« 静岡名店街と青葉おでん街 | トップページ | 名鉄蒲郡線 西浦〜東幡豆界隈を歩く »

2016年1月 2日 (土曜日)

三河湾が一望できる西浦温泉

160102134810_tonemapped

三河湾が一望できる西浦温泉


 2016年1月2日の旅は浜松駅から始まる。

160102-105840
 東海道本線浜松駅のホーム。

 この旅は大ざっぱに“奈良に行く”と決めているので,とりあえず東海道本線の下り列車に乗る。
 私は内田百閒先生の「何の目的もない旅こそが至高であり,帰りは“自宅に帰る”という目的ができてしまうので楽しめない」という意見に賛同する身なので,奈良への最短経路や乗り換え時刻を検索したりしない。今日のうちに到着するか,明日になるか,明後日になるかもわからない。そんな旅をしているときに至福を感じるのである。

160102-105533
 浜松駅に静岡方面からの電車が到着した。折り返しの興津行きとなる。車両は211系で,国鉄時代に設計製造された電車だ(写真の車両の製造はJRになってからのものだろうけど)。以前は首都圏でもよく見る車両だったが,ふと気付くと珍しい車両になっている。

160102-105755
 浜松駅から豊橋行きの電車に乗り込む。

160102-122245
 東海道本線の電車を乗り継ぎ,蒲郡駅で下車する。名鉄蒲郡線の電車に乗り換えるつもり……

160102-123746
 名鉄蒲郡線の蒲郡駅がある南口。

 蒲郡線内で途中下車をすると,昼飯を食うところが見つからないかもしれないので,南口のコンビニで握り飯などを買って,駅前のベンチでモニュメントのヨット(アメリカズカップに参戦したヨットらしい)を見ながら握り飯を食う。

160102-125252
 蒲郡駅南口のベンチでパンを食っていたら,目の前に「西浦温泉前」行きの路線バスがやってきた。ヘタに乗り込んで,帰りのバスが3時間待ちだったりしたら困るので,バス停の時刻表を確認したら30分間隔で走っている。観光ホテルが立ち並ぶ西浦温泉の写真はどこかで見たことがあって,興味があるので行ってみることにする。

160102-130057
 西浦温泉前行きの路線バスが駅前ロータリーを出る。交差点名が「港町3番」だ。

160102-132932
 約30分で終点の西浦温泉前バス停に到着。途中までは名鉄蒲郡線に沿って走り,競艇場前・形原駅前・西浦駅前を通るので,復路は西浦駅まで乗ることに決める。

160102-132955
 西浦温泉の温泉街は三河湾から突き出た西浦半島にある。眺望をウリにしている観光ホテルが多いため,坂の上り下りは結構キツい。

160102-133338
 福禄通りと思われる通り。西浦温泉郷の通りや坂道・橋には七福神の名称がついていて,それぞれ7か所に石像が置かれている。七福神巡りの散策をどうぞという趣向なのだと思われるが,散策マップがあるわけじゃないので(石像を探させるためにあえてマップを置いていない可能性はある),西浦温泉前バスのりばのところが大黒坂だとして,そことひと続きになっている福禄通りとの境界がよくわからない。

160102-133415
 買物や飲食はホテル内で完結するようになっているためだろうか,温泉街につきものの歓楽街は発達していないように見える。ホテルの外に出ると,坂や階段の上り下りがキツいこともあるかな。

160102-133521
 スナックY&M。このあたりから海岸に向かって下り坂になっている。

160102-133615

160102-133651
 スナックみちくさの前から観光ホテル街を見上げる。

160102-133736
 急な下り坂のカーブに沿ったスナック街。たぶん裏側の上の道路に面しているほうが正面なのだろう。

160102-133807
 見上げる。

160102-133824
 西浦温泉バームビーチに続く急な下り坂。

160102-134003

160102-134021

160102-134106
 西浦グランドホテル吉慶の裏手に降りていく石段。石段の上には「スナックY&Y」の看板があるので,降りたところは小さな飲み屋街になっているのだろうか。

160102-134125
 階段の上にある「スナックY&Y」の看板。

160102-134206

160102-134324
 東海園静海荘寮の前の地図にない道。ホテル東海園はこの上にそびえる大きな観光ホテル。

160102-134452
 坂を下りたところにあるカフェ「ナギサ」。

160102-134518
 坂道の上を振り返る。坂を下りたところに「布袋坂」の石像があるので,この坂道が布袋坂っぽいが,どこまでが福禄通りだったのかがよくわからないことになる。

160102-134717
 布袋坂。

160102-134753
 見上げると,崖の上に観光ホテル「東海園」が建っている。眺望がすばらしそう。

160102-134810
 もともとこの崖が露わになっていたわけではなく,少し前まではここに大きな観光ホテルが建っていたらしい。それが取り壊されて,こんな姿になってしまったようだ。

160102-135052
 西浦温泉バームビーチから西浦町大山の山腹に林立する観光ホテル群を見る。写真左側のフェンスがビルを取り壊した跡。

160102-135122
 西浦温泉バームビーチの前に建つ西浦グランドホテル吉慶。

160102-135153
 西浦温泉郷の温泉街をぐるりと回るつもりだったが,起伏の多さにくじける。しばらく海を見たあとでバスのりばに引き返すことにする。

160102-135254
 西浦温泉バームビーチ。西浦半島は三河湾に突き出たかたちをしているので,波が穏やかだ。

160102-135711
 ホテル銀波荘。

160102-135732
 たぶん全室オーシャンビュー。
 ためしにネット予約を検索してみたが,全室満室だった。

160102-140030
 重い足と身体を引きずりながら,布袋坂を引き返す。

160102-140108
 喫茶・食事「巴里」の前の布袋坂。坂を下ってきたときよりも,勾配がきつくなっているように感じる。
 バームビーチの前は広々としているのだから,バスのりばを坂の向こうに留め置くのではなく,坂を下ったバームビーチまで路線を延ばせばいいのに……などと愚痴が出る。

160102-140507

160102-140704
 福禄通りの建物が一部なくなっていて,福禄通りから一段低くなった裏路地に小さな飲食店街が見えている。

160102-140907
 福禄通りの横に急坂の弁天坂がある。

160102-141050
 ひっそりとした西浦温泉前バスのりばの待合室。かつては売店もあったりして,賑わっていたのだろう。

西浦温泉

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

|

« 静岡名店街と青葉おでん街 | トップページ | 名鉄蒲郡線 西浦〜東幡豆界隈を歩く »

・23 愛知県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/63249758

この記事へのトラックバック一覧です: 三河湾が一望できる西浦温泉:

« 静岡名店街と青葉おでん街 | トップページ | 名鉄蒲郡線 西浦〜東幡豆界隈を歩く »