« 横浜栄共済病院と地球市民かながわプラザ | トップページ | 横須賀が軍港だった裏付け 田浦の専用線跡 »

2012年1月29日 (日曜日)

揺れる日本 厚切り牛たん シロコロホルモン本厚木

 前日の1月28日には,富士山の近く,山梨県東部・富士五湖付近を震源としたM5.5の地震が発生し,震源付近では震度5弱,横浜市や東京23区部でも震度3を記録した。その後も,同じところを震源とした余震が多くて気持ち悪い状態だったが,なんとなく丹沢・大山あたりも震源に意外に近いなとか考えていたら,「そうだ,厚木行こう」と思い立ってしまった。

本厚木から厚木へ
 横浜から相鉄線に乗り続けると,終点の海老名駅に到着する。記憶に残っていた海老名駅と違って,ホームが広くなっててびっくり。
 さて,ここで小田急線に乗り換える。

本厚木から厚木へ
 あっという間に小田急線本厚木駅前へ。

本厚木から厚木へ
 変わっているようで,あまり変わっていない本厚木。それでも,かつては丸井やパルコがあって,もっと賑やかだったような気がしないでもない。

本厚木から厚木へ
 本厚木駅の北口から東側に延びる厚木なかちょう大通り。

本厚木から厚木へ
 小田急本厚木駅の駅ビル・ミロード(左)と小田急本厚木ミロード2(右側)は連絡通路で繋がっている。
 どうでもいいけど,この「MYLORD」は見るたびに「マイロード」と読んでしまう。

本厚木から厚木へ
 小田急本厚木駅。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街。文字どおり,厚木一番の商店街。

本厚木から厚木へ

本厚木から厚木へ
 本厚木駅前バス停で発車を待つ上飯山行きのバス。この周辺のバスは,ほとんどが厚木バスセンター発着なので,本厚木駅前から出るのは珍しいかも。
 それにしても,LED式の行先表示幕は,表示できる情報量が少ないばかりか,こうやって日中に速いシャッタースピードで写真を撮ってもまともに写らないので悲しくなる。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街を北へ。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街の本厚木駅方向を振り返る。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街。少し露出がアンダー過ぎかな。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街。
 安直に露出補正で1/3アンダーのAEで撮っているが,明るい部分に露出が引っ張られてしまっているようだ。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街を北へ。

本厚木から厚木へ
 厚木一番街商店街の風船。

本厚木から厚木へ
 厚木一番の商店街。地名でいうと中町二丁目になる。

本厚木から厚木へ
 東側に見えるイオン厚木店は,元ダックシティで,その後ビブレになりサティになり,今はイオン。名前変わりすぎ……。この南側に厚木バスセンターがある。
 左側に見えるビルが厚木パークビル。ここは少し前まで厚木パルコが入っていたビルだ。
 本厚木駅周辺は,青山学院大学が森の里に厚木キャンパスを作った1980年代から急激に賑やかになったものの,大きくなるのが急激すぎて街がギクシャクしてしまったかのようで,森の里方面のバスが愛甲石田駅発着に(一部)変更になったりした挙げ句に青山学院大学は相模原に去ってしまい,さらに大型店も撤退続き。隣の海老名市とのコントラストが強すぎて,デジカメでの撮影では白飛び黒潰れが激しく,ファインダーは涙で曇る。

 で,気になったのはそっちではなく,左側のサンロード……。

本厚木から厚木へ
 サンロード。ファサードは新しくなっているが,共同店舗型の横丁だ。

本厚木から厚木へ
 サンロード内部。
 元は飲食店が並んでいたと思われるが,今はシャッターが閉じたままのところが多くなり,ところどころにピンクな店が入っているようだ。

本厚木から厚木へ
 すっかり飲食店街ではなくなっている。

本厚木から厚木へ
 北側からサンロードをのぞき込む。

本厚木から厚木へ
 サンロードを南へ。

本厚木から厚木へ
 サンロードの周辺は駐車場ばかりになっている。そんなに駐車場を作ってどうするという感じだ。そういえば,サンロード隣の元厚木パルコのビルは,駐車場を連想させる厚木パークビル。

本厚木から厚木へ
 正面がイオン厚木店。

本厚木から厚木へ
 中町一丁目交差点から厚木バスセンターを見る。

本厚木から厚木へ
 中町交差点。

本厚木から厚木へ
 中央通りの中町交差点。この中町交差点から東町郵便局前交差点の中央通りや東町郵便局前交差点の南北の東町や厚木町あたりが,厚木市の昔から市街地のはずだが,その名残は見られない。

本厚木から厚木へ
 中町交差点の北側から南側を見る。

本厚木から厚木へ
 本厚木駅へ引き返そうかと思ったが,飲食店が並んでいるのが見えたので,さらに北側の寿町へ。

本厚木から厚木へ

本厚木から厚木へ
 東町のあゆみ橋方向に続く路地。本厚木に戻るより,このまま相模川を渡って河原口の厚木駅に行くのも面白いかと思い,東へ歩く。

本厚木から厚木へ
 寿町の一郭。

本厚木から厚木へ
 寿町の住宅地の中に,飲食店の並ぶ不思議な一郭を発見。

本厚木から厚木へ

本厚木から厚木へ
 小さなスナックなどが並ぶ。

本厚木から厚木へ
 この飲み屋街,中心市街地だった東町・厚木町に対する横丁的な位置づけだったのだろうか。

本厚木から厚木へ
 長福禅寺の南側に東西に延びる路地に,スナックや寿司屋などの飲食店が並んでいる。

本厚木から厚木へ
 相模川を渡って厚木駅に向かうつもりが,どんどん西へ歩いてしまう。

本厚木から厚木へ
 中町交差点の北側,寿町の小田急通りバス停へ。ということは,中町交差点からイオン厚木店や厚木バスセンターを通って本厚木駅東口交差点に続く通りは小田急通りと呼ばれているということか。

本厚木から厚木へ
 路地を東に引き返す。

本厚木から厚木へ

本厚木から厚木へ
 さらに東へ。

本厚木から厚木へ
 中央通りに続く路地。

本厚木から厚木へ
 あゆみ橋西入口交差点から東町郵便局前交差点方向を見る。

本厚木から厚木へ
 あゆみ橋西入口交差点。

本厚木から厚木へ
 あゆみ橋西入口交差点。

本厚木から厚木へ
 あゆみ橋西入口交差点から東側を見るとあゆみ橋が見える。

本厚木から厚木へ
 あゆみ橋際交差点。なんと,あゆみ橋は延伸工事のために全面通行止めになっている。

本厚木から厚木へ
 あゆみ橋。海老名側では首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の海老名ICから北側の工事(さがみ縦貫道路)の工事が進んでいて,そこに接続する工事らしい。
 この橋の上流側に並んで,相模小橋という沈下橋(潜り橋)が架かっていて,神奈川県では(特に都市部では)とても珍しかったのだが,気付いたときには取り壊されていた。

本厚木から厚木へ
 すこし下流側にある相模大橋。

本厚木から厚木へ
 相模大橋を渡って海老名側へ。

本厚木から厚木へ
 延伸工事中のあゆみ橋。あれっ,ちょっと変わった工法使ってる?

本厚木から厚木へ
 厚木市側を振り返る。

本厚木から厚木へ
 橋の上は風が強い……。

本厚木から厚木へ
 相模大橋の上を通る首都圏中央連絡自動車道(圏央道)。

本厚木から厚木へ

本厚木から厚木へ
 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の海老名ICから北側を工事中。

本厚木から厚木へ
 相模大橋はもっと車線数の多い道路だと思ってた。実際に歩いてみると,どうしても工事中の圏央道と比べちゃうこともあってか,意外にちんまりした橋だった。

本厚木から厚木へ

本厚木から厚木へ
 海老名市の河原口。

本厚木から厚木へ
 厚木駅前の相模大橋東交差点。

本厚木から厚木へ
 道路の上に架かっているのが小田急線の厚木駅のホーム。

本厚木から厚木へ
 小田急線とJR相模線の厚木駅。「厚木駅」なのに海老名市内にあることは有名。客扱いはしないが,相鉄線の線路も乗り入れていて,JR厚木駅のホームの横に相鉄線の電車が留置されていることでも知られている。

本厚木から厚木へ
 小田急線のホームをくぐった南側。

本厚木から厚木へ
 中新田二丁目。海源寺交差点方向。

本厚木から厚木へ
 相模線の踏切。

本厚木から厚木へ
 厚木駅へ。最近は珍しくなった構内踏切が見られると思っていたら,踏切があったところに階段ができていて,電車のホームになっている。

本厚木から厚木へ
 以前は構内踏切を渡ったところがJR厚木駅のホームになっていたが,そのホームが閉鎖されて,手前側に新しいホームができている。電車のすれ違いができるように駅本屋側にホームを追加したのかと思ったが,線路は一本……。一瞬,事態が飲み込めなかった。

本厚木から厚木へ
 相模線の海老名行きの電車がホームに入ってきた。廃止されたホームの先には相鉄線の電車が留置されている。
 海老名止まりの電車があるなんて,知らなかった……と衝撃を受けていたら,足の真下からゴンッという衝撃が。ちょっと気になっていた富士五湖付近を震源とする地震だった。グラッ……じゃなくてゴンッ or ガッコン。

本厚木から厚木へ
 厚木駅の北側。

本厚木から厚木へ
 厚木駅のホームに茅ヶ崎行きの電車が入ってきた。久しぶりに相模線の列車にゆられ,茅ヶ崎経由で帰ろうっと。

 ── Fujifilm FinePix X100 or Canon PowerShot S100

【参考】
2005年5月21日 (土曜日):野暮用で本厚木へ
2005年6月12日 (日曜日):歴史と文化が息づくまち 海老名を訪ねる

|

« 横浜栄共済病院と地球市民かながわプラザ | トップページ | 横須賀が軍港だった裏付け 田浦の専用線跡 »

・14 神奈川県その他」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

沈み橋の存在を知りませんでした.....文字通り冠水しちゃうと通行止めになってしまうんですね....便利のような不便のような.....ところで海老名駅のホ-ムの広さに驚きです。タ−ミナル駅(?)だから乗降数が多いのでしょうか。

投稿: ひろやん | 2012年3月 3日 (土曜日) 23時18分

 相模小橋は冠水しても壊れないように欄干も付いてなくて,夜間も通行止めだったと思います。不便でも,やっぱり大きな橋を架ける費用を考えると,我慢できる範囲だったんでしょうね(昔は)。

 海老名駅のホームは本当に広いですね。乗降客が多いのと,やっぱり始発駅なので朝は長い行列ができるんじゃないかと推測してます。

投稿: 三日画師 | 2012年3月 6日 (火曜日) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/54043736

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる日本 厚切り牛たん シロコロホルモン本厚木:

« 横浜栄共済病院と地球市民かながわプラザ | トップページ | 横須賀が軍港だった裏付け 田浦の専用線跡 »