« 津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつり | トップページ | つゆ焼きそばと〝こみせ〟の黒石 »

2013年8月 3日 (土曜日)

弘前の土手町・鍛治町を彷徨う

130803-070722
 弘前ねぷたまつりに興奮した翌日,弘前の朝。とても良い天気になった。
 まず,弘前の繁華街・歓楽街,土手町・鍛治町を歩くことにする。

130803-095650
 昨晩,弘前ねぷたまつりを見た土手町通りへ。土手町は上土手町・中土手町・下土手町に分けられ,ルネスアベニューがあるこのあたりは中土手町。

130803-095740
 中土手町から下土手町の中三デパート弘前店方向を見る。

130803-095917
 中土手町商店街。

130803-100024
 中土手町と下土手町を繋ぐ蓬莱橋。土淵川に架かる。下流側の土淵川の上には蓬莱広場がある。

130803-100217
 蓬莱橋から土淵川の上流側を見る。銅屋町の最勝院五重塔が見える。

130803-100231
 中土手町商店街。

130803-100248
 蓬莱橋の上から下土手町の中三デパート弘前店を見る。

130803-100428
 中三弘前店の前から新鍛冶町・北川端町に続く路地。

130803-100644
 下土手町商店街。

130803-100744
 下土手町の中三デパート弘前店。

130803-100828
 下土手町商店街。

130803-100913
 下土手町から新鍛冶町に延びる角み小路。飲食店が並ぶ。

130803-101011
 下土手町商店街。弘前市の中心街であるここ土手町や官庁街の追手門通り,弘前城趾のある弘前公園がJR弘前駅から離れていることもあって,タクシーがとても多い。

130803-101218
 下土手町の交差点。一番町〜弘前公園に向かって登り坂になっている。
 交差点の角にあった旧ハイ・ローザ(元は宮川デパート「かくは宮川」)跡地の屋台村ドテヒロのところにビル建築工事中。商業施設か,それとも集合住宅か。

130803-101507
 百石町にある市立百石町展示館。1883年(明治16年)に角三呉服店の店舗として建てられ,1917年(大正6年)に津軽銀行(後に青森銀行に合併)として使われていたという。

130803-101537
 百石町展示館の前から百石町を見る。

130803-101721
 百石町から下土手町商店街の交差点を見る。角に大きな菊池薬局がある。

130803-101825
 ハイローザ前バス停付近から下土手町商店街を見る。ハイローザは1998年6月に閉鎖されているが,バス停名として残っている。

130803-102115
 アサヒボウル。

130803-102439
 アサヒボウルの前から親方町,鍛治町方向を見る。親方町側が高く,鍛治町側に低くなっている。

130803-102507

130803-102525
 正面が鍛治町の歓楽街。

130803-102617
 下土手町のアサヒボウルを振り返る。

130803-102704
 鍛治町の歓楽街。正面に最勝院五重塔が見える。

130803-102735
 新鍛冶町に続く通り。

130803-102829
 鍛治町情報館の前。

130803-102951
 鍛治町のプラザ宇野。

130803-103025
 鍛治町の歓楽街。

130803-103045
 プラザ宇野とアサヒボウル。

130803-103223
 三洋センター。弘前では長屋形式の飲み屋街を「センター」と呼ぶらしい。

130803-103247
 プラザ宇野がある交差点を振り返る。

130803-103345
 新鍛冶町のたわんだ建物。

130803-103427
 角み小路の新鍛冶町側の入口。

130803-103435
 たわみが気になる……

130803-103500
 角み小路。

130803-103748
 酒と食料品のかどや酒店,銀水食堂。

130803-103912
 かどや酒店の前から角み小路を見る。

130803-103937
 新鍛冶町の飲み屋街。

130803-103949
 新鍛冶町から角み小路を振り返る。

130803-104040
 MEIJIYA(明治屋)ダイヤモンドビル,弘前センター。

130803-104152
 大小の弘前センター。もちろん飲み屋街である。大が弘前センター1号館,小が弘前センター2号館。

130803-104229
 鍛乃館と弘前センターと,飲み屋街が並ぶ新鍛冶町。

130803-104239
 カネヨセンターも二つ並んでいる。しかも同サイズ。

130803-104349
 カネヨセンターの左にはクリエイトハウス。

130803-104405
 新鍛冶町の飲食店街を振り返る。

130803-104422
 南北に延びる新鍛冶町(西側に平行する鍛治町も南北に延びている)の真ん中付近。右側の空き地は,地図を見ると「飲食街」となっている。7年前に撮った写真を探してみたが,残念ながらこの「飲食街」は撮っていないようだ。地図上では,新鍛冶町・桶屋町には複数の名も無き「飲食街」がある。

130803-104535
 飛鳥たばこ店の前から新鍛冶町の南側を見る。

130803-104553
 新鍛冶町から鍛治町・桶屋町に続く通り。

130803-104724
 恋文横丁II。横丁の飲み屋街かと思ったら違った。

130803-104738
 グランドパレス2号館。

130803-104812
 鍛治町と桶屋町の交差点。

130803-104837
 鍛治町と桶屋町の交差点。本町方向に登り坂になっている。

130803-104914
 明治屋会館の前から見た鍛治町の歓楽街。さくらセンター,新橋レジャービル,明治屋ゴールデン街などの飲食店街が並ぶ。

130803-105052
 鍛治町を北へ進むと,アサヒボウルの前の道路に続いている。

130803-105244
 城東閣というゲートのある路地。

130803-105348
 新鍛冶町の城東閣に続いている。

130803-105533
 鍛治町。

130803-105843
 巨大な明治屋会館。

130803-105904
 喫茶珈甘堂ピンクベア。正面に最勝院五重塔が見える。

130803-105920
 GPグランドパレス2号館。

130803-110024
 桶屋町。宮本食堂,喫茶珈甘堂ピンクベア。

130803-110322
 グランドパレス2号館にはピンク映画のテアトル弘前も入っている。郡山の大勝館はなくなり,東北地方の成人映画館は珍しい存在になっている。

130803-110450
 桶屋町。

130803-110713
 明治屋会館の向かい側から坂の下の桶屋町を見る。ブルーハワイ……

130803-110908
 ニュー明治屋センターと明治屋グランドビルの間の明治屋ゴールデン街裏通り。その名の通り,鍛治町の明治屋ゴールデン街・明治屋会館につながっている。
 それにしても「明治屋」がいっぱいだ。

130803-111128
 本町の小堀旅館。

130803-111151
 小堀旅館の前から美容室ルノアール〜親方町方向を見る。

 ちょうどタクシーが来たので,タクシーで弘前駅に向かう。

130803-111702
 再訪しようかどうか迷っていた弘南鉄道の中央弘前駅。タクシーの運転手が気を利かせてくれたわけではないだろうが,駅前を通ったので記念に撮影。

130803-112502
 弘前駅前。
 弘前に別れを告げる。男のほうは手を振ってくれたが,女は背を向けて涙を隠した……

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5 or Canon PowerShot S100

【参考】
2006年8月13日 (日曜日):弘南鉄道で大鰐温泉へ

|

« 津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつり | トップページ | つゆ焼きそばと〝こみせ〟の黒石 »

・02 青森県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

19℃とは、さすが青森、写真で見た感じとは違って涼しいですね!青森の県庁所在地の街の様子がわかりました。飲食店街が多いですね。街を歩く時五重塔が目印になりそうですね。

投稿: ひろやん | 2013年9月16日 (月曜日) 00時46分

 今年の東北地方は天候が不順で,気温がかなり低めでした。弘前以降はかなり夏らしい気温になったのですが,それでも横浜に比べるととても過ごしやすかったです。19℃は朝7時の気温ですので,弘前のほぼ平年並みなんですよね。

 あと,青森の県庁所在地は弘前ではなく青森市ですね。

投稿: 三日画師 | 2013年9月16日 (月曜日) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/58019861

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前の土手町・鍛治町を彷徨う:

« 津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつり | トップページ | つゆ焼きそばと〝こみせ〟の黒石 »