« 横須賀が軍港だった裏付け 田浦の専用線跡 | トップページ | 希望ヶ丘の希望が丘商店街 »

2012年3月 4日 (日曜日)

干鰯分けて何してんの有頂天で…星川

120304130750edit

干鰯分けて何してんの有頂天で…星川〜天王町


 昨年の12月に相鉄線に乗ったときに気付いた星川駅周辺の大規模な立体交差事業。今日はその星川駅周辺を歩いてみる。どんよりくもり空で,今にも雨が降ってきそうな天気。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄線星川駅の下り線のホームに横浜からの下り電車が入ってきた。
 高架線は現在の線路の南西側に作られている。

星川〜天王町日用品市場
 上りホームから西側を見ると,すごいことになっている。

星川〜天王町日用品市場
 跨線橋の上から眺める。残念ながらアミアミ付きのガラスだった。

星川〜天王町日用品市場
 跨線橋の上から見る星川駅前。ここは普通の透明ガラスだった。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前から星川駅の北側を見る。
 構造物はかなり出来上がっているようだ。駅前の便利なところに空き地もあり,立体交差事業の完成に合わせて,綺麗な街並みができるに違いない。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄星川駅と直結する「QUiNT」。横浜から五番目の駅(横浜駅も入れて)だからQuintなのか,もしかしたら星は☆で五角形なのでQuintなのかな。
 よく見ると,駅前のタイル(四角形部分)にはいろいろな星座が描かれていて,それも関係するのやらしないのやら,星には興味津々だけど,星座にはあまり興味がないのでよくわからない。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前から星川杉山神社方向の丘陵を見る。

星川〜天王町日用品市場
 そうこうしているうちに,細い星川駅前にバスが入ってきた。ここにあるのは降車専用のバス停。

星川〜天王町日用品市場
 駅の跨線橋の下に,1台のバスがぎりぎりで展開できるロータリーが用意されている。ここがバス乗車場になる。変なところに路上駐車の車がいると破綻するので,「一般車進入禁止」の看板があちらこちらに立てかけられている。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前のバス降車場付近。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前交番のある四つ角。

星川〜天王町日用品市場
 そこから西側を見ると,正面がガケになっている星川駅入口交差点となる。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅を振り返る。星和会商店街。星川のメインストリートのひとつである。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅入口交差点。

星川〜天王町日用品市場
 古くからの商店街になっている。賑わいはないが,交通量はそこそこ多い。星川駅入口交差点から星川町交差点にかけては,古くからの商店街の雰囲気がある。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅入口交差点を振り返る。正面に見えるのが横浜星川郵便局。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅入口交差点から星川町交差点に向かって南東に星和会商店街を歩く。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 星和会商店街を南東へ歩く。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点。
 このあたりは星川でも一番賑わっていたんだろうな……という名残は感じるが,どう見ても街の作りは車を使わない生活向け。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点から,さらに南東方向を見る。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点から星川駅入口交差点方向にバスが立ち去った。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点から相模鉄道本線を横切って川辺公園前交差点に続く道路。
 なんとなくこれから建つ建物はセットバックさせられる雰囲気が感じることから,この道路は拡幅が予定されているのかもしれない。ちなみに,路肩の色は安全のためについているわけではないようだ。そのまま歩くと電信柱にぶち当たる。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点を振り返る。セットバック云々は気のせいかな。
 星川町交差点の少し先に,保土ヶ谷区役所入り口バス停があるのだが,地図を見ても,保土ヶ谷区役所は星川駅の東側に移っている。そのうちに実際の状況に即してバス停名も変わっていくのだろうが,誰か現状の様子を残しておいてほしいものだ。

星川〜天王町日用品市場
 小さな公園のある路地に入り込んだ。

星川〜天王町日用品市場
 路地を歩く。

星川〜天王町日用品市場
 路地を抜けると星川駅前に出た。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前から南東側を見る。

星川〜天王町日用品市場
 飲食店が点在する駅前の路地。

星川〜天王町日用品市場
 連続立体交差事業が完成すると,大きく雰囲気が変わりそうだ。

星川〜天王町日用品市場
 後ずさりするように星川駅前から離れる。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄星川駅のすぐ東側にある踏切。ここは工事の様子がよく見える。

星川〜天王町日用品市場
 振り返ると消防自動車(非緊急時)。

星川〜天王町日用品市場
 ヤマト行きの各駅停車が星川駅のホームにゆっくり入っていく。

星川〜天王町日用品市場
 こちらは星川駅の上りホーム。

星川〜天王町日用品市場
 踏切を走る下り電車。
 それにしても相鉄線は,ここ5年ぐらいであっという間に電車が変わったなぁ。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅の東側に接しているダイゴプラザビルボナハイツ星川。低層階に飲食店などが入っているのだが,むっちゃ入りにくい雰囲気を醸していた。駐車場の整理をしている整理員の方がいらっしゃるので,なんとなく気になって写真を撮りにくい雰囲気も感じてしまった(オイラには珍しい)。

星川〜天王町日用品市場
 天王町方向に続く帷子川。横浜市環境創造局帷子川水質測定所と親水公園がある。雨が降りそうな雲行きで,誰も遊んでいなかった。写真も暗くて無茶苦茶寂しい。

星川〜天王町日用品市場
 川辺公園前交差点。この先に保土ヶ谷区役所,郵便局,警察署などの官庁街がある。この川辺町から天王町にかけては,かつて富士紡績などの工場があり,その跡地が官庁街や大規模なアパートになっている。

星川〜天王町日用品市場
 川辺公園の横を東へ。
 この先に横浜市営バスの車庫(保土ヶ谷営業所)があるようなので,それを見たら引き返そうと思う。

星川〜天王町日用品市場
 横浜市営バス保土ヶ谷営業所。バスがたくさん並んでいて,単純に嬉しい。この近くには浅間町にも市営バスの営業所があるので,バスマニアにはたまらない場所かも。

星川〜天王町日用品市場
 横浜市営バス保土ヶ谷営業所の前には,イオン天王町店が鎮座する。

星川〜天王町日用品市場
 イオンは見てても嬉しくならないが,横浜市営バス保土ヶ谷営業所を見るとワクワクしてくる(変人)。

星川〜天王町日用品市場
 宮田三丁目交差点方向から走ってきたバスが車庫に向かう。

星川〜天王町日用品市場
 イオン天王町店本館前。

星川〜天王町日用品市場
 イオン天王町店本館前の交差点。ラーメン屋か何かに行列ができてた。

星川〜天王町日用品市場
 表門通り。天王町駅方向にシルクロード天王町商店街が続いている。

星川〜天王町日用品市場
 西側を振り返るとイオン天王町本館のファサードのアーチが正面に見えるようになっている。

星川〜天王町日用品市場
 裏路地に入る。

星川〜天王町日用品市場
 矢崎質店の土蔵。

星川〜天王町日用品市場
 水道路通りから表門通りへ。

星川〜天王町日用品市場
 水道路通りと表門通りに挟まれた路地。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街を東へ。

星川〜天王町日用品市場
 水道路通り。

星川〜天王町日用品市場
 橘樹神社横の水道路通り。ファミリーレストランの横に大人のおもちゃの店があったり……。

星川〜天王町日用品市場
 天王町日用品市場へ。あれっ,北側にアパートが建ってるぞ……。

星川〜天王町日用品市場
 上海飯店は健在らしい。

星川〜天王町日用品市場
 天王町日用品市場の北半分は取り壊され,アパートが建っている。左側は保土ヶ谷浴場という銭湯だったところだが,こちらの建物は健在(銭湯は2006年6月に廃業)。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 天王町日用品市場の中へ。廃墟のような建物だが,コインランドリーは営業中。

星川〜天王町日用品市場
 洗濯機がガランゴロン動いていた。

星川〜天王町日用品市場
 K-7の高感度画像の弱点がもろ見え。

星川〜天王町日用品市場
 相変わらずカオスだった。

星川〜天王町日用品市場
 東側から見る。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 旧東海道のシルクロード天王町商店街。正面の国道16号線(八王子街道)の松原商店街入口交差点の先には,有名な洪福寺松原商店街が続く。

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街を天王町駅に向かって歩く。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 正面にイオン天王町店本館が見える。

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街。右側が橘樹神社。

星川〜天王町日用品市場
 橘樹神社から商店街を見る。

星川〜天王町日用品市場
 外壁が印象的な第1増田ビル。

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街。

星川〜天王町日用品市場
 帷子川に架かる帷子橋を渡る。

星川〜天王町日用品市場
 帷子橋の袂にあるのが手打ちそば伊豆庵。

星川〜天王町日用品市場
 帷子橋を渡ると相鉄天王町駅が見えてくる。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄天王町駅前。
 さて,ここからどうやって帰ろうかな……。

 ── PENTAX K-7 + PENTAX FA ZOOM 20-35mm F4 AL

【参考】
2008年2月16日 (土曜日):洪福寺松原商店街から天王町へ

|

« 横須賀が軍港だった裏付け 田浦の専用線跡 | トップページ | 希望ヶ丘の希望が丘商店街 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

久々のブログですね。よかった。
昨日14日朝散歩していて名鉄神宮駅のそばまできて、ふと電車に乗って名古屋近郊の新舞子・大野に行ってきました。
大野の街並みは古い街並みが残っていて、言い方をかえると、寂びれたとも、いいます。

投稿: ろば | 2012年3月15日 (木曜日) 22時05分

 コメントありがとうございます。
 新舞子・大野町は名鉄常滑線ですね。あのあたりの古い街並み,良いですよね。大野の街並みは歩いたことがありますけど,なかなかどうして,魅力的です。昔は相当賑やかだったんでしょうね。

 2005年1月「名鉄常滑線の大野町で途中下車」
 http://mikkagashi.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_9.html

投稿: 三日画師 | 2012年3月17日 (土曜日) 15時46分

こんばんわ。もうすでに、歩かれたんですね。さすがです。
写真を拝見いたしました。

投稿: ろば | 2012年3月17日 (土曜日) 18時24分

ご無沙汰しています。時々拝見してますが、相変わらずお元気なようですね。こちらは毎日長時間の歯作りのデスクワークで、近距離を歩くだけで息切れしてしまいます。あちこち行ける人がうらやましいです。
三日画師さんは「今日はここへ行こう、今度はそこに行こう」と決めて行動されてるようですが、何を決め手にしてるのでしょうか?
昔いた市川駅前(本八幡駅ではない)や、国府台駅あたりへはまだ行かれていないのでしょうか?今の市川駅、国府台駅、江戸川周辺、筑波大附属、里見公園の辺りが今どうなっているのか知りたいですね。
写真撮りどころがいっぱいあると思うので楽しめると思うのですが。

投稿: デンタルーT | 2012年3月20日 (火曜日) 20時43分

 デンタルーTさん,こんばんは。
 一連の写真に自分の姿が写っていないので,わかりにくいとは思いますが,元気なお年寄りよりもヨボヨボと歩いてます。情けない姿は,あまり見られたくないですね。

 うーむ,「今日はここへ行こう,そこへ行こう」と決めて行動していることはほとんどありません。この星川は,珍しく以前見かけた高架化工事の進捗が気になって,工事が出来上がる前に撮影しておきたいと思って訪問しました。
 特に決め手というようなものはありません。

 ガラガラの電車に乗ってぼんやりするのが好きなので,相鉄線にしろ京急線にしろ,空いてる電車に乗って,適当な駅,一度も降りたことがなかった駅,最近降りたことがなかった駅,駅の裏側には行ったことがなかったところ……というふうに思い出していって,ふとそこで下車するようにしてます。
 どちらかというと,行き当たりばったりです。

 市川駅や国府台駅,江戸川周辺……は,やっぱりちと遠いですよね。最近は遠くにまで出かけていないのは,やっぱり体力の衰えを感じているからです。
 自宅から,星川,希望ヶ丘,三ツ境あたりですと,距離にして10kmぜんごですから,三春駅から郡山駅ぐらい……。そのぐらいならば気楽に出かけられますが(電車の本数は多いですし),でも猪苗代までとかと同じレベルになると,なかなか重い腰があがらないです。
 もう少し元気になったら挑戦してみたいですけど,あまりきれいに整備された公園などは,あまり興味が湧かないんですよね……。

投稿: 三日画師 | 2012年3月21日 (水曜日) 01時10分

こんばんは。こちらは日中少しずつ暖かくはなって来てますが、陽が落ちると急に寒くなります。そちらはいかがでしょうか?
そうですか、お互い歳はとりたくないですな....。でも生きる物の定めには逆らえない....。
市川駅北口を出てすぐ左側にある(確かラブホテルがあったような。利用する機会はありませんでした。ははは。)ちょこっとした小道に入って、角を曲がり、ずっと市川真間に向かう道を歩くと国府台駅の近くに出ます。今はあるか分かりませんが、江戸川が見渡せる堤防に出て、矢切や、里見公園に繋がる道までよく散歩したりしたものです。筑波大附属聾学校での授業の帰り、休みの日、よく通った道でもあります。三春町内と同じように、意外と長い坂道が多い所で、体力作りにはぴったりでした。
今、同じように歩け、と言われたらちと難しいですな。
体が余っていたに青春の日よ、もう一度。
寒暖の差がまだまだ続きそうですから、気を付けましょう。
追伸、自宅から町田市へはどのくらいですか?知人が町田市にいるので。

投稿: デンタル-T | 2012年3月25日 (日曜日) 20時54分

 こちらも,日中暖かい日もありますが,朝晩は冬と同じで冷え込むことが多いです。天気予報では,今年の冬は久しぶりに寒い冬だったと言っています。

 でも,私は珍しく今年の正月に三春に帰省したもんですから,寒いというのは氷点下5℃ぐらいになってからじゃないと,寒いとは言えないんじゃないかという気がしました。実際,弟の車で三春ダムやら滝桜に出かけたときに,車から出たときは風も強いし寒かったです。

 それに比べると,東京や横浜の寒さは,寒いと言っても朝の最低気温が氷点下になる冬日は1日か2日しかなく,5℃ぐらいで寒い寒い言ってますから,個人的にはそれほど寒いと感じませんでした。

 市川市に長い坂があるというのは,本当に意外でした。そういえば,あの辺は全体的に海岸段丘か何かで海から少し入ったところが高くなってて,木がこんもりと茂ってたりしますね。

 ウチから町田市までですか? どのぐらいでしょう。感覚的には,近いわりには電車の都合で時間が掛かるイメージがあります。
 乗り換え案内で検索してみたら,横浜市営地下鉄〜湘南台〜小田急江ノ島線〜町田だと45分ぐらいみたいです(思っていたより近かった)。

投稿: 三日画師 | 2012年3月26日 (月曜日) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/54224741

この記事へのトラックバック一覧です: 干鰯分けて何してんの有頂天で…星川:

« 横須賀が軍港だった裏付け 田浦の専用線跡 | トップページ | 希望ヶ丘の希望が丘商店街 »