« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月の1件の記事

2016年7月20日 (水曜日)

北鎌倉隧道を見てから鎌倉を避けて逗子へ

160720-153413_tonemapped-Edit

北鎌倉隧道を見てから鎌倉を避けて逗子へ


 北鎌倉駅のホーム横にある素掘りの北鎌倉隧道(洞門トンネル)は,専門家の調査の結果,崩落の危険があるということで,惜しまれつつも開削工法での工事が始まった。もう今までの素掘りのトンネルの姿は見られないものと思っていたが,どうやら現状をできるだけ残す方向で工法を見直すことになり,工事が中断しているという。

 せっかくなので,今のうちに北鎌倉隧道を見に行くことにする。

160720-140158
 大船から横須賀線の下り電車に乗り,隣の北鎌倉駅で下車する。

160720-140235
 北鎌倉駅のホームの横は緑豊かな住宅地になっている。駅舎のあたりは円覚寺の境内である。
 ニイニイゼミだけじゃなく,アブラゼミやミンミンゼミが鳴き始めている。本格的な夏の到来だ。

160720-140523
 北鎌倉駅のホームから北鎌倉隧道を見る。工事が中断しているのは確かだったが,フェンスに囲まれているためトンネルの姿を見ることはできなかった。

160720-141042
 北鎌倉駅周辺で写真を撮って歩こうと思っていたが,駅を出てもトンネルは見られないし,たまたまこの日は鎌倉の花火大会で,電車の中には浴衣姿の見物客が多く見られた。

 北鎌倉や鎌倉をうろついていると花火見物客の混雑に巻き込まれそうなので,このまま横須賀線の下り電車に乗り,鎌倉の先の逗子で京急線に乗り換えて,上大岡回りで帰宅することにする。

160720-144946
 横須賀線の逗子駅で下車する。

160720-145028
 逗子駅東口。写真右が一般車の駅前ロータリーになっている。

160720-145224
 JR逗子駅の駅ビル。駅ビルの前がバスロータリーになっている。

160720-145254
 逗子駅前バスのりばの京急バス案内システム。

160720-145415
 JR逗子駅東口の駅ビル。商業施設が入る駅ビルではない。

 逗子駅付近で横須賀線は東西に走っており,ホームの南側にあるのが東口,北側にあるのが西口となっている。頭の中で三浦半島の形を想像し,横須賀線が南北に通っているものだと考えると,横須賀線の下りホーム側は東口,上りホーム側が西口と考えるのが自然であるが,実際はその正反対である。

 東京から横須賀線に乗って逗子までやってきたとして,横浜駅では進行方向左側が東口,戸塚駅も鎌倉駅も左側が東口だが,逗子駅では左側が西口,右側が東口となる。
 かつて,現在の東口にしか駅の入口がなかった時代,ホームの東端近くに改札口があったため,跨線橋のところに設置された小さな改札口(現在の西口)と区別するために,東口・西口という呼称にしたのではないかと推測してみたが,実際のところはどうであろうか。

160720-145457
 逗子駅東口の一般車ロータリー。駅の向こう側に見えるのは逗子ホワイトハウスという名称のマンション。西口から這っても楽に到達できそうな距離なので便利そうだ。少し坂がきつそうかな……

160720-145641

160720-145700
 逗子駅前のバスロータリー。

160720-145910
 JR逗子駅前交差点横のブックス二宮。

160720-150032
 JR逗子駅前交差点。写真左の文章堂ビル1階には鮮魚の魚佐次商店がある。

160720-150108
 JR逗子駅前交差点から南西方向に延びる逗子銀座通り商店街(県道24号線)は,駅に向かって一方通行になっている。

160720-150217
 JR逗子駅前交差点の魚佐次商店の前からJR逗子駅方向を見る。

160720-150352
 JR逗子駅前交差点から京急逗子線の新逗子駅方向のY字路を見る。

160720-150413
 左が新逗子通り(新逗子駅北口を通る),右が八幡通り。八幡通りの緑は亀岡八幡宮の境内の木々である。

160720-150437
 新逗子通りからJR逗子駅前交差点を見る。

160720-152127
 JR逗子駅前交差点の鮮魚店「魚佐次商店」から威勢の良い掛け声が聞こえてくる。店頭にはたくさんの鮮魚が並んでいる。駅前にこういう店があると,街の雰囲気が俄然良くなる。

160720-152201
 JR逗子駅前交差点を横浜銀行逗子支店側に渡り,魚佐次商店側を振り返る。

160720-152213
 新逗子通り。

160720-152355
 歩道の上にアーケードがある逗子銀座通り商店街。一方通行になっていて,左車線が左折・直進,右車線が右折になっているのだが,以前見たときと同様に左車線には路上駐車の車が多い。

160720-152440
 逗子銀座通り商店街の食堂デパート「仙満亭」。

160720-152519
 逗子銀座通り商店街。

160720-152626
 逗子銀座通り商店街から亀岡八幡宮に続く路地に入ると,フルーツハウス吉田屋がある。

160720-152734
 亀岡八幡宮の裏にある逗子農協生産直売所。

160720-152755
 逗子農協生産直売所とお食事処「夢」。

160720-152844
 銀塩フィルム時代の広角ズームレンズなので,いまどきのレンズに比べると逆光にちょっと弱い。

160720-152937
 逗子農協生産直売所がある路地。

160720-153049
 亀岡八幡宮の裏を通って八幡通りへ。

160720-153211
 八幡通りからJR逗子駅前交差点を見る。

160720-153236
 逗子市役所方向に緩やかにカーブする八幡通り。

160720-153408

160720-153510
 八幡通りの先に見えるのが京急新逗子駅の線路を跨ぐ高架連絡橋。新逗子駅は旧京浜逗子駅と逗子海岸駅の中間に作られた駅で,旧京浜逗子駅だった北口とホームは,約100mもある高架連絡橋で結ばれている。

160720-153649
 亀岡八幡宮。逗子の鎮守で,古くは単に「八幡宮」と呼ばれていたが,昭和28年に亀岡八幡神社として登録されたという。神社の境内がなだらかな丘になっていて,亀の背中のようであったことから,鎌倉の鶴岡八幡宮に対して亀岡八幡宮と名づけられたという。

160720-153746
 亀岡八幡宮の前の八幡通り。BlueMoonというダイニングバーがある。

160720-153807
 八幡通りから新逗子通りへ抜けるBlueMoon横の路地。

160720-153941
 路地の途中から亀岡八幡宮方向を振り返る。ここは池子〜六浦に続く古くからの道で,湘南電鉄の湘南逗子駅として最初に駅ができた頃の駅前がこのあたりだと思われるのだが,

160720-154010
 新逗子通り(県道24号線)に出て,京急逗子線の踏切方向を見る。県道24号線は東逗子駅前から横浜横須賀道路・逗葉新道の逗子インターを通り,京急田浦駅近くの横須賀街道船越町交差点に続いている。

160720-154106
 亀岡八幡宮の前から新逗子通りに抜ける路地を振り返る。

160720-154141
 逗子から池子〜六浦に続く古くからの道。

160720-154612
 新逗子駅北口前の新逗子通り。

160720-154833
 新逗子駅北口の駅ビル「ニート新逗子」。ニートはNeetではなくNeat。ニート新逗子が開業した1991年当時,「ニート」はイケててカッコいいことを表す言葉だったのである。たとえば,資生堂の1981年春のキャンペーンソングは松原みきの『ニートな午後3時』という曲だった。

 ♫Neat, Neat, Everyday 自由になれるわ〜

160720-155138
 新逗子駅ビルの「ニート新逗子」に“25th Anniversary”の横断幕がかかる。

160720-155247
 新逗子駅北口の改札口。ホームまでドーム屋根の高架連絡橋が続いている。

160720-155453
 新逗子駅のホームに停車する羽田空港行きのエアポート急行。

 暑くて疲れてしまった。まだ明るいが,真っ直ぐ帰ることにする。

逗子〜新逗子

── PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA20-35mm F4 AL or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 5s

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »