« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の5件の記事

2012年3月25日 (日曜日)

とにかく美味いお菓子頂戴 戸塚区舞岡町

120325153324edit

とにかく美味いお菓子頂戴 戸塚区舞岡町


 久しぶりに晴れた日曜日。洗濯したりゴロゴロしていたら,あっという間に午後2時を過ぎてしまった。
 近所で,今まで一度も行ったことのない街……と地図を見て,すぐに眼に入ったのが舞岡町。今まで舞岡公園は何度も歩いているが,舞岡公園の谷戸から流れ出た舞岡川が流れる舞岡町は歩いたことがない。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 旧東海道(国道1号線)ブリヂストン前バス停で下車する。
 戸塚駅の東口からも歩けない距離ではないのだが,バスの時刻表を見たら,驚くほど多い頻度のバスが走っている(ほぼ10分間隔)。大きな街がないにもかかわらず,この本数が確保されているということは,この先にバスの営業所などがあって,そこへの回送バスの役割をしているのかもしれない。とりあえず,待たずにバスに乗れるならば乗らない手はない。

 蛇足だが,ブリヂストン前という名前のバス停は,ブリヂストン横浜工場正門の南側(今回降りたところ)と,正門の北側100mぐらいのところの2カ所ある。バス会社の違いによるバス停の違いか,他の何かが原因なのかはよくわからなかった。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 旧東海道(国道1号線)で舞岡川を渡り,上流側を見る。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 国道1号線(旧東海道)舞岡入口交差点から,東海道の江戸方向を見る。
 国道1号線を戸塚方面に向かうバスも多いが,ここで曲がって舞岡方面に向かう回送バスも多い。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡入口交差点。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡入口交差点から舞岡町入口バス停を越え,すぐ左側にあるこの一帯。今回非常に楽しみにしてきたところなのだが,どうも様相がちょっと違うことになっている。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 ここは舞岡町入口バス停の北側になるのだが,地名で言えば柏尾町(あの柏尾川の名前はここからついているのかも)。ここには「柏尾市場」というマーケット風の商店街形式の市場があったはずなのだ。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 どうやら,その「柏尾市場」の大部分は取り壊されているようだ。しかも,既に新しく綺麗な住宅に建て変わっているところも多い。
 残念無念。写真に収めるためにやってきたものの,肝心の被写体は無くなってしまっていた。もう少し早く来れば良かった……。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 残っているのはほんの一部の建物だけになってしまっている。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 草の生えていない空き地や道路の舗装具合からみると,年単位の時間が経過しているということはなく,半年前に訪問していれば,まったく違った姿が見られただろう。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 それと,今日はカメラをニコンのD3,レンズをAF-S 50mm F1.4G一本だけにしてしまったことを後悔した。50mmレンズの狭い画角では,取り壊しによって生じた大きな空き地を写し込むことができない。目の前に広がっている光景を写せないことほど,悔しいことはない。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 ほぼ取り壊されてしまった柏尾市場。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡川に架かる元舞橋の横の交差点。道路の右側が柏尾町,左側が舞岡町,元舞橋を渡ると吉田町で,三つの町の境界になっている。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 丸山時計店の横の路地が柏尾市場だったところ。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 斉藤牛肉店のある通り。柏尾町と舞岡町の境界にあって,左が柏尾町,右が舞岡町。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 元舞橋方向を振り返る。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 突然立派な土蔵のある旧家が現れる。地図を見ても,何も書かれていないが,池のある庭園もあって,立派な屋敷だということがわかる(理由は後述)。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 50mmレンズだと全体が写らない。残念。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 旧家の隣にはレンガ造りの倉庫もある。
 この倉庫は大正7年に作られたもの。実は,ここが「鎌倉ハム」発祥の地らしい。ハム作りが始まった明治時代は,このあたりは鎌倉郡川上村(舞岡村・上柏尾村・下柏尾村等)と鎌倉郡戸塚町(戸塚宿・吉田町・矢部町)だったので,鎌倉ハムと名づけられたようだ。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 頭の中に鎌倉ハムの姿を思い浮かべながら後ろを振り返ると,隣の斉藤牛肉店も,何か肉のつながりがあるんじゃないかと思えてくるから面白い。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 レンガ造りの倉庫。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 レンガ造りの倉庫。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 柏尾市場があったところに引き返す。あっという間に普通の住宅地に変わってしまいそうだ。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 元舞橋横の交差点。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 交差点を北へ。舞岡町の商店街を歩く。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 京ばしカメラ。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡町の北側には神奈川中央交通舞岡営業所があり,バスがたくさん通過する。半分は回送バスだ。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 近所に住んでいながら,舞岡というと横浜市営地下鉄の舞岡駅や舞岡公園を想像してしまい,このような商店街があることを知らなかった。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡商店街バス停付近。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡商店街バス停付近。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡商店街バス停。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡商店街の南側を振り返る。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡商店街。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡川に沿ってうねるように商店街が形成されている。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡商店街の裏側の舞岡川。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡中学校前バス停。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞中橋。火の見櫓というより,はしごの上に半鐘がぶら下がっている。

舞岡公園ではなく舞岡町を歩く
 舞岡中学校前バス停。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

【参考】
2011年6月14日 (火曜日):美味いお菓子食べたい舞岡公園
2010年8月7日 (土曜日):侘び住まいお帰り! 舞岡公園
2008年12月11日 (木曜日):晩秋の舞岡へ
2007年12月9日 (日曜日):舞岡の里をポタリング
2006年7月30日 (日曜日):舞岡の里を歩く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火曜日)

大森海岸から平和島へ

120320161011edit

大森海岸から平和島へ


 昨年の暮れに大森海岸駅周辺を歩いたときは,もともと大森海岸駅の南側を歩くつもりだったが,ついうっかりJR大森駅方向に歩いてしまったので,今日こそは南側を歩いてみることにする。

大森海岸〜平和島
 大森海岸駅前の歩道橋。第一京浜(国道15号線)をひとまたぎする。

大森海岸〜平和島
 歩道橋の上から第一京浜(国道15号線)の蒲田方面を見る。

大森海岸〜平和島
 大森海岸駅の南(南西)側にラブホテルが並ぶ一郭がある。

大森海岸〜平和島
 大森海岸駅前の京急線のガード。

大森海岸〜平和島

大森海岸〜平和島
 大森海岸駅の南側。どうしてここにラブホテル街があるのか,由来はよくわからない。このあたりが海水浴場として賑わった頃の名残,そして花街およびその周辺だった名残のようにも思われる。
 まあ,現在大森海岸駅が存在するのは品川区南大井三丁目だったり,かつての地名が大井海岸町だったりして紛らわしく,さらにかつて花街があった場所が大森海岸・大井・大森新地・都新地とあっては,軽くググった程度ではよくわからない。

大森海岸〜平和島
 大森海岸駅方向を振り返る。

大森海岸〜平和島
 その南側にあるのが,巨大な大森プロストシティレジデンス。アサヒビールだったかの工場跡地の再開発事業で,イトーヨーカドーなどと一緒に建てられた大型アパート(マンション)だ。電柱と電線は意図的に入れたのではなく,避けるのが面倒なのでそのまま撮ってしまったもの。
 アラン・プロストだか,(カメラの)プロストラップだか,名前の由来はよくわからない(もちろん正解はどちらでもないだろうけど)。

大森海岸〜平和島
 大森・アラン・プロストの前から大森海岸駅方向を見る。

大森海岸〜平和島
 鈴ヶ森八幡こと磐井神社へ。三本のいちょうの古木がある。

大森海岸〜平和島
 磐井神社を正面から。

大森海岸〜平和島
 磐井神社と京急線と大森プロストシティレジデンス。

大森海岸〜平和島
 それにしてもこのいちょうの木は迫力があるなぁ。

大森海岸〜平和島
 第一京浜を南へ。第一京浜の大森北交差点の横に平和島入口バス停がある。

大森海岸〜平和島
 大森北交差点。

大森海岸〜平和島
 大森北交差点。交差点の向こうに東京都水道局南部支所大田営業所があり,その裏側は平和島のボートレース場になっている。

大森海岸〜平和島
 大森北交差点。落書きだらけになってしまった「めしや いさりび」。

大森海岸〜平和島
 大森北交差点。

大森海岸〜平和島
 大森北交差点から西側の京急線を見る。

大森海岸〜平和島
 大森北三丁目の最徳寺に続く通り。

大森海岸〜平和島
 京急線の高架下をくぐる。

大森海岸〜平和島
 大森北三丁目の路地から京急線を見る。

大森海岸〜平和島
 東貫森稲荷神社。地図を見ると大田区立東貫森児童公園となっているが,まぎれもない神社。GoogleマップでもMapionでも,ネット上の地図には神社名は載っていても公園名は載っていないことが多いので,これは珍しいパターンかも。

大森海岸〜平和島
 東貫森稲荷神社の境内から。
大森海岸〜平和島
 東貫森稲荷神社を正面から。

大森海岸〜平和島
 東貫森稲荷神社の前を南へ少し歩くと穀豊稲荷神社がある。さすが大田区,南部だけでなく北部にも稲荷神社がたくさんある。

大森海岸〜平和島
 稲荷神社なので狛犬や獅子ではなく狐がにらみを利かせている。

大森海岸〜平和島
 穀豊稲荷神社の前の路地。

大森海岸〜平和島
 平和島駅が近づくと路地が商店街となる。

大森海岸〜平和島
 平和島商店街。平和島駅の西側,大森北六丁目に広がる。

大森海岸〜平和島
 平和島商店街(平和島駅商店街?)。

大森海岸〜平和島
 平和島商店街。こぢんまりした商店街だ。

大森海岸〜平和島

大森海岸〜平和島
 平和島駅から西へ延びる路地と交差する。この十字路に沿って商店街が形成されている。

大森海岸〜平和島
 平和島商店街の平和島駅方向を見る。

大森海岸〜平和島
 あれっ,大衆酒蔵「初音」が閉まっている。ひょっとして店仕舞いしてしまった?

大森海岸〜平和島
 平和島商店街。

大森海岸〜平和島

大森海岸〜平和島
 正面が京急の平和島駅。

大森海岸〜平和島
 平和島駅前から平和島商店街を見る。京急線の駅前らしさが滲み出ている。駅前には飲食店が多い。

大森海岸〜平和島
 平和島駅前。

大森海岸〜平和島
 平和島駅前。

大森海岸〜平和島

大森海岸〜平和島
 スリムドカン(笑)

大森海岸〜平和島
 宝ストアーも店仕舞いしてしまった?

大森海岸〜平和島
 腹がへったので駅前のどこかで飯を食う。

大森海岸〜平和島
 京急平和島駅。

 ── Nikon D3 + Nikon AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

【参考】
2011年12月23日 (金曜日):大森・旧不入斗村界隈を歩く
2009年11月 7日 (土曜日):交わいヘタなあなた……平和島
2008年7月12日 (土曜日):京浜急行平和島駅周辺を歩く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日曜日)

あの秘密 胸臆に納め 満つ矜持 三ツ境

120311165630edit

あの秘密 胸臆に納め 満つ矜持 三ツ境


 希望ヶ丘駅から相鉄線の下り電車に乗り,隣の三ツ境駅(横浜市瀬谷区)で下車。
 三ツ境は横浜市瀬谷区役所の最寄り駅であり,地名は三つの村の境にあったことから,あるいは三つの国の境(武蔵国,相模国鎌倉郡,相模国高座郡)の境にあったことから名付けられたという。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅のホーム。駅全体を人口構造物が蔽っているため,少し薄暗くなっている。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 駅を蔽っている構造物の上は広場になっていて,三ツ境ライフと一体化した構造になっている。三ツ境ライフのビルには相鉄ローゼンも入店している。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 相鉄線三ツ境駅南口。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境南口駅前に降りる。駅前には三ツ境駅前商店街がある。
 隣の希望ヶ丘駅周辺をぶらついたときには日差しがあったのだが,空はすっかり暗い雲に蔽われてしまった。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅南口前を交通量が多い厚木街道が通っている。
 車が突っ込んだ事故が多かったためだろうか,歩道と車道の間にはがっちりしたコンクリートのブロックが設けられている。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街。駅前から真っ直ぐ南に延びるメインストリートだ。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 厚木街道の東方を見る。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅南口。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅南口から厚木街道を少し東側に行ったところにダイエーがあり,その前に小さなバスターミナルがある。
 戸塚駅東口行きといずみ野駅行きのバスが並んでいる。戸塚駅行きのバスがあるというのは面白い。これには乗ってみなくてはなるまい。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 南口バスターミナルの横にある白姫神社。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 戸塚駅東口行きのバスの路線や発車時刻情報を見ようとバス乗り場へ……。壁に貼ってあるのはバス情報じゃなくて,カオスだった。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅南口バスターミナル。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 ダイエーの横。露出コミュニティランド?……そりゃヤバすぎだろと思ったら,露木コミュニティランドだった。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 厚木街道と平行した路地を西へ。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 路地が三ツ境駅前商店街と交差する。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街から三ツ境駅方向を見る。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街。南側に下り坂になっている。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 路地を西へ歩く。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 路地から北側を見る。飲み屋のある一郭。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 みはる……三春ではなかった。シャッターを切った直後に,カラオケ店からたくさんの人が出てきた。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 パチンコびっくりや……この看板?にはびっくりやわ。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 路地を戻る際に,今度は横位置で一枚。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街を下る。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街を下る。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅前商店街。シャッター通りにはなっていない。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 坂の上にある三ツ境駅方向を振り返る。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 右が「さくらゆ」。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 坂を下っていくと中央通商店街になる。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境中央通商店街。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境中央通商店街。細い道路が3本,鋭角に集まっている。地図を見たときには,ここが「三ツ境」という地名の由来なのかと思っていた。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 中央通商店街が南側に延びている。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境中央通商店街。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 車の通行量はそれほど多くない。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境中央通商店街。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 中央通商店街の越後屋呉服店。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 右側はことぶきショッピングセンター。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅方向に引き返す。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 中央通商店街のメガネの美和。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅を降りたときからの目標だった交差点を入念に撮影する。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 居酒屋大番と厚生堂薬局。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 交差点から西側に延びる路地。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 中央通商店街の交差点の真ん中の登り坂を上って,交差点を見下ろす。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 坂道には居酒屋やスナックが並ぶ。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 坂道を見下ろす。午後五時を過ぎ,曇っていることもあってすっかり暗くなってしまった。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 ダイエーの横のバス乗り場へ。
 雲の上の高いところには日差しが当たっている。

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境

般若波羅蜜饗宴終わる街 三ツ境
 三ツ境駅南口バスターミナルに着くと,既に戸塚駅東口行きのバスが待っていた。バス停から離れたところに停まっているのが面白い。
 戸塚駅東口まで40分〜50分のバス旅となる。

 ── PENTAX K-7 + PENTAX FA ZOOM 20-35mm F4 AL

| | コメント (4) | トラックバック (0)

希望ヶ丘の希望が丘商店街

120311151204edit

希望ヶ丘の希望が丘商店街


 3月11日……あの日から1年。

 大地震が発生した時刻,午後2時46分には,首都圏の私鉄各社では走行中の電車を一斉に訓練一時停止するというアナウンスがあったはずだが,私が乗っていた相鉄の電車は一時停止することはなかった(たまたま駅で停車中だったのか?)ような気がしたまま,希望ヶ丘駅(横浜市旭区)で下車。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅で電車を見送る。仮設ホームのような駅だ。
 駅名板を入れて電車を撮ったのだが,こりゃ全然駄目な写真になってしまった。情けない。でも,そんな写真でも平然とアップしてしまうのが,このブログのいい加減なところ。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 相鉄線希望ヶ丘駅の北口を出る。北口側には駅前広場がない。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 踏切の南側を見る。南口側にはロータリーがあり,その奥には希望が丘商店街と書かれたゲートがある。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 北口側にも商店街がある。相鉄線の駅名は「希望ヶ丘」だが,商店街は「希望が丘商店街」となっている。地名も「希望が丘」らしい。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅北口のすぐ横に希望ヶ丘ショッピングセンターがある。コの字型のアーケード商店街だ。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘と希望が丘が混在していて,そのどうでも良さ加減が心地良い。そもそも「希望が丘」という,全国に50カ所ぐらいはありそうな地名が,どうでも良い感じではある。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 でも,こういう街並みは嫌いじゃない。というより大好きだ。
 酸化第二鉄ぐらいの鉄分は持ち合わせているので,もちろん電車が通るところの写真を狙ったのだが,車の通行量が多く,踏切が閉じるとすぐに車列ができてしまうため断念した。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンターへ。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 角の「瀬尾の牛豚肉」さんだけが営業中。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンター。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンターの中から表通りを見る。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンター。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 全体がコの字型をしているが,少し曲がっているところもイイ。

希望ヶ丘の希望が丘商店街

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンターから表通りを見る。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 シャッターの絵はカモメの水兵さん?

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンターの北側の出口を出て,希望ヶ丘駅方向を見る。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望が丘商店街のゲート。駅方向に向かう一方通行になっている。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンターの北側の出入口。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 北側の厚木街道希望が丘駅入口交差点に向かって登り坂になっている。
 ちなみに交差点名は「“希望が丘駅”入口交差点」。そんな細かなところを気にしているようでは,心穏やかに生きてられない。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅方向を振り返る。
 逆光。フィルム時代のレンズなので,逆光ではコントラストがかなり低下……(涙)

希望ヶ丘の希望が丘商店街

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望が丘商店街。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 まさるセンター。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 坂を上りきったところが,厚木街道の希望が丘駅入口交差点。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望が丘商店街。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅方向に引き返す。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘ショッピングセンターの2カ所の入口。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅と東側の相鉄線踏切。横浜行きの電車が踏切に差し掛かる。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅前のロータリー。あまり広くない駅前だが,駅前に続く通りも広くないので,こぢんまりした感じになっている。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 駅前のロータリーは路線バス専用なのだが,スーパーで買い物をするために長時間駐車する人も……(この後,注意されてた)。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 相鉄線希望ヶ丘駅前。本当にこぢんまりした感じで良いのだが,周辺に大規模なアパートが建ち始まると,一気に駅前が混乱しそうな危うさも抱えているように思える。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 地図を見ると「訓練校通り」と書かれた東側の通りから駅前を見る。この通りを1kmぐらい行くと,雇用・能力開発機構神奈川センターがあるので,それが由来になっているらしい。横浜銀行やそうてつローゼンが並ぶ,メインストリートになっている。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅前周辺は,駅周辺が低く,周辺が丘陵になっているので,駅からの道路は登り坂になる。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 しかし久しぶりに晴れて,良い一日になった。先週の薄暗いくもり空との違いは歴然だ(カメラもレンズも同じ)。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 商店が並んでそうな裏道に入る。が,それほど商店が並んでいるわけではなかった。
 実は,この後,もう少し南側まで歩いていれば,ちょっとした飲食店などが並ぶ一郭があったのだが,花粉の飛散で嗅覚が鈍っていたのか,その一郭にたどり着くことはなく,駅方向に引き返してしまったのだ。無念。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 路地の入口,訓練校通りのそうてつローゼンを見る。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 細い路地を抜けると,県立希望ヶ丘高校に続く「高校通り」に出る。
 目を瞑っても目に入ってくるのが,希望ヶ丘駅前クリニック(ロケッティア)である。何これ,って感じ。近くで見ると,波板のトタンを組み合わせて作った表面で,なかなかよくできてると思った。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 高校通りの登り坂を駅前から見上げる。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 高校通りから希望ヶ丘駅前を見る。
 「止まれ」の下の標識が珍しいかも。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 希望ヶ丘駅前。
「ねえねえ,こういう車が写らない写真ってどうやって撮るの?」
「ひたすら待つ」
「レタッチで消したりしてるの?」
「面倒なことはしない。ひたすら待つか,あきらめる」

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 バスの運転本数が少ないところは,タクシーが補完しているようだ。

希望ヶ丘の希望が丘商店街
 
 さて,まだ午後4時を少し過ぎたところ。せっかくだからもう一駅だけ,相鉄線の街を歩いてみようっと。

 ── PENTAX K-7 + PENTAX FA ZOOM 20-35mm F4 AL

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日曜日)

干鰯分けて何してんの有頂天で…星川

120304130750edit

干鰯分けて何してんの有頂天で…星川〜天王町


 昨年の12月に相鉄線に乗ったときに気付いた星川駅周辺の大規模な立体交差事業。今日はその星川駅周辺を歩いてみる。どんよりくもり空で,今にも雨が降ってきそうな天気。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄線星川駅の下り線のホームに横浜からの下り電車が入ってきた。
 高架線は現在の線路の南西側に作られている。

星川〜天王町日用品市場
 上りホームから西側を見ると,すごいことになっている。

星川〜天王町日用品市場
 跨線橋の上から眺める。残念ながらアミアミ付きのガラスだった。

星川〜天王町日用品市場
 跨線橋の上から見る星川駅前。ここは普通の透明ガラスだった。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前から星川駅の北側を見る。
 構造物はかなり出来上がっているようだ。駅前の便利なところに空き地もあり,立体交差事業の完成に合わせて,綺麗な街並みができるに違いない。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄星川駅と直結する「QUiNT」。横浜から五番目の駅(横浜駅も入れて)だからQuintなのか,もしかしたら星は☆で五角形なのでQuintなのかな。
 よく見ると,駅前のタイル(四角形部分)にはいろいろな星座が描かれていて,それも関係するのやらしないのやら,星には興味津々だけど,星座にはあまり興味がないのでよくわからない。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前から星川杉山神社方向の丘陵を見る。

星川〜天王町日用品市場
 そうこうしているうちに,細い星川駅前にバスが入ってきた。ここにあるのは降車専用のバス停。

星川〜天王町日用品市場
 駅の跨線橋の下に,1台のバスがぎりぎりで展開できるロータリーが用意されている。ここがバス乗車場になる。変なところに路上駐車の車がいると破綻するので,「一般車進入禁止」の看板があちらこちらに立てかけられている。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前のバス降車場付近。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前交番のある四つ角。

星川〜天王町日用品市場
 そこから西側を見ると,正面がガケになっている星川駅入口交差点となる。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅を振り返る。星和会商店街。星川のメインストリートのひとつである。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅入口交差点。

星川〜天王町日用品市場
 古くからの商店街になっている。賑わいはないが,交通量はそこそこ多い。星川駅入口交差点から星川町交差点にかけては,古くからの商店街の雰囲気がある。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅入口交差点を振り返る。正面に見えるのが横浜星川郵便局。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅入口交差点から星川町交差点に向かって南東に星和会商店街を歩く。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 星和会商店街を南東へ歩く。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点。
 このあたりは星川でも一番賑わっていたんだろうな……という名残は感じるが,どう見ても街の作りは車を使わない生活向け。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点から,さらに南東方向を見る。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点から星川駅入口交差点方向にバスが立ち去った。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点から相模鉄道本線を横切って川辺公園前交差点に続く道路。
 なんとなくこれから建つ建物はセットバックさせられる雰囲気が感じることから,この道路は拡幅が予定されているのかもしれない。ちなみに,路肩の色は安全のためについているわけではないようだ。そのまま歩くと電信柱にぶち当たる。

星川〜天王町日用品市場
 星川町交差点を振り返る。セットバック云々は気のせいかな。
 星川町交差点の少し先に,保土ヶ谷区役所入り口バス停があるのだが,地図を見ても,保土ヶ谷区役所は星川駅の東側に移っている。そのうちに実際の状況に即してバス停名も変わっていくのだろうが,誰か現状の様子を残しておいてほしいものだ。

星川〜天王町日用品市場
 小さな公園のある路地に入り込んだ。

星川〜天王町日用品市場
 路地を歩く。

星川〜天王町日用品市場
 路地を抜けると星川駅前に出た。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅前から南東側を見る。

星川〜天王町日用品市場
 飲食店が点在する駅前の路地。

星川〜天王町日用品市場
 連続立体交差事業が完成すると,大きく雰囲気が変わりそうだ。

星川〜天王町日用品市場
 後ずさりするように星川駅前から離れる。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄星川駅のすぐ東側にある踏切。ここは工事の様子がよく見える。

星川〜天王町日用品市場
 振り返ると消防自動車(非緊急時)。

星川〜天王町日用品市場
 ヤマト行きの各駅停車が星川駅のホームにゆっくり入っていく。

星川〜天王町日用品市場
 こちらは星川駅の上りホーム。

星川〜天王町日用品市場
 踏切を走る下り電車。
 それにしても相鉄線は,ここ5年ぐらいであっという間に電車が変わったなぁ。

星川〜天王町日用品市場
 星川駅の東側に接しているダイゴプラザビルボナハイツ星川。低層階に飲食店などが入っているのだが,むっちゃ入りにくい雰囲気を醸していた。駐車場の整理をしている整理員の方がいらっしゃるので,なんとなく気になって写真を撮りにくい雰囲気も感じてしまった(オイラには珍しい)。

星川〜天王町日用品市場
 天王町方向に続く帷子川。横浜市環境創造局帷子川水質測定所と親水公園がある。雨が降りそうな雲行きで,誰も遊んでいなかった。写真も暗くて無茶苦茶寂しい。

星川〜天王町日用品市場
 川辺公園前交差点。この先に保土ヶ谷区役所,郵便局,警察署などの官庁街がある。この川辺町から天王町にかけては,かつて富士紡績などの工場があり,その跡地が官庁街や大規模なアパートになっている。

星川〜天王町日用品市場
 川辺公園の横を東へ。
 この先に横浜市営バスの車庫(保土ヶ谷営業所)があるようなので,それを見たら引き返そうと思う。

星川〜天王町日用品市場
 横浜市営バス保土ヶ谷営業所。バスがたくさん並んでいて,単純に嬉しい。この近くには浅間町にも市営バスの営業所があるので,バスマニアにはたまらない場所かも。

星川〜天王町日用品市場
 横浜市営バス保土ヶ谷営業所の前には,イオン天王町店が鎮座する。

星川〜天王町日用品市場
 イオンは見てても嬉しくならないが,横浜市営バス保土ヶ谷営業所を見るとワクワクしてくる(変人)。

星川〜天王町日用品市場
 宮田三丁目交差点方向から走ってきたバスが車庫に向かう。

星川〜天王町日用品市場
 イオン天王町店本館前。

星川〜天王町日用品市場
 イオン天王町店本館前の交差点。ラーメン屋か何かに行列ができてた。

星川〜天王町日用品市場
 表門通り。天王町駅方向にシルクロード天王町商店街が続いている。

星川〜天王町日用品市場
 西側を振り返るとイオン天王町本館のファサードのアーチが正面に見えるようになっている。

星川〜天王町日用品市場
 裏路地に入る。

星川〜天王町日用品市場
 矢崎質店の土蔵。

星川〜天王町日用品市場
 水道路通りから表門通りへ。

星川〜天王町日用品市場
 水道路通りと表門通りに挟まれた路地。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街を東へ。

星川〜天王町日用品市場
 水道路通り。

星川〜天王町日用品市場
 橘樹神社横の水道路通り。ファミリーレストランの横に大人のおもちゃの店があったり……。

星川〜天王町日用品市場
 天王町日用品市場へ。あれっ,北側にアパートが建ってるぞ……。

星川〜天王町日用品市場
 上海飯店は健在らしい。

星川〜天王町日用品市場
 天王町日用品市場の北半分は取り壊され,アパートが建っている。左側は保土ヶ谷浴場という銭湯だったところだが,こちらの建物は健在(銭湯は2006年6月に廃業)。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 天王町日用品市場の中へ。廃墟のような建物だが,コインランドリーは営業中。

星川〜天王町日用品市場
 洗濯機がガランゴロン動いていた。

星川〜天王町日用品市場
 K-7の高感度画像の弱点がもろ見え。

星川〜天王町日用品市場
 相変わらずカオスだった。

星川〜天王町日用品市場
 東側から見る。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 旧東海道のシルクロード天王町商店街。正面の国道16号線(八王子街道)の松原商店街入口交差点の先には,有名な洪福寺松原商店街が続く。

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街を天王町駅に向かって歩く。

星川〜天王町日用品市場

星川〜天王町日用品市場
 正面にイオン天王町店本館が見える。

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街。右側が橘樹神社。

星川〜天王町日用品市場
 橘樹神社から商店街を見る。

星川〜天王町日用品市場
 外壁が印象的な第1増田ビル。

星川〜天王町日用品市場
 シルクロード天王町商店街。

星川〜天王町日用品市場
 帷子川に架かる帷子橋を渡る。

星川〜天王町日用品市場
 帷子橋の袂にあるのが手打ちそば伊豆庵。

星川〜天王町日用品市場
 帷子橋を渡ると相鉄天王町駅が見えてくる。

星川〜天王町日用品市場
 相鉄天王町駅前。
 さて,ここからどうやって帰ろうかな……。

 ── PENTAX K-7 + PENTAX FA ZOOM 20-35mm F4 AL

【参考】
2008年2月16日 (土曜日):洪福寺松原商店街から天王町へ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »