« 肥後国熊本・新市街〜下通〜通町筋 | トップページ | 熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ »

2012年5月 4日 (金曜日)

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

120504153848_73edit

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移


 熊本随一の繁華街である通町筋電停から熊本市電に乗り,iPhoneのGoogleマップを見る。さっきまで歩き回った街は新市街や新天地をはじめとして,クラブ通,酒場通,栄通りと,どちらかという新しい街であることを示す地名ばかりだ。

 ということは,もっと歴史のある繁華街があるに違いない。それはどこだろう……と探してみると,河原町電停から呉服町電停のあたりに,魚屋町,米屋町,呉服町,鍛冶屋町,唐人町,古大工町……というのが目に入った。この地名,ここが昔からの繁華街じゃなくてどうする。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 ということで河原町電停で下車。が,予想していたのとは違った雰囲気の街で,ちょっとがっかり。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 まずは紺屋町から上鍛冶屋町へ向かおうとすると,その反対側の河原町に,さらに予想外の雰囲気を感じる。ひとけのない住宅街かと思って通りすぎるつもりが,こ,これは……

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 住宅街かと思っていたところは,長屋(共同ビル)タイプの商店群だった。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 突然,目の前にこの商店群が表れ,街歩き好きとしては鳥肌が立つ(良い意味で)気分。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 古い繊維問屋街だ。岐阜駅前の繊維問屋街をさらに寂れた感じにした雰囲気。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 ほとんどが空き店舗だが,若い人が入っている店があるようだ。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 繊維問屋街から,独特の雰囲気のある街に変わりつつある。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町Map。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 それにしても,寂しい感じではある。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 繊維問屋街だったころの名残のある店も残っている。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 国際繊維入口。

 写真を撮っていたら,声を掛けて下さったおじさんから繊維問屋街に関する話を伺うことができた。この長屋タイプの2階建て商店群は戦後のヤミ市一帯が焼けた大火災の跡地に建てられたもので,昭和40年頃には繊維問屋街として賑わったらしい。その後は徐々に空き店舗が増えたが,最近になって賃貸料が安いということで若い人のアトリエやカフェなどが増えてきたという。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 若い人が増えてきたといっても,まだまだ厳しい状況であることに変わりはない。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 毎月第2日曜日は河原町アートの日。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 アーケードの向こうに堤防が見える。河原町問屋街の東南を白川が流れる。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 白川側から河原町問屋街を見る。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町問屋街。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町問屋街。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町問屋街。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 2階建てとはいえ鉄筋コンクリート造り(推測)なので,強度の問題は少なく,内装を変えやすいのかもしれない。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 下通商店街や新市街,JR熊本駅から離れているという立地は厳しいが,その分賃貸料が安いというのは魅力的だと思う。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 建物は鉄筋コンクリート造りだが,通路の上に架かる屋根の部分は老朽化が進んでいる。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 塩ビの屋根自体は最近新しく付け替えられているようだ。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町問屋街の前の通り。向かい側にも長屋タイプの商店群が並んでいる。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 熊本市電が走る横紺屋町方向を振り返る。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町商店街。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町問屋街の南側の駐車場。ここにも少し前まで共同店舗が建っていたようにみえる。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 周辺には大きなアパートも出来ている。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 南側の丁字路。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町商店街。河原町問屋街の向かい側の長屋タイプ店舗群。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 延寿寺。右側に長屋タイプ店舗群の裏側が見えている。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 紺屋町を北へ。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 熊本市電の通りを横切る。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 河原町電停で下車した最初の目的だった鍛治屋町あたりの街並み。正直なところ,かなり残念な感じ。河原町問屋街を見落として,ここに真っ直ぐ向かってしまったら,あとで後悔したに違いない。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 中唐人町の旧第一銀行熊本支店。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 米屋町一丁目から新町二丁目へ坪井川を渡る。川の向こう側の地名は船場町。かつては坪井川が舟運に使われ,このあたりに船着き場があったのだろう。
 すこし北側に洗馬橋(せんばばし)電停と船場橋(せんばばし)があって面白い。船着き場が船場という地名の由来だとすると,洗馬橋という電停の名前は何に由来するのだろうか。

 あとでわかったことだが,船場橋から西側の新町も,城下町の頃からの古い町屋らしい。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 新町二丁目の坪井川に沿った街並み。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 坪井川に沿った街並みを西へ。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 歩道のない広い通り……だったのだが。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 ゆめマートの向かい側の長屋商店群。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 坪井川に架かる明八橋から上流側を見る。明治8年に架けられたので明八橋らしい。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 明八橋から……。
 この橋の北側の新町地区と,南側の呉服町・魚屋町・米屋町・唐人町……ひっくるめて古町地区が,熊本城下の商人町・職人町だったという。次ぎに熊本を訪問するときのために覚えておこうっと。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 明八橋を渡ると西唐人町になる。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 西唐人町。古い家並みが少しだけ残っている。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 西唐人町の家並み。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 西唐人町の心光寺に出る裏路地。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 レンガの防火壁に挟まれている店。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 呉服町一丁目を南へ。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 呉服町の交差点にある呉服町電停。地図をよく見ると,電停があるのは魚屋町二丁目だった。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 呉服町交差点で熊本市電がカーブしている。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 呉服町電停で熊本駅前からの電車を見る。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 呉服町電停。熊本駅・田崎橋行きの電車を見送る。贅肉で腹が出ているので,危なく電車に腹を擦られるところだった(笑)

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 石畳とレール。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 熊本駅・田崎橋行きの電車に乗り込む。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 ほとんどの乗客が熊本駅前で下車する中,一つ先の二本木口電停で下車する。
 一緒に下車した親子連れさん,あとの会話を聞くと,私が下車したので,どうやら終点の田崎橋電停と間違えて二本木口で下車してしまったらしい。田崎橋電停まではわずか200mぐらいしかないとはいえ,申し訳ないことをしたかも。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 田崎橋までの区間は,以前は道路の中央を単線の線路がヘロヘロと延びていたが,2010年に線路を歩道側に寄せるサイドリザベーション化と複線化と軌道緑化が行われ,とても立派になった。

河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移
 みごとに変身した熊本市電の熊本駅前〜田崎橋。西側は再開発が行われ,熊本地方合同庁舎などが移転してきており,街全体が大きく変貌しそうな地域である。

 ── FUJIFILM FinePix X100 or Canon PowerShot S100 or iPhone 4

|

« 肥後国熊本・新市街〜下通〜通町筋 | トップページ | 熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ »

・43 熊本県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
最近岐阜に用があり、偶然繊維問屋街を昨年できたホテルの上から見る機会に恵まれました。

廃墟のように見え、どうなってるんだ?と思って
行ってみました。休日なのでだれもおらず、まるで迷宮のようでした。ぐわーっと鳥肌が立ち、脳内麻酔でも出るようなトリップした気持ちになりました。
商店街の中は各店しか見えませんが裏から見ると全てが3、4階建てで、違法増築されまくりです。

そのように感動感しましたので、同じように思ってネット上に写真をあげている方はいらっしゃるのでは?と思い検索したところ、こちらがヒットしましてお邪魔しました。

岐阜も良かったですが、こちらの旧繊維問屋街も良いですね!!こういう一時すごく反映したけど、今は好きで住む人か、しかたがなくいる人程度の暮らしがある所が、ものすごく好きです。
本当、こちらのお写真を眺めていて、血が沸き立つといいますか、すごく良いです。

集合系の古い建物の写真集とか作らないのですか?
もしくは、厳選壁紙サイズDLできると嬉しいです。
もっと大きいお写真を拝見したいです。

それにしてもすばらしいお写真撮ってくださってありがとうございます。また拝見しにきます。

投稿: かな | 2013年5月27日 (月曜日) 12時11分

 ゴールデンウィークの旅の帰り,列車の中から岐阜の繊維問屋街を見ていて,西側に新しいビルが出来ているのに気づき,驚きました。2009年に見たときには取り壊しが始まる気配もなかったのに,再開発が進むときにはあっという間ですね。

 ブログの写真のサイズには,自分でも悩んでいます。ブログサービスにデータ容量の制限や画像サイズの制限がある(あった)ことと,以前はページあたりの写真枚数が多くて重いという声が多かったこともあって,現在のサイズになっていますが,最近は利用環境が大きく変わってきてますよね。

 Flickrから長辺480ピクセルの縮小画像をブログに貼り付けるやり方が(コピー&ペースト程度に)簡単だったら,クリックしたら大きな画像が表示できるようにしたいのですが,Flickrでデフォルトで選べるのは長辺500ピクセルになっていて,(490ピクセルがMaxっぽい)ココログでは右側が10ピクセルほどはみ出て非表示になってしまい,うまく行きません。
(500ピクセルのままブログにペーストして,キーボードで数値を500から480と書き換えればいいんでしょうけど,写真枚数が1記事あたり50〜80枚ぐらいあるので,面倒くさすぎます)

 Flickrには縮小画像で2万枚弱の写真をアップしてますので,画像サイズを大きくすると,Flickrにアップする写真容量が大きくなりすぎる心配がありました。最近,Flickrにアップできる容量が1TBになりましたので,容量の心配はなくなりそうな気がします。

投稿: 三日画師 | 2013年5月28日 (火曜日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/54915375

この記事へのトラックバック一覧です: 河原町旧繊維問屋街が「アートの街」に遷移:

« 肥後国熊本・新市街〜下通〜通町筋 | トップページ | 熊本二本木〜九州新幹線で小倉へ »