« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の7件の記事

2011年4月25日 (月曜日)

ときどき剣呑ベーゴマ遊び 渋谷のんべい横丁

110425160802edit

ときどき剣呑ベーゴマ遊び 渋谷のんべい横丁


 渋谷と言えば,やはり「のんべい横丁」。109? 何それ……。

渋谷「のんべい横丁」
 渋谷のんべい横丁。渋谷にもまだこういう「戦後」の雰囲気を残すところがあるのだ。渋谷らしくないと言えば「らしくない」気がするし,渋谷らしいと言えば「らしい」気もする。

 東急東横線が東京メトロ副都心線に乗り入れ,渋谷駅が明治通りの下に移った後は,現在の東急東横線の渋谷駅のところを利用して,JR埼京線・湘南新宿ラインのホームが作られるという。
 JR渋谷駅のホームが東側に広がるとすると,現在線路のすぐ横にある渋谷のんべい横丁の場所がどうなってしまうかは,容易に予測できる。実際のところ,JR渋谷駅の改良工事がいつ頃始まるのかはよくわからないが……。

渋谷「のんべい横丁」
 まさに「昭和」といった感じの飲み屋街だ。
 会津の榮川(エイセン)は有名だが,栄川(サカエガワ)というのもあるので,ちょっと紛らわしいかも。

渋谷「のんべい横丁」
 古い飲み屋街だが,手入れが行き届いている感じではある。

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」
 渦巻き状のレリーフが面白い。

渋谷「のんべい横丁」
 それぞれの店では仕込みの真っ最中。

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」
 店の方から,「隅々まで綺麗に撮ってよ!」と声を掛けられたりなどする。

渋谷「のんべい横丁」
 のんべい横丁の北側は公園になっている。この公園は,ちょっとやばい感じ……。
 ここから北側の宮下公園はホームレスの多さで知られたところだったが,ナイキ公園として整備するという話が持ち上がって,ナイキ vs. ホームレスの騒動が起こったばかりだ(まだ続いているのかな?)。

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」
 のんべい横丁の北側でJRの線路をくぐる。

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」
 JRの線路をくぐると,そこにはいわゆる「渋谷」がある(井の頭通り入口交差点)。
 連絡通路のある,このシブヤ西武A館(左)・B館(右)も,ずいぶんと古くなった感じだ。

渋谷「のんべい横丁」
 西武の北側,公園通りの入口(神南一丁目交差点)には丸井もある。
 人の多さに,ちょっと目眩がする。

渋谷「のんべい横丁」
 JR線の東側に戻る。

渋谷「のんべい横丁」
 湘南新宿ラインの電車が通りすぎる。

渋谷「のんべい横丁」
 のんべい横丁を通って渋谷駅に戻る。

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」

渋谷「のんべい横丁」
 渋谷駅前のスクランブル交差点……。

渋谷「のんべい横丁」
 京王井の頭線の北側一帯や道玄坂の百軒店(ひゃっけんだな)あたりも見てみたい気がしたが,人の多さに圧倒されて歩く気力が無くなった。

渋谷「のんべい横丁」
 JR渋谷駅ハチ公口。

渋谷「のんべい横丁」

 さて,湘南新宿ラインのグリーン車で,ゆったりと神奈川の田舎に帰るとするか……。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G14mm F2.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈

110425152042edit

110425123938edit

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈


 野暮用で珍しく渋谷に出かけた際に,もうすぐ地下化される東急東横線の渋谷駅界隈の写真を撮っておこうと思った。地下化工事の概要をよく知らないので,どこをどのように撮ればいいのかには迷いがあったが,とにかく,現在高架橋でJR山手線をオーバークロスしていくあたりまでは,東横線が地下化されると見られなくなる光景だろう。

 というわけで,戸塚駅から湘南新宿ラインの高崎行きに乗った。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷駅の新南口で下車する。節電のためにエスカレーターが使えなくなっている。
 この「新南口」は,埼京線や湘南新宿ライン用の渋谷駅ホームが,既存の山手線のホームから恵比寿寄りに離れて設けられたため,そのホームに合わせて作られた改札口である。知らずに渋谷駅だと思って降りると,とても驚くことになる。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷三丁目郵便局の近くに出る。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷駅新南口前。道路の向こう側に東急東横線の電車が見える。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷駅新南口前。明治時代の山手線の渋谷駅はちょうどこのあたりに位置していたはずだが,渋谷駅前とは思えない風景が広がっており,かつての駅の名残は見当たらない。もともとの渋谷村の位置は,さらに南側の恵比寿駅の近くにあったそうで(渋谷橋という名称にその名残がある),町の盛衰の不思議さを感じる。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 徒歩橋の上を東急東横線の電車が走る。数年後には代官山〜渋谷の区間は地下化され,明治通りの下を走ることになるため,ここでこの姿を見ることができるのもあとわずかである。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 並木橋の袂の酒屋KOIKE。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 並木橋から明治通りの並木橋交差点を見る。
 12時を過ぎ,街には昼食に行く会社員の姿が目立つ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 並木橋の上から渋谷駅方向を見る。渋谷川にはほとんど水が流れていない。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 並木橋と隣の新並木橋の上を走る東急東横線の電車。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 明治通りの並木橋交差点。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 並木橋交差点から東横線の電車を見る。このあたりには昔,東横線の並木橋駅があったらしいが,痕跡らしいものには気づかなかった。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 新並木橋から南側(恵比寿側)を見る。見慣れた9000系の電車も,だいぶ本数が減っているようだ。地下化工事が完了した際に,現在の高架橋をすぐに撤去するためだろうか,橋脚の仮設の鉄骨化工事を行っているように見える。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 東横線のガードをくぐり,少し坂を上ったところから。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 大きくカーブしながら代官山方面に電車が走り去る。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 坂を上ると山手線をオーバークロスする猿楽橋となる。猿楽橋から並木橋方向を見ると,東横線の電車が行き違いするところだった。
 ついさっきまで良い天気だったのだが,北側から真っ黒な雲が広がってきて,雷まで聞こえてくる。Twitterを見ると,吉祥寺あたりでは強い雨が降っているようだ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 南側はまだ晴れている。この東横線横の空き地は,地下化工事用地だろうか……。完成時期を考えると,既に地下化工事はだいぶ進んでいるはずだから,地下化完了後の高架線取り壊し工事のための用地かもしれない。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 再び猿楽橋から並木橋方向を見る。右下にさかえ湯がある。
 そうこうしているうちに,黒い雲がどんどん近づいてきた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 山手線を越える猿楽橋。ゆったりとした道幅がある。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 猿楽橋から南側を見る。山手線の電車が走り,その先を東急東横線の電車がオーバークロスしていくのが見える。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 猿楽橋から渋谷駅方向を見る。今にも雨が降り出しそうな状況になってきた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 猿楽橋横の階段を降りる。いざとなったら,橋の下で雨をしのごう……。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 猿楽橋の橋脚。リベットの多さ,これは何とも魅力的だ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 猿楽橋の下をくぐり抜ける。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷清掃工場の巨大な煙突が聳える。
 この付近は猿楽町,鶯谷町,代官山町の境界付近になるが,代官山を名のる建物が多い。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 中華料理「仙台や」のある通り。突き当たりが埼京線・湘南新宿ラインの渋谷駅。
 とうとうポツポツと大粒の雨が落ちてきた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 大和屋豆腐店……遠くから猛烈な音を立てて雨が近づいてきたので,雨宿りをかねて中華料理「仙台や」に飛び込んだ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 たらふく食った後で外に出ると,さっきまでの大雨が嘘のように晴れ上がっていた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 鶯谷町のそば吾妻屋。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷清掃工場の煙突を写すために縦位置で……。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 鶯谷町の鉢山中の裏の通り,名物だんごの「みのや」。
 周辺には専門学校がとても多く,写真関係の日本写真芸術専門学校などもあるためか,カメラをもった学生をあちこちで見かけた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 乗泉寺の裏手で建物の解体作業中。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 桜丘町の坂を下る。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 埼京線・湘南新宿ラインの渋谷駅ホームの横。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷駅の山手線のホームはずっと北側にあるので,このあたりは普通に走り抜ける。
 東急東横線の地下化工事が完了し,東横線の電車が東京メトロ副都心線に乗り入れるようになると,現在の東横線渋谷駅のホーム付近に埼京線・湘南新宿ラインのホームが移設されるらしい。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 アーチ状の入口や円窓が印象的な建物「ジュネス順心」。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 横の石垣といい,ジュネス順心は印象的な建物だ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 布積みの石垣の上には純和風な家が。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 桜丘町のとんかつさくら亭。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 さっきの石垣の上の方に登ってみた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 桜丘町の道路は地形に合わせたかたちで複雑に曲がっている。

 桜丘町といえば,その昔,マウンテンバイクに乗って渋谷駅横の玉川通り(国道246号線)を走っていたときに免許証やらクレジットカードが入った財布を落としてしまい,それをちょうど桜丘町のレストランの方が拾って下さったことがあった。頭の中が真っ白になった翌日,職場の机の上にレストランのオーナーさんからの伝言メモがあったときの嬉しさは,いまだに忘れられない。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 青果高野商店と焼肉南海。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷駅の埼京線・湘南新宿ラインホームの連絡通路。いずれ取り壊すことを考慮しているためか,やけに安っぽい作りになっている。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 汚い落書き。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 国道246号線の山手線のガード下。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 ガード下を歩くと,山手線と東横線の間に階段がある。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 左が山手線の渋谷駅。右のカマボコ状のドーム屋根が東急東横線の渋谷駅。その間にこのような空間があるとは……。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷川に架かる稲荷橋の上から東急東横線の渋谷駅のホームを見る。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 稲荷橋から渋谷駅の東口を見る。首都高3号渋谷線の下に歩道橋がぐるりと架かっていて,田舎者のおいらは足がすくんでしまう。背後の東急文化会館跡地には巨大な「渋谷ヒカリエ」の建築中。でも,「ヒカリエ」の意味はよくわからない。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 東横線渋谷駅のホーム下は,日本通運?の倉庫になっている。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 金王橋から上流側の稲荷橋を見る。コンクリートで囲まれた渋谷川には,水がほとんど流れていない。
 金王橋を渡って明治通りを横切り,さらに坂を登ると金王八幡宮がある。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 金王橋から下流側を見る。渋谷三丁目郵便局横の八幡橋が見える。
 八幡橋の由来も,やはり明治通りを横切って坂を登ったところにある金王八幡宮だと思われる。同じ神社が2カ所の橋の由来になってるのは面白いと思う。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 金王橋を渡って明治通りへ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 明治通りに架かる歩道橋から渋谷駅東口前を見る。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 明治通りの南側を見る。道路の真ん中では東急東横線の地下化工事が行われている。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 六本木通り。高架線は首都高3号渋谷線。左側の坂道が青山通りになる。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 右側が東急文化会館跡地に工事中の「渋谷ヒカリエ」。
 正面の高架線が東京メトロの銀座線。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 そして今日のメインの東急東横線渋谷駅。カマボコ状のドーム屋根が特徴だ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 渋谷駅東口と言えば,地下鉄銀座線が高架線上を走るのがトレードマークのようなもの。しばらく銀座線の電車が来るのを待ったのだが,いざ撮ろうとして待っていると,電車がぜんぜん来ない。直前までは何ごともなく走っていたはずだが……。調べてみたら,トラブルで運転見合わせ中。なんというタイミングの悪さ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 トイレに行きたくなってしまったので,あきらめて駅に向かう。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 この渋谷駅も,いつまで見られることだろう。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 東急百貨店でトイレを済ませ,店内をしばらくぶらついた後で外に出ると,東京メトロ銀座線は何ごともなかったかのように走っていた。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 巨大な「渋谷ヒカリエ」の横を銀座線の電車が走る。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 宮益坂下交差点。
 宮益坂と言えば城南電気のイメージなんだが,それを知ってるのは相当なオッサン以上の年齢かも。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 宮益坂下交差点から東急百貨店を見る。この写真の右手側はビックカメラになっていてビックリ。

もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
 JR渋谷駅の北側のガード。このガードをくぐると,人が多いことで有名な渋谷駅前の交差点だ。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G14mm F2.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火曜日)

行き過ぎた自粛は顰蹙 杉田商店街 聖天橋センター

110419172912edit

行き過ぎた自粛は顰蹙 杉田商店街 聖天橋センター


 悪いことは重なるものである。弱り目に祟り目。そういうときに身内の不幸があると,しばらく立ち直れないような感覚におそわれる。

 とはいえ,いつもカメラは持ち歩いていたので,ブログをやめるような行き過ぎた自粛はせず,少しずつ記事を書いていこうと思う。

 京急線に乗っているときに,ふと「晩飯はぷらむろーど杉田商店街で食おうかな」と思い,普通電車に乗り換えて京急杉田駅へ。

ぷらむろーど杉田商店街
 京急杉田駅の東側に隣接する「プララ杉田」。その中には「ほろ酔い小路」なる飲食店が並ぶ一郭がある。

ぷらむろーど杉田商店街
 どの店に入っても良かったんだが,まだ午後5時を過ぎたぐらいなので,ぷらむろーど杉田商店街も歩いてみるため,とりあえず「ほろ酔い小路」は素通りする。

ぷらむろーど杉田商店街
 ほろ酔い小路を抜けると,京急線の線路とプララ杉田の間に挟まれた駅の出入口の前に出た。杉田駅では何度も下車しているが,ここに出入口があることはぜんぜん知らなかった。

ぷらむろーど杉田商店街
 プララ杉田の中の吹き抜け部分。

ぷらむろーど杉田商店街
 プララ杉田の東側の階段を下りると駅前に。今まで何度か撮影した写真とあまり変わってないかも。まぁ,自称進歩のない人間であるから,そのへんはご勘弁を。

ぷらむろーど杉田商店街

ぷらむろーど杉田商店街
 メインのぷらむろーど杉田商店街ではなく,一本北側の,細くぎこちなく曲がった路地を歩く。こっちのほうに魅力を感じるのは,たぶん性格がひねくれているからだと思う。とりあえずはそう自覚している。

ぷらむろーど杉田商店街
 右側は駐車場になってしまっている。

ぷらむろーど杉田商店街
 杉田駅の「プララ杉田」を振り返る。京急の杉田駅に隣接した駅ビルなのだが,入っているのは京急ではなく東急というのが面白い。

ぷらむろーど杉田商店街
 ノスタル爺と言われるのはちょっと不満だが,カメラを持っていたら撮らずに通りすぎることのできない風景だ。

ぷらむろーど杉田商店街
 杉田駅方向を振り返る。空き地にどのような建物が出来るのか,楽しみではある。

ぷらむろーど杉田商店街
 空き地から杉田駅方向を見る。ここには清楚な感じで,東海道周辺の住宅地に多いタイプの住宅が並んでいたのだが,すっかり無くなってしまっている。

ぷらむろーど杉田商店街
 家庭菜園かな。

ぷらむろーど杉田商店街
 細い鍵曲がりの路地だが,歩行者は意外なほどに多い。

ぷらむろーど杉田商店街
 細い路地から,ぷらむろーど杉田商店街に出た。

ぷらむろーど杉田商店街
 ぷらむろーど杉田商店街の東端には聖天橋センターが2棟並んでいる。正面の交差点の先の高架橋は京浜東北線(根岸線)である。写真の左側にJRの新杉田駅がある。

ぷらむろーど杉田商店街
 京急杉田駅方向(西側)見る。JR新杉田駅と京急杉田駅の間を乗り継ぐ人も多く,商店街を歩く人の数はかなり多い。

ぷらむろーど杉田商店街
 聖天橋センターの前。

ぷらむろーど杉田商店街
 高架線を京浜東北線(根岸線)の電車が走るので,慌ててズームして撮影。ズーム機構は使い慣れてないのと,JR新杉田駅から杉田駅方向に向かう人の勢いに押されて,ピンぼけ写真になってしまった。

ぷらむろーど杉田商店街
 歩行者が落ちついてから,聖天橋センターを撮影する。

ぷらむろーど杉田商店街
 こんな感じで,昔ながらの商店街が元気に残っている。

ぷらむろーど杉田商店街
 角の「BOOKS」の文字がカッコいい静樹堂書店。

ぷらむろーど杉田商店街
 杉田商店街名物だと個人的に思っている,生えさ「青イソメ」の自動販売機。

ぷらむろーど杉田商店街
 時間があれば,細い路地もくまなく歩いてみたくなる。

ぷらむろーど杉田商店街
 ずっと曇り空だったが,一部の分厚い雲の奥に,明るいところが見えてきた。

ぷらむろーど杉田商店街
 京急杉田駅に向かって,ぷらむろーど杉田商店街を西へ歩く。

ぷらむろーど杉田商店街
 西の地平線に沈もうとする太陽から日差しがこぼれてきた。

ぷらむろーど杉田商店街
 日差しが当たって,商店街に明るさが戻ってきた。

ぷらむろーど杉田商店街
 さて,商店街で何を食って帰ろうか……。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

【参考】
2006年12月10日 (日曜日):ぷらむろーど杉田商店街を歩く
2009年6月27日 (土曜日):ぷらむろーど杉田商店街 - 再訪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火曜日)

御殿場線 桜の山北 春爛漫

110412181407edit

御殿場線 桜の山北 春爛漫


 長年神奈川県に住んでいるが,有名な御殿場線山北駅周辺の桜並木を見たことがない……ということで,山北へ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前。御殿場線の運転本数が少なくて,思っていたよりずっと時間がかかった。
 駅前の通りをはさんで,2つ並んだコーナーRの建物が素晴らしい。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 右側のタケイ美容室。コーナー部分の曲面にほれぼれする。建物がとても丁寧に使われているようだ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 左側が木川薬局。2階部分の飾り柱が印象的。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 御殿場線の山北駅。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前大通りを西へ。路上駐車の多さにはびっくり。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 駅前広場を振り返る。角張ったボンネットバスは山北町循環バス。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 商店街になっている山北駅前大通り(西大通り)を西へ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前を振り返る。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 押縁のない下見板が見事な建物。倉庫だろうか。「叶寿司→」という看板が付いている。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 奥の部分が理容キムラになっている。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 理容キムラの横を通って御殿場線に近づくと,見事な桜並木となる。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅の横の公園に蒸気機関車D52が静態保存されている。D52は,御殿場線がまだ東海道本線だった頃に等で活躍した,日本最大級の蒸気機関車である。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 風が吹くと桜の花びらが散って花吹雪になる。ドーム形の屋根は山北体育館。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 跨線橋(三良橋)が絶好の撮影ポイントとなっている。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 中橋の袂のタニカワ理容館。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 西側にずっと桜並木が続いている。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 青橋から沼津行きの普通列車(ずいぶん遅れてた)を撮る。この電車の前に来るはずだった特急「あさぎり」は来なかった。残念。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 御殿場線は電車の本数が少ないので,電車が走り去るところも撮る。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 振り返って山北駅方向に走り去るところも撮ったが,桜の枝が被ってしまった……。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 年季の入った桜の幹を撮らずにいられなかった。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 中橋から。単線のせいか,電車の遅れがどんどんひどくなって,電車を待っているうちに影がどんどん伸びてしまった。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 ほんとに見事な桜並木だ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 斜光に菜の花が輝いて最高に綺麗だ……と思いながら電車を待っていたが,電車が15分ぐらい遅れ,ほとんどが陰になってしまった。なかなか上手くいかないものだ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 前のほうの車両は313系だったが,後のほうは211系だった。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前大通りへ。午後5時半。暗くなる前に山北町の街並みを撮ることにする。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北体育館。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 大谷スポーツ。左側は武書店。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 建物は日差しがあるときよりも綺麗に撮れる。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 手づくりパン工房……。左は大館化粧品店。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 窓のかたちが印象的だ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前。和風レストランしみず。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 駅前。やっぱり日差しがないほうがコントラストが低くて綺麗に撮れる。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 正面が山北駅前交差点。山腹を東名高速道路が通っていて,走行音がここまで聞こえてくる。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前交差点から山北駅を見る。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前大通り(東大通り)へ。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 西大通りは日用品の商店街だが,東大通りには旅館や飲食店が多い。

御殿場線 桜の山北 春爛漫

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 川村屋という文字のレリーフがある。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅方向を振り返る。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 はかま腰屋根が並んでいるのって,珍しいんじゃなかろうか。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 村越木材の倉庫?
 山腹の東名高速道路の迫力がすごい。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅方向を見る。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前大通り(東大通り)は,共同ビルタイプの建物に見える。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 裏側は町営駐車場になっている。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 スナック&パブ 宴。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 山北駅前に戻る。

御殿場線 桜の山北 春爛漫
 御殿場線の電車が着き,しばらくすると山北町循環バスが発車していった。

 午後6時半……。帰りの国府津行きの電車をホームで待ったが,電車の遅れがどんどん大きくなり,最終的には30分遅れとなった。

 ── Nikon D3 + Nikon AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日曜日)

新坂川の桜並木と流鉄流山線

110410155854aedit

新坂川の桜並木と流鉄流山線


 総武流山電鉄・総武流山線の正式名称が,2008年8月から流鉄・流山線に変わったことを知った。つくばエクスプレス開業後は乗客が減少して,厳しい経営状況にあるらしい。首都圏に残るローカル私鉄で,沿線の桜が綺麗なんだよなぁ……ということを考えていたら,久しぶりに見てみたくなった。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 というわけで,千代田線(常磐線)我孫子行きの電車に乗り,馬橋駅で下車する。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 向かい側の小さなホームに,流鉄流山線の電車が停車してる。2両編成だ。
 駅の向こう側に,見慣れないビルが建ってる。空き地だったところに駅ビルが建ったようだ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 流鉄流山線馬橋駅に続く階段。電車に乗りたい気もしたが,今日は馬橋〜幸谷(新松戸)間を歩いて,途中の桜並木を楽しむことにする。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 真新しい駅ビルの南側には,馬橋駅でいつも気になる鉄道用品株式会社の工場が見える。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 真新しくなった跨線橋(屋根がついた)から西口の広場を見る。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 同じく西口前の広場。ヨメイヨシノが満開だ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新坂川に沿って北へ歩く。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 踏切が鳴り出したので,跨線橋を少し上ったところから中途半端に撮影。西武鉄道から新しくやってきたばかりの5000系「流星」号だった。流鉄では,編成ごとに「若葉」とか「なの花」「流馬」のような愛称をつけていて,ちょっと面白い。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新坂川沿いを北へ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 馬橋駅で折り返してきた「流星」。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 このあたりから桜並木が続く。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 満開だ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 桜と電車が綺麗に写る場所を探しているうちに,馬橋行きの「青空」がやってきてしまった。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 馬橋駅に向かって走り去る「青空」号。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋から南側を見る。右に聳えるのはオーベルグランディオ新松戸。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋付近から北側を見る。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋横の踏切から。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 今日は「青空」と「流星」が馬橋と流山を往復しているようだ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 押出橋。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 花見客で混雑するほどでもなく,のんびりした良い感じだ。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 流鉄の上をオーバークロスするのは,武蔵野貨物線の馬橋支線。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 桜並木の北端がこのあたり。横に貨物コンテナがたくさん並んでいる。以前は,ちょっと雰囲気の良い原っぱだったような気がするのだが……。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 常磐線の下をくぐる細い道路。交通量が意外に多い。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 常磐線の電車も色気が無くなった。

流山電鉄・新坂川沿いの桜

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 常磐線・武蔵野線の新松戸駅が見えてきた。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸駅前の雑居ビル「Baron Town」。高いところにあるのが新松戸駅の武蔵野線ホーム。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸七丁目行きのバス。
 こうやって車体を傾けることを,ニーリング(片膝をつく)というのかリーニング(leaning:傾き)というのか,いまだに悩む……。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 左側が新松戸駅。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸交番横の横断歩道。

流山電鉄・新坂川沿いの桜
 新松戸駅前の踏切を「青空」号がゆく。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED SDM

【参考】
2004年4月11日 (日曜日):桜が散った後の総武流山電鉄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金曜日)

日本も曇り空 横浜本牧の桜

110408165810edit

日本も曇り空 横浜本牧の桜


 昨年12月に大和町商店街を訪問したときに,時間切れで暗くなってしまい,歩くことができなかった本郷町の本牧通りや千代崎町あたりを見てみようと,根岸線の根岸駅からバスに乗った……。
 本牧間門交差点のあたりから,車窓に見える本牧通りの両側の桜並木がきれいで,二の谷,本牧といくつものバス停を通りすぎても,きれいな桜並木が続いていることが気になってしまった。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 というわけで,和田山口バス停で下車。
 正面のとんがり屋根のマイカル本牧3番街で,横浜銀行や横浜本牧原郵便局等が入っている。あっ,今はマイカル本牧ではなくて,イオン本牧なのかな……。地図を見ても,マイカル本牧がすべて無くなっているわけではなく,8番街や10番街はマイカル本牧,5番街はベイタウンと書かれていたりして,よくわからない。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 中心的な店舗となっているイオン本牧(つい先日までは本牧サティ)。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧通りの北側を見る。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 残念ながら天気は曇天。桜の花も,満開まではもう少しといった感じだ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 パチンコ屋の鷲ににらまれた。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 3番街のほとんどは駐車場になっているようだ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 イオン本牧。
 それぞれの建物の間は歩道橋(ペデストリアンデッキ)で繋がっている。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 ベイタウン本牧5番街(元マイカル本牧5番街)。イオン本牧と本牧通りを挟んで向かい合っている。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 イオン本牧(写真左)とベイタウン本牧5番街(写真右)を結ぶペデストリアンデッキ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 イオン本牧前の和田山口バス停。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 ペデストリアンデッキから和田山口バス停を見る。街路灯がバスに被ってる……って,そりゃ撮った本人が一番気にしてるところだ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 イオン本牧側からベイタウン本牧5番街を見る。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 ベイタウン本牧5番街側からイオン本牧を見る。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧通りの南側を見る。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 イオン本牧の横から錦町方向に続く通り。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 シネマコンプレックス,マイカル松竹シネマズ本牧だったマイカル本牧6番街。GoogleマップではMOVIX本牧となっているが,MOVIX本牧は今年1月に閉鎖されているようだ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 正面がベイタウン本牧5番街。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 レトロ風レンガ造りのファサードを持ったグロブナーハウス。のぼりがたくさん立ってて,うさんくさい外観になっている。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 大鳥中学入口交差点。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 風が猛烈に強い一日だった。横浜本牧元町郵便局の方から吹いてくる風に,潮の香りが混じっていたので,路地に入り込んでみた。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 吾妻神社前交差点。この先には神奈川臨海鉄道の横浜本牧駅(貨物駅)があって,ときおりディーゼル機関車の警笛音が聞こえてくる。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧通りの三之谷交番前交差点へ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 三之谷交番前交差点から三渓園方向に続く通り。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 三之谷交番前交差点で本牧通りがカーブしているので,歩道が三角形に広くなっている。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 和田山口(マイカル本牧)経由本牧車庫行きのバスを狙ったが,夕方の曇り空で薄暗く,盛大に被写体ブレしてしまった。それにしても,LEDの行先表示だからといって,簡単にマイカル本牧→イオン本牧という変更ができないのか,それとも変えてしまうとかえってわかりにくいから変えないのか……。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 三角形の歩道。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 吾妻神社の方向を振り返る。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 三之谷交番前交差点の横にある本牧バス停。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧バス停横の桜が綺麗に咲いている。
 横浜市特有の広告入りバス停。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧和田のアパート(マンション)群。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧バス停。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 桜の花が綺麗なので,立ち止まって写真撮影する人も。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧バス停に磯子駅行きのバスがやってきた。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧三之谷の日の出湯。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 三渓園に続く桜道は,その名の通り桜並木が美しい。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 桜の木がトンネルのようになっている。

日本も曇り空 横浜本牧の桜

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 日の出湯の煙突に惹かれて立ち寄った道で,こんなに見事な桜並木に出会えるとは,今日はついてるかも(天気はいまいちだったけど)。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 三渓園まで行ったみたい気もしたが,午後5時を過ぎてしまったので,またの機会にとっておくことにする。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 行先表示が「教習中」になっているバスが何本も通過した。訓練コースになっているのかもしれない。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧通りに戻る。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧通りには昔ながらの建物も残っている。
 かつては商業的に賑わったところだと思われるが,現在はほぼ住宅地となっている。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧通りの北側の歩道へ。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 犬と散歩をしている人が多い。

日本も曇り空 横浜本牧の桜

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧和田公園の前の本牧和田交差点。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 右が本牧和田公園。

日本も曇り空 横浜本牧の桜

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧和田公園の前。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 本牧和田公園の前。

日本も曇り空 横浜本牧の桜

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 横浜間門郵便局前の二の谷バス停。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 横浜間門郵便局前の二の谷バス停。なかなか良くできてるバス停だと思う。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 マスヤ畳店の看板が付いたアーケード風(雁木風)……。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 ホットドッグ!

日本も曇り空 横浜本牧の桜

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 根岸駅前・磯子駅前方面の二の谷バス停。
 すっかり日没……。

日本も曇り空 横浜本牧の桜
 二の谷バス停で,磯子駅前行きのバスを待つことにする。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA 21mm F3.2 Limited

【参考】
2010年12月25日 (土曜日):ねえ謝ってよ! 山手駅から大和町商店街

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火曜日)

華やぐ苗字 弘明寺かんのん通り

110405165952edit

華やぐ苗字 弘明寺かんのん通り 横浜市南区


 横浜市内の桜も一斉に咲き始めたようだ。

 何もしないでいると,あっという間に葉桜になってしまうので,晩飯を食うついでに大岡川の桜でも有名な弘明寺観音通り(かんのん通り)商店街を歩いてみた。

弘明寺かんのん通り商店街
 京急の弘明寺駅の橋上駅横の駐輪場から。
 鉄ちゃん写真的には電車をもう少し右下まで引きつけた方が良いのかもしれないが(そもそもこんなとこでは撮らないか),逆に踏切の上に先頭部分があった方が街並み的には良かったかも……。

弘明寺かんのん通り商店街
 踏切の横に降りて,六ツ川方面への下り坂と京急線を撮影。新しめの電車ばかりになってい待った京急線の中では,ちょっと古そうな電車は2000形。

弘明寺かんのん通り商店街
 何ごとかがあったのか,踏切にペイントで「歩行者通路」ができていた。

弘明寺かんのん通り商店街
 踏切を渡って,1000形の通過を待つ。京急には古いタイプの1000形もあって,いかにも京急線の電車っぽくて好きだったのだが,いつの間にかいなくなってしまった。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺駅前。母子連れの中高生が多いのは,入学式帰りかな。

弘明寺かんのん通り商店街
 商店街の横を通りすぎる京急800形電車。今,京急線の電車の中で,一番洗練されてるデザインではなかろうかと(個人的に)思ってる電車だ。

弘明寺かんのん通り商店街
 駅前の商店街から,弘明寺かんのん通り商店街方向へは急な坂になっている。

弘明寺かんのん通り商店街
 京急の弘明寺駅方向を振り返る。

弘明寺かんのん通り商店街
 けっこうな下り坂になっているのだが,写真では坂道が感じられない。腕の問題かな。

弘明寺かんのん通り商店街
 振り返って,坂の上の方を撮影。こちらの写真は,急な坂道であることが少しはわかる。

弘明寺かんのん通り商店街
 坂道をどんどん下る。体重があるので,もう誰にも止められない。

弘明寺かんのん通り商店街
 坂を下る。右側は弘明寺への参道にもなっている。

弘明寺かんのん通り商店街
 再び坂の上の方を振り返る。

弘明寺かんのん通り商店街
 坂は弘明寺の山門前でやや平坦になる。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺の山門前から弘明寺かんのん通り商店街の立派な全蓋式アーケードを見る。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺の山門と,その横に延びる坂道。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺の参道には,昔ながらの商店街が残っている。

弘明寺かんのん通り商店街

弘明寺かんのん通り商店街
 西に傾いた日が,木々の所々から商店街に差し込んでいる。

弘明寺かんのん通り商店街
 車が見えなくなるまでしばらく待ってみたのだが,次から次に車がやってくる……。残念。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街。

弘明寺かんのん通り商店街

弘明寺かんのん通り商店街
 背の高い立派な全蓋式アーケードだ。
 大学生と思しき集団が,鍋に何かを入れて運んでいる。何組も何組も。何の行事だろうか。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街。横浜市内でも有数の商店街である。

弘明寺かんのん通り商店街
 アーケード商店街の中から弘明寺を振り返る。
 明確すぎるぐらい明確なことだが,かんのん通り商店街は弘明寺の門前町として栄えた街である。

弘明寺かんのん通り商店街
 いつもいつも賑わっている商店街だ。
 最近は,ペットと同伴で商店街を歩く人が増えているような気がする。

弘明寺かんのん通り商店街
 フルーツショップスズキ。

弘明寺かんのん通り商店街
 フルーツショップの隣はいずみカメラ店。店頭にはふと手にしたくなるMFカメラがずらりと並んでいる。

弘明寺かんのん通り商店街
 まあ賑やかな商店街である。

弘明寺かんのん通り商店街
 あれっ,商店街が歯抜けになっている部分があるぞ……と思うと,

弘明寺かんのん通り商店街
 大岡川にかかる観音橋がある。橋の上にもアーケードが架かっている。

弘明寺かんのん通り商店街
 大岡川の桜。見頃は今週末あたりかな。

弘明寺かんのん通り商店街
 川の小魚を狙うアオサギ。

弘明寺かんのん通り商店街
 週末には見事な桜並木になりそうだ。

弘明寺かんのん通り商店街
 観音橋を渡って,大岡川の右岸へ。

弘明寺かんのん通り商店街
 観音橋の東側,横浜市営地下鉄の弘明寺駅まで商店街のアーケードが続いている。

弘明寺かんのん通り商店街
 賑やかな商店街に疲れたので,大岡川沿いの桜並木を歩く。

弘明寺かんのん通り商店街
 適当にバシャバシャとシャッターを切りまくってる私と違って,何度も何度も写真を確認しながら丁寧に桜の写真を撮っている女性。

弘明寺かんのん通り商店街
 花より団子に惹かれちゃう。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街の周辺をぶらぶらする。
 ピアゴ弘明寺店は元ユニーだったかな。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街のアーケードに戻る。

弘明寺かんのん通り商店街
 全国の商店街がシャッター通りとなりつつある中,賑やかな商店街は見ていて楽しくなる。

弘明寺かんのん通り商店街

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街。

弘明寺かんのん通り商店街
 買い物客の顔が大きく写らないように撮っているのだが,人通りが多いのでそれが一苦労なのだ。

弘明寺かんのん通り商店街

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街から一本北側の通りから,県道21号線(鎌倉街道)に出た。

弘明寺かんのん通り商店街
 横浜国大付属中の敷地に沿って,集合型の店舗が並んでいる。
 左端の公衆トイレのところの構造が面白い。

弘明寺かんのん通り商店街
 鳥忠商店などが並ぶ。このあたりは,横浜市営地下鉄弘明寺駅の真上に当たる。地下鉄ができる前,横浜市電の弘明寺電停があった頃に賑やかなところだったのだろうと思う。

弘明寺かんのん通り商店街
 横浜国大附属横浜中の敷地に沿って,集合型の店舗。歩行者の動線から外れている感じだ。

弘明寺かんのん通り商店街
 シャッターを閉じたままのところも多い。

弘明寺かんのん通り商店街
 県道21号線(鎌倉街道)沿いは車の通行量も多く,商店街的には厳しい状況になっている。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街の正面に聳えるのが,横浜国立大学附属横浜中学。

弘明寺かんのん通り商店街
 横浜国立大学附属横浜中学校の正門前から見た弘明寺かんのん通り商店街のアーケード。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺かんのん通り商店街の東端にある弘明寺センタービル(商業ビル)。

弘明寺かんのん通り商店街
 横断歩道を渡る。

弘明寺かんのん通り商店街
 アーケードの東端から見た弘明寺かんのん通り商店街。

弘明寺かんのん通り商店街
 弘明寺センタービルの商店群。観音最中の文字も見える。

弘明寺かんのん通り商店街
 観音最中の盛光堂総本舗。

弘明寺かんのん通り商店街
 今日のシメは,弘明寺そば処「尾張屋」。シメだけに「おわりや」……お後がよろしいようで。

 ── Nikon D3 + AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »