« 湘南モノレールと観音食堂 大船 | トップページ | つるみカミン解体後の鶴見駅 »

2011年10月 1日 (土曜日)

横須賀線武蔵小杉駅を使ってみた

 しばらく髪の毛を放置してたら,空き地の雑草のようにぼうぼうになってしまったので,久しぶりに散髪屋へ……。

 行きの田園都市線の電車の中では,「夕方からは多摩川花火大会で混雑するので,すべての列車を各駅停車として運転する」というアナウンス。乗り換えたバスのバス停には,

バス停にこんなのが貼ってあった。帰りは田園都市線の混雑を避ければ大丈夫かと思ったが、よく考えたら、府中街道のバスの渋滞の方が避け難いな。どうすっぺ…

というお知らせが貼られている。さて,せっかくの機会だから花火を見て帰るか,大嫌いな混雑を避けて帰るか,どっちにするかが悩みどころだ。

 《散髪&パーマ》

 散髪後,溝の口方面への道路(府中街道)はやっぱり渋滞していた。
 散髪屋のニイチャンの情報では,花火は短時間(50分ぐらい?)しか打ち上がらないらしい。ヘタをすると,渋滞にハマっているバスの中で花火の終了時間を迎えることになりそう……

横須賀線武蔵小杉駅
 というわけで,溝の口とは反対の,武蔵小杉駅行きのバスに乗り,終点の武蔵小杉駅に到着。

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵小杉駅北口のバスターミナル。
 既に午後5時を過ぎ,日没まであとわずか。ずいぶん日が短くなった。

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵小杉駅北口。

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵小杉駅前交差点の中華大三元。東急東横線のガードを電車が走り去る。

横須賀線武蔵小杉駅

横須賀線武蔵小杉駅
 JR南武線・東急東横線とJR横須賀線に囲まれた土地に建つパークシティ武蔵小杉のビル。

横須賀線武蔵小杉駅
 JR南武線武蔵小杉駅の南側に2基のクレーンが立っている。元小杉FROMの跡地に東急武蔵小杉駅ビルを兼ねた高層ビルが数棟建つらしい。これは楽しみだ。それにしても,武蔵小杉駅周辺の変貌ぶりには驚く。

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵小杉駅前交差点。
 武蔵小杉駅が小さかった頃は「武蔵小杉駅前交差点」でも良かったのだろうけど,駅が巨大化すると,交差点名の見直しが必要になってくるかも。

横須賀線武蔵小杉駅

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵小杉駅前交番の前から。

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵小杉駅北口。

横須賀線武蔵小杉駅
 北口のバスターミナル。

横須賀線武蔵小杉駅
 駅前に立つ小杉ビルディング(左側)の奥に見えるのが,この周辺では最初に建ったと記憶している高いビル,武蔵小杉タワープレイス。今ではすっかり目立たなくなってしまっている。

横須賀線武蔵小杉駅
 武蔵中原駅行きのバス。

横須賀線武蔵小杉駅
 すっかり暗くなってしまった。
 横須賀線の武蔵小杉駅を初めて使って,横須賀線で帰ることにする。駅ができたのは去年の春だったので,ちょっと賞味期限切れかな。でも,南武線と横須賀線の連絡通路が完成したのは今年の6月だから,「いまさら」というほど古くはない。

横須賀線武蔵小杉駅
 横須賀線のりばへは,南武線のホームを経由するようになっている。構造的に仕方がなかったとはいえ,ホームが混雑しているときはちょっと不便かもしれない。

横須賀線武蔵小杉駅
 横須賀線のりばに向かって南武線のホームを歩く。

横須賀線武蔵小杉駅

横須賀線武蔵小杉駅
 南武線のホームの先が,そのまま通路になって続いている。
 提示されている列車時刻表は,ここから歩いても,とても間に合いそうにない列車もそのまま表示されている。

横須賀線武蔵小杉駅
 連絡通路には,動くスロープが設置されている。
 写真を撮るために,動くスロープに立ち止まって乗っていたのだが,急ぎ足で歩いて下る人が多く,その体重をスロープ全体が直接受けることになるため(通常のエスカレーターであれば,歩く人の振動は,横を通り抜ける瞬間に同じ踏板を踏んだときに感じる程度),立ち止まっている私の体も大きく前後に揺れた。平坦な動く歩道や上りの動くスロープと異なり,大勢の人が一気に歩いたときの機器の負担は相当なものになりそうだ。

横須賀線武蔵小杉駅
 連絡通路が地下になっているのは,綱島街道をくぐるためかな?

横須賀線武蔵小杉駅
 綱島街道をくぐると,今度は上りの動くスロープになる。

横須賀線武蔵小杉駅

横須賀線武蔵小杉駅
 地下コンコース。

横須賀線武蔵小杉駅
 後ろを振り返る。南武線の列車時刻も,ちょっと間に合いそうにない列車が表示されている。

横須賀線武蔵小杉駅
 やっと横須賀線のホームに到着。

横須賀線武蔵小杉駅
 横須賀線逗子行きの電車と表示されているが,ホームに入ってきたのは湘南新宿ラインの電車。同じといえば同じだけど,違うといえば違うはず。たとえばグリーン車の位置とか。東海道本線に入る湘南新宿ラインとの誤乗車を防止するためなんだろうけどね。
 ホームの西側を走っているのは東海道新幹線の電車(暗くてよく見えないけど)。

 ── RICOH GR DEIGITAL II

【過去の武蔵小杉についての記事】
・2010年11月6日 (土曜日):目が眩む刺子凄すぎ 武蔵小杉
・2009年12月20日 (日曜日):散髪帰りに武蔵小杉をぶらつく
・2008年2月23日 (土曜日):武蔵小杉駅界隈の商店街を歩く
・2007年3月3日 (土曜日):散髪ついでに溝の口・武蔵小杉
・2005年12月18日 (日曜日):登戸・溝の口・そして小杉へ
・2004年10月23日 (土曜日):武蔵小杉の商店街を歩く
・2004年7月24日 (土曜日):パーマ&散髪ついでに,登戸,小杉,川崎…

|

« 湘南モノレールと観音食堂 大船 | トップページ | つるみカミン解体後の鶴見駅 »

・14 神奈川県川崎市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/52937779

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀線武蔵小杉駅を使ってみた:

« 湘南モノレールと観音食堂 大船 | トップページ | つるみカミン解体後の鶴見駅 »