« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の6件の記事

2017年5月27日 (土曜日)

東横線白楽駅の六角橋商店街を歩く

170527182919edit

東横線白楽駅の六角橋商店街を歩く


 10年ぶりに横浜市神奈川区の六角橋商店街を歩いた(2007年6月23日の記事「ふれあいのまち六角橋商店街」)
 六角橋商店街(通称「仲通り」)は東横線白楽駅前の旧綱島街道沿いに横浜上麻生道路の六角橋交差点までの約300m,印象的な商店街アーチのある六角橋商店街大通りとレトロなアーケードの六角橋ふれあい通り(仲見世通り)で構成されている。

 戦後,白楽駅前にできたヤミ市を綱島街道沿いに集団移転し,間口二間・奥行き二間の店舗を並べたのが商店街の始まりという。4月から10月の第3土曜日に開催される「夜のフリーマーケットどっきりヤミ市場」や「商店街プロレス」などのイベントでも知られる,横浜でも有数の元気な商店街である。

170527-174134
 東急東横線の元町・中華街駅行きの電車に乗り白楽駅で下車する。

170527-174550
 東急東横線白楽駅は,上りホームのすぐ横に改札口がある。上りホームに限っては,券売機から電車までの距離が非常に短い。

170527-174751
 改札口のすぐ前が白楽商店街になっている。電車から商店街までの距離の短さも特筆ものだ。大きな駅では,こうはいかない。

170527-174819
 白楽駅前の白楽商店街(のれん会ビルB棟)。

170527-174903
 白楽商店街の中華「喜楽」。

170527-174917
 東横線の白楽駅を振り返る。東急東横線は多摩丘陵の東端付近を横切っており,白楽駅も丘陵地に囲まれている。傾斜地にびっしりと住宅が並ぶのは横浜市の特徴的な景観のひとつと言える。

170527-174946
 ペンギンカメラ。たしか神奈川区子安に本店がある。子安のペンギンカメラには銀塩カメラが並んでいたりするが,ここはDPEやアクセサリー関係が中心。

170527-175029
 中華「喜楽」の前から白楽駅を振り返る。

170527-175214
 旧綱島街道に出る。白楽駅付近から北側(横浜市神奈川区白楽)は白楽商店街となっている。旧綱島街道は東急東横線に沿って妙蓮寺駅前〜菊名駅前へと続いている。

170527-175305
 白楽商店街のパン屋「サンエトワール」と中国料理「美珍」……
 近所の上永谷駅構内のパン屋も「サンエトワール」だったので同系列店かなと思って店をのぞいたら,「白楽」という焼き印のある四角い「白楽あんパン」があった。「永」の焼き印があるプレミアムあんパンと同じなので,やっぱり系列店。ホイップクリームが入ったあんパン,美味いよね。

170527-175319
 旧綱島街道を引き返し,白楽駅前に続く通りの交差点。

170527-175427
 白楽商店街の旧綱島街道を南へ。旧綱島街道は六角橋交差点に向かって下り坂になっている。

170527-175553
 旧綱島街道の坂を下る。三角形の商店街アーチのところまでは白楽商店街(神奈川区白楽)で,そこから先が六角橋商店街(神奈川区六角橋一丁目)となる。

170527-175713
 六角橋商店街のアーチに「夜のフリーマーケットどっきりヤミ市場」の横断幕がはためく。

170527-175813
 メンズショップ「花屋」の横に細い隙間がある……

170527-175851
 メンズショップ「花屋」の横の細い路地の奥に銭湯「千代田湯」が隠れている。千鳥破風の上に入母屋破風が重なった(よく見えないので不正確かも)見事な銭湯建築を隠し持っている。

170527-175929

170527-175949
 なぜこのように引っ込んだところに銭湯「千代田湯」があるのかとも思うが,南側にある六角橋ふれあい通り(仲見世通り商店街)を北に延ばすとちょうどこの入口の前を通るようになるので,六角橋ふれあい通りが形成された理由がわかれば,千代田湯が引っ込んだところにある理由がわかるに違いない。

170527-180024
 旧綱島街道に沿って続く六角橋商店街。10年前はアーチ型の商店街アーチだったが,新しい三角形のタイプに変更になっている。望遠レンズで撮ると圧縮効果でアーチがズラリと並ぶ写真になるのだが,残念ながら望遠レンズは持ち歩いていない。

170527-180046
 坂の上の白楽駅方向を振り返る

170527-180132
 六角橋仲見世通入口。商店街のWebサイトでは「六角橋商店街ふれあい通り」と名を変えたようだが,仲見世通りの名はそこかしこに残っている。

170527-180317
 六角橋仲見世通入口から六角橋商店街大通りの南側を見る。少年が酒蔵「世界長」の中をのれん越しに覗いている。

 世界長といえば,たしか小学校の上履きが甲の部分がゴムになった世界長(もちろん酒蔵「世界長」とは別の会社だろう)の前ゴム運動靴だった記憶がある。「世界長」の由来はわからないが,漢詩か何かに由来する言葉なのかもしれない。

170527-180331
 五ツ木園茶舗横の六角橋仲見世通入口の前から六角橋商店街大通りの北側を見る。

170527-180337
 木造の全蓋式アーケードがある仲見世通り「六角橋ふれあい通り」へ。すれ違うときに肩が触れあうほど狭い路地を人が行き交うことから「ふれあい通り」という愛称が付いたという。

170527-180430
 居酒屋「かめちゃん」,やきとり「鳥ごや」。その奥には「キッチン友」,ラーメン「登良治郎」と飲食店が並んでいる。

170527-180441
 キッチン友の前から六角橋ふれあい通り(仲見世通り)の南側を見る。街の数か所に公衆便所がある。

170527-180515
 居酒屋「かめちゃん」の店頭には剥製の亀がいる。

170527-180623

170527-180752
 六角橋ふれあい通り(仲見世通り)を南へ。ふれあい通りは全蓋式アーケード商店街だが,この北側の一郭にはアーケードがない。

 たしかこの一郭は2005年に放火による大火があったところで,10年前に訪問したときにはまだ仮設のアーケードで応急処置されていたところだ。都市計画区域内では,建築基準法により幅員4m以上の道路に2m以上接していなければ原則的に新しい建築物が建てられないため,火災で焼けた仲見世通りではそのまま同じところに建て直すと違法建築になってしまうという問題があった。

 南側で少し広めの道路に面する区画(写真右側)の建物を南北に伸ばして,一体化した建築物にすることによって,空き地で商店街が歯抜けになることを回避したようだ。

 六角橋商店街は昔から火災が多く,2011年には南端の六角橋交差点付近でも大火が発生している。木造建築物が密集した昔ながらの商店街は,火事になるとどうしても周囲まで延焼してしまいがちだ。

170527-180805
 恵花園から南側の六角橋ふれあい通りには,昔ながらの長屋型店舗群が並んでいる。

170527-180824
 ふれあい通りの西側が商店街のバックヤード的な駐車場になっている。

170527-180950
 六角橋商店街の西側は少しずつ住宅街になってゆく。

170527-181020
 六角橋商店街大通り側を振り返る。
 神奈川大学の幟が立っている。六角橋商店街の西側には神奈川大学の横浜キャンパスがあるため,商店街には若い人の姿が多い。

170527-181052

170527-181118
 六角橋ふれあい通り。

170527-181150
 ふれあい通りの前から六角橋商店街大通りを見る。

170527-181329
 六角橋商店街大通り。人通りの絶えない商店街である。

 Googleで六角橋商店街を検索すると,『調査季報83』1984年11月号の「特集・横浜と商業」の“横浜の商店街の現状と課題”という記事が見つかる。厳しい商業環境にある横浜市内の(1)あけぼの通り商店街,(2)芹が谷銀座商店街,(3)六角橋商店街,(4)弘明寺商店街,(5)元町商店街,それぞれのインタビュー記事だ。その六角橋商店街の項には,六角橋商店街の厳しい状況が書かれている。

 曰く,木造建築の老朽化が進んで防災上の問題があること,大丸ピーコックやミニ・スーパーの出店によって売上げ面に大きく影響していること,道路に自動車の駐停車が非常に多く歩行者が歩きにくい等々。横浜市営地下鉄三号線が開通し,片倉町や岸根町に駅ができることで客の流れが変わりそうなことや,商店街のかなりの部分が都市計画道路「東京丸子横浜線」の計画地になっていることへの不安も書かれている。催事,イベントだけでは継続的な集客効果にはならない,商店街が直線的で変化がなくおもしろくない,地権者が多く再開発の合意を得るのはかなり困難,商店街で勉強会を開いても集まりが悪く,危機意識を持っている人が少ない……と,半分あきらめまで感じられる内容だ。

 それから30年。六角橋商店街はそのまま寂れてしまうどころか,横浜市内でも有数の商店街になっている。当初は効果的ではないと考えていたイベントを工夫して継続してきたことや,幅員制限で建て替えが困難な土地の利用では市とも連携して,地道に商店街運営を考えてきた成果だろう。

 そうなってくると都市計画道路「東京丸子横浜線」,つまり中原街道〜綱島街道(菊名付近からは旧綱島街道)の今後が気になってくる。日吉付近までは4車線化の拡幅工事が進んでいる。横浜市内の区間ではほとんどが2車線のままで,菊名からの旧綱島街道は一方通行の道路で,白楽・六角橋だけでなく,妙蓮寺付近も商店街になっている。現在の計画はどのようになっているんだろうか……(と言いつつ調べていない私)

170527-181452
 たこ焼・タコとハイボール。「タコハイ」と言えば田中裕子のCMを思い出すね。“タコが言うの。好きな人ができたんだって…。タコが泣くのよ…。人間やってくのもたいへんだけど,タコやってくのもたいへんなんだね…”

170527-181612

170527-181701

170527-181718
 矢澤商店の前から六角橋商店街大通りの北側を振り返る。旧綱島街道は菊名駅前までずっと北方向への一方通行になっている。

170527-181819
 六角橋商店街大通り。

170527-181856
 新羽屋の前。

170527-181956
 再び六角橋ふれあい通りへ。

170527-182023
 八百み商店。この日は定休日だった。

170527-182109
 毛糸・ぬい糸・ボタン「萩野屋」。スキー毛糸ブランドの丸い小さな突出し行灯看板がある。

170527-182129
 八百み商店の前から六角橋ふれあい通りの北側を振り返る。

170527-182201
 ゴチャゴチャっとしたコレクターズSHOP「ひげのおじさん」。店内には小さな人形がズラリと並んでいる。

170527-182319
 コレクターズSHOP「ひげのおじさん」。店頭にはLPレコードのジャケットのようなものがたくさん貼られている。

 私はアニメやゲームにはまったく興味がないので,この写真を撮るだけで店の前を素通りしたが,写真を見るとゴチャゴチャしたLPレコードのジャケットのように見えていたものが,どうもLPレコードではなさそうだ。手前右側にはカセットテープよりも大きめの箱も並んでいる。写真を拡大しても何なのかよくわからなかった。今になってよく観察すればよかったと後悔している。

170527-182335
 きものリサイクル『きらく』屋。

170527-182412
 乾物・干物・佃煮の足立食料品店。

170527-182434
 きものリサイクル『きらく』屋の向かいは「串や味楽」。

170527-182523
 乾物・干物・佃煮の足立食料品店。

170527-182558
 ファミリー通りを挟んで,さらに六角橋商店街ふれあい通りが続いている。写真右側は松坂屋袋物店(松坂屋カバン店),左は横浜六角橋薬局。

170527-182631
 西に続くファミリー通りを見る。三角形の商店街アーチが見えるところまでが六角橋商店街で,その先はファミリー通商店街となる。ファミリー通商店街には2016年9月までピーコックストア白楽六角橋店があり,それを中心に商店街が形成されたらしい。

 このピーコックストア白楽六角橋店こそが,旧大丸ピーコック白楽六角橋店であり,開店時には六角橋商店街の売上げに大きな影響を及ぼしたというスーパーマーケットである。そのスーパーが昨年には撤退。商店街はシャッター通り化せずに生き残っている。祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり……

170527-182654
 六角橋商店街大通り(写真左)と六角橋ふれあい通り(仲見世通り)。

170527-182721

170527-182751
 ファミリー通りの北側の六角橋ふれあい通り(仲見世通り)。

170527-182833
 ファミリー通りの中国料理「紅郷」。
170527-182848
 日中は夏のような日射しだったため,中国料理「紅郷」の“冷し中華”の貼り紙に強烈に惹かれた……

170527-182935
 六角橋ふれあい通りを南へ。大きな電車の絵が描かれている。六角橋交差点には1968年に廃止された横浜市電1系統の終点があったため,商店街と市電の記憶が強く結びついている人は今でも多いのだろう。

170527-183059
 松坂屋カバン店(写真右)の向かいの小川屋京染店の二階には木造の手摺りが残っている。六角橋ふれあい通りの木造のアーケードには二階部分の手摺りが多く残っている。

170527-183108

170527-183123
 手焼きせんべい「雷神堂」。

170527-183138
「chakana」と化粧品「花」……

170527-183248
 手焼きせんべい「雷神堂」の前から北側を振り返る。

170527-183331
 六角橋焼小籠包とおいしいスペシャルティコーヒーの店「珈琲文明」。

170527-183401
 あいかわらず呑兵衛が集まっている,かまぼこ・おでん種の店「かずさや」。もともとは看板通りにおでん種の店だったのだろう。

170527-183447
 猫の看板がある雑貨の「ムーンキャット」。2階は「二階劇場」というレンタルスペースなのかな……

170527-183528
 和風喫茶お休み処「はら」。

170527-183537
 西に続く路地のディスカウント喜久屋(喜久屋質店)。

170527-183623
 和風喫茶「はら」の前から六角橋ふれあい通り・六角橋商店街大通りを見る。ここにも公衆便所がある。

170527-183726
 六角橋ふれあい通りの「かずさや」の四ツ辻の向かい側には「らーめん中々」がある。六角橋はラーメン激戦区だ。

170527-183825
 六角橋商店街大通りに出て,カジュアルショップ「KAZU」の前から坂の下側を見る。

170527-183858
 六角橋商店街大通りの会田金物店。

170527-183913
 会田金物店の隣は伝説のチーズケーキ「ガトーよこはま」。“伝説のチーズケーキ”は,たしか横浜市中央卸売市場の前にある店と同じかな。

170527-183927
 六角橋商店街大通り。

170527-184035
 六角橋商店街大通り。

170527-184109
 池上商店は“新鮮果実”らしからぬ店構えだが,店の正面は六角橋ふれあい通り側にある。

170527-184401
 六角橋商店街大通りから六角橋ふれあい通り(仲見世通り)に戻り,おでん種の「かずさや」の横へ。

170527-184434
 六角橋ふれあい通り(仲見世通り)を南へ。ギター工房 Jump にギターが並ぶ。

170527-184507
 ギター工房 Jump。こりゃギター好きにはたまらない店だろうね。

170527-184625
 ギター工房ジャンプの隣には ANTIQUE WATCH の「FIRE KIDS」。アンティーク時計を売るだけじゃなく,時計の修理やオーバーホールを行う店だ。

170527-184636
 そのまた隣が新鮮青果の池上商店。

170527-184710
 六角橋仲見世通りの池上商店の前から北側を振り返る。

170527-184726
「いしかわや」の前から南側を見る。

170527-184758
 山本園茶舗。

170527-184817
 デリカショップ「たかはし」の前の「かくれ家もんじゃ」は,もんじゃ焼390円,お好み焼600円のメニューの前で,土曜市として果物を販売中。おもしろい。

170527-184830
 山本園茶舗の前から北側を振り返る。

170527-185252
 小さな「ふれあい広場」を通って六角橋商店街大通りに出て,山崎カメラ店の前へ。

170527-185408
 山崎カメラ店と柿崎水魚園の間の六角橋ふれあい通り入口。

170527-185421
 ワンちゃんが散歩中?

170527-185531

170527-185651
 さっき目の前を白楽駅方向に通りすぎたはずのワンコが,こんどは六角橋商店街大通りの東側の路地から出てきてびっくり。

170527-190040
 また六角橋ふれあい通りに戻り,「洋品の佐野平」の前へ。

170527-190058
 六角橋商店街大通りを振り返る。

170527-190234
 たばこ「MEVIUS」の看板は雨宮商店。たばこを吸わないので知らなかったが,「MEVIUS」という名称のたばこは元マイルドセブンなのだとか。

 私が生まれ育った阿武隈高地は,かつて全国でも有数の「葉たばこ」の生産地だった。標高が少し高かったため米作にはあまり適さず(と言っても棚田・谷戸田はそれなりに多かったけど),葉たばこと養蚕(桑畑)が主流だった。起伏のある地形一面に葉たばこ畑が広がる光景も記憶に残っている。葉たばこの品種は「松川葉」という名前だった。農家は家族総出で収穫時期に対応するのだろう,小学生の頃は葉たばこの収穫時期に何日も学校を休む児童もいて,先生もみんなにそのように説明していた(休むのを黙認していた)。

170527-190255
 雨宮商店の奥に六角橋商店街事務所がある。

170527-190350
 六角橋商店街事務所の横から裏側の駐車場に出る。「食品館あおば」への通路がある。

 ここの写真を撮るのに,ずいぶん悩んでしまった。広角側で自動車を横にずらして撮ると,この写真のように手前にある車が大きく間延びして写ってしまい,少し離れて望遠端で撮ると自動車を撮っているようになってしまう。写真ってのは難しい。

170527-190542
 六角橋ふれあい通りに戻る。

170527-190616
 六角橋ふれあい通りを南へ。

170527-190655
 店名は不明で「ごはん とん汁 キャベツ おかわり自由 お腹 いっぱい ど〜んと 召し上がれ。」と書かれたのれんが下がっている。まさかこれが店名だったりして(んなわけないか)。ググって見たら「とんかつ ど〜んとこい」という店名だった。

170527-190744
 六角橋ふれあい通りの六角橋交差点寄り(横浜上麻生道路寄り)のこの一郭は,2011年8月の火災で17棟以上が焼失したところ。この雑貨屋「グッデイ・サンシャイン」はぎりぎりで大きな被害はまぬがれたようだ。丸い看板も健在だ。

170527-190938
 横浜上麻生道路の六角橋交差点に出る。

170527-190949
 六角橋交差点の向こう側にはラーメン屋が向かい合っている。いかにもラーメン屋激戦区らしい状況だ。

170527-191121
 六角橋商店街大通り南端の六角橋交差点。
 神奈川県道12号横浜上麻生線の北側に,カラフルなネオン管のついた煙突があることに気づいた。

170527-191258
 ネオン管のある煙突を見るために六角橋交差点を渡る。

170527-191316

170527-191345
 横浜上麻生道路から「らーめん六ちゃん」横のバス通り(市道片倉六角橋線)へ。横浜市営バス36系統のバスが横浜駅西口から市道片倉六角橋線(六角橋・神奈川大学入口)を通って横浜線鴨居駅(〜緑車庫前)を結んでいる。

 神奈川大学西側の地名が神大寺(かんだいじ:橘樹郡神太寺村)で,神奈川大学の略称である神大(じんだい)とまぎらわしいことで知られる。寛大な心で神奈川大学の略称を「神大(かんだい)」にすればまぎらわしくなくなると思うのだが,そう簡単にはいかないようだ。

170527-191513
 市道片倉六角橋線の三叉路。右側は旧鎌倉街道中ノ道(現在の神奈川県道12号横浜上麻生線にあたる),左が市道片倉六角橋線である。

170527-191705
 三叉路から六角橋交差点方向を振り返る。

170527-191807
 旧鎌倉街道中ノ道に祐天地蔵尊がある。

170527-191926
 煙突でカラフルなネオン管が輝く銭湯「親松の湯」。

170527-192039
 銭湯「親松の湯」入口の横には立派な松の木がある。

170527-192501
 六角橋交差点に戻り,市道片倉六角橋線に平行して神奈川大学入口交差点に続く曲がりくねった道路へ。地図を見ると,この道路が元は「滝の川」であり,六角橋交差点のところで滝の川に架かっていたのが「六角橋」だったのだろうと推測できる。

170527-192543
 藤巻畳店の前でS字カーブを描く旧滝の川。銀杏の木の幹もぐにゃりと曲がっている。

170527-192728
 木も道路も曲がっていて楽しい。

170527-192823
 六角橋交差点に戻る。
 さてここからどうする。白楽駅に戻るか,横浜上麻生道路沿いに東白楽まで歩くか。距離的にもそれほど変わらない。

170527-193234
 ここは滝の川の流路だなどと考えながらパチンコ屋の裏側を歩いたり,六角橋交差点の南側は西神奈川三丁目で,歩道の上には西神奈川三丁目商興会のアーケードが架かっていたのにそれが撤去されているな……などと考えながら西三商興会商店街の六角橋バス停付近を歩いていたら,ちょうど横浜市営バス36系統横浜駅西口行きのバスがやってきた。

 おっ,これなら東横線に乗らずに横浜駅まで行けるじゃないか……と,とっさに判断してバスに乗り込んだ。

170527-194318
 横浜駅までバスに乗るつもりだったのに,バスが東神奈川駅前に着いて多くの乗客が降り始めたら……おっ,ここで降りて仲木戸から京急線に乗ったら,嫌いな横浜駅の混雑の中を歩いて乗り換えしたりせずに帰宅できるじゃないか……と,これまたとっさに判断してバスを降りた。なにごとも行き当たりばったり,非計画的なオイラ……

170527-194349
 JR東神奈川駅を通過して仲木戸駅に向かう。

白楽〜六角橋

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 7

【関連記事】
2007年6月23日 (土曜日):ふれあいのまち六角橋商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土曜日)

戸塚のボンベイでカレー 戸塚旭町通商店街

170520190704edit

戸塚のボンベイでカレー 戸塚旭町通商店街


170520-160330
 今日も25℃を越えて夏日。週末は暑くなり,明日の日曜日は30℃越えの真夏日になりそうだ。

170520-161709
 大船で野暮用。湘南モノレールの大船駅の前。

170520-165455-Edit
 野暮用を済ませて「味喜」で遅い昼飯を食べようと思ったら,店の前に貼り紙があった。4月末までの予定だった臨時休業が5月末まで延びるとのこと。その貼り紙にはたくさんの応援メッセージが書かれていた。隠れた人気店だと言うことがわかる。
 ご主人が高齢で,数年前にもしばらく休んでいたことがあった。また復活してほしい店だ。

170520-180302
 戸塚に戻りトツカーナ(トツカーナモール&東急プラザ戸塚)へ。駅前の階段のここ,とうとう鳩の休憩所になっている。ほんとに,なぜこのような段差を作ってしまったんだろう。

170520-180336

170520-190332
 トツカーナを戸塚西口バスセンター側に抜けると,あっという間に夕まぐれ。どうやら内部に時計の針を進めるエリアがあるらしい。

170520-190407
 戸塚西口バスセンター(第一交通広場)横の戸塚パルソ地域。バスセンターと戸塚パルソは同一平面上にあっても,歩行者動線は完全に分断されている。駅の出入口に近いところにあったほうが良さそうなタクシーのりばが,出入口から一番遠い島に追いやられている。なぜこんなことになってしまったのだろう……などと,戸塚駅西口に来るとそんなことばかり考えてしまう。

170520-190433
 暑かったので辛いカレーが食べたい気分になり,戸塚で辛いカレーと言えばやっぱり横浜ボンベイで頭がいっぱいになるので,周辺の写真を撮りながら横浜ボンベイを目指して歩く。

170520-190518
 トツカーナを振り返る。

170520-190600
 国道1号線(旧東海道)とサクラス戸塚(写真左)。

170520-190704
 戸塚西口バスセンター。

170520-190901
 国道1号線(旧東海道)と長後街道が交差するバスセンター前交差点。写真右がサクラス戸塚。
 サクラス戸塚の向かい側の山を削った後にタワークレーンが立っている。

170520-191142
 バスセンター前交差点。「斜め横断はできません!!(ここはスクランブル交差点ではありません)戸塚警察署」という注意書きもむなしく,人々はスクランブル交差点として利用している。

170520-191451
 旧バスセンター跡地では「ザ・パークハウス 戸塚フロント」の工事中。地上14階建てと高さは控えめ。

170520-191531
 戸塚西口バスセンターの横を戸塚旭町通商店街へと下りていく。なぜか餃子の王将に行列ができている。そういえば上大岡に餃子の王将が開店したときに,ものすごい行列ができて話題になった。餃子の王将に行列ができるのが横浜の特徴なのかな。

170520-191600
 餃子の王将の隣にはJA横浜の戸塚野菜直売所がある。

170520-191815
 戸塚旭町通商店街。戸塚駅寄りにはチェーン店の飲食店が多い。

170520-191920
 戸塚旭町通商店街を南へ。トツカーナに入らず,商店街に残った飲食店には良い店が多い印象がある。向かっているカレーハウス「横浜ボンベイ」もそのひとつ。

170520-192055
 旭町通商店街から戸塚駅方向を振り返る。

170520-192201
 業務スーパーの前をさらに南へ。

170520-192351
 戸塚共立第1病院の横をさらに南へ。

170520-192445
 戸塚図書館の前から旭町通商店街と交差し旧東海道に抜ける道路。拡幅工事がもう少しで完成しそうだ。戸塚駅西口からのマイカーの流れをこちら側にも誘導しようとする拡幅工事なのだろうか。せっかく駅前に大規模な人工路盤を設けて人と車の動線を分離したのに,結局このような住宅街や商店街に車を流さなければならなくなったとしたら残念だね。

140113-151959
 ちなみにこの写真は2014年1月に撮影した同じ道路の写真。このような狭い道路に車が増えたら拡幅せざるを得ないかな。

170520-192700
 戸塚旭町通商店街をさらに南へ。

170520-192820
 戸塚小学校の北西側の交差点。ここの2階がカレーハウス「横浜ボンベイ」だ。「ボンベイ」と書かれた看板がなくなっているのが気になる。

 2014年12月の「はまれぽ」に掲載された『戸塚のカレー店「横浜ボンベイ」の名前がなくなる!? その真相は?』という記事を思い出した。「横浜ボンベイ」の店主が病気で倒れたときに手伝いにきていて,その後「横浜ボンベイ高田馬場店」を開いた従業員が,“横浜ボンベイ”の屋号に関する契約書の問題で店主ともめているという内容だった。

 横浜ボンベイの店主と「横浜ボンベイ高田馬場店」代表のAさんの双方の意見を聞いたはまれぽの記事だが,どうも歯切れが悪い。ときどき「はまれぽ」に見られる残念な感じの終わり方だ(おもしろい記事も多いけど)。

 旭町通商店街側の行灯看板も,「ボンベイ」の名が入らず,シェフが料理をしているイラストだけのものになっている。記事の中で横浜ボンベイの店主は,“『横浜ボンベイ』は一流ブランドでも何でもない。自分たちが店の名前もマーク(ロゴ)も変える”と話したこともあるそうなので,まさか本当に「横浜ボンベイ」の店名を変えてしまうこともあるのだろうか……

170520-192922
 横浜ボンベイの斜向かいには喫茶店の「珈琲貴族」,2階にはインドネパール料理「トルシー」がある。

170520-192939
 コンビニエンスパブ……

170520-193005

170520-193048
 もう少し歩き回ろうかと思ったが,美味いカレーを目の前にしてそれは無理。さっそく横浜ボンベイへ。象のロゴがかわいい。

170520-194115
 横浜ボンベイの定番,カシミールカレー。サラサラだ。若い頃に食べた柏ボンベイのカシミールカレーがステンレス製の器まで再現されている。人によっては上野「デリー」のカシミールカレーと思うかもしれない。そう,横浜ボンベイの店主はデリー出身で,柏ボンベイ開店時にボンベイに移り,のれん分けで横浜ボンベイを出店したのだった。
 一度閉店してしまった柏ボンベイが,まさか近場の戸塚で復活したときには嬉しかったなぁ。今では柏ボンベイも復活しているらしく,今度行ってみなくちゃと思っている。

〔追記〕
 横浜ボンベイの店内にスタッフさんがやっているブログの案内があった。そのブログに「はまれぽ.comの取材記事について」という記事があって,はまれぽ.comの記載に誤りがあることや,事実関係が異なるニュアンスになっている点があって残念だという店主の話が書かれていた。
 一部の記事の訂正を「はまれぽ.com」が約束したと書かれているが,“横浜ボンベイ名物「薬膳ボンベイ」はデミタスコーヒー付きで950円”という利用客なら誰にでもわかる間違い(横浜ボンベイではデミタスコーヒーが付かない)は記事から3年近く経った現在でも訂正されていない。はまれぽ.comさん,残念すぎる。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 7

【関連記事】
2014年1月13日 (月曜日):戸塚旭町通商店街〜図書館通り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土曜日)

大きく変貌する街 渋谷駅界隈の夜景

170506184833edit

大きく変貌する街 渋谷駅界隈の夜景


 タワークレーンが林立する日本橋界隈を見ていたら,同様に大規模な再開発が行われている渋谷駅界隈の写真を撮っておきたくなったので,三越前駅から東京メトロの銀座線に乗り渋谷駅へ。

170506-180808
 渋谷駅西口バスターミナル側に出る。

 写真左が渋谷駅と一体化した東急東横店南館。渋谷駅直結の東急百貨店東横店は東館・西館・南館で構成されていたが,再開発事業のためにまず東館が解体され,現在は西館と南館の2館体制となっている。

 写真正面では玉川通りの上を首都高速3号渋谷線が走っている。その向こう側が桜丘町。「桜丘町1地区」では東急不動産が大規模な再開発を計画しており,地上36階建てと地上32階建て,地上15階建ての3棟のビルが建つらしい。

170506-180829
 視線を南側に移すと,東急電鉄本社跡地にセルリアンタワーがそびえ立つのが見える。渋谷では一番高いビルだ。

 数年前までならセルリアンタワーの手前の駅前に東急プラザ渋谷が立地していたが,老朽化により2015年3月に閉館して解体された。現在は跡地に地上18階地下4階建ての再開発ビルの建築が始まっており,2020年の東京オリンピック前に竣工予定だそうだ。ビルの1階部分にはバスターミナルが設置されるらしい。

170506-180915
 手狭な感じの渋谷駅西口バスターミナルだが,バスのりばまではすべて平面移動で済む。駅の正面を出てすぐのところにバス停が並び,島になっているところのバス停へも地上を歩くだけで到達する。

 世の中には,バスのりばへの移動に階段の上り下りが必要だったり(そういうところは地上が横断禁止になっていても,歩行者は危険な路上横断をしがち),駅の正面にマイカーで横付けできるのにバス停は駅から離れていたりするようなバスターミナルが多い。少しは渋谷駅西口バスターミナルを見習ってほしい気がする。

170506-181534
 ハチ公前広場を通って宮益坂口のほうへ。ハチ公前広場は人が多すぎて,写真を撮っているような状況ではなかった。

 写真左が東急文化会館跡地に建つ渋谷ヒカリエ,渋谷駅前を東京メトロ銀座線の高架橋が横切る。

 写真右側は渋谷駅宮益坂口である。以前はここに東急百貨店東横店東館が建っていたが,2013年3月末に閉館し,解体された。現在はJR山手線や東京メトロ銀座線の運転を止めずに,線路の上にある東急百貨店の建物を解体する工事が進められている。東急百貨店東横店東館跡地は,最終的には新しい東口バスターミナル(の一部)になるようだ。

170506-181547
 渋谷駅東口の渋谷ヒカリエ。地上34階,地下4階建て,2012年3月竣工の渋谷の新しい顔だ。以前ここに建っていた東急文化会館の五島プラネタリウムは残念ながら復活せず,ヒカリエ内の劇場「東急シアターオーブ」の名称にその面影を残すのみ。

 写真右側のタワークレーンは東急東横線跡地の「渋谷駅南街区プロジェクト」の再開発ビルで,地上35階建て,地下4階のビルが2018年秋に竣工予定だ。
 もちろんここも東急系の再開発である。東京丸の内が“
三菱村”,東京日本橋が“三井村”(三井村は大阪の淀屋橋にもある)であるように,渋谷は“東急村”になっている。

170506-181705
 渋谷駅東口バスターミナルは,東口の南側,東京メトロ銀座線と玉川通りに挟まれたところにあったが,都市再生特別地区の再開発で旧東横線ホーム跡地と併せて渋谷駅街区東棟(地上47階地下7階)の建築が始まり,宮益坂側に押し出されてきている。最終的にもこちら側が東口バスターミナルになるようだ。

170506-181718

170506-181844
 渋谷からのバスの主力,都01系統の六本木経由新橋駅前行きのバス停も宮益坂側に移動している。

 どうでもいい話だが,1990年頃に南青山に通勤していたことがあって,渋谷から勤務先に近い南青山七丁目を通り東京タワーへ行く渋88系統のバスをたまに利用していた。今になってみると1990年もずいぶん昔のことになってしまったが,それでもほぼ現代と言える1990年に,この渋88系統のバスだけは,なぜかワンマン運転ではなく車掌が乗務していたことを覚えている。ほんと,なぜだったのだろう?

170506-181856

170506-181914
 工事用フェンスで囲まれた東急百貨店東横店東館跡地。

170506-182012
 明治通りの宮益坂下交差点を渡る。

170506-182101
 宮益坂下交差点を渡り,渋谷駅方向を振り返る。東急百貨店東横店西館と渋谷マークシティ(イースト)が見える。
 渋谷マークシティイーストは地上25階建てで,京王井の頭線渋谷駅の上に建っている。“東急村”の渋谷では,かつての京王帝都電鉄の京王電鉄も目立たず,駅の上に建つ渋谷マークシティの上層階に入っているのは京王グループではなく東急グループの渋谷エクセルホテル東急である。

170506-182254
 銀座線の高架線をくぐり,渋谷ヒカリエの前から南側を見る。

 写真正面が東急東横線跡地の「渋谷駅南街区プロジェクト」の再開発ビル,写真右のタワークレーンが渋谷駅街区東棟(地上47階地下7階)である。

170506-182326
 地方の都市では駅を市街地から少し遠ざけて高架化し,駅前広場を大きく広げる工事が盛んに行われているが,東京を代表する繁華街の渋谷では駅前広場をつぶしてビルを建てている。そのコントラストが興味深い。

 個人的な話になるが,駅を下りて巨大な駅前広場を見ると,その向こう側まで歩くのがおっくうになり,ため息をつきたくなる。駅の改札口を出たら,すぐに商店街になっているような街だと,心からホッとする。
 交通の結節点になって利用者の多い駅では,利用者を受け入れるだけのキャパシティが必要になるので,駅前広場を大きくしなければならない面もあって難しい問題だ。

170506-183020
 まずは渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホールから渋谷駅周辺を俯瞰する。

 ヒカリエ11階には展望スペース「スカイロビー」があるのだが,Googleで画像検索したところ,渋谷駅側には植栽を施したひさしがあるらしく,下のほうを俯瞰できるのは東京メトロ銀座線の真上の一部だけのように思われる。
 それより階数は低くなるが,9階のヒカリエホールのほうが真下に障害物がなく,広角レンズでの俯瞰が撮りやすいと判断したのだった。

170506-183117
 渋谷駅街区東棟(地上47階地下7階)の様子がよく見える。

 これで綺麗な夕焼けになってくれたら最高なのだが,残念ながら水平線近くに雲があるので難しそう……

170506-184138
 かぶっていた帽子でレンズを覆って写り込みを防ごうとするが,なかなかうまくいかない。こういう撮影のためにラバーフードが欲しくなるね。

170506-184207

170506-184515
 ヒカリエホールに到着してから15分。あっという間に日没。鮮やかな夕焼けにはならなかった。

170506-184735

170506-184758
 思い思いのかたちで渋谷の街を見る。

 今度は標準域〜中望遠のレンズも用意して,11階のスカイロビーにも行ってみたい。

(動画もずいぶん撮ったのだが,Macに取り込み忘れてしまった。大失敗)

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2011年4月25日 (月曜日):もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
2011年4月25日 (月曜日):ときどき剣呑ベーゴマ遊び 渋谷のんべい横丁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかにんじんを買いに…日本橋室町三越前

170506155056edit

170506160830edit

いかにんじんを買いに…日本橋室町三越前


 いかにんじん食いたい,阿武隈の紅葉漬食いたい,酪王カフェオレ飲みたい……。福島県で生まれ育ったので,ときどき故郷の食べもの,飲み物が欲しくなる。
 残念ながら「いかにんじん(にんじんイカとも言う)」も紅葉漬も県外の人には知られていないし,近所のスーパーでは売っていないので,日本橋ふくしま館MIDETTEまで買いに行くことにする。

170506-151012
 戸塚から横須賀線・総武快速線直通君津行きの電車に乗り,新日本橋駅で下車。中央通り(国道4号線・国道6号線・国道17号線等)と江戸通り(国道6号線)が交差する室町3丁目交差点で地上に出る。

 室町3丁目交差点から中央通りの南側,日本橋室町三丁目方向を見る。写真右側の日本橋三井タワーの手前の日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の再開発事業が始まっている。地上25階地下3階建て,延べ床面積約168,000m²の大規模再開発だ。日本橋三井タワーやCOREDO室町と同じ三井不動産の再開発なので,ここもまたCOREDOになるのかもしれない。

 それにしても,日本橋界隈に林立するクレーンは壮観である。

170506-151109
 室町3丁目交差点のすぐ北側の中央通り柳屋太洋ビルに日本橋ふくしま館MIDETTEはある。MIDETTE=ミデッテは「見でって」で,見ていってね,来てみてね,を意味する福島弁である。

170506-151632
 いかにんじんだけじゃなく,さまざまな福島県の特産品があって目移りする。

170506-151921
 私が生まれ育った三春町の三春駒や三春張子(腰高虎),もちろん“かんのやの家伝ゆべし”もある。
 最近では三春の名物と言えば三春滝桜ばかりが有名になっているが,もともとは三春駒や三春張子のほうが全国的に知られていたのだ。

170506-185130
 食いたくてたまらなかった阿武隈の紅葉漬,いかにんじん,都路村(現在は田村市都路町。美しい村名だよね)のハツの燻製などを購入。

170506-153147
 酪王カフェオレも買う。酪王牛乳がまだ三春牛乳だった頃,給食の牛乳は三春牛乳だったし,酪王カフェオレがまだコーヒー牛乳だった頃から馴染んだ味だ。三春に帰省したときには,駅前の三春牛乳工場(のちの県酪連三春工場)の前の自販機でテトラパックの酪王カフェオレを買って飲むのが決まりだった。

 昔は大手メーカーのコーヒー牛乳が乳飲料だった時代に,三春牛乳のコーヒー牛乳(酪王コーヒー牛乳)は牛乳なのが,俺たち三春牛乳ファンの自慢だった。牛乳業界での紆余曲折があり,生乳100%しか「牛乳」を名乗れなくなったため,酪王コーヒー牛乳は酪王カフェオレとなったが,牛乳っぽさが残る味は健在だ。

170506-153500
 日本橋ふくしま館MIDETTEで買物した後は北の神田方面に抜けるつもりだったが,日本橋室町の再開発の様子を見たら,現状を写真に撮っておきたくなったので方針転換。南へ……

170506-153607
 中央通りの室町三丁目南交差点。写真右が日本橋三井タワー。

170506-153658
 室町三丁目南交差点から日本橋三井タワーを見上げる。

170506-153911
 日本橋三井タワーの奥が三井本館(重要文化財)。さらにその先が日本橋三越本店(重要文化財)と国の重要文化財の建物が並んでいる。

170506-154003
 中央通りから福徳神社に続く浮世小路。江戸時代の地図には「室町うき世少路」ともあり,「うきよこうじ」ではなく「うきよしょうじ」と呼ぶらしい。このあたりに加賀出身者が住んでいたため,加賀言葉で「しょうじ」なのだとか。

 日本橋の浮世小路といえば,古典落語の「百川」がこのあたりにあったという料亭「百川」を舞台にしている。田舎なまり強い奉公人の話なので,東北の福島で生まれ育ち,30年以上も首都圏で生活しているのにいまだになまりが抜けない私にとっては微妙に身につまされる演目である。

170506-154225
 福徳神社の鳥居と,福徳神社の前で浮世小路と交差する仲通り。写真右がCOREDO室町(室町東三井ビルディング),左がCOREDO室町2(室町古河三井ビルディング)。

170506-154536
 福徳神社と福徳の森。ビルに囲まれた,ちょっとした憩いの場になっている。

170506-154742
 中央通りに戻り,三井本館を正面から見る。巨大な大理石の列柱が特徴的な銀行建築である。1929年(昭和4年)竣工の鉄骨鉄筋コンクリート造で,1998年に国の重要文化財に指定された。

170506-154920
 中央通りと江戸桜通り(駿河町通り)の交差点を挟んで日本橋三越本店が並ぶ。

170506-155332
 日本橋三越本店の前から三井本館・日本橋三井タワーを見る。

 世の中には「腰巻ビルはダサい」という意見が数多く見られるが,歴史的な建物との連続性や統一感を出すための選択肢として,これ以外に良案が見当たらない気がする。

170506-155356
 日本橋三越本店本館。
 地下鉄の駅が地下にあって見えないため,日本橋~京橋~銀座の主要な交通機関はタクシーのように思えてくる。郊外や地方都市のようなマイカーではない。

170506-155411
 日本橋三井本店本館。1914年(大正3年)の竣工で,その後何度か増築されている。同時期の大規模建築だった東京駅前の丸の内ビルヂング(丸ビル)はあっさりと取り壊されてしまったが,この三越本店は約1年前,とうとう国の重要文化財に指定されている。

170506-155429
 中央通りの日本橋三越本店本館の前から北側を振り返る。

170506-155450

170506-155546
 日本橋三越本店本館の前の「にほんばし島根館」。最高の立地条件だ。

170506-155740
 日本橋三越本店本館(写真右)と日本橋三越本店新館(写真左)。

170506-155844
 かつおぶしの大和屋が角にあるむろまち小路へ。山本海苔店本店(こちらは山本陽子がCMをしていたほう。上から読んでも山本山,下から読んでも山本山の山本山も老舗で日本橋に本店があるからまぎらわしい)や,うなぎの日本橋伊勢定の本店があったりして,そこはかとなく日本の文化を感じさせるあたり,さすがお江戸日本橋である。

170506-155928
 むろまち小路。江戸時代の品川町通りかな。

170506-155950
 むろまち小路から中央通りの日本橋三越本店を振り返る。

170506-160049
 むろまち小路のミカドコーヒー,その奥は志賀直哉が名づけたことで知られる寿司の蛇の市本店。

170506-160139
 蛇の市本店の前の四つ辻から北に延びる通りは,コレド室町とコレド室町2の間の仲通りに続いている。

170506-160153

170506-160348
 狂気さえ漂うペットボトル群。日が当たってキラキラするものを猫が嫌うという都市伝説があるらしい。路上駐輪避けにはなるかも。

170506-160534
 旧室町から本小田原町あたりには細い路地が多い。

170506-160727
 むろまち小路とあじさい通りの交差点が見えてくる。あじさい通り(ひょっとしたら新仲通りとも言うのかな)は日本橋室町と日本橋本町の境界になる。

170506-160747
 むろまち小路とあじさい通りの交差点にある老舗中華料理大勝軒。

170506-160802
 むろまち小路。突き当たりに昭和通りの上を走る首都高都心環状線の高架が見える。

170506-160830
 老舗の貫禄が感じられる大勝軒。残念ながら定休日だった。

170506-160844

170506-160946
 中華料理大勝軒。

170506-161122
 鳥萬,とんかつ宇田川,加賀麩の不室屋の並び。

170506-161212
 中華料理大勝軒の写真をもう一枚。

170506-161302

170506-161341

170506-161433
 あじさい通りを南へ。

170506-161553
 あじさい通りから路地を通って中央通りに抜けようと思うが……

170506-161615
 天丼「金子半之助」に長い行列ができていて行く手をさえぎる。行列が苦手な私は,思わずここで引き返す。

170506-161854
 あじさい通りに戻る。
 弁松総本店は折詰弁当専門店。都内の百貨店などでしか買えないが,ここ本店では小売りもしているらしい。
 シャッターに日本橋魚河岸按針町と書かれているように,もともと魚河岸で働いている人向けの食事処で,料理を持ち帰る人が多かったことから,徐々に折詰弁当専門店になったという。

 店の前の桜の木は阿亀桜(オカメザクラ)。マメザクラとカンヒサクラの交雑種という説明書きがあった。

170506-163003
 昭和通り(高架は首都高都心環状線)の日本橋本町スクエア,本町会館の前。昭和通りの東側の日本橋小舟町には,昭和の初期まで日本橋川から延びた東堀留川・西堀留川という入堀があり,日本橋の魚河岸などとともに舟運で栄えたところである。

170506-163320
 昭和通りからむろまち小路の加賀麩不室屋の前に戻る。

170506-163358
 とんかつ宇田川の前からむろまち小路の西側,日本橋三越本店方向を見る。日本橋三越本店本館と新館を結ぶ連絡通路が見える。

170506-163432
 加賀麩不室屋の横の路地を入る。

170506-163539
 あじさい通りに抜けようと思ったら,ここにもまた行列。天丼ではなく“天ぷらめし”の金子半之助。

 それにしても行列に並んでまで食べたいという気力がすごいね。行列が苦手な私は,日本橋なら行列のない名店がいっぱいあるだろうに……と思っちゃう。

170506-163742
 あじさい通りを南へ。中華料理大勝軒の前に戻ってきた。

170506-163953
 むろまち小路から仲通りに入り,南へ。

170506-164032
 日本橋焼餃子の前から仲通りの北側を振り返る。コレド室町とコレド室町2を結ぶ連絡通路が見える。

170506-164314
 日本橋三越新館の前,中央通りの日本橋北詰交差点に出る。

170506-164414
 日本橋北詰交差点から日本橋を見る。

 大きく見えるビルはコレド日本橋。その上に頭が飛び出ているのがコレド日本橋とは永代通りを挟んで向かい合う東京日本橋タワーである。

 さらにその奥に見えるタワークレーンは,上の方で書いた海苔とお茶の「山本山」本社と丸三証券本社のビル跡地の日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業C街区の再開発による高層ビルで,そのまた隣の高島屋日本橋店本館(日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業B街区)の改修と合わせて工事が行われている。
 ちなみにここも三井不動産。丸の内の“三菱村”に対抗するかのように,日本橋の“三井村”化が進んでいる。

 地方では県庁所在地どころから政令指定都市でも街が寂れ,景気回復の実感に乏しい状況が続いているが,東京のど真ん中では不景気などどこ吹く風といった感じの再開発ラッシュに沸いている。

170506-164644
 日本橋北詰交差点と日本橋三越新館。

170506-164740
 そして日本橋川に架かる日本橋。日本の道路元標があり,日本の道路網の源である。

 ちなみに福島県の国道4号線あさか野バイパスには五百川に架かる「日本橋」があるが,こちらは郡山市和田町と宮市にまたがることから名づけられ,日本橋(ひもとばし)と読むので注意が必要である。

170506-164940
 日本橋は1911年(明治44年)の竣工。日本の首都を代表する橋らしい重厚な石造二連アーチ橋で,親柱や中柱には塔柱が立ち,北詰東側は東京市の紋章を手にした獅子の青銅像が守っている。

170506-165016
 日本橋の上を首都高速都心環状線が通っている。景観的に上に被さる首都高速を問題視する議論があり,地下化しようという話もあるようだ。

 Wikipediaの「日本橋 (東京都中央区)」の項には,現行の日本橋が1911年に完成した当時の写真が載っている。写真がパブリックドメインなので,次に写真とそのリンクを貼り付けてみた。

Photo

 日本橋の見事さとともに,その手前の複線の線路に目が釘付けとなった。こんなところに鉄道が通ってたっけ? まさか貨物線か? ……と一瞬頭の中がパニックになりかけたが,日本橋の上を走っていた東京都電(当時は東京市電かな)の仮設橋だという考えに思い至り,やっと腑に落ちた。

170506-165113
 日本橋の南詰東側には「滝の広場」が整備され,日本橋川には東京湾クルージングの日本橋船着場がある。

170506-165304
 日本橋南詰の野村證券の前の「滝の広場」。

170506-165319
 日本橋南詰東側の親柱の燈柱。

170506-165356
 日本橋南詰の親柱も,東京市の紋章を抱えた獅子が守っている。

170506-165551
 日本橋南詰東側のソメイヨシノの下……

170506-165821
 日本橋南詰の野村證券ビル(旧日本橋野村ビル)は1930年(昭和5年)の竣工。奥行きがあって「軍艦ビル」とも呼ばれているらしい。

 このビルを含む一帯では,大規模な日本橋一丁目中地区の再開発計画が動いており,重要文化財等に指定されているわけではない野村證券ビルがどうなるのかは気になるところである。

170506-165837
 中央通りの日本橋南詰の交差点。この「日本橋一丁目1,2街区」でも約7,000m²の再開発が計画されている。もちろんここも三井不動産の計画だ。

170506-165941
 日本橋南詰西側の親柱。

170506-170004
 首都高速都心環状線の橋桁に設置された「日本橋」の銘板と野村證券ビル。

170506-170039
 日本橋南詰西側の親柱の燈柱と獅子。

 その後ろに見えるのは「K&K」の国分グループ本社である。K&K国分といえば缶詰のイメージで,少し前まで勝手に鹿児島県国分市(現在は合併して霧島市)の会社だと思い込んでいた。♫花は霧島 煙草は国分〜のイメージ。子供の頃に刷り込まれた記憶は強いね。

170506-170144
 日本橋から中央通りの南方を見る。

170506-170234
 日本橋の上を通る首都高速都心環状線にも「道路元標地点」と彫られた燈柱が立っている。

170506-170338
 日本橋の中柱の燈柱の両側には麒麟がいる。

170506-170348
 燈柱の影が伸び,そろい踏み。

170506-170438
 麒麟は伝説の霊獣で吉兆をあらわすことから,東京の繁栄を象徴している。麒麟の羽は,ここが道路元標地点であり,ここから西に北に羽ばたくことをも意味しているらしい。

170506-170552
 日本橋を渡り,北詰へ。

170506-170617

170506-170737
 日本橋北詰交差点。

170506-170947
 日本橋北詰交差点西側の親柱の獅子。

170506-171108
 日本橋北詰交差点の横には「道路元標の広場」があり,旧東京市道路元標と日本国道路元標(複製)が展示されている。

170506-171253
 東京市道路元標。
 里程標には,横浜市 二九粁,甲府市 一三一粁,名古屋市三七○粁,京都市 五○三粁,大阪市 五五○粁,下関市 一○七六粁,鹿児島市 一四六九粁 と書かれている。
 こういう一覧を見ると,その都市を選んだ基準が興味深く感じられる。今選ぶなら,甲府市じゃなくて静岡市,下関市じゃなくて福岡市かな。赤間関市じゃなくて下関市と書かれているということは,それほど古い記述ではないのかな。

170506-171904
 日本橋三越本店新館と本館の間。空中に連絡通路がある。ここにはタクシーのりばがあり,次から次へとタクシーが出てくる。先にも書いたが,東京都心部の交通手段は地下鉄・タクシー・徒歩が主流である。

170506-171930
 日本橋三越本店に室町一丁目町会の二の宮神輿が展示されている。この二の宮神輿は商売繁盛・医薬健康・開運招福のえびす様を乗せる神輿で,1973年(昭和48年)に日本橋三越が創業300年を記念して奉納したもの。

170506-171948
 一週間後には神田明神御祭禮「神田祭」(室町一丁目祭)が開催され,この神輿も神田明神へ宮入する。神田祭は「天下祭」とも呼ばれ,山王祭・深川祭と並ぶ江戸三大祭りのひとつである。

170506-172033
 日本橋三越本店の前から中央通りの北側を見る。

170506-172120
 屋号が書かれた弓張り提灯がズラリと並ぶ。

170506-172329
 日本橋三越本店本館正面玄関に並ぶライオン像。三越の象徴である。

170506-172419

170506-172521
 日本橋三越本店本館正面玄関のライオン像。前足や鼻はみんなになでられてツルっつるだ。

170506-172539
 江戸桜通りを挟んで向かい合うコレド室町(写真左・室町東三井ビルディング)とコレド室町3(写真右・室町ちばぎん三井ビルディング)。

170506-172727
 中央通り(写真左)と江戸桜通りの交差点。

170506-172753
 中央通りと江戸桜通りの交差点の三井本館(三井住友信託銀行・三井記念美術館)。

170506-172840

170506-172926
 桜の季節以外は意外にひっそりとした江戸桜通りの日本橋三越本店本館に,「三越地階賣場 地下鐵入口(地下鉄銀座線三越前駅)」があるので地下鉄に乗るために三越前駅へ。

170506-174114
 東京メトロ銀座線の三越前駅。

新日本橋〜日本橋室町
 ビルが多いのでGPS経路がグシャグシャになっている。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木曜日)

逢おうかまた蒲田で……Part2 大田区蒲田

170504170312edit

逢おうかまた蒲田で……Part2 東京都大田区蒲田


 JR蒲田駅西口周辺の繁華街を歩く。

170504-165608
 品川から京浜東北線の電車に乗り,蒲田駅で下車。駅ビル「GRANDUO蒲田」西館を出る。

 グランデュオ蒲田西館は10年ぐらい前までは「サンカマタ」だったが,大規模な改修工事によって,2008年にグランデュオ蒲田として生まれ変わった。

170504-165701
 蒲田駅西口前。

170504-165723
 東急池上線・東急多摩川線蒲田駅の駅ビル「東急プラザ蒲田」はグランデュオ蒲田西館とほぼ一体化している。と言っても,全フロアがつながっているわけではないところが若干まぎらわしい。

170504-165736
 蒲田駅西口のタクシーのりば。

 JR蒲田駅は不幸な駅である。

 蒲田駅には東海道線中距離電車のホームがなく,京浜東北線の電車しか停まらない。
 JR蒲田駅は東京都南部の拠点駅なので利用客数は多く,国内のJR線駅別乗車人数では23位(乗車人数144,072人)になっている。この数字は,東京都東部の拠点駅で総武線快速も停車する錦糸町駅の106,222人(42位)を大きく上回り,中野駅146,400人(22位)とほぼ同数である。

 JR蒲田駅に東海道線のホームが作られないのは,すぐ隣に川崎駅があるからだ。川崎駅は東海道の川崎宿に隣接しており,1872年(明治5年)に日本最初の鉄道が品川−横浜(桜木町)間に鉄道が開業した直後(約1か月後)に開業している。

 それから約30年後の1904年(明治37年),まだ見渡す限り田んぼだったところに蒲田駅が開業。蒲田の街は,この駅を中心に発達した比較的新しい街である。江戸時代からの街である川崎には,駅の出自の時点で敵わず,それを現在も引きずってしまっている。

170504-165755
 蒲田駅西口には蒲田西口商店街のサンライズ商店街とサンロード商店街というふたつの全蓋式アーケードがある。

170504-165812
 東急の駅ビル「東急プラザ蒲田」。

170504-165833
 ふたつある全蓋式アーケード商店街のうち,北側にあるのがサンライズ商店街(西口本通り)。商店街の入口にあった「千成」という大きな八百屋がなくなって,携帯電話ショップになっている。八百屋・果物屋のいろどりは,商店街を印象づける上でとても重要だと思っているので,ちょっと寂しい。

170504-165842
 サンライズ商店街の前からグランデュオ蒲田西館・東急プラザ蒲田(写真右)を振り返る。

170504-165934
 ふたつある全蓋式アーケード商店街の南側にあり,東急池上線・多摩川線と平行しているのがサンロード通り。

170504-170003
 サンロード通りの全蓋式アーケード。「どっきりカメラのキシ」のキシフォートは,“カメラ”,“フォート”を名乗っているが雑貨屋さん的ななにかである。

170504-170022
 東急プラザ蒲田の前から蒲田駅西口の広場を見る。植栽の工事が行われている。

170504-170044

170504-170212
 蒲田西口商店街のサンライズ商店街。

170504-170312
 サンライズ商店街の全蓋式アーケード。

170504-170319
 東急バスの路線バスが蒲田駅西口を出て行く。蒲田駅西口の駅前ロータリーにバスのりばはなく,駅前のバス通りにバス停が並んでいる。

170504-170337
 蒲田駅西口のグランデュオ蒲田西館。耐震補強工事を含めて,大規模な改修工事で新しいビルになっているが,上層階の外観には1970年に開業したサンカマタの面影が残る。

170504-170435
 蒲田駅西口から西に延びるバス通り。

170504-170451
 グランドキャバレー「レディタウン」がある。

170504-170624
 グランドキャバレー「レディタウン」。生バンドによる生演奏,生歌・ダンス。貴重な昭和の遺産とでも言える存在であるが,残念ながら8月10日で閉店してしまうとのこと。

170504-170552
 蒲田西口商店街のサンライズ商店街「サンライズ・ショッピングモール」。

170504-170658

170504-170714
 サンライズ商店街の全蓋式アーケードからJR蒲田駅を見る。

170504-170808
 西口サンライズ通り「サンライズ・ショッピングモール」。

170504-170927
 どっきりカメラのキシフォート,サンライズ蒲田店。カメラ関係は扱っていない。

170504-171006
 西口サンライズ通りの「サンライズ・ショッピングモール」。

 蒲田西口商店街の東側にあるからサンライズ通り,真ん中がサンロード通りなのだと推測してみた。東急池上線・多摩川線沿いの路地はさしずめサンセット通りなのだと思われる(現実にはくいだおれ横丁・東急駅前通り「バーボンロード」となっている)……

170504-171052
 約400mの全蓋式アーケード商店街である。

170504-171137
 南側を見ると平行するサンロード蒲田の全蓋式アーケードが見える。

170504-171217
 サンロード蒲田「サンロード・ショッピングモール」。

170504-171251
 サンロード蒲田「サンロード・ショッピングモール」。サンライズ商店街に比べると幅員がかなり狭い。

170504-171306
 さらに南側には東急池上線・多摩川線(目蒲線)が平行している。東急線のガード沿いは,東側(蒲田駅側・写真左)がくいだおれ横丁,西側が東急駅前通りとなっている。

170504-171406
 東急駅前通り「バーボンロード」。

170504-171419
 くいだおれ横丁。ガード上に東急蒲田駅のホーム屋根が見える。

170504-171513
 東急駅前通り「バーボンロード」。その名の通り飲食店が多い。

170504-171532
 東急駅前通り「バーボンロード」。東急池上線と多摩川線の電車が頻繁に走る音がするが,残念ながら商店街と一緒に写せる場所が見つからなかった。どこかに俯瞰できる場所があればおもしろいのだが……

170504-173735
 サンライズ商店街の亀屋百貨店の前に戻る。亀屋百貨店は昭和2年の創業の老舗。家具とインテリアの大きな店だ。

170504-173811
 亀屋百貨店とサンライズ蒲田「サンライズ・ショッピングモール」。

170504-173931
 西口サンライズ通り「サンライズ・ショッピングモール」を西へ。

170504-174044
 蒲田センタービル。

170504-174220
 西口サンライズ通り「サンライズ・ショッピングモール」のイナバかばん店の前の四ツ辻。

170504-174259
 四ツ辻を南へ。サンロード蒲田の全蓋式アーケードはここ(写真左)で終わっている。突き当たりは東急線のガード。

170504-174312
 おふくろの味「蒲田食堂」昔懐かし定食や……と看板に書かれているめし処「壱番隊」。どれが店名だかわかりにくい。店の前で子供たちが遊んでいるという,最近では珍しくなった光景が見られた。

170504-174331
 蒲田食堂(壱番隊)の前から西側を見る。

170504-174431
 サンロード蒲田の全蓋式アーケードの中から西側を見る。

170504-174505
 サンロード蒲田「サンロード・ショッピングモール」。

170504-174550

170504-174619
 東急池上線の電車とガード横の東急駅前通り「バーボンロード」。

170504-174722
 蒲田食堂「壱番隊」の横から西に続く路地。

170504-174900
 サンライズ蒲田商店街に戻る。

170504-174923
 サンライズ蒲田商店街の純喫茶「リオ」。こういう喫茶店が残っているかどうかは,街の奥深さの指標になる。

170504-175016
 イナバかばん店の前から東側(蒲田駅方向)を振り返る。

170504-175409
 蒲田西口商店街から駅前のバス通りを渡り,蒲田西口クロス通り商店街へ。蒲田西口クロス通り商店街は蒲田駅西口の駅前ロータリーの西側に広がり,バス通りと多摩堤通りに挟まれたエリアにあたる。

170504-175932
 このあたりは,昔少年チャンピオンに連載された漫画「750(ナナハン)ライダー」の作者の出身地だとかで,三番街すずらん通りには「750ライダー」の商店街フラッグが下がっている。

 ただ,蒲田西口すずらん通り商店街は蒲田駅前から多摩堤通りに沿った商店街だと思っていたので,ここがすずらん通り商店街なのか,蒲田西口クロス通り商店街との関係がどうなっているのかがよくわからない。

170504-180134
 蒲田西口クロス通り商店街を東の蒲田駅方向に歩く。

170504-180231
 蒲田西口クロス通り商店街のスナック「ガッティ」の横から多摩堤通り方向に続く路地。

170504-180318
 蒲田西口クロス通り商店街の西側を振り返る。

170504-180349
 蒲田西口クロス通り商店街は,大きな荷物を引きずって蒲田駅方向に向かう人が多い。商店街の西側にホテルが多いからだと思われる。

170504-180530
 蒲田西口クロス通り商店街の立花屋。ここの四ツ辻が「クロス通り」の名の元になった交差点だと思われる。大正時代,このあたりにやっと市街地が形成し始め,まだ「御園(ミゾオ)」と呼ばれていた頃(現在は西蒲田七丁目),既にここには十字路があったことが古い地形図から見てとれる。

170504-180612
 立花屋を正面から捉えた写真を撮っておく。

170504-180706
 立花屋の前からクロス通りの東側を見る。突き当たりには蒲田駅前の弘城ビルが見える。

170504-180812
 立花屋の前から蒲田西口クロス通り商店街の西側を振り返る。

170504-181012
 四ツ辻の少し北側から立花屋・蒲田駅前郵便局方向を振り返る。

170504-181028
 ラーメン二郎JR西口蒲田店がある。ラーメン二郎と言えば,山盛りになったラーメンの写真を何度も見たことはあるが,たまたま今まで自分の行動範囲に店が存在したことがなく,たぶん生まれて初めて「ラーメン二郎」として視野に入ったラーメン二郎である。店に入らず通過したけど……

170504-181108
 写真左奥が多摩堤通りとの交差点。

170504-181146
 ラーメン二郎の前から西に延びる蒲田西口クロス通り商店街を西へ。

170504-181216
 スナック「カトレア」,スナック「香奈児(シャネル)」がある四ツ辻。香奈児でシャネルは読めない。

170504-181749
 そのまま西へ歩き,小さな飲食店街のある交差点へ。

170504-181803
 かつての地名が残る御園写真館の先にはビジネスホテルやラブホテルが並んでいる。

170504-181924
 多摩堤通り(蒲田西口すずらん通り商店街)へ出る。左側は壱岐いきスナック「さくら」。

170504-182047
 多摩堤通り(都道11号線)をJR蒲田駅西口に向かって走る東急バス。

170504-182127
 大國鮨から時計・宝石の精光堂の並び。交差点の45°面取りが美しい。

170504-182253
 大國鮨の並び。

170504-182319
 しゃれた工場風にも見える建物。元は何だったのだろう。

170504-182541
 東京蒲田病院北西の多摩堤通りの交差点。大田都税事務所バス停の近く。

170504-182722
 東京蒲田病院の裏側(南側)に回ると,10分ぐらい前にチラッと見た飲食店街となる。

170504-182804
 小料理店やスナックがズラリと並ぶ。

170504-182852
 特にこの飲食店街の名前があるわけではないようだ。

170504-182905

170504-182915
 BAR「黒ばら」の前から東側(蒲田駅側)を見る。

170504-183017
 交差点の45°面取りは大好きだが,角アールはもっと好きだ。

170504-183104
 焼鳥「松之山」。

170504-183203
 角アールの建物だけでも大好きなのに,それが向かい合わせになっていて,立ち去りがたい。

170504-183329
 後ろのビルは東京蒲田病院。

170504-183355
 焼鳥「松之山」の前から西側を振り返る。

170504-183412

170504-183527
 西蒲田七丁目,東京蒲田病院裏の飲食店街。

170504-183609
 西蒲田七丁目,東京蒲田病院裏の飲食店街。

 午後6時半を過ぎ,だいぶ暗くなってきた。

170504-183817
 再び多摩堤通りを横断して北側の西蒲田六丁目側に抜け,細い路地を通って女塚神社方向へ。榛名看護婦家政婦紹介所がある。このあたりは女塚(ヲナヅカ)という地名だったところである。

170504-183906
 曲がった道路の雰囲気や古い地図を見た感じだと,右側の道路はこのあたりに家がほとんど建っていなかった頃からの道だと思われる。

170504-184141
 西蒲田六丁目の女塚神社。もともとはJR蒲田駅東口付近にあった旧御園村・旧女塚村の鎮守の八幡社が,東海道線の敷設でこの地に移転し,女塚神社と改称したものらしい。

170504-184513
 女塚神社の前から大城通り商店街に抜ける。

170504-184549
 大城通り商店街。蒲田駅近くの多摩堤通りから都立大森高校付近まで,北北西に約900mもある長い商店街である。

170504-184639
 大城通り商店街。相生小学校の東側にある変形六叉路(駐車場への通路を入れると七叉路のようにも見える)。

 蒲田付近はもともとは水田地帯で,東京湾に向かってかすかに傾斜のある水田に水を配するために形成されたあぜ道が元になった道路が多く,そこを旧東海道や東海道本線が斜めに真っ直ぐ横切ったところに街が形成したため,道路が斜めに交差している箇所が多く,必然的に五叉路・六叉路(そして七叉路の「七辻」でも有名)が多くなる。

170504-185034
 大城通り商店街の南端にある商店街アーチ。
 このあたりから西蒲田一丁目〜六丁目にはバス路線がなく,公共交通機関のないエリアが広がっており,タクシーと自転車を多く見かけた。

170504-185100
 大城通り商店街の商店街アーチの横が五叉路になっている。

170504-185216
 大城通り商店街の南端の五叉路。

170504-185245
 飲食店の多い細い路地を通って蒲田駅近くの多摩堤通りに抜ける。

170504-185305
 西蒲田五丁目にはスナック・小料理屋が密集した三角地帯がある。

170504-185335
 三軒茶屋の三茶三角地帯より規模は小さいが,紛れもない三角地帯である。

170504-185418
 直角三角形なのでここの角度は90°。

170504-185623
 直角三角形の鋭角の横にスーパーホテル東京JR蒲田西口がある。

170504-185716
 ツタが電線にからまっている。

170504-185745
 直角三角形の斜辺にあたる路地。直角三角形の斜辺の長さは外接円の直径に等しく,直角をはさむ2辺の長さの和から内接円の直径を引いた差に等しい。

170504-185921
 直角三角形の斜辺を蒲田駅方向に伸ばした路地にある長屋式飲食店街。

170504-190003
 多摩堤通りとの交差点が見えてきた。

170504-190037
 路地の北西方向を振り返る。

170504-190159
 多摩堤通りとすずらん通りとその他の通りの交差点。日本工学院専門学校・東京工科大蒲田キャンパスの前にあるこの交差点は,蒲田らしく数え方によっては七叉路になっている。

170504-190557
 日本工学院専門学校・東京工科大蒲田キャンパスの前の交差点から蒲田西口クロス通り商店街・蒲田駅前郵便局方向に延びる通り。

170504-190747
 この通りは多摩堤通りから蒲田駅方向に延びるバス通りで,バスの降車場が並んでいる。

170504-191238
 中島ビル。

170504-191425
 蒲田駅前の降車場に到着した蒲田駅行きのバス。

170504-191449
 蒲田駅前のニューカマタビル。

170504-191621
 蒲田駅西口には弘城(ひろき)ビルが複数あるだけでなく,パチンコ弘城やシティホテル弘城,焼肉弘城,中国料理大飯店弘城,台湾菜館弘城など,ヒロキがあふれている。

170504-191700
 Club Music & Bar 8810。階段のところに身体がはさまって入れなかった……というのはウソだよ。

170504-191721

170504-191919
 多摩堤通りからJR蒲田駅ホームの横に続くすずらん通り。突き当たりに京浜東北線の電車が停まっているのが見える。
 たぶんここがもともとの多摩堤通りで,東海道本線で分断されてしまったのだと思われる。

170504-192018
 ここから日本工学院専門学校・東京工科大蒲田キャンパス方向に延びているのが蒲田工学院通り商店街である。

170504-192142
 蒲田工学院通り商店街には飲食店,特にラーメン屋がとても多い。

170504-192158
 工学院通り商店街で晩飯を食べようと思ったが,若い人向けの店ばかりのような気がして困ってしまう。

170504-192247
 工学院通り商店街。

170504-192301
 蒲田工学院通り商店街の蒲田駅方向を振り返る。

170504-192359
 工学院通り商店街の商店街アーチ。

170504-192648
 蒲田駅前のドン・キホーテ。

 ゴチャゴチャとした雑多なものは案外大好きなのだが,なぜかドン・キホーテは私の琴線に触れず,半世紀以上の人生でいまだに利用したことがない。

170504-192831
 ドン・キホーテ他が入る弘城ビル。都市の雑居ビルの典型といった感じである。

170504-192909
 蒲田駅から電車に乗って帰路に着く。

 蒲田の街のごく一部を歩き回っただけだが,雑多な街を満喫した。やっぱり蒲田は奥が深い。

蒲田駅西口

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS

【関連記事】
2007年11月17日 (土曜日):蒲田の街で晩飯を食う
2010年11月20日 (土曜日):逢おうかまた蒲田で……
2011年11月20日 (日曜日):蒲田駅から品川行きのバスに乗った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急品川駅の上下ホーム連絡通路から見る

170504160730

 JR東日本の品川車両基地跡地の再開発やJR東海の中央リニア新幹線品川駅の工事,京浜急行の品川駅地平化計画にともなって,数年後には変わり始めそうな品川駅(既にJRのホームは変わりつつある)。
 京浜急行品川駅からJRに乗り換える機会があったので,京急の上下ホーム連絡通路からの俯瞰を中心に写真を撮ってみた。

170504-160937
 現在の京急品川駅は2面3線の高架駅になっている。これを地平化する計画が進められている。
 全国区の中核都市で,街を駅や鉄道が分断しているため街が衰弱しているという理由で駅の高架化が進められている中,首都東京の中心的な駅である品川駅で,高架駅を地平化する計画があることがとてもおもしろい。
 そういえば,JR東海道本線沿線は,品川も川崎も横浜も地平駅のままである。

170504-160956
 京急品川駅の下りホームのペイントは,慣れないとわかりにくい。

170504-161115
 上下ホーム連絡通路をエスカレーターで下る。

170504-161159
 下りホームの上に掲示される発車案内。比較的最近まで(と言っても2000年頃までだったろうか)反転フラップ式の案内表示機が残っていたが,現在はLED方式の案内表示機になっている。

170504-161425
 JR品川駅との間にある中間改札口と下り1番線ホームが同じ高さにある。

170504-161440
 JR品川駅構内の京急線切符売り場。

170504-161600

170504-161639
 階段を下りるとJR品川駅構内となる。

170504-161826
 JR品川駅の京浜東北線ホームへの階段。階段の手摺りは転落事故防止の観点から基本的には下り用のはずだが,利用客の動線を考慮したためか,下りは階段の真ん中,上りが手摺りのある両側を利用するようになっている。

 もちろんJRもそのへんはわかっていて,「手すりを必要とされるお客様は、通行区分に関わらずご利用ください。お客さまのご理解とご協力をお願いいたします(品川駅長)」という貼り紙があちこちに掲示されている。真ん中に一本手摺りがあると良いかも(真ん中に手摺りを設けるには階段が狭すぎるかな)。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »