« 大汗やがて涼風 … 横浜市瀬谷 | トップページ | 宵待ち大好き 町田 »

2012年8月12日 (日曜日)

積木の街はあれから何処へ 相模大野

120812150602edit

積木の街はあれから何処へ ボーノ開業迫る相模大野


 以前は通勤経路だった小田急線の相模大野駅で下車した。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野の駅ビル「相模大野ステーションスクエア」の巨大な吹き抜け。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅北口を出る。5年前までは小田急線で通勤していて,相模大野で途中下車することも多かった。この写真に写っている範囲は,1990年代までにそれ以前の姿が思い出せないほど大きく変貌して,それ以降はあまり変化がないように感じる。
 相模原市は2010年4月に政令指定都市となった人口約72万人の都市だ。街全体が首都圏のベッドタウン的な色合いが強く,中心市街地が橋本駅,相模原駅,そして相模大野駅周辺に分散しているのが特徴である。その中でも,個人的な印象では,この相模大野駅周辺が最も賑わっているように感じる,いわば相模原市の実質的な中心市街地だと思われる。
(その他には「オダサガ」こと小田急相模原駅周辺や,もともとの相模原市域の中心市街地だった上溝など,他には例がないほど市街地が分散しているのが相模原市の特徴かもしれない)

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅北口の北側(北口が北西側,南口は南東側に向いている)にあるのが岡田屋モアーズ。MORE’Sは,神奈川県民にとってはおなじみのデパート(ショッピングセンター?)で,川崎,横浜,横須賀,そして相模大野に店舗がある。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅北口から北側の相模大野交差点方向に延びる通り。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 巨大な相模大野駅(相模大野ステーションスクエア)を振り返る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅北口のペデストリアンデッキ。駅の西側には新しい再開発ビルが建築中。人通りがやや少ない?

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ペデストリアンデッキ上で岡田屋モアーズ側を振り返る。右側が相模大野駅。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅北口前の正面に真っ直ぐ延びるコリドー街方向を見る。コリドー街の正面突き当たりに伊勢丹相模原店がある。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野の駅前通り,コリドー街商店街。正面にあるのが伊勢丹相模原店。
 それにしても,ちょっと賑わいがないのが心配な感じだ。1990年代に,伊勢丹や岡田屋モアーズ,相模大野ステーションスクエアが開店した頃には,隣駅の町田(東京都町田市は人口約40万人だが,その中心繁華街の規模や賑わいで知られる)の商店街との競合も心配されるほどだったはずだが……。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 駅ビル「相模大野ステーションスクエア」。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅の南西側に巨大なビルが建っている。一番高いビルはプラウドタワー相模大野。相模大野駅西側地区第一種市街地再開発事業地区,「bono相模大野」だ。もちろん「bono(ボーノ)」は横綱曙のこと……ではなく,イタリア語のbuono!(すばらしい/おいしい)と大野の造語らしい。

 ブログの記事に,いつも恥ずかしいダジャレもどきのタイトルを付けている私でも,赤面してしまうほどのダジャレ造語なんだが,これでも日本全国からの公募の結果なんだそうな(こういう命名を,投票結果に責任を持たない全国からの公募で決定するのは,どうかしていると思う)。

 まぁ,最終選考に残ったその他のネーミングが,「Olive:オリーブ……大野(O)で生きる(Live)」,「colon:コロン……単語と単語を繋ぐ」,「WalkO:ウォルコ……大野(O)を歩こう」,「loopo:ルーポ……人の輪を表すLoopと大野(O)」だそうで,いずれにしてもトホホな,悩ましい選考だったに違いない。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 2013年3月のオープンに向けて建築が進むbono相模大野。
 再開発事業開始前にはキーテナントとして高島屋が入る話もあったが,結局は野村不動産グループの複合商業施設になったらしい。百貨店からショッピングモールへ,という時代の流れを感じる。

 さて,この相模大野駅西側地区第一種市街地再開発事業地区には,もともと「積木の街」大野銀座商店街があった。2004年4月に一度「積木の街」大野銀座商店街を撮り歩いているのだが,その4月分の写真は間違って消去してしまっていて,ブログに載せた写真しか残っていない(当時はNTTデータのDoblogというサービスを使っていて,写真は5枚までという制限があったので5枚のみ……とほほ)。

2004年4月12日 (月曜日):積木の街 相模大野の商店街/写真撮っけど,さすけねがい?

 これほど大規模な再開発事業だとは知らず,商店街が丸ごと(西側に長く延びた部分は残っているとはいえ)無くなってしまうとは思わなかったので,再び撮り歩くこともしなかった。とても残念でならない。

 次の3枚の写真は,2005年の10月に撮ったもので,確かラーメン屋(店名不明)に行ったときのものだったと記憶している。

2005年10月 相模大野「積木の街」大野銀座商店街
2005年10月 相模大野「積木の街」大野銀座商店街
2005年10月 相模大野「積木の街」大野銀座商店街

 2005年10月の古い写真はここまで。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 bono相模大野側から相模大野駅北口のペデストリアンデッキを振り返る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ロビーシティ前交差点方向を見る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 bono相模大野の小田急線沿いではビルの取り壊し中。奥に小さく,小田急小田原線と江ノ島線の分岐点が見える。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 左側がbono相模大野。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 bono相模大野の横を,小田急江ノ島線の電車が相模大野駅にそろりそろりと入ってくる。
 一瞬,あれっ,ここはどこの新宿駅……とか思ってしまう。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 工事中のbono相模大野の中に,西側の相模大野銀座商店街に抜ける通路がある。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 プラウドタワー相模大野を見上げる。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅前のペデストリアンデッキを振り返る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 来年3月には新しいショッピングモールができる。楽しみだ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 プラウドタワー相模大野を見上げる。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 小田急江ノ島線の電車。ねらった位置まで電車が近づいたシーンは,歩いている方と電車が完全に被ってしまった。うーん,電車がちっちぇ。

 天気が良くて,コントラストの差が激しい写真ばかりになるので,Nikon D3のアクティブD-ライティング設定を標準(さすがに「強め」の設定は不自然すぎるので)に設定しているが,青空の部分に出てくる輪郭の明るい帯が気持ち悪い。多少古いとはいえ,かつてのフラッグシップ機D3……,もう少し上手く処理をしてくれたらD800Eに手を出さずに,D4Xまで待てたかもしれない。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野駅西側地区第一種市街地再開発事業地区の南西側。慈誠会病院の周囲から西側の大野銀座商店街は残っている。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 そういえば,以前もここで小田急線の電車を撮ったっけ。ロマンスカーNSE3100形の最後期の写真もここで撮ったなぁ……などと思いながらシャッターを切る。奥の架線柱はかなり古く,ひょっとしたら江ノ島線開業当時のものじゃないかと思う。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 小田急江ノ島線が小田急小田原線の上を通る。右側には,小田急小田原線の横に広がる大きな団地,プラザシティ相模大野がある。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 残っている相模大野銀座商店街へ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 駅前から見るとすっかり無くなっていそうに思えるのだが,南西方向に長く延びていた相模大野銀座商店街の西側部分は健在だ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野銀座商店街から建築中のbono相模大野を見る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 店は閉まっているが,としちゃんラーメンも健在だ,と思いたい。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野銀座商店街。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 bono相模大野が,駅前のペデストリアンデッキ(2F)と,この西側の相模大野銀座商店街(地上)をどのように結びつけるのかに,商店街の浮沈がかかることになるかもしれない。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 周囲から自転車で相模大野駅方向に向かう人の数も多いはず。どのような駐輪場がどこに設置されるのか,そして,共用自転車のサービスがどうなるのかの影響も大きい。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野銀座商店街。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 一刀斎のラーメンも健在。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 右側がツルハドラッグ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 市南区合同庁舎前交差点から南に延びる広い道路で,商店街が一旦途切れる。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 広い道路の横に,報徳二宮神社がある。例大祭の準備が進んでいるようだ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 報徳二宮神社の前の路地を北側に進むと,相模大野郵便局がある。相模大野の街の規模に比べると,かなりささやかな郵便局である。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 建築中のbono相模大野の北側。このあたりはショッピングモールとそれに付随した駐車場ビルになるらしい。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 駅前広場からロビーシティ前交差点に抜ける道路。「自転車の方はご遠慮願います」と書かれた仮設の歩道を,おばさん,おじさんの自転車がばんばん走る。見てはならないところを見てしまった感じで,残念。ルール守れない人が多すぎ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 駅前のコリドー街商店街のアーケードが見える。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ロビーシティ前交差点。
 ロビーシティは,元の米陸軍医療センターが1981年に日本に返還後,その跡地に建てられた高層マンション群である。1980年代の終わりに,私の職場の先輩のKさん(先輩のKさんは確か学部卒,私はマスター卒なので,齢は同じぐらい)がここに引っ越し,11階だか12階の部屋まで荷物を運ぶ引っ越しの手伝いをした記憶がある。引っ越しの当日は雪が降ってて,革靴で滑りやすかった私は,何度か転びかけたこと,頻繁に荷物を運ぶためにはエレベータが少なくて,非常階段を使って息切れしながら荷物を運んだのは,今となっては遠き良き思い出である。
 冷静に考えてみると,私はまだ賃貸マンション住まい。1980年代後半のバブルに間に合った人と,間に合わなかった人の差は,以外に大きかったかもしれない。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ロビーシティ前交差点。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ロビーシティの隣には,伊勢丹相模原店やグリーンホール相模大野(相模原市文化会館)がある。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街商店街から伊勢丹相模原の正面デッキに上り下りするエスカレーター群。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街商店街から相模大野駅側を見る。どうだろう,賑やかさがイマイチな感じがする。暑すぎる夏の天候が影響しているのだろうか。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 今度は伊勢丹相模原店方向を振り返る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街は,石畳の良い雰囲気なのだが,中央部分はクルマが通れそうな感じで,でも基本的には通行禁止なのか,歩行者天国なのか,中途半端に思えた。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街から西南側を見る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街から北東側を見る。
 やはり,歩行者がぜんぜん少ない。小田急線の相模大野駅構内は混雑しているのだから,町田や新宿に客を奪われてしまっているに違いない。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街。うつわ自体は良さそうな感じの街ができあがっている。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街からペデストリアンデッキに上がり下りするエスカレーター群。
 かつてはエスカレーターの周囲に大きな噴水だったか滝の水が流れていて,涼しげな音が聞こえていたが,節電の夏には動いていないようだ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 岡田屋モアーズ方向を見る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 岡田屋モアーズ側からコリドー街を見る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街の前から建築中のbono相模大野を見る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 コリドー街。

 先ほどから,歩いている人が少ない,人が少ない,と書いているが,十数年前の相模大野との比較であり,たとえば,浜松市,和歌山市,岐阜市クラスの中心商店街に比べると,まだまだ買い物客は多いと思う。徒歩でも20〜30分弱で到達する隣駅の町田が賑やかなので(賑やかだったはず),それと比較してしまうと,これだけの街でも寂しく感じるということだろうか。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ペデストリアンデッキ上からコリドー街を振り返る。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 ペデストリアンデッキ上の大屋根。多少雨が降ってもイベントが可能だ。

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
 相模大野ステーションスクエアに戻る。さっき,相模大野駅に降りたときにやっていたイベントは終了したようだ。

 さて,相模大野の街,少し寂しい感じがあることが,ちょっと気になった。念のため,同じ日に町田の街を歩いて,人の動きを確認してみようと思う。ひょっとしたら,単純に暑さで買い物客がビルの中から出てこなかっただけとも考えられるからだ。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.6 ED G

|

« 大汗やがて涼風 … 横浜市瀬谷 | トップページ | 宵待ち大好き 町田 »

・14 神奈川県その他」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しております。相模大野は私の大学時代よく途中下車したものです。(2001年ごろ)あの頃銀座商店街がこんな形になるとは思ってなく私も記録を残しておきたかったです。1年前としちゃんラーメン行ったので多分大丈夫と信じたい・・・。西側は変わっていないためbono相模大野から先をアピールしないと寂れそうで。コリドー通りはそれなりの人が昨年は歩いており途中の豆腐屋に多くお客が集まっていました。
ですが見る限りでは残念なことになっていますね。この一年で何かあったのでしょうか?ロビーシティの先に相模女子大がありますがうまく学生を取り込んでほしいものです。

投稿: 湘南台人 | 2012年8月21日 (火曜日) 22時24分

 相模大野駅と切り離されてしまった形になっている銀座商店街の西側,アピールはしているようですけど,それがあまり伝わらない感じで,もどかしいですね。

 街としての賑わいは,完全に町田に吸い取られてしまっているように感じました。とはいえ,シャッター街になるような状況ではないので,上手い具合に町田と共存していってほしいと思います。

投稿: 三日画師 | 2012年9月 8日 (土曜日) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/55455608

この記事へのトラックバック一覧です: 積木の街はあれから何処へ 相模大野 :

« 大汗やがて涼風 … 横浜市瀬谷 | トップページ | 宵待ち大好き 町田 »