« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の7件の記事

2013年1月26日 (土曜日)

散髪後 川31系統で宮内〜小杉〜川崎へ

130126165402edit

散髪後 川31系統で宮内〜小杉〜川崎へ


 パーマをかけた短い髪が伸びて,髪の毛が爆発状態になると,私はここ川崎市中原区の宮内にやってくる。30年も通い続ける馴染みの理髪店があるからだ。

130126-135607
 宮内バス停横の小さな公園。サザンカが綺麗。かつてはこの小さな公園にも,回転する球形ジャングルジムが設置されていたのだが,世知辛い世の中になって,いつの間にか撤去されてしまったらしい。

 勝手知ったふうに,バスを降りてからこの公園の中をショートカットし,馴染みの理髪店に向かう。いつものパターンだ。

130126-163002
 馴染みの理髪店なので,特に説明しなくてもやってくれるけど,これを新しい理髪店でやってもらうのは面倒すぎる……

 (1) パンチパーマ風の短い頭にするので,巻くのは極細ロット
 (2) 頭が大きいので,普通以上の数のロットを巻く必要がある
 (3) 剛毛なので巻いたロットが跳ね戻ることがある
 〔これは,最近年相応に髪の毛が細く柔らかくなったので大丈夫〕
 (4) パーマが仕上がった後も,髪を短く切りそろえる

 という難関をくぐり抜け,3時間弱で散髪&パーマが完了。店の外では,既に日が傾きかけていた。

 なぜ,横浜市港南区の自宅から2時間近くもかけて散髪のために通っているかといえば,この地は,私が大学院を修了して最初に就職した某富士通の裏門が近く,そして最初に入った独身寮等々力寮のすぐ近くだからである。通勤経路の路地には卓球場があったり,毎朝すれ違うため挨拶するようになった女高生のTさんもいたっけ(オッサンの話は長くなるので,このへんでカット)……

130126-163255
 府中街道の宮内交差点から,富士通の裏門(北門)方向を見る。

 半導体部門を中心とする大規模なリストラを発表したばかりの富士通。私は当時は主流だったメインフレームのハードウェア関係の部門だったが,半導体関係の同期入社も多い。みんなは元気にやってるだろうか。同じ事業部の同級入社,そして生年月日までまったく同じだったK君とは,数年前に武蔵中原で飲んだ後,混雑する東海道線の終電で別れたままだが,あいかわらず元気にやっているだろうか……。

130126-165402
 宮内のバス停で,小杉行きがきても川崎行きがきても,どちらも最後まで乗ろうと思っていたら,川崎行きのバスがやってきた。
 運転手横のかぶりつき席があいていたので,当然のように座った。さっそく,正面にビルが林立し始めた武蔵小杉の街が見えてきた(小杉十字路付近)。

130126-172532
 そのあとは半分眠りながらシャッターを押したが,まともな写真は撮れず,約1時間後に川崎駅前に到着した。

130126-172713
 川崎駅西口バスターミナル。右はラゾーナ川崎プラザ,左はミューザ川崎。

130126-172930
 ミューザ川崎(ミューザ川崎シンフォニーホール&ミューザ川崎セントラルタワー)。
 ミューザ川崎シンフォニーホールは,あの東日本大震災の揺れで天井が落下し,現在修復作業中。2013年の4月からは,再び音楽ホールとして使われることになるらしい。

130126-173005

 ── iPhone 5 or Canon PowerShot S100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日曜日)

弘明寺から旧鎌倉街道を通り上大岡へ

 上大岡から横浜市営地下鉄に乗り,隣の弘明寺駅で下車する。地上に出ると……

130120-144544
 全蓋式アーケードのある横浜弘明寺商店街(弘明寺かんのん通り商店街)がある。
 弘明寺の商店街は,横浜市内最古の寺院である弘明寺(瑞應山蓮華院)の門前町として栄えたところである。戦後のヤミ市から,1956年には当時東洋一といわれた全蓋式アーケードが設置されるほど賑わった。横浜市電の弘明寺線はここが終点であり,古くからの横浜の市街地の西の外れに位置していたことになる。

130120-145434
 レンズを85mm(Ai NIKKOR 85mm F1.4S)に替えて縦位置で撮る。が,EXIF情報は焦点距離が35mmになっている。直前まで付けていた35mmレンズ(Ai NIKKOR 35mm F1.4S)の情報がなぜか残ってしまったようだ。

130120-145811
 鎌倉街道(神奈川県道21号横浜鎌倉線)の弘明寺交差点には先週降った雪がまだ残っている。

130120-145945
 横浜市営バスのミニバス。どこ行きかを見逃した。

130120-150237
 弘明寺の交差点から鎌倉街道の通町四丁目側(蒔田,伊勢佐木町方面)を見る。

130120-150404
 その向かい側,大岡二丁目の横浜国立大附属横浜中学の敷地の片隅に並ぶ商店群。

130120-150449
 商店群とは書いたが,ほとんどはシャッターが閉じたままだ。

130120-150610
 それでも客待ちのタクシーが並んでいる。

130120-150934
 横浜弘明寺の商店街で美味いものでも食って帰ろうと思っていたが,このまま上大岡まで旧鎌倉街道を歩いてみるのも面白そうだと思いつく……。

130120-151045
 南警察署の前から弘明寺センタービルを見る。

130120-151343
 鎌倉街道の旧道入口交差点にある第二浅岡ビル。
 交差点の名前からわかるように,ここから旧鎌倉街道が分岐している。

130120-151358
 鎌倉街道(神奈川県道21号横浜鎌倉線)の旧道入口交差点。古いMFレンズ(Ai NIKKOR 35mm F1.4S)には厳しい状況だが,意外に破綻の少ない写りになった。

130120-151556
 旧鎌倉街道へ。旧道に入ってすぐは幅員が広いが,その先で急に狭くなっている。もともとは旧鎌倉街道も道幅を広げる計画があり,それが頓挫した痕のように思われる。

130120-151926
 旧鎌倉街道の横濱酒房銀の鍵亭の前から旧道入口交差点方向を振り返る。

130120-152010

130120-152201
 大岡二丁目の旧鎌倉街道。かつての商店街としての名残はあるが,商店街としての色は薄れている。

130120-152330
 旧鎌倉街道の町並みの裏側,東側には広大な大岡公園(グラウンド)が広がっている。大岡公園はもともと県立大岡高校の跡地で,大岡高校の校舎があったところには定時制の横浜総合高校が移転してくる予定になっているそうだ(グラウンド部分は学校の敷地とはならず公園のまま)。

130120-152520
 大岡二丁目,藤の木バス停付近の車屋呉服店。
 このあたりの旧鎌倉街道は,大岡通り商店街となっている。

130120-152605
 車屋呉服店の前から大岡通り商店街(南側)を見る。

130120-152713
 大岡二丁目と大岡三丁目の間の丁字路。岡村四丁目や三殿台遺跡や三殿台考古館方面にバス道路(といってもミニバスの路線だが)が延びている。
 三殿台遺跡は横浜市磯子区岡村にある縄文・弥生・古墳時代のムラの跡で,1966年に国の指定史跡となっている。

130120-153029
 大岡三丁目の大岡通り商店街。

130120-153449
 大岡三丁目のあたり。

130120-153953
 大岡三丁目の生直「めぐみ市場」弘明寺店。ここが大岡通り商店街の核店舗になっているようだ。

130120-154030
 めぐみ市場の向かい側,理容ワタナベ。

130120-154205
 旧鎌倉街道は大岡三丁目付近で緩やかに西側へカーブしている。酒のこむろ。

130120-154740
 大岡交番が大岡三丁目と大岡五丁目の境にある。その交番の横の大岡交番前バス停の横には,すっかり老朽化した県職員大岡アパートがある。既に誰も住んでいないように見える。敷地はそこそこ広いし,数年後には大きなマンションが建っているかもしれない。

130120-155152
 横浜大岡郵便局の前の中華萬珍。このあたりから大岡五丁目になる。

130120-155828
 宇田酒店。大岡五丁目に入ると「上大岡」という名前の付いた建物が多くなる。

130120-160025
 せき商店の横の路地の先に橋が見える。越戸橋だ。
 このあたりの新旧鎌倉街道は大岡川に沿って(大岡川の両側に)南北に走っており,鎌倉街道(神奈川県道21号横浜鎌倉線)の交差点は,向田橋〜越戸橋〜最戸橋というように大岡川に架かる橋の名前になっている。

130120-160139
 見上材木店。立派な材木が並ぶ。

130120-160725
 上大岡の横浜ヘリオスタワー(camio)や上大岡タワー・ザ・レジデンス(ミオカ)の高層ビルが見えてきた。

130120-160806
 大岡五丁目のゆったりとしたカーブ。橋本理容室や大塚生花店が並ぶ。

130120-161217
 最戸下橋の上から最戸橋を見る。

130120-162014
 大岡川に架かる下最戸橋。橋の両側が鎌倉街道と旧鎌倉街道に接している小さな橋だが,バスの通行量が異常に多い。上大岡駅のバスターミナルは鎌倉街道の東側の上大岡駅の真下にあり,南側からやってきたバスが直接バスターミナルに入ると,交通量の多い鎌倉街道の上大岡駅前で右折することになる。それを避けるために,上大岡の南からやってきたバスは,駅の北側の最戸橋交差点まではるばる走り,ここの下最戸橋を渡って旧鎌倉街道に入り,すぐに鎌倉街道を引き返していくのである。

 ……と,ここで「鎌倉街道の上り車線,下り車線」と書こうとして疑問が生じた。ご存じの通り鎌倉時代に幕府のあった鎌倉と各地とを結ぶ道路が鎌倉街道と呼ばれているわけだが,鎌倉街道の上り車線と言った場合,鎌倉に向かうのが上り車線になるのだろうか,それとも京都御所が基準か。現代の高速道路ならば東京(皇居)へ向かうのが上りで違和感がないけど……。

130120-162108
 最戸橋交差点から上大岡駅方向を見る。右側が鎌倉街道(神奈川県道21号横浜鎌倉線)。左の細い道路の右側が上大岡西一丁目,左側が上大岡東一丁目となる。

130120-162352
 京急線の電車が行く。このあたりは上大岡駅の北側,京急線の東側だが,上大岡西一丁目である。

130120-162708

130120-162855
 上大岡西一丁目と上大岡東一丁目の境界にある細い道が上大岡駅の東口に続いている。

130120-163217

130120-163320
 後ろに見えるのが上大岡駅のある京急百貨店。

130120-163641

130120-163724
 さんるーとビル。飲み屋が入っている。
 左右はひとつのビルなのだが,両側の梁が繋がっていないのが面白い。歪みを逃がす構造にしているのか,あるいは単に意匠的なものなのだろうか。そういえば,上大岡駅前のカミオにも同様の切り欠きがある。

130120-164258
 京急線の上を通っているのは,京急百貨店駐車場への取り付け道路。これも,上大岡駅の南側から来た京急百貨店の客が,鎌倉街道を右折しないですむようにするための施設。すごい。上大岡のバスターミナルに入るバスが最戸下橋を通るようにしたり,このような大規模な駐車場取り付け道路をつくるなど,上大岡駅前の道路を混雑させないための施策があれこれ行われているにもかかわらず,安直に路駐する車で駅周辺が混雑しているのも事実。

130120-164334
 HSビルの前から上大岡駅を見る。

130120-164517
 京急線のガードをくぐる。ホテルマヤのある路地。正面の高層ビルが横浜ヘリオスタワー(カミオ)。

130120-164632
 鎌倉街道の慰霊堂入口交差点。ここを西に入った最戸二丁目には県戦没者慰霊堂がある。

130120-165143
 朝日生命上大岡ビルの前あたり。すぐ後ろに京急本線の高架線と京急百貨店駐車場への取り付け道路(高架)が通っている。

130120-170042
 慰霊堂入口交差点付近。

130120-170140
 慰霊堂入口交差点から南西に延びるさかえ通り。ここが旧鎌倉街道である。

130120-170516
 上大岡駅前のcamio。午後5時を過ぎた。まだ少し明るさが残っているけど,上大岡で晩飯を食って帰ることにしよう……

 ── Nikon D800E [with MBD-12] + Ai NIKKOR 35mm F1.4S or Ai NIKKOR 85mm F1.4S

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月曜日)

横浜で13cmの積雪

 三連休の最終日,成人の日だ。本州南の海上を低気圧が発達しながら通過するということで,関東南部でも雪になるかもしれないという天気予報。しかもかなり積もる可能性があるとのこと……。
 朝起きたら冷たい雨。しかたなく,一日中自宅に閉じこもって音楽三昧かと思っていたら,午前9時頃からポツポツと白いかたまりが混じりはじめ,すぐに真っ白に変わる。

 国立での全国高校サッカー決勝は雪のために中止になり,しかも決勝戦が打ち切りになるのか,延期になるのかも決まっていない模様……。
 というわけで,久しぶりの雪を楽しみたくて,我慢できずに外に出てみた。

我慢できずに外に出た。粉雪じゃないから、いきなりシャーベット状なので始末が悪い。それにしても、駅前の坂道に放置してある車は…
 上永谷駅前から丸山台の坂道(丸山台商店街)を見る。既に10cmぐらいの積雪になっている。帰省したときに今年の福島の雪は経験済みだが,その雪とは違って,降っているときから既にシャーベット状で始末が悪い。
 駅前の坂道には動けなくなったと思われる車が放置中で,邪魔になっている。

風がつよい
 横浜市営地下鉄上永谷駅に続く藤棚。北からの風が強く,傘を差していられない。

バス待ちも辛そうだ。低気圧育ちすぎ。
 バスも平常運転ではないだろう。
 それでも,バス待ちの行列(雪と強風で大変そう)の長さは普段とあまり変わらない……

130114-151743
 というのも,多くの人はバスターミナル横のヨーカドー内でバス待ちしていたからだ。ヨーカドーの表の重い扉が一斉に全開になるほどの強い風が時折吹き付ける中,ヨーカドーの中はバス待ちする人々で一杯になった。成人式が大変な荒天になってしまった着物姿のお嬢さんも,バスが到着したタイミングで,一斉に店を出て行った。

130114-145040
 ヨーカドーの裏側(南側)の交差点へ。シャーベット状の雪はとても滑りやすく歩きにくい。福島県三春町で生まれ育ち,雪の上は歩き慣れていると思い込んでいたが,カラダのほうはすっかり歩き方を忘れてしまっていた。初心に返って,ペンギンのように歩幅を小さくして歩く……。

横浜で13cmの積雪
 港南土木入口交差点の横。ここの坂道には,雪が降るといつも雪だるまができる。今度の雪でも期待できそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日曜日)

戸越公園から昭和通り荏原中延へ

130113172246edit

戸越公園から昭和通り荏原中延へ


 西大井から荏原町〜旗の台方向に歩くつもりだったが,脇道の道草を食いすぎているうちに戸越公園駅に来てしまった(「ゆたか〜戸越公園駅南口」の記事参照)。
 まだ午後三時半。もう少し見て回れそうだ。戸越銀座商店街は規模が大きいので半日以上かけてゆっくり見て回りたい……ということで,今日の残りの時間は中延から荏原中延あたりを目指して歩くことにする。

130113-153113
 戸越公園駅前。だいぶ日が傾いてきた。

130113-153331
 戸越公園駅の踏切から大井町駅行きの電車を撮る。
 昔からこういう鉄道がらみの写真ばかり撮っていたが,「お前の鉄道写真には鉄道への愛が感じられない」と言われ続けたことを思い出す。

130113-153346
 踏切を通りすぎて,戸越公園駅のホームに入る大井町駅行きの電車。

130113-153437
 戸越公園駅の踏切から遠ざかる。

130113-153629
 戸越公園駅南口商店街を南へ。

130113-153747
 戸越公園駅南口商店街の南側にあるイトーヨーカドーへ。ここは商店街の核店舗になっているように見える。
 膀胱が破裂しそうなほど満タンだったため,ここのヨーカドーのトイレを拝借する。

130113-155153
 戸越公園駅南口商店街を南へ。

130113-155323
 道端に置かれた商品群。売り子さんはいないので,向かい側のまるやまの店員さんを呼ぶようになっているのかな。

130113-155503
 大原小学校の前の通りを行く。

130113-155616
 大原小学校の前あたり。

130113-155908
 戸越六丁目と豊町六丁目の境界,地下鉄中延東口商店街へ。

130113-160225
 地下鉄中延東口商店街。このまま道なりに行くと都営浅草線中延駅,第二京浜(国道1号線)の中延駅入口交差点,東急大井町線中延駅に続く。

130113-160246
 地下鉄中延東口商店街。

130113-160350
 中延温泉「松の湯」。中延温泉と名乗っている通り,温泉法のれっきとした温泉。ただ,湧出温度は低く,狭義では鉱泉に分類されるようだ。

130113-160427
 改築されているものの,立派な温泉建築だ。

130113-160457
 もともとは唐破風のあるところが入口だったようだ。

130113-160558
 地下鉄中延東口商店街。

130113-160629
 地下鉄中延東口商店街の松の湯の前……。

130113-160943
 地下鉄中延東口商店街。

130113-161112
 第二京浜(国道1号線)の中延駅入口交差点。真下に都営浅草線の中延駅がある。正面の高架線が東急大井町線の中延駅のホーム。

130113-161634
 第二京浜(国道1号線)の跨ぐ東急大井町線。「やさしさが 走るこの町 この道路」……せっかくだから電車が走るシーンを撮りたくて,踏切がないのでいつ来るかわからない電車を重いカメラを構えたまま待った(この日一番気合いを入れて撮影したにもかかわらず)結果がこの通り。防音フェンスが予想外に高くて,電車がほとんど隠れてしまっている。残念。

 まぁ,意外にも鉄道好きだった印象派のクロード・モネが描いた「アルジャントゥイユの鉄道橋」でも,鉄橋を走る蒸気機関車は煙突がチラッと見えているだけだし,こういう鉄道橋の写真もありということにしたい。鉄道車両ファンの人は絶対に撮らない写真だろうけど。

130113-161641
 第二京浜の中延駅入口交差点から南側を見る。

130113-161716
 中延駅入口交差点を渡ると中延駅前通り商店街となる。

130113-161940
 東急大井町線の中延駅(中延四丁目)。高架駅になっていて,都営地下鉄浅草線の中延駅との距離は近いものの,乗り換えはかなり遠回りになっている。

130113-162035
 東急大井町線中延駅前。

130113-162123
 東急大井町線中延駅のホームの下をくぐる。中延駅前通り商店街。

130113-162517
 中延駅前通り商店街。右側に中延商店街(なかのぶスキップロード)のアーケードがある。

130113-162527
 中延駅前通り商店街。中延駅方向を振り返る。

130113-162919
 なかのぶスキップロード。東急池上線の荏原中延駅まで続く約330メートルの全蓋式アーケード商店街である。

130113-164122
 なかのぶスキップロードのマルシン青果。

130113-164227
 なかのぶスキップロードは,中延三丁目と東中延二丁目の境界に位置している。

130113-164242

130113-164327
 なかのぶスキップロード。

130113-164419
 立ち食いしたくなるが……自重自重。

130113-164628
 なかのぶスキップロードを北へ北へ。

130113-164815
 賑わいのある商店街だ。

130113-165047

130113-165142
 なかのぶスキップロードの丸京庵。大きな和菓子の店だ。

130113-165239
 なかのぶスキップロードは,北側(荏原中延駅側)で少しカーブしている。

130113-165443
 アーケード商店街のカーブに魅力を感じてしまう自分が,少しだけ気持ち悪い。

130113-165645

130113-165945
 なかのぶスキップロードの全蓋式アーケードの北端。荏原中延駅はもう少し北側にある。

130113-170239
 アーケード商店街を振り返る。

130113-170407
 なかのぶスキップロードのアーケードの北端の交差点から西側に延びるのが,昭和通り商店街である。

130113-170612
 昭和通り商店街。

130113-170649
 昭和通り商店街の東側を振り返る。

130113-170910
 昭和通り商店街となかのぶジャズフェスティバルの横断幕。名前だけは聞いたことがあるジャズフェスティバルだ。
 なかのぶジャズフェスティバルの案内を見たら,地元のアマチュアバンド,小学校のブラスバンド,そして,渡辺香津美,今田勝,中村誠一,峰厚介,本多俊之,松島啓之,向井滋春,鈴木道子……その他にも有名処が勢揃い。ナビゲーターは相倉久人!で,3月24日(日)に荏原文化センターで開催されるという。
 3月24日のイベントの他にも,2月から3月にかけての土日は,商店街の特設ステージや広場で多数の大学のジャズ研等の演奏が楽しめるらしい。
 中延の商店街は頑張ってるなぁ!

130113-170928
 西へ進むと「昭和通りShopping Town」のネオンゲートがお出迎え。日が落ちてから時間が経ち,すっかり暗くなってしまった商店街に「昭和通り」の文字が輝く。

130113-171014
 昭和〜と叫びたくなる。

130113-171245
 昭和通り商店街は午後4時から午後6時まで,車両通行止めになる。

130113-171336
 そして昭和通り商店街には,卵形をしたこやつがたくさん立っているのだ。なにこれ?

 調べると,これは昭和通り商店会の「しょうちゃん」というキャラクター。深澤ユリコさんという方の作品で,みんなに受け入れられるキャラクターで商店街のマスコット……のプレッシャーの中,ただ「可愛い」より好き嫌いがはっきり分かれても「インパクト」が大事だと考えて作ったキャラクターだそう。個人的には,「可愛い可愛い」ばかりのやつより,ずっと良いと思う。

130113-171357
 昭和通り商店街のはきもの埼玉屋。

130113-171441
 昭和通り商店街。

130113-171824
 昭和通り商店街の名前の由来はよくわからないが,見るからに「昭和」ではある。

130113-172024
 シューマイ専門店「丸田」の前にも「しょうちゃん」がいる。

130113-172048
 このあたりが昭和商店街の西の端だろうか。そろそろ荏原中延駅に引き返そう。

130113-172517
 ふと見ると,シャッターにもこやつがいる。

130113-173120
 荏原中延駅が見えてきた。右側の飲食店群は,かつて池上線が地上を走っていたときの線路の後に建っている。今はこの地下を池上線が走る。

130113-173240
 えっ,これが池上線の駅?……と感じたほど立派な荏原中延駅。

130113-173320
 荏原中延駅の北側には,荏原中延東栄会商店街(サンモールえばら)〜中延一丁目商店街が続いている。
 すっかり暗くなってしまったので,ここから先はまた次の機会の楽しみに取っておこう……。

 ── Nikon D800E [with MBD-12] + AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆたか〜戸越公園駅南口

130113150725edit

ゆたか〜戸越公園駅南口


 昨年の12月に大井町から西大井まで歩いたとき(写真撮っけど,さすけねがい?「品川区大井町〜二葉〜西大井」)に気になった,西大井駅の西側に続く商店街を歩いてみる。

130113-135649
 戸塚から横須賀線の上り電車に乗って,西大井駅(東京都品川区)で下車する。
 西大井駅は東京都区内のJR駅の中では7番目に利用客数の少ない駅だそうだ。もともとここは古くからの駅ではなく,東海道本線の貨物支線だった品鶴線を旅客線化して,東海道線と分離した横須賀線の電車が停まる駅ができたのはJR誕生とほぼ同じ時期(正確にはJR誕生の一年前の1986年)だった。最近になって,便利な湘南新宿ラインの列車本数が増えてからは利用客数が大幅に増加している。

130113-135946
 横須賀線・湘南新宿ラインのホームの下をくぐって,二葉三丁目側へ。ちなみにこの道路は,立会川を暗渠化した立合道路である。

130113-140148
 西大井駅を振り返る。西大井駅のホームの上には東海道新幹線の高架線が通っている。さすが東海道新幹線,電車がひっきりなしに通過する。

130113-140519
 路地を通って二葉3丁目進和会商店街へ。

130113-140537
 二葉3丁目進和会商店街。菜食美「つき朋」。よく見るとタイル貼りの円柱……。

130113-140620
 三間通りの二葉3丁目進和会商店街の東側を見る。高い高架線の上を東海道新幹線の電車が走る。
 三間通りは,JR横須賀線の東側の二葉二丁目,二葉一丁目もそうであったように,西から東へ向かっての一方通行になっている。

130113-140713
 二葉町や西大井の道路の格子と東海道新幹線・横須賀線の線路が斜めに交わっているため,街の東側と南側を見ると,遠くに電車・高架線が見える。

130113-140832
 二葉3丁目進和会商店街を西へ。

130113-140930
 二葉3丁目進和会商店街の東側を振り返る。

130113-141019
 三間通りは,西大井駅の北側では北東〜南西に延びていたのが,このフルーツ「こうの」の前のカーブを過ぎてからは東西に延びることになる。

130113-141245
 フルーツ「こうの」の前から東西に延びる三間通りの西側を見る。

130113-141451
 二葉3丁目進和会商店街の三間通り。

130113-141738
 履物「すわらや」など,昔ながらの商店が並ぶ三間通り。

130113-141844
 岡田屋。シャッターが閉まっているので,何の店だったのかはわからない。

130113-142138
 二葉三丁目と二葉四丁目の境目あたりから二葉三丁目側を見る。

130113-142228
 二葉四丁目共栄会商店街。

130113-142243
 二葉四丁目側から三間通りの二葉3丁目進和会商店街を見る。

130113-142727
 三間通りをJR大井町駅行きのバスが通る。三間通りは,東急大井町線の経路からは少し離れていることもあって,大井町行きのバスは結構な頻度で運転されている。

130113-142926
 二葉四丁目共栄会商店街のめん処土田八(どたはち),SNACK赤とんぼ。

130113-143017
 このまま三間通りを真っ直ぐ歩き,荏原町(東急大井町線)〜旗の台駅(大井町線・東急池上線)付近を歩き,疲れたところで池上線で東急蒲田まで向かうのもいいな……と思っていた。

130113-143248
 この北側に品川豊郵便局があることに気付く。地図を見る限りではあまり商店街っぽい感じはしなかったが,記憶の中に固まりつつある「郵便局のあるところは古くからの商店街」という思いに逆らえなくなり,ここから路地を北上してみる。

130113-143352
 二葉四丁目。あまり商店街っぽくない住宅地が続く。

130113-143657
 豊町六丁目へ……。残念ながら品川豊郵便局は,豊町六丁目の住宅街のなかにあった。もう少し丁寧に探せば,面白そうな路地があったのかもしれないが,既に心は北の方に見える煙突に奪われていた。

130113-144328
 豊町六丁目と戸越六丁目の境界となっている道路へ。ここを右側に回り込んだところに煙突があるはず……。

130113-144406
 目指す煙突は,あらゆる家電品のマルコー電器の裏側か,その奥のビルの裏側か……。

130113-144701
 煙突の方向に回り込もうとしたら,戸越公園駅南口商店街とゆたか商店街の交点に出た。しかも,ここで写真を撮っている私の真後ろに豊町交番があって,ちょっと居心地の悪い雰囲気だ(とはいえ,不思議なことに,昔から怪しい風貌で商店街の写真を撮っているけど,今まで一度も職質というものを受けたことがないオイラ)。

130113-144801
 交差点の南側,ゆたか商店街を南へ歩くと,右側に銭湯が見えてきた。ずっと気になっていた煙突の主だ。

130113-144938
 ゆたか商店街の豊湯。入口に唐破風と千鳥破風がある伝統的な銭湯のスタイルではないが,歴史のありそうな大きめの銭湯である。

130113-145037
 ゆたか商店街が南に続いている。
 あれっ,ここを南へ少し歩くと,二葉三丁目と二葉四丁目の境界の,あの交差点に続くではないか。
 いろいろ街歩きをして,なんとなく商店街がありそうな雰囲気というか匂いを感じられるようになっていると思い込んでいた私。二葉三丁目・四丁目の三間通りを歩いているときに,このゆたか商店街の雰囲気に気付かなかったのは……ちょっとショックだ。作りあげつつあった嗅覚は,既に衰えつつあるのかもしれない。

130113-145052
 ゆたか商店街の豊湯。

130113-145142
 南に続くゆたか商店街。

130113-145254
 ゆたか商店街。

130113-145918
 ゆたか商店街の北端(豊町交番の裏側)にある大原不動尊。上総国(千葉県)の大原から運ばれてきた不動尊だから,大原不動尊と呼ばれているらしい。

130113-145949
 ゆたか商店街から戸越公園駅南口商店街を見る。右の通りの先に戸越公園駅がある。

130113-150714
 ホッ…とすとりーと戸越公園駅南口商店街。

130113-150907
 開放的な商品展示……

130113-151117
 まるやま……Ptプラチナ,金,ダイヤ買取。

130113-151150
 戸越公園駅南口商店街。人通りはそこそこ多い。
 自転車の買い物客は,戸越公園駅の北側から池上線戸越銀座駅界隈に続いている,規模の大きな戸越銀座商店街まで買い物に行ってしまっているかもしれない。とにかく,商店街の密集地帯である。

130113-151252
 ゆたか商店街方向を振り返る。

130113-151308
 日用品を揃えるには十分な規模の商店街だと思う。戸越公園駅南口商店街の裏側には大手スーパーのイトーヨーカドー戸越店がある。
 このヨーカドーにはそこそこの大きさの駐輪場はあるものの,周囲に巨大な駐車場は用意されていない。周辺の道路も狭く,マイカーでの利用には特化していない。
 徒歩あるいは自転車で買い出しに行ける,日々の買い物に特化した商店街と大手スーパーのタッグ。これは人口密度の高い都市部住宅地では十分に成りたつシステムだと思った。

130113-151405
 戸越公園駅に向かって戸越公園駅南口商店街を歩く。

130113-151503
 商店街に密集感が無いのが少し残念かも。

130113-151551
 フローリスト「はなくに」。商店街の花屋さんはとても重要。

130113-151647

130113-151847
 戸越公園駅の入口に設けられているとごし公園通りのアーチ(ゲート)。

130113-151912
 戸越公園駅南口から南側を振り返る。

130113-151943
 東急大井町線戸越公園駅。走ってきた電車は長津田行きだったのでびっくり。田園都市線の溝の口まで乗り入れていることは知っていたが,田園都市線にそのまま入り,長津田まで直通運転する列車ができているようだ。

130113-152022

130113-152035
 東急大井町線戸越公園駅の西側。ふと見たら,先日Tumblrに流れてきたコインランドリーの写真はここのコインランドリーに違いない。「コイ」の文字だけで気付いた俺,えらい?

130113-152054
 戸越公園駅横の踏切を渡る。

130113-152109
 戸越公園駅前。こういう東京の小さな私鉄沿線に住みたいという憧れは,私の中に昔からある。

130113-152513
 戸越公園駅の北側には戸越公園中央商店街〜宮前商店街が続いている。その先には,有名な戸越銀座商店街も……。戸越銀座商店街はまた次の機会に見て回ることにしよう。

 ── Nikon D800E [with MBD-12] + AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日曜日)

横須賀汐入〜坂本〜不入斗〜上町

130106151323edit

横須賀汐入〜坂本〜不入斗〜上町


 どうでもいい話だけど,昨年の年末にD800E用の縦位置グリップを買い,せっかくカメラのグリップがしっかりしたので,今までD800Eで使わずにいた大口径重量級ズームのAF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8Dを付けてみる。

130106-140730
 京急線の下り電車に乗って,汐入駅(横須賀市)で下車する。汐入駅はホームの端がどちらもトンネルになっていて,とても横須賀らしい。

130106-141957
 汐入駅の南側にある汐留通り。汐入駅の東側のトンネルの上にあるのは緑ケ丘女子校。

130106-142014
 汐入駅から南側に延びる汐入大通り商店街(汐入町二丁目)。

130106-142039
 汐入大通り商店街から京急線汐入駅のガード方向を見る。

130106-142320
 歩道の上にアーケードがあるので見づらいが,汐入大通りには看板建築の商店が点在している。

130106-142614
 汐入大通り商店街。

130106-142708
 汐入大通り商店街と汐入子ノ神通り(汐入宮元商店街)の境界(汐入町二丁目と四丁目の境界)の交差点。

130106-143044
 交差点から汐入宮元商店街(汐入子之神通り)を見る。

130106-143143
 御菓子司の山口屋と看板建築の元理髪店?

130106-143205
 交差点から汐入駅方向を振り返る。汐入駅の北側にある「ベイスクエアよこすか」の高層ビルが見える。

130106-143522
 路地を入ると高尾山長光寺の階段がある。

130106-143724
 逸見駅やJR横須賀駅方向に続く路地を歩くと亀の湯がある。

130106-144134
 汐入町五丁目,亀の湯のあたり。

130106-144236
 曲がりくねった道が続く。

130106-144453
 汐入町五丁目の道を行くと,京急線の踏切が見えてくる。

130106-144622
 京急線の電車が走る。京急線の電車に乗ると,汐入駅と逸見駅の間はほとんどがトンネルだが,一瞬だけトンネルを出るところにある踏切がここだ。初めて来たところなのに,ちょっと懐かしい感じがする。

130106-144711
 振り返ると亀の湯の煙突が見える。煙突の先の山の上にあるのが長光寺。

130106-144907
 踏切まで行ってみる。

130106-145325
 実際に来てみると,電車の中から見たのとは全然違ったイメージになるのが面白い。

130106-145403
 踏切から,さらに登り坂が続いている。

130106-145507
 商店街と言うほどではないが,かつては日用品を扱っていたと思われる店が点在する。
 さらに先にはJR横須賀駅の東側に続くトンネルがあるのだが,今日はこのへんで引き返す。

130106-150030
 列車が通りかかるたびに写真を撮りたくなってしまうので,ぜんぜん前に進まない。

130106-150141
 汐入駅方向を見る。トンネルの先に汐入駅のホームが見え,さらにその先がトンネルになっているのが見える。

130106-151128
 汐入宮元商店街に戻る。

130106-151253
 この看板建築の元理髪店,魅力ある店構えだなぁ。

130106-151323
 汐入宮元商店街からベイスクエアよこすかを見る。

130106-151356

130106-151546
 汐入宮元商店街のある汐入子之神通りのゆったりとした坂を上る。

130106-151655
 汐入子之神通り。商店街としての機能は薄れてしまっている。丘の上にアパート群(坂本町一丁目)が見えるのも,また横須賀らしい風景だ。

130106-151729
 右側に見えてくるのが通りの名の元になっている子之神社。

130106-151831
 子之神社の前から汐入駅前のベイスクエアよこすかの高層ビルを見る。

130106-152227
 さらに汐入子之神通りを上る(南へ)。

130106-152337

130106-152600
 汐入町四丁目の大黒湯。

130106-153059
 このあたりで引き返そうかとも思ったが,実家のある福島県三春町の北町あたりの町並みにも似ているような雰囲気があって,どんどん坂を上ってしまう。初めてなのに懐かしい……という感じ。

130106-153542
 汐入駅方向を振り返る。

130106-153620
 汐入町四丁目の汐入子之神通りを走る京急バス。

130106-153826
 汐入宮元町内会館。ここの路地,入ってみれば良かったな……と今になって思う。

130106-153935
 汐入宮元町内会館あたりの汐入子之神通り。

130106-154234
 汐入子之神通りが急な坂になるあたり。

130106-154303
 自転車で上るのは大変な坂になる。この先で汐入町四丁目から坂本町一丁目に変わる。

130106-154406
 亀の湯のある汐入町五丁目に続く路地。この道の先もトンネルになっている。

130106-154559
 私は体重があるので坂道・階段は大嫌いだが,坂道・階段のある町並みが大好きだという,自己矛盾。

130106-154647
 坂本町一丁目から汐入町四丁目の汐入子之神通りを見る。

130106-154958
 坂本坂下バス停付近で工事をやっている。

130106-155245
 坂本坂下あたりから坂本町二丁目の家並みを見る。
 ちょうどこの下の地下をJR横須賀線が通っていると思うと,ちょっとワクワクする。

130106-155401
 ダイシングソーのブレードの拡大模型……ではない。

130106-155436
 坂本坂下バス停付近のカーブ。汐入子之神通りが坂本町一丁目と坂本町二丁目の境界になっている。

130106-160023
 坂本交番前交差点。すぐ横に坂本坂上バス停がある。坂本坂下バス停からは少し上って,そこからだらだらと下ったところに坂本坂上バス停がある。標高でいえば坂本坂下より坂本坂上のほうが低いんじゃないか,という印象を持った。

130106-160134
 坂本交番前交差点にある御菓子司突貫。

130106-160858
 坂本町の坂本交番前交差点から不入斗町への坂道を下る。
 このあたりには,桜小,坂本中,不入斗中(そして旧坂本小バス停の近くには旧坂本小)が密集している。特に前の三校は校庭や校舎が坂本一丁目内に隣接していて,不思議な感じがする。

130106-161107
 不入斗中学校。昭和31年には生徒数が3084名となり日本一のマンモス校になったという。昭和34年には桜台中,常葉台中に分離,その桜台中は近年になって坂本中と統合されるなど,学校が密集していることには複雑な理由があるようだ。
 ちなみに,ここは山口百恵がデビューする前に通っていた中学校でもある。

130106-161240
 不入斗中の横から上町方向に延びる道。横須賀不入斗郵便局がある。
 左手のツタが絡まるパン屋さんは,子供の頃の百恵ちゃんが通ったという「アライベーカリー」。開いてたら“揚げソーセージパン”を買ってみたいと思ったが,残念ながらこの日は営業してなかった。

130106-162908
 不入斗町四丁目から三丁目の坂道を下る。西来寺バス停付近。

130106-163002
 不入斗公園の横をぐんぐんと下る。

130106-164104
 鶴久保小学校の前にある当り湯。白漆喰の土塀がカッコいい。

130106-164314
 当り湯の前の不入斗橋バス停付近から西側の豊の坪バス停方向を見る。

130106-164736
 鶴久保小学校前交差点。鶴久保小学校(山口百恵が卒業した小学校)に繋がる歩道橋が補修工事中だ。

130106-165039
 上町三丁目の旧柏木田大門通り。上町三丁目商店街(上町三丁目商和会)。

130106-165013
 福助ホテルが更地になり,柏木田の名残は町内会の名前ぐらいになった。

130106-165418
 上町三丁目商店街。

130106-165446
 大門通りを振り返る。

130106-165539
 上町三丁目商店街。

130106-165723
 富士見町三丁目から上町三丁目を振り返る。

130106-165908
 クリーンよこすか,東佐野町会会館。

130106-170030

130106-170222
 富士見町三丁目。

130106-170649
 富士見町二丁目。

130106-170928
 富士見町二丁目。

130106-170954
 ハム月販横須賀店。屋根にはアマチュア無線のアンテナが……と思ったら,その横には煙突が見える。

130106-171218
 路地を回り込んでみたら,銭湯があった。新世館浴場。

130106-171644
 富士見町一丁目の行き止まりの道路。地図を見ると,道幅が不揃いで不思議な感じになっている。

130106-171745
 富士見町一丁目から県立大学駅に下る切り通し。

130106-171941
 県立大学駅のホームに電車が停車中。

130106-172315
 京急県立大学駅。すっかり暗くなってしまった。

 ── Nikon D800E [with MBD-12] + AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金曜日)

寝正月 & Uターン

130103162320edit

寝正月 & Uターン


 唯一持って帰ったデジカメPowerShot S100のレンズが出っぱなしになって動かないので,ほとんど外出する気にもならず,ぐーたら寝正月となる。

130102-081017
 実家の神棚。両親も年を取り,今年は初めて市販の鏡餅が供えられていた。昔はしめ縄も自分の家でなっていたし(縄を「綯う(なう)」って言葉が死語に近いかも),たとえば味噌も自家製だったし,何でも自分の家で作っていたけど,時の流れを感じる。

130102-081227
 実家の仏壇。

130103-163359
 実家の前の切り通し(と呼ばれる通り)。紫雲寺山の陰になるので,ちょっと雪が降ってもなかなか解けない。

130104-081215

130104-175744
 1月4日,Uターン。
 この日から仕事始めのところも多いだろうし,休む人は6日の日曜日まで休みを取る人も多そうだし,Uターンラッシュのピークとピークの谷間だとの判断。とはいえ,東北新幹線には郡山始発の東京行き「なすの」がある。発車時刻10分前なのに,車内はこんな感じ……。

130104-181818
 ダイヤが少し乱れていて,定刻から12分遅れで動き出した「なすの278号」の車内。郡山を発車した時点では,いつもガラガラだ(と思う)。とはいえ,新白河,那須塩原と進むにつれて満席となる。

130104-201645
 東京駅で東海道線に乗り換え。品川駅の前後でしばらく京浜東北線と併走する。

130104-202318
 東海道線の電車が多摩川を渡り,神奈川県へ……

 ── iPhone 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »