« 田んぼの中じゃなかった 中田町 | トップページ | ボクたち愛が分からない 立会川 »

2011年8月20日 (土曜日)

戸塚やべえ 矢部町

# しばらくブログの更新をサボってた……

 うっかり横浜市営地下鉄で乗り過ごして,下車した中田駅の続き。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 当初の目的通り戸塚へ。東口を出る。
 前の記事で,周辺光量落ちの写真が不評だった EPSON R-D1s + Voigtländer COLOR SKOPAR 21mm F4 の写真が続く。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚駅東口のペデストリアンデッキ上の不思議な巨大オブジェ。西口の「トツカーナ」という名前並みに不思議な感じというか,違和感を感じる。何なのだろう。その詳しい由来は見たことがない(それ以前にちゃんと探してないわけだが)。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚で買い物をする前に,戸塚駅の北東側の旧東海道沿いにある矢部町の写真を撮っておくことにする。開通が数年後に迫った戸塚大踏切解消のためのバイパス(地下トンネル)と,戸塚駅前地区中央土地区画整理事業の進捗によっては,大きく変わるかもしれない町だ。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚モディの中を通って吉田町へ。吉田町と言っても,ここは戸塚大踏切の周辺だけの飛び地だ。吉田町の本体は,柏尾川の東に広がっている。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚駅前地区中央土地区画整理事業のため,既にほとんどの建物が取り壊されている。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 旧東海道(国道1号線旧道)の戸塚大踏切を電車が通る。奥のビルがトツカーナモール&戸塚東急プラザ。
 この戸塚大踏切は,朝・夕・夜は車両通行止め(通行止めの標識や赤いパイロンが立ってるのが見える)なのだが,この2台の車はそれに気付いていないようだった。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚駅東口入口交差点。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚駅東口入口交差点にある矢部の湯。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 旧東海道(国道1号線旧道)を北東へ。戸塚大踏切が車両通行止めになっていることもあって,交通量は少ない。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 伊東医院の横を走る戸塚駅行きのバス。一般の車は少ないが(少ないから余計に),バスの本数は半端なく多い。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 伊東医院の洋館風の建物が見事だ。大きなシュロの木に隠れているが,正面玄関ポーチ上の2階の半円形の屋根,両サイドははかま腰(半切妻)屋根になっている。

戸塚のやべえ矢部町@東海道

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 横浜矢部郵便局の前から伊東医院を撮影する。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 遠くに見えてきたのは矢部団地。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 善了寺への坂道。モダンな善了寺の本堂が目に入る。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 善了寺の本堂。昭和30年に再建された建物だそうだ。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 善了寺の坂道を下る。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 善了寺への坂道の前から戸塚駅方向を見る。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 矢部町のバス停。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 自転車とオートバイの旭商会。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田大橋の袂のバイパス工事現場。この先で地下に潜り,東海道線をくぐることになる。開通は3年後と発表されているが,さて,どうなる。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 矢部団地入口交差点から矢部町を見る。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田大橋の袂にある戸塚消防団第一分団第一班の格納庫。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田大橋から柏尾川の上流を見る。左が矢部団地(UR都市機構プロムナード矢部)。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田大橋(旧東海道)の東側を見る。吉田大橋交差点の先が,吉田町元町。
 ちなみに,この吉田大橋は初代歌川広重の「東海道伍拾三次之内戸塚」にも描かれている。絵に描かれている木橋と茶屋の「こめや」は,もちろん今は残っていない。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田町元町を走る戸塚駅東口行きのバス。まあ,周辺には公共交通機関がバスしかない地域が多いので,戸塚駅に集まってくるバスの量は本当に多い

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田大橋から下流を見る。左が吉田町,右が矢部町となる。左の吉田町には戸塚共立第2病院や日立製作所(日立アドバンストデジタル)の工場が見える。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 吉田大橋から国道1号線旧道の矢部団地入口交差点を見る。現在は左側にカーブしているが,東海道線をくぐるバイパスが完成すると,ここから真っ直ぐに道路が延びることになる。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 矢部団地入口交差点のところで,国道1号線旧道が若干付け替えされているのがわかる。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 善了寺の坂道を国道1号線旧道の手前から見る。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 この善了寺付近には,かつて戸塚競馬場があった頃,厩舎があったという。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 旧東海道(国道1号線旧道)を走る舞岡行きのバス。

戸塚のやべえ矢部町@東海道

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 矢部町で旧東海道はゆったりとS字カーブしている。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 伊東医院。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 駒立橋の上から柏尾川の上流を見る。

駒立橋@戸塚区
 駒立橋。日立製作所戸塚工場に続いている。戸塚といえば(女子バスケットボールの)日立戸塚を連想するほど有名な(ほんとか?),戸塚の日立製作所である。構内には日立製作所の横浜研究所もある。
 この日立製作所戸塚工場の敷地は,戦前まで戸塚競馬場があったところ。戦時中に戸塚区汲沢に移転した戸塚競馬場(跡地は現在の戸塚高校)は,戦後になってから川崎競馬場に移転したそうだ。
 というわけで,この「駒立橋」という名前は,善了寺付近にあった厩舎から出走馬が競馬場に向かうことから名付けられたらしい。くうぅ,こういう話は面白い。戸塚駅の東だから戸塚東橋のほうがわかりやすい,とか言う人が名付け親じゃなくて良かったなぁ。東西南北地名はやっぱり面白くない(と言いつつ,自分は港南区在住だから笑える)。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 駒立橋の上から柏尾川の下流側を見る。戸塚駅東口の戸塚モディがちらっと見える。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 柏尾川の右岸に沿って戸塚駅方向へ。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚駅東口のラピス2の裏側にある橋の袂。

戸塚のやべえ矢部町@東海道
 戸塚駅東口に戻った。三ツ境行きのバス……これ,乗ってみたい。

 ── EPSON R-D1s + Voigtländer COLOR SKOPAR 21mm F4

|

« 田んぼの中じゃなかった 中田町 | トップページ | ボクたち愛が分からない 立会川 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ペデストリアンデッキ上の不思議な巨大オブジェは、20年ほど前の戸塚駅東口再開発に伴った、モビールアートの芸術家(名前失念)の方の作品です。
当時は頂点にある風車上のものが風まかせで動いていました。足?の部分には電飾が付き、ランダム(風車の動きに連動しているとか)に点滅していました。
メンテナンス、落下の危険等の問題があって今は固定化されています。

どこかに作品名を書いた銘板があったはずなのですが…

投稿: 猫綱 | 2011年9月 3日 (土曜日) 20時16分

 おおっ,風車のようにも,アンテナのようにも見えるてっぺんの部分は回ってましたか! 今よりももっと不思議な感じだったでしょうね。
 今度行ったときに銘板を探してみます。

投稿: 三日画師 | 2011年9月 3日 (土曜日) 22時12分

伊東医院の建物がすごく素敵ですね。ホームページによると大正14年築、横浜市認定歴史的建造物となっていますね。内部の写真も載っていますが、建具なども趣があっていい感じです。
シュロの木も立派ですね。洋館付き建物とか文化住宅とか言われる家には、よくシュロの木が植えられていたので、昔は目にする機会が多かったけれど、そういう住宅がなくなっていくにつれて、あまり見なくなったように思います。たまに見かけると、得をしたような気になります。

投稿: ティダ | 2011年9月 9日 (金曜日) 18時25分

I really like your web site.. extremely great shades & theme. Did you create this internet site yourself? Plz reply back again as I’m looking to create my own website and would like to know wheere u received this from. many thanks

投稿: iphone 5 | 2011年9月12日 (月曜日) 08時14分

 おおっ,伊東医院の建物は横浜市認定歴史的建造物になってるんですね。納得です。すごく丁寧に使われ続けて,建物も幸せだと思います。

投稿: 三日画師 | 2011年9月13日 (火曜日) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/52638350

この記事へのトラックバック一覧です: 戸塚やべえ 矢部町:

« 田んぼの中じゃなかった 中田町 | トップページ | ボクたち愛が分からない 立会川 »