« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の2件の記事

2014年12月14日 (日曜日)

五年半ぶりに京急田浦 旧皆ヶ作へ

141214150610edit

五年半ぶりに京急田浦 旧皆ヶ作へ



 軍港として栄えた横須賀には,「柏木田」「安浦」という大きな遊郭と,少し規模の小さな「皆ヶ作」の三つの遊郭があったことはよく知られている。

 横須賀市北部(旧三浦郡田浦町)の長浦港には海軍工廠造兵部(現在の東芝ライテック)や軍需工場が進出し,さらに海軍水雷学校などの軍事施設が作られて船越の仲通りを中心とする商店街はとても賑わったという。ただ,皆ヶ作は遊郭としてまとまった区画があったのか,それとも境界があいまいな花街だったのかはよくわからない。

 以前,京急田浦の船越町の写真を撮りに来たときに持ってきたのは広角側が28mmのレンズだったため,撮影した写真の構図にやや不満があったた。今日は16-35mmのズームレンズをバッグに入れて京急田浦に向かう。

141214-140231
 上大岡から京急線の浦賀行き普通列車に乗る。金沢八景駅で快特に追い抜かれるのを待つ。

141214-141110
 京急田浦駅で下車する。細い柱が特徴的だったホーム上屋が,改修によって頑丈になっている。

141214-141349
 京急田浦駅前。駅前を横須賀街道(国道16号線)が通っていて,駅前広場はない。

141214-141423
 国道16号線に沿った船越商栄会商店街。歩道の上にアーケードが設置されている。

141214-141622
 国道16号線に沿った船越商栄会商店街。

141214-141806
 横須賀街道(国道16号線)の船越町交差点。かつては京急本線の西の鎌倉道側から船越小学校の横を通って水路が流れていたらしい。

141214-142049
 国道16号線の船越町仲通り交差点から東に続く仲通り商店街には全蓋式アーケードが付いている。

141214-142107
 国道16号線の船越町仲通り交差点。

141214-142208
 全蓋式アーケードがある船越仲通り商店街。横須賀船越郵便局とBARBERフクイズミ。

141214-142219
 船越仲通り商店街から国道16号線の船越町仲通り交差点を見る。

141214-142308
 横須賀船越郵便局の裏側にある銅葺きの看板建築。破れたガラス窓に貼られたガムテープが痛々しい。右奥に先頭「竹の湯」の煙突が見える。

141214-142457
 船越小学校の方向を見る。この日は衆院選の投票日で,小学校の階段の下で出口調査をしていた。

141214-142519

141214-142721
 船越小学校の南階段の前から船越町の家並みを見る。

141214-142756
 船越小学校の横から船越町六丁目方向に続く「裏通り」。南側(写真右側)にあったという水路は暗渠になっている。

141214-142913
 銅葺きの看板建築の横から東に続く路地。竹の湯の煙突が見える。

141214-143006

141214-143058
 船越仲通り商店街へ。

141214-143528
 船越仲通り商店街の「らんぶる」。京急ストア(元ヨコサン)に買い物に来たおじいさん・おばあさんが,愛犬を街路灯につなぐ。

141214-143606
 京急ストアの前でおとなしく主を待つ犬。

141214-143641
 京急ストアの横の路地。

141214-143728
 京急ストアの横の路地にある割烹「飯田屋」。残念ながらずいぶん前に廃業している。

141214-143739
 割烹「飯田屋」。ずっと時が止まったかのように放置されている。

141214-143859
 船越仲通り商店街。シャッターが閉まったままの店ばかりになってしまった。

141214-143944
 スナック「ロロ」がある通り。

141214-144130
 カフェ「プリマベーラ」。

141214-144159
 スナック「ロロ」とホルモン焼「根岸家」。

141214-144216
 ホルモン焼「根岸家」とスナック「ロロ」。

141214-144349
 銭湯「竹の湯」の前の通りを挟んで,さらに東側に船越仲通り商店街の全蓋式アーケードが続いている。

141214-144413
 銭湯「竹の湯」の前の通り。歩道の上にアーケードが設置されている。

141214-144423
 東にある東芝ライテックの前まで船越仲通り商店街のアーケードが続いている。

141214-144614
 東芝ライテックの前から船越仲通り商店街を振り返る。

141214-144634
 壁の向こう側が東芝ライテックの工場。海軍工廠造兵部だった頃は船越仲通り商店街側に正門があったらしいが,今は船越町六丁目側に移った。

141214-144742
 東芝ライテックの側から見た船越仲通り商店街。船越ごはん亭がある。

141214-144942
 清酒澤之鶴の看板がある「こけし」。

141214-145010
 こけし,おかね,焼肉牡丹苑……と飲食店が並ぶ路地。

141214-145106
 焼肉「牡丹苑」「おかね」「ともこ」の先に銭湯「竹の湯」の煙突が見える。

141214-145124

141214-145153
 竹の湯側から小さな飲食店街を見る。

141214-145412
 銭湯「竹の湯」。

141214-145640

141214-145700
 おかねの入口の上にライオン?のレリーフがある。

141214-145724-Edit
 ライオンのレリーフ。たてがみがあるからライオンだと思う。

141214-145908
 お肉とお総菜の岡本肉店。

141214-150113
 竹の湯の前の通り。歩道の上に立派なアーケードがある。

141214-150135
 裏通りと船越町六丁目続く通りの交差点。

141214-150151
 タイル貼りの片山ビル。

141214-150300

141214-150610
 皆ヶ作名物の茄子の明かり窓と溶岩っぽい門柱の旧料亭「福住」。

141214-150626
 旧料亭「福住」。

141214-150638

141214-150749
 皆ヶ作のカフェー建築。「バー城」という看板がなくなっている。

141214-150828
 アーチ窓の連続がすばらしい。

141214-151001

141214-151035
 バー「一・二・三」もアーチ窓が連続するカフェー建築。

141214-151058
 一階部分がアールになっている。

141214-151312
 バー「一・二・三」のアーチ窓。

141214-151353
 皆ヶ作親交組合員証の下に,「金のなる木を持って行かないで下さい!!」という貼り紙がある。

141214-151707
 旧田浦町役場前。雨が強くなってきたので,屋根のある歩道で雨宿りする。

141214-151826
 旧田浦町役場への坂道。

141214-151900
 旧田浦町役場はアールデコ風の鉄筋コンクリート2階建て。田浦町は横須賀市に合併してから田浦支所として使われ,近年は学童保育施設となっていた。

141214-152749
 船越小学校横の「裏通り」。

141214-152921
 オズマケイカクという不思議な店がある。

141214-153013
 雨が降ったり止んだり。「裏通り」は投票所になっている船越小学校に行く人がいっぱい。

京急田浦
(最近iPhone 5SのGPSの精度が悪い気がする……)

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 5S

【過去の写真】
2006年5月21日 (日曜日):京急田浦の町をぶらつく
2009年4月12日 (日曜日):京急田浦 船越町の商店街を歩く

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土曜日)

月夜の武蔵小杉

141206192753

月夜の武蔵小杉



 野暮用が終わって,武蔵小杉駅北口午後7時。日没後のマジックアワーもとうに終わり,空も真っ暗になってしまった。せっかくソニーα7SにPENTAXの古いMFレンズM24-35mm F3.5を付けてきたので,数年ぶりに武蔵小杉の街を少しだけ撮ってから帰ることにする。

141206-185238
 武蔵小杉駅北口の小杉ビルディング・小杉ビルディング新館の前で,バッグからカメラを取り出す。

 JR南武線と東急東横線を数学の直交座標系に見立てると,ちょうど第二象限にある武蔵小杉駅北口は,商店街のある第三象限や工場地帯だった第四象限に対して,新しい武蔵小杉の象徴だった。駅前にバスターミナルがあり,それを小杉ビルディングや武蔵小杉STMビル(三菱東京UFJ銀行武蔵小杉駅前支店)が取り囲み,その横には2000年代前半まで武蔵小杉周辺で一番高いビルだった武蔵小杉タワープレイスが建っていた。

 2000年代後半から第四象限の工場跡地に高層ビルが猛烈な勢いで建ちはじめ,その影響は第三象限の商店街の周辺にも及んでいる。
 そんなこともあって,武蔵小杉駅北口がちょっとだけ寂しくなったような気がする。

141206-185348
 武蔵小杉駅北口のバスターミナル。高津・溝の口駅,等々力陸上競技場(フロンターレの本拠地)等へのバスがここから出ている。

 空に月が出ている。

141206-185424
 武蔵小杉駅北口と周辺の高層ビル。

141206-185708
 武蔵小杉駅の西側,小杉ビルディング新館とJR南武線の間から武蔵小杉駅を見る。

141206-185808
 武蔵小杉駅の西側にある南武線高架下の通路。かつて,武蔵小杉駅の北口側から小杉町三丁目の商店街へ行くには,駅の階段の上り下りする必要がない,この高架下通路が近道だったのだが,今は人の流れが変わり,人通りがずいぶん少なくなったようだ。

 写真の右側はNEC小杉ビル。入口のところが工事用フェンスで囲われていた。NEC小杉ビルの北側に並んでいたホテル・ザ・エルシィは,現在は取り壊されて駐車場になっており,このNEC小杉ビルの土地と一体化した再開発計画があるとのこと。さらにその北側の新日本石油(現在のJX日鉱日石エネルギー)小杉アパート群の再開発計画(小杉町二丁目再開発計画)があり,南武線の南側の小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業もある。数年後にはこのあたりも大きく変わりそうだ。

 そういえば,NEC小杉ビルの西側もかつては団地だった。まだ南武線が高架化されていなかった1989年(当時私はまだ富士通の社員で,隣の武蔵中原に勤めていた),小杉御殿町の踏切で南武線の終電に車がぶつかり,車の上に乗り上げた南武線の黄色い101系電車が脱線して団地の横を暴走し,最後は先頭車両が団地のほうを向いてぶつかる寸前まで突っ込んだ事故があった。

 団地の庭に入り込んだ101系電車は,しばらくそこに放置され,その場で解体されたはず。一歩間違えば大惨事だったことと,普通の団地の庭に入り込んだ黄色い101系電車の違和感が強烈だったため,強く記憶に残っている。
 この事故は,車の運転手だけじゃなく,電車の乗客にもけが人が出ている事故なのだが,Google検索してみても情報は少なく,Wikipediaの「日本の鉄道事故 (1950年から1999年)」にも載っていない。ちょっと不可解……

141206-190007
 JR武蔵小杉駅西口・東急武蔵小杉駅正面口前の広場。南側に武蔵小杉東急スクエアがある。かつては商業施設の「こすぎフロム」と変電所があったところで,武蔵小杉駅南口地区西街区第一種市街地再開発事業で東急スクエアとなった。事業名が「武蔵小杉駅南口地区」であるように,こすぎフロムの前にあったのはJR武蔵小杉駅西口ではなく南口だったような記憶があるのだが,よくわからない。記憶違いかもしれない。

141206-190022
 南武線高架下通路の横の川崎信用金庫。後ろの高層ビルは,中原区役所の隣に建ったばかりの地上45階建てのプラウドタワー武蔵小杉。

141206-190105
 武蔵小杉駅を発車した南武線の稲城長沼行き電車。

141206-190231
 武蔵小杉駅前通り商店街。市立中原図書館の前から南側を見る。

141206-190421
 武蔵小杉駅前通り商店街のイトーヨーカドーの東側。

141206-190521

141206-190559
 東急スクエアの南の東横線武蔵小杉駅南口に通じる通り。パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの上に月が出ている。
 それにしても,高層ビルに「フォレスト」って,違和感ないのかなぁ?

141206-190646

141206-190848
 お好み焼「忍」がある通り。

141206-190939
 なにやら行列ができている。

141206-191011
 お好み焼「忍」の前。以前は突き当たりが変電所だったが,再開発で武蔵小杉駅前となった。右側にセンターロード小杉の入口がある。
 薄く雲がかかっているため,パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの上の月が怪しく光る。

141206-191118
 武蔵小杉の飲み屋街「センターロード小杉」の北側の入口。

141206-191239
 お好み焼・釜めし「忍」。

141206-191400
 東急東横線の武蔵小杉駅とパークシティ武蔵小杉の3棟。右からザ・グランドウイングタワー,ミッドスカイタワー,ステーションフォレストタワー。「・」を入れるかどうか迷う名称だ。
 右奥に見えるのは横須賀線の武蔵小杉駅横須賀線口にあるイーストタワーかな。

141206-191435
 武蔵小杉東急スクエア。手前にあるのはパチンコ屋?の「KOSUGI PLAZA」。

141206-191608
 センターロード小杉へ。

141206-191653
 センターロードの北側の入口を振り返る。「焼辰」「ジンギスカンどぅー」「串駒」が並ぶ。

141206-191808
 狭い路地に飲食店が並ぶセンターロード小杉。

141206-191942
 北海道シントク町塚田農場。「塚田農場」には「宮崎県日南市塚田農場」という店もある。新得町じゃなくてシントク町であることも含めて,どういう店なのかはよくわからない。

141206-192032
 メニューを見ると,激安居酒屋よりも少し高めになっているので,サラリーマンがうるさい学生などと一緒になる確率を減らすにはいいかもしれない。

141206-192126
 センターロード小杉の中心部にある丁字路。少し鍵曲がりにもなっていてすばらしい。

141206-192157
 やきとりの店「くろちゃん」。テーブル席も多い焼鳥屋だ。二階は居酒屋「くろ兵衛」になっている。

141206-192243
 右側が「割烹こすぎ(居酒屋こすぎ)」。割烹とは書かれているが(居酒屋という看板もある),ホッピーもあるし,普通の居酒屋だと思う。

141206-192258
 センターロードの丁字路部分。すこし鍵曲がりふうにずれているのがわかる。

141206-192419
 地図を見るとすぐにわかるのだが,センターロードの路地は駅への通り道にはなっていないため,歩いている人は呑む気満々の人か,酔っぱらった人が多い。

141206-192500
 センターロード中心部の丁字路。飲み屋街らしく,角にたばこ屋がある。

141206-192531
 センターロードのたばこ屋の前から北側を見る。

141206-192753
 武蔵小杉駅南口側の入口からセンターロード小杉を見る。

141206-192847
 武蔵小杉駅南口の前から見たセンターロード小杉の入口。

141206-193036
 武蔵小杉駅南口の亀屋万年堂がある交差点。

141206-193250
 武蔵小杉駅南口から東急東横線のガードをくぐると,11月22日に開業したばかりの大規模商業施設「グランツリー武蔵小杉」がある。テナントとしてイトーヨーカドーグランツリー武蔵小杉店が入っている。今後,武蔵小杉駅前通り商店街のイトーヨーカドーはどうなるのだろう。

〔過去の写真〕
080223184538
 ちなみに,これが2008年2月に撮影した同じ場所の写真。グランツリー武蔵小杉がある場所は,まだ東京機械製作所玉川製造所の工場だった。

141206-193435

 首都圏で最も変化している街のひとつ,武蔵小杉。1年に1棟以上のペースで高層ビルが増えている。先にも書いたように,北口側でも再開発が始まろうとしている。

 川崎市内では川崎駅前に次ぐ街として,溝の口・新百合ヶ丘が先行し,その後に武蔵小杉や向ヶ丘遊園・登戸が続く状況だったが,武蔵小杉がここ10年で溝の口と新百合ヶ丘をごぼう抜きした感がある。これほど一気に街が大きくなると,同じぐらいの世代の人口が増えることになり,学校問題やその後の高齢化問題など,老朽化した現在のニュータウンと同じ問題を抱えることになりそうだ。

141206-193659

── SONY α7S + smc-PENTAX M24-35mm F3.5

【参考(過去の記事)】
2012年10月20日 (土曜日):超高層ビル迫る不動前通り…武蔵小杉
2010年11月 6日 (土曜日):目が眩む刺子凄すぎ 武蔵小杉
2008年2月23日 (土曜日):武蔵小杉駅界隈の商店街を歩く
2004年10月23日 (土曜日):武蔵小杉の商店街を歩く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »