« 北品川から青物横丁へ 旧東海道を歩く | トップページ | 再開発のために閉館するoh!plaza 大船 »

2017年3月20日 (月曜日)

シーサイドライン延伸工事が進む 金沢八景

170320155850_tonemappededit
170320171006edit_tonemappededit

再開発真っ盛りの金沢八景を歩く


170320-154331
 上大岡から京急線の普通浦賀行きに乗り,金沢八景駅で下車する。少し離れたところにある横浜シーサイドライン金沢八景駅を京急の駅まで延伸する工事に合わせて,橋上駅化する工事が行われており,ホームの上の構造物ができつつある。

170320-154411
 ホーム下の改札口に続く階段。京急の金沢八景駅は築堤(一部切土?)の上にホームがあり,一段低くなった地上に改札口がある。

170320-154713
 京急金沢八景駅の改札口。

170320-155850
 京急金沢八景駅前からできあがりつつある橋上駅舎を見る。写真右側の工事中の桁は横浜シーサイドラインの駅と京急の駅を結ぶ連絡通路。

 京急金沢八景駅の工事計画を詳しく読んでいないので,地上の改札口が残るのかどうかは不明だが,完全に橋上駅に移るとすると,地上から京急線に乗るには,階段またはエレベーターで3階まで上がってから2階に下りることになりそうだ。

 さすがに21世紀になって10年以上経った今はバリアフリーの時代になっているので,延伸した横浜シーサイドライン金沢八景駅のホームと京急金沢八景駅の橋上駅の高さは一致させて,同一平面上で乗り換えられるようにするはずだが,乗り換えではなく地上から京急線を利用する客は少し遠回りになる。

 金沢八景駅は駅前広場から停車中の赤い電車が見えるのが特徴であり,ぜひとも新しい駅でも外から電車が見えるようにしてほしいのだが,さてどうなるだろうか。

170320-155953
 駅前の商店街は区画整理で一掃され,菓子処「鳳月堂」の新しい建物だけがぽつんと建っている。この「鳳月堂」の建物が仮設なのか,区画整理後を一郭に建ててあるのかはわからない。駅の正面にあった三本コーヒーショップやお茶の六浦園は,駅北側の「せとこみち」という仮設店舗群に移っており,駅前広場の周囲がどのようになるのかはまだ見えてこない状況だ。

170320-160001
 工事用フェンスに描かれた京急線の電車や飛行機をじっと見つめる少年。

170320-160028
 京急金沢八景駅の上屋はかなりできあがっているようにも見えるが,駅前からの階段や通路がどのように設置されるのかはまだわからない。

170320-160144
 個人的には,あまり階段の上り下りをせずに駅を利用したいので,一度3階まで登らずに,現状のような地上から真っ直ぐホームに上がる階段を残してほしい気がする。

170320-160231
 新しく建てられた「鳳月堂」の横を歩いて,横須賀街道(国道16号線)の交差点へ向かう。横浜シーサイドライン金沢八景駅に電車が到着したタイミングで,たくさんの人が京急金沢八景駅に向かう人並みができるが,その人並みもしばらくすると途切れる。

170320-160250
 横浜シーサイドラインの延伸工事部分を覗き見しようとするが,フェンスが高く,なかなか防御が堅い。

170320-160353
 鳳月堂の前から南に続く路地。両側の店舗の取り壊しが進み,すっかりまわりに何もなくなってしまった。かつては八景食堂や居酒屋喜八,八景旅館などが並んでいた路地である。

170320-160457
 鳳月堂の隣の光栄堂薬局の横から京急金沢八景駅を振り返る。

170320-160510
 光栄堂薬局の前から横須賀街道(国道16号線)の南側を見る。横須賀街道の金沢八景駅入口交差点付近には数か所のバスのりば(2カ所は降車場)があり,駅前のバスターミナルに入らないバスに乗る場合は横須賀街道沿いで待つことになるらしいが,どの系統のバスがバスターミナルに乗り入れないのかどうかを調べるのは少し難しそうだ。

170320-160516
 光栄堂薬局の前から横須賀街道の北側を見る。延伸する横浜シーサイドラインの軌道が横須賀街道を跨いで設置されている。まだ仮設の橋受けで支えている状態だ。

170320-160535
 再び京急金沢八景駅方向を見る。

170320-160912
 鳳月堂の前から南に続く(元)路地へ。

170320-160944
 この路地は東海道の程ヶ谷(保土ヶ谷)宿から能見道を経て六浦に至る古道「金沢道(保土ヶ谷道)」であり,かつては平潟湾の海岸沿いの道であった。江戸に近い景勝地だった金沢八景は,鎌倉・江の島見物の途中で立ち寄る行楽地として賑わったという。

170320-161227
 古道「金沢道」だった路地を通ってたくさんの人が金沢八景駅に向かう。今まで何度かこの街を見に来ているが,この路地にこれほどの人通りがあるのは見たことがない。近くに何かイベントが行われそうな施設があったかな……と考えたが,思いつかない。となると,少し離れているが関東学院大学・関東学院六浦高で父兄も参加しての説明会のようなものがあったのだろう。

170320-161351

170320-161515
 八景バルや遊食酒家おいしんぼ,居酒屋おぼろ,鳥真などの飲食店が並ぶ。

170320-162040
 横須賀街道(国道16号線)の金沢八景南口交差点に出る。

170320-162105
 金沢八景南口交差点から横須賀街道の北側を見る。金沢八景駅前交差点で横浜シーサイドラインの延伸工事が行われているのが見える。

170320-162120
 金沢八景南口交差点を金沢八景経由磯子駅行きのバスが通りすぎる。

170320-162406
 金沢八景南口交差点の西側に泥牛庵(でいぎゅうあん)がある。鎌倉時代末期に建立された寺だが,江戸時代にはここに金沢藩の陣屋が置かれていたという。横須賀街道を挟んで向かい側には,金沢八景を展望する九覧亭跡(現在は聖徳太子堂が建てられている)のある金龍禅院がある。

170320-162643
 昇天山金龍禅院の生け垣。九覧亭跡からの金沢八景の見晴らしを見てみたいとも思ったが,奥に旅館追浜園の看板が見えたので,そっちの方が気になってしまう。

170320-162748
 金龍禅院の生け垣の角張り具合がすばらしい。

170320-162855
 金龍禅院の生け垣の先に見える旅館追浜園の看板。

170320-162929
 南関東でよく見かける古い民家。関東大震災後に建てられたものと思われ,瓦屋根が使われないのは雪国と同じだが,屋根の角度などが違っているように見える。

170320-163014
 このこんもりとした土手の上に九覧亭(九覧亭跡)がある。

170320-162943

170320-163130
 旅館追浜園とやなぎ旅館が並んでいる。旅館ができた頃は平潟湾が眺望できたのかもしれないが,現在は目の前に大きな金沢八景マンションが建っている。

170320-163143

170320-163213
 追浜園とやなぎ旅館の間にすれ違うのが困難なぐらいの細い路地がある。

170320-163405
 平潟湾側に旅館追浜園の入口がある。
 ここには追浜園,やなぎ旅館,旅館皆楽園と3軒の旅館が並んでおり,かつて金沢八景が行楽地だった頃の名残が感じられる。

170320-163529
 平潟湾沿いに並ぶマンション群と横浜シーサイドライン金沢シーサイドライン。ちなみに「横浜シーサイドライン」という会社が運営する新交通システムの鉄道線が「金沢シーサイドライン」なので,「京急久里浜線」と同じ言い方をすると「横浜シーサイドライン金沢シーサイドライン」になる。

170320-163556
 金沢八景駅方向を見る。

170320-163713
 平潟湾を渡る金沢シーサイドライン。

170320-164152
 平潟湾にたくさんのボートが係留されている。桟橋がなく,ボートは湾の中央に係留されていて,岸からは小型の手こぎボートで自分の船に向かうらしい。

170320-164659
 平潟湾に突き出した琵琶島神社と釣り船。

170320-164733
 金沢シーサイドライン金沢八景駅の真下。

170320-164827
 琵琶島神社。1180年(治承4年)に源頼朝が瀬戸神社を創建した際,北条政子が瀬戸神社の正面の平潟湾に小さな琵琶島を築き,琵琶湖の竹生島の弁財天を勧請したと言われる。

170320-165001
 金沢シーサイドラインの金沢八景駅。

170320-165050
 マンホールに金沢八景が描かれている。これは乙舳帰帆(おっとものきはん)。

170320-165141
 ベンチ?にも金沢八景が描かれている。ちなみに「金沢八景」は,この地に立ち寄った明(みん)の僧がこの風景を故郷中国の瀟湘八景に似ていると絶賛し,七言絶句の漢詩に詠んだことから名づけられたもので,小泉夜雨(こずみのやう),称名晩鐘(しょうみょうのばんしょう),乙艫帰帆(おっとものきはん),洲崎晴嵐(すさきのせいらん),瀬戸秋月(せとのしゅうげつ),平潟落雁(ひらかたのらくがん),野島夕照(のじまのせきしょう),内川暮雪(うちかわのぼせつ)の八景である。

170320-165209
 横浜シーサイドライン金沢八景駅の階段。以前は横須賀街道に架かる横断歩道から金沢八景駅に直接続く通路があったが,延伸工事でそれが撤去されたため,この階段かエレベーターを使うようになっている。

170320-165339
 延伸工事中のシーサイドラインの仮橋脚。

170320-165441
 かつての連絡通路がここで分断されている。奥に横浜シーサイドライン金沢八景駅の階段が見える。

170320-165705
 延伸部分が横須賀街道(国道16号線)を跨ぐ部分。

170320-165753
 横須賀街道の金沢八景駅前交差点。奥に京急金沢八景駅が見える。既存の横浜シーサイドライン金沢八景駅と京急金沢八景駅前を結ぶにはかなりの急カーブが必要になるので,もう少し仮設バスターミナル側に延ばすのかと思っていたが,ちゃんと京急金沢八景駅前まで延ばすようだ。

170320-165921
 工事用の覆いがあるので見づらいが,連絡通路の柱として使われていた橋脚が延伸部分に使われているのがわかる。この橋脚が延伸時に使われるという話は以前から言われていたが,人口減少社会となり,シーサイドラインの延伸計画にも動くがなく,本当に使われるときがくるとは思えなかった。

140803-153846
 ちなみにこれが工事が始まる前の歩道橋からの連絡通路と延伸計画を見越した橋脚の写真(2014年8月3日撮影)。

170320-165929
 現在の金沢シーサイドライン金沢八景駅構内は単線になっていて,複線部分の西側の線路部分にホームが設置されている。この延伸部分の線路を見ると,ホームが設置されている部分にポイントが設置されて,京急金沢八景駅前で複線に分岐している。

 なぜ複線のまま京急金沢駅前まで延ばさないのか不思議に思ったが,よく考えてみると,シーサイドライン金沢八景駅で現在使われているホーム側の線路を延伸しようとすると,ホームに登るエレベーターが邪魔になり,それを撤去するのは利用者に多大な不便を生じさせることになる。まずは現在利用していない側を延伸した上で現在の駅を廃止,その後にエレベーターを撤去して残りを延伸するのだと思われる。

170320-165956
 横須賀街道の金沢八景駅前交差点。仮設バスターミナルだったところに新しいビルが建ち,店舗群も形成されている。

170320-170012
 金沢八景駅前交差点から横須賀街道を北へ。右側にあった金沢八景ビルは取り壊され,新しいビルの建築が始まっている。

170320-170113
 金沢八景ビルが取り壊され,新しいビルの建築が始まっている。その奥に金沢シーサイドラインの金沢八景駅が見える。

170320-170214
 1180年(治承4年)創建の瀬戸神社。瀬戸三島明神とも呼ばれる。

170320-170241
 瀬戸神社の正面から真っ直ぐ平潟湾に延びる琵琶島神社の参道。島のかたちが琵琶に似ているから琵琶島と呼ばれる。琵琶湖の竹生島の弁財天を勧請したことから琵琶島,ではないようだ。

170320-170322
 横浜シーサイドライン金沢シーサイドラインの電車が駅を出て行く。

170320-170346
 瀬戸神社の前から洲崎町にかけて釣船店が並ぶ。宮川の河口から東の洲崎町が,もともと金澤と呼ばれ,金澤村の中心的集落だったところである。

170320-170442
 琵琶島神社から瀬戸神社を振り返り見る。まさに真正面に続いていることがわかる。ど真ん中で横須賀街道が両者を分断している。

170320-170607
 琵琶島神社の参道から横浜シーサイドライン金沢八景駅を見る。地上とホームを結ぶ長い階段とエレベーター,そして延伸工事のために途中で分断された連絡通路が見える。ボラか何かが跳ねて波紋ができている。

170320-170700

170320-170722
 琵琶島神社の参道と先端の円形部分を結ぶ赤い欄干の橋。

170320-170739
 かつては橋の部分だけが少し高くなっていたことがわかる。

170320-170826
 琵琶島神社と横浜シーサイドライン。

170320-170905
 琵琶島神社と横浜シーサイドライン。

170320-170916

170320-170928
 琵琶島神社から瀬戸神社を振り返る。

170320-170936
 琵琶島神社の周囲が丸い島になっていることを写し込もうと思ったが,広角側24mmのレンズでは無理だった。

170320-171024

170320-171057
 琵琶島神社と横浜シーサイドライン。

170320-171119
 金沢シーサイドラインの電車が金沢八景駅を出て行く。

170320-171121
 横浜シーサイドライン金沢シーサイドラインの電車。

170320-171157
 金沢シーサイドラインの電車が平潟湾を渡ってゆく。

170320-171240

170320-171315
 琵琶島神社の周囲の松の木。砂地でも生育する松は海岸や岩山にも生えるし,樹形も美しいし,不老長寿の象徴としてとてもめでたい木なのだが,車が走る道路の街路樹として適さないためか,(旧街道の街路樹は松並木が定番だが)街中で見る機会が少ない。

170320-171520

170320-171702
 琵琶島神社の横の金沢八景駅に停車するシーサイドラインの電車。

170320-171720
 数年後にはここが駅ではなくなり,電車が通過するだけとなる。

170320-171843

170320-172056
 琵琶島神社の鳥居の横にしめ縄がまかれた神木がある。

170320-173456
 福石。源頼朝が参拝したときにこの石に服を掛け,海水で禊祓(みそぎはらえ)したことから福石(服石)と呼ばれるらしい。江の島の福石と同様に石の前でものを拾うと福を授かるらしいが,そうそうものが落ちているわけがない。ゴミを拾って街をきれいにすると御利益があるという意味かな。

170320-173751
 横須賀街道の金沢八景駅前交差点に戻る。

170320-173806
 バスターミナルから横須賀街道に出ようとするバス。

170320-173914

170320-173937
 写真左側が古くから横断歩道兼通路として使われてきた橋脚。この橋脚の真上にシーサイドラインが延伸すると思っていたので,京急金沢八景駅まで延ばすには異常な急カーブが必要になると考えていたが,なるほど橋脚の真上ではなく,こんなふうな使われ方になるのね……

170320-174001

170320-174107
 新しくシーサイドラインの金沢八景駅になるあたり。奥が京急金沢八景駅。

170320-174213

170320-174338
 京急金沢八景駅の正面にあったパン屋の「8K-アオキ」が移転して営業中。

170320-174751
 金沢八景駅東口土地区画整理事業にともなう仮設店舗群の「せとこみち」。

170320-174803
 新しいバスターミナル(とはいえたぶん仮設)とタクシーのりば。新バスターミナルは大きなロータリーになるのかと思ったが,それほどバスの発着数は多くなく,さらに最終的には駅前に移ることになることから,一直線のタイプとなった。

 ちなみに仮バスターミナルだった2008年3月,バスのりばは次のような寂しい感じだった。

080330165426

080330165749
(2008年3月30日撮影の仮バスターミナル)

170320-174831
 仮設店舗「せとこみち」。写真左がせとこみち南館,右がせとこみち北館。

170320-175019
 新バスターミナルのまわりには飲食店のチェーン店やコンビニができている。

170320-181716
 仮設店舗「せとこみち」。駅前にあった三本コーヒーショップや六浦園などが入店している。

170320-181755
 区画整理事業が始まる前の駅前の店が全部入っているわけではなく,空き店舗も多いようだ。横浜シーサイドラインから京急への乗り換えが橋上駅上で完結すると,地上に乗り換え客が流れなくなる。「せとこみち」も含めて,新バスターミナルの周辺は魅力的だが,最終的に区画整理事業が完成すれば,バスターミナルは新しく駅前にできるロータリーに移ることになるだろう。個人商店は難しい判断を迫られていることになる。

170320-181848
 せとこみちの西側の三本コーヒーショップの前から東側を振り返る。

170320-181939

170320-182208
 工事現場をくぐって京急金沢八景駅へ。写真右が西口側への通路。橋上駅になると,西口側へ出るためには線路上の連絡通路を使うことになる。この線路下の通路が残るか廃止されるかは,駅の利用以外で駅の東西を移動する人には大きく影響する問題かもしれない。

170320-182312
 京急金沢八景駅。

170320-182024
 京急金沢八景駅のホームで帰りの電車を待つ。

── PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR or SONY SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

金沢八景

【関連記事】
2006年4月23日 (日曜日):金沢八景は瀟湘八景に似てるの?
2008年3月30日 (日曜日):雨の金沢八景を歩く
2010年10月23日 (土曜日):六浦交差点から金沢八景駅へ
2013年4月14日 (日曜日):乙舳帰帆 野島夕照 平潟湾 野島の舟屋
2014年8月 3日 (日曜日):金沢八景東口地区土地区画整理はじまる

|

« 北品川から青物横丁へ 旧東海道を歩く | トップページ | 再開発のために閉館するoh!plaza 大船 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

何度かここのブログで金沢八景の街を拝見させて頂いたが、独特の雰囲気のあった場所だったので、あまり変わって欲しくないなあ。。。なんて思ってしまいます。再開発の際、お店と利用者の折り合いをつけるのは難しいのですね。。。

投稿: ひろやん | 2017年5月 6日 (土曜日) 23時34分

 大きな工場跡地を再開発するのと違って,たくさんの権利者の土地からなる街を新しくするのは難しそうですね。金沢八景駅前の工事は,厳密に言うと再開発事業ではなく土地区画整理だそうで,いろいろすったもんだがあったんでしょうね。

投稿: 三日画師 | 2017年5月13日 (土曜日) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/65197949

この記事へのトラックバック一覧です: シーサイドライン延伸工事が進む 金沢八景:

« 北品川から青物横丁へ 旧東海道を歩く | トップページ | 再開発のために閉館するoh!plaza 大船 »