« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の4件の記事

2012年10月28日 (日曜日)

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…

121028161936edit

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…


 あっという間に晩秋。一年の終盤だ(ダジャレかよ)。

 秋の終盤の晩秋といえば,世の中の皆さんが結構厚着を始める季節である。

 しかし,私は暑いのが苦手,寒いの大歓迎(もちろん南関東程度の寒さ)……という阿武隈高地人なので,梅雨の季節や真夏と同様に,あまり好きじゃない季節となる。早朝や夜に10℃ぐらいに下がる程度では「冷え込む」とは感じないので,外の気温は特に気にならない。

 私にとっての問題は,電車やバスの中の温度である。そこそこの室温なのに,わずかに暖房が入っていたりして,昔から人間温度計と呼ばれる私の推測によれば,室温が23℃〜25℃ぐらいになっている公共交通機関が多い。デパートやスーパーでは室温が25℃を超えていることすらよくある。冷房が効いていて半袖だった夏の室温とあまり変わらないこともある。
 ちなみに「ウォーム・ビズ運動」での暖房の目安は,室温が20℃を下回ったときに,20℃設定の暖房を入れることは認めましょう,ということなので,暖房の設定温度を25℃にしたり,室温が23℃もあるときには暖房を入れたりしてはいけないことになる。

 とはいえ,なぜか世の中の省エネ狂想曲も,こと暖める方向についてはユルユルの取り決めのところが多くて,平気で25℃設定の暖房を入れてしまう人も,かなり多い。

 結局,公共交通機関の中やビルの中では,汗をかいてしまうことも多い私なのであった(ドウデモイイ話)。

 話が逸れた。
 iPhoneの「横濱時層地図」をあれこれと見ていると,行ってみたい場所がどんどん増えてくる。たとえば,湘南電氣鐵道の「ゐどがや」駅の周辺も,井土ヶ谷町やら鶴巻など,興味深い街並みが地図に描かれている。これは行ってみねばなるまい……と京急線の井土ヶ谷駅で颯爽と下車した。
 今日は午後から雨という天気予報だったが,既に午前中にだいぶ雨が降り,午後になってから小康状態。たまにポツポツと小さな雨粒が漂う程度に収まっている。さて,どのへんまで降られずに歩くことができるだろうか?

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 京急井土ヶ谷駅を出ると,改札口の右側に並ぶのは一心堂書店……あれっ,一心堂書店も,その隣の中華料理屋さんも,シャッターが閉まってる。今日は日曜日だから定休日なのかな(そうであってほしい)。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷駅前を通る横浜環状1号線の向かい側に,井土ヶ谷奉斎(ほうさい)殿という斎場が出来ている。
 思い起こしてみたら,先日大船の湘南モノレールを撮影しているときに,大船駅東口交通広場前交差点の横で工事中だったのは,同じ「大船ほうさい殿」という斎場だった。
 ということは,大船にも同じような建物が出来ることになりそうだ。うぅ〜,なんだかうわべだけ装飾してみましたという感じがびんびん伝わってくる,こういうハリボテみたいな建物になるのか……。ちょっとショックを受けてしまった。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 京急本線のガード下から,北側の横浜環状1号線水道局前交差点方向を見る。通町一丁目から井土ヶ谷駅前停留所を通り,保土ヶ谷までは横浜市電が1968年8月まで走っていたため,道路の両側の商店が,普通の幹線道路とは違った趣がある。機会があれば,この北側の環状1号線も歩いてみたい。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 横浜環状1号線を渡り,道路の向かい側から井土ヶ谷駅の改札口を見る。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷駅前のガードを京急線の電車が走る。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷駅周辺のパチンコ屋の多さには驚く。ここのパチンコ屋の横を入ったところにあるアパート(UR都市機構井土ヶ谷東市街地住宅1号棟)の前にはスーパーのマルエツがある。このあたり一帯は何かの工場跡地である。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路の一本北側の路地は,昔ながらの生そば・天丼の大むらの隣に,でーんとパチンコ屋。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路と環状1号線が交差する井土ヶ谷交差点。歩道の上の雁木のようなアーケードが,残りわずかになっている。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷交差点。南側の環状1号線を見る。もう少ししたら,雨が本降りになりそうな雲行き……。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路からマルエツ(奥の平屋建て)を見る。横にはパチンコ屋が聳える。ここはもと「タニーボウル」……ボウリング場だったようだ。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路を東へ歩き,井土ヶ谷交差点方向を振り返る。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路の井土ヶ谷バス停。京急井土ヶ谷駅からは少し離れているが,平戸桜木道路を直進するバスからは,このあたりが最寄りとなる。
 しかし,ここが井土ヶ谷駅に最寄りというよりは,このあたりが井土ヶ谷上町・井土ヶ谷中町・井土ヶ谷下町と並ぶ古くからの井土ヶ谷の町の中心であり,京急井土ヶ谷駅が町の中心から少し離れたところに設けられたに過ぎない。実際,環状1号線の井土ヶ谷バス停も,井土ヶ谷交差点の南側(駅から離れる側)にあり,京急井土ヶ谷駅の横には別途井土ヶ谷駅前バス停が設置されている。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路の井土ヶ谷バス停の真向かいにある理容の三松。Rがカッコいい。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷バス停から平戸桜木道路の横浜方を見る。タクシーが写っている後ろに協和日用品市場が……

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 ここが協和日用品市場なのだが,シャッターが閉まっている? 日曜日が定休日なのか,それとも……。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路を井土ヶ谷下町行きのバスが行く。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 協和日用品市場は麻田花店しか開いていない。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 BARBER 理容三松。曲面のあるファサードがカッコいい。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路から井土ヶ谷下町に入る。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 平戸桜木道路側を振り返る。タクシーがセンターラインに寄っているのは,たぶん私がじゃまくさく見えたためだ。ごめんなさい。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 雨粒が少しだけ大きくなってきたため,傘を差す人が増えてきた。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 協和日用品市場の裏側の通りの生そば長寿庵。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 皆様の協和市場営業中という看板が,クリオ井土ヶ谷ファーストマンションの前に立っている。マンションの入口は,外から見ると真っ暗に見える。まさかと思って,周辺やビルの間の細い隙間を探してみたが,市場への入口のようなものは見つけることができなかった。
 後で調べたら,協和日用品市場は,やっぱりこのマンションの奥で営業中だったようだ。「表側のシャッターは閉まっているし,看板をしまい忘れたんだな」と思い込んでしまったのが失敗だった。歩いている人を探して聞いてみるべきだった。後悔先に立たず……。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷下町をうろつく。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 戸袋が美しい和風建築。松葉が三つ。そういえばさっきの床屋さんも三松だったけど,このあたりに何か由緒でもあるのだろうか。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 同じ建物の別の戸袋。三つ亀甲をばらして配置してある。大工さんのセンスの良さが,さりげなく描き出されている感じだ。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷下町の昔からのメインストリート。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷下町交差点。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷下町交差点は五叉路になっている。その一角には……

121028-160333
 横浜市地域史跡に登録された井土ヶ谷事件の碑が立っている。
 銘文によれば,井土ヶ谷事件は1863年10月に発生した攘夷派浪士(浪人体のもの)によるフランス士官殺傷事件である。生麦事件に酷似した事件であり,生麦事件のほぼ1年後に発生している。横浜在留の居住外人は幕府を批難し,乗組員の一部を上陸させ,山手に外人部隊の駐屯地ができる発端となったそうだ。殺害されたフランス士官カミュは,現在の外人墓地に埋葬されているという。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷下町交差点の井土ヶ谷事件の碑の前を通り,南西に真っ直ぐ歩くと,環状1号線の鶴巻市場交差点になる。交差点が近づくと,鶴巻市場らしい建物が見えてくる。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 裏側から見た鶴巻市場。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 環状1号線の鶴巻市場交差点。右にチラッと見えるのが鶴巻市場。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 シャッターが閉じたままの鶴巻市場。
 左側が環状1号線。北側の井土ヶ谷駅方向を見ている。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 鶴巻市場の向かい側,環状1号線に並ぶ商店。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 鶴巻市場。残念ながらシャッターが閉まっている。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 中国麺飯食堂「中国飯店 陳記」。カウンターだけの小さな店だけど,かなり本格的な中華料理が食べられるという評判を覚えていたが,残念ながら準備中だった。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 鶴巻市場を正面から。シャッターが閉じたままの姿を残念に思う気持ちを察したか,空からの雨も強くなってきた。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 鶴巻市場交差点の中国飯店陳記。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 屋根の下で少しだけ雨宿り。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 環状1号線の西側が井土ヶ谷中町になる。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 環状1号線を渡る。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 雨の日は,やっぱり歩道に屋根がついているとありがたい。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 鶴巻市場の前。「鶴巻市場」の看板が横倒し状態で屋根の下に設置されている。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 近所の小さなマーケット・市場は,消費者のニーズに対応できない時代になってしまった。でも,高齢化社会がさらに進む30年後,50年後も,クルマでショッピングセンターやショッピングモールに買い物に行くのが主流だとは思えない。こういう小さなマーケット・市場や商店街の替わりになるのは,進化したコンビニエンスストアになりそうな予感がする。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 私は多少の雨では傘を差さない主義?だけど,バッグの中から折りたたみ傘を出そうかどうか迷う程度の雨になってきた。
 ただ,後で気付いたけど,カメラのボディは防塵防滴のD800Eだから問題ないとして,レンズは安物のズームレンズだったので,レンズの今後が心配かも。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 鶴巻バス停にバスが次々にやってくる。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 東京アメッシュで雨雲の状態を見たら,これから雨が弱まるどころか,どんどん雨が強くなることがわかったので,京急井土ヶ谷駅に引き返すことにする。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 井土ヶ谷交差点の南側の家並み。背後にはルネ横浜アーバンテラスが聳える。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 環状1号線や平戸桜木道路の両側には個人商店が並んでいるが,かなり厳しい感じだ。

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…

井土ヶ谷の協和日用品市場と鶴巻市場…
 雲が厚いこともあって,あっという間に暗くなってしまった。

121028-172128
 井土ヶ谷駅で帰りの電車を待つ。

 ── Nikon D800E [New!] + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G or iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土曜日)

長男も乗れ〜る湘南モノレール 大船

121027161825edit

長男も乗れ〜る湘南モノレール 大船


 2週間に一度の通院に一眼レフを持っていって,帰りにちょっとだけ撮影する。気合いを入れて買ったのに,あまり旅行に持っていってもらえない不憫なカメラだ……。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 湘南モノレール大船駅前の歩道橋の上から見た湘南モノレール。既に日が沈みかけてる。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 同じ歩道橋の上から,JR大船駅方向を見る。左側のビルがJR大船駅ビルのルミネウィング。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 大船駅東口交通ターミナル(ルミネ側バスターミナル)のホテルメッツかまくら大船前を走る湘南モノレール。この時間帯では,モノレールに光が当たらないのでパッとしない写真になってしまう。

 1970年(昭和45年)に湘南モノレールの大船駅〜西鎌倉駅間が完成してから,既に42年が経ち(湘南江の島駅までの全線開通は翌1971年),大船の街にはモノレールが完全に浸透している。
 その数年前,1966年には大船駅西口側にドリーム交通モノレール大船線がドリームランドまで開通し,大船はまさにモノレールの街,鉄道の街になったものの,残念ながらドリーム交通モノレールは翌1967年に全線休止となり,そのまま二度とモノレールが走ることはなかった。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 ちょっと古めかした商店街があり,高いビルの少ない大船の街と,巨大な柱や構造物が少なく,道路のすぐ上を走る湘南モノレールの相性はとても良いと思う。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 大船駅東口交通広場前交差点の横を走る湘南モノレール。私が一番好きな場所だ。だけど,なかなか思ったような写真が撮れたことはない。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 バスや貨物トラックだったら屋根を擦るんじゃないかと感じるほど,低い場所を走るのが,湘南モノレールの魅力だ。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 湘南モノレールのすぐ横,ホテルメッツかまくら大船と大きなパチンコ屋の間に,大船ほうさい殿という葬儀式場の工事が進んでいる。さて,どのような景観になるのかが気になるところ。ただ,湘南モノレールの横に太陽光が当たったシーンはますます撮りにくくなりそうだ。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 大船の商店街の西側のファサードに,西日が正面から当たるシーンが大好きだった私だが,ひょっとしたらそれは見られなくなってしまうかもしれない。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 千葉市のモノレールに比べると,小さくてシンプルな湘南モノレール。地面に近く,容易に利用しやすい雰囲気を醸し出しているような気がする。運転本数はあまり負けていない。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 湘南モノレールが車体を傾けながらカーブを曲がり,次の富士見町駅に向かって走り去る。湘南モノレールに乗ったときの楽しさのひとつは,ジェットコースターを思わせるような加速と,カーブでの傾きだ。車体の下のレール上を転がる台車ではなく,この懸架式モノレールは空中からぶら下がっているため,揺れが車体の下には何もないことを強調するかのようにブラブラと揺れる。これは楽しい(はず)。
 でも,あまりうまく撮れてない……(とほほ)

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 でも,こうやって手を伸ばしたら届きそうな感じは,手軽に乗り降りできそうな印象のために,とても重要である。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 大船の商店街側を見る。左側のビルは飲食店やパブ・スナックの殿堂!グランドパブみやぎの等が入ったヴィンテージ大船。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 そのヴィンテージ大船の前で,モノレールがやってくるのを待った。

長男も乗れ〜る 湘南モノレール
 さて,大船の商店街には面白いところがたくさんあるので,どこで晩飯を食って帰るかで悩むことになる……。ちなみに,よく食べていた石狩亭のもつ炒めライスは,主治医から控えるようにとの通告を受けてしまった。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月20日 (土曜日)

超高層ビル迫る不動前通り…武蔵小杉

121020170011edit

超高層ビル迫る不動前通り…武蔵小杉


 10月20日は「トウ月ハツ日」から頭髪の日だという(昨日のニュースで知ったネタ)。
 だからというわけではないが,今日は馴染みの散髪屋で見苦しいほどに伸びていた髪を切ってもらった。前回パーマ&散髪をしたのが6月だから,4ヶ月ぶりになる。こんなに間が開いたのは,たぶん生まれて初めて。今までは「頭を洗う」というイメージだったのが,髪のボリュームを感じて「髪を洗う」という感覚が新鮮な経験だった。とはいえ,爆発する頭髪が恥ずかしく,一日中帽子を被っていたい数ヶ月だったけど。

 で,思っていたよりも早めに仕上がったので,帰りに武蔵小杉に立ち寄って,高層ビル群でも撮影することにする。そんなこともあろうかと,D800Eには18mm単焦点のAF NIKKOR 18mm F2.8Dを付けてきている。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 溝の口発,川崎行きのバスに乗り,東横線小杉駅バス停で下車する。高架線は東急東横線。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 東急東横線の高架下から東横線小杉駅バス停側を振り返る。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 東急東横線のガード下をくぐる。府中街道沿いに商店が並んでいる。地名で言うと川崎市中原区市ノ坪になる。南武線平間駅の西側も市ノ坪なので,市ノ坪地区はそこから府中街道沿いに長く,武蔵小杉駅の南側まで続いていることになる。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 高層ビル群〔中丸子のザ・クラッシィタワー地上45階,高さ161.8m),ザ・コスギタワー(地上49階,高さ約160m),イーストタワー(地上45階,高さ161.1m)〕が見えてくる。右側が府中街道(不動前通り商店街),左側は横須賀線の武蔵小杉駅の南側を通り,NECの玉川事業場の真ん中を突っ切り,南武線向河原駅駅前を通り,下沼部交差点に達する道路(名称不明)。
 ザ・なんとか・タワーという名称は,あんまりカッコ良くない(買えない者のひがみ)。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 交差点の北側を見ると,東横線武蔵小杉駅東側のパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー(地上59階,高さ203.5m)が見える。その後ろにはパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー(地上47階,高さ162.8m)が隠れている。同じぐらいのビルのはずだけど,あまりの隠れっぷりに驚く。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道沿いの不動前通り商店街に,何やら歴史のありそうなうなぎ屋がある。
 左側に見えるのはザ・クラッシィタワー。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道,黒焼うなぎ「むさし野」。蒸さずに焼くという,昔ながらの焼き方らしい。でも,食べ物に関して一家言ある名古屋とか関西の方は否定しそうな予感(私の偏見だけど)。ちなみに坂口安吾は,一家言について「私は一家言といふものを好まない。元来一家言は論理性の欠如をその特質とする」と書いている。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道(左側)から分岐して不動前通り商店街が形成されている。
 たぶん,こちらが旧府中街道なのではないかと思う。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 不動前通り商店街。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 不動前通りから,北側の武蔵小杉駅方向を見る。タクシーが停まっているのは府中通り。
 午後5時を過ぎ,かなり暗くなってきてしまった。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 不動前通り商店街。府中街道と綱島街道が交差する市ノ坪交差点から分岐して,わずか150m程度で府中街道に再度合流している。残念ながら規模は小さく,賑わいも無くなってきてしまっている。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 左側が成田山不動尊の東福寺。ここが不動前通りの由来になっている。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 小さく月が写っている(電線に隠れている)。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 不動前通りを振り返る。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 不動前通りと府中街道の間の大きな空き地を挟んで,超高層ビルを仰ぎ見る。
 市ノ坪周辺の道路はまだ拡幅されていないところも残っているが,それが終われば付近は大きく変化することになるだろう。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道から超高層ビル群を仰ぎ見る。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道沿いのスナック「JANEKO」。少し気になったけど,既に営業していないようだ。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 パークシティ武蔵小杉の2棟の超高層ビル横には,敷地の大きな東京機械製作所の工場があったのだが,そこでも大規模な工事が始まっているようだ。凄い。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 午後5時を周り,かなり暗くなってきた。気になっていたアパートと高層ビルのツーショット。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 スナック「JaNeKo」の側面は,横の建物が取り壊された後なので,見ていて痛々しい感じになっている。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道の反対側から見た不動前通りの入口。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 府中街道の反対側から見た黒焼うなぎ「むさし野」。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 武蔵小杉駅近くに戻って,パークシティ武蔵小杉の一帯から武蔵小杉駅南口側に続く通り。かつては両側を工場に挟まれた寂しい通りだったが,今は驚くほどの人通り。というか,何なんだろう,この人波は?

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 後ろを振り返ると,ここは武蔵小杉の中心商店街。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 センターロードの前あたり。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 センターロードの前から見た東横線武蔵小杉駅。駅は非常に大きくなったけど,駅として使いやすいかどうかについては,ちょっと疑問を感じる。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 飲み屋がひしめくセンターロード。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 呑兵衛もひしめくセンターロード。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 今年は正月からずっと禁酒中の私には,とてもツラい場所だ。

超高層ビル迫る不動前通り商店街…武蔵小杉
 腹も減ったし,アルコールの魅力も強力だし,さっさと退散することにしようっと。

 ── Nikon D800E & AF NIKKOR 18mm F2.8D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月曜日)

秋なのに……回復遅れる 10月前半

 10月,神無月,秋晴れ,実りの秋だ。
 気管支炎で呼吸が苦しかった最悪の状態を脱したものの,まだ咳が止まらない。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月1日,月曜日の朝の上永谷駅。朝日がまぶしい。休んでばかりもいられないので,ちゃんと出勤。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月1日の朝の大船観音。未明までに台風17号が去り,いわゆる台風一過の快晴。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 晩飯は駅前のヨーカドーで買ってきた寿司。
 ヨーカドーのにぎり寿司は,いつの頃からか全部さび抜きになってしまい,袋入りのわさびが付属している。そうしてほしいという客の要望が強かったんだろうか。信じられないことだが,残念すぎる。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月2日,火曜日。今日も快晴。なんとなく暑くなりそうだった昨日に比べると,空気が秋を感じさせる。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月2日の朝の大船。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月2日の朝の大船観音。塗り絵みたいな写真になった。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月2日の夕方の大船駅。ホームに立ち飲み屋があった頃のほうが,大船駅っぽかったかも。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 晩飯はチキンカレー。本格的なカレーより,家庭風のカレーライスが好きだ。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 上大岡から乗った横浜市営地下鉄の車内が,横浜キャッツになっていた。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月4日,木曜日の朝の上永谷。どんよりとした空から小雨が落ちてくる。うどんよりそばな気分の朝。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 どんよりとした朝の大船観音。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 小雨に濡れた窓ガラスの向こう側に大船観音がぼやける。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月4日の夕空。夕空と呼ぶには暗くなりすぎか……

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 夕べからの雨が上がって快晴となった10月5日,金曜日の朝。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 上永谷駅のホームの水飲み場にも朝日があたる。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月5日,金曜日の朝の大船観音。空には月が浮かんでいる。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 バスの車窓から見える廃線跡にすすきの穂が輝く。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月9日,火曜日。三連休を(寂しく)自宅で療養した後の出勤日は,どんよりとした空模様になった。かなり涼しい朝になったが,日中はかなり気温が上がるらしい。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 晩飯は石狩亭の豚汁ラーメン。頭の中で考えても,豚汁とラーメンが一緒になった味は想像できないと思うが,これはお薦めのラーメン。不思議に美味い。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月10日,水曜日の朝。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月10日,朝の上永谷駅前。とてもさわやかな朝になった。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 朝の大船観音。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月10日の晩飯。秋と言えば茄子,茄子と言えば麻婆茄子……。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月11日,木曜日の朝の大船観音。早朝は曇っていたけど,少し晴れ間が見えてきた。日中は快晴となり,夏日(25℃)の一歩手前まで気温が上がるらしい。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 晩飯……。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 晩飯はCoCo壱番屋のシーフードカレー。あれっ,ココイチのシーフードカレーって,こんなんだっけ?

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月12日,金曜日の朝の上永谷。少し雲が多いけど,これから晴れてきそう。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 朝の上永谷駅。上永谷には電車の車庫があるため,早朝は上永谷駅が始発となる電車が多い。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月12日,朝の大船観音。すっかり晴れてきた。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 大船田園踏切から見た大船観音。
 横須賀線の下り線と引き込み線の踏切だが(上り線は左上の築堤の上),左側の横須賀線下り線ではなく,ほとんど電車が通らない引き込み線側に脱線防止ガード(ガードレール)がついている。引き込み線のほうがカーブのインコースにあるから曲率半径が小さいのかな……。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 昼頃の千葉県北部の中ぐらいの地震の影響が,横須賀線や湘南新宿ラインに残っているようで,いつもの横須賀線ではなく,東海道線のホームへ。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月15日,月曜日の朝。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月15日の朝の大船観音。かなり気温が下がって秋らしくなってきた。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 午後,半日休暇を取って病院へ。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 大船の湘南モノレール。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 何を撮ってるんだかわからない写真に……

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 10月15日,午後の大船観音。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 湘南モノレール大船駅前の飲み屋ビル。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 いつも賑わっている大船仲通商店街をかすめて病院へ。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 気管支炎の回復が思わしくなく,また扁桃腺も腫れてきてるので,今回も抗生剤の点滴を受ける。血液検査やらの数値も悪化してて,気分も落ち込む。

秋なのに……回復遅れる 10月前半
 さあ,大船の街で何かうまいものを食って帰るぞ……(という習慣が悪いんだろうけど)

 ── iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »