« セントラムが繋ぐ富山の未来 総曲輪界隈 | トップページ | 西礪波の市場町 南砺市福光町を歩く »

2013年5月 4日 (土曜日)

越中大門の町並みを歩く 富山県射水市

 宿泊したビジネスホテルは小杉駅と越中大門駅の真ん中あたりにあった。今晩の宿を高岡市内に確保し,高岡周辺をゆっくり見て回るつもりなので,タクシーで高岡駅に近い越中大門駅に直接向かっても良かったが,Googleマップを見て,越中大門駅の西側にある大門の町並みが面白そうだったので,町の西端にある大門大橋の袂までタクシーで運んでもらい,そこから大門の町並みを見ながら越中大門駅まで戻ることにする。

130504-100659
 大門の町の西を流れる庄川に架かる大門大橋。4連の曲弦ワーレントラス橋。こりゃカッコいい!

130504-100706
 大門大橋の袂に,「柳町・西町地区 いまとむかし」の案内板がある。富山県内の川は急流で暴れ川になっているところが多く(社会科の地図帳で扇状地の例は,富山県の黒部川か成願寺川,あるいは庄川のことが多いと思う),大門町もたびたび出水や堤防決壊に襲われている。
 この比較写真を見ると,大門大橋と北陸本線庄川橋梁間の庄川と和田川に挟まれたエリアには,平成9年3月の時点でたくさんの家屋が密集しているが,平成16年3月には大門神社と庄川水辺の交流館だけになっているのがわかる。

 大門町付近で水害が多かったため,大規模な河川改修工事が行われ,たくさんの家が移転したのだろう。そして,水害と消え去った町の記憶を残すために,庄川水辺の交流館が建てられた……のだろうと,勝手に推測してみた。

130504-100915
 大門神社の鳥居と,その奥に見えるのが庄川水辺の交流館。庄川水辺の交流館の北側には「柳町跡地」と書かれた石碑がある。

 ここで犬の散歩中のおじさんが,いろいろ大門の町について話してくれたのだが,毎度のことながら,1か月も過ぎてからこのブログを書いているため,すっかり忘れてしまった。ひどい洪水が何度もあったことと,鳥居には男と女があるという話だけ(大門神社の鳥居は女だと)が記憶に残っている。

130504-101258
 和田川に架かる常盤橋を渡って大門新町へ。
 大門新町は大門町一番の繁華街だったところだと思われるが,ここももともとは江戸時代の洪水で被害を受けた地区を大門町に移転させたところらしい。有史以来,ずっと庄川の洪水被害を受けてきた土地なのだ。なんでまたそんなところに町ができるかといえば,ここが北陸街道で,橋がなかった時代から渡し船で庄川を渡る場所だったからだ。

130504-101354
 大門新町の家並み。びっしり並んだ家屋から,かつての繁栄の名残が感じられる。

130504-101442

130504-101605
 大門新町中央の十字路。

130504-101633
 はかま腰屋根の木造(一部)三階建て。

130504-101657
 十字路の北側を見る。

130504-101720

130504-101758
 十字路の南側を見る。錦町交差点に続いている。

130504-101938
 錦町交差点側から十字路を見る。左側の城のような建物は,菓子処の石川屋。ど派手な佇まいにびっくり。

130504-102017

130504-102050
 同じような写真を何枚も撮る。

130504-102143
 菓子処老舗石川屋。やっぱりすごいわ,これは。

130504-102149
 常盤橋方向を振り返る。

130504-102205
 坂井聖光堂。看板建築の建物が並ぶ。既に店を閉じてしまったところも多い。

130504-102252
 大門新町を東へ。JRいみず野大門支店の古びた看板が立つ。

130504-102336
 大門新町の十字路を振り返る。

130504-102826

130504-102855

130504-102910
 御菓子司の米谷雄神堂。

130504-102936
 大門中町バス停付近。

130504-103446
 田町交差点から北側を見る。かつての水路を暗渠化して,道路の幅が広くなっている。北陸本線をくぐった北側には巨大な敷地を持つ東洋紡富山事業所庄川工場がある。

130504-103710
 田町交差点付近から,大門(田町)地区となる。

130504-103916
 町はゆったりとしたカーブを描いている。

130504-104004
 2005年に新湊市や大島町,小杉町などと合併して射水市の一部となった大門町。合併時の人口は1万2千人あまり。かつての賑わいが感じられないのは仕方のないことかもしれない。

130504-104206
 西側の田町交差点方向を振り返る。

130504-104249
 田町公民館の東側は直線で道幅が広い。

130504-104413
 西側を振り返る。

130504-104733

130504-104857
 たくさんの水路が流れる小島地区の西側にある大門赤湯鉱泉。

130504-104920
 大門赤湯鉱泉。

130504-105032
 大門赤湯鉱泉の前に複数の水路が集まってきている。これらの水路は東洋紡の庄川工場の周囲にも張り巡らされている。かつての農業用水だろうか。それとも工業用水だろうか。

130504-105206
 大門赤湯鉱泉の入口を振り返る。

130504-105649
 空き地の向こう側を見ると日本電工(鉄鋼業)の工場があり,その手前を北陸本線の特急列車が走る。

130504-105715
 越中大門駅に向かって大きくカーブしている。

130504-105809
 カーブしているあたりから越中大門駅付近は旧大門町ではなく,旧大島町となる。いずれも合併して射水市となった。

130504-105958
 カーブした道路の正面に越中大門駅がある。

130504-110105
 越中大門駅前のカーブを振り返る。

130504-110316
 越中大門駅前から東に延びる路地。

130504-111230
 越中大門駅。「一日も早く走りたい!!」の主語は?

130504-111948
 越中大門駅から北陸本線で高岡に向かう。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or Canon PowerShot S100 or iPhone 5

|

« セントラムが繋ぐ富山の未来 総曲輪界隈 | トップページ | 西礪波の市場町 南砺市福光町を歩く »

・16 富山県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/57520269

この記事へのトラックバック一覧です: 越中大門の町並みを歩く 富山県射水市:

« セントラムが繋ぐ富山の未来 総曲輪界隈 | トップページ | 西礪波の市場町 南砺市福光町を歩く »