« 降雨直前の大船の街……鎌倉市大船 | トップページ | 逢おうかまた蒲田で……Part2 大田区蒲田 »

2017年5月 4日 (木曜日)

京急品川駅の上下ホーム連絡通路から見る

170504160730

 JR東日本の品川車両基地跡地の再開発やJR東海の中央リニア新幹線品川駅の工事,京浜急行の品川駅地平化計画にともなって,数年後には変わり始めそうな品川駅(既にJRのホームは変わりつつある)。
 京浜急行品川駅からJRに乗り換える機会があったので,京急の上下ホーム連絡通路からの俯瞰を中心に写真を撮ってみた。

170504-160937
 現在の京急品川駅は2面3線の高架駅になっている。これを地平化する計画が進められている。
 全国区の中核都市で,街を駅や鉄道が分断しているため街が衰弱しているという理由で駅の高架化が進められている中,首都東京の中心的な駅である品川駅で,高架駅を地平化する計画があることがとてもおもしろい。
 そういえば,JR東海道本線沿線は,品川も川崎も横浜も地平駅のままである。

170504-160956
 京急品川駅の下りホームのペイントは,慣れないとわかりにくい。

170504-161115
 上下ホーム連絡通路をエスカレーターで下る。

170504-161159
 下りホームの上に掲示される発車案内。比較的最近まで(と言っても2000年頃までだったろうか)反転フラップ式の案内表示機が残っていたが,現在はLED方式の案内表示機になっている。

170504-161425
 JR品川駅との間にある中間改札口と下り1番線ホームが同じ高さにある。

170504-161440
 JR品川駅構内の京急線切符売り場。

170504-161600

170504-161639
 階段を下りるとJR品川駅構内となる。

170504-161826
 JR品川駅の京浜東北線ホームへの階段。階段の手摺りは転落事故防止の観点から基本的には下り用のはずだが,利用客の動線を考慮したためか,下りは階段の真ん中,上りが手摺りのある両側を利用するようになっている。

 もちろんJRもそのへんはわかっていて,「手すりを必要とされるお客様は、通行区分に関わらずご利用ください。お客さまのご理解とご協力をお願いいたします(品川駅長)」という貼り紙があちこちに掲示されている。真ん中に一本手摺りがあると良いかも(真ん中に手摺りを設けるには階段が狭すぎるかな)。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 7

|

« 降雨直前の大船の街……鎌倉市大船 | トップページ | 逢おうかまた蒲田で……Part2 大田区蒲田 »

・13 東京23区」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/65441532

この記事へのトラックバック一覧です: 京急品川駅の上下ホーム連絡通路から見る:

« 降雨直前の大船の街……鎌倉市大船 | トップページ | 逢おうかまた蒲田で……Part2 大田区蒲田 »