« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の13件の記事

2014年1月13日 (月曜日)

戸塚旭町通商店街〜図書館通り

140113144001edit

戸塚旭町通商店街〜図書館通り


 戸塚駅西口再開発事業は,昨年(2013年)3月に戸塚区総合庁舎が駅前の再開発地区に移転し,事業が完了した。戸塚駅周辺の工事は,戸塚大踏切の地下トンネル化と,その周辺の区画整理事業が中心となる。

140113-141728
 紆余曲折を経て,2010年にやっと開業したトツカーナ(トツカーナモールと東急プラザ戸塚)のバスターミナル側。

140113-142132
 戸塚西口バスセンター上のデッキから,サクラス戸塚を見る。

140113-142204
 戸塚パルソと呼ばれる一郭。

140113-142351
 戸塚パルソの前。戸塚駅やトツカーナモールから,旧来の商店街に抜ける通り道になっている。西口バスセンターが人工地盤の上に設けられていて,その下を通るようになっているため,少し暗い。

140113-142451
 戸塚市場の先に,西口再開発事業から外れた旧来の商店街が続いている。

140113-142559
 頭の上が戸塚西口バスセンターの人工地盤。

140113-142626
 東海道(国道1号線)のバスセンター前交差点方向を見る。坂を上りきったところの左側に,以前のバスセンターがあった。右側の人工地盤が新しいバスセンター。

 戸塚駅西口再開発事業の最大の目玉は,駅から離れているバスセンターを駅の近くに移動することだったはずだが,この細い通りを挟んだ向かい側に移動しただけとなった。とはいえ,距離にして約100メートル,バスセンターが駅に近づき,しかもその間を屋根の下を通って往き来できるようになったことは良かったと思う。

140113-142813
 戸塚旭町通商店街。戸塚駅西口の中心となる商店街で,トツカーナのところを戸塚駅西口前まで延びていた。街路灯に「祝 戸塚区役所OPEN」という旗がさがっている。

140113-142856
 東側を見る。

140113-142938
 戸塚旭町通商店街の入口に建つレジデンスギャラリー戸塚倶楽部。仮設ビルのような安っぽい建物は,マンションのモデルルームらしい。以前ここにあったパチンコ屋は,昔の菊屋デパートの建物を使用していたが,東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を機に取り壊された。

140113-143102
 旭町通商店街からトツカーナ方向を振り返る。

140113-143130
 戸塚旭町通商店街。

140113-143230
 旭町通りから図書館通りに抜ける路地。つい最近まで舗装されていなくて,大きめの布生地がたくさん並んでいたりしたのだが,すっかり変わってしまった。

140113-143353

140113-143440
 旭町通りから図書館通りに抜ける路地。すっかり歯抜けになってしまっている。

140113-143652
 旭町通りの東側に平行する図書館通り(戸塚駅方向を見る)。

140113-143720
 図書館通り。その名の通り,突き当たりは戸塚図書館。

140113-143733
 図書館通りから旭町通り方向を見る。

140113-143805
 図書館通りの人気の家系ラーメン店,松壱家。活気があって家族連れまで入っているが,個人的な好みは,向かい側にある地味なラー麺つくも。こちらは典型的な「町の中華屋さん」で,メニューには定食もある店。私のようなおっさんには,こういう町の中華屋さんがとても貴重なのだ。

140113-143933
 図書館通りを振り返る。

140113-144045

140113-144310
 東海道(国道1号線)のバスセンター前交差点方向を見る。右側がバスセンターから戸塚駅前に抜ける人工地盤。

140113-144442
 図書館通りの西側,リバーサイド通りに抜ける道。

140113-144845
 図書館通りへ。

140113-144928
 図書館通りの戸塚ふれあい横丁の入口。

140113-145023
 戸塚ふれあい横丁。パブやスナックが並ぶ。

140113-145326
 図書館通り。

140113-145450
 駐輪場の跡地。自転車の出し入れが面倒臭そうなゲートだ。角の部分が錆びてるのは,多くの人がそこに自転車か身体を擦るからだろう。

140113-145610
 旭町通りの旭町通商店街。

140113-145631

140113-145931
 中通り。トツカーナができる前は,ことぶき通りに続いていた。

140113-150051
 中通りのタイトーステーション。

140113-150122
 バスセンター前交差点への坂道。左側にJA横浜やさい直売所がある。

140113-150145

140113-150202
 JA戸塚野菜直売所(やさい直売所)。

140113-150420
 東海道(国道1号線)のバスセンター前交差点。見ての通り,スクランブル交差点ではないが,利用者はスクランブル交差点として使っている。いいのか?

140113-150801
 旧バスセンター跡地。利用方法が決まっていないのか,更地のまま残っている。

140113-150830
 戸塚郵便局。

140113-150946
 戸塚郵便局前交差点から中通りに下る坂道。

140113-151043
 東海道(国道1号線)。

140113-151138
 東海道(国道1号線)の吉原金物店。

140113-151312
 東海道(国道1号線)を南へ。

140113-151333

140113-151541
 右側が戸塚図書館方向に下る坂道。

140113-151612
 ふとんのトミヤ。

140113-151718
 戸塚図書館に向かって坂を下る。

140113-151800
 道路拡幅の計画があるのだろうか,坂道に沿って空き地が続いている。

140113-151959
 道路計画の案内板には気付かなかったが,東海道(国道1号線)から戸塚図書館に繋がる道路の拡幅計画があるに違いない。

140113-152128
 戸塚共立第一病院の横から旭町通商店街の戸塚駅方向を見る。左側に業務スーパーがある。

140113-152159
 案内板を見て,戸塚図書館だと思っていたところは,戸塚センター(戸塚図書館,地区センター,公会堂)だということを知る。図書館しか利用したことがないので気付かなかった。

140113-152438
 戸塚旭町通商店街が戸塚小学校方向に続いている。

140113-152536

140113-152613
 北側を振り返る。

140113-152703
 左側が戸塚小学校。

140113-152732
 戸塚小学校の前から国道1号線の戸塚小学校入口交差点に続く登り坂。

140113-152908

140113-153318
 ダメ。ゼッタイ。歩きスマホ……

140113-153337
 カレーハウス「横浜ボンベイ」。カシミールカレーで有名な店だ。かつて柏のボンベイがなくなって悲しんでいる人〜,戸塚でカシミールカレーが食べられるよ〜と思い続けていたが,何と今は柏のボンベイが復活しているらしい。

140113-153506
 有名な珈琲貴族。最近少なくなった昭和っぽい喫茶店。スタバやらドトールとかいうコーヒー屋よりもこういう喫茶店のほうが落ちつくし,ナポリタンは美味い……と(おっさんは)思う。もちろん名物の貴族トーストも。

140113-153819
 東海道戸塚宿の澤邊本陣跡。戸塚宿に二つあった本陣のうちのひとつ。隣に羽黒神社がある。

140113-154048
 戸塚消防署前交差点。

140113-154558
 戸塚消防署前交差点から坂を下る。正面は戸塚小学校の体育館。中通りの交差点にラーメンの麺や幸村がある。

140113-154627
 麺や幸村の斜向かい。

140113-154732
 スナック澄など……

140113-154816
 中通りにささやかな飲食店街ができている。

140113-154850
 北側を振り返る。

140113-155249
 旧戸塚区総合庁舎の前。戸塚区総合庁舎はトツカーナの横に移転し,跡地利用が注目されている。医療施設または高齢者向け住宅か,地域交流施設か……

140113-155350
 旧戸塚区総合庁舎の前から南に続く旭町通り。

140113-155546

140113-155656
 旧戸塚区総合庁舎の6階建ての建物。フェンスで囲まれ,そろそろ取り壊しが始まりそうだ。

140113-155943
 旧戸塚区総合庁舎の前から,東の柏尾川に向かって歩く。

140113-160130
 柏尾川沿いの桜並木。

140113-160405
 柏尾川の上流側,JR戸塚駅方向を見る。

140113-160430
 柏尾川の下流側の上倉田町には,UR都市気候コンフォール上倉田のアパートが並ぶ。

140113-161130
 横浜市戸塚センター。1階部分が図書館になっている。

140113-161306
 図書館の前から北に向かって延びる図書館通り。

140113-161804
 駅前に戻り,戸塚パルソと戸塚区総合庁舎(戸塚区役所)の間の通り。

戸塚旭町通商店街〜図書館通り

 ── PENTAX K-5 IIs + HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR or RICOH GR or iPhone 5s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日曜日)

ましてひとりじゃ なお淋し 岐阜柳ヶ瀬

140105130337edit

ましてひとりじゃ なお淋し 岐阜柳ヶ瀬


 正月連休の最終日。岐阜で一番の繁華街・歓楽街である柳ヶ瀬をぶらついてから帰ることにする。

140105-105439
 名鉄岐阜駅前交差点。2006年8月に閉店した岐阜パルコの跡地が,更地になったまま放置されていて物悲しい。

140105-105500
 名鉄岐阜駅前交差点からJR岐阜駅方向を見る。左側のトラス構造の建物が,名鉄岐阜駅に隣接した商業施設イクト(ECT)。2005年12月に閉店した新岐阜百貨店の跡地に建てられた2階建ての商業施設で,新岐阜百貨店時代のビルと比べると,かなり寂しくなった印象だ。ただ,新しくビルが建つための暫定施設だと思えば,問題ない。

140105-105708
 名鉄岐阜駅前交差点から長住通りを西へ。繁華街にあった第一浴場という銭湯がなくなって,駐車場になっている。

140105-105830
 玉宮通りからJR岐阜駅に続く通り。繊維ビル・繊維センターが並び,岐阜繊維街の東側にあたる。

140105-110000
 玉宮通りを北へ。旅館「つじ」,旅館山口屋別館などが並ぶ。

140105-110049
 玉宮通り。

140105-110137
 玉宮通りを北へ。

140105-110149
 玉宮通りの富士屋デパート。

140105-110213
 老舗と新しい店が混在しているという印象。

140105-110357
 玉宮通りの南側を振り返る。

140105-110425

140105-110557

140105-110646
 肉の玉宮がある交差点。にぎわいのある商店街というわけではないが,老舗と若者向けの店が混在していて,面白い商店街になっているかもしれない。

140105-110725
 沖縄料理の「美ら風(ちゅらかじ)」……

140105-110854
 旅館八勝館本店。

140105-111140

140105-111844
 玉宮通りを玉宮町二丁目〜玉宮町一丁目と北に歩き,金宝町一丁目交差点を過ぎると,左側に金(こがね)公園がある。子供達が遊んでいる中に,あれっ,見覚えのある電車が……

140105-112228
 半流線型の名鉄モ510形電車(元は美濃電気軌道セミボ510形)だ。岐阜市内の600V区間が廃止になった後,旧谷汲駅などに静態保存されているという話は聞いていたが,そのうちの1台がここにあるとは……。偶然の出会いに感動。

140105-113350
 金公園の北側にある金(こがね)神社。名前の通り金運にご利益があるらしいが,これ以上財産が貯まっても困ってしまうので(もちろん冗談だよ)参拝しなかった。

140105-113802
 玉宮通りをそのまま北へ進むと,徹明町通り(名鉄岐阜市内線の電車が走っていた通り)の北側が,全蓋式アーケードの付いた劇場通りとなる。ここから北側一帯が柳ヶ瀬商店街だ。

140105-114248
 劇場通商店街から金神社方向を見る。

140105-114333
 劇場通商店街。

140105-114501
 劇場通商店街。右がレンガ通り,左が高島屋南商店街となる。細かく分けると,ここから北が劇場通り北商店街,南が劇場通り南商店街らしい(柳ケ瀬商店街マップより)。

140105-114528
 レンガ通り。

140105-114654
 高島屋南商店街。大衆演劇劇場の「ぎふ葵劇場」の旗が並ぶ。元は豊富東映劇場という映画館だった豊富会館に豊富座という劇場があったのだが,現在は旧岐阜メルサ跡のドン・キホーテに「ぎふ葵劇場」として移転したという。
 地図を見ると,この先には神室小路やOK横丁という文字があって,後で回ろうと思ったのだが,すっかり忘れてしまった。

140105-114848
 岐阜高島屋の南側の通り。左は元祖みそかつの店一楽本店。名古屋名物の味噌カツ,実はこの店が元祖なのだとか。ただしオーナーは代わっている模様……

140105-114928
 劇場通り北商店街へ。

140105-115010
 アーケード商店街に赤い絨毯が敷かれている。岐阜駅前の繊維問屋街では細い路地にも絨毯が敷かれていたが,なんとなく岐阜らしく感じるところが面白い。

140105-115215
 左側が高島屋岐阜店(岐阜タカシマヤ)。正式名称は「劇場通り」じゃなくて「劇場通」なのかな。

140105-115245
 劇場通の南側を振り返る。右が岐阜タカシマヤ。

140105-115623
 岐阜タカシマヤの北側に沿った日ノ出町通り。ぎふ初寿司は岐阜市内に展開する寿司チェーン店。

140105-115642
 日ノ出町通りの東側を見る。

140105-115716
 日ノ出町通り(ぎふひのでまち)。右が映画館やゲームセンターが入ったCINEXビル。さらに東にはロイヤル劇場ビルがある。

140105-115741
 日ノ出町通り(ぎふひのでまち)。右側に見えるスペースは,日ノ出町ど真ん中広場。元はスーパーの長崎屋があったらしい。

140105-120043
 劇場通をさらに北へ。岐阜タカシマヤの前の劇場通は幅員が広かったが,その北側ではかなり狭くなる。ありがとうやななの「やなな」というのは,柳ヶ瀬商店街の非公式キャラクターで,昨年惜しまれながら引退したのだという。

140105-120103
 劇場通は,柳ヶ瀬本通りの北側で弥生町通りと名称が変わる。

140105-120140
 柳ヶ瀬本通りの西側を見る。柳ヶ瀬のメインストリートだ。巨大な「やなな」の垂れ幕が掛かっている。

140105-120156
 柳ヶ瀬本通りの東側を見る。アーチ状のアーケードが長良橋通りまで続いている。

140105-120213
 劇場通の南側を振り返る。やっぱり赤い絨毯が岐阜らしさを演出している。

140105-120555
 弥生町通りを北へ。

140105-120644
 オレンジ通り弥生。飲食店街になっている。

140105-120732
 弥生町の交差点。細い通りだが,背の高いアーケードが交差している。

140105-120847
 弥生町の弥生通の西側を見る。左側に,柳ヶ瀬小路,弥生小路,松竹小路と横丁が並んでいる。飲食店街多い。

140105-120953
 弥生町の北側を見る。ニュー弥生ビルは飲み屋ビルだ。

140105-121101
 弥生町の東側は,小柳町に向かってカーブしている。高いアーケードとカーブが絶妙な感じだ。

140105-121204
 弥生町から小柳町へ。

140105-121244
 弥生町から小柳町の十字路へ。Happy Koyanagi と書かれた飾りの下の部分はミラーボール風になっている。

140105-121450
 小柳町のこやなぎ通り。アーケードの柱の上部が漏斗状になっている。アーケードの端は,アーチに合わせた車輪 or 菊の花状になっている。

140105-121515
 小柳町から弥生町を振り返る。このあたりは日中,少し暗いようだ。夜になれば明かりが灯るのだろう。

140105-121550
 小柳町から神田町三丁目の長良橋通り方向のアーケードの東端を見る。ちょうどそのあたりの長良橋通りに柳ヶ瀬バス停がある。

140105-121647
 小柳町の十字路から南側へ。小柳町がカーブしながら柳ヶ瀬本通りにまで延びている。

140105-121738
 小柳町と柳ヶ瀬本通りの交差点。空き地になっているところには,オアシス柳ヶ瀬ビルだったところらしい。

140105-121813
 柳ヶ瀬本通りの西側を見る。左側を南に抜けると,日ノ出町通り〜レンガ通りに突き当たる。

140105-121828
 柳ヶ瀬本通りから小柳町を見る。

140105-121848
 柳ヶ瀬本通りの東側を見る。アーケードの入口の上に,誰かが立っている。5人いる……

140105-121926
 柳ヶ瀬本通りと小柳町の交差点。

140105-122046
 柳ヶ瀬一番街。

140105-122103
 柳ヶ瀬本通り。右側はパチンコKIKUYA柳ヶ瀬1号店。

140105-122134
 KIKUYA柳ヶ瀬1号店横の路地。中央社ビルがある。

140105-122448
 柳ヶ瀬本通りを西へ。「暴力追放 Good-bye, YAKUZA」と書かれている岐阜柳ヶ瀬商店街振興組合連合会の垂れ幕には迫力がある。

140105-122557
 柳ヶ瀬本通りを少し西へ歩き,柳ヶ瀬通三丁目から,北の弥生町へ。心が通う「柳ぶら横丁」,柳ヶ瀬小路と並んでいる。

140105-122657
 残念ながら弥生町の柳ヶ瀬小路は取り壊されてしまったようだ。

140105-122923
 柳ヶ瀬本通りを西へ。金華橋通りの柳ヶ瀬交差点でアーケードが一旦途切れる。その先は「Star Place Yanagase」となる。
 アーケードに立っている5人。後ろ姿から,岐阜由来の5人の武士なのかと思ったが……

140105-123417
 金華橋通りを渡り,柳ヶ瀬本通りを振り返る。アーケードの5人は,よく見るとギリシア彫刻風でもあり,教養が無いのでよくわからなかった。

140105-123454
 長良橋通りから柳ヶ瀬通一丁目〜二丁目〜三丁目と柳ヶ瀬本通りが続いてきたが,金華橋通りから西の柳ヶ瀬通四丁目〜五丁目〜六丁目(〜七丁目)と,スタープレイス柳ヶ瀬と呼び名が変わる。白百合ビルにはBLENDAのGirls Collection……

140105-123606
 銀町にはスナックやバーが建ち並ぶ。

140105-123637
 あちこちに無料案内所がある。

140105-123820
 安心・安全な街づくり,スタープレイス柳ヶ瀬商店街という大きな垂れ幕が下がる。

140105-123854
 高野町二丁目の飲食店街。柳五ビルには,ビルの上の方に柳ヶ瀬浴場がある。

140105-123906
 柳ヶ瀬通四丁目の無料(優)案内所「あいうえお」。

140105-124226
 スタープレイス柳ヶ瀬商店街には,大きな飲み屋ビルが並ぶ。「明るく楽しいスタープレイス」の垂れ幕が色っぽい。これがあまりにアニメ風だと,おっさんは逃げ出したくなる。

140105-124546
 スタープレイス柳ヶ瀬商店街から高野町三丁目方向を見る。

140105-124650
 高野町三丁目と日ノ出町三丁目あたりのモルタル壁の輝き……

140105-124741
 日ノ出町通りの日ノ出町四丁目方向を見る。奥に見えるのはホテル Grand Vert。

140105-125031
 日ノ出町三丁目の居酒屋鬼ころし……

140105-125135
 川魚・うなぎの「かめ家」の前から西側を見る。

140105-125155
 ビジネスホテル岐阜の前から日ノ出町通りの東側を見る。金華橋通りの向こう側には,「ぎふひのでまち」のアーケードが見える。
 その手前の中華そば・わんたんの丸デブ(デブ)総本店に行列ができていた。デブ集合というならば,こりゃ寄らねばならぬと思ったが,さすがに行列には並びたくないのでパスした。

140105-125436
 縦長の店名看板がたくさん並ぶ日ノ出町四丁目にある清福という中華料理屋にも客が集まっていた。このあたりは飲食店街だが,昼間から営業しているところは意外に少なく,特定の店に客が集まる傾向があるのかもしれない。

140105-125613
 日ノ出町四丁目から柳ヶ瀬通五丁目のスタープレイス柳ヶ瀬商店街へ。

140105-125936
 スタープレイス柳ヶ瀬商店街へ。角にあるうなぎのたなかやは老舗っぽい。その隣には,ぎふ初寿司がある。

140105-130008
 スタープレイス柳ヶ瀬商店街の第3池田ビルには,たくさんのクラブが入っている。

140105-130020
 CLUB・クラブ……。バットマンみたいなのに成敗されそう。

140105-130337
 一品料理いせうどんとキャンパスパブ・ジプシークイーンの間に,ひっそりと柳ヶ瀬センターがある。

140105-130421
 柳ヶ瀬センターの中へ。

140105-130428
 柳ヶ瀬センターのスタープレイス柳ヶ瀬商店街側の入口を振り返る。

140105-130616
 落ちついた感じの店が並んでいるが,北側の栄枝町の側は取り壊されてしまっている。

140105-130747
 柳ヶ瀬センターの現存部分はL字型になっている。

140105-131055
 落ちついた感じの店が密集している。

140105-131230
 柳ヶ瀬センターの西側の入口。

140105-131611
 今宵を遊び尽くそう!スタープレイス柳ヶ瀬商店街の東側を振り返る。

140105-131745
 柳ヶ瀬通六丁目から日ノ出町四丁目・五丁目方向を見る。

140105-131929
 スタープレイス柳ヶ瀬商店街の柳ヶ瀬通六丁目。丸川センター,宮城野センターなどの横丁が並んでいる。

140105-132007
 スタープレイス柳ヶ瀬商店街のアーケードは柳ヶ瀬六丁目で終わり,七丁目にはアーケードが付いていない。

140105-132028
 サッポロラーメンのサッポロ亭柳ヶ瀬店の横に丸川センターがある。

140105-132102
 丸川センター。スナックなどの飲食店が並んでいる。

140105-132225
 五輪のアーチが架かる丸川センター。

140105-132552
 丸川センターの奥からスタープレイス柳ヶ瀬商店街を見る。

140105-133039
 柳ヶ瀬通六丁目の変形六叉路から,北東の栄枝町・大正町方向を見る。

140105-133153
 柳ヶ瀬通六丁目のアーケードの西端。後のホテルはGrand Vert。

140105-133255
 柳ヶ瀬通七丁目を見る。

140105-133355
 柳ヶ瀬通六丁目の変形六叉路から,スタープレイス柳ヶ瀬商店街のアーケードを見る。

140105-133518
 柳ヶ瀬通六丁目から北西に延びる春日町一丁目。入口にヌード劇場まさご座のアーチがある。「18歳未満お断り」と書かれたアーチは珍しいと思う。

140105-133602
 春日町一丁目をまさご座に向かって歩く。右側に珈琲館恵風論。

140105-133647
 春日町一丁目。

140105-133716
 春日町一丁目から柳ヶ瀬通七丁目の家並みを見る。

140105-133751

140105-133905
 まさご座。ストリップ劇場なので18歳未満お断り。

140105-134035
 まさご座の西隣のうお義。落ちついた感じの店だ。変体仮名は正直なところ読めない……

140105-134132
 忠節橋通り側のまさご座のある通り。

140105-134416

140105-134539
 忠節橋通りの真砂町七丁目交差点。西側に桜通りが続いている。

140105-134855
 真砂町八丁目交差点から忠節橋通りに南側を見る。真砂町九丁目の忠節橋通りには,歩道の上にアーケードが付いている。かつて忠節橋通りを走っていた名鉄岐阜市内線の電車は,次の千手堂交差点(真砂町九丁目と十丁目の間)で,忠節橋通りから徹明通りを東に曲がっていた。

140105-135059
 真砂町八丁目交差点から,柳ヶ瀬通七丁目方向に戻る。

140105-135312
 柳ヶ瀬通七丁目から見た柳ヶ瀬通六丁目のスタープレイス柳ヶ瀬商店街のアーケード。

140105-135342
 柳ヶ瀬通七丁目を西へ。

140105-135538
 柳ヶ瀬通七丁目の朝日劇場では成人映画を絶賛上映中。

140105-135639
 朝日劇場の前から柳ヶ瀬商店街のアーケードを振り返る。

140105-141215
 忠節橋通りの柳ヶ瀬西口バス停からバスに乗り,車窓から名鉄岐阜市内線の電車に乗ったときのことを思い出しながら,JR岐阜駅へ。

140105-150054
 東海道線で名古屋駅へ。そして,新幹線の名古屋駅ホームへ。新幹線ホームのきしめん屋に,珍しく行列ができていなかったので,きしめんで腹を満たす。

140105-152333
 午後三時半。名古屋駅始発のこだま号で横浜に帰る(小田原で東海道線在来線に乗り換え)。いつもはガラガラに空いているこだま号の自由席も,さすがに正月のUターンラッシュのせいか,発車時には座席の半分〜三分の二ぐらいが埋まった。

岐阜柳ヶ瀬

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 or Canon PowerShot S100
(体調不良とMacBook Proの故障が重なって,1月5日のエントリーの公開が3月後半になってしまった。お恥ずかしい……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土曜日)

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び

140104143143edit

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び


 伊勢神宮に行くのをあきらめ,近鉄の津新町駅から岐阜に向かう。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 近鉄の津新町駅。時刻表の下の「停車駅ご案内」には,伊勢中川駅から大阪上本町駅までの近鉄大阪線の停車駅が書かれている。ここ津新町駅は名古屋線の駅なので,この「停車駅ご案内」には駅が載っていない。名古屋方面の急行と普通でどのぐらい停車駅が異なるのかを見ようと思ったのだが……

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 普通列車の四日市行きがやってきた。とりあえず後続の急行に乗り,混んでいるようだったら,どこかで普通に乗り換えるつもりで,普通列車を見送る。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 近鉄津新町駅の横を,JR紀勢本線のディーゼルカーが走り抜ける。津新町駅はかなり大きな駅で,Wikipediaによれば,一日の利用客は三重県内の近鉄の駅で8番目。1970年代には現在の2倍の利用客があったという。過去の経緯はわからないが,JRの駅を設置する要望ってのは出なかったんだろうか。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 急行名古屋行きの電車がホームに入ってきた。
 車内は結構な混雑具合で,白塚あたりで普通列車に乗り換えようと思ったのだが,津駅で運良く座ることができた。本当に運が良かった。電車は混雑したまま,しかも,名古屋まで混雑の度合いがひどくなるのを居眠り中に感じながら,ほぼ1時間10分かかって近鉄名古屋駅へ。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名古屋から名鉄に乗り換えて名鉄岐阜駅へ。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 高層ビルが増えた岐阜駅前。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名鉄パノラマカーと岐阜駅前。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名鉄岐阜駅を出る。元の新岐阜百貨店の跡地に「イクト」という商業施設ができている。新しい商業施設だが,地上2階建て。暫定的なものなのだろう。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名鉄岐阜駅前のタクシー乗り場。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名鉄岐阜駅前のスクランブル交差点から,名鉄岐阜市内線の電車が走っていた長良橋通りを見る。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名鉄岐阜駅前交差点から長住町二丁目交差点方向を見る。右側に名鉄各務原線の名鉄岐阜駅がある。

伊勢神宮をあきらめて岐阜へひとっ飛び
 名鉄岐阜駅前交差点。パルコと新岐阜百貨店は,どちらも閉店して建物もなくなった。JR岐阜駅前の再開発が進んで高層ビルも建ち,JRと名鉄の競争はJR優位が明らかになったようだ。とはいえ,JR岐阜駅周辺は商業地区というより,名古屋の郊外という位置づけになっているらしいが……

 ── Canon PowerShot S100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大門だいたて旧伊勢街道~岩田橋 三重県津市

140104132704edit

大門だいたて旧伊勢街道~岩田橋 三重県津市


140104-073312
 津駅前のホテルから見た,(私の)今年の初日の出!

 他の部屋より少し高めのオーシャンビューの部屋を予約したのに,昨日はチェックインが遅くなって海が見られなかったため,少し早起きした。と言っても午前7時頃だけど。水平線に雲があって,太陽が見えたのは少し高度が上がってからだったが,それでも綺麗な日の出が見られて良かった。

140104-071055

140104-071145

140104-072912
 眼下にある津三交ビルディング(第三銀行の津駅前支店が入っているビル)の裏側にチラッと見えているのが,伊勢電気鉄道の廃線跡。
 大正時代後半から昭和初期,この写真の左下あたり,現在の津駅前から少し離れたところに部田(へた)という駅があって,市街地を西に大きく迂回する国鉄参宮線(現在の紀勢本線)とは違って,参宮線は塔世橋を渡って津新地の市街地まで入り込んでいた。

 津新地からさらに伊勢神宮に近づくべく,新松坂,そして大神宮前と路線(伊勢線)を延ばしたときには,既にできあがっている津の市街地を突っ切ることはできず,国鉄参宮線が市街地の西側を迂回したように,伊勢電気鉄道は市街地の東側に沿って大きく迂回,岩田側の河口〜阿漕浦を通ることになる。その後1936年に参宮急行電鉄の傘下となり,さらに戦時体制の下で現在の近鉄の原形となる関西急行鉄道に統合,伊勢線は近鉄山田線と路線が重複することになり,1942年に廃止された。
 津新地から津市の市街地東側の区間は複線だったため,廃線跡に作られた道路の道幅も広く,津市の地図を見るたびに明らかな廃線跡が目に付くことになる。これだけあからさまな廃線跡だと,それが気になって,廃線跡を歩いてみたひとも多いことだろう。

140104-072927
 左右に通っている広い通りが国道23号線(伊勢街道)である。それに向かって,手前の津三交ビルディング側から栄町三丁目交差点まで延びているのが伊勢電気鉄道の廃線跡(交差点にバスが停まっている)。廃線跡は国道23号線を突っ切って,写真の右側方向に延びている。

140104-095837
 津駅東口のバスターミナル。津市の繁華街は駅から少し離れているので,横着者の私はバスを使う。

140104-100517
 バスに乗ったら,やっぱり先頭かぶりつき席(運転席の横の席)。高速バスの事故のニュース映像を見たりすると,先頭の席は他の席に比べて危険性がはるかに高く,怖いなぁ……と思うけど,自然にここに足が向いてしまう。

140104100621
 津市の市街地は,津駅の南方にあるので,駅のバスターミナルを出たバスはそのまま駅前の津駅入口交差点に向かうのかと思ったら,なんと駅の北側に走り出した。栄町三丁目交差点から国道23号線にでるらしい。
 こりゃラッキー。今日は伊勢電気鉄道の廃線跡歩きはしないつもりだったが,栄町三丁目交差点までの短い区間とはいえ,廃線跡を見ることができた。写真の左側を通っているゆるいカーブが伊勢電気鉄道の廃線跡だ。Wikipediaによると,チラッと写っている道路わきの緑の部分には,伊勢電気鉄道のプラットホームが残っているらしい。

140104-101759
 伊勢街道(国道23号線)の大門西交差点に近い,京口立町バス停で下車する。

140104-101820
 大門西交差点にある「だいたて たてまち通り」商店街のアーチ。向かい側の岡三証券には,岡三証券グループ創業90周年記念事業で建設された,プラネタリウム「岡三デジタルドームシアター神楽洞夢(かぐらどうむ)」がある。なんと出来たてのほやほやで,本格運営は2014年4月からになるらしい。

140104-101848
「だいたて」の立町(たてまち)通り。
「だいたて」というのは,津観音の門前町として南側に真っ直ぐ延びる大門(だいもん)通りと,そこから西側に分岐する旧伊勢街道の立町(たてまち)通りのたてまち商店街をひとつにまとめたときの呼び方らしい。なぜ一緒にまとめた名前になっているかといえば,以前はこの立町通りのこのあたりにもアーケードが付いていて,大門大通り商店街のアーケードと一体化していたからだと思われる。

140104-101929
 たてまち商店街。遠くに pure DAITATE と書かれた全蓋式アーケードが見える。

140104-102004
 大門西交差点を振り返る。

140104-102125
 たてまち商店街と大門大通り商店街の境界がどこにあるのか不明だが,大門通りとの交差点から100メートルぐらいの立町通りにはアーケードが付いている。

140104-102346
 旧伊勢街道は立町通りの途中から北側に延びている。旧伊勢街道を北へ。

140104-102412
 旧伊勢街道から東側を見ると,津観音(観音寺)の西門が見える。

140104-102524
 東宝会館の西側の通り。バーボンもジャズも大好きなので,BOURBON HOUSE「JAZZ」の看板がとても気になったが,一昨年から禁酒中だ。我慢我慢……

140104-102538
 東宝会館ビルに津大門シネマがある。正確には「あった」。看板やテントが綺麗なままだし,正月なので営業していないだけという雰囲気だったが,2009年に閉館してそのままになっているという。
 右奥に見えているのが津観音の西門(正式名称は不明)。

140104-102611
 そのまま津観音へ……は行かずに,津大門シネマ(跡)から南へ。突き当たりは立町通りのアーケード。

140104-102717
 呉服處京屋(今は貸店舗)や割烹茂波がある。

140104-102807
 だいたての立町通りへ。岡三デジタルドームシアターのドームが見える。

140104-102843
 だいたてのアーケードを東へ。大森屋本店はお食事処。大きな店だ。

140104-102928
 だいたてアーケードの立町通りと大門通りの交差点。旧伊勢街道はここから右に曲がる。左は津観音。左の角に「右さんぐうみち 左こうのあミだ」と彫られた道標が立っている。
 一階部分がパチンコ大門になっている大門観光ビルは地上4階塔屋1階,かつての大門百貨店で,1955年(昭和30年)には松菱百貨店として,津市内唯一の百貨店として賑わったところだという。その松菱百貨店も,1963年(昭和38年)に現在地の岩田橋北詰に移転してしまい,その後パチンコ屋となっているらしい。

140104-102946
 だいたてアーケードの立町通りと大門通りの交差点。「右さんぐうみち 左こうのあミだ」と彫られた道標。
 角のサンカドーでは,半熟カステラ・江戸時代のカステヒラを売っている。

140104-103002
 大門大通り商店街だいたてアーケードの北側に津観音(の仁王門)がある。

140104-103017
 津観音の門前に形成された大門大通り商店街。全蓋式アーケードが設置されている。津の街が,津観音の門前町,そして伊勢参宮街道の宿場町として栄えたことがよくわかる。現在はJR・近鉄の津駅,津新町駅から離れていることもあり,商店街としては非常に厳しい状況であることもわかる。

 1888年(明治21年)に市制が公布され,最初に市制施行する都市として指定されたのは全国で36都市しかない。津市はその一つで,古くから栄えた歴史のある都市なのである。Wikipediaによれば,その36都市は,「東京、京都、大阪、堺、横浜、神戸、姫路、長崎、新潟、水戸、津、名古屋、静岡、仙台、盛岡、弘前、山形、米沢、秋田、福井、金沢、富山、高岡、松江、岡山、広島、赤間関(下関)、和歌山、徳島、高松、松山、高知、福岡、久留米、熊本、鹿児島」。現在の都道府県庁所在地でも,ここに含まれていないところがたくさんある。

140104-103146
 恵日山観音寺,津観音の仁王門。五重塔も見える。

140104-103301
 津観音の境内へ。恥ずかしながら信心はないが,ちゃんと手水舎で手と口を浄める。やっぱり最低限のことはしないと。信心がないとは言いながら,昨日の大須観音など,新年早々既にたくさんの寺社を参拝している。この正月の旅自体が伊勢神宮に向かっていることもあって,ひょっとしたら信心深い奴だと思われているかもしれない。

 ここ津観音は,浅草観音,大須観音と並び,日本三大観音のひとつとされている。が,参拝客が行列を作っていた昨日の大須観音とのギャップに驚いてしまった。

140104-103819
 津観音の西側の門。

140104-103837
 西側の門の前,津大門シネマ(跡)のある通りを見る。

140104-103930
 津観音の仁王門の前から,大門大通り商店街の pure DAITATE アーケードを見る。

140104-104039
 仁王門の東側に,大門商店街・飲食店街がある。外観からわかるように,かなりディープなゾーンだ。

140104-104112
 大門商店街。アーケードが高く,車の通行もできる幅がある。

140104-104211
 大門商店街の北側に平行した飲食店街は,狭く,かなり暗い。びっしりとスナックなどの飲食店が並んでいる。

140104-104305
 スナック街を東へ。

140104-104338
 大門商店街飲食店街は,少し広めのメインストリートに平行して,北通りと南通りの二本の細い飲食店街があり,途中で数カ所繋がっている。それぞれに「南通り入口」のように,行き先の通りの名前が表記されている。迷路のように入り組んでいるわけではないが(一部,クランク状になっていたりする),これなら迷いにくい。

140104-104412
 北側に抜けると,そこは観音公園になっている。

140104-104442
 観音公園側から見た大門商店街飲食店街の建物。

140104-104554
 大門商店街のメインストリートに戻る。

140104-104606
 大門商店街飲食店街の南通りへ。

140104-104621
 大門商店街飲食店街の南通り。北通りの半分ぐらいの長さだ。営業していない店が多かったが,柳寿しは営業中。

140104-104736
 狭い階段をちょっと登ると,そこも飲み屋ビルに繋がっている。

140104-104812
 南通りから北通り入口〜北通りを見る。

140104-104835
 大門商店街の文正堂書店。

140104-104854
 大門商店街の東端を見る。

140104-105007
 北通り。暗くて寂しい。夜になれば明かりが灯るのか,さらに真っ暗になってしまうのか……

140104-105108

140104-105121
 再び大門商店街のメインストリートに戻り,南通り入口……

140104-105155
 南通りへ……

140104-105258
 南通りから,さらにその南側に抜ける路地。二階に上る階段があって,不思議な雰囲気だ。

140104-105317

140104-105340
 大門商店街飲食店街の南側の出入り口。

140104-105357
 スナック律の前の階段。

140104-105417

140104-105449
 通りに出る。西側を見ると,だいたてのアーケードがある。その左手前にあるのが,大門観光ビル(元大門百貨店・元松菱百貨店)。

140104-105508
 大門商店街の南側の入口。

140104-110015

140104-110212

140104-110240
 大門商店街の東側。アーケードの看板が立派なことにびっくり。

140104-110310
 飲食店街の北通り。

140104-110341

140104-110544
 専琳寺の前から大門商店街の東側の入口を見る。

140104-110625
 大門商店街の入口にあるのはSIビル5。これも飲み屋ビルだ。

140104-110636
 大門商店街飲食店街の東側から南方を見る。

140104-110710
 創業慶應元年のお焼屋。いちご大福などを売っている和菓子屋さんだ。

140104-110819
 大門東交差点方向を見る。十一屋川辺酒店。十一屋は,縦書きで書かないと雰囲気が出ない。

140104-111109
 酒・たばこ・葉巻の松島屋と割烹藤。だいたてアーケードの東側に飲食店が集まっている。

140104-111210
 スナックやバーが並ぶ細い路地が,大門商店街飲食店街方向に続いている。

140104-111308
 おかげ食堂。

140104-111447
 大門商店街飲食店街の南側。歯抜けになった部分の向こうに見えているのが大門商店街飲食店街。

140104-111604
 だいたてアーケードの東側に平行してフェニックス通り方向に延びる通り。

140104-111715

140104-111758

140104-111844
 酒・たばこ・葉巻の松島屋と割烹「藤」の間を南北に貫く。

140104-111953
 奥に見える古めのビルが大門観光ビル(元大門百貨店・元松菱百貨店)だ。

140104-112141
 だいたてアーケードの向こう側に,岡三デジタルドームシアター神楽洞夢が見える。

140104-112215
 だいたてアーケードの大門大通り商店街。正面が津観音。電話ボックスみたいなのはからくり時計。

140104-112303
 大門観光ビルの前あたり。正面が津観音寺の仁王門。

140104-112938
 だいたてアーケードの西側へ。

140104-113010
 すむ天じゃなく,天むすの千寿。人気店らしく,次から次に店の前にお客さんの車が停まる。車が停まっていない瞬間を撮った奇跡的な一枚。

140104-113444
 西へ歩き,国道23号線に出る。幅の広い歩道に,途切れ途切れではあるがアーケードが付いている。コーヒー中村の,曲面のファサードとCoffeeの文字がイカしてる。

140104-113547
 津センターパレスの前。津センターパレスは,津都ホテルの他,1階部分にスーパーのマスヤス等の店舗や津市物産振興会「つみきプラザ」,2階から上には津市中央公民館や市民活動センター,そして津市センターパレスホールなどが入居する第三セクターだ。2階までエスカレーターで上がって,中央公民館をぐるりと回ってみたが(実はトイレを借りた),施設の利用状況を表示するディスプレイを見たら,ホールや会議室,研修室などは午前中は利用者ゼロで,とても寂しい感じだった。

 元々は津市の市役所跡地に建てられたダイエーをキーテナントとするショッピングセンターだったという。ダイエーが撤退した後は,地元専門店が相次いで撤退し,ビルの利用状況は芳しくないようだ。

140104-113936
 国道23号線の三重会館前交差点。向かい側が津中央郵便局。津センターパレスの前のバス停が,「三重会館前」だったため,津センターパレスのことを三重会館と呼ぶのかと思ったら,津中央郵便局の隣のみずほ銀行が入っているビルが三重会館なのだそうだ。

140104-114022
 三重会館前交差点の南西側のお城公園の手前の一郭(津市丸之内地区)では,かなり規模の大きなビルの建築が始まっている。ググってみると,元々百五銀行本店がここに移転してくることになっていたが(現在は岩田橋の南側にある),移転が延期になっているという情報が見つかる。

140104-114137
 津センターパレスの隣,三重交通会館前交差点の角地にある津市まん中広場。

140104-120117
 フェニックス通り。ヤシ科のフェニックスが植えられていることからフェニックス通りと名付けられたのかな。
 フェニックス通りは福井市や宮崎市にもあったはず。ググってみたら,福井市と堺市にフェニックス通りがある。福井市のフェニックス通りは福井地震から,堺市は空襲からの復興の象徴として,不死鳥という意味でフェニックス通りと名付けられている。

 宮崎の県木はフェニックスで,宮崎市の市街地でもフェニックスの並木道が有名だ……と思っていたが,宮崎の通称「フェニックスロード」に植えられているのは,フェニックスではなくワシントニアパームだった。そういえば,何年か前のテレビ番組で,背の低いフェニックスではなく,背が高くなるワシントニアパームが伸びすぎて,剪定費用が嵩んで困っているという話題を取り上げていたことを思い出した。

140104-120216
 フェニックス通りに面した,だいたてアーケードの南端。

140104-120251
 アーケードを少しだけ歩いてみる。

140104-120522
 フェニックス通りとの交差点方向を振り返る。商店街の歯抜けになったところから,太陽光が差し込む。

140104-120721
 だいたて大門大通り商店街のとらや本家。いちご大福の元祖の店らしい。とらやと言えば,東京の「とらやの羊羹」や,伊勢の虎屋ういろの虎屋もある。そして津のいちご大福のとらや本家。いずれも和菓子屋で,何か関係があるんだろうか。
 それにしても,津って和菓子屋が多いね。

140104-121018
 フェニックス通りから見ただいたてアーケード商店街。

140104-121604
 フェニックス通りを渡り,宿屋町からみた大門大通り商店街(旧伊勢街道)。

140104-121647
 旧伊勢参宮街道の宿屋町の家並み。

140104-121924
 旧伊勢街道の倉田金属(奥も)。カッコいい。

140104-122128
 旧伊勢街道を南へ。街路灯に「わけべまち」「唐人の街」と書かれた通りが見えてくる。

140104-122257
 右の街路灯が「わけべまち」,左が「唐人の街」。

 道路脇にあった津市分部町唐人踊保存会の説明書きによると,三重県指定無形民俗文化財となっている唐人踊(とうじんおどり)は,津まつり(津八幡宮祭礼)の分部(わけべ)町の出しものとして行われた,朝鮮通信使の風俗をまねて唐人の面をつけて踊る踊りを起源とするものだという。唐人とは,当時は中国人だけではなく,広く外国人を意味していたそうだ。
 つまり,分部町は,長崎の唐人屋敷のような鎖国政策で設置された中国人居住地区(中華街)ではなかったようだ。

140104-122608
 わけべまち商店街。

140104-122840
 わけべまち商店街から,国道23号線の丸之内商店街に出た。レディース・マルセのシャッターに,唐人踊りの絵が描かれている。

140104-123327
 国道23号線(伊勢街道)の三重会館前交差点方向を見る。

140104-123350
 岩田橋方向を見る。津松菱百貨店が見える。

140104-123423

140104-123442
 津松菱百貨店。浜松の松菱は破産して閉店したが,津松菱百貨店は健在だ。

140104-123636
 NTT津丸の内ビル(メディアポート津。写真右側)は,津藩藩校の有造館跡地に建てられている。

140104-123838
 津松菱の前,岩田橋バス停。ベンチが並び,津駅前方面へのバスの拠点となっている。広い歩道に屋根が付いている(アーケード……かな)。

140104-123900
 岩田橋バス停と津松菱百貨店。

140104-123953
 大原靴店と千虎金物店。アーケードに隠れているが,どちらも看板建築だ。千虎は,津藩初代藩主の藤堂高虎由来の店名かな。

140104-124323
 津松菱の前から津警察署に続く通りの旅館松金。

140104-124338
 旅館松金の斜め前あたり。

140104-124639

140104-125215
 岩田川にかかる岩田橋の袂,伊勢街道岩田橋北交差点から西へ延びる伊賀街道に沿った岩田橋商店街。

140104-125418
 岩田橋から岩田橋商店街を見る。岩田川に沿って並ぶ家屋が印象的だ。

140104-125601
 岩田橋から国道23号線(伊勢街道)と津松菱百貨店を見る。

140104-130152
 岩田川。左奥は中部電力三重支店。

140104-130645
 伊賀街道と岩田川の間に挟まれた細長い空間に,びっしりと家屋が並んでいる。昭和にタイムスリップしたような錯覚を覚える風景だ。

140104-131205
 伊賀街道の岩田橋商店街。

140104-131241
 歯抜けになっているところがある。岩田橋の袂には,生々しい火事の跡が残っていた。

140104-131451
 岩田橋北詰方向を振り返る。

140104-131542
 岩田橋商店街を三重交通のバスが通りすぎる。三重交通のバスの後部の広告板,やっぱり独特の雰囲気だなぁ……

140104-131649

140104-131907
 岩田橋商店街の西側,中部電力三重支店のところで,伊賀街道がカーブしている。

140104-132117
 岩田橋商店街を走る殿舟団地行きのバス。

140104-132255

140104-132409
 岩田橋商店街の西側。

140104-132749
 岩田川に沿った岩田橋商店街の裏側。

140104-132905
 岩田川。遠くに見えるのが国道23号線(伊勢街道)の岩田橋。

140104-133306
 中部電力三重支店の前から,伊賀街道(国道163号線)の津新町通り商店街を見る。この先に近鉄名古屋千の津新町駅がある。

140104-133617
 岩田橋商店街を振り返る。

140104-134000
 津新町通り商店街。

140104-134831
 津新町通り商店街の三番町バス停付近から,旧伊賀街道は国道163号線の北側に分岐する。

140104-135035
 元伊賀街道から伊賀街道(国道163号線)に戻る。

140104-135143
 津新町通り商店街。伊賀街道(国道163号線)の東側を見る。

140104-140216
 津新町通り商店街の津新町駅方向を見る。
 この店のシャッターは広告なのか落書きなのか,よくわからない。「What'sap」?

140104-140521
 近鉄名古屋本線と紀勢本線の踏切。近鉄名古屋本線は複線電化,紀勢本線は単線非電化だ。

140104-140747

140104-141130
 近鉄の津新町駅前。タクシープールとバス乗り場がある。

140104-141245
 近鉄津新町駅。駅の南側にそびえるのは,グランステーシア津新町。

 津の市街地をゆっくり歩いたため,既に午後2時過ぎ。今晩は伊勢神宮の近くに泊まろうと思ったが,残念ながらネットでは宿を確保できず。

 伊勢神宮は昨年,20年に一度の式年遷宮があったこともあり,今年の正月は新しい神殿を目指して初詣に向かう人も多いのだろう。例年でも三が日は混雑して,参拝まで1時間は並ぶという情報を見聞きしたりすると,これから伊勢神宮に向かいつつ(津新町から宇治山田までは急行で30分程度なのだが),なんとかその周辺で宿探しするのはちょっと面倒臭くて,躊躇する。通常のお盆や年末年始は,ビジネス客向けの旅館やホテルは空いていることが多く,一人旅の私は重宝しているのだが,伊勢神宮周辺はそういうレベルではないようだ。

 というわけで,少しずつ伊勢神宮に近づいてきた今回の旅行だが,ここで引き返すことにする。地図を見ているうちに,久しぶりに岐阜に行ってみたくなり,岐阜の宿を確保。津新町からはるばる岐阜を目指すことにする……

津大門だいたて〜岩田橋

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 or Canon PowerShot S100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金曜日)

神戸藩の城下町 鈴鹿市神戸の旧伊勢街道

140103142051edit

神戸藩の城下町 鈴鹿市神戸の旧伊勢街道


140103-135911
 近鉄鈴鹿線の鈴鹿市駅で下車し,改札口を出る。駅は鉄筋コンクリート造の一階部分になっていて,改札口の前にはタクシーが停まっている。駅を降りてタクシーが停まっているかどうかで,駅の印象が結構変わる。

140103-135936
 鈴鹿市駅ビルはすっからかん……もぬけの殻。どうしてこんなふうになってしまったのだろう。

140103-135947
 鈴鹿市駅前広場の南東側を見る。駅の周辺には高層のマンションが増えているのかと思って地図を見たら,左側のビルは地上15階地下1階の鈴鹿市役所本館だった。鈴鹿市はこぢんまりとした市だと思っていたが,旧神戸藩の城下町神戸だった鈴鹿市駅の他に,漁港を中心に栄えた白子,本田技研工業や旭化成の工場がある平田町など,複数の核を持った都市になっており,人口は約20万もある。

140103-140035
 鈴鹿市駅前。人口約20万人の都市だが,商業地はもっぱらロードサイド店に移っているようで,駅前にもかかわらず歩いている人も少ない状況だ。

140103-140118
 駅前広場の反対側からみた鈴鹿市駅ビル。三階建ての立派なビルだ。

140103-140145
 駅前のバス停に三重交通の鈴鹿中央病院行きのバスが停車している。バスの後部上端両脇にある広告板は,三重交通のバスの特徴だと思う。他ではこのタイプの広告板は,あまり見た記憶が無い(どこかで見たような気もするが……)。

140103-140331
 鈴鹿市駅の北側にある踏切の横から神戸八丁目交差点に続く通り。写真右側に鈴鹿市駅北側の踏切がある。

140103-140341
 鈴鹿市駅前広場の北側。鈴鹿市駅は神戸一丁目側にあり,駅前広場から北西側は神戸八丁目になる。

140103-140446
 鈴鹿市駅北側の踏切から,真っ直ぐ北側に延びる通り。右側に「毎日が特売日」のスーパー名門がある。

140103-140507
 鈴鹿市駅北側の踏切から東側(伊勢街道の神戸九丁目交差点)に延びる商店街。

140103-140937
 踏切が鳴り,伊勢若松駅行きの近鉄鈴鹿線の電車がやってきた。

140103-140959
 伊勢若松駅行きの電車が鈴鹿市駅のホームに停車中。乗客も駅員も同じ構内踏切を使う。

140103-141131
 鈴鹿市駅前広場にあるオブジェ。何だろう?

140103-141303
 六郷川に架かる寿橋の袂から鈴鹿市駅前方向を見る。

140103-141527
 六郷川に架かる寿橋。六郷川は百々(どど)川とも呼ばれ,神戸の町の中を流れる川で,下流で神戸城趾付近からの流れなどと合流して金沢(かなさい)川となって伊勢湾に注いでいる。

140103-141755
 神戸二丁目の旧伊勢参宮街道十日市町の家並み。本陣はここ十日市町にあったらしい。十日市町は古くから城下町・宿場町の中心だったところなのだが,道路は拡幅され,すっかり綺麗に修景されていて,伊勢参宮街道だった頃の名残はない。
 奥に見える信号機は栄橋西交差点で,そこにある紀元湯にばかり気を取られて,目の前の左手にある昭和湯に気がつかなかった。左右に入口がある石組みの腰壁のところが昭和湯で,2002年に廃業しているそうだ。

140103-141735
 ベルコモン神戸のスーパー名門神戸店。一瞬,駅かと思った……

140103-141912
 魚末商店の前から神戸二丁目十日市町の街並みを見る。

140103-141935
 旧伊勢街道を北へ。旅館「油伊(あぶい)」の看板が見える。

140103-142051
 旅館あぶいまえの丁字路。十日市町と新町の分岐点で,高札場があり札の辻といわれていたらしい。

140103-142408
 旅館油伊(あぶい)の前から旧伊勢街道を見る。

140103-142426
 新町(神戸二丁目)の北新町商店街。にぎわいはない。

140103-142512
 札の辻。

140103-142544
 旧伊勢街道を北へ。六郷川に架かる大橋が見えてきた。大橋を越えると神戸八丁目となる。

140103-142610
 六郷川に架かる旧伊勢参宮街道の大橋。大橋というほど大きくはないが,神戸の街では位置づけの大きな橋だったのだろう。大橋を渡った先には鈴鹿神戸郵便局がある。

140103-142649
 大橋の袂から札の辻方向を振り返る。道の曲がり方が絶妙だ。

140103-142800
 大橋を渡る。南萱町商店街の鈴鹿神戸郵便局。神戸八丁目交差点の先の近鉄鈴鹿線の踏切を電車が走る。

140103-142833
 神戸八丁目の南萱町商店街。伊勢参宮街道の雰囲気が少し残る古い街並みだ。旧伊勢参宮街道の建物は平入りが基本になっているようだ。

140103-142921
 南萱町商店街。

140103-143200
 神戸八丁目交差点。右が旧伊勢参宮街道。

140103-143219
 近鉄鈴鹿線の踏切と,それに続く神戸八丁目の旧伊勢街道の家並み。

140103-143238
 神戸八丁目交差点の南側の旧伊勢街道を振り返る。

140103-143714
 旧伊勢参宮街道を引き返して大橋へ。

140103-143857
 再び札の辻へ。

140103-143947
 今度は新町の北新町商店街のほうへ。

140103-144049
 JA鈴鹿の伊勢神戸支店がある路地から北新町商店街の加嶋屋呉服店を見る。

140103-144130
 加嶋屋呉服店の前から札の辻の旅館あぶい,はなやのほうを振り返る。

140103-144159
 神戸城の城下町を作ったときに,神戸の街の東側を通っていた伊勢参宮街道を城下を通るようにしたという。そのために,北側から見たときに神戸城下の旧伊勢参宮街道が左カーブになっているのだろう。

140103-144215
 北新町商店街。

140103-144305
 神戸二丁目から神戸六丁目・七丁目に続く通り。三角形が二つ並んだKAZU-KAN(カズカンパニー)はハワイアン・レストラン&バーで,「オルナカレー」は鈴カレーグランプリで2年連続優勝だという旗が立っていた。

140103-144330
 化粧品の西木屋と八丁家精肉店。

140103-144441
 ベルコモン神戸スーパー名門神戸店の駐車場の前。

140103-144522
 北新町商店街。三上デンキや吉田屋薬局などが並ぶ。

140103-144559
 北側を振り返る。佐野金物店。一瞬,地元横浜市上大岡の佐野金(中華料理屋)を思い出した。

140103-144702
 北新町商店街。

140103-144735
 北新町商店街の?市青果店と中井呉服店。

140103-144815

140103-144833
 北新町商店街。

140103-144855
 補陀落山観音寺。

140103-145021
 広い「かんべ本通り」に出た。栄橋西交差点の横に紀元湯の煙突が見える。

140103-145129
 かんべ本通りから北新町商店街を振り返る。

140103-145231
 かんべ本通りの西側を見る。電線類が地中化され,ゆったり綺麗に整備されている。

140103-145301
 伏見稲荷神社。

140103-145739
 栄橋西交差点の紀元湯。

140103-145813
 栄橋西交差点から旧伊勢参宮街道の十日市町を見る。

140103-145903
 信号機などに邪魔されないアングルを探して,紀元湯を撮る。

140103-145935
 紀元湯の煙突。

140103-150010
 紀元湯の西側に並ぶ共同店舗。その先に見えるのが,驚くほど立派な鈴鹿市役所本館。

140103-150219

140103-150440
 かんべ本通りと新町の交差点に戻る。

140103-150505
 南新町商店街の石岡呉服店。かんべ本通りを境に街路灯の形が変わる。

140103-150540
 石岡呉服店の前から北新町商店街を振り返る。

140103-150617
 南新町商店街の鈴屋生花店。

140103-150624
 鈴屋生花店の隣は丸屋製菓舗。どちらも「せいか」。

140103-150648
 南新町商店街。

140103-150730
 天澤山龍光寺。

140103-150819
 南新町商店街の進栄軒。

140103-150924
 東王山慎福寺。参道に小さな祠が並んでいる。

140103-150939
 しばらくはほぼ真っ直ぐだった南新町商店街も,青木餅店付近から左にカーブしている。

140103-151101
 南新町商店街の丸喜呉服店と須藤美容室。

140103-151151

140103-151229
 南新町商店街の三日市屋。

140103-151315
 宗休寺の鐘楼。

140103-151354

140103-151403
 神戸二丁目(大橋の南からず〜っと神戸二丁目だ)の宗休寺から神戸高校を見る。神戸高校があるのは神戸四丁目になる。

140103-151509

140103-151551

140103-151626
 すごい。何の店だったのだろう。

140103-151642
 左側から十日市町からの旧伊勢参宮街道が合流する丁字路。この先で神戸二丁目から神戸三丁目となる。

140103-151748
 南新町商店街を振り返る。

140103-151828
 神戸三丁目の家並み。

140103-151854
 丁字路を振り返る。

140103-152014
 丁字路から旧伊勢参宮街道を栄橋西交差点方向に引き返す。

140103-152046
 丸忠呉服店と彩電館にしかわ……

140103-152145
 サブリ薬局と丸忠呉服店。

140103-152244

140103-152310

140103-152325
 三叉路にある喜久家。

140103-152419
 佐治屋酒店。

140103-152507
 佐治屋酒店。

140103-152539
 佐治屋酒店の横の路地を入ると萬福寺の鐘楼が見える。

140103-152622
 萬福寺の向かいの立派な石蔵。

140103-152948
 六郷川の向こうに専修寺神戸別院(紀元湯の横)の屋根が見える。

140103-153153
 栄橋東交差点。突き当たりが鈴鹿市駅。

140103-153254
 栄橋東交差点から栄橋西交差点方向を見る。第三銀行の看板と紀元湯の煙突が見える。

140103-153310
 栄橋東交差点から東側を見る。鈴鹿市役所本館でけえ……

140103-153320

140103-153405
 鈴鹿市駅方向に歩き,栄橋東交差点を振り返る。

140103-153451
 鈴鹿市駅ビルが近づいてきた。

140103-153536
 左側の広い緑の敷地は割烹旅館魚半楼。

140103-153616

140103-153707
 鈴鹿市駅の東側。どら焼きの「ふくや」がある。

140103-153939
 近鉄鈴鹿線の鈴鹿市駅に平田町からの電車がやってきた。

140103-154035
 鈴鹿市駅で列車交換(上下列車の行き違い)。

140103-154120
 平田町行きの電車が走り去る。

140103-154735
 鈴鹿市駅の構内踏切。

140103-154822
 鈴鹿市駅の伊勢若松駅方面ホームの横に,小さな飲み屋街がある。

140103-154849
 午後4時近くなり,日が傾いてきた。
 この後で,白子駅でも下車してみようと思っていたが,真っ直ぐ津に向かうことにする。

140103-160131
 ホームに伊勢若松行きの電車が入ってきた。

140103-160144
 平田町方面のホームには伊勢若松からの電車が入ってくる。

140103-161223
 電車が伊勢若松駅に到着。ここで近鉄名古屋線の電車に乗り換える。

140103-161908
 伊勢若松駅に白塚行きの電車が入ってきた。これに乗り込む。

140103-162904
 下車してみようと思っていた白子駅。時刻は午後4時半……まぁ,あきらめる。

 白子駅で特急と通過列車(停車駅の少ない甲特急)に抜かれる。と思ったら,通過列車の後の急行にも抜かれることになり,白塚行きの普通列車は10分以上停まったままになる。幸いなことに,急行の混み具合がそれほどでもなかったので,急行で津に向かうことにする。

140103-165206
 あっという間に近鉄津駅に到着。普通列車(各駅停車)だとどのぐらい掛かるんだろう。

140103-165641
 あまり繁華じゃない西口側に出る。

140103-165759
 近鉄津駅西口。東口側はJRと近鉄の共同改札だが,西口からは近鉄にしか乗れないという不思議な構造になっている。気付かずに,この後で東口に廻ろうとして改札口まで行ってしまった……

140103-170014
 津駅西口前に津文化センターがある。公共施設かと思ったら,学校法人大川学園のカルチャーセンターや複数の専門学校が入っている。一階部分には飲食店などになっている。

140103-170130
 駅のすぐそばに駅の東西を結ぶ地下道や跨線橋がある。津駅は大きな駅だが,駅の中に自由通路がないので,駅の外に自由通路の代わりになるものが必要になる。

140103-171333
 駅の東西を結ぶ地下道のエレベータのボタン。エレベータのボタンなんぞに迷った記憶は無いが(目的の絵階が何階だったか迷ったことはある),早送り・巻き戻しボタンのようなこの配置にはびっくり。両脇の電源スイッチみたいなのは何なのだろう?(1F-BFの“1”だけど,一瞬では把握できなかった……)
 ツッコミどころ多すぎ。「開」ボタンが二つあるが,正面側で背面側の「開」ボタンを押したらどうなるんだろう……とか。

140103-171557
 東口側のJR・近鉄・伊勢鉄道共用改札。

140103-184355
 今晩の宿からの夜景。ネット予約でオーシャンビューの部屋を予約したのだったが,ゆっくり晩飯を食っていたら,すっかり暗くなってしまって海は見えず。遠くに,対岸の知多半島の灯りがかすかに見える。

140103-184441

鈴鹿市神戸

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 or iPhone 5s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋から近鉄電車で鈴鹿へ

 伊勢神宮方面に向かうことを決めて,津駅前に今晩の宿を確保した(iPhoneでネット予約……楽ちんな時代になったものだ)ものの,津に行くまでにどこの町を見て回るか考えていなかった。どうしよう……

140103-120647
 近鉄名古屋駅のホーム。とりあえず普通列車(各駅停車)の白塚行きに乗り込み,電車の中で行き先を考えることにする。

140103-122642
 近鉄蟹江駅に停車中。
 近鉄の普通列車は優等列車にバンバン抜かれるため,走っている時間よりも停車時間のほうが長いんじゃないかと思うぐらい停まる。そのおかげで車内はがらがら。おかげで,ゆっくりと行き先を検討することができる。

 どこの町を歩くか考えるときに参考にするのは,私の場合,もっぱら国土地理院の地形図に近い電子国土基本図。iPhoneのFieldAccessというアプリを使用して見ている(その後のアップデートによってFieldAccessの標準の地図が,電子国土基本図ではなく新しい地理院地図になってしまって,少し残念)。

国土地理院 近鉄蟹江
 たとえば,近鉄蟹江駅付近の電子国土基本図はこのようになっている。ほら,ひと目で歩きたくなる範囲がわかる。紙の国土地理院二万五千分の一地形図ならもっと見やすいんだが,贅沢は言えない。

 同じエリアをGoogleマップで表示すると次のようになる。

Googleマップ 近鉄蟹江
 Googleマップは情報の表示が平板でメリハリがなく,残念ながら街歩きをするのには適していないように感じる。さらに言えば,以前よりもそれがひどくなっているように思う。

 近鉄蟹江駅で下車して,駅の周辺を歩くことに決めたとする。その場合,Googleマップはさらに拡大表示ができて,家屋の密集具合や路地の様子まで表示することができるので,国土地理院の電子国土基本図よりも有利になる。

Googleマップ近鉄蟹江駅前
 Googleマップで近鉄蟹江駅付近を拡大したところ。これはこれで大変ありがたい地図だが,私が街歩きに愛用しているのはマピオンだ(iPhone 5sでよく落ちるのが玉に瑕)。

マピオン近鉄蟹江駅前
 同じ近鉄蟹江駅付近のマピオンの表示がこれ。明らかに見やすい。また,駅前の細い路地にある商店街の様子も目に浮かんでくる感じだし,川沿いの甘強酒造の酒蔵の配置までよくわかる。

 マピオンは日本で設立された電子地図サービス会社だけあって,クルマ社会先進国でカーナビ由来の地図を元にしている(と思われる)Googleマップとは違って,公共交通機関+徒歩での移動にも目線が行き届いているように感じる。その道路がバス路線かどうかの表示もある。

 どちらも基本情報にはゼンリンの地図データを使用しているのだが,たとえば日本の住居表示に多い街区方式に対応しているマピオン(街区が色分けされている)に対して,Googleマップは欧米に多い道路方式(住所が○○通り,※※通りとなっているやつ)を念頭に作られているんじゃないかと思われ,地区の境界線には無頓着だ。

 で,電車の中で検討して,歩いてみたくなったのは近鉄の鈴鹿市駅周辺と白子駅周辺。どちらも鈴鹿市内だ。

140103-134124
 近鉄鈴鹿線に乗り換えるため,伊勢若松駅で普通列車白塚行きを降りる。

140103-161335
 伊勢若松駅の跨線橋で見た乗り換え案内。近鉄の駅の案内板が“津 大阪 神戸 賢島 方面”という表記になっていて,神戸が紛れもなく“KOBE”であることから,近鉄の神戸方面への特急列車運転延伸の本気度が伝わってきた。
 Twitter・Instagramでこの写真のことをつぶやいたところ,伊賀線が乗り入れる伊賀神戸(いがかんべ)駅のことではないかとコメントが付いて,なるほどと思ったが,でも“いがかんべ”駅と間違えることはなかんべ……

140103-134300
 近鉄鈴鹿線の平田町・鈴鹿市駅方面は4番線。
 鈴鹿市は1942年に合併してできた市で,その中心となったのは神戸(かんべ)藩の城下町だった神戸町と白子町だったりするから,なおさら面白い。これから向かう鈴鹿市の中心駅である鈴鹿市駅(利用客は近鉄名古屋線の白子駅のほうが多い)は,1963年までは伊勢神戸(いせかんべ)駅であり,近鉄鈴鹿線も同じ1963年までは神戸線という名称だったのだ。

 先ほどの“津 大阪 神戸 賢島 方面”の表記も,1963年までは伊勢若松駅から分岐するのは神戸線であり,その終点が伊勢神戸駅だったわけだから,兵庫県の神戸ではなく伊勢神戸のことではないか……という説も成り立つことになる。

140103-134615
 そうこうしているうちに,伊勢若松駅の4番線ホームに,平田町からの鈴鹿線の電車(伊勢若松行き)が入ってきた。鈴鹿線の電車は伊勢若松駅〜平田町駅間を折返し運転しているようだ。

140103-134631
 鈴鹿線の電車に貼られた「2014.3.7 あべのハルカス GRAND OPEN!」。東日本の人間が考えるよりはるかに,三重県は関西地方なのだと思う。

140103-134759
 1番線に停まる電車の一番後ろの車両だけがラッピングされている。よく見ると『縁博みえ2014』の文字が見える。緑博かと思いきや縁博(えんぱく)。
 よくわからないので検索してみたが,『2014年県民力拡大プロジェクト 縁博みえ2014』の本家サイトを見ても,“「美し国おこし・三重」が応援してきた県民の皆さんの地域づくり活動。その成果を県内外にアピールし、新たな時代に向かって拡大をめざす、それが県民力拡大プロジェクトです”としか書かれていなくて,う〜む……

140103-135324
 鈴鹿線の電車の中。電車はワンマン運転で,運賃箱が運転席のドアのところについている。

140103-135625
 鈴鹿市駅で下車する。

140103-135732
 鈴鹿線は全線単線だが,鈴鹿市駅は2面2線で構内踏切がある。

140103-135845
 鈴鹿市駅の改札を出る。そこそこ立派な駅ビルがあるのだが,テナントが撤退し,空きビルになってしまっている。

 ── Canon PowerShot S100 or iPhone 5s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋綜合市城門の門は開かず……

140103113454

名古屋綜合市城門の門は開かず……


 1月3日,名古屋の朝。名古屋駅までぶらぶら歩く。

140103-105232
 広小路通の納屋橋東交差点。右側は堀川に沿った木挽町通。納屋橋の袂にレンガ造り風の旧加藤商会ビルがある。タイ国旗があるところを見ると,1階はタイ料理の店が入っているようだ。

140103-105303
 堀川に架かる納屋橋から納屋橋西,柳橋交差点方向を見る。

140103-110035
 名駅五丁目の津島神社かいわい。

140103-110140
 名駅五丁目を西柳町交差点方向へ……

140103-110232
 錦通の西柳町交差点。上を通るのは名古屋高速都心環状線。西柳町交差点には名駅と錦橋の出入り口がある。

140103-110641
 柳橋中央市場(西柳錦商店街)のアーチ。ここから名古屋駅東南側の名駅四丁目には,柳橋中央市場が広がっている。

140103-110744
 第二綜合市場ビル,柳橋中央・東食品市場……

140103-110850
 綜合市場ビルが見えてきた。その奥に見えるのは名古屋駅のJRセントラルタワーズ。

140103-110945
 名古屋綜合市場ビル。問屋スーパー丸一,海苔丸一,そして大衆食堂魚源などが並んでいる。が,どこもシャッターが閉まったまま。Googleで検索してみたら,柳橋中央市場全体が1月4日まで休場だった。残念。

140103-111013
 名古屋綜合市場ビルの南側にある柳橋食品ビル。

140103-111039
 柳橋食品ビルの前から北に続く通りを見る。

140103-111139
 右側が名古屋綜合市場ビル。その向こうには柳橋中央市場水産ビルが見える。

140103-111251
 大衆食堂魚源。市場の中で早めの昼飯を食べようと思っていたので,市場が休場でがっかり。

140103-111338
 マル中食品センタービル。

140103-111408
 尾毛多セコ代・柳橋市場店。変な名前の店だ。何と読むのだろうと考えてみたが,ひょっとしたら右から読む?

140103-111438
 マル中食品センタービル前にある平井青果の前から南側を見る。

140103-111515
 東側の通り。柳橋中央市場西柳錦商店街のアーチがある。

140103-111641
 西側の通り。

140103-111713
 海藻類専門卸の木村昆布。

140103-111713
 柳橋中央市場の東側には名古屋市立笹島小学校・笹島中学校がある。小中一貫教育校らしい。

140103-111838
 丸魚卸売市場。

140103-111919

140103-112016
 肉のヤマトの前。

140103-112133
 煮豆・惣菜・佃煮・漬物・卸売の山甚…やま志゛ん佃煮。

140103-112211
 丸五庖丁店。

140103-112301
 奥のビルは名古屋クロスコートタワー。
 水平がとれるように注意して撮っているが,なんだか右側が下がっているように見えてしまう。

140103-112352
 笹島小学校・中学校側を振り返る。

140103-112537

140103-112723
 名古屋綜合市場ビルの西側の通り。

140103-112854
 左側は柳橋中央市場水産ビル。

140103-112945
 そして名古屋綜合市門。残念ながらシャッターが閉まっている。

140103-113019
 シャッターの隙間から中を見る。

140103-113207

140103-113602
 名古屋綜合市場ビルの南側。突き当たりの錦通(名古屋高速都心環状線名駅ランプ)との交差点が西柳公園東交差点。

140103-113634
 名古屋綜合市場ビルの南側,愛三ビルとの間の通り。

140103-114052
 西柳公園東交差点から柳橋中央市場水産ビル方向を振り返る。

140103-114131
 西柳公園東交差点から見た柳橋中央市場のアーチ。

140103-114304
 錦通の名古屋中央市場の街路灯とモード学園スパイラルタワーズ。

140103-114356
 西柳公園の東側にイタリア食堂,食べ処・飲み処にしき,からあげ専門店丸若商店が並んでいる。西柳公園では越冬炊き出しをやっていて,カメラを持ったままでは誤解を受けそうだったので,これ以上先には進まず。

140103-114517
 錦通のミヤコ地下街入口とモード学園スパイラルタワーズ。

140103-115016
 名駅通の名鉄百貨店メンズ館と近鉄百貨店名古屋店(近鉄パッセ)。名鉄名古屋駅と近鉄名古屋駅がある。

140103-115405
 近鉄Pass'eと名鉄百貨店越しに見るJRセントラルタワーズ。

 近鉄名古屋駅でどこに行こうかと考え,ふと伊勢神宮に行ってみたいと思い立つ。ただ,一気に伊勢神宮を目指すのは無粋だから,途中であちこち立ち寄りながら。とりあえず,今晩の宿を三重県の津市に確保して,近鉄の各駅停車に乗り込む……

名古屋綜合市場(柳橋中央市場)

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 or Canon PowerShot S100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木曜日)

「魅力のごった煮」大須商店街 名古屋

140102155153

「魅力のごった煮」大須商店街 名古屋



140102-151933
 名古屋市営地下鉄鶴舞線の上前津駅で下車し,地上に出る。大津通りと大須通りが交差する上前津交差点の角に,いかにも“銀行”といった重厚な2本のイオニア式オーダーの三井住友銀行上前津支店(1931年竣工)がある。その横のつけ麺屋の建物も相当古そう。

140102-152125
 三井住友銀行上前津支店の西隣にある春日神社。

140102-152345
 大須通(岩井通)から新天地通を北へ。この先の東仁王門通との交差点は「ふれあい広場」となっている。が,何かイベントをやっているらしく,人だかりができていたので,西の文珠通りへ。

140102-152459
 文珠通りから仁王門通りに抜ける通り。

140102-152627
 文珠通りを西へ歩くと,二本の文珠小路がある。

140102-152640
 東側の文珠小路。

140102-152706
 西側の文珠小路。

140102-152738
 文珠通りを西側から振り返る。

140102-152807
 裏門前町大通。アーチの先は大須通の裏門前町交差点。

140102-153039
 裏門前町大通を北へ。仁王門通のアーケードが見える。

140102-153153
 文珠通りを引き返して,西側の文珠小路を入る。

140102-153352
 文珠小路。

140102-153527
 東仁王門通商店街の全蓋式アーケード。

140102-153545
 東仁王門通商店街から万松寺通に抜ける通り。

140102-153632
 東仁王門通の東側を見る。

140102-153647
 東仁王門通商店街を東へ。

140102-153720
 東仁王門通から万松寺通に抜ける通り。

140102-153756
 東仁王門通を東へ。ふれあい広場が見えてきた。さっきまでやっていたイベントが終わり,人だかりはなくなっている。

140102-153822
 ふれあい広場。待ち合わせ場所としても使われているらしく,人・人・人……

140102-153955
 少し引き返して,東仁王門通から万松寺通へ。

140102-154105
 花の加納屋の通り。見えてきたアーケードが万松寺通。

140102-154226
 東仁王門通側を振り返る。

140102-154234
 万松寺通との交差点。

140102-154408
 全蓋式アーケードのある万松寺通商店街。人通りが多い。

140102-154506
 万松寺通の西側を見る。

140102-154524
 万松寺通の東側を見る。人通りが凄すぎて,デジカメを掲げて,ノーファインダーで撮る。

140102-154553
 万松寺通商店街の北側に,富士宮やきそば味よし,麺屋誠……等々,食べ物屋が並んでいる路地がある。

140102-154608
 美味そうなにおいが漂う通り。

140102-154731
 万松寺通商店街。

140102-154841
 インパールは,インド・ネパール料理の店。インパール作戦のインパールとは違うらしい。

140102-154935
 新天地通りのアーケードに続いている。

140102-155112

140102-155708

140102-155820
 北へ。

140102-155907
 裏門前町通の東側に平行する通りを北へ。

140102-160012
 とりとり亭。

140102-160201
 塩とんちゃんの「とりとん」の前で道路に転がる子供。

140102-160233
 赤門通に出る。

140102-160337
 赤門通の東側を見る。東京の秋葉原や大阪日本橋と並ぶ電気街の大須は,この赤門通周辺らしい。

140102-160413
 赤門通を西へ。裏門前町通との交差点の信号機は,交差点の真ん中にぶら下がっていて面白い。

140102-160759
 赤門通をさらに西へ。電線専門店もある。「真空管入荷しました」の文字にときめく人も多いことだろう。

140102-161056
 赤門のアーチ。右の第2アメ横ビルにはパーツショップなどが入っている。左には大須ういろ本店がある。

140102-161305
 赤門のアーチ。電気街で「ステップ STEP」の文字を見ると,1990年頃にステップの貼り紙を見たことがある人はときめくに違いない。

140102-161501
 大須本通を南へ。
 ここの少し南側にコメ兵本館とコメ兵ビルがある。愛知県では「いらんモノはコメ兵へ売ろう」というCMが有名だとずいぶん昔に聞かされた記憶があったが,『コメ兵』がこんなに大きな店だとは思わなかった。

140102-161608
 歩道の上にアーケードが付いている大須本通。「本通り」ではなく「本通」とするのは,名古屋の習わしなのだろうか。このブログでの表記は,基本的には写真に写っている名称に準じている。

140102-161904
 矩形のロータリー交差点になっている大須公園の東側。

140102-161921
 大須公園から万松寺通へ。

140102-161936
 万松寺通のアーケード。

140102-162000
 万松寺通のアーケード。南側(写真左)の通りに仁王門湯がある。

140102-162027
 万松寺通商店街。

140102-162426
 万松寺通の西側を見る。

140102-162520
 万松寺通商店街。

140102-162734
 万松寺通のコメ兵本館。

140102-162934
 門前町通の万松寺通本町交差点をはさんで,万松寺通は大須観音通りとなる。大須観音通りにも全蓋式のアーケードが付いている。

140102-163317
 万松寺通から仁王門通に抜ける細い路地。

140102-163446
 万松寺通から仁王門通に抜ける細い路地。

140102-163538
 東仁王門通り商店街。

140102-163617
 東仁王門通りの西側は,門前町通の仁王門通本町交差点を挟んで仁王門通となる。

140102-163635
 東仁王門通り商店街。「日本のど真ん中 名古屋のど真ん中 大須東仁王門通り商店街」と,これでもかというほどたくさんの垂れ幕が掲げられている。

140102-163821
 東仁王門通商店街の「迎春」。東仁王門通りと東仁王門通,どちらも混在していて,地元の方もあまり違いを気にしていないようだ。

140102-164215
 仁王門通はアーケードの改修中。

140102-164252
 門前町通の大須交差点方向を見る。

140102-164318
 仁王門通本町交差点から東仁王門通商店街を振り返る。

140102-164412
 仁王門通商店街。

140102-164714
 大須仁王門通商店街を西へ。アーケードが改修中なので,薄暗い感じだ。

140102-164724
 トルネードポテト?

140102-164741
 大須仁王門通商店街。

140102-164807

140102-165031
 大須仁王門通の南側。古本や猫飛横丁……

140102-165044
 七月うまれのカフェふづき……

140102-165529
 大須仁王門通商店街に戻る。

140102-165547
 せんべい朝日軒。

140102-170004
 大須仁王門通のアーケードの西端。長い行列ができている。

140102-170112
 宝生院大須観音の仁王門に行列が続いている。新春開運初護摩祈祷会に並んでいるらしい。

140102-170554
 大須観音。

140102-170621
 表参道。表参道だけど,あまり「表」という感じではない。

140102-170918
 伏見通に面した大須観音の西門。

大須観音

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リニモ初乗車

140102140402

リニモ初乗車


 岡崎市松本町の松應寺横丁を見て回った後,iPhoneで今晩の宿を名古屋に確保。名古屋駅から少し離れるが,前にも泊まったことがあるビジネスホテルなので安心だ。どうやって名古屋まで行くかはまだ決めていないが,ホテルにチェックインする前に大須観音周辺を歩いてみようとは思う。

140102-122824
 能見町バス停から,東岡崎・JR岡崎方面のバスに乗る。

 バスの行き先は「東岡崎」「(東岡崎経由)岡崎駅前」「(東岡崎,岡崎駅前経由)福岡町」の三種類。名古屋に向かうには,東岡崎から名鉄,JR岡崎からJR東海道線,どちらでも問題ない。次にやってきたバスが,東岡崎行きなら東岡崎へ,岡崎駅前行きか福岡町行きならJR岡崎駅へ向かうことにする。

 やってきたバスは福岡町行きだった。

140102-123725
 東岡崎のバスターミナルを経由する。

140102-123755
 岡崎市の中心となる東岡崎駅でほとんどの乗客が下車するのかと思ったら,意外にも乗り続ける人が多かった。

 名鉄よりもJRを利用する人が増えているのが原因だと思いきや,そうではなくて,イオンモール岡崎がある岡崎警察署前・戸崎新町や,岡崎市シビックセンターや公共施設の多い羽根町で下車する人が多いようだ。

140102-125457
 岡崎駅前のバスターミナルで下車する。

140102-130112
 JR東海道線に乗るつもりだったが,地図を見ていたら,愛知環状鉄道の篠原駅の近くにある集落を歩いてみたくなり,昨日も乗車した愛知環状鉄道の切符を買う。

 愛知環状鉄道の電車は北野桝塚駅止まり。北野桝塚はどのへんかわからないが,豊田市の先あたりまで行くのかと思ったら,岡崎からわずか5つめの駅で,まだ岡崎市内だった。どうやらそこに車庫があるらしい。
 次の電車を待っても,結局同じ電車に乗り換えることになるし,座れないほど混雑するわけじゃないので,とりあえず北野桝塚駅まで乗る。

140102-132554
 北野桝塚で次の電車を待つことになると思ったら,北野桝塚始発の電車がホームの反対側に停車していた。いわゆる車両交換だった。ちゃんとアナウンスを聞いてない俺……

140102-133142
 三河豊田駅のホーム。駅の隣に三角屋根のトヨタ自動車本社工場がある。車窓から見えるのは,見渡す限りのトヨタ自動車の工場だ。豊田市内には同規模のトヨタの工場が何か所もあるんだから驚く。

140102-134019
 愛環梅坪駅付近。水平が取れていないように見えるが,カメラはできるだけ水平になるようにしている。奥に見える高架線は名鉄豊田線で,高架線になっている愛知環状鉄道のさらに上をオーバークロスするため,目に見えるほどの急勾配になっている。

140102-135426
 下車して見ようと思っていた篠原駅近くの集落は,電車の中から見て,想像していたほど魅力を感じなかったので,次の八草駅まで乗って下車した。

140102-135934
 八草駅には愛知高速交通東部丘陵線(リニモ=HSST式の磁気浮上式鉄道)が乗り入れている。

140102-140401
 リニモ(Linimo)の八草駅は終端の駅で,到着した列車は,乗客を降ろした後で一旦引き上げ線に入り,折り返してホームに入ってくる。リニモはATOによる無人運転をしているので,折返し時に運転士が車両の前後を移動する必要がないとはいえ,何か無駄なことをしているようにも見える。

140102-140440
 愛知高速交通東部丘陵線八草(愛知工業大学前)駅のホーム。

140102-140601
 リニモの車内。乗客は……いない。愛知万博閉幕後は経営状況が非常に厳しいとは聞いていたが……

140102-140641
 八草駅前。愛知環状鉄道と愛知高速交通(リニモ)の乗り換え駅だが,駅周辺は山林がほとんどだ。

140102-140629
 乗客が他に誰もいないので,前面かぶりつき放題。


 八草駅〜公園西駅。

140102-142932
 藤が丘駅で地下鉄東山線に乗り換えて名古屋へ。

140102-143430
 地下鉄東山線藤が丘駅のホームに高畑行きの電車が入ってきた。

140102-151402
 地下鉄を乗り継いで上前津駅へ。ここから大須の繁華街を歩くことにする。

 どうでもいいけど,名古屋の地下鉄の地図は,東西南北が上下左右バラバラでわかりにくいぞ……

 ── Canon PowerShot S100 or iPhone 5s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつての花街 岡崎市松本町 松應寺横丁

140102114603

かつての花街 岡崎市松本町 松應寺横丁



140102-082105
 中岡崎の朝。板屋町の横を名鉄本線の電車が駆け抜ける。

140102-082326
 南西側を見ると,愛知環状鉄道の電車が乙川を渡るのも見える。
 眼下には名鉄本線の岡崎公園前駅のホームがある。

140102-082639
 岡崎城がある岡崎公園を見る。岡崎城の真後ろに,岡崎城よりも大きなS・A・キャッスル岡崎パークタワービル?が見えるため,岡崎城がまったく目立たない。どちらもキャッスルだからしかたがないか……

140102-104558
 板屋町を通って,岡崎公園方向へ。

140102-104735
 板屋本通りの板屋稲荷神社。

140102-104757
 板屋本通り。板屋町を南北に貫く広い通り。かつて遊郭だったころは大門があったかもしれない。それにしても,ラブホテルのやんちゃ貴族大使館は目立っている。

140102-104809
 板屋本通りの北側を振り返る。左側が板屋稲荷神社。

140102-105352
 岡崎公園の岡崎城。手前は伊賀川。

140102-105652
 伊賀川に架かり,岡崎公園とを結ぶ坂谷橋の袂。

140102-105854
 康生町の新田白山神社。徳川家康公御氏神。徳川家康が厄除け開運祈願のため,上州の新田郡三日月村から……と言えば木枯し紋次郎──上州の新田郡から勧請したものだという。

140102-111411
 魚町の白山神社。大きなムクノキ「白山神社の大むく」がある。ちなみに,新田白山神社には大きなクスノキ「白山神社の大くす」がある。

140102-112013
 魚町一丁目から白山神社を振り返る。突き当たりが白山神社。左側は弘法大師の碑がある徳實院。

140102-112217
 材木町三丁目。

140102-113151
 松本町一丁目のスナック街。突き当たりは能見通一丁目交差点。

140102-113202
 松本町一丁目を北へ。

140102-113253
 剣菱の看板がある蛇の目鮨の横に四つの菱。

140102-113350
 正面にも蛇の目鮨が見えてきた。さっきのは旧店舗なのかな。

140102-113431
 松本観音浄誓院。

140102-113508
 松應寺の門前に木造アーケードの松應寺横丁がある。

140102-113523
 アーケードの前から東側を見る。

140102-113549
 松應寺横丁の入口。

140102-113602
 松應寺横丁のアーケードの前から西側を見る。

140102-113818
 松應寺横丁のアーケード。

140102-114016
 松應寺横丁。

140102-114102
 店を閉めてからだいぶ経つところが多いようだ。

 徳川家康の父広忠の墓がある松應寺の周辺は,昭和の中頃まで,置屋や小料理屋が並ぶ三河地方有数の花街として賑わっていたという。現在は寂れてしまったが,数年前に「松應寺横丁にぎわいプロジェクト」が,空き家を利用して松應寺横丁にぎわい市を定期的に開催しているという。

140102-114328
 松應寺横丁のアーケードの西側にある太子堂への路地。

140102-114516
 太子堂の前。人が集まれるようになっている。「にぎわい市」のときには賑わうのだろう。

140102-114613
 太子堂の前からアーケードのほうをみる。二階の手すりにときめく。

140102-114640
 左が太子堂。

140102-114802
 太子堂の横から……

140102-114825

140102-114908

140102-115024
 松應寺の前,スナック「琥珀」。

140102-115109
 松應寺横丁を振り返る。KIMONO YUAN SINCE 2011の垂れ幕。

140102-115124
 松應寺。桶狭間の合戦後,岡崎城主となった徳川家康が,父の菩提を弔うために建立した寺だという。

140102-115232
 鐘楼。松應寺の梵鐘は文化的な価値が高いとして,大東亜戦争中に供出を免れたという。
 2015年は徳川家康没後400年にあたるということで,家康公四百年祭が岡崎市・静岡市・浜松市などで計画されている。

140102-115432

140102-115438

140102-115504
 松應寺の前から松應寺横丁のアーケードを見る。

140102-115527
 西側に続く路地。

140102-115603

140102-115725
 西へ。

140102-115755
 太子堂の前に抜けられる。

140102-115827
 太子堂の前。

140102-115917

140102-115938

140102-120053
 松應寺の門前らしく,松模様の窓……

140102-120106

140102-120140
 西側から松應寺側を振り返る。

140102-120157
 元能見町の商店街。

140102-120306
 道路の左側が元能見町,右が松本町二丁目。

140102-120738
 能見不動尊前から中橋に続く元能見町の通り。

140102-120819
 東側の突き当たりに能見不動尊貞寿寺がある。

140102-121016
 松應寺の北側の路地(松本町二丁目)。

140102-121026
 松本町二丁目。地図には建物が描かれているが,すっかり更地になっている。

140102-121317
 松本町二丁目の八百憲商店。正面の路地の右側は能見町となる。

140102-122129
 松本町二丁目の喫茶けどが〜,右は能見通二丁目の元コーヒーショップ。

140102-122158
 新鍋田屋と喫茶けどが〜の前の交差点。

140102-122230
 新鍋田屋と喫茶けどが〜の交差点の前から松應寺横丁のアーケード南側を見る。

140102-122441
 能見通りの能見通二丁目交差点へ。

140102-122451
 能見町の能見通りの能見中発展会商店街。

140102-122624
 能見通一丁目の第三銀行岡崎支店。

140102-122712
 名鉄バスの能見町バス停。

140102-122751
 能見町の能見中発展会商店街。

 能見町バス停からバスに乗って岡崎駅に向かう。

岡崎市 松應寺横丁

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

【参考】
2011年5月1日 (日曜日):八丁味噌の故郷 岡崎の街を歩く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水曜日)

新居関と新居宿 湖西市新居町

140101145727edit

新居関と新居宿 湖西市新居町



140101-133113
 弁天島から東海道本線の下り列車に乗り,隣の新居町駅で途中下車する。地名は「あらいちょう」なのに,駅名は「あらいまち」となっている。また,他に新居駅が存在するわけでもないのに,なぜか新居「町」駅となっている不思議な駅である。

140101-134000
 新居町駅から西へ歩き,栄町交差点の西の洲崎橋から南の浜名川を見る。このあたりは川が入り組んでいて,船溜まりになっている。

140101-134100
 洲崎橋から浜名川の北側を見る。

140101-134127
 洲崎橋は1962年(昭和37年)3月竣工。

140101-134206
 浜名川の船溜まり横を西へ。

140101-134428

140101-134732
 奥に見えるのが洲崎橋。

140101-134816
 浜名橋の袂から洲崎橋を見る。

140101-135117
 浜名橋の袂から国道301号線の新居関所跡方向を見る。

140101-135126
 国道301号線。

140101-135332
 国道301号線を西へ。新居関所跡の看板が見えてきた。

140101-135613
 国道301号線の南側の路地を入り,生花利休の前へ。

140101-135634

140101-135703
 洲崎橋方向を振り返る。

140101-135751
 洲崎橋から続く通りの海産物・うなぎのやまへい。

140101-140127
 西側の船町の家並み。

140101-140245
 北の国道301号線に戻り,新居関所跡の前に出る。拡幅工事の真っ最中。

140101-140320
 新居関所跡。東海道五十三次の31番目の新居宿と東の舞阪宿の間は今切の渡しで結ばれていたこともあって,新居関は陸と海の関所になっていたらしい。

140101-140451
 新居関所跡。

140101-141004
 新居関所跡の西側,国道301号線の泉町の家並み。

140101-141231
 新居宿の名残り,旅籠紀伊國屋。現在は資料館になっている。

140101-141444
 泉町交差点の丁字路。本陣跡だが,建物は残っていない。旧東海道が仲町発展会商店街になっている。

140101-141515
 仲町発展会商店街から洲崎橋に続く通りを見る。

140101-141623
 仲町発展会商店街の「肉は鳥初」の前から泉町交差点方向を見る。

140101-141709
 旧東海道の仲町発展会商店街。店の数が減ってしまって,商店街という雰囲気ではなくなっている。

140101-141735
 かきこや仲町店。

140101-141748
 かきこや仲町店の前から旧東海道を見る。

140101-141920
 かきこや仲町店。

140101-142231
 新居中学校入口。

140101-142417
 テーラースギヤマの前を東へ。

140101-142534

140101-142545
 町内を通る路地を,地元では小路(しょうな)と呼ぶという。

140101-142605
 俵町の家並み。

140101-142629
 みどり湯の煙突。

140101-142755
 120年の歴史を持つ銭湯,みどり湯。

140101-143032
 みどり湯。

140101-143144
 少し東へ歩き西側を振り返る。右側がみどり湯。

140101-143239

140101-143309
 中田町の五叉路(東側)。

140101-143516
 中田町の五叉路(北側)。

140101-143532
 中田町の五叉路。あずま寿司とミナト電器。

140101-143645

140101-143757
 船町常夜灯の前あたり。

140101-143835
 船囲い場跡の小さな広場。

140101-143927
 船囲い場跡の南側。

140101-144030

140101-144137
 船囲い場跡の南側。

140101-144322
 後で地図を見ると,もう少し南に歩けば新居町内山の船溜まりがあったのだが,ここで引き返してしまった。

140101-144641

140101-144859
 船囲い場跡の碑が立つ。
 宿場と今切関所が現在地に移転した頃には,このあたりまで入江になっていて,渡船用の船が常時120艘も配置されていたという。
 ここから東側は明治になってから埋め立てられたらしい。

140101-145016
 船囲い場跡の広場。

140101-145225
 新居町駅に引き返す。

140101-145822
 浜名橋と洲崎橋の間の船溜まり。

140101-145921

140101-161240
 新居町駅から東海道本線の下り列車に乗って岡崎で下車する。一昨日買った切符は岡崎行き。ここで下車すると,自動改札機に切符が吸い込まれることになる。

140101-161621
 JR岡崎駅東口。人口約37万人の岡崎市の中心市街地は,JR岡崎駅周辺ではなく名鉄名古屋本線の東岡崎駅周辺にあるため,JR岡崎駅の周辺は閑散としている。とはいえ,岡崎駅が設置されたのは1888年(明治21年)と古く,中心市街地までを路面電車の名鉄岡崎市内線が結んでいた時代もあり,もう少し岡崎駅周辺に商業集積があってもよさそうなものだが……

140101-161835
 岡崎駅東口。

140101-161850
 岡崎駅東口のバスターミナル。

140101-162322
 岡崎駅から第三セクター鉄道の愛知環状鉄道に乗り,今日の宿の最寄り駅である中岡崎駅に向かう。

140101-163044
 中岡崎駅に到着。
 愛知環状鉄道は,元の国鉄岡多線(岡崎と多治見を結ぶ複線路線として計画され,岡崎〜新豊田間が開業した)を転換した路線で,第三セクター鉄道とは言え全線電化で複線高架区間も多い。

140101-163232
 中岡崎駅の東口には名鉄名古屋本線の岡崎公園前駅がある。

140101-163915
 中岡崎駅の西口。築堤を走る名鉄名古屋本線の上を通るため,愛知環状鉄道の高架線は非常に高いところを通っている。

140101-164135
 八丁味噌の故郷,八丁蔵通り。

140101-164326
 国道248号線の中岡崎町交差点へ……

140101-170259
 今晩のホテルから板屋町を俯瞰する。煌々と光るのはファッションホテルやんちゃ貴族大使館。板屋町はかつての遊郭……岡崎女郎衆の街である。

140101-170935
 東側を見ると,岡崎公園の緑に囲まれた岡崎城が見える。

新居町

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜名湖の弁天島

140101130435

浜名湖の弁天島



140101-121506
 浜松から東海道本線の下り電車に乗り,弁天島駅で途中下車する。通りがかるたびに広いホームが気になっていたが,実際に下車して見ると,思っていたよりもさらに広い。

140101-121703
 ホームにある改札を出てから,駅の外に向かう階段を下りる。
 海水浴(湖水浴?)シーズンに,混雑する乗降客をさばくために広いホームが作られたという説もあるようだが,階段や通路は狭く,簡単にボトルネックになりそう。

140101-121807
 狭い通路を抜けて弁天島駅前へ。

140101-121850
 弁天島駅。

140101-122400
 弁天島海浜公園ターミナルへ。

140101-122516
 弁天島の砂州に弁天島温泉という鉱泉があり,かつては温泉地として賑わったという。現在はリゾートマンションが建っている。

140101-122858
 弁天島海浜公園。夏は海水浴(湖水浴)客で賑わうらしい。

140101-123153
 鳥居のかたちをした弁天島シンボルタワー。その奥に見えるのは国道1号線浜名バイパスの浜名大橋。

140101-123858
 東海道本線・東海道新幹線のガードをくぐり蓬莱橋へ。

140101-123933
 蓬莱橋を渡り,蓬莱園へ。弁天島周辺の島「夢の七島」はすべて人工的なものだと思われ,弁天島以外の島は「島」ではなく,蓬莱園・千鳥園・渚園・観月園・乙女園のように「園」とつけられている。あれっ,七つないぞ……

140101-124039

140101-124123
 蓬莱園の横を東海道新幹線が走る。

140101-124159
 釣り船というより,潮干狩りがメインなのかも。

140101-124259
 蓬莱園。

140101-124331
 蓬莱橋の東側。弁天島マリーナ。

140101-124402

140101-124709
 蓬莱園から蓬莱橋を振り返る。

140101-124907

140101-125024
 蓬莱園のかもめばしから南側の梢橋を見る。

140101-125242

140101-125559
 新幹線が速すぎて,EVFでは思い通りに撮れない……

140101-125607
 蓬莱橋の横を新幹線が走り去る。

140101-130838
 弁天島駅に戻る。

浜名湖弁天島

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松の飲み屋街 千歳町[後道]

140101112357

浜松の飲み屋街 千歳町[後道]



 浜松の飲み屋街である千歳町をぶらつきながら,浜松駅に向かう。

140101-105105
 浜松郵便局の前からJR浜松駅北口交差点〜アクトシティ浜松を見る。

 ここは浜松駅前であり,もう少し賑わいがあっても良さそうな立地だが,歩行者はほとんどいない。それもそのはず,ここから見える範囲に横断歩道はなく,歩行者は地下道を歩かされる。歩きながらショッピングするような街にはなっていない。JR浜松駅前に,いきなり「郊外」の雰囲気がある街づくりがなされている。

140101-105217
 鍛治町の交差点。右は田町中央通り。かつて浜松駅が南側へ後退する前は,このかじ町通りが駅前通りだったところで,両側に街一番の繁華街を抱えたメインストリートだった。かつては松菱百貨店もあった。
 松菱百貨店がなくなったと思ったら,スクランブル交差点に変更されている。車優先が徹底しているように感じた浜松でも,やればできるんだ,と思った。10年遅いとは思うが……

140101-105236
 かじ町通り。浜松駅前では自動車専用道路のようになってしまっているが,さすがに鍛治町・肴町の間には横断歩道が設けられている。

140101-105304
 更地になった松菱百貨店跡地。一時は大丸出店が決まっていたはずだが,その後,どうなってしまったのだろうか……

140101-105436
 松菱通り。

140101-105612
 松菱通りからザザシティ浜松に抜ける通り。

140101-110019
 松菱通り。東側に平行して遠州鉄道の高架線が通っている。

140101-110207
 モール街(ライブモール商店街)。旧松菱新館とザザシティ中央館を結ぶ連絡通路が残っている。

140101-110250
 モール街。

140101-110312
 モール街(ジョイフルモール商店街)を南へ。

140101-110552
 モール街。

140101-110631
 千歳町の飲み屋街へ。

140101-110745
 千歳町の西側を見る。突き当たりに見えるのはザザシティ浜松の駐車場。
 千歳町は浜松城の武家屋敷があったところで,東海道筋の後ろ側という意味で「後道(うしろみち)」と呼ばれていたという。

140101-110915
 千歳中通り。正面にザザシティ浜松中央館が見える。

140101-111012

140101-111107
 千歳町は,浜松に駅ができ,駅前通りだった鍛治町通りを中心に町が発展した際に,歓楽街として形成された。肴町や千歳町,元浜町には芸妓屋も多かったという。

 浜松の遊郭として,西のはずれにある鴨江(二葉)遊郭が有名だが,鴨江が賑わったのは,堀留運河による水運と国鉄浜松工場(1912年創業)の影響が大きいと思われる。

140101-111226

140101-111322
 千歳町の東側を振り返る。

140101-111618
 千歳中通り。

140101-111650
 千歳中通りを南へ。

140101-111748
 袋小路好きには堪らない一郭。

140101-111911
 千歳中通り。

140101-112035
 千歳中通りを南へ。

140101-112811
 千歳町を西へ。

140101-112847
 千歳町を西へ。落ちついた感じの店が多い。

140101-113012
 SM Pub……Snack Manila。

140101-113043
 東側を振り返る。

140101-113106
 完全明朗会計40分10,000円。

140101-113138
 中央柳通り。以前見たときには路上駐車の車がびっしり並んでいた印象があったが,それが一掃されている。

140101-113228
 ザザシティ浜松の中央館と西館を結ぶ通路が見える。
 どうでもいいけど,福島県の方言で「ざざんぼ」というのは葬式のことである。

140101-113327
 中央柳通り。

140101-113357
 中央柳通り。ザザシティ浜松の中央館と西館を結ぶ通路が見える。

140101-113538
 中央柳通りの南側を見る。

140101-113631
 中央柳通り。

140101-113745
 平田通りに出る。

140101-113817
 平田通り。

140101-113912
 平田通り。

140101-113943
 平田通りから南に延びる末広通商店街。

140101-114203
 平田通りからモール街(ジョイフルモール商店街)へ。

140101-114343
 モール街。

140101-114407
 モール街のPLAY BOY。そっくり過ぎるんですけど……大丈夫?

140101-114516
 モール街(ジョイフルモール商店街)。

140101-114631
 ラーメンこぼれてるよ……

140101-114755
 R92ビル。

140101-114843
 遠州鉄道新浜松駅へ。

140101-115113
 遠鉄百貨店のギャラリーモール「ソラモ」……

140101-115214
 遠州鉄道新浜松駅。電車が見えるようにすればいいのに……

140101-115316
 浜松駅の駅ビル「メイワン(MAY-ONE)」。名鉄の「メイ」かと思った……

140101-120009
 浜名湖花博2014を宣伝する「家康くん」。10年ぐらい前にも花博をやって,失敗してなかったっけ?……程度の感想しかない。花博って,よっぽどおいしい商売なのかな。人工的に花がたくさん咲いていても,あまり魅力を感じない感性貧弱な俺のほうが間違っているんだろうけど……

浜松市千歳町

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

【参考】
2004年7月17日 (土曜日):猛暑の中,静岡県浜松市へ
2008年12月30日 (火曜日):浜松サザンクロス商店街とサッポロ街
2009年9月20日 (日曜日):政令指定都市浜松市の有楽街・肴町通り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »