« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月の2件の記事

2015年1月12日 (月曜日)

福島のへそのまち「花の本宮」本宮市

150112144452enhancer

福島のへそのまち「花の本宮」本宮市



 本宮市は,2007年に本宮町と白沢村が合併して生まれた新しい市である。

 1980年ぐらいまでは,私の故郷である三春町と本宮町はいずれも人口が約2万人程度で,三春町がわずかに人口を減らしつつあるのに対して,本宮町は平坦な土地に新しい工場が立地して,徐々に三春町の人口を追い抜きつつあった。その後,本宮町は隣の白沢村と合併して本宮市となり,町村合併しない選択をした三春町は現在も人口を減らしつつある。

 本宮は奥州街道の宿場町で,会津街道や三春街道,相馬街道が本宮から分岐していたため,とても賑わった宿場町だった。
 その本宮市の駅前に,本宮映画劇場という大正3年建築の映画館があり,しかもあの3.11の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)のときもびくともしなかった。ときどき上映が行われているという風の便りもあり,せっかく隣の三春町まできたから……ということで,我が弟にクルマで本宮駅前まで送ってもらい,本宮の町を軽く散策してみる。

150112-142603
 JR東北本線の本宮駅。駅舎は変わっていないが,本宮駅前東口広場整備工事が完了し,駅前は広くさっぱりしている。

 本宮・本宮駅がかつて交通の要衝だったことを語る際には,日本鉄道が後に東北本線となる鉄道の本宮駅を開業した1887年の数年後,野口英世は猪苗代町から馬車で本宮までやってきて,本宮駅から列車に乗って上京したという逸話が語られる。
 現在では郡山が福島県の中心部の交通の要衝になっているが,磐越西線・磐越東線・水郡線が郡山駅に集まることになる以前は,県内の各街道が集まる本宮の方が栄えていたことを示す話らしい。

 郡山の街は,荒涼とした安積原野が猪苗代湖からの安積疎水により大規模な灌漑が行われた安積開拓事業によって大きく発達したと言われる。

990827180237edit

 しかし,「日本地誌提要」によると,安積疎水の工事が始まる1879年より前の1873年の時点で,郡山の人口は4782人で本宮の3523人を上回っており,奥州街道の宿場町としても本宮より郡山の方が大きかった可能性が高い。

 奥州街道の宿場町須賀川は人口5028人,城下町三春は人口5086人と郡山よりも多く,これらの町では「昔は郡山から須賀川(三春)に買い物にくるぐらいだった」と語られることがある。
 須賀川や三春の約5000人という都市の規模は,全国的にみてどうだったのだろうか。同じ「日本地誌提要」により,1873年の時点で人口5000人前後の都市を探してみた。

 小樽3903人,気仙沼4377人,福島5813人,白河7250人,桐生3894人,栃木3968人,熊谷4171人,土浦7788人,八王子7675人,横須賀2810人,千葉3110人,長野6928人,上田6019人,飯田5736人,豊橋7506人,小倉7459人,大分6821人,延岡6861人……。この当時は人口3万人の都市は大都市だったのだ。本宮・郡山・須賀川・三春は全国的に見てもそこそこ大きな町だったことがわかる。

150112-142617
 本宮駅前にある大天狗酒造の煙突。

150112-142731
 本宮駅前に小さな飲み屋街「駅前横丁」がある。

150112-142850
 創業1872年(明治5年)の大天狗酒造。建物に自動販売機が埋まっている。

150112-142921
 大天狗酒造。

150112-142942
 杉玉(酒林)が下がっている。

150112-143022

150112-143354
 本宮市中條,本宮映画劇場の裏側。

150112-143409
 本宮映画劇場の裏の路地(北側)。何の木だろう? ひょっとしてテングシデ(天狗四手・天狗椣)? 本宮の造り酒屋は大天狗。いや,そりゃできすぎだろ……

150112-143421
 本宮映画劇場の裏の路地(南側)。

150112-143616
 本宮映画劇場の裏の路地を南へ。ブロックの壁に巨大なグラフィティアートが描かれている。

150112-143652
 小料理「鹿住」がある路地。

150112-143807
 本宮映画劇場の建物は周囲の建物よりひとまわり大きい。

150112-143850
 正面に回り込む。

150112-143924
 本宮映画劇場の隣の中央コーポ。

150112-144018
 福島県本宮市本宮字中條9の本宮映画劇場。1914年(大正3年)に開館したそうだから,築100年になる。ずいぶん古い建物だが,あの東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の揺れにも耐えた。

150112-144322
 大映映画のマークが残っている。1963年に閉館したが,館主がずっと映写機と建物を守ってきたのだという。すごい。現在もときどき上映イベントが行われているらしい。映画「ハーメルン」のロケ地になったことを示す看板もある。

150112-144452
 本宮映画劇場。通称「定舞台(じょうぶでい)」。昔は本宮座と呼ばれていたが,昭和になってから本宮映画劇場となった。
 見事な建築物だが,本宮市のWebサイトを見ると,本宮市ガイドブックにも観光スポットのページにも載っていない。こんなに貴重な建物に市が気付かないなんて,もったいない。

150112-144535

150112-144721
 本宮の街の中心を南北に縦断する旧奥州街道(陸羽街道)。うっすらと「娯楽の殿堂」という文字が読み取れる。

150112-144933
 本宮の街を縦断する旧奥州街道は,このあたりでは「南の本陣通り」と呼ばれているようだ。
 本宮駅前の「駅前ふれあい通り」との交差点付近から北側の旧奥州街道(下町)は拡幅工事が完了し,店舗のセットバックしている。このあたりから南側の上町も,数年後には似たような景観になるだろう。

150112-145135
 旧奥州街道の寿司居酒屋「大和」。ここから北側では拡幅工事が完了している。大和の奥に唐破風の建物がある。

150112-145224
 見事な唐破風。元は旅館だろうか。

150112-145306
 すぐ裏側に阿武隈川が流れている。本宮は阿武隈川に沿って街が形成されている。大きな堤防はなく,古くから何度も水害の被害を受けてきた。

150112-145452
 旧奥州街道と「駅前ふれあい通り」の交差点。ずいぶんと大きくセットバックしている。

150112-145648
 駅前の交差点にある本宮市消防団第1分団屯所裏の火の見櫓。

150112-145722
 本宮駅前ふれあい通り。

150112-145841
 ホテル堺屋と本宮市消防団第1分団屯所。

150112-150130
 駅前ふれあい通りから飲み屋街「駅前横丁」へ。

150112-150207
 駅前横丁。
 昨晩の雪が残っている。三春はかなり積もっていたが,本宮はそれほど降らなかったようだ。
 雪といえば,この日は晴れているのにずっと雪がちらついている。三春でもよくある天気だ。福島県の中通り地方では,こんなふうに晴れているのに雪がちらつくことがよくある。西高東低の冬型の気圧配置では,奥羽山脈の西側の会津地方では雪が降り,強風に乗って雪が奥羽山脈を越えてくるのだと思われる。

150112-150231
 駅前横丁のスナック「ル・ボン」……

150112-150250
 駅前横丁。駅前側の入口が見えてきた。小さな飲み屋街である。

150112-150501
 食堂「平次」。酒はもちろん地酒の大天狗。

 このあたりの飲食店には「本宮二業組合員の店」の札が掛かっている。二業地といえば,芸妓屋・料理屋の営業が許可された地域であると思われる。三業地は待合・芸妓屋・料理屋の営業が許可された地域。かつての花街を指すことが多い。

 本宮二業組合の歴史のページを見ると,本宮二業組合は1908年(明治41年)に本宮料理店飲食業組合として発足したという。郊外にあって景勝地として人気だった蛇の鼻遊楽園の出張料理店と町内料理店の料金・その他を統一するのが目的だったようだ。
 1914年(大正3年)に料理業・旅館業に加えて芸妓置屋と貸座敷業を含めて本宮四業組合となる。「花の本宮」として賑わったという。
 1945年(昭和20年),第二次世界大戦の影響もあり,町の南部の鳴瀬の「新地」と呼ばれた遊郭もなくなり,「料理」と「旅館」の二業として組合の名称を本宮二業組合としたらしい。
 そして現在,本宮市内の54店舗が組合に加入し,旅館部会,食堂部会,料理部会,バー・スナック部会に分かれて活動しているという。

150112-150522
 駅前横丁の本宮駅側のアーチ。

150112-150546

150112-150614
 駅前ふれあい通りから南に延びるまゆみ通りの大天狗酒造と煙突。

150112-150704
 駅前ふれあい通りのエビスヤパン店とまゆみ通り。

150112-150726
 駅前ふれあい通り。国分フォトやホテルFOUR C'Sなどがある。

150112-150849
 まゆみ通り。

150112-150857
 右が世界一菓子店。創業昭和5年の老舗菓子店で,10月~4月という寒い季節しか営業せず,「かいてん焼」が人気だとか。

150112-151103
 まゆみ通り。
 ちなみに「まゆみ通り」のマユミは,本宮の「市の木」に指定されているニシキギ科ニシキギ属の木である。漢字では「檀」「真弓」「檀弓」と書かれ,強くてしなることから弓や櫛の材料として使われるという。

150112-151127
 不思議なかたちの永生堂広告社の横の路地を入ると……

150112-151203
 銭湯「玉の湯」。男湯・女湯の表示がなく,廃業しているようだ。

150112-151250
 銭湯「玉の湯」。左は永生堂広告社の階段。

150112-151314
 玉の湯の前の路地を通ってまゆみ通りに戻る。

150112-151328

150112-151345
 まゆみ通りのラーメン・餃子「ひょうたん」。

150112-151433
 まゆみ通りの道路のペイント。相互通行の狭い道路だが,一方通行だと勘違いしないようにという意味だろうか。

150112-151444
 永生堂広告社とその裏の玉の湯。

150112-151545
 まゆみ通りの阿部写真館の前の十字路。

150112-151645
 ラーメン類専門店「味よし」と阿部写真館。

150112-151810
 しびれるような阿部写真館の建物。大正から昭和初期の看板建築だと思う。「舘眞寫部阿」の文字もカッコいい。
 右隣は温古堂治療院。

150112-151832
 形のいい松の木。両側が駐車場になってしまって可哀想な感じ。

150112-151913
 阿部写真館の前の十字路。

150112-151954
 阿部写真館の前のビューティサロン「タシロ」。

150112-152014
 まゆみ通りの十字路から東に延びる安達橋中央通り。右は井筒屋酒舗。

150112-152030
 TACHINOMI。サウスポーのお姉さんはなかなか良い投球フォームだ。

150112-152102
 まゆみ通りと安達橋中央通りの十字路。

150112-152120

150112-152135
 安達橋中央通り。スナック「花房」……

150112-152204
 井筒屋酒舗の前。

150112-152233
 ラーメン類専門店「味よし」。

150112-152250
 同じ十字路で何枚も写真を撮ったが,思ったような写真が撮れなかった。

150112-152331
 阿部写真館を正面から撮影。

150112-152538
 まゆみ通りの北端,本宮市中央公民館前の丁字路にある市立歴史民俗資料館。この洋風建築は旧東北電力本宮町出張所で,1924年(大正13年)に本宮電気株式会社の社屋として建築されたもの。アール部分に出入り口があってカッコいい。

150112-152632
 本宮市立歴史民俗資料館。
 貴重な建物だということで,旧本宮町が国や県の補助を受けて建物を買い取り,保存しているとのこと。ぜひとも本宮映画劇場の建物も保存してほしい。

150112-153042
 南町裡の幸楽の路地を入る。

150112-153106
 南町裡の幸楽。“おやじの店”に空目したが,よく見たら“鳥・おじやの店”だった。おじやの店とは珍しい……

150112-153142
 狭い路地を入ったところが少し広くなっていたりする。

150112-153350
 南町裡のMOTOMIYA 103 BAN-KAN。複数のスナックが入店している。

150112-153514
 南町裡のMOTOMIYA 103 BAN-KANのスナック「ロゼ」。

150112-153620
 東邦銀行の裏の金刀比羅神社の前の路地。

150112-153717
 金刀比羅神社の前の丁字路。

150112-153838
 金刀比羅神社の前の路地。「歩行者専用道路です。許可車両以外通行禁止」の立て札がある。安達橋中央通りに続いている路地だが,ここも安達橋中央通りなのかどうかはわからない。

150112-153854
 金刀比羅神社の鳥居と路地。マピオンやGoogleマップでは「金乃比羅」神社となっているが,額束の表記を見る限りでは「金刀比羅」神社が正しそうだ。

150112-153957
 金刀比羅神社の前から西に延びる安達橋中央通り。エアコンの室外機のまわりに猫がたむろっている。あれっ,冬に暖房しているエアコンの室外機って暖かいか?

150112-154011
 金乃比羅神社の前の高野屋呉服店。

150112-154043
 理容・美容ホソガイがある十字路。

150112-154154
 石田商店と高松山観音寺への道標の鳥居。元は安達橋(阿武隈川に掛かる橋「中の橋」)のたもとにあったらしい。

150112-154226
 南町裡の石田商店の前から南を見る。

150112-154246
 石田商店横の押し縁下見板張り木造二階建て建築。

150112-154312
 粋里館。

150112-154338
 空き地。

150112-154417
 粋里館と大衆割烹「天狗」。

150112-154505
 大衆割烹「天狗」の前の路地。飲食店が多い。

150112-154607
 駅前ふれあい通りの駅前なべ酎。「本宮二業組合員の会」の札がかかっている。

150112-154624
 本宮駅前ふれあい通り。若松屋などがならぶ。
 暗い雲が大きくなってきた。

150112-154655
 駅前ふれあい通りの寿司「江戸常」。

150112-155243
 東北本線の本宮駅。綺麗に改修されているが,昔からの駅舎が使われている。2面3線のホームで,改札口を抜けると,そのまま1番線になる。

150112-155636

150112-165107
 本宮駅から東北本線の上り電車に乗り郡山駅へ。郡山始発の新幹線「なすの号」があるので,帰りは楽ちんだ。

150112-170050
 郡山駅の新幹線コンコースにはたくさんの「かかし」がいる。気付かずに歩いているとドキッとする。

150112-173045
 郡山駅始発の新幹線「なすの号」。各駅に停車する列車だが,車両はE5系が使われていた。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 5s

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日曜日)

三春町渋池「愛姫小路」~墓参り

150111152603edit

三春町渋池「愛姫小路」~墓参り


 正月休みは痛風で帰省できなかったため,成人の日をからめた1月10・11・12日の三連休に帰省した。
 近所の渋池の商店街を見て回りつつ,墓参りする。懐かしいところの写真を撮り歩いたので,いつものようにブログ記事にまとめるが,あくまで非常に「個人的」な写真が続くので,普段の記事とはかなり違った感じになると思う。

150111-152004
 旧三春中学校。後ろの山は金刀比羅山。
 三春中・沢石中・要田中・桜中の4中学校が統合し,昨年の4月から三春町貝山地区に新しい三春中学校が開校したため,現在はもぬけの殻でひっそりしている。写真右の体育館と左端の校舎(昔は図書室や理科室,音楽室があったところ)は耐震設計になっているが,それ以外の古い建物は取り壊されることになりそうだ。
 旧桜中学校は1991年に中郷・中妻中学校が統合してできたため,校舎は比較的新しく,アニメーション等を制作するガイナックス社が廃校舎を利用してスタジオやミュージアムを開設することになったらしい。

150111-152026
 旧三春中の正門から坂の下の渋池の商店街を見る。この道路は,三春町が城下町だった頃に城下北町と荒町を結ぶため,紫雲寺山の裾を切り通して作られたもので,現在でも「切通し」と呼ばれている。

150111-152405
 私が三春中で軟式野球をやっていた頃は,ここのフェンスがかなり老朽化していて,ネットの下の方がめくり上がっていた。隙間から転がり出たボールを追って,スパイクシューズをカチャカチャさせて,何度もこの切通しの坂道を下った記憶がある。

150111-152538
 切通しを下ったところが渋池地区の商店街になっており,「水戸屋」がある。現在は水戸屋の前は暗渠になっているが,昔は店の出入り口以外のところが少し深い開渠になっていて,坂道を転がったボールがそこに落ちるとあきらめざるを得なくなった。

150111-152603
 水戸屋の前の道路は旧県道28号本宮三春線。かつては本宮や二本松行きのバスがここを通っていたが,すぐ裏側にバイパスができ,しかもそれらのバス路線は今はない。

150111-152654
 渋池の旧県道28号本宮三春線の南側を見る。旧道は城下町らしい複雑な鍵曲がりになっていて,よくこんなところをバスが走っていたものだと思う。

150111-152717
 切通しの坂の下から旧三春中を見る。三春中の野球部で軟式野球をやっていた頃は,バッティングにそこそこ自信があって,フリーバッティングではここのフェンスを越す打球を打つのが夢だったのだが,一度も超えることはなかった。

150111-152831
 渋池商店街の菊地ラジオ電器店。
 旧県道28号本宮三春線は左にカーブする。そのまま上り坂になっているのは小浜海道。北に伊達政宗が幼少期に居城としていた小浜城があった小浜町(その後岩代町となり,現在は二本松市小浜)があり,三春城下と小浜を結ぶことから小浜海道であると思われる。なぜ小浜街道ではなく小浜「海」道なのかは不明。

150111-152943
 渋池の旧県道28号本宮三春線のカーブ。

150111-153024
 渋池地区はもう少し密集した商店街だったが,商店街色はかなり薄れている。

150111-153037
 小浜海道の登り口。消防団の屯所の車庫に三春駒と三春張子の腰高とらの絵が描かれている。

 三春駒は旧三春藩高柴村(現在の郡山市西田町)の高柴デコ屋敷などで作られる木製の郷土玩具で,日本で最初の年賀切手の絵柄として採用されたり,日本三大駒として青森県八戸の八幡駒,仙台の木ノ下駒と並び称される。
 また,三春張子人形も高柴デコ屋敷などで作られる和紙の張子人形で,腰高とらは寅年の年賀切手に使われたことがあるが,いずれも近年は影が薄いような気がする。

 三春滝桜は人気の観光スポットになっているが,三春駒と三春張子人形のほうも,三春町としてもう少しPRが必要ではないだろうか。滝桜が開花する頃の周辺道路の渋滞は限界に達している。町としてこれ以上滝桜をPRしても意味はない。

150111-153050
 渋池の商店街「愛姫小路」と小浜海道。

150111-153114
 小浜海道。右側は旧三春中学校の石垣。

150111-153246
 小浜海道から渋池の愛姫小路を振り返る。

150111-153309

150111-153333
 旧三春中のグラウンドの西側のフェンス。

150111-153412
 渋池の商店街の高橋米店と伊藤精肉店。昔,コロッケやハムカツを買い食いした伊藤精肉店だが,今は「三春グルメンチ」で知られる。三春町はピーマンの生産量が全国2位ということで,特産のピーマンをふんだんに使った青椒肉絲風のメンチカツを,いわゆるご当地B級グルメとして売り出し中なのだ。三春グルメンチが食べられる店は町内に数店ある。

150111-153441
 この商店街には「愛姫小路」という愛称がついている。「めごひめこうじ」かと思ったら「めごひめこみち」と読むそうだ。バイパスができる前は県道本宮三春線として,通行量の多いところで,古くから三春城下と本宮・二本松への往来に使われていた。
 戦国時代の三春城主田村氏の一人娘愛姫(めごひめ)が,伊達政宗の元へ嫁いでいったときには,たぶんここを通って北へ向かっただろうという推測から,近年になって「愛姫小路」と名付けたらしい。

150111-153554
 渋池の愛姫小路。

150111-153622
 加藤木呉服店。

150111-153648
 渋池の愛姫小路。後ろに見える山は紫雲寺山。

150111-153707
 記憶に残っている渋池の商店街よりも,歯抜けになった部分が多くなっている。

150111-153717

150111-153742
 カンコー学生服の看板は岡本衣料店。中学生の頃はここで学生服やジャージを買ったっけ……

150111-153820
 バイパスができる前は,この渋池の愛姫小路が真っ直ぐ伸びて,八島川に架かる担橋(かつぎばし)に続いていた。

150111-153837

150111-153855
 古い商店街の雰囲気が残る一郭。

150111-153959
 三春名物「味噌まんじゅう」の菓子処三春儀同。三春町は小さな町だが,他にもかんのやの「家伝ゆべし」や三春昭進堂「おたりまんじゅう」,相模屋菓子店の「ビスまん」,福内屋の「かりんとう饅頭」など,甘いものの名物が多い。

150111-154025
 八雲神社の階段。八雲神社は牛頭天王を祀っており,三春では「きゅうり天王」「天王さま」と呼ばれている。祭りのときにはきゅうりを二本持って参拝し,きゅうりを神前に供えて別のきゅうりを一本受け取って帰るんである。このきゅうりを食べると病気にならないとか。

 この八雲神社の祭りの動画がYouTubeにアップされているので,興味のあるかたは見ていただきたい。とても素朴な祭りだ。子供の頃は獅子舞(長獅子)や神主の踊りには興味がなく,もっぱら露店を見て回るばかりだったかな。長獅子に頭を食われたときに泣いた記憶はある。


〔三春町八雲神社のきゅうり天王祭 8 2012.7.26〕

150111-154047
 八雲神社の鳥居と渋池愛姫小路。

150111-154113

150111-154142
 愛姫小路の碑。

150111-154209
 現在の県道本宮三春線。まっすぐ行くと磐越東線三春駅がある。

150111-154638
 県道本宮三春線の渋池のバイパス。

150111-154716
 県道本宮三春線のバイパスから金刀比羅(こんぴら)山を見る。山国の人から見れば,山とは言えないような小さな起伏だが,阿武隈高地の三春町周辺の山はだいたいこんな感じである。

150111-154836
 渋池バス停。かつては福島交通の本宮行き・二本松行き・三春駅行きなどのバスが走っていたが,どの路線も廃止となり,現在は三春町町営バスが走るのみである。

150111-154918
 バイパスから見た旧県道本宮三春線。

150111-154953
 馬頭観音堂,華正院の前の旧県道本宮三春線の鍵曲がり。

150111-155040
 馬頭観音堂,華正院の前の旧県道本宮三春線の鍵曲がり。広角レンズで撮っているので広く見えるが,細い道路が90°よりも小さな角度で曲がっているので,かつて通っていたバスの運転手は大変だったと思う。

 ちなみに,言葉で書いてもわかりにくいので,この日歩いた渋池周辺のマピオンの地図をアップしておく。

Photo
 馬頭観音堂,華正院の前の旧県道本宮三春線の鍵曲がりというのは,地図の中央下部の「荒町」という表記の上のところ。

150111-155051
 旧県道から荒町の県道本宮三春線を見る。

150111-155149
 三春町荒町の商店街。

150111-155118
 相模屋菓子店と龍穏院の参道。

150111-155159
 左が旧県道本宮三春線,右がバイパス。

150111-155410
 龍穏院の山門。
 曹洞宗秋田山龍穏院は三春藩主(安東)秋田家の菩提寺。うちの墓もここにある。叔母の法要に出られなかったので,ひとりで墓参り。

150111-155529

150111-155921
 うちの墓地の前。桜の巨木が根元から切られている。真ん中に大きなうろがあり,枯れてしまったようだ。
 以前は桜の木の右側に六地蔵があったのだが,地蔵さんが一体になっている。この地蔵さんがある場所は,以前は何もなくて,昔飼っていた猫が死んだときにここに埋葬し,墓参りにくるたびに石を置いて線香をあげていたことを思い出す。

150111-161433
 桜の木以外にも,以前はうっそうと茂っていた木がなくなっている。見晴らしが良くなり,晴れた日には日光がよく当たるようにはなったが,どうなんだろう?

150111-161448

150111-162001
 龍穏院。中のふすまには地獄絵が描かれていて,とても怖かったという記憶がある。

150111-162524
 この日の気温は2℃。この晩は雪になり,けっこうな積雪となった。

150111-162105

150111-163105
 旧県道本宮三春線。

150111-163143
 馬頭観音堂,華正院の前の旧県道本宮三春線の鍵曲がりを振り返る。

150111-163152
 藤田理容店の前のL字カーブ。

150111-163249
 旧県道本宮三春線。

150111-163257
 渋池のひろ美食堂の前。旧三春中学校のグラウンドのフェンスが見えてきた。

150111-163338
 藤田理容店の前のL字カーブ。建物が密集していたときとはずいぶん雰囲気が変わった。

150111-163434

150111-163503
 切通しの登り口の丁字路。

150111-163912
 狭くて車がすれ違いにくかった切通しの拡幅工事が始まっている。ここに建物が並んでいたときにはわかりにくかったが,切通しと言っても,このあたりは盛り土になっている。

150111-163946
 切通しのトウツミ農機店の前のカーブ。次に帰省したときには道路拡幅が済んで,まったく違った風景になっているかもしれない。

 カメラのおかげでまだまだ明るく撮れているが,実際はだいぶ暗くなっている。実家の晩飯は早いので,このへんで撮影終了。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 5s

【過去の三春町の写真】
1996年8月 我が故郷 三春町の写真
記憶の断片 三春
2012年1月 1日 (日曜日):小さな城下町三春を歩く
2012年1月 2日 (月曜日):三春町内ぐるぐるりん

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »