« 大和高田で雨に濡れる | トップページ | 近鉄奈良から大阪上本町「上六」へ »

2015年5月 5日 (火曜日)

椿井市場〜ならまち界隈 奈良市

150505113038henhancer

椿井市場〜ならまち界隈 奈良市



 朝から雲ひとつない快晴となった。

 今日は奈良市の市街地の中心部にある「ならまち(奈良町)」を歩いてみる。観光地化されている「ならまち」にはあまり魅力を感じていなかったが,JR奈良駅から「ならまち」までの地図を見ていたら椿井市場と奈良市場が並んでいて,ぜひとも見てみたくなったのだった。

150505-105518
 平城遷都1300年記念事業に合わせて高架化されたピカピカのJR奈良駅。

150505-105825
 奈良駅東口広場の前にある三綱田(さんごで)交差点から三条町を東へ。

150505-110216
 壁がヒートシンク状になっている三条町の住宅。補強用かな?

150505-110516
 三条町の敷島温泉と煙突。

150505-111324
 寺町の変形四叉路。レストラン「ラ・ヴィ」。

150505-111600
 寺町の白銅屋呉服店とブロック塀に張り付いた小さな祠。

150505-112254
 椿井町の椿井市場の西側の入口。

150505-112334
 椿井市場の西側は昔ながらの木造のマーケットになっている。

150505-112408
 かまぼこ・天ぷら「魚三」。営業しなくなって久しい感じだが,木造の戸板と小さな出入口,閉じた揚店(ばったり床几)?は,シャッターがなかった時代の店の姿を良く残している。

150505-112450
 突き上げ戸の部分には「三魚」の透かし彫りがある。

150505-112503
 細い椿井市場の,そのまた裏路地。

150505-112519
 椿井市場の裏路地。プライベート空間らしいので,奥まで入るのはやめる。

150505-112558
 椿井市場の西側には開いている店はないが,屋根から光が差し込んでいて明るい。

150505-112623
 椿井市場の中程には稲荷神社がある。

150505-112757
 稲荷神社の裏側に公衆便所がある。

150505-112902
 椿井市場を東へ。

150505-112917
 古い手書き文字の看板が残っている。

150505-113004

150505-113017
 食料品の「丸仁屋」と中川雑貨店。放置具合がすごい。

150505-113038

150505-113055
 川魚うなぎ・鳥又改め丸仁屋。いつ頃の看板なのだろう。

150505-113109

150505-113125
 椿井市場の煙出しのあるアーケード。

150505-113155
 造られた時期が異なるのか,部分的に改修したのか,屋根の構造が複雑だ。

150505-113204

150505-113244
 正一位五社稲荷大明神。椿井市場には2カ所に稲荷神社がある。

150505-113255
 稲荷神社の前から東側の出入口を見る。

150505-113312
 椿井市場の西側を見る。

150505-113322
 椿井市場の東側は一度火事で焼け,立て直したものだそうだ。残念ながらシャッター街になってしまっている。

150505-113414

150505-113631
 椿井市場の東側,小西さくら通り側の出入口。

150505-113804
 小西さくら通りの椿井市場の北隣は古梅園。「墨」という看板があるように,書道用品・書道用墨の老舗だ。墨づくりは奈良の伝統産業であり,全国の需要の98%を奈良の製墨会社が供給しているという。店舗は登録有形文化財になっている。

150505-113943
 古梅園の前から椿井小学校の横を通り,餅飯殿通り(もちいどのセンター街)・猿沢池に続く。

150505-114003
 古梅園の北側に沿って西に続く通り。見えなくなるぐらいまで古梅園の建物が続いている。古梅園の建物は,店舗・主屋から土塀や倉庫・商品蔵,風呂場,離れ座敷など,合計25の建物が登録有形文化財になっている。

150505-114031
 椿井町から角振新屋町の小西さくら通り。
 小西六のさくらカラー(フィルム)を思い出す名称だ……

150505-114059

 20分100円パーキングの看板の横が,目的地である「奈良市場」なのだが……

Img_9283

150505-114309
 奈良市場は既に閉鎖,駐車場になってしまっていた。2階のJAZZ SPOT「とらきち」などは営業しているようだ。

 昭和30年代には,生鮮食料品や酒・味噌・生花を販売する椿井市場と,衣料品・雑貨・時計などを売る餅飯殿通りは,それぞれ棲み分けができて互いにとても賑わっていたという。
 椿井市場のすぐ北側にあった映画館跡にできたのが,ここ奈良市場であり,椿井市場の客を奪うかたちで繁盛したが,その後進出した大手スーパーによって閉鎖に追い込まれたようだ。どこにでもある話だ。ただ,地図を見る限りでは,近くに大きなスーパーマーケットは見当たらない(近鉄奈良駅近くに,あまり大きくないがパケット奈良店がある程度)。けっこう遠くまで買い物に出かけるようになったのだろうか。

150505-114608
 古梅園がある四つ辻。

150505-114634
 古梅園。

150505-115005
 椿井町から餅飯殿町へ。スパイシーカリー「タリカロ」……

150505-115224
 餅飯殿町の餅飯殿通り(もちいどのセンター街)。全蓋式アーケードがある。

150505-115241
 餅飯殿通り(もちいどのセンター街)。

150505-115359
 餅飯殿センター街。若草カレー本舗。ここのカレーも美味そうだ。海軍カレーをウリにしたカレーの街横須賀よりも,カレーの店が多くてうらやましい。

150505-115429
 もちいどのセンター街。

150505120236
 もちいどの夢CUBE。小さなスペースを割安に貸し出すことで,起業家を支援する現代風長屋商業施設だ。

150505-120313
 もちいどの夢CUBEの向かい側にあるのも,長屋風の店舗群に小規模な雑貨店や飲食店が入る「夢長屋」(写真右側)。
 都会の古びたマーケットに若者向けの個性的な店が増えている様相を見れば,このような取り組みが商店街の活性化には必要なのだと思う。

150505-120533
 もちいどの夢CUBEの横の路地を東に入った南市町には,和風スナックなどの飲食店が並ぶ。

150505-120541
 南市町の飲み屋街。

150505-120852
 南市町のスナック「マブハイ」横の路地。

150505-121137
 南市町と西寺林町の間の路地。

150505-121154
 南市町のスナック「もみじ」の前の路地。

150505-121701
 奈良町通り今御門商店街から道祖神のある四つ辻へ。

150505-122122
 道祖神の前からならまち通り西寺林商店街を見る。

150505-122353
 ならまちの勝南院町の奈良上街道。上街道は古代からの上ツ道を元に,奈良から天理を通り桜井を結ぶ街道で,桜井から先は長谷寺や伊勢に続き,長谷寺詣でや伊勢参りで賑わったところ。この奈良上街道を奈良町通りと呼ぶらしい。

150505-122436
 勝南院町側から道祖神のある四つ辻を見る。

150505-122506
 勝南院町の田村青芳園茶舗の前の家並み。

150505-122812
 勝南院町の田村青芳園茶舗の前の家並み。

150505-123007
 勝南院町の住吉神社の前あたりから奈良上街道を見る。

150505-123117
 歯抜けになった区画。歯抜けになったおかげで見える家並みもある。

150505-123205
 ならまち大通りから勝南院町の奈良上街道を見る。

150505-123251
 ならまち大通りと奈良上街道との交差点にある奈良町情報館。

150505-123458
 中新屋町の御菓子司「春日庵」・津熊釣具店の前の奈良上街道の家並み。

150505-123906
 中新屋町の「かみつみちべんとう」。
 ならまち(奈良町)は,古代の大寺だった元興寺の寺地を宅地化したところで,中新屋町あたりは金堂や講堂,僧坊,東塔などの主要な伽藍があった地域だという。

150505-124442
 中新屋町の南側の丁字路。

150505-124531

150505-124810
 中新屋町の丁字路の菊岡漢方薬局。

150505-124931
 中新屋町の丁字路にある奈良町にぎわいの家。説明書きを読まなかったので,何の絵かは不明(鯉のぼりだということぐらいはわかるけど)。

150505-125135
 奈良まちづくりセンター。奈良町物語館=奈良まちづくりセンターということでいいのかな?

150505-125300
 蚊帳のれん・ならまちふきんの「ぎゃらりい舎」の前の丁字路。

150505-125402
 ぎゃらりい舎の前の丁字路。揚げ店(ばったり床几)が残っている。

150505-125533
 奈良まちづくりセンターの前の家並み。

150505-125717
 ぎゃらりい舎の前の丁字路。

150505-130502
 芝新屋町の家並み。

150505-130536
 芝新屋町の元興寺参道前の小さな鍵曲がり。

150505-130640
 元興寺参道前の寧屋工房。奈良時代までは,ならまちと呼ばれる地域のほとんどがここ元興寺の境内で,東大寺や興福寺のような大伽藍だったという。

150505-130743
 芝新屋町の元興寺参道前の小さな鍵曲がり。このあたりの古い家並みは見事だ。路上駐車の車がなければ完璧だったが……

150505-131615
 元興寺町の奈良元興寺郵便局付近。

150505-131900
 蔀(しとみ)と揚げ店(ばったり床几)など,江戸時代の商家の特徴を残した藤岡家住宅。重要文化財に指定されている。

150505-131912
 蔀と揚げ店(ばったり床几)。

150505-131944
 奈良市ならまち格子の家。

150505-131958
 重要文化財の藤岡家住宅。

150505-132509
 築地之内町の銭湯「扇湯」。ほんの少し西側にはミネラル湯浴泉「花園新温泉」がある。

150505-133137
 薬師堂町の四つ辻。

150505-133324
 薬師堂町の四つ辻を東側から見る。紫外線が強いこの季節に,雲ひとつない快晴。腕がすっかり日焼けで赤くなってしまった。

150505-133441
 薬師堂町の四つ辻から南側を見る。

150505-133507
 薬師堂町の家並み。

150505-133624
 毘沙門町の家並み。

150505-134341
 ならまち大通りから鶴福院町の鶴福商店街を見る。

150505-134709
 鶴福院町の鶴福商店街。興福寺の五重塔が見える。
 鶴福商店街は車の通行が可能なため,渋滞が深刻な状況になっている。渋滞解消のために道路拡幅計画があるようだが,「鶴福院町 道路拡幅絶対反対」と書かれた幟がたくさん立っていて,反対運動が起こっていることがわかる。難しい問題だ。

150505-134931
 鶴福商店街を通るこの道路は,ならまち大通りから興福寺の横の三条通に抜けるのだが,途中の奈良市立中央図書館の周辺に奈良市街地中心部には貴重な駐車場があるため,混雑しているように思われる。

 ならまち(奈良町)を歩いた印象では,伝統的な町屋が普通の住宅に建て替えられているところが多く,町並みの点では,重要伝統的建造物群保存地区に選定されている全国の古い家並みに比べると多少見劣りする感が否めない。しかし,町屋を利用したカフェや土産物屋には観光客がとても多く,歩いて楽しむ町並みが広い範囲に形成されている。

 交通渋滞の緩和のために道路拡幅をするのは,奈良市自身の首を絞める施策のようにも感じる。郊外に駐車場を確保し,パークアンドライドを強力に進めて中心部から車を締め出すことを考えた方が良さそうだ(というか,たぶん既に考えているだろうけど)。

150505-140039
 西寺林町から勝南院町の住吉神社の前に抜ける路地。キッチン「ペピタ」,お好み焼き「団」などがある。

150505-140116
 キッチン「ペピタ」,お好み焼き「団」がある西寺林町の路地。奥に見える石段が渋い。

150505-140509
 猫がいっぱいのミニ工房「きゃんばす」と食料品「マルフク」がある路地。

150505-140930
 餅飯殿センター街の南端。全蓋式アーケードはそのまま下御門町の下御門(しもみかど)商店街に続いている。

150505-141212
 鯉のぼりが泳ぐ下御門商店街の全蓋式アーケード。

150505-142149
 もちいどのセンター街の着飾処「雅」。

150505-142254
 もちいどのセンター街を北へ。

150505-142418
 餅飯殿町のもちいどのセンター街,服地の「ぜに宗」。

150505-142545
 餅飯殿町から元林院町に抜ける路地の美酒食「樹樹」。

150505-142617
 餅飯殿町から元林院町に抜ける路地。ガネーシャが見つめる「MARU MARU」とスナック「のぞみ」。

150505-142934
 もちいどのセンター街は,餅飯殿町と橋本町の境界のならまち長屋のところで,ほんの少しセンターがズレて鍵曲がりになっている。

150505-143137
 ならまち長屋の横から樽󠄀井町に抜ける路地。

150505-143315
 左側がならまち長屋。しゃれた店が並んでいる。

150505-143431
 ならまち長屋。

150505-143547
 ならまち長屋。

150505-143630
 もちいどのセンター街。

150505-143803
 もちいどのセンター街の北端,三条通との交差点が見えてきた。

150505-144334
 もちいどのセンター街の前から見た三条通。左側は興福寺の杜。

150505-144453
 もちいどのセンター街の全蓋式アーケード。

150505-144743
 三条通に面した橋本町の南都銀行本店。イオニア式オーダーが見事な洋風近代建築は,1926年(大正15年)に旧六十八国立銀行として竣工されたもの。国の登録有形文化財に指定されている建物だが,チラ見する人もほとんどいない状態だ。もったいない。
 ここに来る前に「ならまち(奈良町)」を歩いてきたのだが,カフェや土産物屋は観光客であふれているのに,きれいな家並みに見とれている人があまりおらず不思議に感じられた。近代化産業遺産に指定されたりすると,あっという間に観光客でいっぱいになったりすることと,素晴らしい家並みや建築物に見向きもしない観光客とのギャップは何なのだろう……

150505-145748
 イオニア式オーダーが銀行建築らしくて素晴らしい。大正時代の建築なのに,竣工時から温水暖房・消火栓などの近代的設備が設置された先進的仕様になっているという。

150505-150147
 南都銀行本店の前の三条通。左に東向(ひがしむき)商店街,右にもちいどのセンター街がある。もちいどのセンター街の入口にものすごい人だかりがあって不思議だったが,中谷堂の餅つきに毎回人が集まるらしい。

150505-150452
 東向商店街から三条通を見る。

150505-151242
 全蓋式アーケードのある東向商店街。

150505-151701
 東向商店街から西の奈良小西さくら通りに続く商店街。ここも奈良小西さくら通り商店街だ。

150505-151728
 小西町の奈良小西さくら通り商店街。

150505-151943
 小西町の奈良小西さくら通り商店街。

150505-152320
 南北に延びる奈良小西さくら通りの質の「宮城屋」。

150505-152357
 奈良小西さくら通りから東向商店街方向を見る。

150505-152721
 奈良小西さくら通り商店街。ググってみたが,小西六やさくらカラーとは無関係らしい。
 写真右側にはかつて奈良ビブレ(ニチイ奈良ショッピングデパート)があったが,2013年1月20日に閉店してしまった。

150505-152751
 奈良小西さくら通り商店街の夫婦饅頭。

150505-153141

150505-153347
 奈良小西さくら通り商店街の啓林堂書店の前。もちいどのセンター街や東向商店街には土産物屋が多く,どちらかというと観光客向けなのに対して,小西さくら通り商店街は地元住民向けの商店が多いようだ。

150505-153845
 奈良小西さくら通りの大宮通り側入口の商店街アーチ。写真左が近鉄奈良線の近鉄奈良駅への階段になっている。駅は地下にあるが,小西さくら通りの前には近鉄奈良駅前ロータリーがある。

── SONY α7S + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS or PowerShot S100 or iPhone 5S

|

« 大和高田で雨に濡れる | トップページ | 近鉄奈良から大阪上本町「上六」へ »

・29 奈良県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ばったり床ぎ(すみません、言選りに出なかったもので・・・)初めて耳にしました。古い建物が多いですよね。しかし写真でも伝わってくるのですが暑そうですね。。。。私だったらバテテしまいそうです。。。。sun

投稿: ひろやん | 2015年6月19日 (金曜日) 15時00分

 日差しがキツくて,とても暑かったです。この日の数時間でかなり陽に焼けました。

投稿: 三日画師 | 2015年6月22日 (月曜日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/61676373

この記事へのトラックバック一覧です: 椿井市場〜ならまち界隈 奈良市:

« 大和高田で雨に濡れる | トップページ | 近鉄奈良から大阪上本町「上六」へ »