。

171217-132703
 茅ヶ崎銀座商店街エメロード茅ヶ崎の西側を見る。

171217-132808
 茅ヶ崎銀座商店街エメロードの東側,茅ケ崎駅方向を見る。

171217-132829
 茅ヶ崎銀座商店街エメロード茅ヶ崎。駅から西方向への一方通行になっている。

 茅ヶ崎は東海道の藤沢宿と平塚宿の間にある間の宿だった。現在茅ヶ崎茶屋町郵便局がある南湖一丁目あたり(茶屋町)が間の宿の中心だったようだ。
 1898年(明治31年)に東海道線の茅ケ崎駅が開業し,東海道の南湖に近い十間坂交差点から茅ケ崎駅に向かって延びた道路沿いに市街地が形成し,新町と名づけられた。昭和初期には茅ヶ崎町の中心だった南湖の茶屋町よりも新町のほうが大きくなる。
 茅崎村の東海道沿いの古い集落は,現在の本村交差点付近の本村と南湖のふたつに分かれており,東海道線茅ケ崎駅はそのふたつの集落の中間付近に設置されたわけだが,駅ができたことによってできた新しい町「新町」が現在では市の中心となっている(現在の新栄町)。

171217-132849
 エメロード茅ヶ崎のスギ薬局。

171217-132923
 茅ヶ崎銀座商店街エメロードを西へ。写真右はエメラルドプラザ。

171217-132951
 エメロード茅ヶ崎を西へ。

171217-133027
 エメロード茅ヶ崎の東側を振り返る。

171217-133226
 エメロード茅ヶ崎の十一屋水澤酒店。1953年(昭和28年)の建築。酒好きには有名な店らしい。

171217-133246

171217-133303

171217-133341
 茅ヶ崎エメロードの十一屋水澤酒店。

171217-133413
 茅ヶ崎銀座商店街エメロード。

171217-133454
 茅ヶ崎エメロードを西へ。

171217-133600
 落書きだらけの壁。

171217-133612

171217-133814
 くつのカタオカの前からエメロード茅ヶ崎の東側を振り返る。

171217-134024
 エメロード茅ヶ崎を西へ。

171217-134113

171217-134259
 フレッシュフルーツ八百秀商店の前からエメロード茅ヶ崎の西端を見る。

171217-134347
 エメロード茅ヶ崎の西端,旧東海道(国道1号線)の十間坂交差点。

171217-134347拡大
 十間坂交差点。「じっけんざか」と読むのかと思ったら「Jukkenzaka」となっている。十個,十回,十戒……の読みは,じゅっこ,じゅっかい,じゅっかいではなく,じっこ,じっかい,じっかい……だと思うのだが……

171217-134443
 十間坂交差点の横には湘南クッキーの自販機が並ぶ店がある。

 このまま旧東海道を茶屋町郵便局のあたりまで歩いてみるつもりだったが,身体の具合が完調ではなかったので,このへんで引き返すことにする。

171217-134514
 エメロード茅ヶ崎を引き返す。閉店したモンテヤマザキ。

171217-134843
 エメロード茅ヶ崎のくつのカタオカの前から東側を見る。

171217-134928

171217-134946

171217-135020
 十一屋水澤酒店。

171217-135105
 十一屋水澤酒店の前の郵便ポスト。

171217-135222

171217-135402
 茅ヶ崎ショッピングセンターの中央の連絡通路。

171217-135434
 茅ケ崎ショッピングセンター1Fの土士田(としだ)漬物店。

171217-135446
 茅ヶ崎ショッピングセンターは15店舗の商店で構成されている。

171217-135500
 茅ヶ崎ショッピングセンターの通路を南へ抜ける。

171217-135549
 南側から茅ヶ崎ショッピングセンターを振り返る。

171217-135648
 厳島神社(嚴島神社)。市杵島姫命,田心姫命,湍津姫命を祀り,地元では弁天様と呼ばれるらしい。

171217-135800
 厳島神社(嚴島神社)。

171217-135922
 厳島神社の前から茅ケ崎駅方向を見る。

171217-140100
 厳島神社の横から十一屋水澤酒店の横に続く路地。数軒の飲食店が並ぶ。

171217-140136
 厳島神社方向を振り返る。

171217-140153
 路地からエメロード茅ヶ崎との交差点を見る。エメロードの北側にビルが並ぶ。

171217-140500
 厳島神社の前を茅ケ崎駅方向に戻り,エメロード茅ヶ崎の入口となる交差点へ。

171217-140742

171217-140858
 茅ヶ崎銀座商店街エメロード茅ヶ崎。

171217-140920
 エメロード茅ヶ崎の茅ヶ崎ショッピングセンターの前。

171217-141220
 茅ヶ崎銀座商店街エメロード茅ヶ崎。

171217-141323
 エメロード茅ヶ崎の東端は茅ケ崎駅北口の駅前ロータリーに続いている。

171217-141408
 茅ヶ崎銀座商店街エメロード茅ヶ崎にはチェーン店がズラリと並ぶ。

171217-141516
 エメロード茅ヶ崎。

171217-141547
 長谷川書店。こういう町の本屋さんが健在なのはすばらしい。

171217-141702
 茅ケ崎駅北口のペデストリアンデッキ。

171217-141749
 茅ケ崎駅北口の前からエメロード茅ヶ崎を振り返る。

171217-141839
 茅ケ崎駅北口のペデストリアンデッキが長谷川書店のビルに直結している。小田原駅前のペデストリアンデッキは,なぜこれができなかったのだろう。

171217-141944
 茅ケ崎駅北口。「憲法違反の戦争法廃止」「戦争させない」などと書かれた横断幕を持ったデモが駅前に近づいてきていたので,巻き込まれないように駅ビル「ラスカ」の中へ……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

茅ヶ崎_2017年12月17日

【関連記事】
2008年6月15日 (日曜日):砂混じりの茅ヶ崎北口 じゃりじゃり
2007年12月16日 (日曜日):砂混じりの茅ヶ崎南口
2014年7月13日 (日曜日):砂混じりの茅ヶ崎海側徒歩5分日当たり良好

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日曜日)

横浜「狸小路」に寄ってからバスで帰る

171203180348_tonemapped

横浜「狸小路」に寄ってからバスで帰る


171203-174427
 横浜元町からの帰り,元町・中華街駅からみなとみらい線の電車に乗り,横浜駅で下車する。

 横浜駅で市営地下鉄に乗り換えれば,そのまま最寄り駅までたどり着ける。しかし,体調が良くないので,ずっと立ったままなのは辛い。目を血走らせてわずかな空席を探せば座れるかもしれないが,わずかながらも矜持を持っているのでそれはできない。横浜駅東口から最寄り駅近くまでバスに乗って帰ることにする。

171203-180207
 横浜駅のきた西口を出る。目の前に首都高速神奈川1号横羽線・神奈川2号三ツ沢線の高架橋がそびえる。

 それにしてもこのきた西口という表示が気に入らない。北西口と書くと「ほくせいぐち」と誤読されるから,あえてきた西口にしているのだろうか。漢字かな交じり文が基本になる日本語で,簡単な漢字をひらがな表記にするのはかえってわかりにくいと思い,わざと「 」をつけずに書いてみたがどうだろう。英語のように分かち書きをしろということだろうか。“横浜駅の きた西口を 出る”……のように。

171203-180234
 横浜駅西口の路地に……

171203-180256
 小さな飲食店が十数軒並ぶ横丁「狸小路」がある。

171203-180315
 最近どこでも見るようになった「昭和レトロ風」ではなく,本物のレトロである。

171203-180324
 狸小路。すぐ横には横浜プリンス会館がそびえる。

171203-180401
 昭和の初めまでは帷子川・新田間川河口の内海(袖ヶ浦)だったところが埋め立てられ,工場や油槽所があったところに新しい横浜駅ができて,あっという間に市街地化したのが横浜駅西口である。終戦後,帷子川 or 新田間川の派川が運河のようになっていたところが埋め立てられ,駅周辺の屋台などが移ってきたのが狸小路の始まりだとか。

171203-180420
 東側の入口を振り返る。そういえば“狸小路”という呼び方は,北海道出身だった「豚の味珍(まいちん)」の初代オーナーが札幌の狸小路をまねてつけたという話をどこかで読んだ記憶がある。

171203-180624
 逆“く”の字型に曲がっている狸小路の横浜モアーズ側を見る。

171203-180637
 狸小路。

171203-180709
 おでん・やきとり「はな家」。「豚の味珍」や「はな家」,「お加代」など店が変わらないのは固定客が多いからかもしれない。「豚の味珍」は狸小路の中に複数店舗あるし,「お加代」も

171203-180735
 狸小路の横浜モアーズ側の入口。ラーメン「マリモ」がある。名前がマリモだけあって,コーンが入った札幌系のラーメンが食べられる。最近旅をしていないので,狸小路で味噌バターラーメンを食べて北海道気分を味わう。ちなみに,私は札幌ラーメンを食べ慣れていないので,本場の味に近いのかどうかはわからない。

171203-180901
 横浜モアーズの裏側。チェーン店の飲食店がズラリと並ぶ。

171203-182536
 横浜駅きた西口へ。横浜駅のきた通路を通って東口バスターミナルに向かう。

171203-183853
 横浜駅東口バスターミナル。ここを頻繁に利用する人間ではないので,経路が非常にわかりにくく感じた。各地で町歩きをしていて道に迷った経験はほとんどないが,東口バスターミナルへの案内図には地図の基本中の基本である“方位”が書かれておらず,かといって上側が北になっていることもなく,まるでダメ。ここで迷っている観光客は多いだろうと思われる。

171203-183901
 利用する人が少ないバス停でバスを待つ。待っているのは横浜市営地下鉄1号線とほぼ同じ経路を走るバスである。平日や日中の利用者はずっと多いはずだ。東口バスターミナルの案内板がヒドかったので,バスの利用者が少ないのは案内板のせいではないかと思えてきた……(あくまで気がしただけ)

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

横浜狸小路_2017年12月3日

【関連記事】
2010年9月11日 (土曜日):横浜駅西口といえば狸小路と跨線橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のサンタとハーレー 横浜元町商店街

171203170017edit

緑のサンタとハーレー 横浜元町商店街


 今日は横浜のルーツともいえる横浜元町を歩く。

 ペリー提督が率いる黒船が浦賀沖に来航,動揺した江戸幕府はすったもんだの末に横浜村に横浜港を整備して貿易を開始。その際,半農半漁だった横浜村の村民が強制移転させられたのが横浜本村(横浜市旭区の本村町は無関係)である。横浜本村は1860年(万延元年)2月に横浜元町と地名を変え,その後は山下町や山手居留地に住む外国人を相手に商業が盛んになっていったという。
 そのような起源を持つ商店街だけに,元町は現在でもエキゾチックな香りの残るショッピングストリートとなっている。

171203-143556
 桜木町から磯子行きの京浜東北線・根岸線電車に乗り,石川町駅で下車する。みなとみらい線の元町・中華街駅に対抗するためか,「石川町(元町・中華街)駅」というように副名称がつけられている。
 石川町駅のホームは中村川にまたがるように設置されていて,川の北側の左岸に中華街口(北口),南側の右岸に元町口(南口)がある。

171203-144338
 元町口を出る。石川町駅の元町口では何かの工事中。

171203-144348
 石川町駅前,石川町二丁目の「ひらがな商店街」。タクシーがズラリと並んでいるはずのタクシーのりばにタクシーが一台もない。

 商店街の名称の由来をググると,“子供たちでも読めるようにと「ひらがな商店街」と名づけた”という情報が見つかるが,何か情報がひとつ抜けているように感じる。子供たちでも読めるように○○○をひらがなにしたことから「ひらがな商店街」と呼ばれた,というような話の肝心のところが抜けている。子供たちでも読めるようにするなら,「いしかわ商店街」でも「いしかわちょうえきまえ商店街」でもいいはず。

171203-144531
 元町通りから石川町駅前郵便局のある大丸谷坂へ。坂の上には山手イタリア山庭園がある。

171203-144606
 石川町二丁目のひらがな商店街。

171203-144645
 ひらがな商店街と根岸線石川町駅。

171203-144703
 ひらがな商店街。個性的な物販店が多い。

171203-144818
 ひらがな商店街を東へ。ここは石川町一丁目のリセンヌ小路に続いている。

171203-144918
 石川町一丁目と二丁目の境界のリセンヌ小路を南へ。ちなみに,石川町駅の案内板には「リセンヌ小径 Lyceenne-komichi St.」と書かれていたが,商店街のバナーフラッグは「リセンヌ小路」となっている。小路の読み方は,“こうじ”,“しょうじ”……いろいろあるけど,ここは「リセンヌこみち」。

171203-145030
 石川壱町内会館の横のカーブ。

171203-145202
 石川壱町内会館の前のカーブ。古い石垣の上を通るのが大丸谷坂。ほんの少し北にある石川町駅前郵便局のところでは今歩いている道路と同じ高さだったので,大丸谷坂がいかに急な坂道かがわかる。

171203-145305
 赤い幾何学模様風のファサードは「section.ex」。“エクステ”専門店らしい。田舎育ちのおっさんなので,“エクステ”がよくわからないけど……

171203-145323
 MACCORURIと書かれたヤカンの看板が下がるKOREAN DINING「DUCKTAILS」。リセンヌ小路にはちょっと変わった感じの店が多い。

171203-145437

171203-145458
 英国旗がひるがえる。「ANDRIY ISHCHAK」という名のART STUDIOらしい。よくわからないのでググってみたら,ウクライナのギリシアカトリック教会の司祭で,1941年にソビエト兵によって殺害された殉教者であるらしい。知識不足のため,英国旗との関係は不明。

171203-145623
 細い裏路地を通ってリセンヌ小路のメインストリートに抜ける(通れるのかどうか不安になる)……

171203-145742
 石川町一丁目のリセンヌ小路のメインストリートへ。

171203-145841
 焼肉ホルモン居酒屋「ひょうたん」,SELECT SHOP「CICOLA」の前からリセンヌ小路の東側を見る。

171203-145932
 豚骨醤油「俺ん家」の看板が目立つ中華そば「旭」(居抜きなのかな),味処「日浦屋」の前からリセンヌ小路の東側を見る。

171203-145954
 リセンヌ小路の西端の商店街アーチから先は石川町二丁目のひらがな商店街となる。

171203-150218
 中村川沿いのひらがな商店街へ。

171203-150256
 中村川沿いのひらがな商店街。奥に見える高架橋は根岸線の石川町駅ホーム。

171203-150352
 石川町二丁目の石川商店街「アイキャナルストリート」。石川町付近は街と港を結ぶ運河交通の要として賑わったことから,商店街名に「キャナル」を入れたようだ。中村川から分岐して,滝頭・磯子の根岸湾まで人工河川の堀割川を作ってしまうほどだから,明治時代の運河を使った水運・舟運はさぞかし賑わったのだろう。

171203-150426
 買い物客で賑わう石川町二丁目の石川商店街「アイキャナルストリート」。

171203-150633
 石川商店街「アイキャナルストリート」から石川町駅方向を振り返る。

171203-150754
 石川商店街「アイキャナルストリート」を東へ。

171203-151036
 歩道の上にビルの2階部分がせり出している。

171203-151141
 本牧通り(横浜市道関内本牧線)の元町交差点が見えてきた。

171203-151157
 元町交差点の手前の南側にアイキャナルストリートとリセンヌ小路を結ぶ路地がある。

171203-151209
 元町交差点の手前から石川商店街「アイキャナルストリート」の西側を振り返る。

171203-151236
 アイキャナルストリートとリセンヌ小路を結ぶ路地に入る。

171203-151305
 北側のアイキャナルストリートを振り返る。

171203-151325
 リセンヌ小路の居酒屋「凡凡」と手打ちそば「花潮(かちょう)」。

171203-151334
 元町五丁目東交差点。かつて横浜市電(本牧線)が走っていた本牧通りを抜けると,リセンヌ小路から元町クラフトマンシップ・ストリートとなる。

171203-151500
 リセンヌ小路の西側を振り返る。

171203-151626
 リセンヌ小路の東端の元町五丁目東交差点交差点を見る。手打ちそば「花潮」の手前は「SAGAN」という店。フランソワーズ・サガンだろうか,カール・セーガンだろうか。はたまたサガン鳥栖だろうか……

171203-151716
 リセンヌ小路のさらに南側の路地へ。

171203-151744
 路地からリセンヌ小路を振り返る。

171203-151820
 雑然とした路地にしゃれたワイン・バー「UGAN(右岸)」があったりする。“ワイン飲まずして 人生語る ことなかれ”と書かれている。残念ながら主治医から禁酒を言いつけられているので,人生は語らない。

 ところで,このワイン・バー「UGAN(右岸)」は確かに中村川の右岸にある。地形へのこだわりがあるのかな。
 リセンヌ小路の「SAGAN」が『悲しみよこんにちは』のフランソワーズ・サガンやカール・セーガンとは無関係であり,「SAGAN(=左岸)」で姉妹店か何かだったりすると,中村川やら地形やらは特に関係ないことになる。さてどっちだろう。

171203-151930
 本牧通り(横浜市道関内本牧線)に出る。角には小さな洋品雑貨店「voyage」。“ネットにもモールにも出店しないので,この土地ならではの品揃えになってきました”と書かれていて,ちょっとしゃれている。

171203-152008
 本牧通りの歩道の上に雁木風の屋根がある。

171203-152034
 本牧通りの山手トンネル方向を見る。横浜らしいバタ臭い感じのピザ屋さん「045 Pizza MYRO」がある。店頭でピザがくるくる回っていて面白い。カット売りしているので,そりゃ買い食いせずにはいられない。

171203-152101
 歩道の上に屋根があるのはたこ焼「池田屋」。

171203-152120
 大阪伝統の味 たこ焼「池田屋」。大阪の人はたこ焼やお好み焼きの焼き方にこだわるからなぁ……

171203-152148
 本牧通りの元町五丁目東交差点。

171203-152224
 本牧通りの元町五丁目東交差点。リセンヌ小路の東端の商店街アーチがある。

171203-152341
 元町五丁目東交差点から山手トンネル(山手隧道)方向を振り返る。

171203-152501
 元町バス停。ここに横浜市電の元町電停があったのかと思うと感慨深い。

171203-152626
 本牧通りの第二山手隧道。元は横浜市電の麦田トンネル(本牧隧道)で,市電が廃止されて道路トンネルになったときに第二山手隧道となった。

 トンネルの上にチラリと見える学校の校舎に「中央大学」と書かれている。中央大学に横浜キャンパスがあるのかと思ったらそうではなくて,横浜山手女子高・中学校が2010年に中央大学の系属校化して中央大学横浜山手中学校・高等学校に改称したため,校舎に「中央大学」という文字が入ったようだ。

 2013年には中央大学附属横浜中学校・高等学校に再度校名変更して横浜市都筑区牛久保に移転し,男女共学化。

 横浜の山手町の中心に校舎がある女子校で,目の前には山手教会,周囲には山手公園や山手イタリア山庭園,フェリス女学院大学,元町公園,港の見える丘公園,坂を下りれば元町ショッピングストリート……というアイデンティティとでもいうべきものをすべて手放したことになり,当時の在校生ばかりか同校の卒業生はさぞかし驚いたことだろう。

171203-153015
 元町五丁目東交差点を渡り,リセンヌ小路側を振り返る。

171203-153110
 たこ焼「池田屋」のところの歩道の屋根を撮っておきたかったが,手前を走る車がいなくなるのを待った瞬間に,池田屋の前に路上駐車の車が停まってしまった。しかもこの運転手さんは,近くで買物をするわけでもなく,ずっと運転席に座ったまま……

171203-153138
 元町五丁目東交差点から本牧通りの元町交差点・西之橋方向を見る。中村川はここ西之橋付近で大岡川派川(現在は埋め立てられている)と合流し,堀川と名を変える。

171203-153147
 山手トンネル入口交差点。写真右が山手トンネル(山手隧道),左が第二山手トンネル。

171203-153241
 ギャラリー元町の前。

171203-153321
 元町バス停を振り返る。

171203-153416
 ギャラリー元町の前。

171203-153454
 山手トンネル入口交差点まで広い歩道が付いている。

171203153454
 広い歩道の横の石垣にキツネの顔のようなものが付いている。何だろう,これ……

171203-153514
 山手トンネル入口交差点から元町交差点方向を振り返る。

171203-153549
 第二山手トンネル(元の本牧隧道・麦田トンネル)は横浜市電専用のトンネルだった。

171203-153611
 元町バス停を発車した横浜市営バス105系統本牧市民公園行きのバス。

171203-153728
 たこ焼「池田屋」の前にはさっきの車が停まったままだ。10分以上待ったが,残念ながらあきらめる。

171203-153829
 本牧通りの元町五丁目東交差点から元町商店街「元町クラフトマンシップ・ストリート(元町仲通り)」へ。

171203-153853
 元町五丁目東交差点。広い道路に路上駐車の車があると安心するのだろうか,次から次に路上駐車の車が増えてしまった。

171203-153923
 元町五丁目の「元町クラフトマンシップ・ストリート」の元町仲通りを東へ。

171203-154150
 元町クラフトマンシップ・ストリートの元町仲通り。東から西への一方通行になっている。

171203-154410
 元町クラフトマンシップ・ストリートの元町通りを東へ歩く。

171203-154511
 元町クラフトマンシップ・ストリートの厳島神社前の四ツ辻。四ツ辻の東側は元町四丁目となる。

171203-154735
 元町クラフトマンシップ・ストリート元町仲通りの元町四丁目側から元町五丁目側を振り返る。

171203-154847
 元町厳島神社。鳥居の額束の額には「厳嶋神社」と書かれている。今から約700年前から元横浜洲干島に鎮座していた清水弁天・洲干弁天を元禄年間に合祀したのが起源らしい。

 ホッと「こめや」はおにぎり屋さん。元々は米屋だったようだ。

171203-154931
 元町厳島神社の前から元町通り「元町ショッピングストリート」へ。

171203-154953
 元町通り「元町ショッピングストリート」へ。

171203-155037
 元町商店街のメインストリート,元町通り「元町ショッピングストリート」の元町五丁目側。ハーレーダビッドソンが並んでいる。

171203-155146
 元町商店街のメインストリート,元町通り「元町ショッピングストリート」の元町四丁目側。こっちにもハーレーダビッドソンが並んでいる。クリスマスを前にして何かのイベントが行われているようだ。

171203-155202

171203-155333

『元町トゥインクルクリスマス2017』イベントの一環として,元町にグリーンのサンタと50台のハーレーが集結するというイベントだった。

横浜元町グリーンのサンタ

171203-155438
 元町ショッピングストリート。

171203-155545
 元町ショッピングストリートに集結した50台のハーレー。壮観である。

171203-155834
 元町ショッピングストリート。

171203-155905
 元町ショッピングストリート。

171203-155924
 グリーンのサンタが乗車し,エンジンが掛かる。16時に一斉に走り出すようだ。時刻は15時59分……


 α7R IIIで撮影した動画。撮り慣れないこともあるが,動画はやっぱり難しい。

171203-160337
 ハーレーが走り去って,静かになった元町ショッピングストリート。元町四丁目と元町三丁目の境界となる交差点。山側は汐汲坂に続いている。

171203-160405
 元町ショッピングストリートの元町四丁目側を振り返る。夕日がまぶしい。

171203-160532
 元町ショッピングストリート。

171203-160617
 元町ショッピングストリートの元町三丁目側。

171203-160658
 元町ショッピングストリートから汐汲坂へ。まずは元町仲通りの元町クラフトマンシップ・ストリートとの四ツ辻がある。

171203-160834
 元町クラフトマンシップ・ストリートの元町仲通り。歩行者天国になっている元町ショッピングストリートと違い,一方通行とはいえ車が通る。

171203-160928
 汐汲坂のポンパドゥルの前から元町仲通りの四ツ辻を振り返る。

171203-161000
 汐汲坂。写真右は横浜学園附元町幼稚園。汐汲坂を登り切ると山手本通りの汐汲坂交差点となりフェリス女学院高校がある。

171203-161101
 汐汲坂。坂道を登るのが苦手なので,急坂となる前に引き返す。

171203-161332
 元町仲通りと汐汲坂の交差点。ZARA横浜元町店の裏側。

171203-161616
 元町ショッピングストリートに戻るとイベントのテント撤収中。

171203-161648
 元町ショッピングストリート。賑わいのある商店街である。同じ横浜市内の賑わう商店街でも,洪福寺松原商店街や横浜橋通商店街とは客層がずいぶん違っている。

171203-161729
 日没時刻が近づき,イルミネーションの光が目立つようになると,街の雰囲気が変わってくる。

171203-161827
 元町ショッピングストリート。

171203-161910
 元町ショッピングストリート。

171203-162030
 もうすぐ日没。夕日がとてもきれいなのだが,商店街を撮るのが目的なので,商店街の露出を暗く潰したりしない。

171203-162158
 元町ショッピングストリートの元町三丁目と元町二丁目の間の交差点と元町プラザの前の見尻坂の交差点には,昔から交通整理や道案内をする制服姿の女性(元町ライトフェニックス)が立っている。

171203-162409
 元町ライトフェニックスの女性にはフェリス女学院大学の学生が多いらしい。この交差点は前田橋交差点から堀川を渡って元町仲通りに抜ける車があるため,交通整理が必要なのだと思われる。

