« 今月3度目のアップルストア銀座 | トップページ | 二俣川駅南口 万騎が原中央商店街 »

2014年2月23日 (日曜日)

銀ぶら〜三原橋地下街(銀座シネパトス跡)

 ガラじゃない銀ぶら,そして三原橋地下街あたりを見て回ることにする。

140223-160917
 銀座四丁目交差点の三越前。銀座線の入口がある。

140223-161259
 銀座四丁目の交差点を四丁目から五丁目側に渡る。銀座四丁目の交差点は,三越,和光,三愛が鎮座する銀座の中の銀座というべきところだ。

140223-161446
 三愛のリコーの看板。奇遇にも撮影しているカメラはリコーのGR。そして,スパコン「京」や,最近のSTAP細胞うんぬんで話題になった理化学研究所(理研)の一部門が独立して「理研光学工業株式会社」になり,それが現在のリコー(「リ」けん「コー」がく)となったのは有名な話だ。こうして銀座とGRと小保方さんが繋がった……

140223-161522
 銀座五丁目側に渡って銀座四丁目交差点を振り返ると,銀座和光の存在感が際立っている。まさに銀座のシンボルだ。

140223-161827
 晴海通りの地下鉄入口の先から銀座四丁目交差点の銀座和光を振り返る。

140223-162054
 銀座のカツミ堂写真機店。銀座には中古カメラの店が多くて,下手に店に入ると無意識のうちに中古レンズを順番にながめてしまって,いつの間にか包んでもらっているところで正気を取り戻したりして,本当にヤバいところである。

140223-162309
 晴海通りの南西側の銀座シネパトス1・2・3の看板。銀座シネパトスは,元々あった銀座名画座と銀座地球座を改装して引き継いだ3スクリーンの映画館だった。ここの地下にある三原橋地下街にあったが,昨年2013年3月末に閉館している。
 既に閉館した映画館の看板が残っているのは,横にある建物と一緒に一気に撤去する方が効率的だからだろうか。

140223-162356
 晴海通りの北東側の三原橋の上にも,看板と2階建ての店舗が残っている。1階の店舗入口部分はベニア板で囲まれているので,南西側と同様に,既に店舗が撤退し,解体を待つだけなのかもしれない。

140223-162416
 三原橋の上(南西側)。江戸前びっくり寿司銀座店の店舗がベニア板で囲まれている。びっくり寿司は安めの価格設定の寿司屋チェーン店で,以前は武蔵小杉や溝の口の店舗を(飲み会の0次会だったか1次会で)利用した記憶がある。

140223-162716
 橋の上の店舗の裏側,橋の横にぐるりと回り込むと,三原橋地下街の南西側の入口になる。1〜2階部分の店舗が円弧状に作られていることがわかる。円弧状の建物に合わせた「銀座シネパトス1・2・3」という横長の看板も撤去されていない。

140223-162808
 三原橋地下街の向かい側(南西側)はこんな感じになっている。西側に,路地の入口に店名を掲げた小さな飲食店街が見える。

140223-162834
 あなご屋銀座ひらい,中華三原,よしの……の三軒以外は塗りつぶされている。塗りつぶされている店には「麻雀みはら」というのもあって,このあたりの「三原」という店名の多さに驚く。実は三原橋地下街で唯一営業している店も三原だったりするのだが……

140223-162938
 昼時は近くのサラリーマンで混雑するという中華三原も,休みの会社が多い日曜日は営業していないようだ。

140223-162954
 中華三原。すぐ横に二階への急な階段がある。

140223-163146
 表通りのほうを振り返る。

140223-163211
 中華三原の横の階段を覗いてみた。「大京会」という文字に,少しビビってしまい,二階には上がらなかった。看板などをよく見ると,正確には関西調理師大京会が正式名称で,関西から銀座に進出する料理人の紹介所になっているらしく,ビビるようなところではなかったようだ。

140223-163227
 三原橋地下街のほうに戻る。

140223-163352
 三原橋地下街の階段を下りる……

140223-163435
 食事処「三原」=三原カレーコーナーだけがぽつんと営業している。

140223-163513
 食事処「三原」は,定食があったり飲み食いもできる。こういうタイプの店は以前は町によくあったが,地味に減少していて,珍しくなりつつある。

140223-163729
 食事処「三原」=三原カレーコーナー。

140223-163524
 三原橋地下街。耐震性に問題とかあれこれの問題によって,銀座シネパトス1・2・3は昨年(2013年)3月に閉館,食事処「三原」以外の店は,すべて閉店している。

140223-163821
 三原橋地下街の南側を振り返る。

140223-163850
 おでんの一柳の跡地。お客様への感謝の言葉と,新一柳の開店を目指し,物件を探しているという貼り紙が貼られている。

140223-163924
 三原橋地下街の北側の入口。ここの右側には食事処・季節料理「三原」があった。つまり,三原橋地下街の両端に食事処「三原」があって,両者を間違えた人は多かったことと思われる。

140223-163933
 そして,こちらの季節料理,小料理「三原」は,銀座八丁目の新しい店で営業しているとの貼り紙がある。

140223-164023
 三原橋地下街の北側の入口から見る。右側がチケット売場,記憶では階段を下りてすぐ左側が銀座シネパトスの入口だった。

140223-164106
 北側の階段。

140223-164218
 三原橋地下街の北側の入口。南側と同じ円弧状の建物が建っている。

140223-164338
 三原橋地下街の北側の入口は銀座四丁目,南側は銀座五丁目にある。

140223-164502

140223-164553
 三原橋地下街の北側の入口。ここを東へ行くと晴海通りと昭和通りの三原橋交差点があり,歌舞伎座がある。

140223-164631

140223-164700
 晴海通り。

140223-164916
 三原橋地下街の北側の地上部分。一階部分はベニア板で覆われている。

140223-165510
 排気筒だろうか……

140223-170335
 ちょうど真下に都営浅草線・東京メトロ日比谷線の東銀座駅があるので,京急線直通列車がある都営浅草線で帰ることにする。

140223-171033
 都営浅草線の東銀座駅。ホームに入ってきたのは京急線の電車だった。

 ── RICOH GR

|

« 今月3度目のアップルストア銀座 | トップページ | 二俣川駅南口 万騎が原中央商店街 »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

2014年8月3日(日)三原橋の未来と価値を検証する 緊急シンポジウムを 14時から 東京国際フォーラム G505会議室で 開催します。皆様 是非ご参加を。

投稿: 三原橋を考える市民の会 | 2014年7月27日 (日曜日) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/59454533

この記事へのトラックバック一覧です: 銀ぶら〜三原橋地下街(銀座シネパトス跡):

« 今月3度目のアップルストア銀座 | トップページ | 二俣川駅南口 万騎が原中央商店街 »