« 御殿場線 桜の山北 春爛漫 | トップページ | もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈 »

2011年4月19日 (火曜日)

行き過ぎた自粛は顰蹙 杉田商店街 聖天橋センター

110419172912edit

行き過ぎた自粛は顰蹙 杉田商店街 聖天橋センター


 悪いことは重なるものである。弱り目に祟り目。そういうときに身内の不幸があると,しばらく立ち直れないような感覚におそわれる。

 とはいえ,いつもカメラは持ち歩いていたので,ブログをやめるような行き過ぎた自粛はせず,少しずつ記事を書いていこうと思う。

 京急線に乗っているときに,ふと「晩飯はぷらむろーど杉田商店街で食おうかな」と思い,普通電車に乗り換えて京急杉田駅へ。

ぷらむろーど杉田商店街
 京急杉田駅の東側に隣接する「プララ杉田」。その中には「ほろ酔い小路」なる飲食店が並ぶ一郭がある。

ぷらむろーど杉田商店街
 どの店に入っても良かったんだが,まだ午後5時を過ぎたぐらいなので,ぷらむろーど杉田商店街も歩いてみるため,とりあえず「ほろ酔い小路」は素通りする。

ぷらむろーど杉田商店街
 ほろ酔い小路を抜けると,京急線の線路とプララ杉田の間に挟まれた駅の出入口の前に出た。杉田駅では何度も下車しているが,ここに出入口があることはぜんぜん知らなかった。

ぷらむろーど杉田商店街
 プララ杉田の中の吹き抜け部分。

ぷらむろーど杉田商店街
 プララ杉田の東側の階段を下りると駅前に。今まで何度か撮影した写真とあまり変わってないかも。まぁ,自称進歩のない人間であるから,そのへんはご勘弁を。

ぷらむろーど杉田商店街

ぷらむろーど杉田商店街
 メインのぷらむろーど杉田商店街ではなく,一本北側の,細くぎこちなく曲がった路地を歩く。こっちのほうに魅力を感じるのは,たぶん性格がひねくれているからだと思う。とりあえずはそう自覚している。

ぷらむろーど杉田商店街
 右側は駐車場になってしまっている。

ぷらむろーど杉田商店街
 杉田駅の「プララ杉田」を振り返る。京急の杉田駅に隣接した駅ビルなのだが,入っているのは京急ではなく東急というのが面白い。

ぷらむろーど杉田商店街
 ノスタル爺と言われるのはちょっと不満だが,カメラを持っていたら撮らずに通りすぎることのできない風景だ。

ぷらむろーど杉田商店街
 杉田駅方向を振り返る。空き地にどのような建物が出来るのか,楽しみではある。

ぷらむろーど杉田商店街
 空き地から杉田駅方向を見る。ここには清楚な感じで,東海道周辺の住宅地に多いタイプの住宅が並んでいたのだが,すっかり無くなってしまっている。

ぷらむろーど杉田商店街
 家庭菜園かな。

ぷらむろーど杉田商店街
 細い鍵曲がりの路地だが,歩行者は意外なほどに多い。

ぷらむろーど杉田商店街
 細い路地から,ぷらむろーど杉田商店街に出た。

ぷらむろーど杉田商店街
 ぷらむろーど杉田商店街の東端には聖天橋センターが2棟並んでいる。正面の交差点の先の高架橋は京浜東北線(根岸線)である。写真の左側にJRの新杉田駅がある。

ぷらむろーど杉田商店街
 京急杉田駅方向(西側)見る。JR新杉田駅と京急杉田駅の間を乗り継ぐ人も多く,商店街を歩く人の数はかなり多い。

ぷらむろーど杉田商店街
 聖天橋センターの前。

ぷらむろーど杉田商店街
 高架線を京浜東北線(根岸線)の電車が走るので,慌ててズームして撮影。ズーム機構は使い慣れてないのと,JR新杉田駅から杉田駅方向に向かう人の勢いに押されて,ピンぼけ写真になってしまった。

ぷらむろーど杉田商店街
 歩行者が落ちついてから,聖天橋センターを撮影する。

ぷらむろーど杉田商店街
 こんな感じで,昔ながらの商店街が元気に残っている。

ぷらむろーど杉田商店街
 角の「BOOKS」の文字がカッコいい静樹堂書店。

ぷらむろーど杉田商店街
 杉田商店街名物だと個人的に思っている,生えさ「青イソメ」の自動販売機。

ぷらむろーど杉田商店街
 時間があれば,細い路地もくまなく歩いてみたくなる。

ぷらむろーど杉田商店街
 ずっと曇り空だったが,一部の分厚い雲の奥に,明るいところが見えてきた。

ぷらむろーど杉田商店街
 京急杉田駅に向かって,ぷらむろーど杉田商店街を西へ歩く。

ぷらむろーど杉田商店街
 西の地平線に沈もうとする太陽から日差しがこぼれてきた。

ぷらむろーど杉田商店街
 日差しが当たって,商店街に明るさが戻ってきた。

ぷらむろーど杉田商店街
 さて,商店街で何を食って帰ろうか……。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

【参考】
2006年12月10日 (日曜日):ぷらむろーど杉田商店街を歩く
2009年6月27日 (土曜日):ぷらむろーど杉田商店街 - 再訪

|

« 御殿場線 桜の山北 春爛漫 | トップページ | もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

青イソメの自販機は名物だと思いますね。

私現在40代前半ですが、小さい頃からあった気がします。

投稿: うっちゃん | 2011年5月 3日 (火曜日) 17時49分

 おおっ,やっぱり歴史ある自販機なんですね。
 外観からある程度古いことはわかりましたが,風雨にさらされる機械ってのは,あっという間に風化しますので……。

投稿: 三日画師 | 2011年5月 3日 (火曜日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/51512894

この記事へのトラックバック一覧です: 行き過ぎた自粛は顰蹙 杉田商店街 聖天橋センター:

« 御殿場線 桜の山北 春爛漫 | トップページ | もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈 »