« 西新宿に詩心熟す | トップページ | 田んぼの中じゃなかった 中田町 »

2011年8月 7日 (日曜日)

新宿「しょんべん横丁」に夕立が降る

110807151715edit

新宿「しょんべん横丁」に夕立が降る


 久しぶりに新宿西口のしょんべん横丁(思い出横丁)の一郭へ。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 小田急ハルク裏手の交差点。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 ここの角はイマサというカレー屋があったはず(記憶が古すぎ?)。この周辺,以前からその傾向はあるが,チケットショップ・金券ショップだらけになってて気持ち悪い。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 新宿駅方向を振り返る。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 思い出横丁の南側の入口。しょんべん横丁と呼んだほうが通じる人が多いかも。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 すぐ後がJRの線路になっていて,不思議な感じの一郭。この右側に,東口のアルタ前に抜けるトンネルがあるので,結構人通りが多い。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 またもや類似写真。見てる方,ごめんなさい。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 右側の線路に沿った通りも思い出横丁になっている。以前はここがやきとり横丁,真ん中の細い路地がしょんべん横丁と呼ばれていたと記憶している。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 東口のアルタ前に抜けるトンネルの前から,思い出横丁(やきとり横丁)方向を見る。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 昔は,左側の植栽……現新宿パレットビルの裏側にも細い路地が延びていて,そこからもまた戦後の匂いがしてきてたのだが,その面影はすっかり無くなってしまっている。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 やきとり横丁(現・思い出横丁)。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 やきとり横丁を新宿大ガード方へ下って行く。右側を中央・総武緩行線や山手線の電車が走っている。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 岐阜屋は昔からここにあったが,それ以外にはよく知られたチェーン店も増えているようだ。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 中央の路地,しょんべん横丁(思い出横丁)へ。まぁ,ほとんどの人は知っていると思うが,戦後の闇市に起源を持つ飲み屋街である。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 北側の新宿大ガード交差点のほうをみる。この一郭は10年ぐらい前に大火事があって,多くの店舗が焼失している。思い出横丁全体を取り壊して再開発ビルを建てるという話もなされたらしいが,結局新しい小さな店がちょこちょこと作られて現在に至っている。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 思い出横丁の中心部。路地が交差している。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 どこでもしょんべん……という行為をなくすべく,ちゃんと共同トイレも設置されている。まぁ,びっくりして出るものも出なくなる人がいるかもしれないトイレだが。
 つるかめ食堂は,テレビ番組などに紹介されたこともあるらしく(見たことがないので真偽不明),知っている人は知っているようだ。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 中心部の鍵曲がりが良い雰囲気だ……鍵曲がりマニアなので(笑)

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 こういう雰囲気が残っている。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 まぁ,正直なところ2010年以降までこの飲み屋街が残ることになるとは思わなかった。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 新宿駅西口から新宿大ガード西交差点に続く広い通り側には,チケットショップ・金券ショップが並んでいる。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 思い出横丁の西側の入口。
 思い出横丁といえば「大黒屋」の時代が到来してるのかも。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 新宿大ガード西交差点にある大江戸線新宿西口駅の入口。新宿西口駅と新宿駅西口。頭の中がこんがらがる。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 新宿大ガード西交差点。電車が大ガードを通るタイミングと,横断歩道を渡ってくる人々のタイミングは,簡単なようだけどそう簡単には合ってくれない。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 左新宿カレイドビル,右新宿プリンスホテル。空に真っ黒な雲が現れ,急に暗くなってきた。時折雷鳴が鳴り響く……。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 思い出横丁(しょんべん横丁)の北側の入口。
 火事で焼けた屋根が修復されなかったため,思い出横丁を歩いても(電線の間から)空が見える。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 とても暑い一日だったが,何やらのんびりしていた。
 そういえば,新宿大ガード周辺にひびいていた,いかにも昭和っぽい街頭放送は,この日,聞こえてこなかったような気がする。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 思い出横丁(やきとり横丁)を北側から見る。
 この後,遅い昼飯を食った。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 午後三時の遅い昼飯を食って店を出ると,外は夕立の豪雨と雷鳴。下り坂になっている思い出横丁が川のようになっている。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 思い出横丁側のアーケードの下は,雨が弱まるのを待つ人でいっぱいになったが,そんな強い雨の中,新宿大ガード西交差点の長い横断歩道を強行突破する人もチラホラ。渡り終わったその姿は,ずぶ濡れだった。

新宿「思い出横丁」に夕立が降る
 20分〜30分ぐらいで小降りになったが,雨が上がるまでにはならなかった。
 本当は,新宿駅の東口側や歌舞伎町の写真も撮るつもりで,本格的な一眼レフを持ってきたのだが,雨に濡れながら撮影を続けるほどのモチベーションは持ち合わせていないので,そろそろ横浜に帰ることにする。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED SDM

|

« 西新宿に詩心熟す | トップページ | 田んぼの中じゃなかった 中田町 »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

しょんべん横町・・・。日本全国あらゆるところにあるんでしょうね~。
三日画師さんもご存じのように、私どもの町にもございます。
そしてそれぞれに思い出やドラマがあるんでしょうな~。
昔~し出張ついでに、この思い出横丁をとぼとぼと歩いてたら、店の中からやり手ババア風が手に食べ物を載せた皿をもってでてきて、向かい側にいたぼろぼろを身にまとった髭のオジサンに「ハイ!今日の分!」とつんだしたのを偶然見て、都会の現実を垣間見たようで、けっこうショクでしたな。

ここの雰囲気、個人的に大好きです。

投稿: 伊達屋酔狂 | 2011年9月 1日 (木曜日) 22時21分

 おっ,あの職人横丁から下る路地(推測で書いてます)は,オヤジ達の間でションベン横丁と呼ばれてるんですか。それは知りませんでした。アルコールが飲める年齢になったときには,日常生活の場ではなくなってしまいましたので……。さすが,地元中の地元,情報が濃いですね。

 仙台にあったションベン横丁が少し前に取り壊されたと聞いて,全国のションベン横丁の一角が大きく崩れて,残念に思っていたところです。

 街の中が,おしゃれなおネーチャン相手の店ばかりになったら,もう住めなくなっちゃいますよね。どんどんそういう街が多くなってますので,居場所が減っていく流れを感じ,寂しい限りですわ。

投稿: 三日画師 | 2011年9月 3日 (土曜日) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/52477139

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿「しょんべん横丁」に夕立が降る:

« 西新宿に詩心熟す | トップページ | 田んぼの中じゃなかった 中田町 »