« 新居関と新居宿 湖西市新居町 | トップページ | リニモ初乗車 »

2014年1月 2日 (木曜日)

かつての花街 岡崎市松本町 松應寺横丁

140102-114603

かつての花街 岡崎市松本町 松應寺横丁



140102-082105
 中岡崎の朝。板屋町の横を名鉄本線の電車が駆け抜ける。

140102-082326
 南西側を見ると,愛知環状鉄道の電車が乙川を渡るのも見える。
 眼下には名鉄本線の岡崎公園前駅のホームがある。

140102-082639
 岡崎城がある岡崎公園を見る。岡崎城の真後ろに,岡崎城よりも大きなS・A・キャッスル岡崎パークタワービル?が見えるため,岡崎城がまったく目立たない。どちらもキャッスルだからしかたがないか……

140102-104558
 板屋町を通って,岡崎公園方向へ。

140102-104735
 板屋本通りの板屋稲荷神社。

140102-104757
 板屋本通り。板屋町を南北に貫く広い通り。かつて遊郭だったころは大門があったかもしれない。それにしても,ラブホテルのやんちゃ貴族大使館は目立っている。

140102-104809
 板屋本通りの北側を振り返る。左側が板屋稲荷神社。

140102-105352
 岡崎公園の岡崎城。手前は伊賀川。

140102-105652
 伊賀川に架かり,岡崎公園とを結ぶ坂谷橋の袂。

140102-105854
 康生町の新田白山神社。徳川家康公御氏神。徳川家康が厄除け開運祈願のため,上州の新田郡三日月村から……と言えば木枯し紋次郎──上州の新田郡から勧請したものだという。

140102-111411
 魚町の白山神社。大きなムクノキ「白山神社の大むく」がある。ちなみに,新田白山神社には大きなクスノキ「白山神社の大くす」がある。

140102-112013
 魚町一丁目から白山神社を振り返る。突き当たりが白山神社。左側は弘法大師の碑がある徳實院。

140102-112217
 材木町三丁目。

140102-113151
 松本町一丁目のスナック街。突き当たりは能見通一丁目交差点。

140102-113202
 松本町一丁目を北へ。

140102-113253
 剣菱の看板がある蛇の目鮨の横に四つの菱。

140102-113350
 正面にも蛇の目鮨が見えてきた。さっきのは旧店舗なのかな。

140102-113431
 松本観音浄誓院。

140102-113508
 松應寺の門前に木造アーケードの松應寺横丁がある。

140102-113523
 アーケードの前から東側を見る。

140102-113549
 松應寺横丁の入口。

140102-113602
 松應寺横丁のアーケードの前から西側を見る。

140102-113818
 松應寺横丁のアーケード。

140102-114016
 松應寺横丁。

140102-114102
 店を閉めてからだいぶ経つところが多いようだ。

 徳川家康の父広忠の墓がある松應寺の周辺は,昭和の中頃まで,置屋や小料理屋が並ぶ三河地方有数の花街として賑わっていたという。現在は寂れてしまったが,数年前に「松應寺横丁にぎわいプロジェクト」が,空き家を利用して松應寺横丁にぎわい市を定期的に開催しているという。

140102-114328
 松應寺横丁のアーケードの西側にある太子堂への路地。

140102-114516
 太子堂の前。人が集まれるようになっている。「にぎわい市」のときには賑わうのだろう。

140102-114613
 太子堂の前からアーケードのほうをみる。二階の手すりにときめく。

140102-114640
 左が太子堂。

140102-114802
 太子堂の横から……

140102-114825

140102-114908

140102-115024
 松應寺の前,スナック「琥珀」。

140102-115109
 松應寺横丁を振り返る。KIMONO YUAN SINCE 2011の垂れ幕。

140102-115124
 松應寺。桶狭間の合戦後,岡崎城主となった徳川家康が,父の菩提を弔うために建立した寺だという。

140102-115232
 鐘楼。松應寺の梵鐘は文化的な価値が高いとして,大東亜戦争中に供出を免れたという。
 2015年は徳川家康没後400年にあたるということで,家康公四百年祭が岡崎市・静岡市・浜松市などで計画されている。

140102-115432

140102-115438

140102-115504
 松應寺の前から松應寺横丁のアーケードを見る。

140102-115527
 西側に続く路地。

140102-115603

140102-115725
 西へ。

140102-115755
 太子堂の前に抜けられる。

140102-115827
 太子堂の前。

140102-115917

140102-115938

140102-120053
 松應寺の門前らしく,松模様の窓……

140102-120106

140102-120140
 西側から松應寺側を振り返る。

140102-120157
 元能見町の商店街。

140102-120306
 道路の左側が元能見町,右が松本町二丁目。

140102-120738
 能見不動尊前から中橋に続く元能見町の通り。

140102-120819
 東側の突き当たりに能見不動尊貞寿寺がある。

140102-121016
 松應寺の北側の路地(松本町二丁目)。

140102-121026
 松本町二丁目。地図には建物が描かれているが,すっかり更地になっている。

140102-121317
 松本町二丁目の八百憲商店。正面の路地の右側は能見町となる。

140102-122129
 松本町二丁目の喫茶けどが〜,右は能見通二丁目の元コーヒーショップ。

140102-122158
 新鍋田屋と喫茶けどが〜の前の交差点。

140102-122230
 新鍋田屋と喫茶けどが〜の交差点の前から松應寺横丁のアーケード南側を見る。

140102-122441
 能見通りの能見通二丁目交差点へ。

140102-122451
 能見町の能見通りの能見中発展会商店街。

140102-122624
 能見通一丁目の第三銀行岡崎支店。

140102-122712
 名鉄バスの能見町バス停。

140102-122751
 能見町の能見中発展会商店街。

 能見町バス停からバスに乗って岡崎駅に向かう。

岡崎市 松應寺横丁

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

【参考】
2011年5月1日 (日曜日):八丁味噌の故郷 岡崎の街を歩く

|

« 新居関と新居宿 湖西市新居町 | トップページ | リニモ初乗車 »

・23 愛知県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

偶然にも僕も一月二日に岡崎の大樹寺に名古屋から初詣に初めて行ってきました。それから岡崎城に行き写真のラブホの名前を見て笑いました。さすが、家康の父の菩提寺があるなんて知りませんでした。岡崎ですれ違っていたかもしれませんね。

投稿: ろば | 2014年2月22日 (土曜日) 21時48分

2月16日には愛知環状鉄道に初乗車しました。扉がボタンで、自分で開け閉めができるのには、びっくり。常磐線の電車を思い出しました。高蔵寺駅から山口駅で降りてから、また引き返して瀬戸市駅で降りて市内のアーケード付きの商店街を歩きましたが、ここもご多分にもれず、閑散としていましたが、あれこれ工夫をして、がんばっている、店もありました。心の中で思わず、がんばってと叫んだようでした。帰りは名鉄瀬戸線で尾張瀬戸駅から栄町まで、これもまた、初乗車で初ずくめの一日でした。赤い車両に乗りたかった。もうすぐ赤い電車も無くなるようですが・・・

投稿: ろば | 2014年2月22日 (土曜日) 22時21分

 名古屋から初詣に出かけるほどの大きな寺が,岡崎にあるのですね。地図を見たら愛知環状鉄道の大門駅の近くなんですね。

 初詣で寺?……と一瞬思いましたが,そういえば関東では成田の新勝寺が初詣で有名ですし,寺に初詣するところも多いんでしょうね。

投稿: 三日画師 | 2014年2月26日 (水曜日) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/59156631

この記事へのトラックバック一覧です: かつての花街 岡崎市松本町 松應寺横丁:

« 新居関と新居宿 湖西市新居町 | トップページ | リニモ初乗車 »