« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の3件の記事

2012年11月25日 (日曜日)

ニックネーム使わないの? 横浜市南区六ツ川

121125161326edit

ニックネーム使わないの? 横浜市南区六ツ川


 待望の三連休だったが,前半は体調不良でダウン。最後の日曜日になってちょっとだけ回復したので,近所の横浜市南区六ツ川の街を歩いてきた。
 カメラはちょっと気分を変えて,ここ数年使っていなかったNikon D2Xを引っぱり出し,手持ちのレンズの中の唯一のDXレンズであるAF-S NIKKOR 17-55mm F2.8Gを付けてみた。

121125-135922
 京急線の弘明寺駅で下車する。駅の南側には弘明寺公園の下をくぐるトンネルがある。

121125-140536
 弘明寺駅の駐輪場から,駅の北側の踏切を見下ろす。
 D2Xで数枚撮った時点で,ダイナミックレンジがとても狭くて苦労してた記憶が蘇ってくる。最近のD800E等のデジカメは進歩してるんだなぁ。

121125-140945
 弘明寺駅前の踏切。うわっ,警報機が鳴り出した,急いで渡れ〜。

121125-141026
 踏切から平戸桜木道路の弘明寺駅入口交差点への坂道にあるのが六ツ川商店街である。

121125-141156
 京急弘明寺駅の周辺の道路が狭いので,最寄りのバス停は平戸桜木道路の弘明寺駅入口交差点付近にあり,そこから駅や東側の弘明寺「かんのん通り」商店街まで歩く人も多い。

121125-141312
 左の奥にあるのは,神奈川県内に多くの店舗を持つスーパーマーケット「食品館あおば弘明寺店」。
 魚処「ほほじろ」の〝天然くえ鍋〟の文字に惹かれる。

121125-141447
 弘明寺駅方向を振り返ると,踏切が鳴り,京急線の赤い電車が走っていった。

121125-141901
 六ツ川商店街を下る。平戸桜木道路が近くなると平坦になる。

121125-142329
 平戸桜木道路に出ると,弘明寺口バス停にバスが停まっている。残念ながら行き先は判別不能。

 混雑防止(誤乗車防止)のためだろうか,東戸塚・六ツ川方面の弘明寺口バス停は交差点の前後2カ所に分散している。また,井土ヶ谷方面のバス停は京急線のガード下にあり,駅からはかなり遠い位置にある。ここで乗り換える乗客は多いので,もう少しバス停を交差点に近づけることができればいいのだが……。

121125-142405
 平戸桜木道路を西へ。先ほどの弘明寺口バス停から西に少し歩いたところに,もうひとつの弘明寺口バス停がある(バス停名は違っているかも)。

121125-142443
 屋根の付いたバス停が見えてきた。

121125-143325
 バス停を通り過ぎ,平戸桜木道路を西へ。このあたりが南区六ツ川一丁目の商店街の中心だろうか。
 平戸桜木道路が広すぎて,商店街という雰囲気が薄い六ツ川一丁目ではあるが,横浜市統計ポータルサイトの商業統計調査をみると,六ツ川一丁目の商店街は従業員数・年間商品販売額,売場面積とも,あの賑やかな弘明寺商店街に対して約半分弱の規模があり,意外にそこそこの規模を誇っている。

121125-143355

121125-143532
 平戸桜木道路の弘明寺口交差点から弘明寺駅までの人通りは多いが,それに比べると六ツ川一丁目の商店街の人通りは落ちる。それでも,最近歩いた反町や中村橋の商店街に比べると,歩行者の数はかなり多いほうだと感じた。

121125-143548

121125-143902
 平戸桜木道路をさらに西へ。

121125-143921
 永田山王台方向に続く路地のある信号機。

121125-144010
 MEN’S PLAZA「AOKI」が閉店セール中。ここは,以前は神奈川県内にたくさんの店を構えた,家電販売店のL商会だったところ。

121125-144357
 六ツ川食糧精米所という文字が見える。

121125-144926
 すなっく「あお」のある一郭。

121125-145124
 六ツ川一丁目の六ツ川バス停と足立ビル。

121125-145258
 ドラッグストア・スマイル六ツ川店。

121125-145317
 六ツ川バス停。

121125-145623
 六ツ川バス停。

121125-145953
 六ツ川一丁目,和菓子ふくさや,串揚まいど,小料理一福が並ぶ一郭。

121125-150155
 その横に「ストロング居酒屋& プロレス道場」という,よくわからない居酒屋がある。

121125-150726
 平戸桜木道路の別所小学校入口交差点の西側,横浜南キリスト教会……。このあたりから六ツ川二丁目になる。

121125-151537
 横浜六ツ川第一郵便局の前に上六ツ川バス停がある。隣には横浜銀行があり,その隣には南消防署六ツ川消防出張所があるなど,プチ公共施設ゾーンになっている。

121125-152012
 さらに平戸桜木道路の緩い坂を上ってゆくと,丘の上の稜線に横浜横須賀道路が見えてくる。
 そのまま横浜横須賀道路をくぐると,六ツ川二丁目,そして横浜パークタウン(バスの終点)に続くが,とりあえずこのへんで引き返すことにする。バーミヤンとかガストとかのロードサイド店を見ても面白くないし。

121125-152147
 平戸桜木道路を下り始める。

121125-152301
 横浜六ツ川第一郵便局の向かい側,タカハシサイクル,クスリのFUNAKIのある一郭。

121125-152556
 その隣の越前屋酒店。

121125-152936
 平戸桜木道路の永田山王台入口交差点に,1F部分がスーパーマルエツとなった集合住宅がある。
 その奥の一郭に,サニーロードという小さな商店街を見つけた。これはぜひとも入ってみなくては。

121125-153107
 サニーロード。飲食店街というわけではないようだ。美容室MiKiやカット・サロン「アライ」が並んでいる。

121125-153129
 左側が鮮魚石田。

121125-153151
 ブティックDREAM。

121125-153238
 中華料理の恒宏。がっつり系のメニューで人気だった中華シゲタの後に入った店。さて,評判はどうなる……。

121125-160251
 別所小学校入口交差点の西側付近。居酒屋きみ,ルアン洋菓子店などが並んでいる。

121125-160544
 別所小学校入口交差点から平戸桜木道路を離れ,六ツ川二丁目方向に入っていく。
 突き当たりの信号機が,平戸桜木道路。

121125-160634
 六ツ川一丁目と六ツ川二丁目の境界にある道路を上ってゆく。片側一車線の道路なので,クルマが立て続けに走ってくると,ちょっと怖い。

121125-160653
 右側の裏道の歩道は,川(六ツ川?)を暗渠にしたところだ。

121125-160732
 六ツ川一丁目と六ツ川二丁目の境界の道路を上ってゆく。午後4時を過ぎ,夕空になってきた。

121125-160959
 別所小学校入口交差点方向を振り返る。手芸の店・毛糸・小間物,ふるき。

121125-161304
 六ツ川二丁目バス停がある。このあたりの地名は「六ツ川」「六ッ川」「六つ川」……と混乱しているが,神奈中のバス停は「六ッ川」を採用している。

121125-161326
 ラーメン餃子丸福飯店,そば処大むら,松永電化ストアなどが入った集合店。

121125-162009
 庭の花が綺麗だったお宅の前から坂道の下の方を振り返る。

121125-162651
 別所中里台のバス停。

121125-163029
 別所中里台〜別所小入口バス停の商店街。少しセットバックしている。午後4時半を過ぎ,かなり暗くなってきた。

121125-163246
 六ツ川二丁目南公園の横で,クズの緑に埋もれたクルマ。空には綺麗な月が出ていた。

121125-163755
 別所小入口バス停付近。

121125-164510
 別所小前交差点。細い路地と交わる丁字路で,路地側にクルマはほとんど走っていないが,信号機は短い間隔で広い通りと細い路地を交互に青信号にしていた。

 時刻は午後5時少し前だが,すっかり暗くなってきたので,ここいらへんで引き返すことにする。久しぶりに重いカメラを使ったこともあって,腰もだるい感じになっている。せっかくだから,別所小入口バス停からバスに乗って,井土ヶ谷まで行ってみることにしようっと。

 ── Nikon D2X + AF-S NIKKOR 17-55mm F2.8G

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土曜日)

ちょっとタンマ,地下を走る東横線? 反町

121110171336edit

ちょっとタンマ,地下を走る東横線? 反町


三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 横浜市営地下鉄の三ッ沢下町駅で下車する。たしか初めての下車。今日は,ここから国道1号線(横浜新道の一般道路部分)沿いに,反町を通って東神奈川,仲木戸まで歩いてみるつもり。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 三ッ沢下町駅から地上に出る。出口の前のバス停は「島田橋」。ひとつ先(西側)のバス停が「三ッ沢下町駅前」となっている。駅の出口の両端にバス停があるようだ。

 で,この島田橋,付近にそれらしい橋が見当たらない。よく見ると,国道1号線の南側に沿って,うねるように東西に延びている道路があり,ここがもともと川だったようで,近くに島田橋という橋が架かっていたらしい。

 気になって国土地理院の地形図を見ると,まだ暗渠化されていない西側に「滝川」と記されている。現在は暗渠となった三ツ沢せせらぎ緑道をたどると,反町駅の北側を通り,東神奈川駅の南西の東海道線の鉄橋のあたりで,「六角橋緑の小径」「滝の川せせらぎ緑道」として暗渠化された滝の川と合流して地上に顔を出す。そう,あの「滝の川」だ。
 この滝の川(滝川)はその名前の通り,昔は相当な暴れ川だったらしい。本牧の千代崎川,保土ヶ谷の帷子川と並んで横浜の三大悪川と言われたという。そりゃ相当な悪者だ。その悪行の末に,千代崎川と滝の川は姿を消されてしまったのかもしれない。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 国道1号線(横浜新道)に対して斜めに交差する元の滝川。島田橋はこのへんだった?

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 国道1号線の反対側を見る。左端にチラッと写っている緑が元の滝川。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 国道1号線に沿った三ッ沢下町の街並み。戦後に行政道路として新しく作られた道路なので,街並みらしい街並みも,下町らしい街並みもない。まぁ,三ッ沢下町がいわゆる下町っぽい町だとは思っていないけど。
 でも,もともと北三ツ澤と呼ばれていたこのあたりを,三ッ沢下町と変えたのだろう(昔は北三ツ澤,中三ツ澤,南三ツ澤だったのが,三ッ沢下町,三ツ沢中町,三ツ沢上町,三ツ沢東町,三ツ沢南町になっていて,地図をさかのぼるのが難しくなっている)。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町五丁目,ガーデン下交差点の北側あたり。このあたりは戦前から市街化していたところだ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 東京国税局神奈川寮。世間の風当たりもあって,なかなか建て替えにくかったのかな。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町五丁目と松本町四丁目の境にある交差点。ガーデン下商店街。
 国道1号線(横浜新道)と平行したこの松本町の通りは,古くから市街化している。ここを歩いているうちに,「横浜駅の北側で,国道1号線の北側に沿った古くからの通り」……という思いから,環状1号線の北側の旧東海道を歩いている気分になってしまっていた。ああ,勘違い。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 国道1号線(横浜新道)のガーデン下交差点方向を見る。正面に見えるのは松ケ丘ビル。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 ガーデン山へ上る坂道。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 ガーデン山へ上る坂道。たもとに愛染地蔵尊がまつられている。

 立て札の説明によると,「戦後(一九四五年)復興の兆しが見え始めた頃 滝の川に漂着していた石仏を地元の染物工場で救い上げお祀りしていたが大衆の加護をと念じ商店会で譲り受け鑑定の結果 江戸時代の愛染地蔵尊と命名された(以下省略)ガーデン下商店会)」ということである。
 句読点のない文章で,意味が微妙によくわからないとか,愛染じゃなくて藍染じゃないのか,などと突っ込みたくなるのを抑えて,石仏が漂着するほどの暴れ川だった滝の川(瀧川)に思いを馳せたい。

 というわけで,ここでは左右に暗渠化された滝川が流れ,鶴亀橋という橋が架かっていたらしい。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 愛染地蔵尊の前からガーデン下交差点方向を振り返る。右側にチラッと見えるのが,(元)東京国税局神奈川寮。
 横断歩道の奥の右側に,鶴亀橋のものと思われる擬宝珠(ぎぼし)が残っている。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 「ガーデン橋」と彫られた橋の欄干の擬宝珠。左側が三ツ沢せせらぎ緑道。
 横濱時層地図の古地図を見ると,このあたりの「ガーデン」という地名の由来となった「横浜ガーデン(大沢幸次朗という財閥の私邸の庭。植物園として一般に開放したという)」が作られたのは大正時代なので,江戸時代に架けられた鶴亀橋が,いつの頃からかガーデン橋と呼ばれるようになったらしい。
 擬宝珠は寛永四年(1627年)のものという話もあるが,なぜかそこに大正時代以降の「ガーデン橋」という銘板が付いていて,(江戸時代からの歴史ある擬宝珠の信憑性がゆらぎ)ちょっと苦笑いしてしまう。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 暗渠の下流側を見る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町四丁目のガーデン下商店街。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 ガーデン下商店街の松本町五丁目方向を振り返る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町四丁目のガーデン下商店街。
 このあたりでは,まだここは旧東海道だと思っていた。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町四丁目のガーデン下商店街。
 おばあちゃん達が次から次に集まる店(というか空き店舗?)があって,何かの説明会&即売会?をやっている。自然がどうのとか,健康がどうのとか。ちょっと心配になったが,どうすることもできない。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町四丁目のガーデン下商店街。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 背後のビルは国道1号線沿いのアトレフォルム横濱松ケ丘。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町三丁目。池田輪業と菅野輪業が並んでいる。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町三丁目の松本3丁目商店街。
 松本3丁目商店街には路上駐車のクルマがとても多い。商店街のおじいちゃんも嘆いていた。このおじいちゃんから軍隊に行ったときの話とか,上長にかわいがられて同期のみんなにうらやましがられた話とか,いろいろ話を聞いているうちに,ここが旧東海道じゃないことに気付いた。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町三丁目の松本3丁目商店街。松本町3丁目商店街ではなく,松本3丁目商店街(ちゃんと調べたし)。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本3丁目商店街。ハドソン靴店。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 西側を振り返る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本3丁目商店街の新倉酒店。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 新倉酒店の前から西側を振り返る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本3丁目商店街を東へ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本3丁目商店街の花政。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 季節料理とりせんと洋菓ミノン。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本バス停のある交差点。北側には横浜反町郵便局がある。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本バス停の前の交差点から松本3丁目商店街を振り返る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 喫茶ナポレオン。質屋の看板を見ると,ちょっとドキッ&ワクワクする。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町二丁目,松本通商店街へ。二丁目になっても路上駐車がひどい。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町二丁目のカーブにある藪蕎麦本店。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本通商店街を東へ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本通商店街のブティック「Puzzle」。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町二丁目。左の交差点から先は松本町一丁目となる。このあたりは反町駅前通り商店街かもしれない。商店街同士の境界がよくわからない。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町一丁目の交差点。右側の道路は反町駅に向かってカーブしている。正面はRobRoyというショットバー。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 交差点から松本町一丁目と二丁目の境界を北に歩く。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 交差点方向を振り返る。「横浜もんじゃ」の店舗の色づかいがアレなもんで目立ってる。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 横浜もんじゃ。「俺は横浜の者じゃ」という意味ではないと思う。開店前からおっさん達の集団が集まっては,準備中の様子を見て,どこかへ引き返していった。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町一丁目の側から松本町二丁目の横浜もんじゃを見る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 松本町一丁目(反町駅前通り商店街)。ここもやっぱり路上駐車が多い。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 東横線反町駅から北側(〜旧新太田町駅跡〜)から東白楽駅方向の高架線路跡は,東横フラワー緑道として整備されている。木道部分にはモニュメントとして線路が敷かれている。ただ,このあたりの東横線は高架線だったため,かつての線路をそのまま残したものではない。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 東横フラワー緑道から反町駅方向を見る。反町駅近くの高架線と国道1号線を跨ぐ旧架道橋は,橋桁を整備して,歩行者用の歩道橋となっている。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅に続く旧架道橋の横(東側)。ファッションヘルス人魚が営業中。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅に続く旧架道橋の東側。内装と外装に手を入れている? それとも取り壊し?
 旧架道橋の西側に行こうとしたら,下に設けられた駐輪場が横切れずに,ぐるっと回り込む羽目になった。途中に通路ぐらいは付けようよ>横浜市

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 旧架道橋の西側へ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 路地を入ったところにある上海菜館。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 中華料理「たんたん」の前では,ニャンコが開店を待っている。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 そのまま路地を西側へ歩くと,ここに突き当たる。
 焼肉・朝鮮料理の日本海苑……と,とりあえず一度は読み替え,東海苑。朝鮮半島に日本海という店を出したら,ちょっと心配ではすまないかも。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅前通り商店街から,松本通商店街方面を振り返る。
 こうしているうちに,東海苑の前のトラックが仕事を終えて,走り去るのを待つ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 ここでの仕事を終えたトラックが交差点に向かった。さて,家並みを撮るぞ……と,トラックが動き出した瞬間に,東海苑の前に客のクルマが来てしまった。なんというタイミングの悪さ。
 でも,さらに待つ。
 家族全員をおろしたら,パパが運転席へ。近くの駐車場にクルマを移動するんだろうな……と思ったら,なんと店の前でクルマを何度か切り返し,店の前の路側帯にぴったりクルマを寄せた……。オイラの負けだった。日没後は急速に暗くなるこの時間帯に,ただ路上駐車が写らない家並みを撮りたい一心で,しばらくここに立ち止まったが,結局は一枚も撮れず。
 彼らが焼肉を食い終わり満腹になって出てくる頃には,たぶんここは真っ暗闇,俺は空腹だ。さすがにそんなに待てない。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅前通り商店街。国道1号線の反町駅前交差点。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 国道1号線の反町駅前交差点から西側を見る。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 国道1号線に架かる歩道橋の上から西側を見る。すっかり日が暮れてしまった。
 三ッ沢下町で地下鉄を降りたときには,ガーデン下から反町を通り,東神奈川,仲木戸まで歩こうと思っていたが,途中で路上駐車のクルマが動くのを何度も待ったりしているうちに(どこかの店でマッタリしていたわけではない),あっという間に時間が経ち,写真を撮るのが厳しい暗さになってしまった。疲れた……。既に気持ちの半分は,反町から東横線の電車に乗りたくなっている。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 東横線時代の旧架道橋(ガーダー橋)が歩行者用の跨道橋として流用されている。ここでぼんやり見ていると,なんだか東横線の電車が現れそうな気がしてくる。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 空がきれいだ。夕焼けも綺麗だったんだろうなぁ(今日は夕焼けも撮り逃している)。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 東横線が地下に移り,新しくなった東横線反町駅。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅前の歩道橋を降りる。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 東横線時代のガーダー橋を下から見る。たくさんのリベットが打たれた姿に惚れ惚れする。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 ガーダー橋をくぐり,反町交差点方向へ。反町三丁目の玉や商店のところから,歩道の上にアーケードが付いている。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅方向を振り返る。アーケードというか,何か独特の雰囲気がある。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 いわゆる「昭和」の雰囲気だ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 炭火焼焼鳥の鳴門。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 反町駅方向に引き返す。反町駅から東横線に乗ると,あの横浜駅の大混雑の中を,京急線か横浜市営地下鉄に乗り換えなければならない。想像しただけで,頭の中に人・人・人……が出てきて,やっぱり東横線はパス。仲木戸駅までは距離があるから,近くの京急神奈川駅まで歩くことにする。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 坂を登り始めてから,国道1号線を振り返る。
 さあ,ここからかなりのアップダウンだぞ……

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 と気合いを入れたが,青木橋方向に続く東横線の高島山トンネルが遊歩道化されていて,一直線に青木橋のたもとまで抜けることができる。これはすばらしい。これなら反町から横浜駅まで徒歩通勤だね。
 東横線反町駅の上に架かってた桐畑橋は健在だ。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 高島山トンネルの中を歩く。
 複線の鉄道が通っていたわりには,トンネルの断面が異常に小さい。どうみても単線用のトンネルに見える。これは,トンネルの内側を新な分厚いコンクリートで補強したためらしいが,たぶん「電車のトンネルって意外に小さいね」という話が熊さん,八っつあんの間でなされていることだろう。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 青木橋,横浜駅側の出口が見えてきた。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 トンネルを抜けるとビル街だった……。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 青木橋を渡り,京急神奈川駅へ。駅の横をJR京浜東北線の電車が走り去る。横浜駅に近いこともあって,JR東海道線,横須賀線,京浜東北線に駅は無い。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 京急線の神奈川駅。

三ッ沢下町〜ガーデン下〜松本町〜反町〜神奈川
 神奈川駅のホームへ。確か,事故防止やらの効果があるということで,わざと証明の色を変えているんだろうけど,これはちょっと気持ちが悪い。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土曜日)

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋

121103154246edit

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋


 横浜の商店街といえば,横浜橋(通)商店街,六角橋商店街,都橋商店街,鶴見橋商店街のように,橋のつくところが意外に多い。そして,個人的にはまだ見ぬ中村橋商店街……。

 11月の晴れた文化の日の土曜日,この中村橋商店街に行ってみたくなった。地図を見ると,磯子区の滝頭からは意外に近いが,無機質な堀割川沿いの道幅の広い国道16号線(横須賀街道)を歩くのは面白くなさそう。横浜市営地下鉄の吉野町駅からも近いが,ここからも同じく国道16号線を反対側の北から下ることになり,あまり面白くなさそうだ。

 で,地図をよく見ると,蒔田~堀之内町~中村橋~中村町四丁目~中村町1丁目~石川町~元町と繋がる道路,中村川に沿って曲がりくねっているけど,何やら由緒のありそうな雰囲気が匂ってくる。

 かつて横浜がまだ「村」だったころ,大岡川と中村川に囲まれた一帯は洲干湊と呼ばれた海(入り江)だった。この入り江が,江戸時代に埋め立てられて吉田新田と呼ばれる田んぼになった。ということは,堀之内町~中村橋~中村町四丁目~中村町1丁目~石川町~元町のラインは,古くからの海岸線だったことになる。

 このあたりは鎌倉時代は堀之内村,中村,横浜村と合わせて,武蔵国久良岐郡石川村であり,その後,堀之内村,石川中村,横浜村に分村している。時代は明治になり,石川中村の石川地区が石川町として分離,1889年の町村制施行の際に単独で中村として村制を施行した。
 その後横浜市に編入し,横浜市が区政を施行した1927年に旧村域を含んだエリアが中区となった。中「村」から,中「区」への飛躍である(たまたまという冷静な意見もあるだろうけど)。ただ,その後は中区から中村町を含むエリアが南区として分区,現在その南区は人口19万5千人,人口密度は横浜で最も高い15.4千人/km2となっている。

 蒔田から堀ノ内町,中村橋と歩けば,そんな横浜の歴史,あまり知られていない歴史に触れることができるかもしれない。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 というわけで,横浜市営地下鉄の蒔田駅で下車する。
 蒔田駅の駅の古い階段は地下鉄の走る鎌倉街道の両側にあって,南区役所の最寄り駅であることや,某新興宗教の施設があるため土日には大変混雑していたが,駅に隣接したマンションと一体となった工事が行われ,裏路地側へ,広い階段と上下のエスカレーターを完備する駅に様変わりしていた。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田駅の西側には,宗教法人,大山ねずの命神示教会(おおやまねずのみことしんじきょうかい)の教団の建物が林立している。普通のオフィスビルのような外観なので,鎌倉街道を車で走っているだけでは気付きにくいが,Googleマップなどで表示してみると,その「大山祇命(正確にはこの字に似た別の字なので『ねずの命』と表記される)神示教会○○会館」の多さに腰を抜かすかもしれない。

 ちなみに,とてもよく似た名前をもつ,日本神話の神「大山祇命(おおやまづみ)」とはまったく関係がないらしい。
 まぁ,熱心に布教して回って迷惑をかけているという話は現在では聞かないので,運営がうまく行っている新興宗教のひとつなのかもしれない。蒔田駅との間を往き来する信者と思われる方達の表情を見ても,とても明るいという印象がある(良くあることかもしれない)。

 以前,調べたときから気になっていたことをぽろっと書くと,開祖した方が病気を煩っていたときに,神様が現れ「おおやまねずのみことにすがれ,その教えを世に伝えよ」と語ったのが「大山ねずの命」の由来だそうだが,ひょっとしたらこのときに過去にどこかで聞いた「おおやまづみ(大山祇命)」を間違えて思い出したんじゃないかという気がしないでもない。などと考えると,宗教法人の団体名の由来が揺らいでしまうし,まぎらわしい。実際,GoogleマップやMapionでは「大山祇命神示教会」とまぎらわしい間違った表記になっている。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 新しい蒔田駅の出口の方から,既存の駅の出口に続く路地を歩くと,正面の鎌倉街道の向かい側に杉山神社がある。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 大山ねずの命神示教会神総本部待合処の前。蒔田駅南口商店街かな。さて,ここから,共進町三丁目~蒔田町~堀ノ内町~睦町~中村橋へのブラブラ旅となる。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田駅南口商店街を東へ。交差点から先は幅員が半分になっている。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 宮元町三丁目の交差点(鎌倉街道)方向を見る。やっぱりオフィスビルのような教団施設の立派さが目立つ。お金がどうなるところなのかな。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田駅の周辺に,昔ながらの商店街が薄い密度で残っている。

蒔田~堀ノ内町~中村橋

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田駅から教団関係の施設の間まで以外の歩行者は極端に少なくなる。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田駅南口商店街のメインストリート(たぶん)。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田駅南口商店街のメインストリート。食事をする店と,和菓子屋さんが多い印象もある。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 商店街ではあるが,やはり商店の密度は高くなく,商店以外の建物も多い。

蒔田~堀ノ内町~中村橋

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 中華料理の太田楼,5年前にここで食べて,なかなか良い店だと思ったが,立派な建物に生まれ変わってる。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田町。もう少し歩くと,旅館松島,料理松風苑,食料品蒔田小塚屋など,気になるところがたくさんあったのに……

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 ここのカラオケスナックカムイの右横の路地が気になってしまって,蒔田町から堀ノ内町方向に進んでしまった。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 高台の上にはUR都市機構蒔田団地が並んでいる。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 商店街的な店の並びにわくわくした堀ノ内町二丁目の三叉路の商店街。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 堀ノ内町二丁目の商店街。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 三叉路に近づくと煙突が見えてくる。あれっ,銭湯か? iPhoneのマップを見ても,銭湯とは書いてないが……。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 重厚な感じの白木屋酒店。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 蒔田町方向を振り返る。さっきまで逆から見ていた商店街の街並みと違って見える。街を歩いていて,行きと帰りで違った街並みに見える,ときどき感じるマジックだ。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 定食いこい。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 右側の路地に,チラッと見えるのは……

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 カッコいいレリーフのある堀ノ内町二丁目第二町内会館

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 商店街に戻る。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 活魚料理の魚末(の勝手口。入口は別にある)。元は魚屋だということで,味には期待できるかも。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 活魚料理「魚末」の入口はこの左側にある。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 遠くから気になっていた煙突。松美湯という銭湯の煙突だった。犬を散歩させていたおじさんの話では,「俺が生まれた68年前には,既にここに銭湯があった」とのこと。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 松美湯の表側に回り込む……

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 ぐるっと回って,ここが松美湯。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 松美湯の横の松の木。
 レンズの歪曲収差テストのような写真になった。ズームレンズのちょうど50mmぐらいの位置だったことと,D800Eの歪曲収差補正のおかげで(RAW現像派の方は顔をしかめそうだけど,私は面倒なのでJPEGで撮ってる),まったく歪曲収差が見られない。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 松美湯の周りをぐるりと回る。周辺には猫が多い……。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 手前から奥の煙突までピントが合った写真は,D800Eだとなかなか難しいので,ここはiPhone 4で撮影。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 松美湯の前。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 村越酒店。このあたりは堀ノ内町一丁目。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 堀ノ内町一丁目から二丁目方向を振り返る。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 堀ノ内公園横の少し広い通りに出る。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 昔は普段使いの店が並んでいたのだろう。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 中村橋商店街の交差点方向を見る。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 11月3日は文化の日。こうやって祝祭日に日章旗を掲揚するところが少なくなったね……。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 堀ノ内町一丁目,東蒔田町,睦町一丁目,睦町二丁目が集まる交差点。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 同じ交差点を西側から見る。この微妙な起伏が,カメラの水平を狂わせる。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 中村橋商店街の岩田屋豆腐店。もちろん犬がこっちを見た瞬間を狙って撮る。こういうときって,なかなか振り向いてもらえないんだわ。

蒔田~堀ノ内町~中村橋
 中村橋商店街の石川写真館。隣が横浜中村橋郵便局。このあたりが中村橋商店街の中心部に違いない。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 石川写真館の前から西の方を振り返る。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋商店街のカーブ。睦町二丁目。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋商店街。かなり寂しい感じになってしまっている。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 マリーンスタンプ,ふれあいのまち中村橋商店街。路地の奥に西ノ谷公園があり,崖の向こう側には弘誓院がある。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 ビルの壁面にも中華料理「ニュー新華」。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 Instagramでも一枚撮影。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 正面に横須賀街道(国道16号線)の中村橋交差点が見えてきた。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 寝具・インテリア「しもがた」横の路地。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋商店街を東へ。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 西の空が夕空になっている。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋バス停前でビルの工事中。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋バス停。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 やけに目立つ形をした貸店舗。GoogleマップやMapionでは,右側のフードショップセリザワ中村橋店と棟続きになっているが,本当だろうか?

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋交差点。右側が横須賀街道。
 警察官がたくさん立っていて妙な感じだったけど,写り込まないように撮影。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 反対側。横須賀街道の滝頭,磯子方向を見る。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 横須賀街道の横断歩道を渡り,中村橋商店街を振り返る。
 撮影している場所はちょうど交番の前で,私の右肩の横には警察官が鼻息のかかるぐらいの距離で,こっちを向いて立っている状態。いちおう会釈をしてからこの写真を撮ったんだけど(ちょうど撮りたい立ち位置が,偶然警察官の前だったもんで),心の中では「お巡りさん,ごめんなさい」と思っていた(ホントだよ)。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 交番の裏側,横須賀街道の睦町一丁目交差点の横。右に進むと堀割川にかかる中村橋がある。
 撮影している場所に,神奈中バスの11系統桜木町駅前〜中村橋〜蒔田〜保土ヶ谷の,保土ヶ谷方面の中村橋バス停がある。11系統の中村橋バス停は,中村橋交差点を挟んで,上下方向でずいぶんわかりにくい場所にある。言葉で書いてもわかりにくいが,11系統のバスは,桜木町駅から来て中村橋を渡り,ここの中村橋バス停を通った後,睦町一丁目の交差点で一旦横須賀街道に出てから,次の中村橋交差点で中村橋商店街方向に入っていく。横須賀街道にある別系統の中村橋バス停での誤乗車を防ぐために,わざとこのようにしているのかもしれない。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 左側が11系統の中村橋バス停。その奥が睦町一丁目交差点。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 堀割川にかかる中村橋。橋を渡ると中村町四丁目になる。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋から堀割川の磯子方向を見る。
 堀割川という名前が示すように,ここは明治時代に開削された人工河川で,かつては水運に使われていた。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋から千歳橋,浦舟町方向を見る。かつては水運に使われていたはずの中村川の上に,首都高神奈川3号狩場線が架かっている。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 中村橋を渡り,中村町四丁目へ。
 右側の真っ直ぐな坂道は,稲荷山〜山谷の米軍根岸住宅に続いている。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 堀割川の左岸の通り。ここも中村橋交差点という名称になっている。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 堀割川の左岸,浦舟町五丁目方向を見る。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 堀割川沿いの歩道から,横須賀街道の中村橋交差点越しに,中村橋商店街を見る。
 残念,あまり綺麗な夕焼けにならなかった。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 堀割川をボートが行く。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 Instagramでも撮影。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 腰が痛い……というか重い感じになってきたので,そろそろ引き揚げる。中村橋バス停で保土ヶ谷行きのバスを待つ。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 蒔田駅前バス停で下車する。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 鎌倉街道の宮元町三丁目交差点。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 鎌倉街道の宮元町三丁目交差点。

蒔田〜堀ノ内町〜中村橋
 横浜市営地下鉄の蒔田駅へ……

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »