« 小さな秘密 郷里にて親密交会 横浜三ツ境 | トップページ | 高津一番街を歩く 川崎市高津区 »

2017年9月 3日 (日曜日)

「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街へ

170903154453_tonemapped

170903154427_tonemapped

「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街へ


 約10年ぶりに洪福寺松原商店街を歩く。横浜の三大商店街といえば横浜橋通商店街,六角橋商店街,そして「ハマのアメ横」とも呼ばれる洪福寺松原商店街。10年間でどのように変わったのか,あいかわらずの賑わいなのかを見るのが楽しみだ。
(約10年前の記事「洪福寺松原商店街から天王町へ」)

170903-142254
 相鉄の湘南台駅から横浜行きの各停に乗り,天王町駅で下車する。

 天王町駅は旧東海道と相鉄線が交差する場所にあり,旧東海道に平行する横浜環状1号線(横浜市道保土ヶ谷駅浅間線)と立体交差するために早い時期(1968年)に駅が高架化されている。近年になって天王町駅から和田町駅の東側までの区間で連続立体交差事業が行われており,天王町駅でも何らかの関連工事中である。

 古い地形図を見ていたら,1978年(昭和53年)発行の地理院地形図では駅名が「てんのうまち」,1986年(昭和61年)発行の地形図では「てんのうちょう」となっていた。単なる間違いか,それとも実際に「てんのうまち」だったことがあるのかは不明。

170903-142605
 天王町駅の高架下から北側の旧東海道(駅前通り)を見る。

170903-142704
 天王町駅北側の旧東海道。シルクロード天王町商店街。

170903-142738
 相鉄天王町駅北側の高架沿い。

170903-142811
 北側から天王町駅を見る。高架下を旧東海道が通っている。天王町駅付近からJR保土ヶ谷駅付近まで続くのが,かつての東海道程ヶ谷宿である。

170903-142918
 天王町駅前通り(旧東海道)のシルクロード天王町商店街を北へ。

170903-144941

170903-144954
 帷子川に架かる帷子橋に向かって上り坂になっている。帷子川の自然堤防が高くなっているのかと思いきや,戦前の地図で帷子川は天王町駅のすぐ南側を流れており,この先に帷子川はない。戦後,駅の北側を流れるように河川改修したときに,このなだらかな勾配を人工的に設けたようだ。

170903-145022
 帷子橋が見えてきた。

170903-145139
 本日の残業は当店で!!

170903-145216
 帷子橋の袂から相鉄天王町駅方向を振り返る。

170903-145231
 帷子川に架かる帷子橋。上に書いたように,ここが東海道だったころはここに橋はなく,天王町駅の南側に帷子橋があった。天王町駅前の跡地には帷子橋跡のモニュメントがあるという。

170903-145317
 帷子橋の上から天王町駅方向を振り返る。

170903-145430
 帷子橋北詰にある手打そば「伊豆庵」。

170903-145507
 ぱっと見に何の店かわからないのは,だいたいがパチンコ屋だ。今まで半世紀以上生きてきて,パチンコ屋とゲームセンターには一度も入ったことがないので,なにか得体の知れなさを感じる。

170903-145527
 シルクロード天王町商店街(旧東海道)を北へ。「シルクロード」の名のとおり,旧東海道に沿って形成した商店街ではなく,生糸の集散地だった八王子から町田を通り貿易港の横浜を結ぶ八王子街道は「絹の道」「日本のシルクロード」とも呼ばれていたことによる命名である。

170903-145723
 旧東海道と横浜水道道路(水道道)の交差点。天王町の西側,現在イオン天王町店や保土ヶ谷区役所等の官庁街やマンション群のあるところには,富士瓦斯紡績の巨大な保土ヶ谷工場があり,シルクロード天王町商店街は,もともとは東海道から富士瓦斯紡績工場の正門に続く表門通りとそれに並行する横浜水道道路に形成した商店街である。

170903-145735
 旧東海道と横浜水道道路の交差点から,北の江戸方向を見る。

170903-145756
 喫茶店「コロボックル」には食べもののメニューがズラリと並ぶ。

170903-145805
 喫茶店「コロボックル」の向かい側には橘樹神社(天王様)が鎮座する。大正時代に橘樹神社となる前は牛頭天王社,天王宮などと呼ばれ,天王町という地名の由来となった神社である。

170903-145831
 橘樹神社の鳥居と旧東海道。

170903-150013
 旧東海道と表門通りの交差点から表門通りの東側(環状1号線側)を見る。

170903-150115
 旧東海道を北へ。

170903-150159
 たこやきてるちゃん横の駐車場には「江戸方見附跡」の説明板がある。ここに東海道程ヶ谷宿の江戸方見附があったとされる。つまりここから南が程ヶ谷宿の「宿内(しゅくうち)」となる(上方見附は保土ケ谷町一丁目と二丁目の境の外川神社付近にあったという)。

170903-150328
 程ヶ谷宿の江戸方見附跡付近から西に入る。

170903-150416
 かつて天王町日用品市場が集合住宅に建て替えられていた。

080216164825
 これがかつての天王町日用品市場の写真(2008年2月16日撮影)。

170903-150450
 天王町日用品市場跡地の前の屋台屋「うるの」に大衆酒場ののれんが下がる。

170903-150833
 旧東海道に戻り,北へ。国道16号線(八王子街道)の松原商店街入口交差点が見えてきた。

170903-150941
 国道16号線(八王子街道)の松原商店街入口交差点。洪福寺松原商店街の商店街アーチがある。

170903-151051
 やすさ…来やすさ…と書かれた洪福寺松原商店街の商店街アーチ。

170903-151114
 洪福寺松原商店街の国道16号線側の入口にはダイソー横浜洪福寺松原店とハックドラッグ洪福寺松原店が向かい合う。

170903-151130
 松原商店街入口交差点を振り返る。日よけの傘が洪福寺松原商店街のシンボル的存在になっている。

170903-151145
 写真左が「まつばらセンター」。大型小売店のない洪福寺松原商店街の中核になっているマーケットである。

170903-151228
 まつばらセンターの旧東海道側の入口。

170903-151326

170903-151357
 テント屋根の上にどんどん積み上がる段ボールが商店街のシンボルにもなっている八百屋の外川商店。

170903-151440
 その向かいが茶・海苔「丸秀園」。

170903-151508
 旧東海道から宮田町公園に向かって商店街が延びる。写真左が「まつばらセンター」。

 とにかく商店街に買い物客が多い。こうやって写真を撮るのも,人並みが途切れる瞬間を待つのが大変だ。

170903-151535
 まつばらセンターの向かい側には UOKOH SUISAN®(魚幸水産)がある。

170903-151611
 京町屋食品本店。

170903-151653
 京町屋食品の向かい側にあるまつばらセンターにお菓子類が並ぶ。こちらの店も京町屋。

170903-151719
 その隣の惣菜店,ここも京町屋。京町屋は本店,菓子部,惣菜部の三つがあるらしい。

170903-151731
 京町屋食品惣菜店の前から東側を振り返る。

170903-151741
 京町屋食品惣菜部の前から西側を見る。うっかり二つ前の写真と同じ場所の写真になってしまったが,面倒なのでアップしたままにする(いかに選別作業をサボってブログにアップしているかがわかる)。

170903-151819
 とんかつ「かつ信」。店頭では焼豚や肉まんを売っている。

170903-151836
 シューズショップ「カメヤ」の前から西側を見る。

170903-151905
 エビスヤ青果店。

170903-151939
 キムチの冬伯の前から東側を振り返る。

170903-152022
 川根茶ののれんが下がる「身成園」。

170903-152128
 彩鮮市場。三浦半島産地直送がウリで,肉の晃進,長井水産,三浦の青果の三つの店が入っているようだ。

170903-152242
 彩鮮市場の前から東側を振り返る。

170903-152358
 いのまた陶器店の前から東側を見る。隣には道志村情報館,水カフェ「どうし」がある。山形県道志村の道志川は,横浜市の水道水の水源地のひとつである。道志村の面積の約36%は横浜市水道局水源涵養林として保全されている。将来,横浜市が周辺の町村と合併することがあるとしたら,たぶん相手は道志村だと思う。

170903-152427
 自然食品いな穂の隣が三角形の宮田町公園になっている。

170903-152612
 宮田町公園の前から洪福寺松原商店街を見る。

170903-152802
 洪福寺松原商店街を東に引き返す。

170903-152859
 商店街に日よけの傘が並ぶ。

170903-153010
 まつばらセンター。

170903-153046
 洪福寺松原商店街の中心の四ツ辻。丸秀園の前から外川商店,かつらや商店を見る。

170903-153216
 外川商店とお菓子のさいとう。

170903-153251
 外川商店の段ボール箱と日よけ傘。

170903-153327
 お菓子のさいとう,ふるさと弁当。

170903-153403
 ふるさと弁当の前から洪福寺松原商店街の中心の四ツ辻を振り返る。

170903-153418
 紳士専門「シムラ」の前から商店街の東側を見る。

170903-153438
 釜山キムチ,韓国の軽食。

170903-153456

170903-153515
 釜山キムチ。

170903-153554
 つるや洋品店。

170903-153612
 商店街の東側の突き当たりは横浜市環状1号線(主要地方道83号青木浅間線)。

170903-153647
 小さな喫茶店たいむ。

170903-153754
 環状1号線側の商店街アーチとラーメン「光家」。日曜日が定休日なのか,営業していなかった。

170903-154130
 洪福寺松原商店街の中心の四ツ辻に引き返す。

170903-154157

170903-154238
 洪福寺松原商店街の四ツ辻の外川商店。

170903-154313
 外川商店の前から南側の松原商店街入口交差点方向を見る。

170903-154328
 ファッションセンター柳屋の前から商店街の北側を見る。

170903-154344
 清水青果店。

170903-154407
 八百屋のファームガーデン松原と清水青果店。並んでいる商品をよく見ないと境界がわからない。

170903-154427
 かまぼこ・半ぺん・さつまあげ・おでん種各種製造販売「三増屋」,焼鳥ムック,泉屋菓子店のある四ツ辻。

170903-154448
 お菓子の店「泉屋」,五十貝商店,焼鳥ムック,肉の上原が四隅を固める四ツ辻。

170903-154453
 三増屋の前。おでん種を猛烈に欲しがるワンちゃん。

 約10年前にこの商店街を歩いたときにも思ったのだが,犬を連れながら商店街を歩いている人がとても多い。単なる推測になるが,洪福寺松原商店街の近所に住んでいる方が多いためだと思われる。

 洪福寺松原商店街は最寄り駅である相鉄線天王町駅や西横浜駅からは少し離れた立地にある。横浜環状1号線や八王子街道(国道16号線)がそばを通るが,商店街は車で通行できず,周辺に駐車場は少ない。
 商店街の立地条件としては,それほど恵まれているとは言えない。それなのにこの商店街はとても賑わっている。

 Googleマップを見ると,洪福寺松原商店街の特徴がよくわかる。

_
[洪福寺松原商店街(Googleマップより)]

 旧東海道に沿った商店街の北端に2階建ての「洪福寺松原商店街駐車場」が設置されているが,それほど大きな駐車場ではない。周辺に駐車場は少なく,大規模な駐車場もない。徒歩や自転車を使って訪れる客が多いことがわかる。

 対照的な地域として,千葉県でも有数の繁華街だった千葉市栄町の地図を見てみる。

__2

[千葉市栄町(Googleマップより)]

 一目見ただけで違いがわかる。面積の半分ぐらいが駐車場になっている。ここがかつては繁華街だったのかと思うと悲しくなってくるほどだ。

 栄町の北側にはかつて国鉄千葉駅,南側には京成千葉駅もあり,栄町は千葉市の中心的な繁華街として賑わっていた。
 その後,どちらの駅も遠ざかってしまい(と言っても,洪福寺松原商店街と天王町駅・西横浜駅との距離と同じぐらいなのだが),栄町は次第に風俗街・歓楽街となっていった。しかし,風俗街・歓楽街だけで街が成立するわけもなく,街は衰退の一途をたどっているように思う。

 衰退した商店街に飲み屋が増え,歓楽街化・飲食店街化する傾向は各地に見られる。県庁所在地クラスの都市でも,商店街が飲食店街化しているところが多いように感じる。

 その点では,洪福寺松原商店街に飲食店が少ないことにも注目したい。
 表層を見ての印象ではあるが,洪福寺松原商店街は衰退とは無縁の状態にある。商店街を利用しない人に訊ねたアンケートで「駐車場がないから」が上位になるからといって,駐車場を増やし,道路を広げて車が通りやすくするという商店街活性化施策が,必ずしも商店街に賑わいに結びつくわけではないのである。

170903-154557

170903-154607
 お菓子の店「泉屋」。

170903-154642
 四ツ辻の五十貝商店。

170903-154651
 新鮮野菜・果物の五十貝商店。

170903-154728
 大きなテント。ここも五十貝商店。

170903-154805

170903-154852

170903-154810
 洪福寺松原商店街を北へ。婦人・紳士服「勉強堂」。

170903-154936

170903-155017
 餃子ハウス。

170903-155042
 餃子ハウス・荒井たばこ店の前の四ツ辻から和光豆腐店のほうに続く曲がりくねった道路。

170903-155046
 写真左が旧東海道。

170903-155104
 餃子ハウス・荒井たばこ店の前の四ツ辻から南側を見る。ここからの旧東海道が歩行者天国になっている。自転車や二輪車で商店街に来ている人は多いはずだが,商店街の中を自転車で走り回る人は少なく,ところどころにある(歩行者天国時間帯だけの)駐輪場にきれいに停めている人が多いようだ。

170903-155124
 この和光豆腐店の前の道路がなぜ曲がりくねっているのか,不思議だ。

170903-155203
 京あん・たいやき「鯛あん亭」。京町屋食品系の店らしい。

170903-155231
 日よけの傘が並ぶ,ふとんの店「マルヨシ衣料」。織物は日焼けが禁物だからね。

170903-155305
 マルヨシ衣料の婦人服店,インテリア雑貨店などが集まる丁字路。

170903-155353
 旧東海道の北側を見る。歩行者天国になるのは餃子ハウス・荒井たばこ店の前から南側だけだが,その北側も車はほとんど通らない。
 車で買い物に来る人が少ない,あるいは北端の洪福寺松原商店街駐車場にちゃんと車を停めて買物をする人が多いのだろう。これだけ人気の商店街だと,周辺が路上駐車の車だらけになっていてもおかしくないし,歩行者天国になっていないこの写真のあたりに車に路上駐車の車が並んでいても不思議ではない。

 このまま旧東海道を浅間神社や横浜駅のほうまで歩くことも考えたが,10年前と同様に南浅間町・尾張屋橋のあたりを見てみたくなり,引き返す。

170903-155546
 和光豆腐店の前の曲がりくねった道へ。

170903-155618
 和光豆腐店の前から四ツ辻を振り返る。

170903-155646

170903-155728
 道路が曲がりくねっている。

170903-160006
 横浜環状1号線(主要地方道83号青木浅間線)に出る。

 交差点には神奈中バスの横17系統の横浜駅西口行きのバスが停車中。東戸塚から権太坂・保土ヶ谷と国道1号線を走り,相鉄西横浜駅を過ぎたところで国道16号線(八王子街道)に入り,尾張屋橋で東海道線や相鉄線,帷子川を渡って,洪福寺交差点からここまで横浜環状1号線を走ってきたバスだ。

 逆方向のバスは東戸塚行き。いつもの悪い癖で,乗ってみたくなる。

170903-160303
 横浜環状1号線の街のコミュニティー食堂「タニヤ食堂」。タニタ食堂ではなく,タニヤ食堂。子持ち昆布や数の子の卸売「谷屋」が営業している食堂である。谷屋の子持ち昆布の取扱量は約30年間世界一らしい。最近は生唐辛子を使用した辛さが特徴の“横浜明太子”を売り出しているそうだ。

170903-160429
 横浜環状1号線と八王子街道(国道16号線)が交差する洪福寺交差点。すぐ横に臨済宗の洪福寺がある。

170903-160503
 洪福寺交差点の少し北にある中華「福屋」。

170903-160605
 横浜洪福寺郵便局の南側,スナックが点在する南浅間町にあった古いマーケット跡を訪ねたが,スナック「ニューはれむ」があったマーケット跡の建物は取り壊され,新しいマンション建築工事が行われていた。

170903-160720
 クリオ横濱天王町新築工事現場の前から北側を見る。GoogleマップやMapionにはまだ「ニューはれむ」が残っているので,マーケット跡が取り壊されたのはつい最近のことだと思われる。

080216155254edit
 スナック「ニューはれむ」と古いマーケット跡の写真(2008年2月16日撮影)

170903-161044
 谷口鉄工所の壁に斜めに光が当たって美しい……

170903-162126
 八王子街道(国道16号線)の南浅間交番前交差点。工事中のシートに覆われているビルが,スナック「ニューはれむ」があったマーケット跡地のクリオ横濱天王町新築工事現場である。

 洪福寺前から帷子川や東海道線・相鉄線を越えて浜松町まで横浜市電の尾張屋橋線があり,9系統の電車(六角橋〜横浜駅西口〜洪福寺前〜藤棚町〜久保山〜浦舟町:1969年廃止)が走っていた。

170903-162154
 尾張屋橋際バス停。バス停名の通り,バス停のすぐ先から尾張屋橋への上り勾配が始まっている。

170903-162329
 尾張屋橋際から下を見下ろすと新天地桜会稲荷神社が見える。以前見たときよりも鳥居の赤色がずいぶん褪せている。

170903-162607
 玉垣に「新天地カフェー組合」の名が入った新天地桜会稲荷神社。

 このあたりは,戦前は新天地遊郭,戦後は新天地カフェー街だったところである。その面影はほとんど残っていない。唯一の名残と思われた近くの旅館「笹本」の看板も取り外されていた。あとはこの新天地桜会稲荷神社の玉垣にたくさん名が刻まれているカフェーの店名ぐらいである。

170903-162733
 気になっていた東戸塚行きのバスに乗るため,尾張屋橋の下をくぐって,東戸塚方面の尾張屋橋際バス停に向かう。

170903-162919
 バス停を関内駅北口行きのバスが出て行く。

 バス停の名前を見て驚いた。尾張屋橋際バス停の向かい側のバス停だから,当然尾張屋橋際バス停だと思ったら,洪福寺バス停だった。行先によってバス停の位置が互い違いに設置されていることはよくあるが,尾張屋橋際バス停が尾張屋橋側にズレると「橋際」ではなく「橋上」になってしまう。実際はどうなっているのだろうと思って,バスの中から橋の上にある尾張屋橋際バス停を探したが,橋の上にバス停はなかった。

 つまり,尾張屋橋際バス停は道路の片側にしか存在しないことになる。田舎の路線だと,バス停を示すバス停ポールが片側にしかないことはよくあるが,その場合はポールがなくてもバス停がないわけではない。
 尾張屋橋際バス停の場合は,横17系統のバスでいえば,東戸塚から横浜駅西口行きは浜松町−尾張屋橋際−洪福寺の順に停車するが,横浜駅西口発の東戸塚駅東口行きは洪福寺−浜松町と停車することになる。片側だけバス停がないのである。

 バス停ではよくあることなのだろうか? 尾張屋橋際バス停を利用する人は,会社に提出する通勤経路はどのように書いているのだろうか?

── Nikon D800E + AF-S Nikkor 18-35mm F3.5-4.5G ED or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

天王町〜洪福寺松原商店街

【関連記事】
2008年2月16日 (土曜日):洪福寺松原商店街から天王町へ

|

« 小さな秘密 郷里にて親密交会 横浜三ツ境 | トップページ | 高津一番街を歩く 川崎市高津区 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街へ:

« 小さな秘密 郷里にて親密交会 横浜三ツ境 | トップページ | 高津一番街を歩く 川崎市高津区 »