« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の8件の記事

2012年4月30日 (月曜日)

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)

120430165025_23edit

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)


 鳥栖発13時50分(長崎16時55分着)の普通列車で長崎へ向かう。特急かもめ号はたくさん走っているが,各駅停車で長崎まで行こうとすると,次の列車は約2時間後になってしまうので,鳥栖の次にどこかで途中下車するのは難しそうだ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 鳥栖駅。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 鳥栖駅の東隣にある鳥栖スタジアム。赤いディーゼルカーは久大本線用。久留米駅に停泊する場所がないため,鳥栖駅まで回送されているらしい。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 鳥栖駅のホームに長崎行きの普通列車(始発)が入ってきた。
 鳥栖駅の上り,下りのホームにはうどん・そば屋があって,どちらの店もかなり繁盛している。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 電車に乗り込む。同じホームに博多方面から荒尾行きか鳥栖止まりの列車が着き,ガラガラだった車内が少し賑やかになった。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 走り出した列車から見た鳥栖スタジアム。ドアのところに「床に座らないでください」というステッカーが貼ってある。実際に座っている人が居るから,JR九州がこういうステッカーを貼るんだな。そういえば,福岡空港から博多駅まで乗った福岡市営地下鉄にも同じようなステッカーが貼ってあった。これは九州地方独特の(恥ずかしい)文化なのだろうか。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 肥前山口駅で特急の白いかもめ号に追い抜かれる。
 時間があったのでホームに出て撮影(一番右側の列車が長崎行き)。ところが,この時点で,既にPowerShot S100のバッテリーが赤いバッテリー不足危険領域のマークを示している。鳥栖の市内でたかだか200枚ぐらい撮っただけなのだが……,PowerShot S100のバッテリー弱すぎじゃね?

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 肥前竜王駅ですれ違いの特急列車待ち。しばらく待った後で,特急列車がやってきた。PowerShot S100のバッテリーが怪しく,しかも予備バッテリーを持ってきていないので,このあたりからiPhone 4のInstagramの写真が多くなる。

 肥前山口駅から先の長崎本線はほとんどが単線区間になるため,多くの駅で特急列車に抜かれるのを待つか,列車行き違いのために長めの停車する。そういうときには席に座ったままではなく,外に出てうろうろしたり,追い抜いたりすれ違う列車を撮影するのも楽しい。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 肥前鹿島駅の少し手前,塩田川が有明海に流れ込むところに,たくさんの小舟が揺れていた。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 次の肥前浜駅では特急白いかもめ号とすれ違う。
 肥前浜駅は写真の右側に駅舎(駅前)があるため,各駅停車が右側のホームに停車し,通過する特急列車が左側を通過する。普通列車の乗客に配慮した停車方法になっていて,しかも日本では珍しい右側通行が見られるのだから一石二鳥だ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 肥前飯田駅では特急に追い抜かれる。カーブにホームがあるため,カメラを水平に構えると電車が傾いているように見える。それは置いといて,本当は右の窓に特急列車の最後尾がきれいに納まるのを狙ったけど,iPhoneでそこまでのシャッタータイミングを捉えるのは難しい。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 破瀬の浦の波瀬ノ浦橋。通るたびに,有明海の海水が満ちていたり,干潟になっていたりして面白い。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 大浦の里・休石には里信号場がある。その前後の区間は有明海の小さな湾に沿ってぐるりと線路が通っているため,信号場ですれ違う列車が湾の向かい側を同じ方向に走っているのが見えることで有名なところだ。が,残念なことに,こっちの長崎行き普通列車とすれ違う相手は,特急列車だった。信号場に向かう列車が同じ方向に走るシーンにはならず,こちらが信号場で待っているときに,後から特急列車が颯爽と走ってきて,一度も止まることなく,颯爽と走り抜けていった。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 肥後大浦駅付近の「ここは有明海宝の海 もぐり日本一の基地」

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 小長井駅で白いかもめとすれ違う。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 小長井駅から見る有明海。諫早湾の向こう側に雲仙が見える。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 現川駅(長崎市)で白いかもめに抜かれる。この先の長いトンネルを抜けると,そこは長崎の市街地だ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 長崎駅の0番線に到着。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 長崎駅構内では何やらイベントが開催されていた。
 山の上にまでビルが建っている景色を見て,長崎に来たことを実感する。約25年ぶりの長崎だ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 駅前のペデストリアンデッキから見た長崎駅。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 長崎といえばやっぱり路面電車。しかも,運転間隔が短くて,次から次にやってくる。すばらしい。やっぱり路面電車はこうでなくっちゃ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 もちろんInstagramでも撮影。普段は地味で低コントラストな写真ばかりアップしているから,その反動でInstagramの強烈なフィルタを滅茶苦茶かけてる。こういう写真も面白い。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 桜町通りから長崎駅前電停に入ってくる電車。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 同じ桜町通りから長崎駅前電停に入ってくる電車をInstagramで撮影。
 同じ写真でも,こういうど派手はフィルターをかけると,全然印象が違ってくる。個人的にはノーマルな写真が好きなのだが,こうやって並べて比べると,一枚の写真のインパクトには圧倒される。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 長崎駅前商店街。
 腹がへったので,駅前の店で腹を膨らす。ちゃんぽんか皿うどんかを迷った末に,ちゃんぽんの大盛り。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 長崎駅前電停から正覚寺下行きの電車に乗り,今日の宿がある思案橋電停を目指す。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 乗客がいっぱいで,ゆっくり座れるような状態じゃなかったため,迷わず運転手の横に立ってかぶりつく。西浜町電停付近で赤迫行きの電車とすれ違う。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 観光通電停で大量下車したので,運転席右後ろのかぶりつき席に座った。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 かぶりつきの席に座ったものの,目的地の思案橋電停はすぐ隣。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 思案橋。かつて,ここの南側の丸山町・寄合町にあった長崎丸山遊郭(江戸の吉原,京都の島原とともに日本三大遊郭と言われた)があり,前を流れていた玉帯川に架かる橋の上で「行こうか戻ろうか」と思案したことから思案橋と名付けられたという。
 そういえば,北前船で賑わった三国港の街にも,元遊郭の近くに思案橋という橋が架かっていた。人間はやっぱり考える生きものなのだ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 思案橋横丁。思案橋の入口から,長崎電鉄の電車が走る春雨通りに沿って銅座町の方向に延びている。
 思案橋(は地名ではないが)とか銅座町とか船大工町とか,長崎の地名には面白い地名が多い。この思案橋あたりは本石灰町であり,由来が気になる。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 思案橋横丁。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(鳥栖〜長崎)
 ホテルにチェックイン。残念ながら窓からの景色は銅座町・船大工町方向ではなく,山の方向だった。でも,こっちの風景もすこぶる長崎らしい。

 ── Canon PowerShot S100 or iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥栖駅周辺・中央市場商店街

120430131603edit

鳥栖駅周辺・中央市場商店街


 鹿児島本線の鳥栖駅で長崎本線の列車に乗り換える。時刻表を調べると,長崎本線の下り方面には肥前山口行きと肥前鹿島行きの各駅停車があるが,そこから先の連絡列車は無く,どっちの列車に乗っても長崎まで行くためには鳥栖発13時50分の列車(16時55分長崎着)に乗り換えることになるようだ。

 というわけで,13時50分までは時間がたっぷりあるので,鳥栖駅で途中下車し,駅の周辺を歩いてみることにする。小雨が降っているので,傘を差しながらになってしまうのが残念だ。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 鳥栖駅前。さすがに約25年ぶりの鳥栖駅前なので,記憶に残っているものは何もない。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 鹿児島本線に沿って南西へ歩く。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 右側の路地に入ってみる。このとき,この右側の路地が南北に延びているものと勘違い……。

 鳥栖の街は格子が「井」桁ではなく,「♯」のように微妙な角度でずれているので方向感覚が難しい。……ということを15分ぐらい後に気付いた。そして,それに気付いた瞬間,約25年前の記憶が鮮明に浮かんだ。そう,25年前も,この先の東町一丁目にあった旅館に向かうときに地図を読み間違え,暗くなった街を焦りながら歩き回ったのだった。今のように携帯電話など無かったし,歩きながらGoogleマップを見ることもできない。
 そういえば,その旅館が白水旅館だったことも思い出した。地図を見ると,白水旅館は見当たらず,白水という名の付いたレディースクリニックや歯科クリニックがある。ひょっとしたらお子さんが開設したクリニックなのかもしれないな……などと想像してしまった。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 スナックの多い路地を,北に向かっていると思いながら西へ歩く。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 右側の細い路地に飲食店が並んでいる。この京町の路地が実は南北に延びている路地だった。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 京町には南北に延びている細い路地が二本並んでいる。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 Instagramの写真。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 京町と本通町二丁目の境界に架かる橋から京町側を見る。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通町二丁目の交差点。この交差点に出たときに,道を間違えたことを確信した(涙)

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 改めて,本通町一丁目の本通町交差点へ。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通町交差点はスクランブル交差点になっている。あれっ,この駅前から続く本通筋商店街は,歩道の上にアーケードが付いていたと記憶しているのだが……。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通筋商店街が鳥栖駅方面に続く。やっぱりアーケードがあったはず。老朽化したから取り外したのかな。それとも,鳥栖の中心となるアーケードの付いた商店街を見逃しているのかもしれない。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通筋商店街の鳥栖駅方向を見る。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通町交差点の西側を見る。
 雨が降っているので,アーケードが恋しい気がする(あったかどうかうろ覚えなのに)。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通町交差点。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 本通筋商店街を鳥栖駅方向に歩く。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 鳥栖駅と駅前の鳥栖ビルが見えてきた。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 鳥栖駅前の本鳥栖町にあるショッピングセンター,フレスポ鳥栖。本通筋商店街を走ってきた車のほとんどがここに入る。
 鳥栖駅の真ん前,徒歩2〜3分のところに大型のショッピングセンター,駅の東側にはやはり徒歩2〜3分の場所に鳥栖スタジアム(サガン鳥栖のホームスタジアム)があるという,郊外化恐るべし鳥栖市。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 フレスポ鳥栖へのアクセス道路となった本通筋商店街。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 駅前の京町にある中央市場商店街。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 中央市場商店街。商店街というには寂しい状態になっている。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 中央市場商店街の小さなアーケード。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 中央市場商店街。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 中央市場商店街のこのアーケードと本通筋商店街のアーケードを勘違いしたのかも……ということはないはず。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 京町の中央市場商店街。スナック街になっている。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街

鳥栖駅周辺・中央市場商店街

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 八起のキャンデー。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 中央市場商店街。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 フレスポ鳥栖の入口から中央市場商店街を見る。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 鳥栖駅が見えてきた。

鳥栖駅周辺・中央市場商店街
 長崎行きの普通列車の発車時刻まではまだ時間があるけれど,小雨の中を傘を差して歩いたらだいぶ濡れてしまった。屋根の下でゆっくり休みたい気分だ。

 ── Canon PowerShot S100 or iPhone 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)

120430123228edit

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)


 博多の朝は雨模様……

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 天気予報を見ても,九州北部は一日中雨が降るらしい。

 残念だがしかたがない。頭の中では,今日は「白いかもめ」で長崎まで行き,街の中を散策するつもりだったが,長崎も雨らしいので,あまり早く着いても面白くない。せっかくの機会だから,今日は一日乗り鉄三昧ということで,長崎本線の各駅停車でのんびり長崎に向かうことにする。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 雨が小降りになった瞬間を見計らって博多駅へ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 博多から,まずは鳥栖行きの電車に乗る。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 鳥栖行き電車の車内。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 12時半頃,鹿児島本線から長崎本線が分岐する鉄道の要衝,鳥栖駅に到着。
 鳥栖駅からは各駅停車の本数が急に減少する。時刻表を確認すると,長崎行きの各駅停車は13時50分発。一時間以上も時間があるので,鳥栖駅で途中下車する。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 鳥栖駅で下車するのは,約25年ぶりになる。まだ九州内を走る夜行列車がたくさん残っていた時代で,九州地方のワイド周遊券を学割で2万円ぐらいで買って,約2週間,ずっと夜行列車で寝泊まりしながら九州内を旅(貧乏旅行)して以来だ。2週間の中で2回か3回,風呂と洗濯のために鳥栖の旅館に寝泊まりしたのだった。
 この長いスロープの付いた特徴ある地下道……,当時の記憶がありありと浮かんでくる。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 歴史を感じさせる鳥栖駅の駅舎。だが,せっかくの窓が看板やらポスターに隠れてしまっている。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 鳥栖市は都市の規模はそれほど大きくないが,鹿児島本線から長崎本線が分岐する交通の要衝だったため,駅の規模は大きく,駅舎も立派だ。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 駅の入口の車寄せ部分。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 なんということだ,車寄せ部分の細かな造形が明治時代に建築された駅舎らしい見事な出来栄えなのに,無粋なアルミ製の屋根で隠してしまっている。実用本位とはいえ,歴史的建造物が台無しだ……。

各駅停車を乗り継いで長崎へ(博多〜鳥栖)
 駅前から駅舎を見るとこんな感じになる。まぁ,駅舎が取り壊されずに残っていることだけでも,喜ぶべきことなのかもしれない。

 ── FUJIFILM FinePix X100 or Canon PowerShot S100 or iPhone 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日曜日)

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

120429182307edit

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く


 博多駅前からバスに乗り,柳橋バス停で下車すると……

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 住吉通りの向かい側に目的の柳橋連合市場が見える。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 住吉通り。博多駅前から住吉神社の前を通り渡辺通り1丁目までを結ぶ幹線道路である。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 住吉通りの柳橋交差点に近い側の入口から柳橋連合市場に入る。シャッターばかりが見えて,悪い予感……

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 事前にちゃんと調べていなかったため,大失敗。柳橋連合市場は日曜・祝日はほとんどの店が定休日らしい。残念。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場内のメインストリートの西側を見る。もつ鍋屋さんが一軒営業しているだけ。これは寂しい。閉じたシャッターの周辺が片付いているので,シャッター通りになっているわけではないようだ。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 柳橋連合市場内のメインストリートを西へ。どちらかというと一般消費者相手の商売ではないため,このように一斉に定休日になるのだろう。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 もつ鍋のもつ元の前から東側を見る。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場内のメインストリートは西端で住吉通りと斜めに突き当たる。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 住吉通りから見る。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 柳橋連合市場の西側にはスーパーマーケットのマルキョウ柳橋店がある。マルキョウは福岡県を中心にして,九州北部各県にチェーン展開しているスーパーマーケットらしい。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 右側が住吉通り。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場内のメインストリートを東へ引き返す。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 せっかくだから店が開いて賑やかなときに来たかった。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場内を南北に延びる通りの中で最も西側の通り。北側に行くほど市場の雰囲気が薄れる。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 5月3日と4日に開催される博多どんたくのポスター。博多どんたくと広島のフラワーフェスティバルは,どちらもゴールデンウィーク中に開催される巨大なお祭りで,この期間に近くを旅行すると宿がとれなくて苦労することになる,という印象しかない。どのような祭りなのかはよくわからない。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 南北に延びる3本の通りの中の真ん中の通り。アーケードの屋根の上に越屋根のような屋根が付いている。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場内を突っ切り,住吉通りまで続いている。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 なぜか横倒しになった福留ハムの看板が付いている。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場の中心の十字路。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 十字路から東側を見る。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 住吉通り(左側)まで伸びている。最初に市場に入ってきたところだ。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 西側を見る。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場の東側で那珂川沿いの道路に突き当たる。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 東側の丁字路から北を見る。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 市場の東側の丁字路。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 丁字路を北へ歩く。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 越屋根の付いたアーケード。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 那珂川沿いの道路へ出る。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 那珂川側にも柳橋連合市場の看板が付いている。

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く

「博多の台所」柳橋連合市場を歩く
 博多駅前に戻る。

 ── FUJIFILM FinePix X100 or Canon PowerShot S100 or iPhone 4

| | コメント (3) | トラックバック (0)

羽田から福岡・博多へ

 ゴールデンウィークは九州へ。
 なんとなく長崎に行ってみたくなって(約25年ぶり),飛行機のチケットを早めにゲットした。懸念されるのは体調不良だが,まぁ,調子が悪ければずっとホテルで寝ていればいいや,と思うことにして出発……

羽田から福岡・博多へ
 羽田空港へ。

羽田から福岡・博多へ
 4月中頃から使い始めたInstagramの写真も混在させてみる。iPhoneで撮影することになるので,ほぼ確実にGPS情報が記録されるのがいい。他の写真とは違って,ど派手なフィルターをかけている。正方形の写真になるので,画質が悪いのに大きな写真(横幅は同じ480ドット)になるのは皮肉かも。

羽田から福岡・博多へ
 羽田空港内。

羽田から福岡・博多へ
 窓側の席を確保したものの,くもり空なので景色は期待できそうにない。

羽田から福岡・博多へ
 機内でデジカメが使えるようになったのは,横田基地が見える福生市上空から。この後は,ほとんど雲しか見えなかった。

羽田から福岡・博多へ
 一瞬だけ雲が途切れたのは南アルプス上空か?

羽田から福岡・博多へ
 福岡空港が近づき,デジカメが使えなくなる直前に見えたのは,山口県の油谷湾付近。

羽田から福岡・博多へ
 福岡空港に到着。

羽田から福岡・博多へ
 昨年新しくなった博多駅ビル(JR博多シティ)。以前の駅ビル(博多ステーションビル)も大きかったが,新しい駅ビルはさらに大きくなっている。

羽田から福岡・博多へ
 博多駅ビル(左)と博多郵便局(右)。
 それにしても,博多駅ビル(JR博多シティ)のキーテナントが井筒屋じゃなくて阪急百貨店なのにはびっくり。阪急は京都の四条河原町(街のシンボルだったはず)から撤退して,博多駅ビルに進出……。百貨店業界は大変だなぁ。

羽田から福岡・博多へ
 博多駅前。今晩の宿は博多駅前にあるのだが,まだ明るいので,チェックイン前に柳橋連合市場を歩いてみることにする。

羽田から福岡・博多へ
 博多駅前Aのりばから柳橋バス停までバスに乗る。
 バスの行き先が書かれた系統案内板はあるのだが,どこのバス停にもあるはずの路線図が見当たらない。ここから出るバスのほとんどは柳橋バス停を通ることはわかっている。しかし,どのバスが停まらないかという情報がなく,途方に暮れる(少し大げさ)。路線バスは普段使いする分には便利だが,旅先で利用するにはハードルがかなり高くなる。

 ── Canon PowerShot S100 or iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土曜日)

やっぱり大船の商店街が好き

120421174419edit

やっぱり大船の商店街が好き


 土曜日なのに野暮用があったため写真を撮り歩くつもりはなかったが,明日の日曜日は一日中雨降りらしいので,とりあえず生存確認用の写真をパラパラっと掲載(手抜きエントリー)。場所はいつもの大船仲通商店街。

やっぱり大船の商店街が好き
 大船仲通商店街の南側から。時刻は既に午後5時半……。

やっぱり大船の商店街が好き
 コレクターズSHOP SJ。スイングジャーナルではない。

やっぱり大船の商店街が好き
 金子園芸。

やっぱり大船の商店街が好き
 和菓子の龍月のある丁字路。

やっぱり大船の商店街が好き
 大船名物大船観音最中の龍月。

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き
 仲通商店街で最も賑やかな一郭。田野井生花店,三和鮮魚店,果物ふじのが並ぶ。

やっぱり大船の商店街が好き
 店のお客さんや歩行者が少ない瞬間を狙って撮っているので混雑していないようにも見えるが,午後6時前,商店街はすごい賑わいだった。

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き
 もう少しキビキビ動いてくれたらシャッタータイミングを逃さないのに……と,FinePix X100で撮っていていつも思う。

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き
 同じような写真ばかり……。

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

やっぱり大船の商店街が好き

 ── FUJIFILM FinePix X100

【参考(過去の大船関係の記事)】
2011年5月30日 (月曜日):大船の仲通商店街〜1番街通り
2010年8月26日 (木曜日):しぶとく生きる 大船も俺も
2010年9月10日 (金曜日):横井小楠も乗れ〜る湘南モノレール 大船
2010年5月11日 (火曜日):大船石狩亭への道すがら
2010年1月29日 (金曜日):大船よいとこ一度はおいで
2009年10月9日 (金曜日):毎度大船仲通商店街
2009年9月 7日 (月曜日):大船 たそがれ 中華屋の小部屋
2009年8月10日 (月曜日):大船石狩亭で早めの晩飯
2009年3月16日 (月曜日):湘南モノレール大船駅付近の変貌
2009年3月13日 (金曜日):大船の焼肉屋に呑兵衛が集まり酒盛りす
2009年2月13日 (金曜日):大船の街に春一番が吹く
2008年10月20日 (月曜日):湘南モノレールと大船仲通商店街
2008年6月11日 (水曜日):暑くて思考力ゼロ…で大船へ
2008年3月2日 (日曜日):休日出勤 + 徹夜^3 = 無気力
2008年2月27日 (水曜日):老体に徹夜は辛い
2007年11月13日 (火曜日):再三再四再五の大船仲通商店街
2007年9月29日 (土曜日):毎度毎度の大船の街
2007年7月24日 (火曜日):夕暮れの大船と湘南モノレール
2007年3月17日 (土曜日):モノレールの街 ─ 大船 ─
2006年6月9日 (金曜日):とうとう徹夜…。昼過ぎに帰宅する。
2004年2月22日 (日曜日):大船:急に雨が降ってきた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土曜日)

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

120407183012edit

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり


 土曜日だけど通院。血を採ったり心電図を取ったり,薬が処方されるのを待っているうちに夕方になってしまったので,暗くなる前に近場の弘明寺駅周辺(大岡川沿いに桜並木がある)を歩く。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅の西側(駐輪場や南図書館の側)の出口を出る。
 弘明寺周辺の写真を撮るときには,いつもここから始まってる気がする。既に午後五時半,薄暗くなっている。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 駐輪場からの階段を下りつつ……

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅北側の踏切から六ツ川一丁目方向に下る道路。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急線の踏切から弘明寺駅前を見る。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅前。弘明寺かんのん通りで桜まつりをやっていることもあって,人通りがものすごく多い。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 六ツ川一丁目方向を振り返る。京急弘明寺駅の西側に小高い弘明寺公園があるため,このあたりは日が陰るのが早い。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅前。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺駅前の横を通って弘明寺公園に回り込む路地。
 昨日から花冷えといった感じだが,そんなことにはお構いなしに桜は開花している。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅前を振り返る。人通りが多く,あちこち行列ができている。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺(瑞応山蓮華院弘明寺)の横を下る坂道。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 坂の上を見上げる。「Prolog」と言えば,かつてコンピュータ少年達があこがれたプログラミング言語だが,それはこの際あまり関係ない。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 坂をどんどん下る。早くしないと大岡川の桜並木にたどり着く前に真っ暗になってしまいそう。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺の北側の入口。あれっ,どんな建物があったっけな。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 坂を下る。体重があるので,下り始まると止まらない。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ふと後から大勢の足音が聞こえたので,ちょっと振り返ってみた。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺かんのん通り商店街の桜まつりと桜並木に人が集まってるんだろうけど,すごい人出だ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 人通りが途切れた瞬間を狙って写真を撮る。これがまた時間が掛かる。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺の山門の前。東側に真っ直ぐ商店街が延びる。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅から下ってきた坂道を振り返る。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺かんのん通り商店街。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 瑞応山蓮華院弘明寺。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 門前の商店街を見る。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 弘明寺の山門を振り返る。右側が京急弘明寺駅に続く坂道。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 京急弘明寺駅に続く坂道。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 アップする写真を選択するつもりが,全部うっかりアップしてしまったので全部ブログに載せちゃう。大量の写真を臆面もなくアップするのがこのブログのウリだし(写真を選ぶのはかったるいし)。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ……さっきからあまり移動していない。
 カメラを持って,人が途切れるのを待っていると,さりげなくカメラの前に入り込みたがるおっさんがいたため,何度もシャッターチャンスを逃してしまったのだった。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ぐみょうじ観音通り商店街のアーケードへ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 アーケードの端から北側に延びる路地。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 鶏肉・焼き鳥のハマケイ。誰かが「ハマケイは横浜のソウルフードだ」と言ってた。ハマケイを知らない横浜市民はモグリかも(笑)

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 アーケードの中から弘明寺を振り返る。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ようこそ! さくらの街へ! ぐみょうじ観音通り……の横断幕。「ぐみょうじ観音通り」と「弘明寺かんのん通り」,どっちでも良いみたいだ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 こういうときに望遠レンズがあれば,アーケードと弘明寺を合わせて印象的に撮れそうではあるが,残念,今日は35mm相当の単焦点レンズのコンパクトデジカメ(富士フイルムのFinePix X100)しか持ってきていない。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 家族でお祭りに出かけるのって楽しいよね。一生残る思い出かも。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 写真だけを見ると,普段の賑やかな商店街とあまり変わらないようにも見えるが,実際はもっともっとすごい人出だったことを付け加えておきたい。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 午後六時を過ぎ,人出がさらに増えたようだ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 早く大岡川の桜並木がある観音橋までたどり着こうと思いつつも,のんびり歩いているうちにアーケードからチラリと見える外側はすっかり暗くなってしまったようだ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 やっと観音橋に到着。観音橋の横に架かる歩道部分には,桜並木の写真を撮る人と,広い欄干に座って飲み食いする人がいっぱい。観音橋の本体側には露店が並ぶ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 大岡川の観音橋は,橋の上にもアーケードが架かっている。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 肝心の桜はライトアップされてて,暗くなっても何とかそれなりに撮影は可能だった。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 シャッター速度1/5秒……。FinePix X100の場合は手ぶれ補正機能が付いてないけど,手ぶれよりAFのほうが大問題かも。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 花冷え……。暗くなってから,ますます気温が下がってきた。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 大岡川沿いの桜並木は「大岡川プロムナード」と呼ばれる親水公園?になっている。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 大岡川の右岸には露店も出ているが,観音橋に近い左岸には特に何もない。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 観音橋の露店で小腹を満たす。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 観音橋の東側。弘明寺かんのん通りが横浜市営地下鉄の弘明寺駅(旧鎌倉街道)まで続く。「ぐ」の文字が「ぐみょうじ観音通り」を表している。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 午後七時……。人通りは多いままだ。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 不二家のペコちゃん。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ひらがなって,左右反転すると急に読みにくくなるね。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ぐみょうじ観音通り商店街。横浜市でも有数の商店街である。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ぐみょうじ観音通り商店街のアーケードの東端が見えてきた。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 観音橋方向を振り返る。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 ぐみょうじ観音通り商店街の東端の旧鎌倉街道沿い。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 観音最中の盛光堂総本舗。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 一日の終わりは尾張屋で,と思ったが,既にのれんが取り込まれた後だった。

さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
 さてさて,晩飯はどこで食おうかな……。

 ── FUJIFILM FinePix X100

【参考】
2006年9月23日 (土曜日):弘明寺かんのん通り商店街
2008年1月27日 (日曜日):弘明寺「かんのん通り」商店街を歩く
2008年12月7日 (日曜日):人情! 下町! 門前町! ぐみょうじ商店街
2010年3月10日 (水曜日):京急弘明寺の弘明寺じゃないほう
2011年4月5日 (火曜日):華やぐ苗字 弘明寺かんのん通り

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日曜日)

せりぎんタウン横浜市港南区芹が谷

120401141625edit

せりぎんタウン 横浜市港南区芹が谷


 普段から横浜市営地下鉄の上大岡〜上永谷〜戸塚,そして東海道線で南へ下った大船あたりで買い物をしたり,飯を食ったりしていて,近所のおおよその市街地は歩き尽くしたようなつもりになっていた。

 しかし,鉄道の駅から遠いところにも,先週の舞岡町のような,いままで想像もしていなかった商店街があることがわかった。自宅の近所のなのに,一度も歩かないで済ませてしまうのは,ちょっともったいない。
 というわけで,今日は芹が谷の街を歩いてみることにする。

 上永谷駅の北側に見える丘陵地は,丘のてっぺんまで住宅がびっしりだ。さらにその北側にある芹が谷地区。そこには新しく造成された住宅街しかないものと思い込んでいたが,地図をよく見ると,地区の中心に設けられた小さな商店街も見られるようだ。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 上永谷駅からバスに乗って,せりぎんタウンバス停(芹ヶ谷中央交差点付近)で下車。バス停のはす向かいにあったのが,この地区の中心商店街である芹ヶ谷銀座商店街「せりぎん」。

 上永谷駅のバスターミナルにやってきた芹が谷経由上大岡駅行きのバスは,ひょっとしたらミニバスかと思っていたが,普通の中型バスだった。乗客は私とおばあちゃんの二人だけ。そのおばあちゃんが般若寺橋際だったかで下車してしまい,ポカポカと暖かい車内は私の一人占め空間となった。その後はぽつりぽつりと乗客が増え,せりぎんタウンバス停で下車したときにはそこそこの乗降率だった。

 とにかく,この芹ヶ谷中央交差点付近の交通量はすごく,車が写真に入り込まないようなタイミングを待って,待って,待って……撮影。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんタウンバス停に上大岡方面から,上大岡行きのバスが入ってきた。どこかを循環するバスなのかな。

 それにしても,町の中心を通る道路「汐見台平戸線」の混雑は激しい。少し観察したところ,周囲の住宅地から芹が谷中央交差点に買い物のために集まってくるという感じではなく,住宅地から車で上大岡なり東戸塚なりその他の近郊のロードサイドショップに出かけるために,少しでも広い道路を使うと,どうしてもここを通ってしまう構造になっているようで,街の賑わいとは無関係に,早く渋滞を抜けてしまいたい人が車に乗って渋滞している感じだった。
 商店街の方達にとっても,住宅地から車で出かける人にとっても,不幸なことになっている。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 芹ヶ谷銀座商店街「せりぎん」を歩く。残念ながらシャッターが閉まったままの店が多くなっている。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんタウンの入口のバス停にバスが着いた。バスの本数は多く,次から次へとバスがやってくる。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの中心部分。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの中心から東に延びる通り。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎん(芹ヶ谷銀座商店街)の南側の入口。その先は普通の住宅地になっている。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんのディスカウントミートショップ。ハムカツ70円。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 店には常連さんがやってくる。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの南側の入口。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの南側の路地。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの東側の入口。地名は「芹が谷」だけど,商店街は「芹ヶ谷銀座商店街」。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 荷さばき中。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの東側の通り。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎん内部の東西に延びる通り。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの東側の商店街。左奥の交差点が芹ヶ谷中央交差点。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの東側の入口。右奥が芹ヶ谷中央交差点。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの東側の入口。こうやってうろうろしながら,アーケードの中から荷さばきの仕事が終わった車が出てくるのを待ったのだが,残念ながらもう待つ気力がなくなってしまった。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 「汐見台平戸線」の芹ヶ谷中央交差点の東側は道路拡幅に向けたセットバックと,用地の確保が行われている。芹ヶ谷中央交差点前後の道路の幅員を2倍ぐらいに広くして,渋滞を緩和する計画だと思われる。
 右側には「業務スーパー」というスーパーがあって,一般人でも買い物ができるらしい。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 道路を拡幅するとなると,せりぎんのうち,道路の汐見台平戸線に面している側(現在バス停がある側)は,かなりの規模の店舗が取り壊されることになりそうだ。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 道路拡幅用地と思われる空き地と縦列に並ぶ商店。ここも道路が拡幅されるようだ。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんの東側の入口の前の通り。左右で商店が建っておらず,駐車場になっているところは道路拡幅用地のように見える。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 ここまでの写真は,なんとか道路渋滞の合間を縫って,車が写らないように工夫して撮っていたが,面倒になってそのまま撮った芹ヶ谷中央交差点。こんな感じで,普段は車が数珠つなぎになっている。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 しっかりした自転車屋「サイクルショップ フルヤ」を発見。こんど自転車を買うときにはここで買おうかな。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんを正面から撮影。これまた,車の隙間を待つ時間は長かった。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 せりぎんタウンバス停のあるスーパー生鮮館TAIGAの前から,西側を見る。
 右側の上り坂は,県公社三枝木台住宅団地などに続いている。手前の道路との合流地点には信号機がなく,利用者が譲り合って通行している。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 なかなか車が写らない瞬間が撮れない……。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 少し頑張って,車のない写真を撮る。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 少し西側に歩くと,道路の南側に広い歩道が設けられている。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 芹ケ谷派出所前が近づいてきたこのあたりは,つぼみが大きく膨らんだソメイヨシノの並木道になっている。来週の週末頃にはきれいな桜が見られそうだ。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 反対側(せりぎんタウン側)を見る。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 芹ケ谷派出所前で芹谷川を渡る。この芹ケ谷派出所前の交差点から上流の芹谷川は暗渠になっている部分が多い。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 芹が谷団地前バス停。すぐ横が横浜芹が谷郵便局。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 横浜芹が谷郵便局の横が角度のついた丁字路になっていて,その正面が小さな集合飲食店街になっている。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 集合飲食店街の前をバスが走る。右側にはクロネコヤマトの横浜芹が谷センター(横浜六ツ川センター)になっている。芹が谷の街を歩いていて,宅配便の車が異常に多い印象を持っていたのだが,それはここに集配センターがあるためだった。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 完全に逆光だったので,太陽が雲に隠れる瞬間を待った……。でもカメラのオートホワイトバランスがいまいちかな。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 横に廻る。裏側には永谷高校のグラウンドに続く坂道が延びる。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 なんともいえない雰囲気の坂道。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 坂道の横に並ぶ低い屋根の向こう側斜面に,芹ケ谷の住宅団地(写真左側は住所が平戸町)が広がる。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 手すりが弱々しく傾いていて,少し膝がぶるぶるしながら撮影。
 最初にこの坂道を降りてきてこの街並みを発見したら,事態が飲み込めずにドキドキしたかもしれない。事前に小さな集合飲食店街見た後だと,ちょっとインパクトが削がれた感じがする。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 坂を下りて表側に廻る。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 駐車場に停まるトラックが,いずれもクレーンを上げたままだった。どうやら,何らかの理由でわざとクレーンを上げていると思われるのだが,その理由が思いつかなかった。潤滑が必要な部分がむき出しになって風雨にさらされるし,油圧系統の痛みも進行が早くなりそう。駐車場から走り出す前に,いつも必ずクレーンを下ろす作業を身につけさせることで,クレーンを上げたまま走行して電線や歩道橋にぶつかるというトラブルを避けるためだろうか……。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 バス停に移動して,上大岡で買い物をしてから帰宅することにする。

横浜市港南区芹が谷せりぎんタウン
 芹が谷団地前バス停(芹ケ谷派出所の近く)で上大岡行きのバスを待つ。
 芹ケ谷は大きな街ではないが,このバス時刻表を見ればわかるように,バスの運行本数が半端なく多い。平日の午前7時台は1〜3分間隔の運転になっている。これはすごい。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GX1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »