« 河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移 | トップページ | 洞海湾の若戸渡船と若戸大橋 »

2012年5月 4日 (金曜日)

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ

 今晩の宿は北九州市の小倉駅前。熊本から人生初の九州新幹線に乗って小倉に向かうつもりだが,その前に二本木をさらっと歩いてみることにする。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 二本木の入口にある三嬌橋から坪井川の上流側を見る。熊本駅前にできた再開発ビルが見える。えっ,あの森ビル関係? ああ,それで「くまもと森都心」なのか。てっきり「森の都」熊本の新都心でなので,ダジャレで森都心なのかと思ったが,森ビルなのか……,トホホ。みんなが読めるように「くまもと森都心」ではなく「熊本しんとしん」にすればいいのに……無理だよね,森ビルだもん。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 三嬌橋を渡り二本木へ。ご存じの通り,坪井川と白川に挟まれた二本木地区は二本木遊郭があったところ。以前は東雲楼の建物が残っていたらしいが現存せず,今は旅館やビジネスホテルが多いことに雰囲気を残す程度らしい。むしろ,この三嬌橋という橋の名前に名残を感じるかも。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 右側の建物は熊本朝日放送本社ビル。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 三嬌橋方向を振り返る。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 坪井川と平行に数本の水路が流れ,街もそれに沿って形成されている。この路地の奥にビジネスホテルや旅館が並んでいる。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 熊本朝日放送本社ビルの前。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 スナックが並ぶ。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 路地の奥にはソープランドがあったりする(割愛)。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 かつての賑わいはない。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 三嬌橋方向を振り返る。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 行列が出来ている。何か事故でもあったのかと思ったら,黒亭というラーメン屋だった。クロテイ? いやいや,それじゃ湯桶読みだからコクテイか……。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 おっと,モダンなアーチ窓がカッコいい建物が見える。
(ここではラーメン屋に行列を作っている人たちからの冷たい視線を感じながら撮影)

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 取り壊しが始まる寸前か,それとも改装工事か?

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 正面から。逆光が厳しい。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 この長屋店舗の北側に東雲楼の建物があったそうな。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 ラーメン屋黒亭のある交差点。行列のほうを写すとにらまれそうだったのでパス。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 交差点を南へ。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 二本木の商店街はここがメインストリートだと思われる。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 南へ行くにつれて幅員が狭くなる。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 ラーメン屋の方向を振り返る。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 商店が一番密集するあたりが最も幅員が狭くなる。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 半分に切れてる。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 新世安橋に続くバス通りが見えてきた。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 屋根勾配のグラデーション。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 二本木三丁目方から二本木二丁目を見る。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 二本木町バス停付近。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 バス通りの向こう側(南側)が二本木三丁目。二本木郵便局や二本木神社は三丁目にあるので,渡ってみたい気もしたが,情けない体力が限界っぽい。田崎橋電停の西側あたりも含めて,また今度の楽しみに取っておくことにする。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 二本木を流れる水路のひとつ。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 水路が二本平行して二本木三丁目側に流れてゆく。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 田崎橋付近から見る坪井川。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 坪井川越しに二本木の町を見る。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 サイドリザベーションになって利用しやすくなった熊本市電の田崎橋電停。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 田崎橋電停に電車がやってきた。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 田崎橋電停から健軍町行きの電車に乗り込む。よく見ると熊本の地図が描かれた電車だ。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 あっという間に熊本駅前電停に到着。駅前の再開発でJR熊本駅に(ほんの少しだけ)近づき,大きなしずくのような形をした屋根が付いている。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 大きなしずくのような形をした屋根が熊本駅に延びている。奇抜なデザインだけど,実用性はどうなんだろう……。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 熊本駅前の再開発ビルは,森ビルの熊本森ビル都心……じゃなくて,くまもと森都心とザ・熊本タワー。ザ・熊本タワー……って,漫才コンビ名じゃないんだから(笑)

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 熊本市電がうねるようにして熊本駅前電停に入ってくる。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 JR熊本駅。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 ここで大失敗。
 私は普段から腕時計を持っておらず,現在時刻をほとんど確かめもせずに17:50頃に自動券売機で小倉までの乗車券と特急券を買ったときに,熊本駅で駅構内や九州新幹線などをしばらく見ていようと思って券売機の「現在の時刻」ではなく「1時間後」のボタンを押したつもりが,「17時」の次の「18時」を押していて,間もなく発車時刻となる18:00発の大阪行き「さくら」の切符を買ってしまったのだ(トホホ)。
 切符を買って,しばらく構内をのんびり歩いているときに,駅の時計を見て発車時刻が近いことに気付き,慌てて新幹線ホームに向かう羽目になってしまった。
 で,ホームに上がると同時に特急「さくら」がホームに入ってきて,肝心の先頭車両の写真は撮れず……。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 指定席を取ったので,ちゃんと窓側の座席は確保。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 熊本の街で何も食わなかったので新幹線の中で弁当を買おうと思っていたのが,時間がなくて事前に駅弁は買えず,しかも車内のワゴン販売も熊本の時点で既に弁当は売り切れ。冷たいお茶でお茶を濁す。トホホ^2。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 とはいえ,あっという間に小倉駅に到着。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 小倉駅の小倉食堂というフードコートで,焼き鳥丼とホルモン焼きに食らいつく。駅弁を食えなかった反動で食い過ぎた。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 小倉駅の新幹線口。左側が今晩の宿,リーガロイヤルホテル小倉。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 小倉の夜景。今回の旅行で初めて景色の良い部屋だ。

熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ
 最後はiPhoneのInstagramで。レンズが汚れてるので変な光芒が出る。

 ── FUJIFILM FinePix X100 or Canon PowerShot S100 or iPhone 4

【参考】
2003年8月2日 (土曜日):熊本市電と熊本電鉄

|

« 河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移 | トップページ | 洞海湾の若戸渡船と若戸大橋 »

・43 熊本県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

よくこまめに裏町のポイントを撮ってられて
感動しました
旅人なので撮られたのでしょう
住んでいれば意識しません
私は熊本の下通に住んでまして
もうなくなったり、入れ替わったところも
写真にはありました
前の記憶が いま画像で見ることができるのが写真の魅力です
ありがとうございました

投稿: kamao | 2013年1月26日 (土曜日) 20時24分

 学生の頃,地図のゼンリンのアルバイトをやったことがあって,裏道も含めて網羅的に街を見て回る(見落としは許されない)ときのコツが身についたこともあって,こういう街歩きができているんじゃないかと思います。

 昨年の5月の写真でも,既に入れ替わったり無くなったりしているところがあるのですね。熊本は街が動いてますね。

投稿: 三日画師 | 2013年1月31日 (木曜日) 00時45分

三日画師さんの
写真の撮り方が独特なので
投稿のコメントでわかりました
地図作製の撮り方なのですね
水平に曲がらず撮る
起点に建物を入れる
交差する場所を撮る
道路を入れている
私も街撮りしていますが
道路と電柱や信号機も入れて撮ってます
10年先でも街のなかでは移動はないでしょう
減って消えて行く文化かもしれませんが
全国各地の商店街の写真は後になれば貴重な記録になります
熊本の写真でも7カ所は閉店と解体でした
何事もシビアな時代です
これからも楽しみにしています
ありがとうがございました

投稿: kamao | 2013年2月 3日 (日曜日) 21時17分

 kamaoさん,コメントありがとうございます。

 写真の撮り方が独特……ですか。初めて言われた気がしますが,嬉しいです。見たまま,そのままを飾らずに撮りたい,撮影方法でよく言われる「一歩前へ出て撮る」の逆で,「一歩下がって余分なものを入れて撮る」「一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント」と考えることが多いので,一枚一枚の写真はほとんどインパクトがありません。
 自分自身では,たとえばGoogleの画像検索で大量の画像を表示したときに,自分が撮った写真はかなりの割合で判別できるので,やっぱり何かしらの特徴があるのだとは感じていました。下手は下手なりに,撮りたい写真に近いものが撮れているのかと思っています。

 熊本の写真を撮ってから,まだ1年経たないのに,そんなに変わってますか……。商店街に厳しい時代ですね。これからも,まだ見ぬ商店街にどんどん足を運んで,自分の目で見て,写真に収めたいと思います。

投稿: 三日画師 | 2013年2月 6日 (水曜日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/54939173

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ:

« 河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移 | トップページ | 洞海湾の若戸渡船と若戸大橋 »