« 沼津 三園小路 | トップページ | 志太と益津の郡境 藤枝宿 藤枝市 »

2013年12月31日 (火曜日)

駅南銀座商店街 静岡

 沼津駅で乗り込んだ東海道本線の静岡行きは,私が車内に入った時点で,立っている人同士がふれ合うほどの満員状態だった。大きな荷物を持っている人も多く,息苦しく感じるほどだ。
 電車が動き出してからは,早くこの状態から抜け出したく,吉原で下車して岳南鉄道に乗りに行こうか,富士駅で下車して駅前の商店街を見て回るか,蒲原か由比で旧東海道を見て回るか……などと,すぐに途中下車することばかり考えていた。
 しかし,幸運なことに,沼津から一つ目の片浜駅でちょうど目の前に座っていた方が下車し,周囲を見回したところ私よりも年寄りは見当たらず,遠慮せずに座ることができてしまった。

 となると,先ほどまで考えていたプランはすべて却下。人間は楽をしたい生きものである。そして私は楽をしたい年頃だ。そのまま電車の終点である静岡駅まで座って移動することに作戦変更。♪身軽なとこは私のいいとこ〜(『春に吹かれて』作詞:阿木燿子,歌:山口百恵)

131231-124220
 静岡駅で途中下車し,南口側に出る。
 商店街を見て回るならば,街の中心である北口側に出るべきところを,あえて南口を選んだのにはわけがある。
 そのわけとは……
 私がまだ学生をやっていた頃,NHK教育テレビの夕方の時間帯(時間帯は何度か変わっていた記憶もある)に,『商店経営』だったか『商業専科』という名前の番組があった。その中には「話題の商店街」というコーナーがあって,全国各地の具体的な商店街をひとつ取り上げ,近隣商店街との関係や核店舗の位置,買い物客の流れの分析,過去から現在までの商店街の位置づけの推移……などを淡々と取り上げていて,昨今の商店街歩き=食べ歩きみたいな番組とは一線を画す,とても硬派な番組づくりが大好きだったのだ。

「話題の商店街」で取り上げられていたのは,パッと思いつくだけでも,盛岡市の肴町商店街と川徳百貨店の移転の関係,鳥取市の鳥取本通商店街と若桜街道商店街,宮崎市の分散する商店街……等々があり,そしてこの静岡市の駅南銀座商店街もそのひとつだ。

 30年も前の番組なので,内容はほとんど覚えていないし,商店街のほうも大きく変わってしまっただろう。でも,私の商店街歩きの原点のひとつとも言える商店街を歩いてみたいと思う。

131231-124539
 静岡駅南口。

131231-124748
 JR東海静岡支社ビルの裏側の五叉路。「しぞーかグルメ」駅南酒場。静岡駅からここまでで,既に何か所にも「しぞーか」という表示を見た。「しぞーか」で街おこしでもしようとしているのかな。

131231-125032

131231-125128
 静岡駅南口方向を振り返る。5階建ての建物がJR東海静岡支社ビル。

131231-125203
 駅南銀座商店街のメインストリート。

131231-125552
 駅南銀座商店街の北の端,東海道新幹線の横にあるバラック風飲み屋街。あれこれググってみたが,何という飲食店街だったのかは不明だ。南側は全面がブルーシートで覆われており,土地は既に更地になっている。残っている部分にも,入口には金網が張られ,取り壊しを松だけの状態に見える。マピオンの地図には「うき」と「ちゑ」という店名が残っているのだが,現存しないように思われた。

131231-125840
 この飲食店街で火事が発生したという記事があった。それを機に,取り壊すことになったのかもしれない。

131231-125958
 目の細かい金網越しに中の様子を撮影。

131231-130149
 駅南銀座商店街を南へ。この特徴のある街路樹は何だろう?

131231-130244
 駅南銀座商店街の清見そばの前から,ブルーシートに囲まれた飲み屋街の方向を見る。

131231-130512
 南町から泉町を見る。

131231-130846
 泉町から東側を振り返る。

131231-131701
 泉町と南町の境界を南へ。

131231-131811
 泉町の商店街。このあたりは,幅員が突然広くなったり狭くなったりしていて,歩いていて不思議な気分になる。拡幅計画が頓挫しているのか,それとも,中途半端な道路に見える今の状況で,拡幅の目的を達したと判断したのか,よくわからないところだ。

131231-132002
 萩原洋服店の小さな三角屋根がいい感じだ。

131231-132634
 突然広くなった道路に出る。串揚げ処わだやのある交差点。

131231-133142
 串揚げ処わだやの南側。
 ここが静岡駅南銀座商店街のメインストリートなのだが,すっかり歯抜けになっている部分も多く,商店街としての機能は薄くなっている。

131231-133257
 12月31日大晦日だということを差し引いても,人通りが少ない。

131231-133559
 千勝浅間神社の鳥居。
 話が逸れるが,神社の境内に車がたくさん停まっているのを見ると,ちょっとがっかりしてしまう。私は特に信心深い人間ではないが,神社の参道を歩くときには,参道のど真ん中を歩かないように気をつけるぐらいのことはしている。参道の真ん中(正中)は神様の通り道だという話を聞いたことがあるからだ。そうではないという説もあるようだが,ちゃんと真ん中を避けて歩いている人は多い。
 その中,車がドーンと鳥居の真下をくぐり,参道の真ん中を走って,駐車場に停まる。ただそれだけのことが,参道の端を歩いている人の行動が踏みにじられてしまうような気配が,ほんの少しだけ感じられるのである。

131231-133841
 千勝浅間神社の鳥居の東側。

131231-134104
 静岡駅南口から,真っ直ぐ南に延びる石田街道の西側に平行して延びる通りを北へ。サンパレスホテルの横。

131231-134151
 南町。石田街道と直角に交わる広い通りには,歩道の上にアーケードが設けられている。

131231-134229
 駅南銀座商店街の「できたて専門餃子研究所」。

131231-134416
 すぐ北側には入船横丁がある。

131231-134455
 入船横丁。看板が低めの位置に付いている。

131231-134723
 北側から入船横丁の入口を振り返る。

131231-135308
 五叉路のところに戻ってきた。

131231-140646
 もう午後2時。まだ昼飯を食ってなかったので駅そばを食う。一本前の電車がギュウギュウ詰めだったため,1本見送ったのが正解だった。私が食べ終わった頃に次の電車がやってきて,ホームのそば屋に人だかりができた。

131231-140831
 乗り込んだ電車はガラガラの豊橋行き。

静岡駅南銀座商店街

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6

【参考】
2004年7月18日 (日曜日):静岡市の呉服町商店街を歩く
2004年7月19日 (月曜日):※※と煙は高い日本平に登りたがる

|

« 沼津 三園小路 | トップページ | 志太と益津の郡境 藤枝宿 藤枝市 »

・22 静岡県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/59041101

この記事へのトラックバック一覧です: 駅南銀座商店街 静岡:

« 沼津 三園小路 | トップページ | 志太と益津の郡境 藤枝宿 藤枝市 »