« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の2件の記事

2013年9月29日 (日曜日)

期限が迫ってから運転免許更新〜二俣川

130929-132442

 運転免許証の更新連絡書を放置していたら,あっという間に誕生日が過ぎていた。失効してしまうと長々とした講習を受けなくちゃならないので(ずいぶん前に期限切れで一度失効したことがあって,運転免許証番号の最後の一桁にはフラグが立って1が付いている),午後になってから慌てて二俣川の運転免許試験場に出かけた。

130929-142349
 相鉄線の二俣川駅北口。

130929-142436
 北口の再開発ビル「アルコット二俣川」の核店舗が,長崎屋二俣川店からドン・キホーテ二俣川店になってる。そういえば,今では長崎屋はドン・キホーテ傘下だっけ……

130929-142754
 二俣川駅から運転免許試験場までは登り坂なのでバスを使う。午後2時40分発のバスが来るまで時間があったが,軟弱者なのでバスを待つ。

130929-150316
 二俣川駅を午後2時40分に出てから,行列に並ぶこともなく手続きが進み(視力検査はヤバかったけど),運良く午後3時開始の講習の最後に滑り込んだ。一番後ろの列はパイプ椅子。講習は確か1時間おきなので,1時間待つよりはパイプ椅子のほうがラッキーだと思い込む。講習はわずか30分なので,尻が痛くなるほどではない。

 実はこのタイミング,5年前の更新時とまったく同じ。自分のブログの記事を振り返り,撮った写真の撮影日時と「新しい免許を受け取るまで全体で40分ぐらい」という記述から類推して,同じ時刻のバスに乗るのが良さそうだと判断したのだ。以前,運転免許試験場でやたら長い行列に並んだ経験があるので,それは避けたいところ。前回は平日,今回は日曜日という違いから,バス時刻が5分ほどずれていたが,誤差の範囲。日付を見たら,前回も期限の数日前に更新してて,期限ぎりぎりにならないと腰が上がらないのは悪い癖だと思った。

131005232057
臓器移植法の「改正」について思う
 というわけで,運転免許試験場に入ってから約40分ぐらいで,新しい運転免許証をゲット。講習教室で免許証を受け取ってから,設置してある機械で〝暗証番号〟が設定通りになっているかどうか確認するように言われたが,その機械の前に行列ができていたので,スルーしてきた。いや,運転免許証の暗証番号なんて,どうせ使う機会なんかないだろうから(どこで使うのか想像もできない),間違った番号が登録されていたからといって問題なさそうだし。

 こんどの運転免許証から,裏側に臓器提供意思表示欄がついた。15年ぐらい持ち歩いていた臓器提供意思表示カードは,とうとう用済みになるようだ。

130929-155937
 運転免許試験場の向かい側にあった県立がんセンターが,年末には運転免許試験場の東隣,以前は運転免許試験場コースだったところに移転する。既に病院棟,管理・研究棟はできあがり,重粒子線治療施設「i-ROCK (Ion-beam Radiation Oncolgy Center in Kanagawa)」の工事が行われている。

130929-160032
 二俣川駅へ続く坂道へ。
 このあたりには昔,代書屋・顔写真屋が並んでいたが,更新手続きが簡略されたこともあって,ほとんど無くなってしまった。

130929-160425
 坂道を下る。

130929-160502

130929-160659
 二俣川フォルテ(二俣川銀座商店街)へ。

130929-160858
 なぜ「フォルテ」なのかはよく分からないが,二俣川フォルテ(二俣川銀座商店街)には,音楽つながりで「シャープ通り」と「フラット通り」があるらしい。

 しかし,2本ある通りのどっちが「シャープ通り」で,どっちが「フラット通り」なのかがよくわからない。ググってみると,この写真の通りにある店の所在地が「二俣川フォルテ・シャープ通り」となっているので,ここがシャープ通り……かも。

 東側のバス通りである「試験場通り」側が少し高いので「シャープ通り」,西側を流れる二俣川の支流に近い側が少し低いので「フラット通り」なのかと推測してみたが,実際のところ,それほど高低差があるようには見えなかったので,間違っているかもしれない。

130929-160945
 二俣川フォルテのシャープ通りと思われる通りを二俣川駅に向かって歩く。

130929-161036
 右側に分岐した先がフラット通りと思われる。この写真を見る限りでは,フラット通りのほうが少し高くなっているようで,頭の中が混乱してくる。

130929-161113
 二俣川フォルテのフラット通り?

130929-161131

130929-161233
 シャープ通り?

130929-161335
 運転免許試験場方向を振り返る。

130929-161427

130929-161508
 とんかつ「かつふみ」の裏側を二俣川の支流が流れている。地形的には川の部分が一番低くなっているはずなので,「かつふみ」があるのは低いフラット通りで正しいのだと思うが,実際は川岸に盛り土があって,川に向かって上り勾配になっているので紛らわしい。

130929-161709
 正面が再開発ビル「アルコット二俣川」。

130929-162210
 東側の試験場通り。パチンコ屋が異常に多い。

130929-162242
 試験場通りから二俣川の支流に架かる橋(スクールゾーンとペイントされているところの下を川が流れている)の方向を見る。やっぱり川に向かって上り勾配になっているように見える。

130929-162337

130929-162508
 アルコット二俣川の東側に,二俣川駅に向かう四季彩通りが通っている。彩り豊かな感じの名前だが,実際のところは単なる通路であり,しかもバリアフリーからほど遠い造りになっている。

130929-162604

130929-162620

130929-162700
 試験場通り。

130929-164807
 アルコット二俣川から相鉄二俣川駅を見る。駅前を通るのは県道40号線(厚木街道)。

130929-172027
 相鉄あざみ野線のゆめが丘駅から見えた夕空。相鉄あざみ野線〜湘南台〜横浜市営地下鉄という経路で帰る。

130929-180000
 上永谷駅に到着。
 iPhone 5では糸巻き型歪曲収差がちょっと気になる感じだったが,iPhone 5sのカメラは歪曲収差が気にならないぐらい小さくなったようだ。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 or iPhone 5s

【参考】
2008年10月16日 (木曜日):二俣川で運転免許の更新

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土曜日)

横須賀ブラジャーが飲める街 若松マーケット

130914155232edit

130914-160836

〝横須賀ブラジャーが飲める街〟若松マーケット



 8月中旬からずっと体調が悪く,めまいがキツくて動けなかったり,動けてもすぐに息切れする。困ったことに痛風の発作も重なって会社を休んでばかりだった。
 三連休前には,なんとか病院で点滴を打ってから出勤するまでに回復したばかり。台風18号「マンニィ」が東海・関東地方に近づくため,日曜日と月曜日は大荒れになりそう。せっかくの三連休なので,初日の土曜日の午後遅くなってから,近くの横須賀にまで出かけることにした。

130914-151745
 京急線の横須賀中央駅。横須賀中央駅には,反転フラップ式の案内表示機(通称〝パタパタ〟)が残っている。
 露出が失敗しているような写真になったが,実はPENTAX K-5IIsのカスタムイメージ「銀残し(ブリーチバイパス)」で撮っていて,極端なコントラストがつき,ローキーになっている。

130914-151927
 京急横須賀中央駅で下車する。

130914-152029
 横須賀中央駅東口のペデストリアンデッキから平坂方向を見る。

130914-152153
 横須賀中央駅東口のペデストリアンデッキ「通称:Yデッキ」。

130914-152223
 横須賀中央駅東口の交差点の東南側にある若松マーケット。店名の入った提灯が並んだ商店街のゲートがある。
 2011年5月30日に『横須賀中央・若松飲食店街・呑んべの街』を撮ったときには提灯はついておらず,若松マーケットではなく若松飲食店街と書かれていた。また,「歴史・伝統 夢のある街 昭和が見える」と書かれていたところは,「横須賀ブラジャーが飲める街」となっている。

 若松マーケットでは,2011年11月から商店街再生プロジェクトが動き出しており,ブランデーをジンジャエールで割った格安のカクテル「横須賀ブラジャー」と,昭和の雰囲気を残す「昭和レトロ」を前に出し,「若松マーケット」で名前を統一(たぶん,若松飲食店街と表示されていても,地元では若松マーケットと呼ばれていたのだろう)して街おこしを図っている。今後の動きに注目したい。

130914-152352
 Yデッキの下から横須賀中央駅を見る。

130914-152509
 若松マーケットへ……
 右側の石段は諏訪神社。

130914-152526
 諏訪神社。「石段に腰かけないで下さい」という注意書きがある。

130914-152559
 横須賀中央駅方向を振り返る。

130914-152608
 正面の龍本寺(深田台)と若松マーケット(若松町三丁目)の間の崖には,あいかわらず重機が入っての工事が行われている。龍本寺につなっていた長い石段は跡形もなくなっている。

130914-152649

130914-152847
 ここには2006年には既に重機が入っていた。当時の工事許可の案内板には「若松町特殊地下壕埋め戻し工事」と書かれていた記憶があり,防空壕を埋めるだけかと思っていたが,長期にわたって工事が行われており,現状はどう見ても防空壕の埋め戻し工事ではなさそうだ。崖にへばりついた大規模集合住宅が建つのだろう。
 掘削量は大規模になり,傾いた地層がくっきり見える。ここまで掘ったら,崖の中からぽろっと京急線の電車が見えてきそうだ……

130914-152909
 地図を見ると,崖の上に見える建物の真下には京急本線が通っている。ということは,あと5メートルぐらい掘り進むと,マジで電車が見えることになる……かも。

130914-152947
 工事現場から横須賀中央駅方向を振り返る。

130914-153111
 古本屋などがあった路地。シャッターばかりだ。

130914-153535
 若松マーケットへ。

130914-153600
 横須賀中央駅側から若松マーケットに入ったところが鍵曲がりになっている。

130914-153713
 西日が当たる若松マーケット。
 銀残しで撮るとコントラストが強すぎて,カメラのカスタムイメージ設定を普通の「ナチュラル」に戻したくなったが,成り行きで「銀残し」で取り続ける。

130914-153808

130914-153837
 横須賀中央駅の間近にある飲食店街「若松マーケット」。昭和の最盛期には100店舗を越えるスナックやバーがあったが,現在は70店程度になってしまったという。

130914-154038

130914-154231
 スナックやバーがびっしり並ぶ。

130914-154315
 横須賀中央駅側を振り返る。

130914-154402
 裏側の崖に大きな土嚢が大量に積まれている。

 さて,この若松マーケット裏側の工事は何なのだろうか。以前の「特殊地下壕埋戻し」からは,ずいぶん掛け離れた工事になっているように見える。気になって,あれこれググってみても,ほとんど情報が見つからない。

 唯一見つかるのは,「若松町3丁目地区地区計画(京浜急行線横須賀中央駅の南隣及び都市計画道路3・4・4号大滝上町線の沿道)」なのだが,計画図がどこにもなく,抽象的な文言ばかりなので,部外者の私には具体的な計画が見えない。というより,あえてこの計画を見えにくくする意図さえ感じられる。

 私なりに解釈すると,現在の横須賀市立児童図書館の土地に新しい公共公益施設(これが未来型とかいう新中央図書館?)を建てるとともに,隣接する土地(ここが若松マーケットの裏の崖の部分)に民間の都心型高密度共同住宅(都心型って?……)を併設しようということだろうか。しかし,〝新中央図書館〟で検索すると,その計画を凍結したという記事が見つかり,現在も工事が進んでいることと整合が取れない。

 若松マーケット裏の土地は幅員四メートル以上の道路に接していない。ここに共同住宅(いわゆるマンション)を建てるには,接道義務を満たすために平坂の県道26号線に接する横須賀市立児童図書館側と一体開発する必要があるはずだが,いったいどうなっているのだろうか。

130914-154551
 若松マーケット(若松飲食店街)。

130914-154830

130914-154905
 若松マーケットは,横須賀中央駅側が鍵曲がり,反対の南東側はゆるやかなカーブになっている。

130914-155106
 土嚢が目立つ……

130914-155232

130914-155508
 雰囲気のいい逆光だった。あとで銀残しで撮ったことを後悔しそうな気がする。

130914-155725

130914-160135
 裏路地のそのまた裏路地。

130914-160215
 バッカスコーナー中勝。

130914-160417
 裏路地の十字路。

130914-160555
 ぱぶ・すなっく小天橋……壁の色が変わった。

130914-160706

130914-160730

130914-160836
 横須賀ブラジャーが飲める街★若松マーケット★の看板。どの店でも「横須賀ブラジャー」は基本のレシピは共通で,ロゴの入った専用のグラスで出されるという。二つ出てくるかどうかは不明。

130914-160911
 振り出しに戻る。

130914-161043

130914-161618
 待合おきな……。諏訪神社の玉垣には「待合」の屋号が複数刻まれている。すわ,若松マーケットは花街に由来するのかも……と考えてしまいそうだが,これらの待合はたぶん千日通り(若松町一丁目)にあったものと思われる。実際,千日通商店街のサイトの「商店街の歴史」のページには,〝(昭和2年頃)近くに旧日本海軍の基地があったため、海軍の人達が食事をしたり、遊んだりするような料理屋・飲食・置屋待合等が多かった町でした〟という記述がある。
 若松町から海側は幕末以降に埋め立てによって作られた土地なので,ここに漁具店があっても不思議ではない。

130914-162140

130914-162233
 千日通り入口交差点側から京急横須賀中央駅を見る。

130914-162301
 千日通り入口交差点から千日通商店街を見る。

130914-162729
 昨年8月末で閉館してしまった金星劇場。

130914-162911
 大きな「金星★劇場」という看板が撤去されたことで,ファサードの柱がよく見えるようになっている。皮肉なもんだ……

130914-163114
 ヨコビル。

130914-163341
 千日通商店街。

130914-163402
 三笠ビル商店街~どぶ板通り(本町商店街)へと歩くつもりだったが,あまり調子が良くないので,このへんで引き返すことにする。

 ── PENTAX K-5 IIs + smc PENTAX-FA31mm F1.8AL or smc PENTAX-DA15mm F4ED Limited

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »