« まさかの雪が降ってきた… 鎌倉市大船 | トップページ | 北品川から青物横丁へ 旧東海道を歩く »

2017年2月25日 (土曜日)

横浜弘明寺商店街で野暮用を思い出す

170225150643edit

横浜弘明寺商店街で野暮用を思い出す


 特に目的もなく横浜市営地下鉄に乗り,特に目的もなく弘明寺の駅で下車する。

 先日は,父の四十九日法要当日になって気管支ぜん息の症状が出て新幹線に乗れず,法要を欠席。もともと親戚や実家の近所の人にダメ社会人であると気づかれていたはずだが,それに明確な鑑定書までつけてしまったようだ。せっかくだから弘明寺(弘明寺観音)を参拝して,わずかでも罪滅ぼしをしようと思う。

170225-142033
 横浜市営地下鉄弘明寺駅を出る。鎌倉街道の弘明寺や弘明寺商店街とは反対側に出たのは,息切れしてしまう階段を避けてエレベーターを使ったため。

 地上に出たところにある弘明寺バス停に,ちょうどバスがやってきた。神奈中バスの船20系統大船行きのバスだった。これが桜木町〜横浜橋〜上大岡〜大船を結ぶバスだな……とか,上大岡なら大船経由で鎌倉行きのバスもあるな……などと考えているうちに,大船に野暮用があることを思い出してしまった。しかたがない,弘明寺の商店街をさらっと見て回った後で,このバスに乗って大船に向かうことにする。

170225-142231
 鎌倉街道の弘明寺交差点の真ん前にある横浜国大附属横浜中学の正門。元は横浜国大工学部弘明寺キャンパスである。
 校内で早咲きの大寒桜が咲き始めている。大寒桜(オオカンザクラ)は寒緋桜(カンヒザクラ)と大島桜(オオシマザクラ)の交雑種らしいので,同様に早咲きで知られる河津桜(カワヅザクラ)と起源は同じことになる。

170225-142313
 横浜国大附属横浜中学と弘明寺交差点を挟んで向かい合うのが全蓋式アーケードのある横浜弘明寺(かんのん通り)商店街。古くから弘明寺観音の門前町として栄えた街で,弘明寺の山門の前に延びる約300mのアーケード商店街となっている。

170225-142334
 鎌倉街道の弘明寺交差点の南側にも弘明寺バス停がある。北側のバス停には横浜市営バス・神奈中バス・江ノ電バスの案内板があることを確認したが,この南側のバス停には横浜市営のバスが停車していたところを見ると,バス会社ではなく,行先系統によってバス停が使い分けられているようだ。

 写真を拡大してみると,行先に磯子駅・滝頭・みつが丘中央という文字が見えることから,上大岡駅に向かうバスが北側のバス停,横浜南警察署の前の旧道入口から鎌倉街道の旧道に入り,岡村・みつが丘・磯子方面に行くバスが南側のバス停という分け方になっていると推測される(当たるも八卦当たらぬも八卦)。

170225-142428
 弘明寺商店街の東端,鎌倉街道弘明寺交差点側にあるKTビル。以前は弘明寺センタービルと呼ばれていた気がする。観音最中の盛光堂などが入っている商業ビルである。

170225-142503
 弘明寺「かんのん通り」商店街の特徴的な全蓋式アーケード。入口は以前は花屋さんが入っていたりしたて,その後なかなか定まらなかった印象だったが,今は牛丼チェーンの「すき家」が入っている。

170225-142523
 鎌倉街道沿いの歩道の上にアーケードがあり,その端に店舗名がずらりと並んでいる。

170225-142555
 弘明寺商店街の全蓋式アーケード横の横浜市営地下鉄弘明寺駅入口。地下通路直結ではないが,濡れずに商店街と地下鉄の駅を行き来することができる。残念ながらエレベータは鎌倉街道の弘明寺交差点の反対側にしかないため,私のように楽をするためにエレベーターに乗ると,雨の日は傘を差して交差点を渡ることになる。

 鎌倉街道の弘明寺交差点付近は,1972年(昭和47年)に廃止された横浜市電の南側の終点(正確には滝頭から磯子・杉田へ向かう系統が最南端)だったところで,市電と路線バス乗り換えのターミナルとなっていた。バスのターミナルは隣の上大岡駅に移ったが,弘明寺交差点南側には上大岡を通らないバスののりばがあり,ターミナルの名残と言えるかもしれない。

170225-142612
 弘明寺「かんのん通り」商店街。アーケードの入口には弘明堂(こうめいどう)ブックストアがある。

170225-142640
 横浜弘明寺商店街のほまれや酒舗。

170225-142714
 ほまれや酒舗の前から鎌倉街道の弘明寺交差点方向を振り返る。横浜国大附属横浜中の見事な後者が見える。
 ほまれや酒舗の店頭には,珍しい焼酎や泡盛,日本酒が並ぶ。品揃えが豊富で,酒好きにはたまらない店だと思う。

170225-142803
 横浜弘明寺商店街を西へ。

170225-142816
 弘明寺商店街から中島町公園方向に続く通り。

170225-142831
 弘明寺商店街から中島町公園方向に続く通り。車止めには「山と川のある街 “プラス One 弘明寺” 横浜弘明寺商店街」と書かれている。

170225-142841
 アーケードのほうを振り返る。

170225-142915

170225-142938
 大衆焼肉ジンギスカン焼・ホルモン焼。大衆焼肉といえば,大船や平塚にある系列と,野毛(日ノ出町)や上大岡にある系列が同じなのか別なのかよくわからないし,この店は野毛・上大岡系列っぽいが,それもよくわからない。

170225-143019
 らーめん・担々麺「まえたん」。強烈に惹かれたが,時間がないので無念の素通り……

170225-143058

170225-143306
 メガネトケイ「タナカ」の横から鎌倉街道に出る。

170225-143340
 タナカ時計店の前から鎌倉街道の北側を見る。

170225-143442
 横浜国大附属横浜中学前に並ぶ店舗群。

170225-143502
 公衆トイレの影の建物から読み取れる「横浜マッサージ学院」の文字。

170225-143531
 鎌倉街道の弘明寺交差点方向を見る。

170225-143608
 鎌倉街道の「肉の島忠」。

170225-143651
 タナカ時計店の側を振り返る。

170225-143809
 横浜市の空気弁のマンホール。横浜市水道局と交通局のマークが入っている。空気弁ということは水道管かな。

170225-143847

170225-143907
 天然温泉中島館。銭湯である。このあたりは横浜市南区中島町四丁目。そういえば鎌倉街道の反対側にも若宮湯という銭湯があって,新しいビルに建て替えられても1階で営業していたのだが,数年前に廃業してしまった。中島館が健在でなにより。天然を名乗っているので黒湯かもしれない。

170225-143923

170225-144010
 天然温泉中島館の前から,三崎のまぐろの幟が立つ「魚杉」のほうを見る。

170225-144039
 三崎魚問屋杉印直売店「魚杉」とお好み焼「いなちゃん」。

170225-144136
 越前屋田中酒店。

170225-144203
 買い物客で賑わう中村商店。

170225-144235
 中村商店の向かいにはユニー系のスーパーマーケット「ピアゴ弘明寺店」がある。

170225-144259
 弘明寺商店街のアーケードが近づいてきた。

170225-144314
 インド・ネパールレストラン「ゴルカキッチン」。カレー・ナンのテイクアウト500円とはずいぶん安い。

170225-144347
 工事用フェンスに囲まれた製氷販売の店。向かいには藤方豆腐店。氷屋の隣にはギャンブレル屋根の建物があったが,真新しいビルになっていた。

170225-144509
 肉はワカヤマ弘明寺店の前から北側を振り返る。

170225-144545
 弘明寺商店街のアーケードへ。

170225-144603
 ホソイ靴店「shoe遊 Hosoi」の前。

170225-144630
 ホソイ靴店の向かいの不二家。

170225-144737
 ホソイ靴店の前からアーケードの東側を見る。

170225-144830
 きもの,京染「濱田屋」の前からアーケードの西側を見る。

170225-144844
 弘明寺商店街のアーケードを西へ。

170225-144908
 中華料理「華満楼」の前からアーケード商店街の東側を振り返る。

170225-144937
 中華の総菜・弁当の「心味」。

170225-145004
 弘明寺商店街のアーケードから北に延びる通り。大岡川に架かる鶴巻橋の袂の鶴巻橋交差点(通町一丁目から井土ヶ谷方面に続く,かつて横浜市電が走っていた通り)に続いている。

170225-145027

170225-145050

170225-145121
 弘明寺商店街のアーケードを振り返る。

170225-145220
 韓国食堂「どやじ」。焼肉屋ではなく,定食を中心にした韓国料理の店らしい。今度時間があるときに入ってみよう。

170225-145320
 うまかもん市場やっちゃば。

170225-145430
 ユニー系のスーパーマーケット「ピアゴ弘明寺店」。こちら側が正面入口かな。

170225-145447
 ピアゴ弘明寺店の前には三崎のまぐろの幟が立つ作清商店。生クジラ刺身1皿550円,関さば刺身1皿400円より,寒すずき刺身1皿350円とか,近所にあったら嬉しいかも。

170225-145522

170225-145604
 ピアゴ弘明寺店北側の四ツ辻。

170225-145729
 大岡川沿いの道に出る。正面に桜の切り株。立派な枝振りの桜の木だったが,枯れてしまったのかもしれない。

170225-145800
 大岡川沿いはソメイヨシノの桜並木になっていて,桜まつりの時には出店も並ぶ。

170225-145830
 大岡川と桜並木。

170225-150223
 大岡川と観音橋(歩道部分はさくら橋)。柳屋は衣料品店。

170225-150314

170225-150348
 観音橋の袂に弘明寺「かんのん通り」商店街の案内板がある。案内板だが大岡小学校6年2組の切り絵が展示されている。

170225-150404
 弘明寺商店街の野菜果物「吉津屋青果」とラーメン琉二家。

170225-150422
 全蓋式アーケードのある観音橋の横に歩行者用のさくら橋がある。歩行者用とは書いたものの,本体の観音橋も歩行者用であり,さくら橋は休憩したり桜を眺めたりするために設けられたようだ。

170225-150529
 観音橋と時計。橋の上にも全蓋式アーケードが架かっているのは珍しい。

170225-150546
 アーケードを抜けた先に弘明寺観音がある。

170225-150613
 観音橋の上から弘明寺商店街の東側を振り返る。

170225-150741
 観音橋の西側の弘明寺商店街。このまま歩いていると弘明寺観音まで行ってしまいそうなので,このへんで横浜市営地下鉄の弘明寺駅に引き返すことにする。ぶらぶら歩いているが,大船での野暮用を忘れたわけではない。

170225-151000
 観音橋。さくら橋のベンチで休憩する人々。商店街にはやっぱりベンチが必要だ。

170225-151049

170225-151151
 観音橋を渡り,吉津屋青果の前へ。

170225-151259
 ジャーマンベーカリー「ふくや FUKUYA」。“COFFEE SHOP”と書かれた正しい喫茶店である。生粋の昭和人としては,やっぱりこういう喫茶店でナポリタンを食いたくなる。

170225-151324
 観音橋方向を振り返る。

170225-151413
 レトロな中華料理「廣州亭」の前から観音橋方向を見る。

170225-151609
 そめもの濱田屋を正面から。

170225-151702
 不二家のペコちゃん。

170225-151724
 ペコちゃんの不二家の向かいはホソイ靴店。

170225-151854
 下町のカルビ屋本舗(都合により休みますとの貼り紙あり)の横に路地がある。

170225-151924
 下町のカルビ屋本舗は最近多くなったレトロをウリにした店で,古い看板が飾られている(とは言え,ここの看板はずいぶん前からこの状態)。ただ貼りましたというふうではなく,もう少しリアルな感じに貼ればいいのにと感じる。レトロではなくレトロ風の限界か……

170225-151943
 ファンタの看板もある。

170225-152003
 路地からアーケード商店街を振り返る。

170225-152046

170225-152159

170225-152308
 弘明寺商店街のアーケードの西側を振り返る。

170225-152424
 鎌倉街道の弘明寺交差点に戻る。

170225-152549
 鎌倉街道の弘明寺交差点を渡り,横浜国大附属横浜中学側へ。

170225-152808
 横浜国大附属横浜中学の前から弘明寺商店街のアーケードを振り返る。

170225-152931

170225-153148
 弘明寺バス停で神奈中バスの船20系統大船行きを待つ。

170225-153912
 蒔田方面からバスがやってくるところを撮ろうと思ったが,後ろにバス待ちの行列が並んでしまったのであきらめる。

170225-154239
 左側のかぶりつき席には少年の先客があったため,運転手後ろのかぶりつき席に陣取る。

170225-154822
 過去には「アイドリングストップをするので(暑くても)ご協力をお願いします」という貼り紙を見た記憶があるけど,「真夏日(30℃以上)には、快適にご乗車いただけるようアイドリングストップを一時中止することがありますので、ご理解の程、お願い申し上げます。」という,快適にすることにご理解下さいという貼り紙は初めて見た。暑いときにエアコンが入ったままになることにまで文句が出る時代になったのかと驚く。サービス業というのは大変だね。

 この後,さらにバスの運転手というのは大変だ感じる事件も起こった。

 途中のバス停で「とまります」ボタンが押されず,運転手さんが○○通過しますとアナウンスし,バスがバス停を通過しようとした瞬間に,ボタンを押し忘れていた乗客が「とまります」ボタンを押し,運転手さんの「○○ですか,次ですか」の問いに,ここで降りますとのことでバス停を10mぐらい過ぎたところで急停車。このままなら乗り過ごさなくて良かった良かったで済んだのだが……

 しばらく走ってから信号機で止まったときに,運転手の横におじさんのバイクが横付けし,運転手さんに向かって「あんたバス停じゃないところで客を降ろしただろ。規則違反だぞ。あんた名前は?」と怒鳴り,運転手が事情を説明するも,しつこく怒鳴り続ける。

 わずかにタイミングを逃した「とまります」ボタンを無視し,バス停以外ではお客様を下ろすことはできない旨を客に説明して走り続けることが良かったのか。客によっては,それもクレームの対象になりそうだ。個人的には,実際に運転手さんがとった機敏で柔軟な対応が最適だったと思うのだが,世の中にはそれに文句を言う人もいる。こりゃ大変だ。

170225-163205
 バスが大船駅東口バスターミナルに到着。

170225-163603
 大船駅東口バスターミナルを含む大船駅北第二地区市街地再開発事業(鎌倉市大船ではなく横浜市栄区)の工事が始まり,このバスターミナルも大きく変わることになる。スーパーマーケット「LIFE」やLABI大船が入る「oh!plaza(オー!プラッザ)」が4月16日をもって全館閉館することも発表され,一気にビルの解体まで進むと思われる。
 2020年末には地上8階建ての都市型商業施設と地上21階建てのマンションが建つ予定だ。戸塚駅西口の「トツカーナ」で言われている失敗は繰り返してほしくないと思いつつ,再開発に「トツカーナ東急プラザ戸塚」の東急不動産が参画していることに不安を感じている今日この頃である。

横浜弘明寺商店街

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2006年9月23日 (土曜日):弘明寺かんのん通り商店街
2008年1月27日 (日曜日):弘明寺「かんのん通り」商店街を歩く
2008年12月7日 (日曜日):人情! 下町! 門前町! ぐみょうじ商店街
2010年3月10日 (水曜日):京急弘明寺の弘明寺じゃないほう
2011年4月5日 (火曜日):華やぐ苗字 弘明寺かんのん通り
2012年4月7日 (土曜日):さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

|

« まさかの雪が降ってきた… 鎌倉市大船 | トップページ | 北品川から青物横丁へ 旧東海道を歩く »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、私もバタバタしていました。

2月の末に祖母が亡くなってしまいました(ご葬儀はすみました)、これから散骨があります。

投稿: マイベイ | 2017年4月 2日 (日曜日) 23時21分

 法事はいろいろ大変ですね。

投稿: 三日画師 | 2017年4月 3日 (月曜日) 00時07分

バイクの運転手の身になると、文句言いたくなるのも分かるんですよね。
バイクで後方を走っている場合、前方の視界を塞ぐバスやダンプカー、大型トラックの様な車両の急停車って、本当に怖いんですよ。
私もその昔、バイクに乗り始めたばかりの頃、走行中にこれで一回転倒する羽目になりました。
まあ、適切な車間を取って注意深く運転していれば…と言ってしまえばそれまでなんですが、都会の混雑する路上でそれを求められるのも実際問題厳しいものがありますので。
やはり、路線バスのバス停以外での乗降処置、というのは、常識的な思い込みという分も含めて後方の車両には「予測が付きにくい」事象なので、極力避けて欲しいものです。
バスの運転手氏、乗客の乗り降りを確認する際、アナウンスをするならするで、バス停前において乗客のリアクションを考慮した充分な間合いを取るべきだったのでしょうね。

投稿: もりあき | 2017年4月 3日 (月曜日) 09時24分

 横浜市郊外で車線も多く車の少ない区間でしたし,「急停車」とは書きましたが,急ブレーキではなく,ちゃんとウィンカーを出しての停車でしたから,やはり適切に車間距離をとって運転していればとしか言いようがありません。
 原付バイクのおじさんがバス停の位置まで考慮して運転していたとすれば,確かに「予測が付きにくい」状況だったかもしれません。

投稿: 三日画師 | 2017年4月 8日 (土曜日) 13時20分

何とも申し上げにくいのですが、これはバスを始めとする大型車の構造的特徴に対し、後方を走るバイクを運転する人間が陥りがちな錯覚状況とでも言うもので、教習所や警察でもなかなか教えてくれない代物なのですね。
交通量の多い道路で大型車の後に付いてしまうと、当然、前方の信号や標識等が見えにくくなります。
適当な車間距離を空けたい所なのですが、これを取ろうとすると、大きく空いた車間に、たいてい後方や隣の車線の車が割り込んで来ます。
排気量の大きいバイクなら、大型車を追い越す事も出来るのですが、速度上限が構造的にかかってしまう原付だと追い抜く事が難しいので、前方視界を確保しようとすると、路肩側に寄って前方を窺う形になりがちです。
大型車独特の、アクセルを離した状態で排気ブレーキが効き減速してブレーキランプが灯る構造も、普通の乗用車の構造とは異なるので注意が必要なのですが、車間の詰まった状態で路肩から前方を窺いつつ流れているな…と判断して走ってしまうと、前方の大型車のアクセル戻しによる排気ブレーキ発動→ブレーキランプ点灯という事態に一瞬気付くのが遅れます。
これで慌ててしまい操作を誤るというケースは、バイク初心者に限らず、慣れた道を漫然と走ってしまうと陥りがちな罠になります。
仰る通り、バイクを運転する方が先ず気を付けていなければならないのですが、急いでいたりすると、人間、どうにも抜ける所が出てしまいがちです。
路線バスの場合は、バイクを運転する方が慣れた道だと、バス停の場所等も覚えていたりするもので、やはり「こんな所でよもやバスが停まる筈がない」という思い込みも生じます。
これもやっぱり「…だろう」という思い込み運転の一種なので、厳に慎むべきですが。
基本、バイクは大型車の直後を走行しない方がベター、という事です。
ただ、「…すべき」で全てのバイクが注意義務を満たした運転をしてくるとは限らないよ…というリスクの予測は、バスを運転する側にも求められてくる事だと思います。
やはり通常の旅客の乗り降りに関しては、バス停のみの扱いに留めた方が、交通事故を誘発しないという観点からも適切なのではないかと思われます。

投稿: もりあき | 2017年4月10日 (月曜日) 08時42分

> やはり通常の旅客の乗り降りに関しては、バス停のみの扱いに留めた方が、
> 交通事故を誘発しないという観点からも適切なのではないかと思われます。

 これに関してはまあ同感です。ただ,今回バスが止まって乗客が降りたのは,バス停の切り欠き(バス停の部分だけ1車線分増えている)がまだ終わっていないところだったと記憶しているので,ある意味ではまだバス停とも言えるんじゃないかと思います。バス停の切り欠きに一般車が駐まっていることも多々ありますので,バス停の切り欠きの前後10mぐらいはバス停ということにしないと,バスが停められなくなります。

 乗り降りが自由なオンデマンドバスは,これからの人口減少社会で地方を中心にますます増えていくと思っていますが,バイクとの接触事故を誘発する危険性は考慮しなければならないのかもしれませんね。

 大型車の直後を運転する怖さは自動車に乗っててもわかります。バイクならなおさらですね。以前は足で漕ぐロードバイクに乗っていましたので,大型車の真後ろのスリップストリームで高速走行する快感(危険すぎ)と排気ブレーキの怖さもある程度わかります。何度か死にかけていますし。

投稿: 三日画師 | 2017年4月13日 (木曜日) 23時14分

弘明寺には春風座というストリップ劇場がありました。
京浜急行の急行の停車駅にはストリップ劇場がありました。
蒲田、川崎、鶴見、神奈川新町、横浜、日の出町、黄金町、そして弘明寺です。

投稿: さすらい日乗 | 2017年4月29日 (土曜日) 11時30分

 情報ありがとうございます。春風座は鎌倉街道の通町一丁目交差点付近にあったそうですね。今では京急や地下鉄の駅から少し離れてしまっていますが,かつては横浜市電が井土ケ谷〜保土ヶ谷方面に分岐していましたし,電停もあってずいぶん賑わっていたんでしょうね。

投稿: 三日画師 | 2017年4月30日 (日曜日) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/65097018

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜弘明寺商店街で野暮用を思い出す:

« まさかの雪が降ってきた… 鎌倉市大船 | トップページ | 北品川から青物横丁へ 旧東海道を歩く »