« 天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス | トップページ | 東卸市場 和歌山駅前 »

2016年1月 9日 (土曜日)

みかんと醤油・味噌醸造の町 湯浅町

160109160654edit

160109154844

みかんと醤油・味噌醸造の町 湯浅町


 せっかく大阪まで来たが,昨年のゴールデンウィークにも寄ろうとして断念した和歌山県湯浅町の町並みを見て回るため,早々に大阪を離れることにする。

160109-105452
 JR天王寺駅の駅ビル「MIO(ミオ)」。今日の旅はここから始まる。

160109-134927
 紀勢本線の電車が有田市に入り箕島駅を過ぎると,車窓にみかん畑が目立つようになる。山も全体がみかん畑だ。みかん畑が増えてくると,もうすぐ湯浅駅だ。
 天王寺駅から和歌山駅,そしてここに来るまでは車内が混雑して何度も途中下車するなど,いろいろあった。途中の写真も公開したいところではあるが,この後の湯浅町の写真が膨大な枚数になってしまったため,泣く泣く端折る。

160109-140011
 湯浅駅で御坊行き普通列車を下車する。「しょう油発祥の地・重要伝統的建造物群指定 ようこそ 湯浅町へ」といきなり大歓迎される。

160109-140424
 湯浅駅(和歌山県有田郡湯浅町)の改札口。

160109-173807
 大阪や神戸のJRや私鉄でJR東日本のSuicaが問題なく使えたからといって,うっかり湯浅までSuicaで乗ってきてしまうと,湯浅駅の窓口で領収済み証明書を発行してもらうことになる。紀勢本線でICカードが使えるのは海南駅までだ。駅員さんが悪いわけでもないのに,非常に恐縮しながら証明書を書いてくれた。

160109-140523
 湯浅駅のアーチ状の車寄せの下から,駅前の一二三旅館・一二三食堂を見る。

160109-140602
 風格のある紀勢本線湯浅駅の駅舎。1927年(昭和2年)の建築である。

160109-140643
 美しい袴腰屋根(半切妻)の湯浅駅。

 紀勢西線が藤並駅から,ここ紀伊湯浅駅まで延伸したのは1927年(昭和2年)のことである。既に有田鉄道が1915年(大正4年)に藤並から紀伊湯浅駅の約1km北側の(有田鉄道の)湯浅駅を通り,山田川河口の海岸駅までを開通させていたため,紀伊湯浅駅を名乗ることになったらしい。

 その後,有田鉄道の藤並〜海岸駅間が国鉄紀勢西線と重複し,不要不急線として廃止されたことから,紀伊湯浅駅から湯浅駅に改称されたのは1965年になってからのことである。
 現在は特急「くろしお」の一部が停車する主要な駅となっている。

160109-141006
 湯浅駅前から北に延びる駅前通周辺商店街の蜜柑問屋橋爪商店。

160109-141147
 駅前通りから旧湯浅町役場に延びる通り。突き当たりのビルが旧湯浅町役場。お食事処「俵屋」,うお丸食堂,湯浅食堂と,飲食店が並んでいる。

160109-141234
 お食事処「しもよし」の前の四叉路。駅前通りがL字に曲がって道町(熊野古道)に続いている。

160109-141344
 駅前通周辺商店街のお食事処「しもよし」の前から,道町南商店街(熊野古道)方向を見る。

160109-141413
 思わず北側の細い路地に入り込む。

160109-141452
 細い路地が「ゆしん通り」に続いている。

160109-141629
 ヘアーサロン「ウエダ」,パーマカット「タケダ」が並ぶ路地。

160109-141733
 ヘアーサロンウエダ,小鯖農機店の前から大宮通りまで南北に続く商店街。

160109-141815
 カラオケ・喫茶「京」の前から北側を見る。

160109-141831
 居酒屋「咲楽」の前。ここの商店街には可動式テントによる開閉式のアーケードがついている。

160109-141945
 可動式テントによる開閉式のアーケードのある商店街。

160109-141923
 大宮通りまで南北に続く商店街を北へ。

160109-142000
 大宮通りまで南北に続く商店街を北へ歩く。

160109-142108
 上田酒店の前から東にある湯浅小学校方向を見る。

160109-142155
 古田商店の前から「ゆしん通り」との交差点方向を見る。写真左が花谷折箱店。

160109-142232
 花谷折箱店の前から東側を振り返る。

160109-142331
 ゆしん通商店街との交差点。

160109-142455
 写真右がゆしん通商店街(ゆしん通商店街はこの交差点から北側だけかもしれない)。「ゆしん」は「湯浅信用金庫」のことらしい。

160109-142615
 南栄地区の御菓子司・なれ寿し「つるや」の前。路地の上に屋根が架かっている。

160109-142633
 南栄地区の御菓子司・なれ寿し「つるや」と瀬戸鮮魚店。

160109-142709
 各店舗が軒を伸ばすことによってアーケードのようになっている。ここは湯浅駅から北町を中心とした重伝建地区を回遊するルートになっているらしく,アスファルト舗装ではなく石畳風のインターロッキングブロック舗装になっている。

160109-142957
 ゆしん通りとの交差点から西の道町商店街(熊野古道)に続く寺町通り。

160109-143100
 寺町通りに橋本印刷所,各種印刷武田弘文舎が並ぶ。

160109-143116
 寺町通りの北側の小路の蔦がからんだ建物。その奥が歯抜けになっている。ゆしん通りの西に平行する朽ちかけた建物が並ぶこの小路は,かつて遊郭だったところらしい。

160109-143151
 寺町通りの山本洋品店の前に飛び出し坊やがひそんでいる。

160109-143212
 寺町通りの毎日新聞の看板。

160109-143359
 ゆしん通りとの交差点の龍扇屋クリーニング店。

160109-143444
 龍扇屋クリーニング店の前からゆしん通商店街へ。

160109-143529
 ゆしん通商店街。

160109-143647
 ゆしん通商店街の松由鮮魚店,寿司割烹「松由」。

160109-143734
 ゆしん通商店街。商店街色は薄れている。

160109-143812
 ゆしん通商店街の南側を振り返る。

160109-143838
 ゆしん通商店街の大谷青果店,新長鮮魚店の前にもアーケード風の庇がある。

160109-143917
 ゆしん通商店街の大谷青果店,新長鮮魚店。

160109-143958
 ゆしん通商店街の新長鮮魚店。

160109-144039
 ゆしん通商店街の新長鮮魚店。

160109-144052
 新長鮮魚店横の路地を入る。

160109-144235
 新長鮮魚店横の小路を東へ。

160109-144318
 小路を東へ。

160109-144438
 ベーカーショップ「ピーターパン」の前からいちご大福つるや別館のほうを見る。

160109-144704
 ベーカーショップ「ピーターパン」のほうを振り返る。

160109-144802
 和洋食「末広」末広食堂の前。突き当たりが大宮通り。

160109-144813
 山東屋の横から大宮通りへ。

160109-144844
 大宮通りの西大宮通商店街へ。

160109-144904
 西大宮通商店街の湯浅醤油金山寺味噌小原久吉商店(写真右)。

160109-144913
 西大宮通商店街の山東屋と榎本モータース。

160109-144926
 末広食堂がある小路を振り返る。

160109-144953
 西大宮通商店街の小泉カメラ店。

160109-145018
 なかよし電器工房と末広食堂の路地。

160109-145041
 西大宮通商店街のカーブ。大宮通りは和歌山県道23号線で,商店街の中で大きく二度カーブしながら湯浅簡易裁判所前交差点に向かって続いている。湯浅簡易裁判所のあたりに有田鉄道の湯浅駅があったものと予想している。

160109-145254
 西大宮通商店街の鍵曲がり状のカーブ。「Delicious HIROOKA」やヤマザキショップ(千川酒店),きのくに観光,紀陽銀行湯浅支店,湯浅タクシー,町立図書館などがあり,このあたりが湯浅町の商業の中心のひとつになっていたものと思われる。

160109-145434
 西大宮通商店街の鍵曲がり状のカーブ。写真左が「Delicious HIROOKA」,写真右に青石衣料店,千川酒店が並んでいる。

160109-145600
 西大宮通商店街のDelicious HIROOKAとヤマザキショップ(千川酒店)。

160109-145739
 西大宮通商店街の湯浅醤油金山寺味噌小原久吉商店。間口の広い店だが,奥行きがその4〜5倍もある大きな店だ。ひょっとしたら奥の蔵と店頭を結ぶトロッコのレールなんかがあったりしたんじゃないかと妄想してみたりする。

160109-145928
 西大宮通商店街を西へ。4階建てのビルはきのくに信用金庫。「ゆしん」通りの名の元になった湯浅信用金庫のビルである。このビルの横から南側にゆしん通商店街が延びている。
 湯浅信用金庫は2008年にきのくに信用金庫と合併し,現在は大宮通りの湯浅簡易裁判所前交差点の店舗で営業しているようだ。

160109-150006
 旧湯浅信用金庫ビルの隣,せんこう・香油・ローソクの青石商店。写真右奥のビルは船山スポーツ。

160109-150252
 西大宮通商店街の船山スポーツの横から裏路地に入る。
 このような小路が迷路のように張り巡らされているのが湯浅の町の特徴である。

 ちなみに,国土地理院の地形図で湯浅の町を見ると次のようになる。

和歌山県湯浅町
 人口約1万2千人の湯浅町だが,その中心市街地は家屋が密集していて地形図で総描表現されているエリアがとても広い。町の南部では広川の対岸の広川町と市街地がほぼ連続しており,都市圏の規模は人口以上に大きい。

 たとえば人口約27万人の横浜市戸塚区の戸塚駅周辺の市街地(地理院の地形図で総描で表現されているエリア)と比べてみると,湯浅町の市街地の大きさがわかる。

横浜市戸塚区戸塚
 人口約27万人の横浜市戸塚区の戸塚駅を中心としたエリアの地形図。
 戸塚の市街地は2時間もあれば隈無く歩き回れそうだが,湯浅町の市街地は,半日で隈無く見て回るのは難しそうだ。

160109-150315
 西大宮通商店街の裏通りということもあって,「いせや」や金谷伊兵衛商店の蔵が並んでいる。

160109-150417
 西大宮通商店街から道町中央商店街(熊野古道)に抜ける裏路地のマキ美容室。

160109-150542

160109-150703
 道町中央商店街。短いアーケードがある。

160109-150847
 道町中央商店街。宮井料理店の前に短いアーケードがある。

160109-151115
 道町中央商店街(熊野古道)と大宮通りの丁字路。

160109-151217
 道町中央商店街(熊野古道)と大宮通りの丁字路。

160109-151230
 道町中央商店街の市間呉服店の前から大宮通りを見る。

160109-151313
 熊野古道の道町中央商店街の樹定薬局の横の丁字路。

160109-151433
 道町中央商店街の鎌田商店と糸川建材店。

160109-151521
 糸川建材店の横からゆしん通商店街へ続く路地の入口に,大衆食堂と書かれた古い行灯看板が残っている。かすかに「い」の字で始まる3文字らしいことがわかるので,「いと川(“と”は変体仮名かな)」と推測してみた。

160109-151530
 熊野古道の道町中央商店街。木造三階建ての建物は万忠金物店,1914年(大正3年)の建築である。

160109-151548
 道町中央商店街の樹定薬局の前の丁字路。

160109-151856
 道町中央商店街の田中魚店の前から短いアーケードを見る。

160109-151939
 道町から北鍛冶町(北かじや町商店街)に続く小路(路地)を西へ。

160109-152126
 道町から北鍛冶町(北かじや町商店街)に続く小路。

160109-152213
 道町から北鍛冶町(北かじや町商店街)に続く小路。

160109-152426
 かじや町(北鍛冶町)の栖原家住宅。主屋は明治7年の建築。昭和の終わりに廃業した醤油醸造家で,湯浅町に特徴的な平入り,厨子(つし)二階,連子(れんじ)格子と半格子,黒漆喰の町家建築である。

160109-152647
 栖原家の庭「醤の庭」。

160109-152828
 醤の庭の横の小路。

160109-152951
 醤の庭の防火水槽と水桶と猫。この先には「七曲り」と呼ばれる北町通りに抜ける小路があるようなのだが,見逃してしまった。

160109-153209
 魔除けの鍾馗様。関西では屋根に鍾馗像を置く風習がある。

160109-153222
 北かじや町商店街の千山庵(写真右)と清水米穀店。

160109-153350
 鍛冶町通り(北鍛冶町)の家並み。安政年間(主屋は昭和11年)に建てられた竹林家住宅。平入り,厨子二階に虫籠窓。醤油醸造や網屋,質屋を営んだ商家とのこと。

160109-153408
 竹林家住宅の前から栖原家住宅を振り返る。

160109-153644
 鍛冶町通り(北鍛冶町)の家並み。

160109-153745
 鍛冶町通り(北鍛冶町)の家並み。

160109-153816

160109-153840
 鍛冶町通りと北町通りの交差点にある旧岡正酒店。建物は元々「京喜屋」という屋号の呉服店の一部で,入居者が代々「岡正」という酒店を営んでいたという。現在は青果直売所・休憩所になっている。

160109-153906
 鍛冶町通りと北町通りの交差点。北町通りの内傳商店(津浦家)は1811年(文化8年)の創業の麹屋で,建物は明治11年の建築。湯浅町らしい平入り,厨子二階に虫籠窓,連子格子と半格子で,現在は手作り行灯・麹資料館になっている。

160109-154049
 湯浅町の重要伝統的建造物群保存地区の中心となる北町通り。

160109-154111
 北町通りの津浦家「内伝商店」。文化8年に湯浅町島の内で麹製造業を始め,1854年(安政元年)の地震による津波で被災したためにこの地に移ったという。現在は手作り行灯・麹資料館になっている。

160109-154136
 北町通りの楠山魚店。

160109-154146
 北町通りと鍛冶町通りの交差点方向を振り返る。

160109-154215
 北町通りの戸津井醤油醸造場。文化年間(1804〜1818年)から醤油醸造業を営む旧家。主屋は1936年(昭和11年)の建築で,厨子二階ではなく二階建て。写真左は樽蔵。

160109-154258
 北町茶屋「いっぷく」。

160109-154355
 北町茶屋「いっぷく」の前から北町通りの東側を振り返る。

160109-154453
 北町通りの加納家住宅は1921年(大正10年)の建築。平入り,連子格子,黒漆喰壁の両側に袖壁(卯建)がある。

160109-154520
 蔵野米穀店「おけき」は湯浅名物手焼きせんべい「やき餅」で有名らしい。その隣はMapionでは酒井燃料店となっているが,一筆龍というギャラリーに改装されていた。
 店の前ではおじいちゃんがひなたぼっこ中。

160109-154544
 上甚商店の前の四つ辻。写真右の道は山田川に架かる北橋に続く。

160109-154644
 一筆龍ギャラリー(写真右)と加納家住宅(写真左)。

160109-154844
 北町通りの太田醸造場(太田久助吟製)。戦前までは醤油醸造,戦後は金山寺味噌の製造販売を行っている。平入り,厨子二階,連子格子の建物は1904年(明治37年)の建築。
 写真左は北町ふれあいギャラリーで,昭和初期の建物を改装している。

160109-154936
 太田醸造場(太田久助吟製)の前から北町通りの東側を振り返る。

160109-155128
  中町通りから北町通りの太田醸造場(太田久助みそ店)前の丁字路を見る。太田久助みそ店専用駐車場には「無断駐車お断りします」とあるが,その下には「町内を散策される方,ご自由にご利用下さい」と書かれている。

160109-155247
 太田醸造場の「まえぐら」。

160109-155323
 北町通りの紀州地酒小川酒店。

160109-155404
 紀州地酒の小川酒店と湯浅しょうゆ「角長」の職人蔵。

160109-155424
 湯浅しょうゆ角長の職人蔵と「角長(加納長兵衛家)」。

160109-155445
 湯浅しょうゆ職人蔵は1866年(慶応2年)の建築で,仕込み蔵として使われていた蔵に,現在は醤油醸造道具が展示されている。

160109-155527
 醤油のふるさと手づくり醤油「角長」。看板には天保十二年と書かれている。江戸末期に建てられた主屋は平入り,厨子二階,連子格子,黒漆喰に虫籠窓の町家建築である。

160109-155602
 北町通りと浜町通りの丁字路。

160109-155625
 角長醤油醸造場の前から北町通りの西側を見る。

160109-155636
 角長醤油醸造場の前から北町通りの東側を振り返る。写真右は浜町通り。

160109-155653
 角長醤油醸造場の西側の北町通りには醤油の香りがただよい,醸造場と一体化している。醸造場の従業員の方が醤油瓶を運んでいても違和感がない。

160109-155723
 角長醤油醸造場の前の北町通りと浜町通りの丁字路。

160109-155759
 醤油の空き瓶。

160109-155819
 北町通り。

160109-155910
 黒板塀の角長醤油醸造場と煙突。

160109-155949
 北町通りの土岐家住宅は江戸時代後期の建築。障子張りの引き戸に,江戸時代にタイムスリップした感覚を覚える。

160109-160002
 土岐家住宅の前から北町通りの西側を見る。

160109-160046
 北町通りの東側を振り返る。

160109-160133
 角長浜蔵の前には角長印の醤油樽を積んだ大八車が置いてある。

160109-160223
 角長醤油醸造場の裏側(北側)にある大仙堀。かつては「醤油堀」とも呼ばれ,各地から船で醤油の原材料が運ばれ,醤油樽を積んだ船が全国各地に醤油を運んだ。

160109-160232
 角長醤油醸造場の北側にある大仙堀。

160109-160329
 醤油樽を積んだ大八車。

160109-160528
 北町通りの恵美須神社の前の路地を通って山田川(北川)沿いに出る。

160109-160617
 大仙堀。山田川の河口に設けられた大仙堀は「醤油堀」とも呼ばれ,江戸時代には醤油やその原材料の積み下ろしで賑わったという。醤油醸造蔵から直接小舟に積み込まれた醤油は,沖に停泊した大型船に積み替えられて全国各地へと出荷された。
 1915年(大正4年)に開通した有田鉄道の海岸駅(貨物駅)の側線が大仙堀の横にまで延び,積み荷の輸送は船から鉄道に変わっていった。その有田鉄道の海岸駅も戦前には廃止され,線路跡は道路になっている。

160109-161026
 角長醤油醸造場の醸造蔵と大仙堀。

160109-161143
 山田川の河口の漁船。

160109-161308
 山田川河口が船溜まりになっている。対岸には造船所が並んでいる。

160109-161815
 浜町通りと北町通りの丁字路。

160109-161858
 浜町通りと北町通りの丁字路。

160109-162049
 浜町通り。

 午後4時を過ぎ,とりあえず広川河口の弁財天堀や旧茶屋街(旧花街)のあたりは見ておこうと,湯浅町の市街地を貫く浜町通りを南北に突っ切ろうと思っていたら,通りがかりのおじさんに「風呂屋は見たかい?」と声を掛けられた。大正時代に建てられた銭湯の建物が残っているという。ありがたい,あやうく見逃すところだった……

160109-162301
 大正時代に建てられた銭湯「甚風呂(戎湯)」。幕末から昭和50年中頃まで営業していた大衆浴場である。屋号は「戎湯」だが,経営者の名前から「甚風呂」と呼ばれ親しまれたらしい。明治前期の建物を大正15年頃に改築したものだという。現在は地域交流の場,往時の生活様式を伝える資料館として使われている。

160109-162354
 甚風呂(戎湯)。菱形の開口部のある土塀に囲まれている。

160109-162433
 下新町の甚風呂(戎湯)。

160109-162509
 下新町の甚風呂(戎湯)。

160109-162706
 甚風呂(戎湯)。

160109-163030
 浜町通り(北浜町)に戻る。

160109-163213
 浜町通り(北浜町)の旧赤桐家住宅は1907年(明治40年)の建築。ここは大本紀伊本苑になっているが,元は醤油の醸造販売業の商家で,湯浅町の町家建築としては最大級の規模だという。建物前面に及ぶ大型の虫籠窓が特徴で,写真ではわかりにくいが屋根はむくり屋根になっている。

160109-163512
 浜町通りを南へ歩き,蔵町通りを横切って,さらに南へ。

160109-163600
 浜町通りの山家鮮魚店(廃業?)。

160109-163638
 浜町通り(南浜町)の料理「登久市」とあら玉屋旅館。

160109-164027
 浜町通り(南浜町)の南端。広川河口の弁財天堀が見えてきた。

160109-164059
 浜町通り(南浜町)の仕立船枠駒屋旅館。

160109-164136
 広川河口の弁財天堀。中洲に辨財天社がある。

160109-164221
 弁財天堀。平安時代の石垣積みの中波止が残っている。

160109-164343
 弁財天堀と広川河口を仕切る湯浅広港湯浅排水機場の閘門。その後ろに見える「なぎ大橋」を渡ると,湯浅町の隣の広川町となる。

160109-164621
 弁財天堀側から中町通りを見る。

160109-164943
 湯浅魚つり観光協会本部「中央館」とお食事処「かま田」。

160109-165134
 かじや町通りへ。

160109-165214
 かじや町通りに場鶴魚店と鮮魚とち善が並ぶ。

160109-165300
 かじや町通りから道町(熊野古道)に続く元本町の路地の志光堂。

160109-165339
 元本町。

160109-165502
 道町(熊野古道)に出る。銭湯「布袋湯」の煙突が見える。

160109-165537
 湯浅町に残る唯一の銭湯だった布袋湯(川原湯・川原の風呂)は,昨年とうとう廃業してしまったようだ。最盛期には町内に9軒も銭湯があったという。

160109-165634
 アーチ状の入口のある煉瓦塀に囲まれた布袋湯。

160109-165849
 元本町(熊野古道)の鍵曲がりから布袋湯を振り返る。

160109-165921
 元本町(熊野古道)の鍵曲がりの村田薬局。

160109-170011
 布袋湯の裏路地。

160109-170021
 元本町(熊野古道)の桑田商店の前の鍵曲がり。ここが湯浅の町の古くからの南の入口だったに違いない。

160109-170044
 元本町(熊野古道)から道町側を見る。

160109-170150
 布袋湯の裏の路地を南へ。

160109-170217
 布袋湯の裏の路地。

160109-170238
 布袋湯の裏の路地。

160109-170254
 猫の楽園になっている。

160109-170336
 布袋湯の裏の路地。

160109-170427
 旅館「千代の家」の裏から元本町に抜ける。

160109-170512
 元本町(熊野古道)の布袋湯の前の通り。

160109-170546
 元本町の旅館「中央館」。お食事処「かま田」のところと裏側で繋がっているのだろうか。

160109-170706
 弁財天堀に流れ込む川(名称不明)の橋を渡ると島之内商店街となる。

160109-170752
 生菓子羊羹「船谷三星堂」。閉店してからずいぶん経つようだ。電話が564番だ。

160109-170820

160109-170838
 島之内商店街の畑敬釣具店とはたよ食堂。

160109-170912
 島之内商店街のカット&パーマ「ツカダ」。

160109-171004
 島之内商店街の畑敬釣具店とはたよ食堂。

160109-171055
 島之内商店街の紳士服「FUKUYA」。

160109-171158
 島之内商店街。中紀バス湯浅営業所の前あたり。

160109-171217
 中紀バス湯浅営業所。車庫前バス停がある。

160109-171254
 島之内商店街。

160109-171407
 島之内商店街のお食事処「紀文食堂」。
 このあたりは“新地”と呼ばれた旧茶屋街(花街)で,戦前に湯浅駅ができてから栄えたところらしい。

160109-171432
 紀文食堂の横を入った路地の突き当たりが旧茶屋街(花街)っぽいのだが,電車の時刻を気にしてしまって,この先には足を踏み入れなかった。後悔している。

160109-171452
 島之内商店街から湯浅駅に続く坂道。

160109-171506
 島之内商店街から湯浅駅に続く坂道の喫茶・軽食「ロワール」と寿し「くわ多」。

160109-171534
 喫茶・軽食「ロワール」。右奥に紀勢本線の線路が見える。

160109-171618
 島之内商店街から湯浅駅に続く坂道の途中にある有田みかんの垣内商店。写真右側の路地は,道町・元本町(熊野古道)の鍵曲がりから続いていて,ひょっとしたらここも熊野古道かもしれない。

160109-171653
 花野理容と喫茶ロワール。

160109-171734
 旧茶屋街(花街)「新地」方向を振り返る。

160109-171756
 湯浅駅前の栗山商店,一二三旅館・一二三食堂。

160109-171805
 湯浅駅前の一二三旅館と一二三食堂。

160109-171901
 湯浅駅前。

160109-171843
 湯浅駅。すっかり暗くなってしまった。もうすぐ紀勢本線和歌山行きの普通列車がやってくる。

 湯浅町には見たいところが多すぎて,半日で見て回るのは無理だった。

160109-181009
 和歌山行きの電車が終点の和歌山駅に到着。約45分の乗車時間だった。

160109-181610
 和歌山駅の改札口。

160109-181531
 和歌山駅コンコース名物のダイハツ車の展示。

160109-182327
 和歌山といえばやっぱり和歌山ラーメン。丸美食堂で特製中華そばを食う。

湯浅町
 そこそこ隈無く歩いたつもりだったが,GPSログデータを表示したら歩いていないところが多くて愕然とした。近いうちに再訪したい。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 5s

|

« 天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス | トップページ | 東卸市場 和歌山駅前 »

・30 和歌山県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

際限なく奥深い魅力的な町ですね。町の風景に絡め取られそうでした。

投稿: osa | 2016年4月29日 (金曜日) 14時25分

 本当に魅力的な町並みでした。市街地の道路のほとんどが,江戸時代に町が形成された当時のままなので,当時の町並みが保存されたのだと思われます。

投稿: 三日画師 | 2016年4月30日 (土曜日) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/63517124

この記事へのトラックバック一覧です: みかんと醤油・味噌醸造の町 湯浅町:

« 天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス | トップページ | 東卸市場 和歌山駅前 »