« フェスティバル in 西谷 2017 西谷商店街 | トップページ | 「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街へ »

2017年8月27日 (日曜日)

小さな秘密 郷里にて親密交会 横浜三ツ境

170827155504edit

小さな秘密 郷里にて親密交会 横浜三ツ境


 横浜市保土ケ谷区西谷の西谷商店街の写真を10年ぶりに撮影しようと思ったら,ちょうど賑やかなお祭りをやっていたため断念。しかたなく相鉄線西谷駅から電車に乗り,瀬谷区三ツ境にある三ツ境駅で下車した。三ツ境駅周辺を歩くのは約5年ぶりとなる(5年前のブログ記事は「あの秘密 胸臆に納め 満つ矜持 三ツ境」を参照)。

 三ツ境は横浜市瀬谷区の東端にあり,瀬谷区役所の最寄り駅である。三ツ境という不思議な地名は,二俣川村,都岡村川井分,中川村阿久和分の三つの村の境を意味するという説や,もともとは「三ツ橋」のように「境」が「橋」だったという説(すぐに西には「二ツ橋」という地名もある),隣の旭区東希望が丘の三経山長楽寺に関係して仏教の「密教」に因むという説など諸説紛々である。

 そんな中で三ツ境の由来についての私の思いつきを書いてみる。

 地理院地図などの等高線のある地図を見るとわかるように,三ツ境付近は起伏が多く,しかも周囲よりも標高が高くてちょっとした分水嶺になっている。

 三ツ境駅付近は阿久和川の水源地になっており,三ツ境駅南口に降った雨水は三ツ境駅前商店街や中央通商店街を下り,阿久和川となって相模国鎌倉郡の阿久和村~上矢部村と流れ,下柏尾村で平戸永谷川と合流し柏尾川となる。
 三ツ境駅の少し西側の富士見通りはちょっとした起伏の尾根筋(分水嶺)を通っているため,瀬谷区役所のあたりの雨水は西に向かって和泉川となり,相模国と武蔵国の国境(あるいは相模国鎌倉郡と相模国高座郡の境)を流れる境川に流れ込む。
 三ツ境駅の東や北に降った雨水は,相鉄本線に沿って希望ヶ丘駅〜二俣川方向へ,あるいは笹野台の谷戸を北へ流れ,いずれも帷子川の支流となり,武蔵国橘樹郡の神奈川浦(横浜港)に流れ出る。

 農業には水が不可欠であり,水利権がどの地に属するかは重要な問題である。水をめぐっては村同士,国同士の争いもあった。三ツ境という地名は,雨水が三方向(四方向?)へ流れる境界,つまり三方向への分水界(分水嶺)になっていることに由来するのではないかというのが私の妄想である。

170827-145320
 三ツ境駅北口は三ツ境ライフ(三ツ境相鉄ライフ)と一体化している。この三ツ境ライフはスーパーマーケットの「ライフ」だと思っていたが,よく見たら相鉄系の会社が管理する駅ビルの名称だった。核店舗は「ライフ」ではなく相鉄ローゼンである。

170827-145943
 三ツ境駅北口のデッキから駅前を見る。

170827-150044
 三ツ境駅の北口バスターミナル。相鉄バスと神奈中バスが乗り入れている。

170827-150213
 三ツ境ライフと三ツ境駅北口。

170827-150405
 三ツ境ライフの西側の入口。厚木街道の富士見通り入口交差点の三ツ境歩道橋や北口自転車駐車場とデッキでつながっている。

170827-150926
 厚木街道の富士見通り入口交差点横の相鉄線踏切。

170827-151000
 相鉄線三ツ境駅西側の踏切。

170827-151123
 厚木街道の富士見通り入口交差点の三ツ境歩道橋。

170827-151303
 厚木街道の富士見通り入口交差点と三ツ境歩道橋。阿久和〜戸塚駅東口方面のバスが行く。

170827-151604
 相鉄本線海老名方面行きの電車。

170827-151745
 富士見通り(富士見通り商店街)。

170827-151839
 富士見通り入口交差点から南に向かって尾根筋に延びる富士見通り。

170827-151900
 神奈中バス戸17系統戸塚駅東口行きバス。

170827-152050
 富士見通り商店街。

170827-152129
 富士見通り商店街のうなぎ「銀」。

170827-152712
 中国料理「品珍酒家」の前から富士見通り商店街の南側を見る。

170827-152808
 富士見通り。酒・米・激安,ヒロマルチェーン「たかだ」。

170827-153018
 富士見通り商店街の北側を振り返る。
 尾根筋にある富士見通りのこのあたりを西側に下ったところに瀬谷区役所がある。

170827-153433
 富士見台バス停付近の交差点から西側を見る。西側に向かって下っているのがわかる。「富士見」の地名の由来がよくわかる地形だ。

170827-153657
 富士見台バス停付近の交差点から東側に向かっての下り坂。このあたりから中央通商店街になっている。

170827-153727
 中央通商店街から坂の上を振り返る。

170827-153741
 中央通商店街の坂を下る。

170827-153839
 ことぶきショッピングセンターの裏側。

170827-153913
 ことぶきショッピングセンターの裏側。シャッターが閉まっている。

170827-154017
 ことぶきショッピングセンターの裏側。

170827-154216
 坂を下り終わると中央通商店街のメインストリートに出る。

170827-154243
 中央通商店街のことぶきショッピングセンター。シャッターが閉まり,「ことぶきショッピングセンター」という文字が取り外されている。

170827-154329
 雑貨三河屋,豊屋寝装店の前から中央通商店街の南側を見る。

170827-154347
 大岡ビル。

170827-154403
 豊屋寝装店の前から中央通商店街の北側を振り返る。

170827-154431
 大岡ビルの前から中央通商店街の南側を見る。

170827-154552
 大岡ビルの前で北側に引き返してしまったが,もう少し南側まで歩いてみればよかったと後悔している。

170827-154716
 雑貨三河屋とことぶきショッピングセンター。

170827-154734
 ことぶきショッピングセンター。

170827-154800
 中央通商店街を三ツ境駅方向に向かって北上する。

170827-154835
 ことぶきショッピングセンター。

170827-154931
 中央通商店街。シャッターを閉めたままの店も増えている。

170827-154948
 三ツ境病院。

170827-155013
 中央通商店街。

170827-155032
 中央通り商店街を北へ。

170827-155117
 中央通り商店街。Pana Town アヅマ電機グループ三ツ境店。

170827-155207
 メガネの美和の前から中央通商店街の南側を見る。

170827-155340
 前回訪問したときにも三ツ境で一番印象的だった四叉路。坂の具合といい曲がり方といい,起伏の多い三ツ境の街の成り立ちをよく表していると思う。

170827-155400
 中央通商店街の四叉路。

170827-155504
 中央通商店街の北側の3本の通りはいずれもここから上り勾配になっている。
 右側の通りは突き当たり付近までが中央通商店街で,そこから三ツ境駅までは三ツ境駅前商店街となる。

170827-155545
 居酒屋「大番」横の細い急坂は,三ツ境駅方向に続く勾配の等高線に直角に延びている。急勾配になるのをいとわず,最短距離を直線的につないだ道路だ。写真左側の道も三ツ境駅方向に続いているのだが,こちらは谷戸の地形に沿った曲がり方をしていて,昔は小川が流れていて,谷戸田になっていたんじゃないかと思われる。

170827-155623
 印象に残る四叉路ではあるが,その感動まで写真に写し込もうとしても簡単にはいかず,はがゆい思いをする。こういうときは,あらゆることにいい加減な私でも「もっと写真が上手くなりたい」と切実に思う。

170827-155647
 居酒屋「大番」の前から西側を回り込むように三ツ境駅に続く道路。こうやって見ていると昔の谷戸田が見えてくるようだ(という写真を撮りたいと思っている)。

170827-155703

170827-155849
 中央通商店街の四叉路に戻る。

170827-155952
 三ツ境駅に真っ直ぐ延びる坂道。

170827-160014
 坂道を登る。

170827-160050

170827-160122
 坂の下を振り返る。写真左側は銭湯「さくら湯(ファミリーアイランドさくらゆ)」。

170827-160144
 銭湯「さくら湯」の横にスナックや居酒屋が並ぶ。

170827-160228
 銭湯「さくら湯」の横にスナックや居酒屋が並ぶ。

170827-160303
 まつ秀鮨。

170827-160428
 パチンコびっくりや三ツ境店裏手の四叉路。

170827-160450

170827-160529
 パチンコびっくりや三ツ境店裏手の四叉路の横に小さな飲み屋街がある。

170827-160539
 焼肉ホルモン「見治(みはる)」,いざかや「みはる」,カラオケサロン「紋」……

170827-160555
 袋小路に焼肉ホルモン「見治(みはる)」,いざかや「みはる」,カラオケサロン「紋」などが並ぶ。

170827-160654
 袋小路の前から東に歩き三ツ境駅前商店街へ。

170827-160742
 三ツ境駅前商店街。南側の中央通商店街に向かって下り坂になっている。

170827-160812
 三ツ境駅前商店街の坂の上のほうを見ると,奥には相鉄三ツ境駅ビル「三ツ境ライフ」のそうてつローゼンの看板が見える。

170827-160839
 三ツ境駅前商店街。

170827-160938
 三ツ境駅前商店街のメインストリートから東のダイエー三ツ境店の前に続く通りに居酒屋「松美屋」がある。お座敷で宴会もできそうな感じの店だ。

170827-161019
 三ツ境駅前商店街のメインストリートに戻る。神奈川県警の車が停まっている。駅前で事故か何かが起こったらしい。

170827-161030
 三ツ境駅前商店街の南側の下り坂を見る。

170827-161053
 よいこのよろこぶよいおもちゃ「バンビ」のシャッターの絵を撮りたかったが,神奈川県警の車にどけろというわけにもいかない。

170827-161111
 おいしいお弁当・サンドイッチ「グローバル」。思わずハムカツサンドを買い食いしてしまった。
 突き当たりは三ツ境駅前を横切る厚木街道(神奈川県道40号横浜厚木線)。

170827-161135
 三ツ境駅前商店街のサンドイッチ「グローバル」の前から南側を振り返る。手にハムカツサンドを持ちながら……

170827-161149
 グローバルフーズの横から西に延びる路地。

170827-161210
 一と休み食堂。海鮮料理が中心の食堂らしいが,日曜祝日は定休日らしい。残念。

170827-161240
 ジュエリー「カドヤ」のシャッターにはJEWELRY「KADOYA」の絵が描かれている。

170827-161257
 FASHION「ハマモード」の前から横浜三ツ境郵便局を見る。郵便局の2階には真光の業の文字がある。

170827-161347
 横浜三ツ境郵便局の前から三ツ境駅南口前を横切る厚木街道(神奈川県道40号横浜厚木線)を見る。

170827-161426
 厚木街道(神奈川県道40号横浜厚木線)の神奈中バスの三ツ境駅前バス停。写真左が相鉄三ツ境駅。

170827-161439
 厚木街道の衣料品店。写真左が相鉄三ツ境駅。

170827-161502
 ダイヤモンド毛糸,ハマナカ手芸糸,和洋裁用具「タカギ手芸店」の看板。

170827-161526
 相鉄三ツ境駅前を神奈中バス戸17系統湘南和泉病院経由戸塚駅東口行きのバスが通る。

170827-161623
 厚木街道横の相鉄三ツ境駅。南口側に駅前広場はなく,少し離れたダイエー三ツ境店の前に三ツ境駅南口バスターミナルがある。

170827-161634
 相鉄三ツ境駅南口の前の厚木街道から三ツ境駅前商店街が延びる丁字路。

170827-161708
 相鉄三ツ境駅前を三ツ境駅行きのバスが通りすぎる。

170827-161729
 三ツ境駅前商店街の丁字路。

170827-161911
 三ツ境駅前商店街の丁字路。

170827-162008
 三ツ境駅南口の丁字路から南口バスターミナル方向を見る。駅前の厚木街道の歩道のガードレールは,コンクリート製の頑丈なタイプで珍しい。なにか頑丈にしなければならない理由があったのだろうか。

170827-162106
 三ツ境駅南口バスターミナルに向かう途中ですれ違った戸塚自動車学校の教習車。いすゞキュービックLTかな。

170827-162317
 三ツ境駅南口バスターミナル横の白姫神社。

170827-162345
 三ツ境駅南口バスターミナル横の白姫神社。

170827-162417
 三ツ境駅南口バスターミナルを見ると戸17系統戸塚駅東口行きのバスが停車している。この日,何度も見かけたバスだ。こりゃ乗らないわけにはいかない。

170827-162433
 ダイエー三ツ境店の前の三ツ境駅南口バスターミナルに停車する戸塚駅東口行きのバス。バス停に横付けするのではなく,バス停から少し離れて停まるのがおもしろい。じっくり観察したわけではないが,小さいバスターミナルなので,運転本数の多い境11系統の宮沢方面行きのバス(日中でも1時間に4本)がバス停側に停車し,運転本数の少ない(と言っても日中は1時間に3本)戸17系統の戸塚駅東口方面のバスがバス停から離れて2台が並ぶように停車するようになっているらしい。

170827-162906
 和泉病院経由戸塚駅東口行きのバスに乗り込む。もちろん,空いていれば一番楽しい先頭かぶりつき席に座る。

170827-164552
 富士見通り商店街を通り,南へ走るバス。途中には通常の速度ではすれ違えない狭い区間も存在し,停車して対向するバスをやり過ごす。

170827-165440
 瀬谷柏尾道路(神奈川県道401号線)を南下する。途中の阿久和交差点を過ぎたところで県道から逸れ,湘南和泉病院を経由してから県道に戻り,新橋町を過ぎると新橋町西田橋交差点のそばに「まほろば」バス停がある。

「まほろば」は素晴らしい場所という意味の古語である。古事記の「倭(やまと)は国のまほろば たたなづく青垣山籠れる倭しうるはし」という一説でも有名だ。バス停名を見ただけで降りてみたくなる(我慢した)。

170827-165551
 岡津町の向導寺の富士塚(写真左)あたり。
 Googleマップを見ると,写真の右側の阿久和川は親水公園「集のまほろば」として整備されている。てっきり新橋町西田橋交差点近くの老人ホームが「まほろば」という名称が付いていて,それがバス停の由来なのかと思ったが,そうではなさそうだ。

170827-171554
 ずっとバスに乗っていたい気もしたが,あっという間に戸塚駅東口(戸塚駅東口入口交差点)に到着。約50分のバス旅だった。

 追伸
 戸塚駅東口入口交差点横の銭湯「矢部の湯」が9月30日で閉店してしまうらしい。近隣にマンションなどの住宅が増え,煙突から出る煙への苦情もあったという。寂しくなるね。

── Nikon D800E + AF-S Nikkor 18-35mm F3.5-4.5G ED or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

三ツ境

【関連記事】
2012年3月11日 (日曜日):あの秘密 胸臆に納め 満つ矜持 三ツ境

|

« フェスティバル in 西谷 2017 西谷商店街 | トップページ | 「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街へ »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

三ツ境駅から南側の商店街を余す所無く
写して頂きありがとうございます
北側には笹野台商店街があり商店街が
終わったところからかなりの下りになってます
笹野台商店街の東側も急勾配なので三ツ境駅は山の頂上みたいなものですね
確か相鉄線の駅で一番標高が高かったと思います

投稿: 三ツ境おじさん | 2017年9月27日 (水曜日) 18時32分

 コメントありがとうございます。
 北側の勾配を地図で確認したときに,笹野台商店街があることに気づきました。次の機会にはぜひ歩いてみたいです。

投稿: 三日画師 | 2017年9月29日 (金曜日) 00時35分

慣れ親しんだ光景が多くの写真になっていてびっくりです。

1950年代には川や沼地が駅のすぐ近くにあったと聞いています。

駅からは少し離れますが、和泉川の護岸整備をする際にできた「東山の水辺」はとても良い散歩道になりました。

https://www.jsce.or.jp/committee/lsd/prize/2005/works/2005g1.html


投稿: Shira | 2017年10月10日 (火曜日) 08時29分

 戦前や終戦直後の地図を見ると,駅の近くも田園地帯ですね。特に三ツ境駅の南側には建物ひとつない状態です。一気に市街化したようですね。

 地図で「東山の水辺」を見ました。うらやましい散歩道ですね。和泉川に入って遊ぶのも楽しそうです。

投稿: 三日画師 | 2017年10月14日 (土曜日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/65827162

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな秘密 郷里にて親密交会 横浜三ツ境:

« フェスティバル in 西谷 2017 西谷商店街 | トップページ | 「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街へ »