« 三崎まぐろ鉄火巻大会 三浦市三崎下町商店街 | トップページ | 秩父往還の宿場町寄居でタレかつ丼に驚く »

2014年5月 2日 (金曜日)

暑いぞ熊谷… 暑さが自慢の熊谷

140502171436

暑いぞ熊谷… 暑さが自慢の熊谷



 ゴールデンウィーク後半,天候も体調も回復。数日ぶらぶらしてみようと,戸塚から湘南新宿ラインに乗ってどんどんと北へ……。一足先に夏を味わいに,熊谷駅で下車する。

140502-161029
 熊谷駅北口(正面口)。

 この日の熊谷の最高気温は27.9℃(翌日は29.2℃)。暑さが自慢の熊谷は,やっぱり暑かった。過去にゴールデンウィークに真夏日を経験したこともあるし,去年のゴールデンウィークに旅した北陸は最低気温5℃という寒さだったり,旅行時の服装が悩ましい季節だ。

140502-161348
 熊谷ステーションビル「AZ(アズ)熊谷」。複合商業施設「ティアラ21」と直結している。熊谷駅北口(正面口)は公共交通機関向けのロータリーになっているらしいが,現実的にはこの写真のようにマイカーが平気で乗り入れている。グダグダな状態になっているようだ。

140502-161441
 熊谷駅北口(正面口)のロータリー。路線バスのりばやタクシープールがある。
 駅の真正面がタクシーのりばとなっていて,北口(正面口)のロータリーに入ってすぐのところがバス降車専用スペースとなっている。1台のバスが到着すると,後ろに続いたバスはロータリーに入れず,交差点の中に留まることになってしまうんじゃないだろうか。タクシーのりばとバス降車専用スペースの間には一般車が駐まっていることが多いようだが,バス降車場は駅の正面にして,タクシーのりばを少し西側にずらしたほうが良さそうに思った。

140502-161644
 北口(正面口)の東隣にある熊谷駅東口(ティアラ口)。熊谷ステーションビルAZ熊谷と直結するティアラ21の正面になる。一般車両はこちら側のロータリーに誘導しようとしているようだが,駅を利用するには北口のほうが便利なので,誘導がうまくいかないのだろう。

140502-162012
 筑波三丁目の筑波中央通り商店街。熊谷駅前の繁華街は,筑波二丁目・筑波三丁目なのである。筑波という地名の由来を知りたかったが,よくわからなかった。

 熊谷市が中山道の熊谷宿という宿場町として栄えたところである。現在の本町一丁目・本町二丁目あたりが熊谷の町の中心だったことは,地名からもわかる。筑波付近は,1883年(明治16年)に熊谷駅が設置されてから市街化されたものと思われ,比較的新しい地名(と言っても熊谷旧五ケ町のひとつ)のはずだが,ググってみても地名の由来が見つからない。

 また,筑波一丁目・筑波三丁目の東側の住宅地には,銀座一丁目〜六丁目という地名が広がっているのだが,比較的新しいこの住宅地が,なぜ「銀座」なのか……謎は深まる。

140502-162335
 筑波中央通り商店街。

140502-162419
 筑波中央通り商店街の東端。突き当たりの道路の東側は銀座二丁目となる。

140502-162617
 銀座二丁目側から筑波三丁目の筑波中央通り商店街を振り返る。

140502-163308
 筑波三丁目の筑波中央通り商店街の鉄筋コンクリート(一部)3階建ての商業ビル。

140502-163455
 筑波三丁目の桜湯(さくら湯)。熊谷駅から湯冷めしないぐらいの近距離にある。

140502-163614
 筑波中央通り商店街の西端のアーチ。その先は熊谷駅前通り(熊谷駅前商店街)に突き当たる。

140502-163744
 熊谷駅前商店街。正面がJR熊谷駅。

140502-164252
 熊谷駅前から西側に延びる「はぴウェーブ」熊谷駅西通り商店街。歩道の高さを低く抑えたバリアフリー化と,車道を意図的に蛇行させて,車の速度を抑制する施策がとられている。

140502-164352
 熊谷駅西通り商店街(はぴウェーブ)。高さが際立つジュエルコート熊谷の入口では,暑い日の熊谷名物?の冷却ミスト(ドライミスト)が噴霧されていた。

140502-164448
 熊谷駅西通り商店街から南に延びる飲食店の多い路地。突き当たりは熊谷駅のホーム。

140502-164511

140502-164757
 右に見えるのが熊谷駅。高架上は上越新幹線。

140502-164932
 高崎線に沿って延びる長屋商業建築。筑波二丁目。

140502-165009
 筑波二丁目から弥生二丁目を見る。

140502-165152
 弥生二丁目。

140502-165759
 弥生二丁目の熊谷駅西通り商店街「はぴウェーブ」。

140502-170405
 熊谷駅西通り商店街。

140502-170454
 熊谷駅西通り商店街「はぴウェーブ」では,ファサード整備事業によって看板建築に統一感のある装飾が施されている。なかなか面白い試みだと思う。にぎわいが伴えばもっといいのだが……

140502-170603

140502-170625
 熊谷にはホルモンの店が多く,いわゆるB級ご当地グルメで「熊谷ホルどん(ホルモン入り焼きうどん)」を推進中?

140502-170804

140502-170827
 弥生二丁目の熊谷駅西通り商店街。もつやき「金ちゃん」と大阪ホルモンが並ぶ。

140502-170910

140502-171436
 統一感のある装飾を施した看板建築。

140502-171449

140502-171606
 もつやき「金ちゃん」前の路地を入るとホルモン焼「源太」がある。

140502-171801
 ホルモンの店が並ぶ斜めの通りを抜けると富士見会商店街に出る。

140502-172543
 再び熊谷駅西通り商店街「はぴウェーブ」に戻り,増野石炭店。奥に「石炭店」があるらしい。表はジュエリー&インポートグッズ「ペルレ」になっている。石炭は「黒いダイヤ」だからジュエリー店になっていても違和感はない,か。

140502-172613
 熊谷駅西通り商店街「はぴウェーブ」には駐禁の標識があるが,皆さん結構気楽に駐車するので,車がいなくなるのを待ったりして,商店街の写真を撮るのに時間が掛かってしまった。運転手が戻ってきそうにないときは,しかたなくそのまま撮らざるを得ない……

140502-172830
 さっき撮影した看板建築5軒の並び。西側から戻ってきたこの角度から撮ると良さそうなのだが,さっき通ったときから10分ぐらい経ち,路上駐車の車が並んでしまった。

140502-173521
 弁天町福互会商店街。

140502-173607
 弁天町福互会商店街の飲み屋ビル。スナック「もあ」などが入る。大きな看板にある「くらぶ ふぇにっくす」は,熊谷駅前の筑波三丁目に移転したようだ。

140502-173631
 元くらぶふぇにっくすのビルの横の路地。

140502-173829
 弁天町や星川通り商店街の道路は,1車線分がパーキングチケット駐車場となっていて,枠内に駐車し,チケット発券機でその番号の料金を支払う仕組みになっている。

140502-174024
 弥生二丁目の喫茶アーモンド。

140502-174104
 この交差点から先は,弥生一丁目となる。

140502-175543
 弁天町商店街から大露路商店街を北へ向かうと,星川一丁目の星川通り商店街「星川シンボルロード」と交差する。星川(大里用水)は,熊谷の市街地のど真ん中を横切る人工の水路で,「水と緑と彫刻のプロムナード」として整備されている。バスタオルでカラダを拭いている瞬間のような像は「新風」と題した彫刻。

 熊谷は終戦の前日に大規模な空襲を受け,焼失面積が市街地の74%にもなり,埼玉県では唯一の戦災復興都市計画の指定都市となっている。市内の広い幅員の道路や星川シンボルロードは,戦災復興都市計画(主要幹線街路の幅員は中小都市は36m以上,大都市は50m以上等)により作られたものである。もともと農業用水路だった星川は,農繁期以外は水が流れない「干川」とも呼ばれたらしく,一般的に市街地では暗渠化されてしまうことが多いのだが,それを親水公園としたのは慧眼だったと思う。

(熊谷の戦災復興都市計画を知らなかったときには,国道17号線を全面通行止めにして“熊谷うちわ祭”を行うために,そのバイパスとして北大通りを作ったんじゃないかと思っていた)

140502-175848
 さらに大露路商店街を北へ向かうと,今度は南本町商店街と交差する。大露路商店街と南本町商店街の交差点にあるのが太原堂毛糸店。

140502-175940
 南本町商店街の東側を見る。「ホクギン」は長岡市に本店のある北越銀行(元の第六十九国立銀行)。

140502-180329
 大露路商店街を国道17号線(旧中山道)に抜けた本町バス停付近。国道17号線の拡幅が戦後復興計画によって行われたため,両側に古い看板建築の店舗が点在する。

140502-180633
 国道17号線(旧中山道)の市営駐車場入口交差点から大露路商店街を振り返る。計画的な街並みを作ろうとする動きと,それが中途半端に終わってしまったことが垣間見える。

140502-180825
 うまく撮れていないが,洋服・洋品「エモリ」の看板建築。後ろのビルは埼玉りそな銀行熊谷支店。

140502-181057
 国道17号線の本町一丁目交差点。このあたり(本町商店街)が古くからの熊谷市の中心街だと思われる。

140502-181207
 古くからの中心街だけあって,本町一丁目には,北越銀行,埼玉りそな銀行,三井住友銀行,東和銀行,埼玉縣信用金庫本店などの金融機関が並んでいる。

140502-181347
 南本町商店街に下ってくる。このあたりは国道17号線(旧中山道)が少しだけ高いところにあって,南本町商店街〜星川通り商店街へと,わずかな下り坂になっている。

140502-181548
 南本町商店街のアーチ。商店街名とともに,一部の店舗名が書かれているタイプだ。

140502-181652
 南本町商店街を西へ。藤野紋章店には,無形文化財紋章上絵保存会特別正会員と書かれている。

140502-181919
 南本町商店街は西端で鎌倉町商店街に突き当たる。

140502-182048
 鎌倉町商店街を北へ進み,国道17号線の鎌倉町交差点に出ると,埼玉県一番の歴史を誇る老舗百貨店,八木橋百貨店がある。創業110年だとか。街道巡りが趣味の人には,店舗の中に旧中山道が店内通路となって残っていることで有名らしい。

140502-182406
 八木橋百貨店の前の国道17号線を籠原駅行きのバスが走る。梅月堂本舗(コッペリア)のタイルの円柱が渋い。

140502-182445
「呉服」「青果物」のレリーフがある「近ちゃん屋」は大正12年創業。

140502-182550
 国道17号線の熊谷市本石二丁目交差点。仏壇カノーヤの屋上にある構造物は何だろう。すごく気になる。いや,気にならなかったら鈍感すぎる。で,検索してみたら,やっぱり観覧車の支柱だった。仏壇屋のカノーヤが入る前,ここは丸善デパートという百貨店で,構造物は昔よくあったデパートの屋上の観覧車の遺構ということだ。

140502-183403
 星川通り商店街と鎌倉町商店街の交差点にあるタニダ時計店。

140502-183528
 料亭三船の前の路地を入ると,うなぎ川菊がある。

140502-183800
 うなぎ川菊。鰻重が1800円〜2200円で,評判の店らしい。

140502-183843
 路地を抜け,弁天町西部商店街へ。

140502-184041
 弥生町通り商店街の「蘇州」というラーメン屋は,狭い店内が満員だった。餃子が美味いらしい。

140502-184450
 鎌倉町商店街の韓国食品一日市場。鎌倉町商店街は,秩父鉄道の上熊谷駅前から国道17号線の鎌倉町交差点まで続く商店街である。

140502-184614
 上熊谷駅に近い八坂神社の横の通り。午後6時45分を過ぎ,すっかり暗くなってしまった(写真は露出の関係で明るく見えるが)。貧血などの体調不良と運動不足が相まって,あまり早く歩くことができない。ここの西側にあるイオンの周辺や,本石一丁目の八木橋パーク一番街や朝日湯なども見て回りたかったが,時間切れ間近だ。

140502-184937
 本石二丁目のホワイト急便の看板建築。

140502-185008
 本石二丁目,富士自転車の今戸屋。戸袋までもが対照的ですばらしい。明るいうちにここまでたどり着きたかった……

140502-185108
 富士自転車の今戸屋の前から東側を振り返る。

140502-185634
 さらに歩くのをあきらめて,秩父鉄道の上熊谷駅へ。どうということのない駅に見えるが,地図で見たときの立地がすごい。地図上では,高崎線と上越新幹線に挟まれたところに上熊谷駅があるため,駅舎が線路に囲まれているように見えるのだ。

140502-185823
 秩父鉄道上熊谷駅のホーム。

140502-190017
 上熊谷駅のホームの横を,JR高崎線の電車が通りすぎる。上熊谷駅の位置に高崎線の駅はない。
 上熊谷駅のホームは1面2線の島式ホームに見えるが,高崎線側にはフェンスが設置されている。かつて高崎線側は東武熊谷線(妻沼線)のホームとして使われていたが,廃線により秩父鉄道の1面1線の駅となった。妻沼線の線路はそのまま残っている。

140502-190050
 19時過ぎ,影森行きの急行「秩父路」が上熊谷駅を通過する。秩父鉄道に上熊谷駅を通過する急行列車があることを知らず,19時05分発の羽生行きが来るとばかり思っていたので,予想とは反対方向から列車がやってきて,しかも通過していったので,一瞬ドキッとしてしまった。

140502-190946
 上熊谷駅から乗った羽生行きの電車が熊谷駅に到着。電車は熊谷駅で長時間停車するため,のんびりした雰囲気になる。

熊谷

 ── PENTAX K-5 IIs + HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR or Canon PowerShot S100

|

« 三崎まぐろ鉄火巻大会 三浦市三崎下町商店街 | トップページ | 秩父往還の宿場町寄居でタレかつ丼に驚く »

・11 埼玉県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/59600185

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いぞ熊谷… 暑さが自慢の熊谷:

« 三崎まぐろ鉄火巻大会 三浦市三崎下町商店街 | トップページ | 秩父往還の宿場町寄居でタレかつ丼に驚く »