« 各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎) | トップページ | 長崎の船大工町〜思案橋横丁〜銅座市場 »

2012年5月 1日 (火曜日)

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり

120501112236edit

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり


 天気予報は“くもりのち雨”だったが,日差しがある。これはラッキー。
 まずは思案橋から旧丸山遊郭あたり(寄合町・丸山町)を歩いてみる。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 思案橋の商店街。飲食店が多い。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 本石灰町の思案橋から船大工町へ。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 カステラの老舗福砂屋。ラーテスカ!
 右側に見えるのが“見返り柳”。説明書きによれば,「かつてこの界隈を丸山の入口“山の口”と称し,右と左の別れ辻に小橋があり,思ひ切り橋と名付けられる。橋畔の一樹の影長くたれ,色町の夜を朧にするものは見返り柳である。江戸,吉原の見返り柳と東西において,その意を一にするものである」とか。
 見返り柳の左側が船大工町の商店街,右側が柳小路通りで,籠町や銅座町に続いている。

 思案橋横丁と春雨通りの間が銅座川(玉帯川?)の暗渠の上に建てられているらしく(地図を見れば明らか),思案橋電停の横が銅座川に架かる思案橋,柳小路通りも元は小さな川だったところを暗渠にしたものと思われ,ここに架かっていた“思ひ切り橋”が眼に浮かぶようだ。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 “山の口”で目立っているのがレトロ風な丸山町交番。レトロというよりレトロ風で,丸山に似合っているかというと微妙だし,個人的にはちょっと苦手かも。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 丸山町交番の前から丸山公園のほうをみる。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 左側が丸山公園。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 丸山町交番のほうを振り返る。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 右側が丸山公園。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 丸山公園の南側。丸山公園の南西側が寄合町だ。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 史跡料亭花月。坂本龍馬が斬りつけたという柱の傷跡が有名らしいが,そんな怪しげなエピソード抜きにしても,妓楼引田屋から引き継いだ歴史のある料亭である。表からはその立派な建物が見えないのが残念。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 三味線の音が聞こえてくる長崎検番。この前の通りが山通りと呼ばれた丸山のメインストリートらしい。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 長崎検番の横の路地。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 花街(かがい)だった頃の雰囲気が残る?

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 同じ路地でしつこく撮影。というか,ここ以外には古い街並みはほとんど残っていない。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 同じく丸山町の街並み。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 坂と階段を登ると梅園身代り天満宮の鳥居が見えてくる。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 梅園身代り天満宮。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 東隣の路地を下る。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 長崎は坂と階段の町だ。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 こういう上下左右に変化のある佇まいにシビれる。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
「松?加」とモルタルのレリーフ文字がある(真ん中の字が読めない。「加登松」かな)。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 丸山町の細い坂道を下る。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 山通りの突き当たりの階段の上にある料亭青柳。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 山通りを俯瞰する。風情はない。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 大崎神社。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 長崎千日劇場。

長崎丸山華街〔花街〕跡あたり
 ぐるりと廻って,山の口の丸山町交番の前に戻ってきた。

 ── FUJIFILM FinePix X100

|

« 各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎) | トップページ | 長崎の船大工町〜思案橋横丁〜銅座市場 »

・42 長崎県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/54689207

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎丸山華街〔花街〕跡あたり:

« 各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎) | トップページ | 長崎の船大工町〜思案橋横丁〜銅座市場 »