« チョイト一杯のつもりで寄って… 小田原 | トップページ | 酒の交わい下手なあなた 平和島の今朝 »

2017年11月24日 (金曜日)

燗は人肌 呑み干す酒と 燻らす煙草 秦野

171124164254edit

燗は人肌 呑み干す酒と 燻らす煙草 秦野


 秦野の街を歩くつもりが,ほんのちょっとのつもりで立ち寄った小田原駅周辺を見て回るのに時間が掛かり,小田急線の電車に乗って小田原を出たのが午後3時半過ぎになってしまった。日が短い季節,秦野をまともに見て回ることはできるのだろうか……

171124-160754
 秦野駅で下車。時刻は午後4時を過ぎていた。秦野駅のコンコースには小田急線開業90周年記念の横断幕が掲げられている。

 秦野駅が平成になる前は「大秦野」駅だったことはよく知られている。

 開業90周年ということからわかるように小田急線の開業は意外に遅く,小田急より前に二宮と秦野を結ぶ湘南軌道(湘南馬車鉄道)が既に秦野町の中心部にまで乗り入れ,先に「秦野駅」が設置されていた(元NTT秦野営業所ビルのドコモショップ秦野中央店のところ)。秦野町の隣村だった南秦野村に設置された小田急の駅には別の駅名が付けられることになったのだった。

 興味深いのは,現在の秦野市の中心となった秦野町は曽屋村・上大槻村などが一緒になってできた町であり,もともと「秦野」という地名ではなかったことだ。曽屋村の中心部は現在住居表示がなされて本町・栄町・元町などなっているものの,大ざっぱにいえば秦野市の中心=曽屋村の中心である。毎月1日・10日・20日の3回市が開かれたことから十日市場とも呼ばれていたらしい。

 曽屋村(十日市場・秦野町)の周囲には東秦野村・西秦野村・南秦野村・北秦野村,そして足柄下郡の上秦野村があった。秦野という町が先にあったのではなく,もともと秦野盆地全体が「秦野」と呼ばれ,曽屋を中心にしてそれらが集まって秦野市となったことがとても興味深い。分水嶺を挟んでの合併のように,生活も文化も異なる地域がまとまるのではなく(合併してもあれこれまとまらないことが多い),秦野市はまとまるべくしてまとまった都市だといえる。「大秦野」という駅名にそれが見てとれる気がする。

171124-160858
 秦野市の中心市街地がある秦野駅北口を出る。

171124-161054
 秦野駅前にあった大秦ショッピングセンターの建て替え工事が行われている。地上10階建てのビルになるらしい。

171124-161125
 秦野駅北口の階段。

171124-161210
 小田急秦野駅北口に隣接する小田急マルシェ秦野。

171124-161228
 グランドホテル神奈中・秦野と北口のバスターミナル。

171124-161358
 秦野駅北口のペデストリアンデッキを下りて地上へ。

171124-161422
 秦野駅を振り返る。

171124-161535
 秦野駅北口のすぐ前を流れる水無川に架かる「まほろば大橋」。中央部に高さ約10mの時計塔がある。

171124-161553
 まほろば大橋から水無川の上流側を見る。秦野からは丹沢の山並みがきれいに見える。

171124-161614
 まほろば大橋から秦野駅方向を振り返る。

171124-161649
 まほろば大橋から水無川の下流方向を見る。

 明治から昭和初期の地形図を見ると,丹沢山地から秦野盆地に流れ出てからの水無川には流路が描かれておらず,その名の通り「水無」川だったようだ。その後,盆地に増えた工場や住宅からの排水(地下からくみ上げた水)によって水が流れるようになったという。

 水無川は約1.5kmほど下流の室川橋付近で金目川に合流し,平塚市に入って渋田川と合流して花水川と名を変えて相模湾に注いでいる。

171124-162517
 まほろば大橋を渡る。

171124-162616
 まほろば大橋を渡り,駅前通り商店街の弘法坂へ。駅前通り商店街の西側(写真左側)が本町一丁目,東側が本町二丁目になる。道路の拡幅が行われており,もう少し早く訪問すれば全然違った風景が見られたことだろう。

171124-162817
 弘法坂をのぼり,駅前通り(昭南道路)とひがしみちの交差点へ。

171124-162840
 弘法坂を登り切ったところに弘法坂立ち呑みと“おうちダイニング”「菘(すずな)」がある。

171124-162903
 駅前通り(昭南道路)とひがしみちの交差点。

171124-162944
 ひがしみち(駅前通り商店街)。

171124-162955
 駅前通りとひがしみちの交差点を振り返る。

171124-163131
 駅前通り商店街を北へ。

171124-163156
 弘法坂の上から秦野駅前を見る。

171124-163225
 弘法坂を拡幅しているということは,ここの駅前通り商店街も一掃しようとする計画なのかな。自動車が通過するだけの道路にしても,町に賑わいは戻ってこないと思うのだが,人口17万人弱の都市の表玄関として駅周辺の道路事情は明らかに貧弱ではある。

171124-163307
 駅前通り商店街を北へ。突き当たりは片町通り交差点。

171124-163321
 駅前通り商店街から弘法坂方向を振り返る。

171124-163358
 駅前通り商店街(昭南道路)。本町二丁目側は商店がぎっしり並んでいるが,本町一丁目側は歯抜けになっているところが多い。

171124-163548
 駅前通り商店街。スズセイスポーツの店頭には柔道着が展示してある。

171124-163653
 片町通り交差点。

171124-163703
 片町通り交差点から駅前通り商店街を振り返る。

171124-163726
 片町通り交差点の喫茶店「ポージィ」と秦野駅前郵便局。

171124-163804
 片町通り交差点の喫茶店「ポージィ」。

171124-163811
 片町通り交差点から駅前通り商店街(昭南道路)を振り返る。

171124-163827
 片町通り。お買物の散歩道「片町第一商店街」。片町通りの片町通り交差点から本町四ツ角交差点周辺が秦野の中心商店街だと思われるが,商店街としての色合いが薄れつつあるように見える。

171124-163959
 近代建築風の「ますや」。陶磁器の店だったらしい。石造りのように見えるが,これが看板建築だとすると,それはそれで超絶技巧だと思う。

171124-164018
 片町通りの片町第一商店街。原写真商会。

171124-164027
 おおつ写真店・浦川屋人形店・へあーでざいん「くしだ」の並びが魅力的だ。

171124-164205
 近代建築風の「ますや」。

171124-164254
 片町通り。片町通りの南西側は本町一丁目・本町二丁目,北東側(写真正面)は本町三丁目になる。

171124-164411
 片町通りから本町一丁目側へ入る。

171124-164518
 本町一丁目のカトリック秦野教会の裏あたり。このあたりも駅前通り商店街になる。

171124-164538
 夕空に三日月。

171124-164641
 ひがしみちとの交差点。肉バル「アルタモーダ」。alta-moda かと思いきや,看板は Al-tamo-da という区切り。どういう意味になるのだろう?

171124-164730
 ひがしみちの駅前通り商店街。手元にある地図に「ひがしみち」の表記があるので,本記事でもそれを使っているが,正しいかどうかは不明だ。

171124-164740
 片町通り方向を振り返る。

171124-164815
 街路灯に「かみじゅく」と書かれている。県道704号秦野停車場線の本町四ツ角交差点から秦野橋(秦野橋北側交差点)の上宿通りのある本町上宿地区では,「本町上宿まちづくり協議会」を設立して統一感のあるまちづくりを進めており,この街路灯の「かみじゅく」もその一環ではないかと思われる。

 県道704号秦野停車場線は,本町四ツ角交差点〜秦野橋北側交差点が上宿,はだのこども館入り口交差点付近(マルハン秦野元町店付近)が仲宿,イオン秦野店の入口付近から北側が下宿となっており,バス停名にその名を残している。

 同じ秦野市内の数km北西にある東田原・西田原地区には,富士道と大山道の追分があり(道標に「富士・大山」と記されている),上宿と下宿があった。しかもこちらの上宿・下宿は地名として残っている。意外にまぎらわしいかも……

171124-164908
「かみじゅく」と書かれたひがしみちを西へ。

171124-165116
 市川履物店の前。突き当たりが上宿通り(県道704号線)。

171124-165140
 ひがしみちの東側を振り返る。カフェー「天一」。唄って飲める店……

171124-165154
 カフェー「天一」の横に秦野駅への近道となりそうな路地がある。

171124-165743
 片町通りに戻る。

171124-165852
 片町通り。本町四ツ角交差点の案内板があり,松田・菩提・伊勢原を示している。ちょうどそのすぐ横には家庭金物・荒物雑貨「ぼだいや」がある。

171124-170006
 ぼだいや荒物店と太洋堂製パン。

171124-170057
 本町四ツ角交差点。秦野市の中心市街地の中心である。

 さらに先,栄町や寿町も歩いてみたかったが,午後5時を過ぎ,すっかり暗くなってしまった。予備バッテリーを持ってこなかったα7Sのバッテリーも終了間近で,コンパクトデジカメのRX100M3では暗くなってから撮るのは難しいので,このへんで秦野駅に引き返すことにする。

171124-170209
 本町四ツ角交差点のすぐ横の上宿通り。村松衣裳店とフルーツショップ「ヤナギヤ」の間の路地も魅力的だが,ここもまたの機会の楽しみとして取っておくことにする。

171124-170220
 本町四ツ角交差点のすぐ横なので,目の前に車が停まらない瞬間を待つのは大変だと思っていたら,偶然その瞬間が続いたのでここぞとばかりに撮影する。

171124-170355
 上宿通りを秦野駅に向かうバス。

171124-170408
 上宿通りのメガネのエドヤ。眼鏡店はファサードにメガネを強調した意匠が多く,街歩きをする人の目を癒やしてくれる。

171124-170511
 上宿通りのカトリック秦野教会。

171124-170525
 カトリック秦野教会の向かい側には上宿観音(白雲山上宿観音堂)がある。

171124-170641
 上宿通りバス停横の村山食品。

171124-170732
 上宿通りとひがしみちの交差点。肉のナカムラ,中村フードセンター。

171124-170829
 上宿通りとひがしみちの交差点のマルヤス。

171124-170849
 この交差点の西側の栄町の町並みも次の機会の楽しみにとっておく。
 そしてここでとうとうα7Sのバッテリーが終了。カメラをRX100M3にチェンジする。

171124-171135
 タケメガネ秦野店のファサードにもちゃんと眼鏡の意匠がある。

171124-171213
 上宿通りのゆるやかな上り坂を本町四ツ角交差点方向に向かう平塚駅行きのバス。秦野駅を出た平塚行きのバスが,なぜか平塚とは反対方向の本町四ツ角交差点方向(北側)に向かっている。これは興味深い。どうしてもこの平塚行きのバスに乗ってみたくなった。

171124-171307
 上宿通りの和田呉服店の店頭に並ぶ綿入れ半纏。寒い季節には最高なんだけど,大きなサイズはほとんど見かけないのが悲しいんだよね……

171124-171459
 秦野橋北側交差点の月島寿司とアヤベテーラー。

171124-171743
 秦野橋から水無川の上流側を見る。秦野橋北側交差点に向かって長い渋滞の列が続いている。秦野の道路事情はなかなか厳しいようだ。道路容量の少ない県道704号秦野停車場線の本町四ツ角交差点の先にイオン秦野店があるのもツラいところ(実情は知らないが)。大型のショッピングセンターなら,県道71号秦野二宮線沿いに作ってくれたほうが良かったのに,という道路行政関係者の声が聞こえてきそうだ。

171124-171819
 秦野橋から秦野橋北側交差点・上宿通りを振り返る。

171124-171935
 秦野橋南側交差点から県道704号秦野停車場線のまほろば大橋バス停・秦野駅方向を見る。

171124-172136
 今川町の魚政がある路地。奥の小田急線の踏切が鳴り始めた。

 ちょっと雰囲気のある路地なのだが,RX100M3はISO6400になり,とても写真とはいえない絵画のような(ほめているわけではない)JPEG画像を作り出した。

171124-173611
 秦野駅前の平塚駅行きのバスのりばへ。バスの発車時刻が近いのに一人しか待っていない,ように見える。

171124-173653
 平塚駅行きのバスに一人しか待っていないということはなく,なぜかそこから少し離れたところに行列ができていた。なぜこのような並び方になるのかは不明。バスは乗り方に「前乗り前払い」「前乗り後払い」「前乗り行先申告前払い」「後乗り後払い」……などいろいろあるように,行列の作り方にもいろいろある。いつも利用している人たちが,時間を掛けてそのやり方にしてきたのには,なにかしらの理由がある。とてもわかりにくいが,こういう場合は郷に入っては郷に従えが基本である。

 私なりにこの行列方法の理由を考えてみると,たぶん原因は東海大学・神奈川大学の学生だと思う。日中の利用客に学生が多く,各大学へのバスには長い行列ができるため,その行列がバスのりばの前の方に形成され,平塚行きのバスの利用客はいつもその後ろ側に行列を作るようになった,というのが私の推測だ。

171124-182244
 先頭かぶりつきの席に座る(残念ながら右側)。金目川の名の元になった南金目地区に「金目駅」というバス停がある。
 あれっ,ひょっとして湘南軌道の駅の名残かと瞬間的に思ったが,位置が違いすぎる。宿場町の宿駅がバス停名に使われるとは思えないし,国鉄バス時代の名残かな。バス会社が主要なバスのりばに切符売場を設けて「駅」としていたケースもあるので,その名残かもしれない。

171124-190436
 約1時間で平塚駅北口に到着。

171124-190525
 平塚駅北口の宝町商店街。

171124-190555
 平塚駅北口の宝町商店街。

171124-190737
 平塚駅の駅ビル「ラスカ平塚」の上にはきれいな三日月。平塚でゆったり晩飯を食べて帰ることにする

171124-201419
 電車で座りたいがために我先に乗車したり,一人分弱しか空いていない席に座るのは絶対に避けたいにもかかわらず,電車の中では人一倍座りたい私にとって,平塚駅始発の電車があるのはありがたい。そうでなければグリーン席に乗るところだった。

171124-201535
 平塚駅始発の湘南新宿ライン籠原行きの車内。電車はやっぱり空いている電車に限るわ〜

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

秦野

|

« チョイト一杯のつもりで寄って… 小田原 | トップページ | 酒の交わい下手なあなた 平和島の今朝 »

・14 神奈川県その他」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燗は人肌 呑み干す酒と 燻らす煙草 秦野:

« チョイト一杯のつもりで寄って… 小田原 | トップページ | 酒の交わい下手なあなた 平和島の今朝 »