« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の12件の記事

2013年4月30日 (火曜日)

「越後の小京都」かも… 新潟県加茂市

130430180856edit

「越後の小京都」かも… 新潟県加茂市


 加茂市は新潟県のほぼ中央に位置する市で,加茂という地名が京都の加茂(賀茂)に由来することから,「越後の小京都」とも「北越の小京都」とも呼ばれるらしい。かつては木工のまちとして栄え,加茂川に沿って細長く伸びた市街地が特徴的である。

 国土地理院の地形図を見ると,加茂市の市街地の大きさは人口約8万人の燕市と比べても遜色のない規模なのだが,人口は昭和の大合併の1960年代の3万9千人(市域の人口では1950年の約4万人)をピークに減少傾向にあり,現在は3万人を切って2万9千人。これから歩こうとしている加茂駅の東側の中心商店街は,加茂川に沿って細長く1kmも続いており,その長さゆえに「ながいきストリート」と呼ばれているが,他の地方都市と同様に空洞化が問題になっている。

130430-165739
 加茂駅東口前。加茂ショッピングパーク・メリアがあるが,あまり賑わっていない。

130430-165758
 加茂駅東口のロータリー。

130430-165835
 JR加茂駅。

130430-170221
 歩道の上にアーケードが付いた加茂駅前商店街。ここから「ながいきストリート」が始まる。

130430-170344
 駅前商店街から続く穀町商店街。
 駅前から,路上駐車の多さにギョッとする。道路の片側を駐車可能にしているようだ。

130430-170452
 駅前商店街から穀町商店街を見る。

130430-170557
 アーケードの柱全部に「ながいき川柳」が掲示されている。

130430-170701
 穀町商店街のアーケード。人口約3万人の地方都市にしては,かなり大きな商店街であることがわかる。

 路上駐車の多さにギョッとし,いくら広い道路を駐車場にしても,加茂駅西側のロードサイドショップにはかなわないだろうと思ったが,しばらく歩いているうちに考えが変わった。シャッター通り寸前の古い商店街の振興策として,これはありではないかと。

130430-170835
 松坂町の大昌寺の方向にもアーケード商店街が延びている。

130430-171014
 穀町商店街から下川原橋に抜けるあたり。

130430-171026
 スナック雁木……

130430-171127
 穀町。

130430-171218
 葵橋左岸の穀町交差点に続く通り。

130430-171733
 葵橋の袂の穀町交差点から,加茂山の青海神社の鳥居を見る。

130430-171828
 加茂川を泳ぐたくさんの鯉のぼり。鯉のぼりの向こうに見えるのが西宮橋。

130430-171936
 穀町商店街と本町商店街の間の宮大門交差点はスクランブル交差点になっている。

130430-172049
 宮大門交差点から穀町商店街の加茂駅方向を振り返る。

130430-172144
 青海神社周辺は加茂山公園になっている。

130430-172345
 本町の裏通りを流れる水路は流量が豊富だ。

130430-172629
 裏通りの本町と仲町の境界あたり。

130430-172647

130430-172820
 本町商店街。第四銀行は新潟に本店がある旧国立銀行,いわゆるナンバー銀行である。

130430-173001
 仲町商店街。
 駅前から続くアーケード商店街を見ると,加茂市の人口が約3万人しかいないとは思えない。

130430-173119
 仲町と本町の境界(右が仲町,左が本町)を西宮橋に抜ける通り。西宮橋の先は新生町商店街になっている。

130430-173311
 西宮橋から見た加茂川の鯉のぼり。

130430-173400
 西宮橋左岸の角石鮮魚店。

130430-173435

130430-173542

130430-173654
 加茂川に沿って東へ。

130430-173734

130430-173755
 サンゴマート仲町店。

130430-173823
 サンゴマートの隣の路地。

130430-173907
 サンゴマート仲町店。

130430-173929
 周囲が駐車場になってしまい,ポツンと取り残された感じの和風すなっく「まる駒」。

130430-174220
 諏訪橋から栄橋方向を見る。渋滞しているのではなく,全部駐車場なのだ。

130430-174440
 諏訪橋から仲町商店街・上町商店街に戻る。

130430-174636
 諏訪橋方向を振り返る。

130430-174714
 上町商店街。路上駐車を許容する街づくりはアリだとは書いたが,でもやっぱり違和感がある。

130430-175001
 水路のある加茂山の麓の裏通りへ。

130430-175211
 加茂南小学校の裏側に続く路地。

130430-175334
 上町,廣圓寺のあたり。

130430-175858
 加茂南小学校の前。

130430-180003
 五番町商店街。

130430-180339
 五番町商店街側から新町商店街(新町雁木通り商店街)を見る。

130430-180420
 新町商店街の入口にある「旧第四銀行 賀茂銀行跡」と書かれた建物。保存状態は良くない。後年の改修工事が原形をとどめないかたちで行われたためか,文化財として扱われている感じではなく,ちょっと残念。

130430-180555
 新町雁木通り商店街。2010年12月の新潟日報の記事に,道路拡幅により一方通行を解消し,木造の雁木造りを目指すと書かれていて,ひょっとしたら既に工事が行われているかとも思ったが,まだその気配はない。実際のところ,周辺の交通量を見る限り,一方通行の解消が喫緊の課題であるとは思えないのだが……。

130430-180607
 新町雁木通り商店街から五番町商店街側を振り返る。

130430-180712
 新町雁木通り商店街。
 単なる部外者の目で見ると,この雁木の商店街がなくなってしまうのは寂しいような気がする。

130430-180728

130430-180818
 新町雁木通り商店街。

130430-180844

130430-180856
 加茂駅方向を振り返る。日が沈む……

130430-180924

 この先の若宮町商店街にも興味深い街並みが続いていたが,今晩の宿を長岡駅前に取っているので,電車の時間を考えるとそろそろ駅に引き返さなくちゃならない。

130430-180942

130430-181204
 新町商店街の山源商店。

130430-181226
 新町雁木通り商店街。新潟県内の他の都市を見れば,この程度の雁木は珍しくないのかもしれないが,ごそっと無くしてしまうのはもったいない気がする。

130430-181248
 割烹生田屋のあたりを振り返る。

130430-181934

130430-182849
 駅前商店街。だいぶ暗くなってしまった。

130430-183347
 加茂駅から長岡駅までの切符を買おうとして路線図を見る。新幹線の駅がある長岡駅や燕三条駅の表示が小さく,宮内駅や吉田駅が大きく書かれていて,不思議な感覚になる。長岡までの利用者は多いだろうに。

130430-183419
 加茂駅のホームへ。

130430-184945
 電車が来る頃には,ホームはまた高校生で一杯になった。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or Canon PowerShot S100 or iPhone 5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北三条〜東三条〜加茂

 北三条の街を歩いた後は,三年ぐらい前に「三日画師のかすかだり」で道路拡幅事業について書いた,加茂市新町商店街を見に行くことにする。加茂市が中心商店街のアーケード造りを進めていて,未着手だった加茂新町雁木通り商店街でも,道路を拡幅して一方通行を拡幅しようというニュースだった。
 加茂市の場合,新町商店街より駅寄りの中心商店街は既に道路拡幅が済み,歩道の上にはアーケードが設けられているはず。そのあたりの様子と比較して,新町雁木通り商店街の状況を見てみたいと思う。

130430-155008
 まず,高架化された北三条駅から,東三条行きの電車に乗る。東三条駅で信越本線の電車に乗り,加茂駅を目指すことになる。
 北三条駅は,新潟県で唯一高架化された在来線の駅だそうだが,その言葉から受けるイメージからは想像もできないほどささやかな1面1線のホームに,弥彦線の4両編成の電車が入ってきた。

130430-155530
 東三条駅に到着。ほぼ同時に反対側のホームに信越本線の新潟経由村上行きの電車が入ってきた。ジャストタイミングだ。列車はすぐに発車ベルが鳴り始めた。

 そのまますんなり乗れば良かったのだが,昔とは違って,時刻表を持たずにiPhoneの乗り換え案内だけが頼りの旅である。iPhoneの乗り換え案内が,30分後の列車に乗るように指示しているのだ。

 自分の直感と知識を総動員すると,新潟経由の村上行きということは,どう考えても新津を通って新潟へ,新潟からは白新線を走って新発田へ,そして新発田から羽越本線で村上と電車は走るのだろうと簡単に予想できるから,信越本線の加茂駅を通らないわけがない。今にも発車しようとしている新潟経由村上行きの電車に乗るしかないのだが,iPhone頼りで昔の旅人としての勘がすっかり衰えてしまっていると判断し,30分後の電車を待つことに決めた。ああっ,情けない……

130430-155858
 というわけで,東三条駅で途中下車して,駅前の写真を撮ることにする。
 東京駅で買った切符は加茂駅行きなので,こうやって自由に何度でも途中下車ができる。もちろん北三条駅で下車したのも途中下車。

 どうでもいい話だけど,旅をする上で「途中下車」制度については知っておくと便利だと思う。JRの切符ならば,青春18きっぷ等のようなフリー切符じゃない普通の切符でも,有効期限内ならば途中下車が自由に何度でもできるのだ。横浜市内から加茂までの切符なら有効期間は3日間だから,途中駅で宿泊したりしながら3日間,何度でも途中駅で下車しながら加茂までの旅をすることだってできる。途中で旅を急ぎたくなったら,特急券を買えば特急や新幹線にだって乗れちゃう。実は私は今まで青春18きっぷを使ったことがないのだけど,基本的に特急や新幹線に乗れない青春18きっぷよりも「普通の切符」のほうが自由で便利に感じる点だ。

130430-160018
 東三条駅の駅本屋。

130430-160028
 東三条駅前はバスの結節点になっていて,駅から見て右側はバスの降車場,左側(この写真)はバス乗り場になっている。各地からのバスが駅前にやってきては,駅で乗客を乗せて,また各地に散らばっていく。バスはかなり頻発していると感じた。

130430-160051
 東三条駅のロータリーを出て行く路線バス。

130430-160243
 バスの乗客が,特定のバスに集中しているという感じではなく,バスが来ては数人乗り,バスが来ては数人乗るということを繰り返しているように見えた。目的地が市内各地に分散しているのだろう。

130430-160401
 東三条駅前から西に延びる道路。東三条駅は,三条市の市街地の東端にあり,駅周辺にもとりたてて商業集積は見られない。

130430-160512
 東三条駅前バス停。マイクロバスも走っている。

130430-160814
 東三条駅構内へ。

130430-165105
 あっという間に加茂駅に到着。反対側のホームを見ると,制服を着た高校生でいっぱいだ。

130430-165443
 地下道を通って加茂駅の正面口へ。
 地下道が西口へも繋がっている。その昔,加茂駅の西側に隣接して蒲原鉄道のホームがあったのだが,国鉄のホームとは地上で繋がっていた記憶がかすかに残っているため,西口側にも地下道があることが意外に思えた。
 加茂市は人口約3万人の小さな都市で,駅前から約1kmもの長い商店街(「ながいきストリート」と名付けられている)が続いているのが特徴的な街だ。人口の割に長い商店街ができたのは,蒲原鉄道が商店街と同じ方向に延びていて,東加茂駅があったからではないかと推測しているのだが,その蒲原鉄道も,加茂〜村松の区間は国鉄がJRになるよりも前に廃止されてしまった。

130430-165615
 加茂駅で下車する。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or Canon PowerShot S100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三条市の中心街を歩く 北三条

130430151511edit

三条市の中心街を歩く 北三条


 燕三条駅から弥彦線の電車に乗り,隣の北三条駅で下車する。

130430-135548
 1日の平均乗車人員がわずか400人前後で,列車のすれ違いもできない小さな北三条駅だが,弥彦線はこの北三条駅の前後だけ高架化されている。弥彦線の列車は1〜2時間間隔で,1日に28往復だから,破格の扱いにも感じる。

 高架化されたのは国鉄分割民営化後の1996年。隣の東三条駅では,弥彦線は信越本線の下をくぐってから東三条駅東側に入っていたのを,直接西側のホームに入るように路線変更したのも1996年なので,高架化には何か理由があるのかもしれないが,よくわからない。

 とにかく,この北三条駅が,人口約10万人で新潟県内第4位の人口を擁する都市の中心市街地(本町・元町)の最寄り駅である。

130430-135749
 北三条駅前の元町の交差点にある建物(石黒医院旧館)。Googleマップでは医療法人社団桂杏会と書かれている。後で表側に廻ってみようと思いつつ,すっかり忘れてしまった。今になって後悔している。昭和5年の建築だという。

130430-135857
 北三条駅前通り(御門前通り)を南へ歩く。

130430-140037
 北三条駅前通りと日吉町通りの交差点にある東忠商店。

130430-140404
 越後屋ホテルのある通り。突き当たりは實盛寺。

130430-140612
 北三条駅前通りと会議所脇小路・三条座小路の交差点にある中村酒店。

130430-141013
 北三条駅前通りの小出医院。大正時代中期の見事な医院建築だ。

130430-141110
 小出医院の横から本町四丁目の交差点方向を見る。

130430-141402
 本町四丁目の交差点の南は広常小路となる。

130430-141540
 本町四丁目から本町三丁目の三条中央商店街。

130430-141924
 本町三丁目の三条中央商店街。

130430-142216
 本町二・三丁目交差点。このあたりの三条中央商店街には金融機関の支店や呉服店などが建ち並ぶ,三条市一番の中心街だと思われる。

130430-142425
 本町二・三丁目交差点の西側を見る。左側の一角が丸井今井邸。あれっと思ったら,やっぱり北海道の老舗百貨店丸井今井の創業者の生家だった。

130430-142912
 三条中央商店街の本町一丁目側を見る。

130430-143007
 本町二丁目の新大橋通り。五十嵐川の新大橋に続いている。新大橋の先を真っ直ぐ行くと,信越本線の三条駅に続いている。

130430-143235
 新大橋の袂を本町一丁目に入ったところ。「ヤマモ産業」の文字が読み取れる。

130430-143401
 本町一丁目。

130430-143537
 上町水汲小路。

130430-143703
 上町水汲小路から本町一丁目の三条中央商店街に出る。

130430-143836
 本町一丁目バス停。

130430-143948
 左側が本町一丁目の東映ムービル。三階に大衆演劇場三条東映がある。

130430-144247
 本町一丁目の赤壁屋小路の入口から,大衆演劇場三条東映のある東映ムービルを見る。

130430-144348
 赤壁屋小路。

130430-144550
 赤壁屋小路の入口から見ると,三条中央商店街の南側には飴屋小路が五十嵐川まで続いている。

130430-144651
 赤壁屋小路から三条中央商店街を振り返る。

130430-144820
 赤壁屋小路の北側はスナック街になっている。

130430-145030
 赤壁屋小路を北に抜けて神明町に出ると,とても広い空き地がある。

 Googleマップを見ると,14階建てのビルがパルム2という専門店街と上層階の住居棟,その東側にパルム3という駐車場ビルが連なっている。となると,大きな空き地にはパルム1がこれから建つのだろうか……と,このときには思っていたが,なぜ後から建つのがパルム「1」なのか気になって調べてみたら,実はこの空き地はパルム1が解体された跡地だった。

 パルム1(6階建て)は,バブル経済真っ盛りの1988年3月に,ジャスコがキーテナントとなってオープン。その後は,郊外にできたショッピングセンター等の影響で客足が減り,2001年にジャスコが撤退。地元スーパーがテナントに入ったりしたものの,2010年に閉店。そして今,空き地になってしまった……。

 これが,ジャスコ出店→商店街崩壊→ジャスコ撤退→街が崩壊……のパターンかどうかはわからない。それにしても,ジャスコに隣接したマンションを買った方の気持ちはいかばかりであろうか……。

130430-145357
 三社小路。パルム1跡地の西側には飲み屋街が広がっている。

130430-145944
 唐紙屋小路。

130430-150046
 居島中小路。

130430-150200
 居島中小路。

130430-150302
 昭栄通りから実盛寺新道を見る。Googleマップを見ると,この昭栄通りには全蓋式のアーケードが掛かってるが,それが見当たらない。昭栄通りは元々パルム1があったところまで続いていたアーケード商店街だったが,その東側半分がパルム1となり,パルム1の取り壊しの後でアーケードを撤去したことになる。

130430-150413
 本願寺東別院(三条別院)の参道の本寺小路。三条の飲み屋街は,この参道を中心に形成されたものだと思われる。この本願寺東別院の参道を南は本町二丁目の交差点へと続き,そこから新大橋を通って三条駅前まで真っ直ぐ延びている。

130430-150619
 唐紙屋小路。

130430-151059
 本寺小路の南側を見る。

130430-151210
 新小路。

130430-151220
 新小路から本寺小路・田甫江端通り側を振り返る。ビルの入口部分が,なんだかヤバい感じ。

130430-151449
 ほれぼれするような「かわに」の木造三階建て旅館建築。

130430-151528
 すばらしい。

130430-152117
 新小路を西へ。

130430-152128
 新小路の東側を振り返る。

130430-152242
 菅原小路。

130430-152426
 寺町通り。その名の通り,両側に寺が並んでいる。

130430-152640
 寺町通りの南側を振り返る。右側の路地は三条座小路で,鍵曲がりになって北三条駅前通りに続いている。

130430-152738
 実盛寺新道。東へ進むと昭栄通りに繋がっている。

130430-152917
 北三条駅に引き返す。

 三条は古くから金物の町として知られ,五十嵐川の舟運と本願寺東別院の門前町として栄えたため,五十嵐川に沿った本町通りが三条中央商店街として,本寺小路周辺の飲食店街として賑わっていたことがわかる。北三条駅南西の元町付近にあった三条城の城下町でもあるが,今回は街の東側を歩いたため,城下町的な雰囲気は感じられなかった。西側の元町や八幡町,本町四丁目から六丁目付近を歩けば,もう少し城下町を感じることができたかもしれない。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G

| | コメント (8) | トラックバック (0)

上越新幹線で三条市へ

 今年のゴールデンウィークは信越〜富山あたりをぶらつくことにする。

上越新幹線Maxとき319号に乗る! #weather #instaweather #instaweatherpro  #千代田区 #日本
 東京駅から上越新幹線のMaxとき319号に乗車する。

国境の長いトンネルを抜けると、雪が少し残る越後湯沢だった…
 国境の長いトンネルを抜けると,雪が少し残る越後湯沢だった……

浦佐の町は桜が満開… #weather #instaweather #instaweatherpro  #南魚沼市 #日本
 浦佐の町は桜が満開(桜がうまく撮れてないけど……)

長岡はどんより曇り空… #weather #instaweather #instaweatherpro  #長岡市 #日本
 長岡はどんより曇り空……

米どころ〜 #weather #instaweather #instaweatherpro  #見附市 #日本
 米どころ越後平野の見附市付近では,田んぼに水が入り,代かきが行われている。

燕三条で下車する #weather #instaweather #instaweatherpro  #三条市 #日本
 Maxとき319号が燕三条駅に到着。

日本六角巻凧がお出迎え… #weather #instaweather #instaweatherpro  #三条市 #日本
 燕三条駅では日本六角凧がお出迎え。凧揚げをして糸を操り相手のタコ糸を切り合う三条凧合戦は有名。

上越新幹線で三条市へ
 燕三条駅は燕市と三条市に跨がって設置されている。燕市と三条市は食器や刃物,工具などの金物産業が盛んな土地だ。

上越新幹線で三条市へ
 弥彦線のホームへ向かう途中に鳥居がある。

上越新幹線で三条市へ
 弥彦線燕三条駅のホームに降りようとすると,ちょうど弥彦行きの上り列車(弥彦駅に向かうのが上り列車というのが面白い)がホームに入ってきたところだった。彌彦神社や弥彦温泉を訪ねるならこの電車に乗るのだが,今回は反対側の隣駅北三条駅周辺に広がる三条市の中心市街地を見て回ることにする。
 ところで,この直接吊架式の架線にはびっくり。JRでは和歌山線で見て以来かも。

上越新幹線で三条市へ
 30分ぐらいホームで待つと,下りの東三条行きの電車がやってきた。ローカル線はどこも1〜2時間の運転間隔なのでしかたがない。

 ── iPhone 5 or Canon PowerShot S100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日曜日)

暖まる店とは〜 芦花公園の丸美ストアー

130428174146edit

暖まる店とは〜 芦花公園の丸美ストアー


 京王線の代田橋駅まで来たら,数日前にInstagramでフォローしている方がアップした写真の中に,芦花公園の古いアーケード商店街の写真があったことを思いだした。近くなので行ってみることにする。

130428-165008
 代田橋駅のホームから,駅の西側の踏切を見る。代田橋駅前の狭い商店街を車が通れるとは思っていなかったので,踏切を渡るタクシーの姿に驚いてしまった。

130428-172525
 芦花公園駅(東京都世田谷区南烏山)に到着。できたてほやほやの橋上駅だ。
 この駅は,駅開業時には上高井戸駅だったが,駅の南側,徒歩15分ぐらいのところにあった徳冨蘆花の旧宅一帯が蘆花恒春園という都立公園として公開されたことから,芦花公園駅と改称されたらしい。ただ,駅から蘆花恒春園までの距離は,東隣の八幡山駅からとほぼ同じ(どちらかというと八幡山駅のほうが近いかも)。

130428-172743
 芦花公園の駅前商店街(芦花公園商栄会)。狭い歩道の上にアーケードが付いている。

130428-172804
 歩道が狭く,雁木みたいだ。

130428-172935
 芦花公園駅の北口側から芦花公園北交差点方向を見る。真っ直ぐ北に進むと,甲州街道(国道20号線)の芦花公園入口交差点に達する。

130428-173006
 商店街は賑わっているとは言えない。駅の南側のほうが賑わっているのかもしれない(見ていないけど)。

130428-173047
 商店街の西側の路地にある宝鮨。

130428-173127
 宝鮨の前の路地を通って商店街に戻る。

130428-173205
 芦花公園駅東側の踏切を振り返る。

130428-173301
 芦花公園北交差点。

130428-173734
 Googleマップを見ながら,目的のアーケード商店街ではないかと目星を付けた場所を目指して西へ。

130428-173852
 ここが目的地の丸美ストアー。

130428-174031
 甲州街道沿いは,街道の両側に短冊形の地割がなされているのが特徴で,基本的には地割に沿って真っ直ぐの路地が並んでいるのだが,なぜか丸美ストアーは途中で曲がっているのが興味深い。

130428-174110
 丸美ストアーの南側の入口にあるのがアイバンラーメン。どういう意味だろうと思ったら,ちゃんと店の前に店名の由来が書かれていた。アイバンというのはニューヨーク生まれの米国人店長さんの名前だという。映画「タンポポ」を見てラーメンの魅力にハマり,レストランのシェフを経験してから,とうとう日本でラーメン屋をやることになったそうだ。

130428-174146
 薄暗いアーケードの中で,数軒の飲み屋さんが賑わっていた。

130428-174210
 南側の入口を振り返る。

130428-174248
 わずか50メートルぐらいの短いアーケードだ。

130428-174303
 ドアに猫のマークが付いたスナック「シャガール」。

130428-174342

130428-174434
 北側はすぐに住宅地になっている。

130428-174725
 丸美ストアーの北側の入口。

130428-174841

130428-174857

130428-174922
 薄暗いけれども,人通りは意外に多い。

130428-175124

130428-180048
 とりあえずアイバンラーメンで塩ラーメンを食う。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和泉明店街“沖縄タウン”うりずん祭り

130428155818edit

和泉明店街“沖縄タウン”うりずん祭り


 代田橋駅前で山高帽のおじさんに「沖縄タウン」を薦められたので,行ってみる。

130428-154538
 甲州街道(国道20号線)に沖縄タウン和泉明店街の入口に,沖縄タウン8周年記念「うりずん祭り」の横断幕が掲げられている。「うりずん」とは,沖縄の方言で初夏のことを言うらしい。
 商店街から沖縄三線の音が聞こえてくるので,道行く人が立ち止まる……

130428-154812
 沖縄タウンが人でいっぱいだ。耳から沖縄の方言や音楽が入ってくる。「琉球」の文字も多い。

130428-154956
 

130428-155039
 和泉明店街直営店「いじゅん」。いじゅんとは泉(和泉)のこと。

130428-155108
 ソーキそば……。ミンサー織りのテントが沖縄風。

130428-155131

130428-155207
 杉並和泉明店街の沖縄タウンは,商店街活性化のために積極的に空き店舗に沖縄からの出店を進めるとともに,既存の商店でも沖縄商品を扱うようにして,商店街として沖縄タウン化したものだという。

130428-155445
 街のお肉屋さん北陸屋の横に,めんそ〜れ大都市場の入口がある。

130428-155601
 めんそ〜れ大都市場。

130428-155706
 めんそ〜れ大都市場の沖縄酒場。

130428-155715

130428-155818

130428-160107
 めんそ〜れ市場,大都市場の北側の入口。沖縄の雑貨や食品が並ぶ。

130428-160308

130428-160335
 大都市場の中はL字型になっている。

130428-160638

130428-160734

130428-160825
 和泉ストアーと丸伸食堂。

130428-160930
 鍵曲がりになったところにステージが設置され,唄三線のライブで賑わっている。

130428-161057
 杉並和泉明店街を東へ。

130428-161115
 鍵曲がりになっているところを振り返る。ミンサー織り風のテントがいい感じだ。

 普段の沖縄タウンの様子はわからないが,小さな商店街のイベントでこれだけの集客力があるのは,商店街の再興に成功しているように見える。ちょっとだけ沖縄風にしてみましたというレベルではなく,かなり本格的に沖縄タウン化しているのがいいのだろう。
 代田橋駅から少し離れた立地で,しかも集客力のあるスーパー等があるわけでもない。個人商店主が集まって活動し,シャッター通りを回避した良い例になるはず。

130428-161212

130428-161240
 環七通りの泉南交差点に路地(都道431号角筈和泉町線)が続いている。ちょっと不思議な感じの道路だったため東京時層地図を見たら,玉川上水から分岐した新上水が淀橋浄水場まで一直線に繋がっていて,この路地はその水路を暗渠化した上に作られているようだ。

130428-161345
 この左側の商店群のところを新上水が流れていたらしい。

130428-161443

130428-161626
 レリーフの看板がある渡辺豆腐店。

130428-161739
 都道431号角筈和泉町線。淀橋浄水場があった西新宿(角筈)まで真っ直ぐ延びている。

130428-161830
 都道431号角筈和泉町線。

130428-162808
 都道431号角筈和泉町線の裏の,さらに細い路地にはマンホールが並んでいる。

130428-163106
 マンホールが並ぶ路地を西へ進むと,沖縄タウンの大都市場の前に出る。

130428-163201
 代田橋駅に引き返す。

130428-163236
 第一食堂横の路地。

130428-163619

130428-164557
 京王線の代田橋駅に戻る。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷愁を抱いた場所 代田橋

130428152537edit

郷愁を抱いた場所 代田橋


 京王線電車の車窓から街を見ていて,昔から気になったのが代田橋駅の駅前の風景だ。今日のブログの見出しは相変わらず「郷愁をいダイタバシょ」というダジャレだけど,代田橋が気になっていたのはホントのこと。
 横浜市港南区からは気楽に出かけられる距離ではないが,前回訪問した2005年3月から約8年が経ち,どのぐらい変わっているのか,どのぐらい変わっていないかを見に行ってみた。

130428-151332
 京王線代田橋は地上にホームがあり,地下に改札口がある。改札口から短い階段を上ると,駅前広場のない駅前に出る。
 駅前には共同店舗の小さな商店が建ち並んでいる。

130428-151411
 代田駅のすぐ西側にある踏切のところが小さな広場になっていて,その奥は大原斎場になっている。

130428-151457
 大原斎場の木々が広場に日陰をもたらしている。

130428-151533
 電車の車窓から見える代田駅前の商店街の風景がこんな感じ。普通の商店街じゃねえか,という声はあるだろうけど,私には〝絶対に一度下車して見たい〟と思わせる何かが感じられる。

130428-151540
 代田橋駅のホーム横を走る京王線の電車。左側は,改札口から北口に出る階段に掛かる屋根の部分。

130428-151721
 通過する電車に手を振る母子。

130428-151750
 代田橋南口駅前通り商店街「栄光会」。
 代田橋駅の北口側には,和泉一丁目の住宅地の他に,日大鶴ケ丘高や専修大附属校などがあって,駅に向かう人通りが多かったが,南口側は住宅地しかなく,しかも約2km弱の至近距離に下北沢(小田急線・京王井の頭線)が控えていることもあって,人通りはあまり多くない。

130428-151833
 代田橋南口駅前通り商店街。

130428-151909
 代田橋南口駅前通り商店街。駅から40mぐらいのところで幅員が狭くなっている。

130428-152131
 代田橋駅西側の踏切。

130428-152258
 代田橋駅前の商店街(商栄会)。

130428-152305
 代田橋駅前から西の大原稲荷神社方向に延びる路地。

130428-152447
 京王線の踏切を振り返る。 

130428-152608
 代田橋駅前。

130428-152625
 左が代田橋駅。
 駅の北側の和泉四丁目には専修大附属高校があって,高校生の利用客が多い。日大鶴ヶ丘高校もあるが,日大鶴ヶ丘高校は明大前のほうが近いかもしれない。

130428-152711

130428-152816
 8年前に比べて,シャッターが閉じている店が多くなっている。

130428-152942

130428-153020
 代田橋駅方向を振り返る。

130428-153051
 丸安玩具店に子供達が集まっている。

130428-153153

130428-153314
 田宮のマークが丸安玩具店。

130428-153350

130428-153428
 代田橋駅方向に路地がL字型になっている。

130428-153638

130428-153705

130428-153923
 甲州街道(国道20号線)に掛かる歩道橋の先には,「沖縄タウン」和泉明店街がある。

130428-153939
 甲州街道から代田橋駅方向を振り返る。

130428-154317
 甲州街道を渡る。代田橋駅前で,山高帽を被ったおじさんに沖縄タウンをお薦めされたので,行ってみることにする。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G

【参考】
2005年3月5日 (土曜日):京王線代田橋駅周辺を歩く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土曜日)

10連休の初日はISSに感動する

 ゴールデンウィーク前の最終日は,職場の引っ越し準備で大変だった。
 私は4月1日に引っ越してきたばかりなので,机の中には新しい名刺と日付印ぐらいしか入っておらず,段ボールに詰め込むのは机の上の2台のPCだけだから楽ちんだと思っていたが,甘かった……。課内の書類を入れた大量の段ボールを,男ども全員でフロアの端に移動するという久しぶりの力仕事が残っていた(オイラのような年を取ったオッサンも駆り出される)。てきぱきとこなしたので,午後3時半頃には連休中に荷物を運んでくれる運送屋さんにバトンタッチできるところまで完了し,全員がフレックスで解散。午後4時半頃から大船の居酒屋で打ち上げ。グラスを持つ手が,疲労でピクピクするのがわかった……。

雨を覚悟してたのでラッキー(風は強い)! #weather #instaweather #instaweatherpro  #横浜市港南区 #日本
 ゴールデンウィーク最終日は,2時間弱も飲んでいたのに(禁酒中の私は,アルコールは最初の1杯のビールだけ),明るいうちに上永谷に到着し,バタンキュー……

 で,ゴールデンウィーク10連休の初日は,案の定,身体がだるくて,動く気がしない。
 午後まで寝ていたら,Twitterにこんな情報が……

@lizard_isana 今日は関東地方で国際宇宙ステーションの良パスがありますね。19:05頃北西の空から上ってきて、19:09頃南西ほぼ天頂で最大高度75度、19:12頃南東の空に沈みます。東京からの見え方はこんな感じ http://bit.ly/10HLhxl

 朝から何も食べていなかったので,外食に出かけるついでにISSを見物しようと重い腰を上げた。

 北西の空から見えてきたISSは,一瞬飛行機かと勘違いするほど,明るく大きかった。これはすごい……と背中に鳥肌が立った気分になる。写真撮影はあきらめていたが,それでもコンパクトデジカメ Canon PowerShot S100で数枚シャッターを切る。もちろん,三脚を用意したりしていないので,手持ち撮影だ。

130427-190905
 上永谷の馬洗橋付近で,ほぼ天頂近くを通りすぎるISS。思ったより綺麗に撮れていてびっくり。広角レンズに手ぶれ補正はいらないとか嘯いていたオイラだが,イマドキのカメラの手ぶれ補正機能の優秀さに驚く。

飛行機雲よりも明るく見えた今日のISS。凄かった! #weather #instaweather #instaweatherpro  #横浜市港南区 #日本
 最後に,南東の空に遠ざかるISSも撮影……

 暗くなったばかりの空を,5分以上もかけてゆっくりと横切るISSの姿に感動した。何もしない一日だったけど,とてもラッキーな一日だった(と日記には書いておこう)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日曜日)

乙舳帰帆 野島夕照 平潟湾 野島の舟屋

130414174937
130414171524edit
130414154158edit

乙舳帰帆 野島夕照 平潟湾 野島の舟屋


 金沢八景は,中国の山水画のテーマ〝瀟湘八景〟にちなんだ景勝地だったところで,八景物を好んで題材にし,各地の八景を作品にした歌川広重の代表作(名所絵揃物『金沢八景』は,小泉夜雨・称名晩鐘・乙舳帰帆・洲崎晴嵐・瀬戸秋月・平潟落雁・野島夕照・内川暮雪の全八図)にもなっている。

 平潟湾が金沢文庫駅の西側まで入り込んでいたり,内川が六浦あたりまで海だった頃の風景のことなので,今はすっかり埋め立てで内陸になってしまった手子神社(小泉弁財天)が〝小泉夜雨〟だったり,内川沿いが〝内川暮雪〟だったりしても,ちょっとピンとこない。

 とはいえ,遊漁船や釣り船が並ぶ乙舳町には〝乙舳帰帆〟っぽさが,野島町の夕照橋あたりの舟屋や野島山には〝野島夕照〟っぽさが残っているんじゃないかと思い,出かけてみる。

130414-152041
 金沢八景駅のホームから駅前を見る。
 街並み好き・商店街好きとしては,このように駅前が見渡せる駅が最近少なくなっていることを残念に思っている。駅が高架化されても,何やら薄い壁で仕切られてしまうことが多い。高いホームが吹きさらしだと,風の強い日や寒い日は不評なのだろう。幸いなことに金沢八景駅は,駅の後ろ(西側)が山になっていて,風避けになっているのが良いのかもしれない。

130414-152413
 金沢八景駅前。

130414-152438
 金沢八景駅を振り返る。こんな感じで,ホームに停車する電車がよく見える。好きだなぁ,駅っぽくて。

130414-152522
 金沢八景駅前で存在感のあった八景食堂(八景駅前食堂)がなくなっている。3年ぐらい前に,店の半分が立ち食いうどん・そばの店になっていてアレっと思ったが,とうとう閉店してしまったようだ。

130414-152618

130414-152723
 Googleマップを見ると,八景食堂の場所は大衆酒場和来となっている。ということは,八景食堂が閉店したのは,ずいぶん前のことになるようだ。

130414-152954
 金沢八景駅前の商店街を通り,シーサイドラインの金沢八景駅に向かう。シャッターを下ろしたままの店が目立つ……。

130414-153046
 横須賀街道(国道16号線)の金沢八景駅前交差点。

130414-153103
 金沢八景駅前交差点から京急の金沢八景駅を見る。

130414-153523
 金沢八景駅前交差点の東側に見えてくるのが,シーサイドライン(横浜新都市交通)の金沢八景駅。もともとは京急線の金沢八景駅まで延伸する計画があり,実際に跨道橋の横に1本だけ橋脚が先行して作られているのだが,延伸されそうな気配はどこにもない。

 また,地図を見ると,シーサイドラインを京急金沢八景駅前まで延ばそうとすると,非現実的な急カーブを描くことになる。延伸したとしても,現在のバス乗り場付近に駅を作ることになりそうで,京急の駅までの距離はあまり変わらないかもしれない(駅前地区に大きな再開発ビルを建てれば,駅と駅が直結したかのように勘違いさせることはできそうだ)。

130414-154158
 シーサイドラインの駅から見た平潟湾と琵琶島神社。ここに祀られている弁財天は,琵琶湖の竹生島の弁財天を移したものだという。

130414-154514
 シーサイドラインに乗り,一つ目の野島公園駅で下車する。

130414-154549
 野島公園駅のホームから見える乙舳町の野島運河。平潟湾と東京湾を結ぶ水路として開削された運河である。

130414-154606
 野島運河の東京湾側を見る。右側の木々は野島公園。左の奥にちょっとだけ見えているのが,八景島シーパラダイスである。

130414-155136
 平潟町と野島を結ぶ野島橋から,野島運河の乙舳町側を見る。

130414-155330
 野島運河の横をシーサイドラインが通る。正面に見えるのは帰帆橋。〝乙舳帰帆〟に由来する橋だ。

130414-155553
 野島橋を渡ると,野島の乙舳町。

130414-155636
 野島運河に釣り船が並ぶ。

130414-160027
 正面に見えるのが八景島シーパラダイス。東京湾から帰ってくる釣り船が野島運河へ。

130414-160100
 帆船じゃないけど,〝乙舳帰帆〟の風景。

130414-160413
 乙舳(おっとも)町の住宅案内図。アクリル板の中にツタがはっている。

130414-161517

130414-161527
 野島公園駅に向かうシーサイドライン。

130414-164646
 野島公園の松の木の間から見たシーサイドライン。この時点では曇り空だが,とても暖かい一日になった。

130414-165031
 日本キリスト教団金沢八景教会。近くには旧伊藤博文金沢別邸がある。

130414-165802
 野島の中を横切って,乙舳町から野島町へ。

130414-165854
 夕照橋のたもとの野島町交差点。ここから野島の中を横切って野島橋に至る道路は,住宅地の中の生活道路になるため,「野島橋車両通行ご遠慮ください」の立て看板がある。

130414-165940
 野島町交差点の信濃屋食料品店。

130414-170619
 夕照橋から平潟湾を見る。たくさんのプレジャーボートが並んでおり,その横をシーサイドラインが通る。

130414-171108
 野島町交差点。

130414-171220
 欄干に立派な擬宝珠が付いた〝ゆうしょうはし〟……「野島夕照=のじまのせきしょう」から,夕照橋(せきしょうばし)だとばかり思っていたので,びっくり。ATOKは「ゆうしょう」では変換してくれなかったので,とりあえず単語登録した。

130414-171504
 平潟湾に面した野島町に遊漁船やボートが並んでいる。風が強くて,吹き飛ばされそうになる。

130414-171602
 越屋根の付いた舟屋が並んでいる。見事な風景だと思う。

130414-171740
 越屋根の付いた舟屋。横浜産の貴重な海苔がここで細々と作られている(作られていた?)。越屋根や煙突は,ここで海苔を乾燥していたことを示している。

130414-171807
 平潟湾と野島山と夕照橋。これで夕日が見えたら,まさに〝野島夕照〟じゃないか。

130414-172454
 西の空は雲が途切れ,夕日が期待できそうだ。

130414-172516
 野島町の舟屋に沿って歩く。

130414-172538

130414-172607
 ほとんどひと気がない。海苔づくりは寒い季節がメインだからか,今日は風が強いためなのか,あるいはここではもう海苔づくりが行われていないのか……。

130414-172658
 金沢八景産海苔の種類と価格が書かれた貼り紙はそれほど古くないので,たぶん今が海苔の季節じゃないだけなのだと思われる。

130414-172821
 本場最高級金沢八景野島名産海苔の忠彦丸本店。歌川広重の『金沢八景』の八枚の名所絵が掲げられている。

130414-172834
 干し場。海苔じゃなくて,ワカメなんかを干すのだろう。

130414-172950
 釣り船のうすたつ丸。目の前を猫が悠然と横切った。

130414-173102

130414-173146

130414-173302
 夕照橋を見る。

130414-173337
 びゅうびゅうと風が強くて寂寥の感……。

130414-173437
 放置された舟。

130414-173511

130414-174052
 野島町の家並み。

130414-174111
 空が色づいてきたので,夕照橋に戻る。

130414-174518
 舟屋(乾燥小屋)にも夕日が差し込む。

130414-174659
 野島町交差点にも夕日が差し込む。

130414-174845
 文15系統,野島経由追浜車庫前行きのバスが野島町交差点を曲がり,夕照橋へ。

130414-174900
 釣り帰りの少年達。

130414-174937
 夕照橋からみた夕日。〝野島夕照〟だ。

130414-175109
 シーサイドラインの側面が(少しだけ)ギラリ。

130414-180619
 夕日はあっという間に雲の中へ。

130414-181614
 帰帆橋の上から野島運河を見る。

130414-182322
 野島運河とシーサイドライン。

130414-183128
 Auto ISOでISO3200になってる。もう限界だ。

130414-183634
 シーサイドラインの野島公園駅。

130414-185609
 金沢八景駅前。レッドブルの宣伝カーに高校生の人だかりができてた。ひょっとして無料で配布してる? ちなみに,レッドブル(に限らず栄養剤の類)は今まで飲んだ記憶がない。

130414-185805
 午後7時になってもシャッターが閉まったままの大衆酒場。

130414-185846
 京急金沢八景駅へ。朝からなにも食べていないので,空腹感がハンパない。上大岡あたりで晩飯を食って,帰宅することにする。これでたくさん食べるから,また太っちゃうんだよなぁ……

 ── Nikon D800E + AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D or iPhone 5

【参考】
2010年10月23日 (土曜日):六浦交差点から金沢八景駅へ
2008年3月30日 (日曜日):雨の金沢八景を歩く
2006年4月23日 (日曜日):金沢八景は瀟湘八景に似てるの?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土曜日)

美しが丘のクルドサックを見に行く

130413174655edit

美しが丘のクルドサックを見に行く


 散髪帰り,日没まで少し時間があったので,美しが丘のクルドサックを見に行くことにする。
 クルドサックは住宅地に計画的に設けたUターン可能な袋小路で,横浜市青葉区美しが丘や東京都板橋区常盤台にあるものが有名だ。今年の2月に飯田市に登場したラウンドアバウト型円形交差点に関して,別ブログの三日画師のかすかだりに「ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場」という記事を書いたときに,すぐにでも行ってみたくなったのがきっかけ。コメントで教えていただいた鷺沼の円形交差点も見てみたかったが,そっちは時間的にあきらめる。

130413-171313
 東急田園都市線のたまプラーザ駅で下車する。記憶の中にあるたまプラーザと全然違ってて,腰を抜かしそうになる。午後5時10分を過ぎて,日没まであと一時間程度だ。

130413-171451
 巨大になったたまプラーザ駅の北口。

130413-171610
 たまプラーザテラスのゲートプラザ。

130413-172036
 たまプラーザ テラス・ノースプラザ(東急の専門店街)の北側のはなみずき通りは,ハナミズキが満開だ。

130413-172111
 駅前の団地(日本生命たまプラーザ荘)では八重桜が咲いている。こういうところの桜がソメイヨシノではなく八重桜なのは珍しいと思う。

130413-172415
 日本生命たまプラーザ荘の八重桜。

130413-172927
 日本生命たまプラーザ荘の出入口が閉鎖されている。1960年代後半にこのあたりが多摩田園都市として開発された当初からの団地なので,老朽化のために建て替えるのかもしれない。Googleを検索しても開発計画が見当たらないのが不思議……

130413-173100
 美しが丘第1号歩道橋から見る。たまプラーザ駅に近い美しが丘一丁目は巨大な団地になっている。

130413-173338
 美しが丘一丁目のたまプラーザ団地(たまプラーザ住宅)で見かけた朝採りタケノコ。

130413-173358

130413-173755
 駅周辺でのんびりしていたら,陽がだいぶ傾いてしまった。明るいうちにクルドサックにたどり着かなくては……。

130413-173842
 八重桜も咲いている。
 美しが丘は歩車分離が積極的に行われていて,こういう緑が多く緩やかなカーブを描いた歩道で,駅まで車道を横切らずに歩けるというあたりが,人気住宅地になった要因なのだと思う。その街づくりの一環として,クルドサックがある。

130413-174236
 この先,行き止まりの看板。この先にクルドサックがあることを示す。

130413-174428
 美しが丘二丁目のクルドサック。中央に八重桜が咲いている。

130413-174655
 クルドサックの入口を振り返る。車が入れる入口は一か所。袋小路だ。

130413-174942
 階段の上からクルドサックを見下ろす。もともとの多摩田園都市計画では碁盤の目のような街路を持った街づくりを考えたそうだが,このように起伏の多い地形ゆえに,緩やかなカーブを描く街路の街になったという。
 それにしても,坂道や階段はキツい。


大きな地図で見る
 美しが丘二丁目,三丁目のクルドサックをGoogleマップで表示してみた。袋小路の具合や,歩車分離の様子が見て取れる。

130413-175523
 最初のクルドサックから約100メートルほど離れたところにあるクルドサック。道路はカーブを描き,起伏が多いので,100メートルという近距離には思えなかった。

130413-175810
 たまプラーザ団地が見える。

130413-175828
 周囲は高級住宅街。クルドサックのまわりには4〜5軒の住宅しかない。一般的な住宅街の密集度だと,ひとつのクルドサックに入り込む車が多くなったり,路上駐車が増えたりして,こういうゆったりとした状態にはならないかもしれない。
 薄暗くなってからカメラを持って歩き回っていると,不審者に思われそうなので先を急ぐ。

130413-180118
 歩車分離が徹底されていて,各住宅の敷地には,こういう歩道とは別に車が通れる道路が接している。すごい。

130413-180455
 こっちは車も通れる街路。もちろん,この先は行き止まり。これなら住民以外の車は入り込まない。

130413-180837
 美しが丘二丁目から三丁目へ。

130413-181602
 美しが丘三丁目,美しが丘中学校前のクルドサック。

130413-181554
 クルドサックの出入口の道路を振り返る。

130413-182456
 美しが丘三丁目,美しが丘第二公園の西側のクルドサック。だいぶ暗くなってきた。

130413-182744
 100メートルほど西側のクルドサック。完全に暗くなってしまった。たまプラーザ駅に引き返す際に,もう少し回れると思ったが,撮影はこれが限界。

130413-182906

 起伏のある住宅地を急ぎ足で歩いたため,少し汗ばんでしまった。郊外の住宅地を見て回ることはめったにないが,珍しいものを見るのはなかなか楽しい。

 ── PENTAX K-7 + PENTAX FA ZOOM 20-35mm F4 AL or iPhone 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立飲み屋街に変貌する溝の口駅西口商店街

130413131232edit

立飲み屋街に変貌する溝の口駅西口商店街


 いつもの店に散髪&パーマに行く途中,4年ぶりに溝の口駅西口商店街に立ち寄ってみた。

130413-130103
 東急の溝の口駅から溝の口西口商店街へ。左側にあった衣料品などを扱う店と,「お買い物は皆様の店 溝の口駅西口商店街」というゲートがなくなっている。

130413-130128
 南武線沿いには植栽が施されている。

130413-130154
 東急の溝の口駅を振り返る。

130413-130315
 溝の口駅西口商店街のアーケード。このあたりはあまり変わっていない。

130413-130328
 散髪&パーマのために出かけてきたので,重いカメラ+レンズを持ち歩きたくなくて,久しぶりにPENTAX K-7を持ってきたが,4年前のカメラなのでダイナミックレンジの狭さに少しガッカリする。

130413-130403
 溝の口駅方向を振り返る。

130413-130427
 溝口駅前商店街(ポレポレタウン)では老舗の居酒屋「たまい」の西口店ができている。大衆酒場玉井西口店。曰く〝外で飲むのがのくち流〟

130413-130457
 古本の明誠書房。

130413-130508

130413-130544
 開店すると店の外に客が溢れる有名店「焼き鳥 かとりや」。

130413-130604
 御餅菓子処「玉川堂」はみたらし団子などで知られる。

130413-130659
 南武線の立川行き電車が横を通りすぎる。

130413-130817
 Y字路マニア?垂涎の三叉路。

130413-130906
 大山街道栄橋交差点側のアーケード入口。

130413-131015
 昭文堂書店。わずか5〜60m程度の短いアーケード商店街の中に書店が2軒もある。

130413-131031

130413-131226
 西側のアーケード入口の横を,南武線の川崎行きが通りすぎる。

130413-131308

130413-131352

130413-131413
 焼き鳥かとりや。開店前なのでひっそりしている。

130413-131432

130413-131611
 2007年の不審火が大火になってしまい,現在では店舗数が半分ぐらいになってしまっただろうか。

130413-131737
 溝の口駅のバスロータリー。

 飲み屋街の写真はやっぱり夜になってからじゃないと感じが出ない。
 夜に溝の口駅西口商店街に立ち寄ったときの写真は「こちら」から。

 ── PENTAX K-7 + PENTAX FA ZOOM 20-35mm F4 AL

【関連記事】
2004年1月25日 (日曜日):溝の口駅西口商店街
2005年12月18日 (日曜日):登戸・溝の口・そして小杉へ
2006年7月22日 (土曜日):梅雨明けを待つ溝の口
2007年3月3日 (土曜日):散髪ついでに溝の口・武蔵小杉
2007年10月20日 (土曜日):溝の口経由で散髪へ
2009年1月31日 (土曜日):どっこい健在! 溝の口駅西口商店街
2015年10月10日 (土曜日):立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日曜日)

子安浜エレジー

130407180002edit

子安浜エレジー


 過去に何度も同じような写真を撮っているのに,飽きもせずに子安浜(子安運河・浜通り)へ。

130407-150747
 上大岡から京急のエアポート急行に乗り,神奈川新町で下車する。子安駅まで乗るつもりだったが,子安駅には急行が停まらないので,神奈川新町駅のある亀住町から,新町,浦島町,子安通一丁目と歩くことにする。

130407-151148
 新町の第一京浜(国道15号線)出田町入口交差点に,新しい歩道橋ができている。歩道橋を二つ並べてどうするんだろう。奥にある古いほうは取り壊すにしては,ちょっと新しくてもったいないような気もする。

 手前の新しい歩道橋をよく見ると,神奈川新町駅前の更地になったばかりの空き地方向に延ばせるような構造になっている。とうとう神奈川新町駅前,もしくは神奈川新町駅そのものが商業施設を取り込んだような新しいものに変わりそうな予感がする。3年ぐらいに,どんなビルができているのか楽しみに待ちたい。

130407-151602
 子安運河(入江川派川)に架かる荒木橋から横浜駅側を見る。
 昨日の土曜日に,日本列島を駆け抜けた大型低気圧に伴う豪雨の影響で,子安運河の水がにごっている。

130407-152700
 浦島町の子安浜通りを北東に歩く。

130407-153010
 新浦島橋から入江川派川の東側を見る。入江川派川に船屋と漁船が並ぶ。

130407-153328
 水面が上昇し,浜通りの高さと同じぐらいになっている。

130407-153403
 新浦島橋の橋脚はレンガ造り。老朽化が進んでいるためかH鋼で補強されている。
 海側の新浦島町には従来からの工場や倉庫のほかに新しい集合住宅も増え,新浦島橋の日中の利用者も増えている。現在,この新浦島橋の架け替え事業が進んでおり,西側に仮設人道橋が架けられている。架け替え工事が完了すれば,このレンガ造りの橋脚は取り壊されることになりそう。

130407-154036
 漁師町として栄えた子安浜。貝やシャコがとれたという。かつては船屋や作業小屋として使われていたところが,現在は車庫として使われている。

130407-154307

130407-154810
 海を見つめてまったりする猫。

130407-155603
 浜通りの陸側には細い路地が入り組み,古い木造住宅が密集している。その路地にはたくさんの共同井戸が残っている。かつては,この井戸水で海でとれた貝やシャコや,漁師達自身の身体を洗ったそうだ。

130407-155703
 西浜町の路地。

130407-155922
 浅間神社の西側の共同井戸。

130407-160225
 烏巣之森稲荷大明神と浅間神社。白い狐がこっちを見ている。

130407-160403
 こういう路地の中に烏巣之森稲荷大明神と浅間神社がある。

130407-160423
 浅間神社の裏側の路地を行く。

130407-160902
 この路地にも共同井戸がある。

130407-161352
 常盤橋のたもと。最近見かけなくなったリヤカーが置いてある。どうでもいいけど,サイドカーとリヤカーというほとんど同じ属性の言葉と,イメージの違いが面白い。

130407-161812
 常盤橋の上から西側を見る。

130407-161839
 常盤橋の上から北側を見る。道路の幅より橋の幅のほうが広い。この道路を北に向かうと第一京浜にぶつかり,その先に京急の子安駅がある。

130407-162229
 常盤橋の上から東側を見る。新子安駅前の高層ビル(オルトヨコハマビュータワー)が見える。

130407-162859
 常盤橋のたもとの浜通り。橋が設けられた部分だけが,かさ上げして盛り上がっている。

130407-162944
 子安浜会館付近の家並み。

130407-163050
 第一京浜の京浜子安駅入口交差点に続く路地。

130407-163110
 子安浜会館のある浜通り。あなご漁のための筒が並んでいる。

130407-163231
 京浜工業地帯らしい倉庫群と首都高速神奈川1号横羽線,漁船と運河と運河に張り出した木造家屋……子安らしい風景。

130407-163331
 あなご筒漁のための塩ビ製のパイプ。あなごは夜行性で,日中は砂地や竹筒の中に隠れている習性を利用した漁だ。

130407-163435

130407-163543

130407-163737

130407-163950
 日差しが出ているのに,雨が降ってきた。狐の嫁入りだ。普通の小雨よりも雨粒が大きいのに,なぜかふわふわとした感じの雨で,不思議な感じがした。

130407-164652
 子安通一丁目の路地の中にある浴場井川湯。

130407-164738
 路地の中にあるので,魚眼レンズじゃないと正面からの写真が撮れない。

130407-164922
 井川湯のある路地。

130407-165548
 浜通りに戻る。

130407-165800

130407-170039
 子安通一丁目の浜通り。

130407-170115
 子安浜で一番東側に架かる富士見橋のたもと。

130407-170447
 海は埋め立てられ,漁港としての賑わいはない。

130407-170733
 富士見橋から見た子安浜。

130407-170823
 インクラインのある船渠。

130407-170855

130407-170955

130407-171026
 昭和と平成のコントラスト。

130407-171310
 入江川の東,子安通二丁目側は京急新子安,JR新子安駅に近く,新しいビルがたくさん建っている。野球好きのオッサンとしては,オルトヨコハマと言われてもピンとこない。オルトはやっぱりタイガース……

130407-171715

130407-171935
 富士見橋のたもと,福本稲荷神社の前。

130407-172107
 浜通りは東端で突然途切れる。

130407-172336
 子安浜の東端にある船渠。ここにもインクラインがある。

130407-172634
 船渠の側から入江川を見る。

130407-172730
 井戸。

130407-173142
 第一京浜(国道15号線)の入江橋の上から入江川の河口を見る。首都高速神奈川1号横羽線の高架橋の下に高島線(貨物線)のガーダー橋が見える。

130407-173332

130407-174845
 日が傾いてきたので,夕焼けを見ようと富士見橋に戻る。

130407-175611
 InstaWeather + Instagramでも一枚撮影。こうしておくと,この日の天気や気温も一緒に記録される。

130407-180508
 富士見橋の上からの夕焼け空を見て(もう少しドラマチックな空を期待していたのだが),撤収する。

 ── Nikon D800E + AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D or iPhone 5

【過去の記事】
・いつか見た風景 子安運河を歩く / 2004年9月11日 (土曜日)
・神奈川新町から子安へ(子安運河に沿って) / 2007年12月1日 (土曜日)
・京急子安・浜通りを歩く/2010年6月5日 (土曜日)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »