« 石炭と共に栄え石炭と共に…若松 | トップページ | 関東地方にも台風4号がやってきた »

2012年5月 5日 (土曜日)

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田

120505150753edit

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田


 さて,時刻は午後3時少し前……。
 iPhoneで乗り換え案内情報を調べると,若松発15:13の筑豊本線普通列車に乗り,折尾で15:59発の鹿児島本線快速荒尾行きに乗れば,博多に16:43に到着。折尾〜博多の鹿児島本線の車窓も楽しみだなぁ……。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 ということで,午後3時少し前の若松駅前。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 若松駅の駅舎に入ると,正面に改札口があって,その先にホームが伸びている。完璧なバリアフリー構造。最も単純で乗り降りしやすい駅だ。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 若松駅も構内のうどん・そば屋さんが人気で,繁盛している。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 改札口を入ると,右側に石炭輸送に使われた貨車セム1000と車輪が展示されている。駅前には蒸気機関車9600型もあるらしい。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 ホームから若松駅の駅舎を振り返る。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 かつては線路がずらりと並び,石炭を積んだ貨車がたくさん並んでいたと思われる場所は,駐車場と住宅地に変貌している。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 若松駅のホームに軽いディーゼルエンジン音を響かせながら,列車が入ってきた。ローカル線でよく見るキハ47形とキハ31形の2両編成だった。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 キハ47を点検する運転手さん。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 折尾行きの先頭になるのは,国鉄末期に分社化前提で作られたキハ31形気動車。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 筑豊本線という名前は付いているが,雰囲気は既にローカル線である。ディーゼルカー2両編成だし……。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 電化はされていないが,輸送量の多さに対応した複線である。筑豊炭田が賑わい,筑豊本線での石炭輸送が増大したのは1930年〜1940年頃だろうか。まだまだ蒸気機関車が主力の時代である。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 ディーゼルカーが折尾駅に到着。駅の周囲の古い建物群にドキドキする。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 折尾駅の筑豊本線のホーム。というより,ここで列車は若松方面に折り返す。
 反対側のホームが筑豊本線の直方方面へのホームになっていて,運行形態としては,筑豊本線はすでに折尾駅で若松線(非電化)と福北ゆたか線(電化)に分割された路線となっている。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 どこからどう見ても昭和の雰囲気の残る折尾駅のホーム。案内板は福北ゆたか線・若松線と無情にも分割されている。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 若松線のディーゼルカーに後ろ髪を引かれながら,階段を上って鹿児島本線のホームへ。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 折尾駅の乗り換え階段。すごいよこれは,明治〜昭和初期建築と思われる木造のままの駅が残っているよ。増築が繰り返されているようで,どこからどこまでがどうなっているのかはよくわからないが,とにかく今まで数多く歴史ある駅を見てきたが,ここ折尾駅は一級品の建築物だと感じた。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 階段から若松線(筑豊本線)のホームを見下ろす。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 階段を上ったところは鹿児島本線の下りホーム……。いやいや,この野球のグラウンドのマウンドのように盛り上がりは何なのだろう。なだらかな盛り上がりかたは甲子園球場のマウンドを想像させる。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 上屋の多くは木造だ。それが複雑な駅構造と相まって,普通ではない雰囲気を醸し出している。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 ふとみると,駅の北側には長屋タイプのマーケットがある。これは一度行ってみたいものだ。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 一階部分やトンネルはレンガが使われている。これはますますすごい。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 あまり意味があるようには思えなかったホームの外側の通路。どういうふうに利用されたのだろうか。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 現在は閉鎖されているようにも見えるが,筑豊本線のホームの上りホーム側に小さな駅舎がある。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 なぜかホームの外側の通路? ホームに入ることは出来ない。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 裏側の通路から見た折尾駅の駅本屋(駅舎)。これはなかなか歴史を感じさせる駅舎だ。駅舎は明治か大正時代の木造だと思われるが,それが残っているのはすばらしい。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 裏側の通路を戻る。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 駅本屋だけではなく,駅の上屋を全部残したい気分だ。駅の中を歩いて,こんなに興奮したのは初めてかもしれない。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田

 さて,時刻はまだ午後3時45分。折尾から乗る予定の鹿児島本線荒尾行き下り快速列車は午後3時59分発だから,まだ十分に時間がある。ちょうどトイレに行きたくなったのだが,先ほどの若松線のホーム横のトイレまで行って戻ってくるのにも十分の時間がある。

 しかし,ひとつ,気がかりなことが出てきた。
 鹿児島本線下りホームの電光案内板をみると,下り列車は,15:48の鳥栖行き普通,15:57博多行き特急ソニック,16:09荒木行き快速……という順番で並んでいるのだ。iPhoneの乗り換え案内に載っていた15:59の荒尾行き快速が見当たらない……。これはどうしたことか。休日ダイヤと平日ダイヤの違いか?
 もし,15:59の荒尾行き快速が走っていなければ,ひょっとしたらその一本前の特急ソニックに乗らなければならないかもしれない。さて,どうしよう。短時間での決断を迫られている。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 トイレを利用するため,若松線・福北ゆたか線のホームに戻る。若松線のディーゼルカーの隣に,福北ゆたか線の電車が並んでいた。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 若松線ホーム横のトイレ。このトイレも,また博物館に残りそうなほどの年代物である。

 さて,鹿児島本線の下りホームに戻って,乗るべき電車のことを考える。15:57の博多行き特急ソニックの入線を告げるアナウンスが流れる。その後で15:59の電車が来てくれればいいが,来なければ,次の電車は16:09となる。来なかったときには明日はない(飛行機の時間がヤバい)と判断すれば,15:57のソニックに乗り込んでしまう方法一択しか残らないではないか……

 と,一択しかないと決めた瞬間,特急ソニックの入線の寸前に鹿児島本線の下り普通電車が上り線のホームに入ってきたのだった。
 なーんだ,15:59発の荒尾行き下り鹿児島本線普通列車は,折尾駅では上り線のホームに入って,特急ソニックの通過待ちをするのだった。だから下りホームの電光掲示板に15:59発の列車が乗っていないわけだ。わかってみればなんということはない話だ。早速上りホームへ移動する。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 見事なレンガ造りの地下通路を使って,折尾駅の鹿児島本線上りホームへ。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 ジャーン。折尾駅15:59発の下り鹿児島本線快速荒尾行き。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 名島駅付近で多々良川を渡る。西鉄宮地岳線の多々良川鉄橋は13連アーチが有名な鉄橋。ちょうどここを走っていてくれてたらハッピーだったんだけど,さすがにそんなうまいことは簡単に起こらない。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 時刻通りに博多駅に到着。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 余裕で福岡空港駅に到着。さっそく手荷物検査の行列に並ぶ。ゴールデンウィークも今日と明日を残すのみ。行列がもの凄い長さになっていた。行列嫌いでも,こればかりはどうにもならない。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 あちこちで「15分前に搭乗手続きを済ませないと乗ることができなくなることがあります〜」という声が聞こえる。飛行機と新幹線の所要時間を比較するときに,飛行機の所要時間に15分は追加しないと不公平だということになる。
 新幹線と違って,乗る前にこうやってゆっくりできるのは,とても良いけどね。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 気合いを入れて窓側の席を確保したものの,残念ながら下界は雲だらけ。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 上空には,地球と月の距離が短いときに見られる大きな月「スーパームーン」が見えていた。まぁ,これが見られれば満足かも。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 縦位置でもスーパームーンを撮影。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 あっという間に羽田空港に到着。羽田空港が混雑している時期だから,以前のように千葉県上空をぐるっと大回りしたりするのかと思いきや,意外にすんなり着陸できた。滑走路の増設や延伸の効果が出たかな。
 まぁ,しかし,着陸した後は東京駅に着いちゃうんじゃないかと思うくらいの長距離を走り回ったけど。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 どっと疲れた。ロビーで休む人もなく,みんながみんな,出口に真っ直ぐに向かったのにはびっくりした。

若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田
 羽田空港から京急線のエアポート急行で上大岡へ……。これまた楽ちんだわい。

 ── FUJIFILM FinePix X100 or Canon PowerShot S100 or iPhone 4

|

« 石炭と共に栄え石炭と共に…若松 | トップページ | 関東地方にも台風4号がやってきた »

・40 福岡県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若松〜折尾でドッキリ〜福岡〜羽田:

« 石炭と共に栄え石炭と共に…若松 | トップページ | 関東地方にも台風4号がやってきた »