« 富山駅前 新富町〜桜町あたり | トップページ | セントラムが繋ぐ富山の未来 総曲輪界隈 »

2013年5月 3日 (金曜日)

地鉄富山市内軌道線……大学前〜南富山駅前

 富山市の「市電」に乗って富山市内を見て回る。「市電」と呼ばれることはあっても,現在は市営の電車ではなく,富山地方鉄道が運営する路面電車,富山市内軌道線である。

 富山市は,公共交通機関や自転車を活用したコンパクトな街づくりにおいて他の都市をリードしていて,近年になって市街地中心部の繁華街に環状線(セントラム)を復活するなど,積極的な交通政策を実現している。

 富山市内軌道線は市営電車ではないが,富山市の政策的な関与は大きく,環状線(セントラム)は市が軌道や車両を保有し,富山地方鉄道が電車を走らせる上下分離がなされており,市営ではなくても「市電」と呼ぶことに違和感はないのだと思う。もちろん,戦前は富山市営軌道だったことの影響もあるだろう。

130503-124745
 県庁前電停に大学前行きの電車がやってきた。

130503-125256
 運転席横の特等席に陣取る。正面に見えてきた富山大橋は神通川に架かる橋で,老朽化とともに幅員が狭く,富山市内軌道線は単線だったが,架け替え時に複線化されている。他の都市だったら当該区間の廃止も考えられるような事態を乗り切っている。

130503-125659
 終点の大学前電停に到着。先頭の運転席横に座っていたが,車内を撮影するため乗客の最後に降りる。

130503-125731
 電車は南富山駅前に向かって折り返す。

130503-125926
 大学前電停の西側の歩道橋の上から。
 大学前電停の周辺には県営富山球場,五福陸上競技場,富山大学五福キャンパスなどがある。電停から数百メートル離れている富山大五福キャンパスや呉羽方面への延伸構想もあるらしい。

130503-130241
 大学前電停を離れてゆく電車の向こう側に,北アルプスの山並みが見える。富山らしい景観だ。

130503-132703
 大学前電停から乗った電車が,富山駅前電停でサントラムとすれ違う(電車の一番後ろの席に陣取っている)。このサントラムは,富山ライトレールのポートラム,富山都心線(環状線)のセントラムに続いて3番目のLRVで,しかも3両連接車両だから3トラム→サントラムというふうに公募によって決められた安直な名前が付いている。

130503-133420
 富山市の中心繁華街の西町電停付近。総曲輪商店街,西町商店街,中央通り商店街などが集まっている。

130503-134012
 終点の南富山駅前電停に入るカーブで,古い7000形電車とすれ違う。珍しくなった金太郎塗りだ。

130503-134157
 南富山駅前電停の奥には車庫があり,出待ちをする電車の前を通って,富山地鉄上滝線・不二越線の利用客は南富山駅のホームに入ることになる。

130503-134224
 こういう線路配置や運用などは,実際に現地で経験しないと楽しさがわからないと思う。

130503-134419
 上滝線の電車が南富山駅のホームに入ってきた。

130503-134743
 南富山駅前電停には,古い7000形が発車を待っている。屋根の上に広告を載せた,独特の形態をしている。

130503-134913
 南富山駅前の家並み。

130503-134929
 南富山駅前商店街。

130503-135009
 南富山駅前商店街から電停を発車する電車を見る。

130503-135034
 南富山駅前商店街。

130503-135122

130503-135212

130503-135535
 7000形電車が南富山駅前電停に到着し,サントラム(T100形電車)が発車してゆく。

130503-135540
 南富山駅前商店街の前で,南富山駅前交差点の急カーブを曲がる……

130503-135547
 南富山駅前交差点を曲がって,富山駅方向に走って行くサントラム。アルナ車両自慢のリトルダンサーの最新車両だけあって,3両連接車両だが軽々と急カーブを曲がって行く。

130503-140028
 南富山駅前交差点の横にある富山地方鉄道不二越線のいかつい踏切。

130503-141601
 南富山駅前商店街のアーケードの下で,日差しを避けながら電車を撮る。

130503-142001

130503-142014
 南富山駅前電停を出ると,すぐに大町電停がある。

130503-142018
 大町電停の南側で古い電車同士がすれ違う。

130503-142254
 南富山駅前交差点の横にある地鉄の踏切に,不二越線(上滝線)の電車が差し掛かる。

130503-142316
 左が富山地方鉄道不二越線・上滝線の鉄道線,右が市内軌道線。上滝線の鉄道線をLRT化して,富山市内軌道線の電車を乗り入れ,上滝線と市内軌道線の直通運転も計画されているらしい。

130503-142545
 のんびりした感じ。嫌いじゃない。

130503-143006
 2005年時点の県庁所在地の人口順位を見ると,富山市の前後は,22位宇都宮市45万7557人,23位金沢市45万4607人,24位長崎市44万2624人,25位富山市42万1156人,26位岐阜市39万9921人,27位長野市37万8495人,28位和歌山市37万5718人……となっている。
 街の雰囲気に公共交通機関がどのぐらい影響を与えるのかはわからないが,私の印象では,富山市の街の中の賑わいは,宇都宮市・岐阜市・長野市・和歌山市を上回っていると感じる。また,県庁所在地ではないが,政令指定都市の浜松市や相模原市の賑わいをも上回っているんじゃないだろうか。

130503-143755
 南富山駅前電停からまた電車に乗り込む。

130503-143953

130503-144519
 西町電停付近。このあたりはあとで歩いてみるつもり。

130503-144600
 荒町電停あたりだったかな……

130503-145023
 電車が富山駅前電停に到着。ここからも北アルプスの立山あたりが見える。

130503-145201
 北陸新幹線開業に向けた工事が急ピッチで進むJR富山駅前を通り過ぎる。

130503-145656
 富山市内軌道線の大学前電停方面(安野屋線・呉羽線)とセントラム(富山都心線〔環状線〕)が分岐する丸の内電停で下車する。
 富山市内軌道線の正式路線名称は,南富山駅前〜富山駅前が本線,富山駅前〜丸の内が支線,丸の内〜安野屋が安野屋線,安野屋〜大学前が呉羽線,環状線は富山都心線というらしい。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5

|

« 富山駅前 新富町〜桜町あたり | トップページ | セントラムが繋ぐ富山の未来 総曲輪界隈 »

・16 富山県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/57506503

この記事へのトラックバック一覧です: 地鉄富山市内軌道線……大学前〜南富山駅前:

« 富山駅前 新富町〜桜町あたり | トップページ | セントラムが繋ぐ富山の未来 総曲輪界隈 »