« 雨に降られた大岡川の桜 横浜市黄金町 | トップページ | 舞い散る桜の花ひらつかまえて 平塚市 »

2017年4月15日 (土曜日)

京急逸見から緊張感高まる横須賀軍港へ

170415145646edit

京急逸見から緊張感高まる横須賀軍港へ


 北朝鮮をめぐる情勢が緊迫化し,アメリカの原子力空母「カール・ビンソン」がオーストラリアから進路を変更して北上しているという今日この頃,ひょっとしたら横須賀基地の空母「ロナルド・レーガン」にも動きがあるのではないかと思い立ったりしたわけでもなく,ただ何も考えずに京急の浦賀行き普通電車に乗り,横須賀方面へ。

170415-144552
 京急逸見駅(横須賀市東逸見町)で下車し,浦賀行きの電車を見送る。横須賀市の駅らしく,横須賀中央寄りも横浜寄りもトンネルになっている狭い谷戸に逸見駅はある。

170415-144801
 逸見駅の入口。「いつみ」ではなく「へみ」と読む。

170415-144845
 京急線のガード下から逸見東栄会商店街を見る。

170415-144911
 京急線逸見駅から北側は逸見中央商店街となっている。歩道の上にアーケードが設置されている。逸見東栄会商店街〜逸見中央商店街〜逸見美和会商店街と続くこの通りは逸見按針通りと名づけられている。

170415-144940
 商店街は逸見按針通りと横須賀街道(国道16号線)の交差点まで続いている。そびえ立つのはウェルシティ横須賀(ウェルシティ市民プラザを併設)の地上31階建ての住居棟。

170415-145139
 京急線ガード(逸見駅のホーム)の南側,逸見東栄会商店街の小林食肉店・ひかりや文具店の前の歩道にもアーケードがある。アーケードというより軒下を伸ばした雁木のような日覆いだ。

170415-145234
 逸見按針通り南側の逸見中央商店街を見る。

170415-145459
 逸見中央商店街の旧山崎牛乳店の看板建築。現在はイタメシ屋「パッポーナ」になっている。

170415-145537
 逸見中央商店街。

170415-145646
 はきものと傘の店「ゴンドラ」と岩沢養鶏直売所。

170415-145730
 逸見中央商店街の奥行きのない店舗。たしか“花と金魚”の髙橋生花店だったところ。

170415-145814
 ゴンドラ履物店の看板建築。

170415-145919
 逸見中央商店街を逸見駅方向に引き返す。

170415-150016
 イタメシ屋パッポーナの前。京急線の高架橋に逸見駅のホームがある。

170415-150343
 逸見駅に戻り,逸見按針通りの東側に平行する曲がりくねった通りへ。この通りには横須賀逸見郵便局もあり,逸見按針通りの旧道だと思ったのだが確証はない。ひょっとしたら元は小川が流れていて,それを暗渠化した道のようにも思われる。

170415-150416
 逸見駅を振り返る。

170415-150455
 北にウェルシティ横須賀がそびえる。

170415-150618
 誰もいない東逸見2丁目公園。遅咲きの桜が咲いている。

170415-150730
 横須賀逸見郵便局の前から北側を見る。

170415-150901
 横須賀逸見郵便局の前から西に続く通りと逸見按針通りの交差点。写真右が東逸見町一丁目,左が東逸見町二丁目となる。交差点の手前側の街路灯についていた「あずま会(商店街)」という表示がなくなっている。交差点の先の「福見会(商店街)」の表示は残っている。

170415-151030
 交差点から逸見中央商店街の南側を見る。

 東京湾を背後にしてこの写真の町並みを見ていることもあって,南を見ていることに違和感を感じる。横須賀の街や日本海沿いの町並みを見ているときに感じる独特の違和感だ。
 たぶん,太平洋側での生活が長いため,海が南側・東南側にあるという感覚が身に染み込んでいるのだと思う。日本海側の町に旅しているときは,頭の中の地図で日本海を無意識のうちに感じているので違和感はやや薄まるが,横須賀は首都圏にあるので違和感が強いのかもしれない。

170415-151044
 逸見中央商店街。残念ながら商店街に賑わいがなくなっている。

170415-151219
 はきものと傘の店「ゴンドラ」の向かいの「ふじみや」も看板建築だ。

170415-151332

170415-151347
 逸見按針通りの横断歩道を渡り,逸見郵便局方向を振り返る。

170415-151416
 写真左の逸見按針通りの東逸見町一丁目側が「逸見美和会通り」,右の逸見郵便局に続く通りから逸見按針通りの東に平行する通り(こちらも東逸見町一丁目)が「あずま会」になる。

170415-151436
 逸見按針通りの交差点から西に続くのが「福見会」商店街。万国旗がはためき,街路灯の案内も健在で,まだ商店街組織が機能している。

170415-151531
 福見会商店街の永沼畳店の前から商店街の西側を見る。

170415-151627
 福見会商店街。残念ながらシャッターが下りたままの店舗が多い。

170415-151745
 逸見按針通り側を振り返る。

170415-151815
 福見会商店街のダイヤスーパー香取屋。以前は写真右に少しだけ見える空き地にも店舗があったので,ずいぶん縮小しているが店は健在だ。

170415-151953
 ダイヤスーパー香取屋の南側の築堤を京急線の電車が走る。ふと2008年5月に京急逸見からJR横須賀駅まで歩いたときに撮った写真を振り返ったら,今回もほとんど同じような写真を撮っていることがわかった。薄々感じてはいたが,ほとんど進歩していない自分が情けなくなる。

170415-152021

170415-152120
 ダイヤスーパー香取屋の(たぶん本体の)売場があったところが駐車場になっている。

170415-152421
 西逸見町二丁目の鹿島神社。横須賀港の海上自衛隊横須賀地方総監部のあたりが鹿島崎と呼ばれ,鹿島神社はかつてはそこに存在したそうだが,火事で社殿を全焼,土地は明治時代に海軍用地となり,この地に移転したという。ここには三浦按針の屋敷があったとも言われる。

170415-152526
 鹿島神社の南側を京急線の電車が走る。

170415-152644
 鹿島神社の横から横須賀街道の汀橋交差点方向を見る。ずっと曇り空だったが,日射しが出てきた。

170415-152719
 鹿島神社の境内。

170415-152946
 神奈川県東部は気温が高めで,曇り空なのに夏日になりそうな勢いだった(横浜の最高気温は23℃)。明日は晴れの天気予報なので,最高気温は25℃を越える夏日になりそう。

170415-153013
 鹿島神社前のやきとり「鳥吉」の横。

170415-153038
 西逸見町二丁目の鹿島神社。

170415-153202
 やきとり鳥吉の前から汀橋交差点方向を見る。

170415-153311
 小林理容院,カワウチ時計店の前。

170415-153425
 タカナシ牛乳逸見直売店の前の四つ辻。福見会商店街から万国旗の飾りが続いている。

170415-153544
 佐藤精肉店の前から北側を見る。突き当たりの交差点が横須賀街道の汀橋交差点。ウェルシティ横須賀が間近になってきた。

170415-153607

170415-153624
 タカナシ牛乳逸見直売店の前の四ツ辻を振り返る。店頭に「みるく」と書かれたテントがあるのでスナックかなと思うと,タカナシ牛乳逸見直売店なのである。

170415-153656
 佐藤精肉店の前から四ツ辻のある南側を見る。

170415-153713
 西逸見町一丁目を汀橋交差点に向かって歩く。

170415-153934

170415-154135
 左の路地はどうやら川だったところを暗渠化したように見える。「汀橋」という名の橋は横須賀街道の橋だと思われるが,たぶんこの川に架かっていた橋なのだろう。だとすると,横須賀逸見郵便局の前の道も,この川の名残の可能性が高い。

170415-154255
 五叉路のようにも見える。右側の細い路地もひょっとしたら小川の跡か。

170415-154342
 横須賀街道の汀橋交差点に出て,逸見駅入口交差点方向を見る。ウェルシティ横須賀ポートバレーヌ1番館〜4番館が並ぶ。横須賀街道沿いの南側(写真右)は汀親会商店街となっている。
 汀橋という橋自体はそれほど大きな橋だったとは思えないが,交差点や商店街の名前として残っているところを見ると,地域の方の思い入れの強い橋だったのだろう。

170415-154626
 逸見駅入口交差点付近から逸見美和会商店街の裏側に続く東逸見町一丁目の路地。

170415-154950
 汀橋交差点に戻り,小川が暗渠化されたと思われる路地を歩く。逸見按針通りへの繋がり方も,いかにも元は小川だったかのように見える(思い込みかもしれないが)。

170415-155039
 写真右が逸見按針通りの逸見美和会商店街。

170415-155055
 逸見美和会商店街の茶舗白鳥園の横の路地。

170415-155139
 茶舗白鳥園の横の路地を入ると,行き止まりの路地が入り組んでいる。

170415-155345
 道幅が不均一で入り組んだ路地のある住宅街。

170415-155727
 細い路地を通って逸見按針通りに抜け……

170415-155744
 逸見按針通りの逸見美和会商店街を横断する。

170415-155813
 逸見美和会商店街から逸見中央商店街を見る。

170415-155859

170415-155916
 逸見美和会商店街から逸見駅入口交差点方向を見る。

170415-160001
 逸見按針通りから地図に載っていない細い路地を通って,逸見郵便局前の通りの小林家具店の前に出る。上に書いた推測からすると,この道路の半分(右半分)は小川を暗渠化したものだと思うのだが,どうだろうか。

170415-160330
 小林家具店の前から北側を見る。正面の細い路地が暗渠化した小川だと推測……

170415-160413
 旧あずま会商店街。街路灯に「あずま会」の表示がなくなっているので,商店会は解散してしまったのだろう。

170415-160740
 美味そうなスープのにおいが漂ってくる一福食堂。いまどきのこういう店は外れが少ない。そうじゃないと今の時代は生き残れない。

170415-160833
 9年前にここを歩いたときには,向かいにあった旅館「逸見館」に気を取られて,この建物に気づかなかった。
 その「逸見館」の建物は既になくなり,普通の住宅に変わっていた。

170415-160945

170415-161010
 出桁造りの建物が並ぶ。

170415-161109

170415-161138

170415-161230
 戸袋の装飾は家紋だろうか。

170415-161407
 旧「あずま会」商店街の南側を振り返る。

170415-161447
 出桁造りの町家。やはりこの通りは逸見按針通りの旧道だったと思われる。

170415-161514

170415-161623
 以前は旧あずま会商店街の安田青果店跡地の前を通り,逸見美和会商店街に出る。

170415-161727
 逸見美和会商店街。逸見駅入口交差点には車の列ができている。

170415-161846
 横須賀街道に出ると,逸見駅入口交差点の横に見事な看板建築の店舗がある。現在はオアシス倶楽部という店が入っている。

170415-161931
 横須賀街道の汀親会商店街。ここにも「逸見按針通り(Hemi Anjin Street)」のストリートフラッグが掲げられている。逸見美和会商店街から逸見中央商店街・逸見東栄会商店街と続く通りだけが逸見按針通りなのではなく,逸見一帯の商店街が地域ゆかりの三浦按針(ウィリアム・アダムス)のもとにまとまって,街を盛り上げようという取り組みらしい。商店街には厳しい時代なので,こういう試みも必要だ。

170415-162029
 汀親会商店街の永原園茶舗の横に気になる路地がある。

170415-162112
 永原園茶舗横の細い路地を入ると第一万年荘などのアパートが並び,その真ん中に小さな駐車場がある。

170415-162153
 この駐車場,どこから車が出入りするのかが気になってしまった。横須賀街道(国道16号線)へは写真正面の路地で繋がっているが,途中はとても狭くなっていて,車が通れそうには見えない。

170415-162226
 第一万年荘の裏側に回ると,さらに細い路地になっている。

170415-162313
 となると,やはりここを通って横須賀街道から出入りするのだろうか。壁面にはガス管や水道管が這っていて,ここを車が通るとしたら大変だな……

170415-162454
 逸見駅入口交差点のセブンイレブンの前に戻る。日がだいぶ傾いてきたが,まだ昼飯も食べてないことに気づく。一福食堂まで戻って夕飯を食べるには早いし,セブンイレブンで食いものを買って,ウェルシティ横須賀の前の公園で食べることにする。

170415-163352
 ウェルシティ市民プラザ前のウェルシティ公園のベンチに座り,見事な看板建築を見ながら握り飯を食う。そういえば9年前もここで握り飯を食っていたら,妙に人なつこいスズメが寄ってきたことを思い出した。

170415-172343
 この日はスズメが寄ってくることはなかったが,上空でトンビが数羽,低空旋回。明らかに私の握り飯を狙っている。
 襲撃の瞬間を撮ろうと,トンビが近づいてきたときにカメラを向けると遠ざかる。目立たないようにiPhoneのカメラを使っても気づかれた。上空から,ちゃんと握り飯とiPhoneを判別している。さすがに眼がいい。

170415-171016
 トンビは眼がいいだけじゃなく,頭もいい。あとからやってきて私の前のベンチに座った親子連れは上空のトンビに狙われていることに気づいていたのに,背後のウェルシティ横須賀側から目立たないように降下してきたトンビに2度も食べものを奪われた。

170415-171525
 2度目の襲撃のときのトンビ。気をつけていても,ほんの数秒目を離した瞬間に目立たない側から降下してくる。
 江の島のトンビは強引に襲ってくるイメージだが,鎌倉や横須賀のトンビは少数精鋭で巧妙だ。

170415-172811

170415-172841
 横須賀街道(国道16号線)をJR横須賀駅方向に歩く。ウェルシティ横須賀ポートバレーヌ1番館〜4番館の並びの圧迫感。

170415-173053
 横須賀街道(国道16号線)の横須賀隧道と新横須賀隧道。道路の曲がり具合から,写真左側があとから掘られた新横須賀隧道だとわかる。トンネルの横に横須賀駅商栄会商店街が並んでいる。

 横須賀市は起伏の激しい地形ゆえにトンネルが多いことで知られる。国道16号線の横須賀市内の16か所のトンネルの中で最も新しいのが新横須賀隧道で,1990年(平成2年)の竣工である。交通量の多い国道16号線のトンネルは早くから上下線用に2本目のトンネルが掘られているが,JR横須賀駅のすぐ横のここが1990年まで片側1車線のトンネルしかなかったというのは意外だ。すぐ横に横須賀線のトンネルが並行しているために工事が難しかったのかもしれない。ひょっとしたらウェルシティ横須賀ポートバレーヌの側に商店街があった可能性もある。

170415-173556
 横須賀駅商栄会商店街。JR横須賀駅のすぐ横にあり,駅前と言ってもいい近さではあるが,交通量の多い横須賀街道が通行経路を分断している。残念ながら横断歩道もなく,代わりに地下道が設けられている。厳しい立地だ。

170415-173607
 横須賀駅商栄会商店街と横須賀街道の横須賀隧道。

170415-173727
 横須賀駅商栄会商店街の長屋型店舗では季節料理「詩」が営業中。

170415-173828
 地図では「JR横須賀駅(国道)」バス停となっている「横須賀駅(裏)」バス停。Wikipediaにも“汀橋の南方の一つ隣は「横須賀駅(裏)」というバス停があったが、現在は「横須賀駅(国道)」に改められている”と書かれているが,現地のバス停名は「横須賀駅(裏)」のままになっている。

170415-173847
 小料理「静むら」,らいむらいと,北京食堂が営業中。よく見ると,小料理「静むら」の前にあるバス停のポール(標識柱)の表記も「横須賀駅(裏)」となっている。

170415-173912
 良くも悪くも横須賀らしい風景だ。

170415-173949
 横須賀隧道の尾根の手前が東逸見町一丁目,向こう側は汐入町一丁目となる。

170415-174113
 幕末から軍港として栄え,1889年(明治22年)末の横須賀(当時は横須賀町)の人口は24,366人で奈良町の24,459人に次ぎ,後の県庁所在地や政令指定都市の千葉町22,259人,青森町19,484人,東京府荏原郡品川町17,108人,福島町16,629人,浜松町13,857人,山口町13,653人,浦和村5,843人,川崎町5,036人などよりも大きい町だった。

 市街地は車が入れない急傾斜地まで広がり,それゆえ現在では人口減少問題が深刻になっている。小樽,呉,尾道,佐世保,長崎など,傾斜地にまで市街地が広がっている港湾都市に共通する問題だ。現在は人口増加傾向にある横浜市,川崎市,神戸市,広島市も傾斜地が多く,将来は同様の問題が生じる可能性が高い。

170415-174202
 よこすか横断地下道の横須賀駅商栄会商店街側の出入口が見える。

170415-174328
 横須賀隧道(新横須賀隧道)と高級時計の老舗時計店太安堂本店。店主が腕時計の収集でも有名な方で,店内には横須賀腕時計博物館がある。

170415-174543
 交通量の多い横須賀街道(国道16号線)で分断された横須賀駅商栄会商店街側と横須賀駅を結ぶ「よこすか横断地下道」。かつては横須賀駅前のバスのりばまで繋がった連絡地下通路だったが,バスのりば側は廃止されている。

170415-174616
 地下道でバスのりばまで行けなくなったため,地下道を出てから踏切を渡ることになる。

170415-174636
 よこすか横断地下道を出たところにある横須賀踏切。

170415-174811
 横須賀踏切からJR横須賀駅のホームを見る。線路の横にレンガが敷かれ,通路のようになっている。以前は車が通れるような広い踏切になっていたと推測される。JR横須賀駅前の広場と駅の南側が広い踏切で繋がっていた頃は,横須賀駅商栄会商店街はその名の通り駅前の商店街として機能していたんじゃないだろうか。

170415-174823
 現在は車が通行できない踏切になっている。

170415-174858
 踏切のすぐ横に全長73mの逸見トンネルがある。トンネルの横須賀駅側は複線で,トンネルの中で単線になっている。横須賀駅構内でも複線ある線路の南側の線路にホームはなく,単線分しか使われていない。1面2線ホーム(厳密には2面3線で,使われていない貨物ホームがある)の片側は頭端式になっている。

170415-174929
 JR横須賀駅。

170415-175013
 逸見トンネルを抜けて横須賀線の電車がやってきた。逸見トンネルの真上には Liberty Cove House が建つ。米軍の一括借り上げ賃貸マンションらしい。

170415-175101
 階段がひとつもないことで“関東の駅百選”に認定されているJR横須賀駅。認定理由は「階段が一つもない平坦な、人にやさしい駅」だそうで,階段がないことが人に優しいことはわかっているのに,無駄に橋上駅にしたがる駅が多すぎると思う。

170415-175116
 横須賀駅前のタクシーのりば。逸見トンネルの真上に建つ Liberty Cove House の基礎杭はどうなっているんだろう。

170415-175234
 大きくないのに風格を感じるJR横須賀駅。

170415-175539
 JR横須賀駅前。

170415-175643
 横須賀駅前のバスのりば。左端にチラッと見えるのが,かつての連絡地下通路の出入口。

170415-175741
 横須賀駅前のバスのりばの上を本町山中有料道路が通る。本町山中有料道路は横須賀市汐入の国道16号線と横浜横須賀道路を結ぶ。

170415-175823

170415-175838
 JR横須賀駅のすぐ前にあるヴェルニー公園へ。東京都品川区の「船の科学館」から,昨年横須賀に80年ぶりに“里帰り”したばかりの旧日本海軍の戦艦「陸奥」の主砲砲身がお出迎え。

170415-180430
 戦艦「陸奥」の主砲砲身は全長18.8mで,重さは102トンもある。口径は45口径41cmで射程はなんと36km。戦艦「陸奥」は1921年(大正10年)に横須賀海軍工廠で建造され,1936年(昭和11年)の改修でこの主砲が4基搭載されたという。

170415-180457
 横須賀港は追浜や浦賀,久里浜などの複数の港からなるが,ここ横須賀本港地区は海上自衛隊横須賀基地,横須賀潜水艦基地,アメリカ海軍第7艦隊横須賀基地のある軍港である。

170415-180711
 戦艦「陸奥」の主砲砲身の前のベンチに座り一休み。

170415-181631
 海上自衛隊横須賀基地に停泊中の護衛艦「かが」。よく見たが,横須賀港が定係港の「いずも」ではなく,停泊しているのは呉が定係港の「かが」だった。「かが」は「いずも」と共に海上自衛隊で最大の艦艇である。

170415-183918
 JR横須賀駅に戻ったら,ちょうど衣笠駅行きの来たので乗り込み,横須賀中央駅前で下車した。

170415-184014
 乗ってきたバスが走り去るのを見送る。2012年4月末に閉店した西友横須賀店の跡地には,大滝町2丁目地区市街地再開発による地上38階建てのザ・タワー横須賀中央がそびえる。

170415-184032
 京急線の横須賀中央駅方向を見るとサンコリーヌタワー横須賀中央駅前がそびえる。
 ヤジマレコード本店が入ったザ・プライム(横須賀プライム)は元緑屋横須賀店である。

170415-184324
 京急横須賀中央駅と横須賀モアーズシティ。

170415-184618
 京急線の横須賀中央駅ホームには,珍しくなったパタパタ(反転フラップ式案内表示機)が健在だ。関東地方では京急川崎駅とここ横須賀中央駅ぐらいにしか残っていないんじゃないだろうか。

 百恵ちゃんの「横須賀ストーリー」をアレンジした電車近接案内のメロディーが流れる。“快速特急”ではなく,各駅停車の普通電車に乗って帰ることにする。

京急逸見〜横須賀

── PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

【関連記事】
2008年5月17日 (土曜日):京急逸見からJR横須賀へ(9年前の記事だが,恥ずかしいぐらいに同じところを撮った写真が多い)

|

« 雨に降られた大岡川の桜 横浜市黄金町 | トップページ | 舞い散る桜の花ひらつかまえて 平塚市 »

・14 神奈川県横須賀市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、オフの日に久しぶりに行ってみようかと考えてます。

投稿: マイベイ | 2017年6月 1日 (木曜日) 22時07分

 今年の夏は暑くなるらしいので,暑くなる前にぜひとも行ってみてください。

投稿: 三日画師 | 2017年6月 4日 (日曜日) 11時32分

ここを見て横須賀のヴェルニー公園行きたくなりました!トンビなんですが、ちなみに私は称名寺でお弁当を食べていたら鶏肉を箸ごと持って行かれました。。。後頭部を誰かに叩かれた感じでしたよ。

投稿: ひろやん | 2017年7月13日 (木曜日) 23時46分

ここを見て横須賀のヴェルニー公園行きたくなりました!トンビなんですが、ちなみに私は称名寺でお弁当を食べていたら鶏肉を箸ごと持って行かれました。。。後頭部を誰かに叩かれた感じでしたよ。

投稿: ひろやん | 2017年7月13日 (木曜日) 23時46分

 弁当の鶏肉をやられましたか。怖いですね〜
 間違って梅干しやパセリを持っていったりしないところは,さすがトンビだと思いました。

投稿: 三日画師 | 2017年7月15日 (土曜日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/65280227

この記事へのトラックバック一覧です: 京急逸見から緊張感高まる横須賀軍港へ:

« 雨に降られた大岡川の桜 横浜市黄金町 | トップページ | 舞い散る桜の花ひらつかまえて 平塚市 »