« 藤沢宿を歩く〔藤沢本町〜辰巳町〕 | トップページ | 昭和マーケット再訪,しかし…… »

2015年10月10日 (土曜日)

立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街

151010185249editenhancer

立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街〔夜編〕


 野暮用帰りに溝の口駅西口商店街に立ち寄った。約2年半振りである。
 2年半前の訪問は昼下がりだったため,溝の口駅西口商店街の立飲み屋はまだ準備中。こんどは午後7時近くで,それぞれの飲み屋からは「かんぱい〜!」のかけ声が聞こえてくる……

151010-184343
 しばらく撤去されていた「お買い物は皆様の店 溝の口駅西口商店街」の商店街アーチが復活していた。商店街のアーチである。復活してなにより。

151010-184448
 東急田園都市線の溝の口駅に沿って東に延びる路地。「たまい駅前酒場」に飲兵衛が集まっている。

 このあたりは,かつては飲食店や鮮魚店が密集していたところだった。2007年2月の不審火による大火で焼失してしまったが,やっと賑わいが戻ってきている。東側にはカレーハウスデリーや中華南甫園も復活している。

 2004年1月に撮影した写真を参考までにアップしてみる。現在の「たまい駅前酒場」は,レストランハセガワのあたりになると思われる。

040125-165352
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(ハセガワのあたりが現在の「たまい駅前酒場」か)〕

040125-165414
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(三叉路にあった鮮魚店)〕

040125-164350
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(飲食店が並んでいた)〕

040125-164307
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(カレーハウスデリー側の商店街入口)〕

 懐かしい写真ばかり載せ始めると切りがないので,立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街の写真に戻る。

151010-184629
 南武線の線路横の「七輪もつ焼 二の鉄」「大衆酒場玉井(二階はたまいのハイカラ酒場・ALL FIVE)」が並ぶ。焼鳥の煙で視界がかすんでいる。「たまい」はもともとは大衆酒場で,現在は溝の口一帯にたくさんの居酒屋・焼鳥屋・焼き肉屋を展開している一大グループである。

151010-184710
 昔ながらの古本屋「明誠書房」。

151010-184743

151010-184759
 明誠書房の隣は昔から人気の「焼鳥かとりや」。

151010-184819
 老舗和菓子店「玉川堂」。店が開いているときには,いなり寿司・五目いなりや大福を買ったりするのだが,売り切れのことも多い。そればかりか,店が閉まっていることも多くて残念(店じまいが早いのかな)。

151010-184835
 溝の口駅西口商店街の西側の三叉路。「ホルモン番長もつ関ちゃん」が「溝の口ドカンドカン酒場」になっている。

151010-184906
 玉川堂の前から焼鳥かとりや側を振り返る。

151010-184930
 立ち飲みの「いろは」。焼鳥を片手にテレビの野球中継に見入るスタイル。この日から始まったプロ野球CSシリーズの巨人阪神戦が放映されていた。

151010-185207
 南武線線路横の立ち飲み「いろは」。
 立ち飲みの飲み屋が増えた溝の口駅西口商店街にあって,ここ「いろは」と「かとりや」は老舗である。

151010-185248

151010-185339
 焼鳥を焼く煙が充満する。ただ通りすぎるだけだった人も,この煙に絡め捕られ,一杯飲んでいくことになる……

151010-185441

 商店街ではなく飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街。
 2007年の大火のあと,水路の上の違法建築物の再建のめどが立たず,そのまま寂れてしまうのかもしれないという不安の中,多くの人が復活を望んだこともあり,立ち飲み屋街として賑わいを取り戻しつつある。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【参考】
・2004年1月25日 (日曜日):溝の口駅西口商店街
・2006年7月22日 (土曜日):梅雨明けを待つ溝の口
・2007年10月20日 (土曜日):溝の口経由で散髪へ(大火から約半年後)
・2013年4月13日 (土曜日):立飲み屋街に変貌する溝の口駅西口商店街

|

« 藤沢宿を歩く〔藤沢本町〜辰巳町〕 | トップページ | 昭和マーケット再訪,しかし…… »

・14 神奈川県川崎市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

火事の前の貴重な写真を見せていただきました。
私が初めて溝の口西口商店街を訪れたのはちょうど一年前の今頃で、当時仕事で溝の口に通っていたので、毎日のように『いろは』に通ってました。
南武線の騒音を聞きながら帰りがけ一杯引っ掛けるのが日課となってました。

投稿: うなぎ | 2015年11月24日 (火曜日) 13時05分

 通勤経路に「いろは」があったら,そりゃ寄りたくなりますね。

投稿: 三日画師 | 2015年11月26日 (木曜日) 23時36分

こんにちは。今から17か18年位前、溝の口の旧駅舎が取り壊されるギリギリの頃から、数年間、溝の口まで通勤してました。

「はせがわ」、今はなくなってしまった様ですが、当時よく飯食いました。懐かしい風景、ありがとうございます。

間近を過ぎる電車の音聞きながら、「いろは」でも飲んだのも懐かしいです。
まだあるんですね。近々行ってみます!。

投稿: つー | 2015年11月28日 (土曜日) 00時59分

 私は通勤経路の途中でしたが,ハセガワや地上に駅舎があった頃の溝の口が懐かしいです。

投稿: 三日画師 | 2015年12月 5日 (土曜日) 23時11分

立ち飲み屋さん。私の住んでいる街ではあまり見ないですね。でも雰囲気の良さが写真から漂ってきます。お酒は飲まず、おつまみだけも注文出来るのですかね。。。

投稿: ひろやん | 2015年12月 8日 (火曜日) 14時56分

 ほとんどの店は,おつまみだけでも注文できると思いますよ。

 ただ,少し前に,おでん屋で酒を注文しない客が増えているため,酒で利益を得ているおでん屋が困っているという記事を読んだ記憶があります。

 個人的には,おでん屋の酒とおでんの値付けが間違っているようにも思うのですが,病気のため数年前から禁酒中の私は,居酒屋などで飯を食いにくい気分になりました。

投稿: 三日画師 | 2015年12月13日 (日曜日) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/62734186

この記事へのトラックバック一覧です: 立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街:

« 藤沢宿を歩く〔藤沢本町〜辰巳町〕 | トップページ | 昭和マーケット再訪,しかし…… »