« 夕暮れの大津漁港 京急大津 | トップページ | 東神奈川駅前の西神奈川一丁目を歩く »

2017年11月12日 (日曜日)

金沢文庫すずらん通り商店街~横浜市金沢区

171112141728edit

金沢文庫すずらん通り商店街~横浜市金沢区


 約6年半ぶりに金沢文庫の街を歩く。
 京急の金沢文庫駅はその名の通り日本最古の武家文庫である金沢文庫の流れをくむ神奈川県立金沢文庫(金沢北条氏の菩提寺称名寺)の最寄り駅であり,駅の周辺は横浜市金沢区で一番の繁華街になっている。
 金沢区の区役所も金沢文庫駅と金沢八景駅の中間にある。金沢文庫駅の周辺は金沢区の中心となる地域であると言える(もともとの金澤村の中心は金沢八景駅に近い州崎から町屋付近にあったと思われる)。

171112-140847
 上大岡から普通(各停)浦賀行きに乗り,金沢文庫駅で下車する。東口と西口があり,今まで降りたことのない西口側に出てみようかと思いつつ,商店街のある東口を出る。

171112-141129
 金沢文庫駅東口。西口側に比べると小さなバスのりばがある。駅前広場は小さく,バスが転回できるスペースがないため,線路の横を通って橋上駅の下を一度くぐり,駅の南側で転回してバスのりばに戻ってくる。

171112-141219
 金沢文庫駅東口を振り返る。

171112-141300
 金沢文庫タクシーのりば。以前は中にベンチが置いてあったが,現在は撤去されている。

171112-141316
 金沢文庫駅東口の駅前広場。

171112-141328
 駅前広場から横須賀街道(国道16号線)の金沢文庫駅前交差点方向を見る。

171112-141349

171112-141455

171112-141513
 金沢文庫駅東口の駅前広場からすずらん通り商店街を見る。

171112-141613
 金沢文庫すずらん通り商店街。

171112-141637
 金沢文庫タクシーのりばを振り返る。バスが今まさに駅の南側ある転回場に向かって走って行くところだった。

171112-141728
 金沢文庫すずらん通り商店街。金沢文庫駅のある横浜市金沢区谷津町に形成した商店街である。南の泥亀地区には金沢区役所(総合庁舎)や横浜金沢郵便局や病院・警察署などがあり,それらに行き来する人々の通り道にもなっている。

171112-141813
 すずらん通り商店会「Zoo かなざわどうぶつえん」のバナーフラッグが下がる。金沢区釜利谷町にある金沢自然公園とのタイアップ広告だ。駅から金沢動物園までは簡単に歩いて行ける距離ではなく,土日祝日のみ運行される金沢動物園行きのバスで約10分,平日だと動物園近くの夏山坂上までバスで約12分でそこから徒歩6分かかる。

 金沢自然公園の北には横浜市磯子区・港南区・栄区・金沢区の境界があり,横浜市で一番標高が高いと言われていた円海山がそびえる。そびえると言っても,高さは153.3mしかない。

 円海山の山頂は金沢区ではなく磯子区内にあって残念……と思いきや,近年の測量によって金沢区釜利谷町の大丸山のほうが標高が高いことが判明。さらに,鎌倉市の最高峰である大平山に続く栄区の尾根のほうが大丸山よりも標高が高いこともわかってしまい,横浜市内で一番標高が高いのは山ではなく「鎌倉市の大平山に続く栄区の尾根」という,まぎらわしい状況になっているらしい。

 ただ,国土地理院の地理院地図を見ると,大平山の山頂の「159」という数字や150mの等高線は鎌倉市と横浜市栄区にまたがって描かれているし,たとえ大平山の最高地点は鎌倉市側にあるとしても,横浜市内で一番標高が高いのは「栄区の大平山」としていいんじゃないかなと思う。
 ほら,静岡県の最高地点は富士山であり,山梨県の最高地点も富士山なんだし(富士山の山頂が山梨県と静岡県の境界未定地にあるという話は置いといて)。

171112-141907
 つけ麺「みなみ」,インドカレー&ナン「ニルヴァーナ」がある路地。

171112-141944
 緑化店舗。

171112-142037
 つけ麺「みなみ」がある路地。

171112-142134
 味処「石笑」。
 金沢文庫ふれあいすずらん商店街連合会による「商店街プロレス」のポスターがあった。観戦無料。“プロレス観るなら大日本! 買い物するなら商店街!!”

171112-142338
 金沢文庫ふれあい商店街を北へ歩き,駅前広場と横須賀街道を結ぶ駅前通りへ出る。金子果実店の前から駅前広場を見る。

171112-142528
 このあたりに停車場ならぬ「停者場」という飲み屋があったのだが……

171112-142701
 横須賀街道(国道16号線)から駅前広場にバスが入ってきた。

171112-142943
 京急バス文13系統の柴町行き。金沢文庫駅東口のバスのりばからは,海岸沿いの町や公園,工業団地に向かうバスが出ている。

171112-142957
 金子果実店の前から金沢文庫ふれあい商店街を見る。

171112-143227
 横須賀街道(国道16号線)の金沢文庫駅前交差点。

171112-143300
 金沢文庫駅前交差点から東口駅前広場を振り返る。

171112-143424
 金子果実店の前から北に延びる路地へ。路地の先に京急キッズランド金沢文庫保育園があるため,「幼児・児童に注意!」の看板が立っている。

171112-143610
 京急キッズランド金沢文庫保育園の前から金沢文庫駅方向を振り返る。

171112-144217

171112-144318
 金沢文庫駅東口の駅前広場へ。

171112-144402
 再びすずらん通り商店街へ。

171112-144543
 店頭がメニューで埋め尽くされている「地球食堂」。魚料理が中心で,アジフライがらみのメニューが多い。

171112-144732
 すずらん通り商店街。こぢんまりとした商店街である。

171112-144806
 すずらん通り商店街の北側を振り返る。

171112-144827
 ちよだ鮨。てっきり「ちよだずし」と読むのかと思ったら,ローマ字を見ると「ちよだすし」が正しいらしい。

171112-144939
 個人店が減り,チェーン店が増えたような気がする。

171112-145355
 東側のふれあい商店街に続く路地を入る。

 こんな感じで,携帯電話(スマートフォン)を見ながらじっと立っている人が増えた。以前なら,動いて立ち去るまで写真を撮るのをしばらく待ったりしていたが,最近はヘタすると10分ぐらい平気で動かないことも多いので,そのまま撮ってしまうことも多い。

171112-145457
 ゲームセンター「COSMO」の前から金沢文庫ふれあい商店街の北側を見る。

171112-145546
 金沢文庫ふれあい商店街の酒蔵「兄弟船」,酒処「石笑」……

171112-145804
 金沢文庫すずらん通り商店街に戻る。

171112-145843
 金沢文庫すずらん通り商店街。

171112-145915
 シャッターが閉じたままの個人店が多く,その中の一部がチェーン店になる,という感じかな……

171112-145931
 手羽先番長。無性に揚げた手羽先が喰いたくなることってあるよね。手羽先というと名古屋のイメージだけど,名古屋系のチェーン店かな。

171112-150020
 商店街から飲食店街へ変わりつつあるという見方もできそう。

171112-150133

171112-150233
 すずらん通り商店街の中央の丁字路。こちらのすずらん通り側は車両通行止めの歩行者天国なので,遠くから車がゆっくりと入ってきたときには,「あらあら間違って侵入してきちゃったのかな。すぐに気がついて引き返すだろうから撮るのを少し待とう」と考えた。車はできるだけ写らないように撮りたいし,人の顔がアップで写るのも避けたいのだ。

 ところが,残念ながらここで車を停めて,運転手はどこかへ行ってしまった。しかたなくそのまま撮影する。

171112-150319
 小さな商店街に物販の店が少なくなり飲食店街になっていくのは,今の時代は仕方のないことだと思う。

171112-150333

171112-150358
 丁字路の東側は金沢文庫ふれあい商店街となっている。

171112-150442
 東の谷津公園方向に向かう。

171112-150505
 金沢文庫すずらん通り商店街側を振り返る。

171112-150542
 金沢文庫ふれあい商店街,三崎直送まぐろの鮮魚料理「○京」。

171112-150624
 谷津公園の横の四ツ辻。

 このあたりの地名は谷津町。金沢文庫駅周辺は平坦なので,谷津という地名が少し不思議に感じられるが,少し北側の能見台寄りは宮川の支流が刻んだ谷戸になっていて,まさに地名通りの地形であることがわかる。

171112-150637
 谷津公園。

171112-150749
 谷津公園横の四ツ辻。

171112-150946
 そのまま横須賀街道(国道16号線)に抜ける。横須賀街道に斜めに合流する細い道は,もともとのメインストリート,金沢道(かなざわみち)であり,この細い道沿いがもともとの谷津の集落である(それ以外は田んぼだった)。港南区上大岡の関ノ下交差点で鎌倉街道から分岐し金澤村洲崎へ(さらに六浦陣屋まで)続くのが金沢道である。現在,その多くの部分は現在笹下釜利谷道路になっている。

171112-151205
 金沢文庫ふれあい商店街の谷津公園横に戻る。

171112-151712
 谷津公園の横からすずらん通りに続くふれあい商店街を西へ。

171112-151733
 うどん居酒屋「うどん屋番長」,一軒おいて隣には「製麺番長」がある。番長好きか……

171112-152049
 ふれあい商店街の東側を振り返る。

171112-152056
 金沢文庫ふれあい商店街を西へ。突き当たりがすずらん通り商店街。

171112-152137
 すずらん通り商店街の小田薬局が見えてきた。

171112-152209
 ふれあい商店街の東側を振り返る。

171112-152227
 小田薬局の一軒おいて隣には,くま薬局がある。小田薬局には「弐階 紅茶飲処」と書かれた看板がある。2階で紅茶が飲めるようだ。

171112-152257
 昔は餃子舗「佐野金」だったところが,ラーメン大津家になっている。大津「家」だから横浜家系ラーメンなのかな。大津という地名も地元っぽいし……あれっ,大津は地元横浜じゃなくて横須賀市大津かな?

171112-152310
 すずらん通りの先に見える高架橋は笹下釜利谷道路が京急本線を跨ぐ跨線橋である。

171112-152411
 くま薬局。

171112-152432
 笹下釜利谷道路の跨線橋の下へ。この高架下の「ふれあい広場」が商店街プロレスの会場となる。

171112-152514
 高架下から金沢文庫すずらん通り商店街を見る。からあげ割烹「福のから」は最近よく見かけるような気がする。と言っても,数か所で見ただけなので,あくまで私の印象。
 テイクアウトの店なのに「割烹」というのが気になって辞書を調べてしまった。割烹料理店などを利用する機会もなく,もっぱら(昔母が着ていた)割烹着になじみのある人間なので,からあげ割烹に違和感を感じるほうがおかしいのかもしれない。

171112-152642
 突然金沢区役所方面から駅に向かう人波があった。なにかのイベントが終わったという感じだった。圧倒的に中高生の男女が多いように感じた。人々の特徴や人が集まりそうな周辺施設・キャパシティなどから何のイベントなのかを推測してみたが,皆目見当がつかない。

171112-152727

171112-153153
 笹下釜利谷道路の高架下から京急本線の電車を見る。

171112-154152
 称名寺や神奈川県立金沢文庫のある市民の森の紅葉がきれいだという話を聞き,徒歩10〜15分ぐらいなので行ってみようと思っていたが,息切れがひどくて断念(腎臓病由来の貧血なんである)。金沢文庫駅に引き返す。

171112-154307
 中華料理「みなみ」の横の路上駐車がなくなっている。さすがに停めてから40分以上経っているから,まだ停まっていたらオカシイ。

171112-154317
 路上駐車がなくなり,撮りたくても撮れなかった写真を撮る。普通の人が見れば何の意味もない写真に見えるだろうけど,こういう写真を撮りたいがために,あるところでは5分も10分も待って撮り歩いている酔狂である。

171112-154357
 金沢文庫すずらん通り商店街。焼肉「京城苑」の前から商店街の南側を振り返る。

171112-154444

171112-154525
 名称不明の100円均一の店。「大人のキリンレモン」等が2本で100円ってのは安いね。上永谷のヨーカドーでは「大人のキリンレモン」自体売っていないし……

171112-154552
 おもちゃ屋の「遊とぴあ KOBAYASHI」。

171112-154832

171112-154914
 金沢文庫駅東口のフジヤ金物店の前まで戻ってきた。
 まだ午後4時にもなっていないが,調子が悪いのでこのまま帰ることにする。

── PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WR

金沢文庫

【関連記事】
2007年6月17日 (日曜日):金沢文庫すずらん通り商店街を歩く
2008年9月14日 (日曜日):(←かなざわ※んこ→)
2011年1月25日 (火曜日):粋な和文乞ひ願う 金沢文庫

|

« 夕暮れの大津漁港 京急大津 | トップページ | 東神奈川駅前の西神奈川一丁目を歩く »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

『酔狂』という言葉、響きが良くないのですが好奇心旺盛な意味なんですね!私に今一番必要としていることなのかもしれません。すずらん通りの佐野金さんなくなってしまいましたか。。。。入ったことないのですが。

投稿: ひろやん | 2018年2月 4日 (日曜日) 23時26分

 好奇心旺盛というより,もっとストレートに「物好き」ぐらいの意味で使っています。

投稿: 三日画師 | 2018年2月11日 (日曜日) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/66330955

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢文庫すずらん通り商店街~横浜市金沢区:

« 夕暮れの大津漁港 京急大津 | トップページ | 東神奈川駅前の西神奈川一丁目を歩く »