« 関から関西へ☆関西本線の旅 | トップページ | 新開地〜三木上の丸:神戸電鉄粟生線 »

2011年5月 4日 (水曜日)

写真家一番撮りにくい街? 新開地

 神戸新開地の夜の宿泊は,いわゆるラブホテルだった。あっ,もちろんひとりだよ。

 いつも連休中の宿泊場所にビジネスホテルなどを使っていると,普段仕事で利用している人が少なくなるためだろう,連休中に宿に電話して予約が取れなかった記憶がないのだ。
 それが,今年のゴールデンウィークは違っていた。九州新幹線の開業で,神戸・大阪・京都を旅行して歩く人が増えたのかもしれない。昔から使っていた定宿はの予約は取れず,しかたなくネットで検索して,確保できたのが予約も受け付けるタイプのラブホテルだったというわけ。
 まぁ,広々とした風呂にはジェットバスがあり,ベッドも広い。細かな不満はあったが,1日ぐらいなら仕方がない。

 そうそう,左足の足首の痛みは,朝からほとんど治まっている。旅行に持ってきたロキソニンを飲んだことより,ひょっとしたらラブホテルのジェットバスに長時間入って,疲れをとった効果が生じたのかもしれない。一家に一台ジェットバスがほしい時代だね。

神戸市兵庫区新開地界隈
 朝(というより昼かな),チェックアウトすると,真っ先に眼に入ったのがラウンドワンの派手なビル。ボウリング場を核としたアミューズメント施設らしい。

神戸市兵庫区新開地界隈
 交通整理員が多いビルは,Asahi カプセル&サウナ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地バス停。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地3丁目から4丁目に続く立派な全蓋式アーケード。立派すぎて,ちょっともったいない感じまでする。

神戸市兵庫区新開地界隈
 入口にはこのようなアバンギャルドなゲートが設けられている。ここは新開地センター商店街というようだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 国道28号線(地下には山陽鉄道神戸高速線が通っている)の北側に,カッコいい全蓋式のアーケードが見える。新開地2丁目のアーケードらしいので,渡ってみる。反対側から渡ってくる方の平均年齢はちょっと高めだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地3丁目側のアーケードを振り返ると,その造形の差異に神戸の人の自由さを感じる。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地2丁目のアーケードも,背の高い立派な作りのアーケードだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 どこまでも歩いて行ってしまいそうなほど,アーケードが長く延びている。
 地図を見ると,この北側には大きめのビルが並んでおり,ひょっとしたらそのあたりが新開地に映画館がたくさんあって,映画の街と呼ばれた頃の名残なのかもしれない。

神戸市兵庫区新開地界隈
 リオ神戸。シャッターの閉まった店が多いが,意外に多くの人がエスカレーターに乗って中に入っていく。

神戸市兵庫区新開地界隈
 商店街の中にキリスト教の教会がある。

神戸市兵庫区新開地界隈
 裏通りをちらっと見たりすると,このあたりもそのうちに新しい高層アパートが建ち並んだりして,住宅地に変わってしまうのかもしれないと感じた。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地は,まあなんとなく予想していた通りの街だった。もう少し元気があれば,湊川あたりから福原の歓楽街,東山町の商店街を歩いてみたかったが,今日のところは「足慣らしならぬ足首慣らし」ということで,このへんで神戸電鉄の新開地駅に向かうことにする。
 もう少し無理をしないでいれば,足首もだいぶ良くなりそうだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地2丁目の裏路地に入ってみた。

神戸市兵庫区新開地界隈
 この裏路地も,もう少し暗い感じの路地だったと思うが,土地が歯抜けになって,急に太陽の下に晒されるようになったという感じだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 裏路地には裏路地の良さがあるのだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 ふしぎな光景だ。

神戸市兵庫区新開地界隈

神戸市兵庫区新開地界隈
 こういう雰囲気のところは,すぐに変化する可能性が高い。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地駅への階段は見つけていたが,よく見ると新開地2丁目のアーケードの入口に,地下へのエレベータがあるじゃないか。足が痛いので,堂々と乗らせてもらうことにする。

神戸市兵庫区新開地界隈
 新開地駅への通路。新開地がかつて賑わっていた頃の雰囲気を描いた絵が展示されている。

神戸市兵庫区新開地界隈
 山陽鉄道神戸高速線の上の通路が「メトロこうべ」商店街になっている。

神戸市兵庫区新開地界隈
 地下街が妙にピカピカしている。居酒屋もピカピカしてる感じだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 こちらもやはりピカピカしている感じだ。

神戸市兵庫区新開地界隈
 大阪や神戸にはよくある串カツの店。

神戸市兵庫区新開地界隈
 横軸が時刻になっている時刻表。関東でこのタイプを見た記憶はほとんどない。

神戸市兵庫区新開地界隈
 粟生線の三木上の丸駅までの切符を買ってホームへ。
 さて,巨額赤字で問題になっている神戸電鉄粟生線はどんな感じなのだろうか?

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

【参考】
2004年5月2日 (日曜日):神戸電鉄の急勾配は登山電車並だった

|

« 関から関西へ☆関西本線の旅 | トップページ | 新開地〜三木上の丸:神戸電鉄粟生線 »

・28 兵庫県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/51672708

この記事へのトラックバック一覧です: 写真家一番撮りにくい街? 新開地:

« 関から関西へ☆関西本線の旅 | トップページ | 新開地〜三木上の丸:神戸電鉄粟生線 »