171203-162502
 前田橋側から元町ショッピングストリートを見る。突き当たりの元町クラフトマンシップ・ストリートに霧笛楼の看板が見える。昔はこの突き当たりの崖に浅間神社に続く元町百段と呼ばれる真っ直ぐの長い階段があって,そこからの眺めは絶景だったらしいが,関東大震災で崖もろとも崩落してしまったという。

171203-162530
 堀川に架かる前田橋。橋を渡ると横浜中華街の朱雀門がある。

171203-162630
 横浜中華街の朱雀門。

171203-162923
 元町ショッピングストリートに戻る。

171203-163041
 午後4時半,日没。

171203-163121
 突き当たりが元町仲通り「元町クラフトマンシップ・ストリート」。

171203-163232
 元町仲通りの調剤薬局★ステラ。『星影のステラ (Stella by Starlight) 』のメロディが頭の中に浮かぶ。もちろんマイルズのトランペット……

171203-163331
 元町クラフトマンシップ・ストリートから前田橋方向を見る。

171203-163501
 元町クラフトマンシップ・ストリート。

171203-163546
 横濱元町霧笛楼。

171203-163604
 元町クラフトマンシップ・ストリート。

171203-163738
 代官坂・百段坂。

171203-163749
 代官坂から元町仲通り・元町ショッピングストリートを見る。

171203-163928
 代官坂の登り口にある和菓子「香炉庵」。

171203-164038
 元町ショッピングストリートに戻る。

171203-164118
 元町ショッピングストリート。STAR JEWELRYのファサードには早くも大きな袋を持ったサンタクロースが複数名……

171203-164136

171203-164240
 代官坂に続くこの交差点には元町ライトフェニックスの女性達ではなく,おっさんの交通整理員が立っていた。

171203-164424
 元町ショッピングストリートから代官橋方向へ。

171203-164542
 代官橋から堀川沿いの河岸通りを見る。

 代官橋は昭和58年の高速道路建設時に元町と山下町・中華街とを結ぶ橋として地域の要望により架けられた橋で,橋の袂に「やさしい心でお渡り下さい(元町自治運営会)」とのコメントが掲示されている。

171203-164712
 元町ショッピングストリートに戻る。マジックアワー(マジックタイム)となり,どのように撮ってもきれいな写真となる。カメラの設定を地味な発色に設定しているので,マジックアワーの雰囲気はあまり感じられないかもしれない。

171203-164735
 マジックアワーの元町ショッピングストリート。

171203-164753
 暗くなって,イルミネーションが輝き出す。

171203-164829

171203-164924
 日没から20分程度で,あっという間にマジックアワーが終わってしまう。

171203-165115
 元町ショッピングストリートの夕間暮れ。

171203-165139
 元町プラザの前の交差点が見えてきた。

171203-165232
 元町クラフトマンシップ・ストリートに続く路地を入る。

171203-165256
 元町クラフトマンシップ・ストリートの「GREEN THUMB」。何の店かわからなかったのでよく見たら,“魔女とハーブの店”と書いてあった。ハーブと魔女の専門店らしい。えっ魔女のせ・ん・も・ん?

171203-165402
 元町クラフトマンシップ・ストリートの見尻坂方向を見る。元町クラフトマンシップ・ストリートというより,やっぱり元町仲通りのほうがしっくりくる。

171203-165440
 元町仲通りのダイニングバー「#15」。

171203-165459
 元町仲通り。

171203-165615
 魔女とハーブの店「GREEN THUMB」の前。

171203-165843
 路地を進めば横浜外国人墓地。魔女がいてもおかしくない……?

171203-165956
 元町仲通りの「KITCHEN JO'S 洋食屋」。

171203-170017
 元町仲通り。

171203-170315
 元町プラザの前の大きなハイヒール。

171203-170354
 元町プラザの前から見尻坂方向を見る。見尻坂は外人墓地や横浜地方気象台に続く坂道で,前の人の尻を見ながら歩くほど急坂であることから名づけられたという。

171203-170459
 元町プラザの前から元町ショッピングストリートを見る。

171203-170537
 谷戸橋の南詰方向を見ると元町ショッピングストリートの商店街アーチ「フェニックスアーチ」が見える。写真右が元町プラザ,左がラビモトマチ。

171203-170650
 元町プラザの前の交差点にも元町ライトフェニックスの女性が立っている。

171203-170913
 元町プラザは昔からある複合商業施設で,近年各地にできているショッピングモールのように大きくはないが,元町商店街のシンボル的な商業施設である。

171203-171203
 元町商店街のシンボル「フェニックスアーチ」。

171203-171355
 元町商店街のシンボル「フェニックスアーチ」。

171203-172434
 元町入口交差点のフランス橋から上ってきたのはスーパームーン。

 フランス橋から港の見える丘公園まで上ってスーパームーンを見てみようかとも思ったが,どうせ公園はカップルばかりで月を見ても楽しくなさそうだし,学生時代に好きだった女の子と何回目かのデートではるばる港の見える丘公園までやってきたときに,「大佛次郎」がわからず,とても恥ずかしかった記憶が鮮やかに蘇る予感がして足がすくんだ。

171203-173453
 まだ午後5時前だが,体調も良くなく,疲れてきたので,みなとみらい線の元町・中華街駅から電車に乗って帰ることにする。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

横浜元町商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土曜日)

野暮用ついでに大船で α7R III の試し撮り

171202184955edit

野暮用ついでに大船で α7R III の試し撮り


 SONY α7R III (ILCE-7RM3) を入手してから初めての週末。大船で野暮用があったので,バッグにα7R IIIを入れてゆき,行き帰りに大船の街を撮影する。

171202-155436
 大船駅東口前の県道203号大船停車場矢部線と旧松竹通りの交差点。大船商栄会商店街。

171202-155455
 大船駅東口前のマクドナルド跡地。跡地にどんな店ができるのかが気になるところ。

171202-155518
 ルミネウィングの横,JR大船駅と湘南モノレール大船駅・大船駅東口交通広場を結ぶデッキと大船駅前商店街。

171202-155540
 県道301号線大船停車場線の大船駅前商店街から東に延びる通り(りそな銀行通り)。旧松竹通りは駅前から東側方向への一方通行であるため,この通りを使って東側から駅前に向かって車も多い。

171202-155628
 大船駅東口前の交差点を振り返る。

171202-155649
 ルミネウィング東側の大船駅前商店街。

171202-155727
 ルミネウィング(写真右)と大船駅前商店街。ルミネウィングの奥が湘南モノレールの大船駅。

171202-155805
 大船駅前商店街。田園薬局や文具店「上州屋(上州屋紙文具店)」がある。

171202-155842
 ルミネウィング南側にある湘南モノレール大船駅。

171202-155858
 湘南モノレール江の島線の大船駅。懸垂式(サフェージュ式)のモノレールである。

171202-155912

171202-155958
 湘南モノレール大船駅の前の大船駅前商店街。路地を入ると大船仲通商店街となる。

171202-160006
 湘南モノレール大船駅前の大船駅前商店街に並ぶ飲食店ビル。

171202-160038
 湘南モノレール大船駅の券売機。

171202-160329
 大船駅東口交通広場の上を走る湘南モノレール江の島線。

171202-160400
 大船駅東口交通広場の東側の大船駅前商店街。

171202-160435
 北側の大船ルミネウィングのほうを振り返る。

171202-160454

171202-160721
 富士見町駅に向かって走り去る湘南モノレール。

171202-160824

171202-160854
 大船ルミネウィングと湘南モノレール大船駅。

171202-161031
 大船のシンボル,「大船観音」と湘南モノレール。

171202-161510
 湘南モノレール江の島線。

171202-161535
 大船駅東口交通広場交差点の上空を走る湘南モノレール江の島線。

171202-183735
 野暮用を終え,再び大船駅東口前の大船商栄会商店街の旧松竹通り。

171202-183837
 空にはほぼ満月の月が出ている。明日か明後日には満月になりそう。月との距離が近いためか,普段よりもだいぶ大きい。

171202-183900
 大船駅東口前の横断歩道を渡り,駅の側を振り返る。駅ビル大船ルミネウィングに「ザ・ガーデン自由が丘」「成城石井」の垂れ幕が下がる。100年後に偶然この写真が発見されたときに,「ここはどこでしょう?」というのが難問になりそうだ。

171202-184008
 旧松竹通りを東へ。SoftBankとauが並ぶ。

171202-184044
 サカナとさかなは魚で肴の観音食堂。

171202-184327
 仲通りの大船商栄会商店街。

171202-184342
 観音食堂の前から仲通りの北側を見る。

171202-184410
 観音食堂・魚廣の前から仲通りの南側を見る。次の交差点から南側が大船仲通商店街となる。

171202-184452
 観音食堂・魚廣の前から仲通りの北側を見る。人通りが多く,人の顔がアップで写らないような瞬間を狙って,やっとシャッターを切っている。

171202-184633
 大船商栄会商店街と大船仲通商店街の境界となる四ツ辻。りそな銀行通りと仲通りが交差する。ここから南側が大船仲通商店街となる。

171202-184658
 りそな銀行通りから大船ルミネウィングを見る。「りそな銀行通り」や「旧松竹通り」の名称は,大船商店街/仲通商店街・駅前商店街・商栄会商店街のWebページの記述を使用している。一般的に広く使用されているかどうかはわからない。

171202-184801
 四ツ辻からりそな銀行通りの東側を見る。写真奥右側にりそな銀行大船支店がある。

171202-184841
 大船仲通商店街を南へ。

171202-184955
 大船仲通商店街。老舗の鎌倉飯店と昨年できた大船ホルモンセンターが向かい合う。

171202-185009
 大船ホルモンセンター。ホルモン激戦区?の大船での商戦がますます加熱しそう。

171202-185046
「串かつでんがな」も数年前にできた新しい店。最近はいろいろなところで店舗を見かける。急速な勢いで出店しているらしい。

171202-185153
 大船仲通商店街を南へ。

171202-185248
 飲み屋が並ぶ路地に入る。

171202-185353
 大船仲通商店街の横丁。河合プラザなどの飲み屋ビルもある。

171202-185434
 仲通り方向を振り返る。

171202-185520
 飲み屋が並ぶ路地を抜けると湘南一番街に突き当たる。

171202-185540
 大船仲通商店街の飲み屋街。突き当たりは湘南一番街。

171202-185620

171202-185643
 居酒屋「たはら」。店頭のメニューを見たら,馬刺し・牛たん刺し・赤鶏たたき・クジラ刺身(赤身・尾身)……旨そう。

171202-185907
 湘南一番街。

171202-185945
 湘南一番街。つけめん「KOKORO」は人気の店。店の外に行列がなかったので,空いてたら入ろうと思ったが,さすがに席が埋まってた。混雑が苦手なので,ぎっしり満員ではなくても両隣が埋まっているカウンターには座れない……

171202-185958
 湘南一番街。遠目にも,大船ジンギスカンには大行列が見える。相変わらず凄い。おかげで10年ぐらい店に入ったことがない。

171202-190047
 大船市場の前。

171202-190128
 湘南一番街のカーブ。地図を見ても,この一郭だけ街路がズレていて,ここのカーブや街路ができた理由がよくわからない。不自然なカーブがあることや,大船市場の前から南側に暗渠の水路が延びていることから,ここに四角形の池か何かがあったんじゃないかと妄想したりしてみた。ただし,古い地形図を見てもそんな池はなさそうに思える。

171202-190224
 湘南一番街。昼カラオケ「聖子ちゃん」が目立っている。ここのお客さんはネット検索とは無縁かもしれないが,とてもインパクトのある店名「聖子ちゃん」でも,ネットで検索すると本家「松田聖子ちゃん」に埋もれてしまう気がする。

171202-190248
 湘南一番街から仲通りに続く大船名店センター横の路地。

171202-190308
 湘南一番街を振り返る。

171202-190337
「ひととき」といえば,百恵ちゃんの『美・サイレント』の歌詞……♫あなたの○○○○がほしいのです〜 生きてる(ひととき?)が見たいから〜を思い出す。

171202-190349
 大船名店センター。

171202-190436
 飲み屋街を仲通り方向へ歩く。

171202-190455
 濃ゆい店が並ぶ。

171202-190526
 大船仲通商店街の飲み屋街。

171202-190544
 大船おでんセンター。

171202-190607
 昌和ビルには立ち飲み屋「ヒグラシ文庫」やカレーの「ちぃりんご」が入っている。

171202-190638
 昌和ビルの前から路地の東側を振り返る。

171202-190654
 突き当たりが仲通り。

171202-190718
 大船仲通商店街。やきとり道場「さくら」の前から北側を見る。

171202-190749
 飲み屋ビル「Vicolo」。1階部分が大船仲通商店街と大船駅前商店街を結ぶ通路になっている。はなまるうどんが入っているスペースはなかなかテナントが定着せず,少し前までは餃子店で,その前はパスタ屋だった。さて今度はどうなるだろう……

171202-190803
 飲み屋ビル「Vicolo」の前から大船仲通商店街の南側を見る。

171202-190827
 はなまるうどん横の通路を通って大船駅前商店街側に抜ける。

171202-191048
 大船駅前商店街のとんかつ「花むら」の前から大船駅東口交通広場交差点方向を見る。

171202-191345
 大船駅東口交通の前をぐるりと廻って再び大船仲通商店街へ。青果「八百義」「ふじの」,生花「田野井」などが集まって市場風になって賑わう一郭は,店がすでに閉店時間になり,寂しくなっていた。

171202-191444
 大船仲通商店街で最も賑わう四ツ辻の一郭は,鮮魚「三和商店」の跡地。しばらくシューズショップになっていたが,建物の建て替え工事が始まっていた。さて,次は何の店が入るのだろう。商店街の賑わいに影響する一角なので,とても気になる。

171202-191457
 大船仲通商店街の四ツ辻から北側を見る。

171202-191520
 大船仲通商店街の四ツ辻から南側を見る。いつもショーウィンドウにウェディングドレスが展示されていたブライダルファッション市川の跡地が「日高屋」になっていた。

171202-191601
 大船仲通商店街の四ツ辻から東へ。大船的な市場風の一郭の横に,場違いな感じの「ヴィレッジカフェ」があったりするのも,また大船らしい。

171202-191620
 四ツ辻を振り返る。

171202-191639
 ヴィレッジカフェの前から東側を見る。鶏肉専門店「鳥恵」と居酒屋「鳥恵」が並ぶ。

171202-191654
 居酒屋「鳥恵」は人気店。鶏肉専門店直営で店名も「鳥恵」なのに,魚の刺身のレベルが高い店。昔は職場の飲み会などでよく利用したが,最近はなかなか予約も取れないようだ。

171202-192116
 湘南モノレール大船駅前の大船駅前商店街。飲み屋ビルが並ぶ。

171202-192150
 大船駅前商店街の文具店「上州屋(上州屋紙文具店)」。

171202-192230
 湘南モノレール大船駅の下の大船駅東口交通広場タクシーのりば。

171202-192309
 大船駅東口交通広場のバスのりば。商店街側からバスのりばに行くには,遠回りして一旦ペデストリアンデッキに上って降りるか,周辺をぐるりと廻る必要があるため,写真の男性のように(写真と撮っている側から)横断禁止のところを通る人が多くなる。根本的に,徒歩の利用者に遠回りを強制させるような設計は間違っていると思う。

171202-192503
 大船ルミネウィングの横を通って大船駅前へ。

171202-192546

171202-192608
 りそな銀行通り。

171202-192617

171202-192735
 大船駅東口前の県道203号大船停車場矢部線と旧松竹通りの交差点。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »