« 有馬温泉から三田経由で天王寺へ | トップページ | みかんと醤油・味噌醸造の町 湯浅町 »

2016年1月 8日 (金曜日)

天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス

160108182259edit
160108184944edit_tonemapped

天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス


 晩飯を食ってホテルにチェックインする前に,久しぶりに天王寺駅前阪和商店街を見て歩く。
 阪和商店街はほぼ10年前の2005年にPENTAXの*ist Dを使って撮影したのだが,まだ正月三が日だったためどこの店も閉まったままでとても暗く,上手く撮れなかった苦い記憶が残っている。今回は高感度撮影に強いSONYのα7Sでリベンジである。

160108-181113
 天王寺駅北口を出たところ。玉造筋の北側の堀越町(大阪市天王寺区堀越町)に天王寺駅前阪和商店街がある。駅前の玉造筋は天王寺駅前商店街となっている。

160108-181258
 天王寺駅北口の玉造筋。中央分離帯に古いガードレールがある。酒房「都スタンド」が渋い。こんなところに停まっているタクシーは,飲食店の多い阪和商店街の出入口で客待ちしているようだ。

160108-181313
 天王寺駅前阪和商店街。旬菜工房「魁」,信濃そば・居酒屋「信濃」。阪和商店街には「信濃」以外にも,「酒豪しなの」や洋酒貴族「信濃路」があり,これらが姉妹店なのか無関係なのかは不明。

160108-181339
 食べ処・呑み処「信濃」とろばた焼「新力」。

160108-181401
 ろばた焼「新力」の前から西側を見る。

160108-181432
 菓子問屋ワタナベ。写真左はパチンコ屋。

160108-181505
 阪和商店街の東端に南北に続く通り。居酒屋「炉阿」,炭火焼鳥「にいたか」。
 天王寺駅・大阪阿部野橋駅界隈の再開発によって,街を訪れる人が増えたためだろうか,閉じたままのシャッターが多い印象だった阪和商店街に新しい店が増えているような気がする。

160108-181517
 炭火焼鳥「にいたか」とろばた焼「新力」の前から西側を見る。

160108-181557
 阪和商店街の東端に南北に続く通りの南側を見る。

160108-181618
 玩菓問屋「ワタナベ」。ワタナベは,東西に続く阪和商店街の2本の通りの両方に面していて,北側の通りが玩具,南側は菓子を扱っているようだ。

160108-181632
 阪和商店街の玩菓問屋「ワタナベ」。

160108-181709
 炭火焼鳥「たか鳥」と居酒屋「酔虎伝」。酔虎伝てんのじ村店と書いてあるところを見ると,天王寺駅前阪和商店街は「てんのじ村」とも呼ばれているのだろうか。
 このあたりの店も,たぶん新しくできた店だと思われる。こういうチェーン店っぽい店が増えているということは,やはり商店街に人通りが戻ってきているということだろう。

160108-181729

160108-181759

160108-181820
 焼鳥「たか鳥」と「酒豪しなの」の間には南北の通りを結ぶ路地がある。

160108-181836
 焼肉「つるや」と洋酒貴族「信濃路」,そしてその横に公衆トイレがある。ここは以前からある店が並んでいる。

160108-181925
「酒豪しなの」と洋酒貴族「信濃路」の南側の路地。居酒屋「さかえ」と麻雀「栄」。

160108-181937
 串カツ「菱屋」。“ソース二度付け禁止”はもはや売り文句だ。

160108-181950
 菓子問屋ワタナベ,ワタナベ商店。

160108-182011
 酒豪しなの酒坊。酒房ではなく酒坊。

160108-182022
「酒豪しなの」と「しなの酒坊」が混在している。

160108-182052
 備長串屋「わたる」と串焼肉・串ホルモン「つるや II」。昔ながらの店に「II」が付いている。

160108-182102

160108-182120
 串焼ホルモン「つるや II」と備長串屋「わたる」,そして炭火焼「八剣伝」天王寺店。

160108-182131
 酔虎伝と八剣伝は同じグループのチェーン店らしい。

160108-182201
 人気立ち飲み居酒屋「種よし」と焼肉「味道」。「種よし」は客がいっぱいで,帰り際にはオカミさんが火打ち石で切り火を切ってくれる。面白いね。

160108-182259
 次から次に「種よし」に吸い込まれていく。

160108-182320
 阪和商店街の西側の谷町筋寄りにはシャッターが閉まったままのところが多い。

160108-182358
 塩昆布の看板。

160108-182545
 炭火焼「八剣伝」の前から東側を見る。

160108-182555
 お立ち呑み処「種よし」の前から東側を見る。

160108-182609
 炭火焼やきとり「鳥ひろ」,炭火焼肉「つるや」,洋酒貴族「信濃屋」の前から東側を見る。

160108-182621

160108-182649
 炭火焼肉「つるや」と洋酒貴族「信濃路」。まるで昭和博物館のようにも,昨今流行のレトロ風にも見えるが,レトロ風ではなくレトロである。

160108-182723
 酒房「しば幸」と公衆トイレ。

160108-182804
 串焼「わたる」と串焼ホルモン「つるや II」。

160108-182850

160108-182959
 谷町筋の天王寺駅前商店街の阪和商店街入口と都そば。

160108-183031
 谷町筋の天王寺駅前商店街と地下鉄谷町線天王寺駅・あべちか入口。

160108-183100
 JR天王寺駅の駅ビルと公園口,天王寺MIO,そして日本一の高さを誇る超高層ビル「あべのハルカス」。地上60階建ては池袋のサンシャイン60と同じで,横浜ランドマークタワーの地上70階建てよりも階数は少ないが,塔屋部分の高さが圧倒的である。

160108-183200
 JR天王寺駅とあべのハルカス。

160108-183234
 JR天王寺駅公園口の地下鉄谷町線天王寺駅・あべちか入口。

160108-183700
 JR天王寺駅南側を通るあびこ筋。写真左が天王寺MIO,右があべのハルカスと近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅の阿部野橋ターミナルビル新館。道路の下には地下鉄御堂筋線の天王寺駅がある。

160108-183812
 あべのハルカスを見上げる。

160108-183940
 あびこ筋と谷町筋が交差する近鉄前交差点。左の高層ビルが「あべのnini」,右はエコーアクロスビルである。

160108-184055
 谷町筋にある阪堺電軌上町線の天王寺駅前電停。谷町筋の西側の阿倍野筋一丁目は,阿倍野再開発事業で「あべのキューズタウン」として生まれ変わり,風景が一変した。「abeno CUES TOWN」「あべのマーケットパーク Q's MALL」の「キュー」や「Q」は東急の「急」で,ショッピングモールは東急ハンズやSHIBUYA 109がテナントになっている。
 最近は関西にも進出している東急グループ。大阪駅に進出した三越伊勢丹は上手くいかなかったらしい。東京のイメージを強く打ち出したSHIBUYA 109 ABENOや東急ハンズ,成城石井などが大阪で受け入れられるのかどうか,ちょっと気になる。

160108-184129
 谷町筋にある阪堺電軌上町線天王寺駅前電停。阿倍野再開発事業で「あべのキューズタウン」側が大きくセットバックして幅員が広くなり,上町線の線路を道路の真ん中に移す工事が行われている。

160108-184210
 あべのハルカスと阪堺電車のヘッドライト(写真右下にぎりぎりで写っている)を一緒に写そうと思ったが,広角側16mmでは難しかった。

160108-184245
 あべのハルカスとあべのnini。

160108-184312
 あべのハルカスを下から上まで全部写そうとすると,カメラの水平にこだわっていられなくなる。

160108-184402

160108-184723
 近鉄前交差点とJR天王寺駅と天王寺MIO(天王寺ミオプラザ館と天王寺ミオ本館)。天王寺ミオプラザ館はかつての天王寺ステーションデパートである。

160108-185044
 あべのハルカスと近鉄前交差点の歩道橋。

160108-185116
 JR天王寺駅の天王寺MIOプラザ館。天王寺ステーションデパート(ステーションプラザてんのうじ)のほうがしっくりくるイメージだ。

160108-185205
 近鉄前交差点の歩道橋から茶臼山方向を見ると,天王寺動物園の先に通天閣が見える。

160108-185346
 近鉄前交差点の歩道橋からあびこ筋の西側を見る。あびこ筋の下には地下鉄御堂筋線が通っている。

160108-190231
 あびこ筋の複合商業ビル「あべのルシアス」。シネマコンプレックス「あべのアポロシネマ」やスポーツクラブが入っている。

160108-190325
 あべのルシアスの吹き抜け。

160108-190601
 あびこ筋からあべのハルカスを見上げる。

160108-191943
 チェックインしたビジネスホテルから外を見る。てんしば「TEN-SHIBA」は天王寺公園の天王寺駅側の入口を整備した芝生広場ゾーン。

160108-191956
 てんしば「TEN-SHIBA」の先に茶臼山のラブホテル街が見える。ホテル醍醐,ノーブルホテルダイゴに天守閣がそびえ立つ。

天王寺あべのハルカス

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2005年1月2日 (日曜日):天王寺駅前の阪和商店街

|

« 有馬温泉から三田経由で天王寺へ | トップページ | みかんと醤油・味噌醸造の町 湯浅町 »

・27 大阪府」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

関西在住時に夜の天王寺公園周辺を歩いたことがあります。ホームレスの人々が溢れ返った光景、飛田新地の異様な赤線の名残りにビックリしたものです。アベノハルカスで様変わりですね!

投稿: ローリングウエスト | 2016年4月11日 (月曜日) 22時15分

天王寺・阿部野橋周辺はここ10年ほどの再開発で一変しましたね。
109はよく知りませんが、東急ハンズは品揃えが良く、あべのキューズモールの核店舗の一つとして賑わっている印象です。関西の主要駅に出店攻勢をかけている成城石井も、ここ数年で関西での知名度が随分上がったように思います。
キューズタウン以外にも阿部野橋駅南側のHoop、andなど若者向けの店が増え、街を歩く人の平均年齢も下がったような気がします。

投稿: たむら | 2016年4月13日 (水曜日) 21時51分

 天王寺・阿部野橋周辺は本当に大きく変貌しましたね。街がにぎわってなによりです。

 天王寺公園も,てんしばTEN-SHIBAが整備されて,雰囲気が大きく変わったように思います。

投稿: 三日画師 | 2016年4月14日 (木曜日) 07時49分

マイベイです。

お久しぶりです、大阪の夜もいいものですね。

今年度もよろしくお願いします。

投稿: マイベイ | 2016年4月16日 (土曜日) 00時35分

 コメントありがとうございます。
 大阪は美味い食べものが多くていいですね。

投稿: 三日画師 | 2016年4月21日 (木曜日) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/63470705

この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス:

« 有馬温泉から三田経由で天王寺へ | トップページ | みかんと醤油・味噌醸造の町 湯浅町 »